1入力1出力系をシステム同定することを考えます。
出力が低周波成分や高周波成分をいろいろ含んでいる場合、
全てを一度にシステム同定することはできず、
いくつかの周波数帯域に分割したサブシステムを考え、
サブシステムを同定してそれをくっつけるしかないのは
どうしてでしょうか?
一度に全ての周波数成分を同定できる手法はないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


私はシステム同定を本格的にやったことはないんで
回答になっていないかも知れません。
とりあえず、最近仕入れたシステム同定法を紹介しますね。

ついこの間、私の大学で熊本大学の柏木先生という
えらい方が講演にきて下さいました。
そのときの内容が「ボルテラ核による非線形システムの同定」でした。
詳しい内容に関しては説明しにくいので割愛しますが、
なんでもボルテラ核というものを求めることで
システムが同定できるそうです。
入力をM系列とし、そのときの出力との相関をとって
ボルテラ核を求めるそうです。
ボルテラ核の2次核以上が非線形項に対応しており、
それぞれが和で表現できるとのことでした。
しかもボルテラ核の次数を多くとればとるほどかなりの精度で
システムを同定できるとのことでした。
ただし、5次程度にしておかないと計算時間が
かかりすぎるとのことですが(何十時間?)、
それでもかなりの精度だったと思います。

continuousさんが言われている高周波成分と低周波成分の
両方を含んだ系というのに使えるかどうかは?ですが、
それが非線形系であれば利用できるのではないでしょうか?

論文にもなっているはずですので(もしかしたら著書もあるかも?)、
調べてみたらどうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。調べてみたら計測自動制御学会誌に柏木先生の論文が載っているようです。今回の問題に適用できるかどうか検討してみたいと思います。

お礼日時:2001/11/10 04:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同定検査とカタラーゼ反応

製品に昆虫などが混入していた場合、同定検査をしますよね?同定検査の意味は分かるのですが、例えば「カタラーゼ反応」は、同定検査の1つとして行われる、という解釈で宜しいのでしょうか?もしくは、同定検査とカタラーゼ反応は別なのですか?
ネットで調べても、あまりよく理解できませんでした。どなたか詳しい方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

全く別です。カタラーゼ反応は混入している虫が加熱されていたのか、それともされていないかを判別するために行うのであって同定ではありません。同定は虫の種類を判別することです。
カタラーゼは生物なら(少なくとも昆虫や我々高等動物)必ず持っています。その活性があるということは殺菌などの負荷を受けていないことになり、製造後に混入した可能性があります。しかし、このカタラーゼの活性は時間が経てば活性を失います。そのため活性がないからといって熱を受けているとは必ずしも言えませんが参考にはなります。

QDFTのナイキスト周波数成分について

はじめまして.
現在,デジタル信号処理について勉強している者ですが
サンプリング定理について手持ちの書籍では
あやふやな記述となっており,
理解に苦しむ箇所があるので質問させていただきます.

偶数のデータ点数を持つ実数信号を離散フーリエ変換したとき,
ちょうどナイキスト周波数成分の
複素フーリエ係数は,必ず実数となります.

変換前の信号がこの周波数成分までしか含まないのであれば
エリアシングは起きていないという認識で間違いないと思うのですが,
このナイキスト周波数成分については,正確な振幅と位相の情報が
失われているように思えてなりません.

この辺の分野に詳しい方,よろしくお願い致します.

