メイラード反応というのは紙に起こる場合、リグニンが原因なのでしょうか?それを防ぐことはできないのでしょうか、、、

A 回答 (2件)

MiJunです。


>和紙について聞いています。
どのような状況下に放置した場合でしょうか・・・?
濃度は別にしてアミンが存在するような状況でしょうか・・・?

>原因がいまひとつわからないのです。
どのような理由で分からないのでしょうか・・・?

>セルロースによるメイラード反応を考えたときに、それだけでは説明できない気がして
ここは、少し調べてみないと自信がないのですが・・・・?
多糖とアミンでのメイラード反応があるのか・・・?
あるいはセルロースが一部加水分解して、ブドウ糖との反応を考えたと言うことでしょうか?

>一緒にリグニンも関係しているのでは
リグニンの分解反応に(褐色化)関しては調べられたのでしょうか・・・?

和紙と洋紙では製法が違うので、その影響もあるかもしれませんが・・・?

補足お願いします。

この回答への補足

リグニン、メイラード反応ともに調べてみました。これらの反応を防ぐ方法を探しています。
放置状況はちょっとわからないのですが、温度変化ぐらいはあると思います。

補足日時:2001/11/08 13:47
    • good
    • 0

「メイラード反応」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「砂糖の特性」

この質問の意図はどのようなことでしょうか?
紙の褐色変化に関して、リグニンとの関連が知りたいのでしょうか・・・?
さらにどのような「紙」を指しているのでしょうか?

補足お願いします。

参考URL:http://sugar.lin.go.jp/tisiki/ti_9911.htm

この回答への補足

和紙について聞いています。新聞などを放置した時のように和紙も褐色化するのですが、原因がいまひとつわからないのです。セルロースによるメイラード反応を考えたときに、それだけでは説明できない気がして、一緒にリグニンも関係しているのでは?と、思ったのですが、

補足日時:2001/11/08 11:10
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメイラード反応

メイラード反応でスクロースでは反応せず、フルクトースでよく反応するのは、どんな構造の違いなんですか??

Aベストアンサー

還元末端がシュクロースにはなく、フルクトースにはあるという違いだと思いますが。

QNaOHとCO2の反応を防ぐには

水酸化ナトリウム溶液は二酸化炭素を吸ってしまうので、二酸化炭素を含まない溶液にするには下記のようにする。
25gNaOHをビーカーを水で冷やしながら20 mLの水に加える。

といったことが実験化学講座に書いてあります。

なぜ高濃度のNaOH水溶液はCO2を吸わないのでしょうか。
NaOHはCO2と化学反応を起こしてNaHCO3などを作るはずですが、
高濃度のNaOH水溶液はCO2などを作らないのでしょうか。

教えてください。
参考になる本や文献なども教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

この方法は水酸化ナトリウムの標準溶液を作るための標準手順です。
出来たものはセレーンゼン溶液といい、セレーンゼン(Sφrensen)先生がお考えになったものです。
なぜこんな濃い溶液を作るかと言いますと、高濃度では炭酸水素ナトリウムが水に溶け難くなるのです。
そこで、この溶液を作ってから、フタをしたポリエチレン容器内で静置し、上澄みだけを採って使います。
学生実験の分析化学演習で初めにやらされました。懐かしいな。^o^

Q肉じゃがの『メイラード反応』って何ですか?

肉じゃがの『メイラード反応』って何ですか?

今日(5月3日)放送された、ETVの「きょうの料理」で、「定番料理の黄金レシピ」として、「肉じゃが」を紹介していました(講師は祇園の料亭「菊乃井」のご主人で、この番組でもお馴染みの村田吉弘さんでした)。その「肉じゃが」のレシピに工夫があって、まず牛肉を熱したフライパンに入れ、次いで肉の上に砂糖を入れて、砂糖をからめる様に炒めてから、他の調味料や材料を入れる-関西流の「すき焼き」の作り方です。

その時、村田さんは、「肉に砂糖を直接ふって炒めると”メイラード反応”が起きてたんぱく質が変性し、香ばしい良い香りが出ます」と説明されていました。理系のことに全く無知な私ですから(文系の事の知識も知れたものですが)、この「メイラード反応」には全く「???」で、検索したところ、たんぱく質に熱が加わると起こる化学反応らしい、とまでは分かりましたが、後が分かりません。どなたか理系ダメの私にも説明していただけないでしょうか?

