陸軍大将等は沢山処刑されましたが海軍軍人で東京裁判で起訴された人はいないと思いますが、事後法でも起訴する方法がただたんにみつからなかっただけなのですか?適当な解釈があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

A級戦犯は「平和に対する罪」ですから、戦場における個々の犯罪ではなく、それを指揮した者に対しての起訴ですね。


ですので、No.1 さんのおっしゃるように、政治の中枢にいて戦略を決定する立場の者や、戦争遂行を煽った者に限られています。
捕虜虐待や残虐な戦闘行為については、A級には該当しませんが、それに責任のある指揮官はA級戦犯とされました。
陸軍出身者が内閣を初めとして、当時の日本の戦争遂行に深く関わったこと、残虐な戦闘行為は陸軍が関係する戦闘と不可分な関係があることなどにより、結果として、陸軍関係者が多く、海軍関係者が見当たらないということになったのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうござます。ただ貴方がおっしゃられる残虐な戦闘行為とはどうゆうことかぞんじませんが戦闘員どうしで戦って残虐でない戦闘などあるはずがありません。非戦闘員の殺傷は残虐以外なにものでもないと思います。

お礼日時:2005/09/18 23:20

当時、日本の主導権を持っていたのは陸軍でした。

組閣も陸軍出身の軍人の方が多いです。また、中国侵略を率先してやったのも陸軍です。海軍は主に海戦だったので戦犯に当たる行動は出来なかったのでしょう。
もし、真珠湾攻撃を考えた山本五十六が生きていたら戦犯になっているかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。山本五十六がもし生き残っていたらおそらく八つ裂きにされたでしようね。

お礼日時:2005/09/18 23:24

及川大臣 井上清美 山本五十六が海軍の三羽がらすとも言われていましたが、戦争に成るとして三国同盟反対を一度は成功させました。



海軍は戦争の開戦阻止に全力でした。
その為に開戦の指導者がいないためにA級では裁けませんでした。
BCきゅうはNO2さまのご指摘通りだと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/09/18 23:27

主な理由は、A級戦犯になるような戦争犯罪を起こす機会が無かったという事だと思います。


都市を占領して市民を殺戮するとか、捕虜を虐待するとかの機会が海軍の上級軍人にはほとんどありませんでした。
爆撃で市民を殺傷した戦争犯罪は、それを訴追すると連合軍の方が同じ事をもっと数多くやっていることが追求されてしまうので、東京裁判では訴追しなかったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。あまりふかく考えることでわないようですね。

お礼日時:2005/09/18 23:06

まずひとつは海軍は海軍固有の問題はともかくとしてあまり政治の中枢にはかかわらなかったのでそういう面では該当者がいなかったということです。


また海軍がかかわった大規模な一般人の虐殺や違法行為もなかったのでそういう該当者もいなかったということです。
ただ、戦争で戦ったと言うだけでは戦争犯罪ではありませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。あまり特別ないみもなさそうなことがわかりました。

お礼日時:2005/09/18 23:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都議会議員のアホ議員 都知事はアホの都議会議員を罷免する権限はないのでしょうか?? 田中元長野県知事

都議会議員のアホ議員
都知事はアホの都議会議員を罷免する権限はないのでしょうか??
田中元長野県知事の時もそうでしたが、逆らったアホ議員は見せしめとして罷免すれば良いと思いませんか?

Aベストアンサー

>首相は大臣の肩たたきはするでしょう??

大臣は首相が任命した人たちですから問題があれば罷免できますが、
都議会議員は選挙によって選ばれた人達ですから都知事に罷免する
権限はありません。
都知事も都議会議員も選挙で選ばれており、本来は同じ土俵で戦う
立場なわけです。

「都知事に逆らうアホ議員は罷免すれば良い」と仰いますが、都知事が
必ずしも正しいとは限りません。
例えば舛添前知事が自分の身を守るために自分を追求しようとした都議
会議員を罷免するようなことがあっても良いのでしょうか?

