マーベル映画シリーズの伝説の始まり『アイアンマン』を紐解く! >>

アフリカのザンビアで物理を
教えています。
上記の件について、日本では地球の自転の
遠心力によるものだと習いましたが、
ザンビアの教科書には、地球が楕円型をしているため、極地のほうが地球の中心に近いからだと書いて
あります。
どっちももっともらしい説明なのですが、
中心からの距離説をとると、
極地から地球の中心までの距離を1とすると、
赤道上からは、1.003。
重力は距離の2乗に反比例するので、
1/1.003^2≒0.994。
極地における重力加速度は9.83m/s2で、
0.994かけると、9.77。実際には、赤道上で9.78m/s2
ですが、これだけで説明がついてしまいます。
しかし、日本のどの本読んでもそんなこと書いてないし・・・どう説明したらいいのでしょう。
どうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 


 
>> 計算しようとしたのですが、楕円の場合の積分が難しくてできませんでした。 <<

 1/r^2 則だけを武器に真正面から挑むのは苦戦すぎます、解はルジャンドル関数です。下記はルジャンドルで検索したなかの手頃なサイトです。
( これは電気の方では「電荷が張る電場を求める=ラプラス方程式を解く」として学生にスキルアップを強いる定番の問題です。 じつは「身近にある帯電した楕円体」の代表は原子核でして、原子を学ぶ最初の方でもこの積分をやります、身近に地学が居なかったら電気か物理屋を捕まえましょう。)

↓イントロ。遠心力は高校教科書的な式では 円周速度^2/回転半径 ですが、その式の元は 回転半径×回転速度^2 です。×はベクトルの外積。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/web-text/part4/ …

↓ポテンシャルでの説明。 老婆心ながらポテンシャルは位置エネルギです。水面は位置エネルギの差があるとそっちに向かって流れて平らになりますよね、楕円の表面でも同じことでして 「重力と遠心力のベクトル和の、水面に平行な成分がゼロ」になるような傾きに水面が動きます。その結果が楕円です。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/web-text/part4/ …

↓球座標表現。普通は(rθφ)のθが緯度でφが経度ですが、φは緯度のようです。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/web-text/part4/ …


↓楕円近似の扁平率の実際値。
歴史的にはニュートンが上記の「水面が局地的に水平」で解いて、楕円の式を得、当時の地球諸元測定値から 1/230 を得てます。 日本は近年までベッセル楕円体を使ってたそうですが今は GRS80 のようです。GRS80:1/298.257222101
http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/datum/tokyodatum.h …

 上記に続けて、このニュートン考案の「水だけの地球モデル」から「ジオイド=geo+ido=地球+のようなもの」というモデルが生まれましたが、実際の地球の凸凹を含ませた「単純な理屈でない実用に耐えるモデル」に育ちましたので 単純楕円ではなくなりました。そこで、それを単純楕円で近似したものを「Earth ellipsoid=地球+楕円のようなもの」と呼んでます。 「ジオイド」という用語を持ち出すと生徒には難しすぎだし、それイコール単純楕円ではないので配慮が必要ですね。



>> 楕円か日本理科式か <<

 「もし地球が回転してなかったら形は真円球。現実には回ってるから遠心力で楕円形。どっちを地球の姿として教えるのかでしょうね。 ただし、楕円に変形したから遠心力が相殺されて消え去ったわけではないので、教えなくて 言わなくて 済むわけではないです。 半径変化は微々たるものだから遠心力そのものはほとんど変わらず存在してます。( 相殺されたのはあくまで「水モデルの水面への方向余弦の成分」だけです。)
 そして一方 ( No3 で計算したように) 遠心力そのものの緯度差は 実際の重力差より 一桁小さいです。
 ゆえに 『 重力差の大部分は楕円形ゆえ。遠心力の影響はその数分の1、』 というのが適切だと思います。 ただ『その楕円も遠心力ゆえ』というのは100%賛同です。

 もし『遠心力』としか言わないで終わると、ベクトルを書ける生徒の脳内で「真円+ベクトルの図」が生まれてしまうのでは(日本のように)。 生徒みずからがニュートンなみの思考力「水は方円に従う」に至れるのは一部の才ある生徒だけと思います。

 
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細な説明ありがとうございます。
ルジャンドル関数、学生のときみんながやってた気がします。物理学科だったので。
私はなぜかやらずに卒業しまいました。
やはり両方教えるべきでしょうね。

お礼日時:2005/09/28 06:18

少し不正確なところもあると思いますが、次のようだと考えます。



重力の緯度による違いの要因は3つです。
(1)地心までの距離による。(低緯度へ引力減)
(2)真球から回転楕円体への質量変位による。(低緯度へ引力増)
(説明:質量分布が赤道面の方に変位、つまり、赤道から見て一部の質量への距離が近づく)
(3)遠心力による。(低緯度へ重力減)