村田さんの『肉じゃが』のレシピ
http://www.kyounoryouri.jp/recipe/10927_%E3%81%AB%E3%81%8F%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8C.html

肉じゃがの『メイラード反応』って何ですか?

今日(5月3日)放送された、ETVの「きょうの料理」で、「定番料理の黄金レシピ」として、「肉じゃが」を紹介していました(講師は祇園の料亭「菊乃井」のご主人で、この番組でもお馴染みの村田吉弘さんでした)。その「肉じゃが」のレシピに工夫があって、まず牛肉を熱したフライパンに入れ、次いで肉の上に砂糖を入れて、砂糖をからめる様に炒めてから、他の調味料や材料を入れる-関西流の「すき焼き」の作り方です。

その時、村田さんは、「肉に砂糖を直接ふって...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
ウィキペディア見てきましたけど、この解説じゃ文系の方では脳味噌が爆発してしまいますね。(笑)

ここはちょ~簡単に行きましょう。

加熱するとたんぱく質はコゲますね。
適度にコゲると香ばしい香りや味に変化が出ます。
砂糖をまぶすとこの「コゲ」が低い温度で起こるので、香ばしい風味を黒コゲにしなくても出せるって事です。

Qポリフェノールの鉄反応を防ぐ方法

紅芋の粉でパウンドケーキを作ると
ポリフェノールと鉄が反応して緑色なものができました
食べられて味をそこなわない方法で何かありませんか?
紅芋粉の量は減らせません

材料は
紅芋粉、ばたー、薄力粉、卵、砂糖、ベーキングパウダーです

Aベストアンサー

原料の中に成分として鉄分があるなら、余りやりたくないが、
EDTA2Na塩とかトリポリリン酸塩を加えます。
大した違いではありませんが、後者の方が気分は良い、だが
薬店にあるかどうか分からない、ピロ燐酸塩でも良い。

一方#1のお答えは焼き型の鉄のことしか考えて居られないが、
それなら最近は耐熱性プラスティック製の焼き型もあるし、
クッキングペーパーを敷くのが王道。クッキングペーパーの
隙間から外へ出た分は変色するが、クッキングペーパーごと
客の前へ出す人は少ないから、問題無い。

Qメイラード反応についての質問です。

メイラード反応って
タンパク質、アミノ酸、糖に反応し
焦げ目や香ばしいにおいをだしますよね?

じゃぁなぜ
炊飯器でお米をたいても焦げ目がつかないんですか?
お米ってタンパク質含んでますよね?

Aベストアンサー

炊飯器は、こげが出ないように 温度調整をしているからです
炊飯器によっては「わざとおこげを作る」機能があるものもあります
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/kdnreview/20120605_537601.html

お鍋やお釜で炊いて、炊き上がり直前の温度を高めにすればおこげは作れますよ。

Q中学2年の理科で発熱反応、吸熱反応をやって、発展の話?で発熱反応と吸熱反応の進む理由というのがあった

中学2年の理科で発熱反応、吸熱反応をやって、発展の話?で発熱反応と吸熱反応の進む理由というのがあったのですが、よく分かりません。それをまとめるようにと先生から言われています。
中学生にでも分かるような説明か、サイトを教えてください。

Aベストアンサー

>よく分かりません
よく分からなくて大丈夫ですよ。
発展の話、発熱反応と吸熱反応の進む理由というのがどういう話なのか質問に説明がないので、私も説明のしようがないです。

ただ、中学や高校で出てくる発熱反応や吸熱反応は、実は上っ面の現象だけを説明していることが多いです。
発熱反応でエネルギーが放出される、吸熱反応でエネルギーが吸収される、
物質の中のエネルギーが反応でどうなるのか、その時に他の尺度はあるのか?等、を理解しようとすると、
大学の化学系学部の基礎課程で習う熱力学や物理化学の知識が必要になってきます。
ギブス自由エネルギー、エンタルピー、エントロピー等という熱力学的なパラメーターがあって、
本来ならば、そのような事に基づいて発熱反応や吸熱反応を説明しないといけないのですが、中高の化学はそれらを省いて説明しています。
更に、その熱力学や物理化学を理解するためには、微分や積分で変数が多いものを扱う数学を理解しないといけないです。

”発熱反応”でも”吸熱反応”でも良いですから、”中学”とキーワードをいくつか合わせて検索して、
サイトや動画をいくつかみて、ご自分で”現象としてどのようなものがあるのか”を中心に考え(理論は大学に行かないと教えませんから、現象に注目するしかないと私は考えます)、
発展の話と関係ありそうな部分を見つけ出してレポートにするしかないと思います。

