欲しい文献があり、掲載雑誌を所蔵している機関を探しています。webcatで検索しても見つかりません。イタリアの英文誌なのですが、webcatで見つからなければ、国内に所蔵している機関はないということなのでしょうか?
その場合、pubMedなどでorderを出すか、JICSTなどの機関に複写を依頼するしか方法はないのでしょうか? 出来れば早く入手したいので一番早い方法を教えていただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

Webcatは国立情報学研究所のサービスで、大学間の図書館ネットワークに提携している大学の図書館蔵書を調べるものです。

ですから、Webcatで見当たらなければ大学に蔵書はないと思います。

JICSTでしたら、申し込みさえすれば所蔵の有無に関わらず取り寄せをしてくれるそうです。所蔵外の資料については外部手配をするので高くなりますが、それでも探す手間を考えれば、我慢できる・・・かもしれません。PDF形式でメールに文献複写を送ってくれるドキュメントデリバリーも始ったそうです。(ただし、ドキュメントデリバリーはFIZ-Kの提携図書館が所蔵するものだけだそうです。日本の論文は無理かと思います)

あとは国会図書館に蔵書があるか否か・・・。国会図書館のWebOPACを調べることをお薦めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答、ありがとうございました。

ところで、初歩的な質問で申し訳ありませんが、国会図書館の蔵書というのは、逐次刊行物も含まれているのでしょうか? 探しているのは毎月発行される雑誌です。国会図書館で検索してみましたが、うまく見つけられませんでした。
あつかましいとは思いますが、よろしければご回答お願いいたします。

お礼日時:2001/11/08 15:57

その雑誌の出版もとのホームページとかは存在しないのですか?


もし、存在するなら直接コンタクトしたほうが早いように思います。なぜなら、殆どの図書館のon line検索は最終的にその出版社が提携しているサービス会社(みたいなもの)からデータをとりよせているので出版社のホームページがあればそれが一番早いとおもうのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
HPをみてみます。

お礼日時:2001/11/09 12:34

ああ、最初からタイトルをお聞きしていれば。



下記参考URLで全文を入手することができる記事が結構ありますので(ひょっとして全記事?)、まず、そこからご覧になることをお勧めします。

参考URL:http://www.kurtis.it/eating.htm

この回答への補足

出版社に直接オーダーできるみたいですが、今回はJICSTに頼むことにしました。
次回からは直接頼むことに挑戦してみたいと思います。
今回は大変お世話になりました。

補足日時:2001/11/09 12:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうですね。最初からタイトルをお知らせしておけばよかったですね・・・。
それで、教えていただいたHPをみてみたのですが、残念ながら、全記事は入手できないみたいで、私が探していた記事はだめでした。しかし、雑誌のHPも探せなかったわけですから、お恥ずかしいです・・・。

お礼日時:2001/11/09 12:30

国会図書館のWebOPACは単行本なので逐次刊行物ではないですね。

すいません。

国会図書館のWebの中に「雑誌記事索引抄録誌一覧」というのがありました。この中に入っていれば、間違いないと思うのですが・・・。

もし雑誌名、巻、号、ページ、発行年、求める論文のタイトル、著者名が分かれば、JICSTで複写したほうが早いです。手配範囲を「外部機関まで(JICST所蔵外の場合は取り寄せしてもらう)」にすれば、100%ではありませんが、手に入ります。本丸々一冊を複写する場合は、著作権の関係で出来なかったと思います。

そこはJICSTの窓口に相談してみてください。ヘルプデスクというのがあったと記憶しています。ちなみにJICSTは現在は、科学技術振興事業団という名前になっています。以下のURLをご参考にしてください。

http://www.jst.go.jp 情報関係のHP http://pr.jst.go.jp

この回答への補足

Eating and weight disorders という雑誌だったのですが、1996年からの創刊ですし、マイナーなものだと思います。書誌事項はすべてわかっていたので、JICSTにお願いするのが一番いいのかもしれませんね。JICSTでは外部手配になることは分かっていたので、それより早く、もしくは他のルートはないかと思ったので、いろいろと探していたところでした。今回、勉強になりました。感謝です。

補足日時:2001/11/08 17:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
「雑誌記事索引抄録誌一覧」でも見つからなかったので、JICSTに頼むことにしました。いろいろとありがとうございました。

お礼日時:2001/11/08 17:04

国立国会図書館のWebOPACでは、逐次刊行物目録は公開していません。


お近くの図書館で冊子体目録やCD-ROM目録を探された方がよいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。見つからないのでJICSTにお願いすることにしました。
Eating and weight disorders という雑誌だったのですが、1996年からの創刊ですし、マイナーなものだと思います。