従って、
緯度による重力=球での引力-(1)+(2)-(3)=(球での引力-(1)+(2))-(3)

(球での-(1)+(2))は、回転楕円体上の引力です。
これは、(1)と(2)が相殺して、等重力のように見えます。

結論は、
回転楕円体上の(緯度の変化に不変な)等重力を基に考える訳で、
緯度によって重力加速度gの違う理由は、ひとえに遠心力(-(3))によるものと考えられます。

そちらの教科書は正しくないように思います。
((2)と(3)を相殺して(1)を残すような考えはないように思います。)

(なお、遠心力(-(3))も考えに入れてた等重力面が、ジオイド面かと思います。)
(また、お尋ねの積分計算は、容易か、難しいか、不可能か分かりませんが、最近はコンピュータの数値計算で容易です。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
遠心力のことを言及しないわけにも
いかないというところでしょうか。
(1)と(2)が完全に相殺されるというところに
疑問が残りますが・・・
少し考えてみます。

お礼日時:2005/09/28 06:12

一つコメントします。



引力が距離の2乗に反比例するのは、質点、または真球体(球対称体)の場合ですので、その注意が必要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私もそうかな、と思って
計算しようとしたのですが、
楕円の場合の積分が難しくてできませんでした。
もし、計算方法を知っていたら
教えていただけないでしょうか。

お礼日時:2005/09/25 21:13

どちらも正しいような気がします。

しかし、日本の説明の方がわかりやすいのですが、単純すぎる気もします。正確さでは、ザンビアの方に軍配が上がると思います。


「緯度による平均的な重力加速度」は回転楕円体面での重力加速度のことだと思います。ザンビアの教科書では、この回転楕円体と、ジオイド面(等ポテンシャル面・・・遠心力も含みます)を比較しているのだと思います。

極地の回転楕円体面上の点はジオイド面上の点より低い位置(地球の中心部に近い位置)にあるため重力加速度が大きくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり、両方の効果、というのが正しいのでしょうか。地球が楕円型をしているのも、遠心力のせいだとすれば、なにも説明せず「遠心力の効果」というのが、一番正しいという論理になりますが・・・高校では、詳しい計算を要求していないので、理由としてどちらか片方をあげるというのもありなのでしょう。

お礼日時:2005/09/25 21:19

 


 
 そちらの教科書の記載は全く正しいです。日本では誤解してる人が多いです。


 No.1氏の引用サイトの記載;

   g実測  緯度
札幌 9.805  43度03分  cos緯度=0.73076
鹿児 9.792  31度36分  cos緯度=0.85173

g札幌-g鹿児島 = 9.805-9.792 = 0.013 m/s2



いっぽう、
  遠心加速度 = 速度^2/半径
であるから、赤道上の遠心加速度 ao は、
  ao = (赤道周長÷24時間)^2/赤道半径R
    = (2πR÷24時間)^2÷R
    = R×(2π÷24時間)^2
    = 6380km×(2π÷(24×60×60秒))^2
    = 0.03374 m/s2

  鹿児島と札幌での差
  = ao×(cos鹿児島緯度-cos札幌緯度)
  = 0.03374×(0.85173-0.73076)
  = 0.03374×0.12097
  = 0.00408 m/s2


となって両者は合いません。
このような計算でちゃんと確かめる機会がないまま「万有引力から遠心力を引き算」と丸暗記してる人が多いです。
 正しくは
地球はグニャグニャに柔らかな物体で、丸い形に収まってるのは万有引力のおかげでして、秤の上の物体も地面も、まったく同じ遠心力を受けてます。ゆえに楕円状に脹らんで半径が少し増して、万有引力の力が減ってます。
秤も 載せた物体も みんな地面の一部なのだと思うことです。
 No1氏引用先の説明図も、地球が遠心力で楕円になってる絵を追加し、その楕円上での比較の絵にすれば、誤解者が少なくなると思います。地球を真円に描いてそこに遠心力ベクトルを書くから誤解を誘います。

(よく、「遠心力は見かけの力だから実在しない、そんなものを引き算するのがそもそもの間違い」という説明は語弊があるし、一般人や学童には誤解を誘う衒学になりますから避けましょう。)
 
 

この回答への補足

ありがとうございます。
やはり、「両方の効果」と教えるのが正しいのでしょうか。
ただ、楕円になると距離のほうが単純な「逆2乗」ではなくなるようなので、
うまく計算できず、悩んでいました。

補足日時:2005/09/25 21:08
    • good
    • 0

こちらの解説ですと、楕円型の他にも遠心力による影響があるそうです。



天びん豆知識 緯度による重力差に起因する誤差について|島津製作所の天びん(天秤)・はかり
http://www.shimadzu.co.jp/balance/hiroba/bean/be …