>よく分かりません
よく分からなくて大丈夫ですよ。
発展の話、発熱反応と吸熱反応の進む理由というのがどういう話なのか質問に説明がないので、私も説明のしようがないです。

ただ、中学や高校で出てくる発熱反応や吸熱反応は、実は上っ面の現象だけを説明していることが多いです。
発熱反応でエネルギーが放出される、吸熱反応でエネルギーが吸収される、
物質の中のエネルギーが反応でどうなるのか、その時に他の尺度はあるのか?等、を理解しようとすると、
大学の化学系学部の基礎課程で習う熱力学や物理化...続きを読む

Qメイラード反応とpH

 メイラード反応過程でアマドリ転移生成物ができ、pHによって生成物が異なると習いましたが、いまいちよくわかりません。

 具体的には、アマドリ転移性生物には二種類(1,2エンジオールとアミノケトン)あり、pHが低いときには1,2エノール化が、高いときには2,3エノール化が起こるというところなのですが、この1,2エノールと2,3エノール化とは、どこの経路を指しているのでしょうか?
この場合、アマドリ転移によって生成した1,2エンジオールと1,2エノールは、同じ意味を指しているのでしょうか?

ご存知の方、詳しく教えていただけませんか。

Aベストアンサー

図がないと説明できないので、参考URLのWikipediaのメイラード反応のところに記載されている図に基づいて説明します。
>この1,2エノールと2,3エノール化とは、どこの経路を指しているのでしょうか?
*1,2-エノール化はシッフ塩基がアマドリ転位を起こして、図で1,2-エナミナール(1,2-エンジオールのこと)と記してある化合物を生成する過程だと思います。また、2,3-エノール化は、ケト形(アミノケトン)が、図でいえば下側の2,3-エンジオールに変化する経路を指していると思います。
>この場合、アマドリ転移によって生成した1,2エンジオールと1,2エノールは、同じ意味を指しているのでしょうか?
*その通りです。

ここでの、1,2,3という番号付けは窒素の結合している炭素を1としており、右側に向かって、2,3・・・となっています。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E5%8F%8D%E5%BF%9C

Q突沸を防ぐ原理

液体が沸点に達した直後も沸騰せず、そのときわずかな振動などで、液体が突沸すると理解しています。突沸を避けるのに沸騰石を入れるとよく言われますが、
その原理のようなものあるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

過去ログをぱらぱらと見てみましたが,まだどなたも正しい回答には辿り着いていないようです。答えを先に書くと「実質的に沸点未満での沸騰が可能になるから」というのが正解です。

さて,気化には二種類あるのをご存知でしょうか? 液体内部から直接気化する「沸騰」と,気液界面における「蒸発」ですね。前者は相転移現象と呼ばれ,後者は相平衡現象と呼ばれます。沸騰は,沸点に達して初めて起こる現象ですが,蒸発はいかなる温度でも起こります。洗濯物が室温で乾くことを考えればわかりますよね?

沸騰石は多孔質体であり,孔内に多くの空気をかみ込んでいます。つまり,比熱が低くくて熱しやすい空気と,気液界面とを合わせ持っていることになります。この結果,沸騰石が液体内に入っていると,液体内部からの直接的な「沸騰」ではなく,孔内における「蒸発」による気化が可能になります。

99℃に熱された水を想像してください。沸点未満ですので沸騰は起こっていませんね。しかし表面では蒸発が起こり,湯気が立ち上っているでしょう。この表面と同じように,沸騰石の孔内の気液界面でも盛んに蒸発が起こり,水蒸気が発生しています。発生した水蒸気は沸騰石から離れ,気泡となって表面に浮かんできます。つまり,実質的に沸騰と同じような現象が起こるわけです。

いち早く沸騰石から気体が発生し,それによって液体が攪拌されるため,過加熱といった現象が起こらなくなります。これが突沸を防げる理由です。

# 片方が封じられて空気をかみ込んだガラスのキャピラリーも,沸騰石の代わりになります。ようは「蒸発ができる場」を沈めこんであげれば良いだけなのですね。

過去ログをぱらぱらと見てみましたが,まだどなたも正しい回答には辿り着いていないようです。答えを先に書くと「実質的に沸点未満での沸騰が可能になるから」というのが正解です。

さて,気化には二種類あるのをご存知でしょうか? 液体内部から直接気化する「沸騰」と,気液界面における「蒸発」ですね。前者は相転移現象と呼ばれ,後者は相平衡現象と呼ばれます。沸騰は,沸点に達して初めて起こる現象ですが,蒸発はいかなる温度でも起こります。洗濯物が室温で乾くことを考えればわかりますよね?