Aベストアンサー

離散時間のデータでただしく記録/再現できるのは、「ナイキスト周波数『未満』」の周波数成分だったかと。
たとえば、10kHzのサンプリングで5kHzの正弦波をサンプリングしたときに、データが 0,0,0,..だった場合、
・正弦波の振幅が0だった
・サンプリングがちょうど正弦波のゼロクロスを拾った
の二通りが考えられて、両者の区別はつかないですよね。
(振幅と位相が独立した情報としては記録されていない)

理屈としては、
信号の上限周波数fm、ナイキスト周波数fnとすると、サンプリングされたデータから元の信号を再現するためには、1/(fn-fm)の時間に相当する長さのデータが必要(通過帯域fmでfn以上の成分を充分落とすLPFを作るには、これだけの次数のLPFが必要)でfn=fmの場合には無限長のデータが必要になる、
というのに相当するかと。

Q抗菌薬論文に出てくる「検出」「同定」「分離」の違い

抗菌薬に関する論文を見ていると、「検出」「同定」「分離」という言葉がよく出てきます。

それぞれの違いを教えてください。
「検出」「同定」「分離」はそれぞれ、どのレベルのことを言っているのでしょうか?
つまり、どういう手順を踏んで「XXが検出/同定/分離された」というんでしょうか?

またこれらが同じ意味で使われているように感じることがあるのですが
気のせいでしょうか?
例えば、患者集団での原因菌の内訳を述べているところなどで。


できるだけ詳しく教えていただけると大変助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

傷から出てきた膿を染色して顕微鏡で見たら細菌が見えた。「検出」
その膿を培養してしてみた。「分離・分離培養」
分離培養して得られたコロニーを構成する細菌の性状を調べて、
その細菌がなんという名前の細菌であるかを特定する。「同定」

患者集団での原因菌の内訳を述べているところで、「同定」まで
済んでいれば、「MRSAが検出された・MRSAが分離された」という
表現が使われるのは不自然ではありません。
原因菌の名前が明記されていれば、それは「同定」が済んでいる
ということになります。

Q電波出力、周波数と飛距離の関係

電波出力と飛距離は比例するのですか。
同じ出力であれば周波数の高いほうが遠くまで届きますか。
(一般的な市街地で。)

Aベストアンサー

電波が届く、というと受信機の感度も関係してきます。電波が弱くても、感度のいい受信機だと聞こえます。
衛星放送は2GHz程度、200Wくらいの出力で、3万6千キロメートル離れたところから出しています。そのかわり、電波は日本に集中して向けています。受ける方も、パラボラをきっちりと衛星に向けないと受かりません。

携帯電話は800MHzから1.2GHzくらい、0.1W。直進性はありますが、壁に反射もして、基地局から2kmくらいまで通信できると言われてます。

テレビは30MHzから700MHzくらい、50kWから200kWくらいで四方八方に出しています。見とおし距離で100kmくらい。

短波ラジオは3MHzから30MHz、出力は1kWもあればアンテナさえよければ、電離層と地表で反射を繰り返し、世界中で聞こえます。

ラジオは300kHzから3MHz、出力は50kWくらいなら、地表にはって伝わるので1000kmくらいは聞こえるかな。

電波の届き方はいろいろあるので具体例をあげてみました。

Qシステム同定に関する質問です

1入力1出力系をシステム同定することを考えます。
出力が低周波成分や高周波成分をいろいろ含んでいる場合、
全てを一度にシステム同定することはできず、
いくつかの周波数帯域に分割したサブシステムを考え、
サブシステムを同定してそれをくっつけるしかないのは
どうしてでしょうか?
一度に全ての周波数成分を同定できる手法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私はシステム同定を本格的にやったことはないんで
回答になっていないかも知れません。
とりあえず、最近仕入れたシステム同定法を紹介しますね。

ついこの間、私の大学で熊本大学の柏木先生という
えらい方が講演にきて下さいました。
そのときの内容が「ボルテラ核による非線形システムの同定」でした。
詳しい内容に関しては説明しにくいので割愛しますが、
なんでもボルテラ核というものを求めることで
システムが同定できるそうです。
入力をM系列とし、そのときの出力との相関をとって
ボルテラ核を求めるそうです。
ボルテラ核の2次核以上が非線形項に対応しており、
それぞれが和で表現できるとのことでした。
しかもボルテラ核の次数を多くとればとるほどかなりの精度で
システムを同定できるとのことでした。
ただし、5次程度にしておかないと計算時間が
かかりすぎるとのことですが(何十時間?)、
それでもかなりの精度だったと思います。

continuousさんが言われている高周波成分と低周波成分の
両方を含んだ系というのに使えるかどうかは?ですが、
それが非線形系であれば利用できるのではないでしょうか?

