【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

前回、同じ様な質問がありまして、それについての回答を読ませていただきました。
油が浮いてしまうのは、・豆が古い。・熱湯で入れている。とのことでした。
その回答にも書かれていたように、我が家でも冷めるとコーヒーの色が濁ってきます。
 先日、新しい豆を買いまして、いつもの様にコーヒーメーカーでおとしました。
やはりまた油がういてしまいました。
これはコーヒーメーカーに原因があるのでしょうか?
我が家で使っているものは、通常のものより、
熱湯になりすぎてしまうタイプとか。

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

豆の種類や煎れ方等にもよると思います。



概ね深煎りされたものは、焙煎直後から豆の表面に浮くこともあるようで、浅煎りにも関わらず豆の表面に浮いているものは、焙煎から時間が経過している場合もあるようです。

ペーパードリップの場合、ペーパーによって吸い取られる分があると思いますが、ドトールのボナポットのようなペーパーを使わない煎れ方だと吸い取られる要素が少ないので多く出てくるような気がします。

コーヒーメーカーの場合、高温抽出を謳う製品もあるので、機種による抽出温度の差もあると思いますし、ドラッグストアやスーパーでパック販売されているモカと、生豆で保管し、目の前で焙煎してくれるようなショップのモカと酸味の感じ方に差が違ったりもしますし、元々豆類ですから含有されている油分の量は多いようです。

煎れてから長時間経過したものは油が酸化するので望ましくないのでしょうが、煎れてからすぐに飲む場合においては神経質に考える性質のものではないと思うのですが、どうでしょうか。

専門的な知識はありませんが、芳香等にも関与していると思うので、一概に油が浮いているから×と言う事ではないと思いますよ。

突き詰めると同じ種類の豆でも産地や煎り方等で雰囲気が変わりますし、そういった変化が多い飲み物だと思うので、そこもまたコーヒーの奥深さなのかなと思ってます。


どうしても油が浮くのがお嫌いでしたら、ペーパードリップの時にペーパーを重ねてみたらどうでしょうか。
試したことはありませんが、吸い取る量は増えると思います(^^;)

参考URL:http://www.doihiroshi.com/contens/abura.htm
    • good
    • 0

豆の油は、大体ドリップのときにペーパーが吸い取ってくれるハズだと思うんですけどね。


コーヒーメーカーのペーパーを他のもので試してみるというのはどうですか?

私はうっすら虹色が浮くくらいの方が好きですけど。いかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうそう、私もペーパー替えればいいかなって思って、新しいものでやってみたのですが、まだ油が。。。

お礼日時:2001/11/25 19:26

油っていうのはコーヒー豆の油なんで気にしなくても良いと思います。


ってそんなことじゃない?
コーヒー豆の油って旨味にもなるんじゃないですか?!
エスプレッソの豆なんかすごくローストが深いために油でつやつやー
その油がおいしさにコクをだしているように思えます。

あと、コーヒーは熱湯で入れた方が良いと思います。
適性の温度はありますが、ぬるいのでは、豆にお湯が含まれずに
落ちていくので、おいしさを持っていって落ちてくれません。

入れ方もいろいろ研究すると楽しいですよね。
    • good
    • 0

油が浮く、冷めた時の濁りは豆の古さより、湯温のほうが重要かと。


多くのコーヒーメーカでは熱湯が落ちるようになってるようなので仕方ないのでは。

一度、同じ豆を使ってドリッパーで入れてみては?
ドリッパーで入れる場合、湯温80後半~90度ぐらい、30秒ほどの蒸らしを守ればそれなりにうまくいくと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。
やはり湯温が大事なんですね。

ドリッパーで入れると、あぶらは浮かないです。
 他のご家庭でコーヒーメーカーでおとした、コーヒを飲ませてもらっても、
我が家の様に油が浮いているのをみたことがありません。
なんでなんでしょう。。