冷静に考えなければダメですよ。
今は小池知事が何となく正義の味方であって都議会が悪の権化みたいに
なっていますが、今後も小池知事が必ずしも正しいとは限らないのでは。
結局は都知事と都議会は対等でお互いにチェックし合う立場だという
ことかと思います。

Q海軍軍人、写真の人誰ですか?大将、中将?偉い人?

明治時代の写真です。
海軍軍人、写真の人誰ですか?大将、中将?偉い人のようですが・・・

Aベストアンサー

鮮明な画像でないので、はっきりはしませんが、
陸軍大将「大山巌」のようです。
ウイキペデアの写真と比べて見て下さい。

Q福島氏罷免について質問があります。

福島氏罷免について質問があります。

総理の意見にたてついたから、罷免というのでは、強い自分の意見を持った人は
クビを切られることになりますね。
独裁とどう違うのですか。

Aベストアンサー

>福島氏罷免について質問があります,
独裁とどう違うのですか。

     ↓
独裁は独裁者(場合によっては複数人の集団)がいて、その意思・信条・政策によって、反対を許さず存在させずに賛否や方針を独断的に決める事。
さらに言うならば、民主集中制とか上位下達で政策・方針・人事等の重要事項が、独裁者の思いのままに決められる事であり、正当な対抗勢力が無い。

逆に言えば、選挙があり、情報公開や自由意志の発言があり、意見の調整が行われる場合は独裁とは言わない。
イメージで言えば、金正日の北朝鮮、軍事政権によるミャンマーのような自由な反権力勢力&批判を許さぬ国柄を指す。

翻って、我が国の鳩山総理&政権ですが・・・
ミスジャッジ・ミスリーダーと優柔不断により、独裁と言うよりも独善であり、誰からも信用信頼されない孤独死(政治生命・辞任)寸前の独居総理だと思います。

福島氏は総理への諫言・閣内不統がクローズアップされているが、単なる我儘・駄々っ子との指摘、参議院選挙用のパフォーマンス&売名行為だとの見方もある。
いずれにしても、自らの撒いた種であり、招いた事態である。
傷付き、イメージと支持を損なうのは民主党・鳩山総理だと思います。

罷免自体は内閣としての統治機能・統制を考慮すれば当然の処置だが・・・
その発生原因、言葉の変節と軽さを考慮すると、福島氏を罷免する前に混乱の責任を以って辞任するのが筋だと思います。
「小鳩の辞任、最低でも衆院解散・総選挙」が必要であり、一致協力賛成の同意を得られずして?罷免するだけの品格・思慮・識見があるのかどうか、信&民意を問うのが先決だと思います。

>福島氏罷免について質問があります,
独裁とどう違うのですか。

     ↓
独裁は独裁者(場合によっては複数人の集団)がいて、その意思・信条・政策によって、反対を許さず存在させずに賛否や方針を独断的に決める事。
さらに言うならば、民主集中制とか上位下達で政策・方針・人事等の重要事項が、独裁者の思いのままに決められる事であり、正当な対抗勢力が無い。

逆に言えば、選挙があり、情報公開や自由意志の発言があり、意見の調整が行われる場合は独裁とは言わない。
イメージで言えば、金正日の北...続きを読む

Q高木武雄海軍大将

第6艦隊司令長官の高木海軍中将は、アメリカ軍のマリアナ侵攻作戦で、サイパン島に於いて奮戦する。
大本営では、潜水艦による「サイパン島の要人救出作戦」を計画するも、高木中将から、危険な為断れらる。
その後奮戦むなしく切腹し、大将に任じられる。
以上が伝記、戦史でつたえられるところです。

一方、高木中将は実は東京にいた。
孫を膝の上に乗せている時に報告を受け「サイパンが、サイパンが…」とつぶやき、孫を放りだした。
という噂があります。
題名は忘れてしまいましたが、何かの本で読みました。

