シャボン玉に光が入ったとき(気体から液体に入ったとき)に虹色に見えますけど
、なぜビニールを膨らませたときは光をてても見えないと聞かれたとき、ビニールでは、反射が起こらないためですといってもいいのですか?教えてください。
あとどうして光が強めあったり弱めあったりすることによって、虹色に見えるのか?ときかれた場合、分かりやすく答えるにはどのようにいえばいいのか?わかる方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>ビニールでは、反射が起こらないためですといってもいいのですか?教えてください。



虹色に見えるのは「干渉」によるものですが、これは膜が光の波長と同じ程度の厚さでなければなりません。
シャボン玉は非常に薄い膜なのでこのような効果が起こりますが、ビニール(袋?)は波長に比べて厚いため、おきません。

>あとどうして光が強めあったり弱めあったりすることによって、虹色に見えるのか?ときかれた場合、分かりやすく答えるにはどのようにいえばいいのか?わかる方教えてください。

「光が強めあったり弱めあったりする」というのが「干渉」です。この効果は、光の波長により決まるため、特定の点には特定の波長(->色)の光だけが見えます。他の点では他の波長の光が見えます。このようにして虹色が見えるわけです。

説明のなかに不正確な点がありましたらすみません。

詳しくは高校の物理の教科書(光の干渉の項目)をごらんください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報