お礼日時:2001/11/08 09:42

ふと、思い当たることがあったので書き込みします。



熱湯で紅茶を入れて、その液面を観察してみて下さい。
同じように何か浮いているように見えませんか?
白い粉末状の何かが。
域を吹きかけるとパッと散っていくようなやつが。
私は、これは水蒸気の一種ではないかと思うのですが・・・・冷めると無くなるし。
これでなく、虹色に光る膜でしたら、油なんだろうなぁ・・・
だとしたら、一回白湯で器具、カップを流してから入れてみるのはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうごさいます。
紅茶を入れると表面にパラパラっと浮いているのは、気づいていましたが、
ティーパックに付いているゴミだと思ってました。
(疑問にも思わなかったです。。。)
 コーヒーメーカーは何度か白湯を通したり、コーヒーメーカー専用の
洗浄剤も使ったことはありますが、やはり、虹色に光る膜が。。。

お礼日時:2001/11/08 09:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコーヒーに浮く「油?」の除去方法

会社で飲んでいるコーヒーのことなんですが、必要経費内で、多くのコーヒーが飲めるよう、かなり低価格の豆をドリップ式で立てて飲んでいます。
私も含めて、社内の人が飲む分にはそれでいいのですが(おいしいにこしたことはないんですけど)、来客用のコーヒーも、同じもので出しているため、その際にカップにどうしても浮いてしまう油のようなものが気になってしかたありません。
豆が古いためである、というのはわかっているのですが、何かいいヒントを知っている方がいらっしゃったら、どうか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

 おそらく沸騰したての熱湯を使って、これ以上出ないってとこまで使っているためだとお思います。この場合油が浮くだけでなく、時間がたって冷めてくるとコーヒーが濁って変な酸味を感じるようになると思います。

 コーヒーの入れ方にはこれが正しい(?)と言うものは無いと思いますが、ドリップ式ではせめて最後まで出し切るのでなく、もったいないようですが、出し切るすこし前でやめるのが良いと思います。コーヒーにはアクがあり最後まで出し切るとこのアクが大量に抽出されてしまいます。古い豆の場合、ほとんど上にアクの成分が浮かずにそのまま出ちゃうみたいですが。新しい豆の場合、お湯を注ぐと大量の泡が上に出来ますがあれがアクです。新しい豆の場合、この泡が消えてきたら、抽出完了のタイミングの一つなんです。

 湯温に関しては、熱いお湯を使うとコクはでますが、油も出ますし味も時間で変質しやすくなります。ただ、コクのあるコーヒーが好きな人は、熱湯を使って少量入れるのが良いでしょう。エスプレッソのように。
 湯温を約90度から80度後半ぐらいにすると、少し薄めになりコクが減りますが、油はほとんど浮く事はなくなると思います。これくらいの温度で入れると香りも立ちますし、味も時間であまり変化しなくなりますし、コーヒーそのものの味も楽しめると思います。ただ、失敗するとやたらと薄く(紅茶のように)なってしまうので注意が必要。


 豆はやはりなるべくなら新しいのを使うのがほんとは良いのですが、いろいろ事情もあるでしょうから強くは勧めませんが、実際のところ焙煎後、豆の状態(挽かずに)で2週間で味は変質してきます。個人的には、1ヶ月以上の豆はコーヒーと思っていません。こういう豆を使うくらいなら、インスタントコーヒーをお湯に溶かした後、火にかけて沸かし直したものの方がよほどおいしいと思います。
 本来コーヒーは、自分にあった豆や焙煎度や入れ方で飲むのが一番で、何らこだわりも好みも無く、コーヒーなら何でもいいというのなら、インスタントコーヒーで十分なような気がします。経費の事も考えて普段はインスタントコーヒーを飲んで、来客用に、あたらしい豆を少量用意しておいて、使わずに古くなってきたら皆で消費するようにするのも一つのやり方かな、と個人的には思います。

 おそらく沸騰したての熱湯を使って、これ以上出ないってとこまで使っているためだとお思います。この場合油が浮くだけでなく、時間がたって冷めてくるとコーヒーが濁って変な酸味を感じるようになると思います。

 コーヒーの入れ方にはこれが正しい(?)と言うものは無いと思いますが、ドリップ式ではせめて最後まで出し切るのでなく、もったいないようですが、出し切るすこし前でやめるのが良いと思います。コーヒーにはアクがあり最後まで出し切るとこのアクが大量に抽出されてしまいます。古い豆の場合...続きを読む


人気Q&Aランキング