この本の題名、真偽のところ分かる方、教えて下さい。

防衛研究所へ行け等のご意見は、お断りです。

Aベストアンサー

 平櫛孝『サイパン肉弾戦 ー 玉砕戦から生還した参謀の証言』光人社文庫
 
 平櫛孝「第四十三師団サイパン玉砕記」 丸別冊『玉砕の島々 中部太平洋戦記』所収 潮書房

 オジリナルソースは、当時サイパン島にいた第43師団参謀、平櫛孝中佐の回想のようです。元中佐は陸海軍首脳の自決の場に立ち会った人物で、高木中将はその場に居なかったということです。
 

 >高木海軍中将の最期については諸説紛々として、私としてもその伝聞したことを次に紹介できるだけである。一、略 二、略 三、南洋興発の社員であった中島文彦氏は、生還後サイパン、テニアン等の遺骨収集に献身的努力をしているが、ある慰霊のための席で、高木海軍中将の遺族から高木海軍中将の最期について新しい情報を聞いてそれを私に伝えてくれた。

 >「サイパンの最後の日、高木海軍中将は軍令部に連絡のため東京にいた。暇を見つけて留守宅に帰って久しぶりに孫を抱いて庭先で涼をとっていた。軍令部からサイパンの悲報が入った時、いままでの温顔は急に変貌し、抱いていた孫も投げすてるようにして第一種軍装に着換え、家族の話しかけにも応えず『サイパンに行ってくる』と飛び出した」という。もちろん、高木海軍中将のその後は、今日も杳としてわからない。


 しかし、同氏によれば陸海軍首脳の自決後、最後の突撃を敢行する際、陸海軍の指揮権について論争がおこり、海軍側が「バナデル地区には第六艦隊(潜水艦隊)司令長官高木武雄海軍中将が生存している。‥‥」と発言したといいますから、高木中将はまだ生存しており、その消息について直接目撃したわけではなく、又聴きの伝聞に過ぎないというのが真相でしょうか。

 

 平櫛孝『サイパン肉弾戦 ー 玉砕戦から生還した参謀の証言』光人社文庫
 
 平櫛孝「第四十三師団サイパン玉砕記」 丸別冊『玉砕の島々 中部太平洋戦記』所収 潮書房

 オジリナルソースは、当時サイパン島にいた第43師団参謀、平櫛孝中佐の回想のようです。元中佐は陸海軍首脳の自決の場に立ち会った人物で、高木中将はその場に居なかったということです。
 

 >高木海軍中将の最期については諸説紛々として、私としてもその伝聞したことを次に紹介できるだけである。一、略 二、略 三、南洋興発...続きを読む

Q公務員の罷免の方法論

日本国憲法第15条
公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

地方自治体に無能な管理職の公務員がいます。
公務員としてあるまじき自分の感情論で、住民のプライバシーを蹂躙しており
ます。
この公務員を罷免させるにはどうすればいいのでしょうか。
その自治体の首長宛に「○○を罷免しろ」という内容の文書を送れば
いいのでしょうか。文例(ひな形)があれば教えてください
どうせ、刑事事件にならなければ、議会で追求されない限り、クビには
なかなかできないと思いますが、法的な方法論をお尋ねします。

Aベストアンサー

憲法15条は、国民に公務員の罷免権があることを明記していますが、ご質問のような立場の公務員を直接に罷免する法的な規定はありません。

この条文の「公務員」とは、国や地方自治体に雇われている公務員だけを指すのではなく、国会議員や裁判官、地方自治体の首長や議員などを含む広い概念です。
この中で、国民による罷免を憲法で規定しているのは、最高裁判所の裁判官の国民審査(79条2項)だけです。あとは、他の法律によって、地方自治体の首長や議員及び役員(副知事、助役、監査委員、公安委員など)の解職請求が規定されています。
結局は、公務員に対する建前上の罷免権は認められているものの、選挙という手段で選定されない公務員を罷免する具体的な規定はないのです。

したがって、法的な効力のある文例などはありませんが、ここは、やはり首長に罷免を要望するか、議員に働きかけるしか方途はないと思います。もっとも容易な手段は、自分が支援する議員や地元の有力者を使って、自治体の中枢部に対して配置転換(左遷)などの工作を仕掛けることでしょう。
ただ、この場合も必ず成功するという保証がないことは、言うまでもありません。