論文にもなっているはずですので(もしかしたら著書もあるかも?)、
調べてみたらどうでしょう?

こんにちは。
私はシステム同定を本格的にやったことはないんで
回答になっていないかも知れません。
とりあえず、最近仕入れたシステム同定法を紹介しますね。

ついこの間、私の大学で熊本大学の柏木先生という
えらい方が講演にきて下さいました。
そのときの内容が「ボルテラ核による非線形システムの同定」でした。
詳しい内容に関しては説明しにくいので割愛しますが、
なんでもボルテラ核というものを求めることで
システムが同定できるそうです。
入力をM系列とし、そのときの出力との相関をと...続きを読む

QCDから出力できる最大周波数について

よくわからないのでお願いします。

まず、音信号をサンプリングレート44.1kHzでデジタル変換し
CDに録音します。
そのCDからアナログに変換し音を出すのですが、
その時の最大周波数はいくらになるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえずステレオならそれを2chに割るので44.1/2になりますよね?そこが上限。規格上は20kHz.だと思いますが。

Q根粒菌(特にBradyrhizobium)の同定

根粒菌(特にBradyrhizobium)の同定についてです。
今、Bradyrhizobium japonicumを使用した実験系を行おうと思っているのですが、同定方法がわかりません。
16S rRNA sequencingを用いればいいのかもしれませんが、マニュアルで同定できる方法などあれば知りたいです。
また、根粒菌の勉強に適している教科書など教えていただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

数年前まで、根粒菌の同定に関する研究をしていた者です。
日本の教科書はわかりませんが、英語の論文はたくさんあります。電子ジャーナルで検索するのが最善かと思います。私も電子ジャーナルの論文を参考にしていました。

Q血球成分、血清成分の違い

こふたつの違いはなんでしょうか??
わからなくて困っています。
だれかわかりやすく教えていただけませんかよろしくお願いします

Aベストアンサー

>筋逸脱酵素ってなんですか??
筋肉が壊死した時に血中に“逸脱する”、つまり放出される酵素です。この血中濃度を測ればどれぐらい筋肉が壊死しているか概算できます。


詳しいことは専門家ではないので勘弁を

Q同定法について

融点測定、TLC、カラムクロマトグラフィー、ガスクロマトグラフィー、高速液体クロマトグラフィーなどの他にどんな同定法があるでしょうか。紹介してください!どんな同定法でもいいです。

Aベストアンサー

きゅうこう分光法
蛍光分光法
光音響分析
マス
電気泳動
有機関係ではこのていどでしょうか。「機器分析」あたりの本を見ればある程度の方法が見当つくかと思います。

ただmp測定法は純度の目安の雰囲気があります。
クロマトは稀に分離できないことがあるので.定性よりも定量につかわれる場合があります(ハクソーは操作の手軽さから定性につかわれますが.これも不純物の存在を見る程度です)。

QFM(周波数変調)の占有周波数帯域幅について

「周波数200[MHz]の搬送波を、0.5~16[KHz]の基底帯域信号で、FMで変調したときの占有周波数帯域幅はいくらになるか。ただし、FMの変調指数を、5とする。」
という問題について、計算過程が全く分かりません。どのようにすれば解けるのか、分かる方いましたら是非教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電力の95%以上が存在する占有帯域幅で近似出来るものとすれば
カーソン帯域幅の近似式で求められると思う。

以下のURLが参考になると思う。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0%E5%A4%89%E8%AA%BF


人気Q&Aランキング

おすすめ情報