参考URL:http://www.shimadzu.co.jp/balance/hiroba/bean/be …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とてもわかりやすい図ですね。
私もこのように習っていたのですが・・・

お礼日時:2005/09/25 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重力加速度について

カテゴリー違いだったらすいません。
重力加速度が、以下のように
 札幌  9.80478
 東京  9.79763
 名古屋 9.79733
 京都  9.79708
 福岡  9.79629
 鹿児島 9.79472
 那覇  9.79096
と、各地で微妙に差があるのはなぜでしょうか?
また、南に行くほど数値が小さくなるのも教えてください。

Aベストアンサー

遠心力と、地球が球形ではなく、扁平球であることの影響です。

重力加速度の同じ店を結んで出来る平面を等重力面と言います。また、この重力が標高0に当たる面を特別にジオイドと呼び、標高の基準となります。下の方のリンクに日本近辺のジオイドの図があります

http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/geoid/
http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/geoid/geoid/geoid.html

また、地下の構造の影響もあり、大陸部と海洋部では構成する岩石の比重が違うため、同じにはなりません。また、大陸部でも、高山の下と平地の下では違います。

Qボルダの振り子 慣性モーメント

ボルダの振り子で、金属球の質量をm、半径をa、
ナイフエッジから金属球までの長さをlとするとき、
支点回りの慣性モーメントIが
I=2ma^2/5+m(l+a)^2
となるのがわかりません。
この式の導き方を教えていただきたいです。

Aベストアンサー

平衡軸の定理を使っています。
平衡軸の定理とは、ある剛体を考えた時に、
その剛体の重心の周りの慣性モーメントをI(G)とすると、重心から距離hだけ離れた点、の周りの
慣性モーメントIは、I=I(G)+Mh^2で与えられる、
ということです。Mは剛体の質量です。ご質問の場合、I(G)というのは金属球の中心の周りの慣性モーメントです。
この値が、半径aとして、2/5ma^2となります。
その重心(中心)から、距離lだけ離れたナイフエッジ
における慣性モーメントは、平衡軸の定理を使うと
I=I(G)+mh^2=2/5ma^2+m(a+l)^2になるのです。

平衡軸の定理については、定理ということでそのまま
用いて構いません。式の導出が厄介だからこそ、定理として造られているのです。定理の導出まで知りたければ、力学の教科書をみれば分かります。

球の慣性モーメントについても、導出はけっこうやっかいです。球の重心の周りの慣性モーメント
がI(G)=2/5ma^2です。この導出も知りたければ、力学の教科書を見た方が速いです。もしここに書き込むと
かなりゴチャゴチャします。

平衡軸の定理を使っています。
平衡軸の定理とは、ある剛体を考えた時に、
その剛体の重心の周りの慣性モーメントをI(G)とすると、重心から距離hだけ離れた点、の周りの
慣性モーメントIは、I=I(G)+Mh^2で与えられる、
ということです。Mは剛体の質量です。ご質問の場合、I(G)というのは金属球の中心の周りの慣性モーメントです。
この値が、半径aとして、2/5ma^2となります。
その重心(中心)から、距離lだけ離れたナイフエッジ
における慣性モーメントは、平衡軸の定理を使うと
I=I(G)+mh^2=2/5ma^2+m...続きを読む

Q日本各地の重力加速度

日本各地の重力加速度が異なる理由を、できれば北に行くにつれてや、東に行くにつれてなど、さまざまな要因について教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。重力加速度について、昔学校のレポートに書いたことがあるので回答します。重力の標準加速度は9.80665[m/S2]、福岡の重力加速度は9.7963[m/s2]です。標準重力加速度はドイツのポツダムで定められています。場所によって重力加速度が違うのは、地球が地軸を中心に回転しているからです。回転しているということは、当然地球上であればどこの場所でもmrω2の大きさの遠心力が働くことになります。(m;物体の質量 r;円運動の半径 ω;角速度)緯度が低くなればなるほど回転の中心からの距離が大きくなるから、rが大きくなります。万有引力は地球上どこでも同じ値なので、万有引力と遠心力の合力である重力mgは、緯度が低くなるにつれ小さくなります。

Q地球表面上で極、赤道、北緯~度の重力加速度を教えてください。

今日、赤道付近ではクモは渦を巻かない事に驚きを感じ、
重力の事を早速調べようと思ったものです。

重力加速度も地球表面でも位置で異なるんですね。
残念ながら、私は文系のものなので(経済学部なので数学は理解できます)物理に関しては全く理解が出来ないです。
しかし、といっても大学の物理学の書物は目を通したので古典力学なら理解できると思います。