憲法15条は、国民に公務員の罷免権があることを明記していますが、ご質問のような立場の公務員を直接に罷免する法的な規定はありません。

この条文の「公務員」とは、国や地方自治体に雇われている公務員だけを指すのではなく、国会議員や裁判官、地方自治体の首長や議員などを含む広い概念です。
この中で、国民による罷免を憲法で規定しているのは、最高裁判所の裁判官の国民審査(79条2項)だけです。あとは、他の法律によって、地方自治体の首長や議員及び役員(副知事、助役、監査委員、公安委員など)の...続きを読む

Q尊敬する帝国陸軍の軍人

皆様が尊敬する帝国陸軍の軍人を教えて下さい。
できれば理由も教えていただければ幸いです。

ちなみに私は
・ジャワでインドネシアの人に根ざした統治を行い、戦後もマッカーサーに「武士道だ!」と言わしめた今村均大将

・ノモンハン、インパールで善戦した戦上手。特にインパールでは人道上の行為がすばらしかった宮崎繁三郎中将

・暴虐なソ連軍から居留民を守った根本博中将です。

Aベストアンサー

有坂 成章陸軍中将でしょう。

この人がいなかったら、三十年式歩兵銃はありませんし、三十一年式速射砲もありません。
そうなると日露戦争がどうなったかわかりません。
さらに、旅順を攻撃するとき活躍した二十八糎砲を、東京湾防御要塞から現地に動かすよう進言したのもこの人です。

三十年式歩兵銃がなければ、三八式歩兵銃もありません。日本製兵器は多々ありますが、ベトナム戦争まで狙撃銃としてつかわれ、今でも弾丸が作られているのは三八式歩兵銃だけです。

QA級戦犯・・・・

A級戦犯・B級戦犯・C級戦犯の違いを教えて下さい。
またそれぞれの戦犯で誰が処刑されたのかも教えて下さい。
出来れば、どうのような刑かも知りたいです。

Aベストアンサー

これ見て勉強して下さい


参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/0815-3.htm

Q愚かな帝国陸軍の軍人

ばか者、愚か者だと思う帝国陸軍の軍人といえば、牟田口廉也か辻政信でしょうが、他にいたら教えて下さい。
開戦時の参謀総長の杉山元もバカだと思うのですが・・・

Aベストアンサー

牟田口の上司でもあり庇護者でもあった河辺正三。
この二人はインパールのみならず、日中戦争の引き金となった盧溝橋事件の張本人らでもあった。

平和進駐予定(陸軍省方針)であった北部仏印進駐を、強引に武力進駐にした富永恭次(当時参謀本部第一部長(作戦部長)。当時少将)。太平洋戦争の引き金となる。富永の子分に佐藤賢了(当時参謀副長で大佐)。
また富永は陸軍航空特攻の生みの親。フィリピン戦線が危うくなるとスタコラサッサと台湾に敵前逃亡。積荷は酒と芸者であったとさ。

Q政策の不一致で大臣が罷免されることはありますか?

田中眞紀子文部科学大臣は審議会が答申した3校の大学新設は認可しないと記者会見で述べて物議をかもしています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121102-00000059-rbb-sci
野田総理大臣がこの方針に納得できないのであれば田中大臣を罷免するしかないと思いますが、過去にこのような事例(政策の不一致で大臣が罷免される)はありますか?

Aベストアンサー

普通は、小泉内閣の田中外相のように
総理が
「考えが変わらないなら辞表を出してもらえますか」
と辞職を求め、円満更迭となりますが、
辞職を拒み、またはいきなりクビ罷免もあります。


・1947年(昭和22年)片山内閣、平野力三農林大臣罷免
米価問題で閣内不一致、西尾官房長官との対立

・1953年(昭和28年)第4次吉田内閣、広川弘禅農林大臣罷免
衆議院議員吉田茂(首相)の懲罰動議に、自分と広川派三十名を採決欠席
このため、与野党僅差だったので、衆議院で首相が懲罰動議となったので、
即日、罷免。激怒した吉田首相は解散を断行、刺客候補を送り込み、
広川は落選した。