お礼日時:2001/11/08 17:07

・webcatでは国立国会図書館の所蔵は探せないんじゃなかったでしたっけ? ひょっとしたら、あるかもしれません。


・電子ジャーナルに入っている可能性はありませんか? もし、大学に所属されておられるのでしたら、付属図書館で購読している電子ジャーナルをチェックしてみてください。(もうなさっているかもしれませんが)
・以上のことについては、まとめて図書館のレファレンス担当者にお尋ねになることをおすすめします。他大学の電子ジャーナル等について、複写物をもらえる可能性もあります。

・あとは、JICSTでしょうかね…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。大学所属ではないので、苦労しているところでした。JICSTに頼ることになるかもしれませんが、国会図書館等、もう一度当ってみます。

お礼日時:2001/11/08 16:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学術論文の引用文献として、特許や企業の機関誌などは引用できるのでしょうか

博士課程1年に所属する者です。

現在、市販されている多孔質体について研究した成果を論文に投稿しようと考えております。この論文作成にあたって、背景として特許の詳細説明文および企業の出版物を引用したいと考えております。

こうした出版物は引用できるのでしょうか?
また引用できる場合、どのような書式で引用すればいいのでしょうか?

木下是雄:「理科系の作文技術」(中央公論新社 2006)p.161-167
を参考にした限りでは、上述2つの出版物の引用の仕方は載ってませんでした。何か良い手引書があれば、それも教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

通常特許は以下のようにします。
発明者名, USPatent 6,475,464 B1 (05, November, 2002).
日付はこの場合B1で「成立特許」なので成立日です。
日本の公開特許は、英文の場合、
発明者名, Japan Patent Kokai 2006-169063 (2006.06.29).
日付は公開日です。日付を(29, June, 2006)にしても構いません、前後で統一して下さい。
企業が雑誌をだしている事もあります。
例えばアルドリッチ社のAldrichimica Acta。
引用はごく普通の雑誌同様です。
企業の定期刊行物はそのまま書いて良いのですが、カタログなどは通常引用元としては不適切です。

Q文献複写 「Nineteenth Century」

下のサイトにも出ている下記の文献なんですが、「Nineteenth Century」の正確な雑誌名は分かりますでしょうか。文献複写をしたいのですが、「Nineteenth Century」だとあまりに多くのタイトルが出てしまいます。

Charles E. Beveridge, "Frederick Law Olmsted's Theory of landscape Design,"
Nineteenth Century vol. 3, no. 2 (Summer 1977), pp. 38-43.

http://bfn.org/preservationworks/bam/kowsky/nf/bev/
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語検索エンジンで調べました。

おそらくこの雑誌だと思います。
http://search.goantiques.com/cgi-bin/texis/scripts/resources/framesethead.html?targeturl=www.victoriansociety.org

ここの、
「Volume 3 Number 2 Summer 1977」
がお目当ての雑誌です。

 ●Frederick Law Olmstead's Theory of Landscape Design - Beveridge
 ●"This Brilliant Year" An Exhibition of The Royal Academy
 ●My Kind of Town, Ambler, Pennsylvania - Sadler
 ●Carl Faberge in London - Snowman
 ●The Royal Pavillion at Brighton in America (An Exhibition at the Cooper-Hewitt) - Myers
 ●The Furniture Industry in Victorian Boston - Seidler
 ●Frith's Photographic Views of Egypt - Hemphill
 ●Queen Victoria's Golden Jubilee of 1887 - Lant

こんな団体があるから、
庭園や景観・貴重な建造物などが
守られているんですね。。。
私も勉強になりました。

ここの連絡先はこちらです。
 THE VICTORIAN SOCIETY IN AMERICA
 205 South Camac Street
 Philadelphia, PA 19107
 Phone: 215-545-8340
 Fax: 215-545-8379
 Email: info@victoriansociety.org

ご参考にして下さい。

英語検索エンジンで調べました。

おそらくこの雑誌だと思います。
http://search.goantiques.com/cgi-bin/texis/scripts/resources/framesethead.html?targeturl=www.victoriansociety.org

ここの、
「Volume 3 Number 2 Summer 1977」
がお目当ての雑誌です。

 ●Frederick Law Olmstead's Theory of Landscape Design - Beveridge
 ●"This Brilliant Year" An Exhibition of The Royal Academy
 ●My Kind of Town, Ambler, Pennsylvania - Sadler
 ●Carl Faberge in London - Snowman
 ●T...続きを読む

Q引用文献と参考文献の両方に、一つの文献を書いても良い?