タイトルの通り、極や北緯~度や赤道での重力加速度がどうしても知りたいです。 出来れば、そこまでの数式も書いていただけると嬉しいです。最終的な値も含めてどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

赤道直下では地球の自転による遠心力が一番強いので重力加速度は尤も小さくなりますよ。逆に両極では遠心力が全く働きませんから万有引力そのものだけになるので大きな値になります。理科年表で調べてみるとヘルシンキが981.9、パナマが978.2とそれが裏付けられています。温帯地方の値はその間に分布しています。
 また、高度が高いほど遠心力が大きいですから高度が高い場所では小さくなります。キトーでは977.2を記録しています。遠心力の大きさはrω^2 ですから、この式で遠心加速度は計算できます。

Qヤング率が変わる原因

たとえば、銅の棒の両端を支えて、中心に力を加えるとたわみますよね?
そのときに、ヤング率が大きいと、たわみの量が少なくなりますよね?

そこで、質問なんですけど、ヤング率の値が変化する原因を教えてください。

金属の疲労が原因なのかなぁ~??って調べているんですがなかなか見つからないので、よろしくお願いします

Aベストアンサー

>そこで、質問なんですけど、ヤング率の値が変化する原因を教えてください。

どういう状況で変化するのか教えてくれると、回答がつくと思います。
今思いつくのは、塑性化が発生していることの他は(弾性範囲では)、以下のような物です。

一般に
応力=ヤング係数×ひずみ
応力=荷重/断面積
から、
荷重=ヤング係数×ひずみ×断面積
です。

一般に断面保持の仮定(断面は一定)の下で解析しますのですが、加力を続けていくと断面の減少などが起こり、断面積が変化します。
実験などでの計測ではロードセルなどで荷重を、ひずみゲージによりひずみを測定して、断面積一定の仮定からヤング係数を算出します。
つまり、断面が一定の仮定が成り立たないと、見かけ上ヤング係数が変化するような結果が得られることがあります。

Q等電位線と電気力線という実験を行ったのですが・・・

実験はプラスチック板の上に白紙をのせ、さらに上にカーボン紙をのせてさらにその上に導電紙をのせて小型万力で締め付け、プラスチック板の裏の電池で、電気を流し、テストリードで等電位の点を探して等電位線と電気力線を引くというものです。
わからないことは等電位線が導電紙の端(境界)あたりにくると、境界に直行する傾向になるのはなぜか。ということです。このサイトでも調べて同じ質問があったのですが、回答が難しくてわかりませんでした。僕にでもわかるように教えてください。
あと、導電紙の上に導体(ステンレスの円柱)をのせて、等電位線と電気力線を引くことをしました。実験の説明部分に導電紙と静電場という題目で(a)導体内部には電場がなく、いたるところでE=0である。(b)導体内部と表面はどこでも電位V=一定である。(c)電気力線は導体内部に存在しない。導体表面の負の電荷で電気力線は終わり、表面の正の電荷から始まる。また、導体表面は等電位面であるので電気力線と導体表面とは直行する。(d)導体の電化は表面にだけ存在し、内部にはない。(e)導体表面近くの電場は、表面電化密度ρとするとE=ρ/ε0となる。とあり、考察部分に(b)(d)(e)を証明せよ。とあるのですが、分かりません。バカですみません。
この4つの中で1つでも分かる方がいらっしゃればどうか回答よろしくお願いします。

実験はプラスチック板の上に白紙をのせ、さらに上にカーボン紙をのせてさらにその上に導電紙をのせて小型万力で締め付け、プラスチック板の裏の電池で、電気を流し、テストリードで等電位の点を探して等電位線と電気力線を引くというものです。
わからないことは等電位線が導電紙の端(境界)あたりにくると、境界に直行する傾向になるのはなぜか。ということです。このサイトでも調べて同じ質問があったのですが、回答が難しくてわかりませんでした。僕にでもわかるように教えてください。
あと、導電紙の上に導...続きを読む

Aベストアンサー

以前の回答というのはどのような回答だったのかわかりませんが、他に回答がつかないようなのでお答えします。導電紙の実験では真空中や空気中の電界と違って電界の向きに直交する電流が流れます。逆に言えばこの電流による電圧降下が電位差、電界を発生していると言う事ができます。この実験では電流が無い所に電位差、電界は生じません。導電紙の端部の電流は紙の外側に向かう成分がゼロ、即ち端部に直交する電流はゼロであることはおわかりかと思います。このため端部に直交する向きには電圧降下が生じません。これに対して境界に沿った電流成分は必ずしもゼロではないので、電位は端部に沿って変化します。即ち等電位線は紙の端部に直交します。
(b)(d)の証明は、もしそうでなければ(a)に反するというようなことでも良いのでしょうか。又(e)はマクスウエルの方程式から説明しても良いのでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較