・1986年(昭和61年)第3次中曽根内閣、藤尾正行文部大臣罷免

「文芸春秋」での「韓国併合は合意の上に形成されたもので、日本だけでなく韓国側にも責任がある」等の対談中の発言が、問題視され、中曽根首相が辞任を求めたが、拒否したので罷免。

・2005年(平成17年)8月8日、第2次小泉内閣、島村宜伸農林水産大臣罷免

いわゆる郵政解散で衆議院解散の閣議決定への署名拒否
島村農水相のみ最後まで解散詔書に関する閣議決定文書への署名を拒否して辞表を提出したが、
これに対し小泉首相は辞表を受理せず、閣議を中断して天皇の認証を得て島村農水相を罷免、
首相自身が農水相を兼務して解散詔書を閣議決定した。

・2010年(平成22年)5月28日、鳩山由紀夫内閣、福島瑞穂内閣府特命担当大臣罷免

普天間基地移設問題に関する閣内不一致
鳩山首相が、普天間基地移設先を沖縄県外にするとの公約を、
撤回余儀なくされたのに対し、
社民党党首としての立場から県外移設を主張しつづけたため、罷免。
社民党は連立離脱、野党に転じた。

普通は、小泉内閣の田中外相のように
総理が
「考えが変わらないなら辞表を出してもらえますか」
と辞職を求め、円満更迭となりますが、
辞職を拒み、またはいきなりクビ罷免もあります。


・1947年(昭和22年)片山内閣、平野力三農林大臣罷免
米価問題で閣内不一致、西尾官房長官との対立

・1953年(昭和28年)第4次吉田内閣、広川弘禅農林大臣罷免
衆議院議員吉田茂(首相)の懲罰動議に、自分と広川派三十名を採決欠席
このため、与野党僅差だったので、衆議院で首相が懲罰動議となったので、
即日、罷免。...続きを読む

Q愚かな帝国海軍の軍人

皆さんが思う愚か者だと思う帝国海軍の軍人を教えて下さい。
理由もあれば幸いです。

ちなみに私は
・レイテ海戦の艦隊殴り込みと大和の沖縄特攻を強引に推し進めた神重徳

・山本聯合艦隊司令長官の茶坊主、変人の黒島亀人

・絶対的な権力を誇り、昭和の海軍の政策や人事に何かと口出しした伏見宮博恭王

Aベストアンサー

さてどのへんから線を引くかが難しいですが、山本五十六以外のトップにいた連中全員でしょうな。
理由はシンプルで誰一人仕事をしていないからです。仕事をしていないというのは、戦略を誰も立てていないということです。どういうふうに戦争を持っていって、どのような勝利を得るのか。そのグランドデザインを誰も描いていない。だから、戦略なきままに戦争して行き当たりばったりに戦って、当然の如く負けました。
なぜ山本五十六は入れないのかというと、開戦前に「半年や一年は大いに暴れて見せるが、あとはどうなるかわかりません」と答えているからです。そういうことをいう人に任せたんだから、責任が問えるのは一年まででしょう。それから後は彼に任せた人の責任です。

参謀や現場指揮官クラスをバカと罵ったところで単なるスケープゴートに過ぎません。太平洋戦争における日本軍(陸海軍問わず)の最大の問題は「戦略なきままに戦った」ことです。しかしある陸軍将校が戦後語っているように「陸軍があれこれいったところでアメリカとの戦争は太平洋でやるものだったから船で運んでくれないとどうにもならない」ものですからね。それにしても、色々な意見があるものですね。

さてどのへんから線を引くかが難しいですが、山本五十六以外のトップにいた連中全員でしょうな。
理由はシンプルで誰一人仕事をしていないからです。仕事をしていないというのは、戦略を誰も立てていないということです。どういうふうに戦争を持っていって、どのような勝利を得るのか。そのグランドデザインを誰も描いていない。だから、戦略なきままに戦争して行き当たりばったりに戦って、当然の如く負けました。
なぜ山本五十六は入れないのかというと、開戦前に「半年や一年は大いに暴れて見せるが、あとは...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報