沸...続きを読む

Q促進と推進の違い

促進と推進の言葉の意味の違いを教えてください。

特に、事業の促進と事業の推進や、企画の促進と企画の推進の違いを教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

国語辞典によると、「推進」と「促進」はこういう意味です。
【推進】
(1)物を前へ進めること。
「ジェット―」
(2)物事を目的に向かって、はかどらせること。
「緑化を―する」

【促進】
物事が早く進むように力を加えること。
「開発を―する」「販売―」

いずれもゴール(目的)に向かってスピードアップさせることです。
これだけだと、どう違うのか分かりにくいですが、私が思うに、違う点は、「推進」が自分自身のことなのに対し、「促進」は他人のことについて、その他人を「促す」ことだと考えればいかがでしょうか。

例文
「自転車の安全利用の★促進及び自転車等の駐車対策の総合的★推進に関する法律」(昭和五十五年十一月二十五日法律第八十七号)

第一条  この法律は、自転車に係る道路交通環境の整備及び交通安全活動の★推進、自転車の安全性の確保、自転車等の駐車対策の総合的★推進等に関し必要な措置を定め、もつて自転車の交通に係る事故の防止と交通の円滑化並びに駅前広場等の良好な環境の確保及びその機能の低下の防止を図り、あわせて自転車等の利用者の利便の増進に資することを目的とする。

第二条(略)

第三条  国及び地方公共団体は、第一条の目的を達成するため、自転車の安全利用の★促進及び自転車等の駐車対策の総合的★推進に関する全般的な施策が有効かつ適切に実施されるよう必要な配慮をしなければならない。(以下略)

これは、市民に対し「どうしろ」と求める法律ではなく、行政に対し施策を講じるよう求める法律です。

第三条に「促進」とあります。この場合、自転車を安全に利用するのは、行政ではなく市民ですよね。行政という組織が自転車を運転できるわけありませんから(笑)。
行政としては、市民が自転車を安全に利用できるよう「促す」施策を考えるわけです。だから「促進」。

一方、第一条と第三条には「推進」があります。いずれも、環境整備、安全活動、駐車対策の立案などに関するものであり、これは市民ではなく行政自身の仕事です。だから「推進」。

違いが分かりにくいですが、会社の「事業」や「企画」に関しても、その対象が自社の内部の取組のことなのか、顧客に購買を促す内容なのか等により、使い分けが可能だと思います。

国語辞典によると、「推進」と「促進」はこういう意味です。
【推進】
(1)物を前へ進めること。
「ジェット―」
(2)物事を目的に向かって、はかどらせること。
「緑化を―する」

【促進】
物事が早く進むように力を加えること。
「開発を―する」「販売―」

いずれもゴール(目的)に向かってスピードアップさせることです。
これだけだと、どう違うのか分かりにくいですが、私が思うに、違う点は、「推進」が自分自身のことなのに対し、「促進」は他人のことについて、その他人を「促す」ことだと考え...続きを読む

Q催涙ガスを防ぐ方法

小さい頃に一年間韓国に住んでいたことがあるのですが、当時は不安定な時期で街で戦車が走っていたり機動隊が住民と争ったりしていました。(だいぶおさまってきた時期だったそうですが)

そんな中よく家の近所に催涙弾が投げ込まれたりしていました。これが強烈で目や鼻が痛くてたまりませんでした。そんな時こうすればいいとみんながやっていた対処方法が
1、ろうそくに火をつける
2、ハンカチに歯磨き粉を塗って折り、それを口鼻に当てて息をする
というものでした。

ろうそくやハンカチを口にあてるのはなんとなく納得できるのですが、今考えるとこの歯磨き粉に効果があるのでしょうか?
実際に楽になったのは確かですが単なる思い込みだったのか、科学的根拠があるのかちょっと気になりました。

Aベストアンサー

韓国の催涙弾に何が使われているか知りません。
日本で使われていたアセトアミノフェノンは水に溶けやすい・汗に溶けて全身皮膚炎を起すという性質があり.水に溶ければ毒性が軽減されるので.ろ過時間が長い・細かい粉を付着できる歯磨き粉付きも納得できます。
ろうそくはアセトアミノフェノンを燃す事で無害化する方法です。

ただ.有機砒素系催涙ガスと塩素ガスが過去にあります。こちらは前述の効果はありません。


おすすめ情報