卒業論文を書くにあたって質問があります。
論文の最後に「参考文献」と「注」を書くのですが、そこで迷ったことがあります。
「注」の欄に引用した文献を記載して、さらに同じ文献を「参考文献」として記載してもよいのでしょうか?
つまり、ひとつの文献を、「注(引用文献)」と「参考文献」の両方に書いてもだいじょうぶでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両方書いても大丈夫でしょう。

引用した箇所に注を施して末尾に書くのは基本的なルールですが、その引用した箇所以外にも、その文献をすべて読み、その内容を自分で咀嚼した上で、論文中に内容を反映させたとしたとすれば、むしろ、参考文献として必ず挙げておくべきではないかと思います。

参考にしたのが引用した一箇所だけとか、その引用自体も論文の主旨からいえば些末なことであるならば、わざわざ参考文献として列記する必要はないと思いますが、重要な参考文献であると思うのであれば、参考文献として挙げればよいと思います。

私が卒業論文を書いたのはもう随分前のことですし、文系、理系、その他、学科の違いで引用文献の扱いも違うのではと思うので、あくまで参考ということで。

Qキリスト教の聖書や、ギリシアの古典文献などの文献に、文章ごとに番号がつ

キリスト教の聖書や、ギリシアの古典文献などの文献に、文章ごとに番号がついていますね。たとえば、[ヨハネ:1:14]とあれば受肉という考え方の源泉であるとか。あのような番号を振るやり方は、ヘブライ語、ギリシア語、英語、日本語に共通ですから便利ですよね。おそらく近代西欧の文献学者が作り上げた方法だと思うのですが、あれは何というのでしょうか? つい最近まで情報処理工学で使っていた「コーデックス」がそれに該当する言葉だと思って使っていました。ところが、史学で使う「コデック」も、冊子という意味だそうで、巻物から冊子に変わった頃の3世紀頃から西欧では用いられていたそうですが、「文章番号をふる」という意味ではないですね。インデックスは、固有名詞などが出てくる頁ですし。 どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ギリシャの古典文献はルネサンス期の校定本のページを参照する数字とアルファベットが付くものがあります。
定訳はありませんが英語ではpagenationといいます。

例えばプラトンの著作は「国家」は327aから621dの記号が振られており、書籍の体裁が違っていても同じ箇所を参照することができます。これは16世紀の編纂者ステパヌスによる「プラトン全集」でのページ番号とほぼ10行ごとにつけられたアルファベットで、その後に出版された校定本や翻訳なども踏襲しています。日本語訳とOxford Classical Textsを並べて参照したいときなども便利です。例えば「国家」第7巻冒頭には514aという番号が振られています。

http://plato-dialogues.org/stephanus.htm

3枚目の写真は「国家」7巻冒頭ですが、このページ数の514と、二つの組版(左がギリシャ語、右がラテン語訳)の間にA,B,Cと振られていますよね。これが番号の正体です。

複数ある手書きのcodexを整理して一つにまとめ組版して量産する過程で初めて用いられたものです。羊皮紙写本の時代にはなかった発想です。

言ってみればモーツァルトの楽曲に付いているケッヘル番号みたいなものです。

プラトンは以上の通りですが、ギリシャの古典文献でも叙事詩は巻と行番号、演劇は行番号というようにジャンルによる違いもあります。

ギリシャの古典文献はルネサンス期の校定本のページを参照する数字とアルファベットが付くものがあります。
定訳はありませんが英語ではpagenationといいます。

例えばプラトンの著作は「国家」は327aから621dの記号が振られており、書籍の体裁が違っていても同じ箇所を参照することができます。これは16世紀の編纂者ステパヌスによる「プラトン全集」でのページ番号とほぼ10行ごとにつけられたアルファベットで、その後に出版された校定本や翻訳なども踏襲しています。日本語訳とOxford Classical Textsを並べて...続きを読む

Qコクヨ 複写簿 ノーカーボン使ったことある方いますか? コクヨ 複写簿 ノーカーボン 便箋 横罫 B

コクヨ 複写簿 ノーカーボン使ったことある方いますか?



コクヨ 複写簿 ノーカーボン 便箋 横罫 B5タテ 40組 ウ-303N
といったものを使おうかと思っているのですが

これは一気に何枚複写できますか?
複写された方はやはり 複写しているやつだ と解っちゃいますか?

複写している事が解らないような
一気に何枚か複写出来る
表題のようなものがほしいのですが
ご存じではないでしょうか?

Aベストアンサー

お示しのものは「2枚複写」ができるタイプですね。
ボールペンで記入した「本紙」(一番上)に対して、その下の「2枚」に複写されます。

いろいろな「申込用紙」とか、銀行で預金や引き出しのときに書いて窓口に提出する伝票を考えれば、どんなものかわかるでしょう?

一番上(1枚目)は、直接ボールペンで記入するので手書きそのものですが、用紙が「ノーカーボンコピー紙」なので「複写が作られているな」ということは分かります。
複写された2枚目、3枚目は、色からして「複写された」ことは一目瞭然です。

「複写している事が解らないような
一気に何枚か複写出来る」
これは無理でしょう。手書きで普通の紙に書いて、コピー機でコピーをとるしかありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報