上海語は方言で北京語が標準語と人から
聞いたのですが、もう少し詳細を知りたいと
思います。
上海人?というか上海語と北京語では会話には
ならないのでしょうか?
大阪弁と標準語では会話できると思うのですが
すごく地方の方言だと、通じないこともままある
と思いますが・・。上海語は第二の標準語?といえる
ほど中国で通じるものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

上海に7年ほど住んでいたことがある者です。


日本から出張者が来て、ご質問のような話題になったときは、
「英語とドイツ語くらい違います、外国語ですよ」
と説明してました。

たとえば、「彼は不在です」と北京語でいうのを、
無理やりカナ表記すれば「ター プゥ ツァイ」ですが、
これを上海語でいうと「イッ バラヘェッ」となります。

発音や語感がまったく違うのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

一般に中国語と呼ばれる範疇には、大きく分けても7つぐらいの
言語があるようです。専門的なことは忘れましたが、北京語、上海語、福建語、広東語、客家語、湖南語、江西語と、特に揚子江より南側で、いろいろ細かく分かれているようです。

国境を気にしなければ、タイ・ベトナム語も類似の言語です。今もそうなのかは知りませんが、昔、タイ・ベトナム語を専攻する外国語大学生は、副専攻語として中国語(普通話)が必修でした。

乱暴なたとえになりますが、ヨーロッパ大陸で、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語と言語が分かれているようなものです。
上海人は「北京の人間は上海語が聞き取れない、でも、我々は北京語もちゃんとわかる」とよく得意気にいいます。

北京語は、普通話(共通語)として全国で教育がなされていますから、北京語以外の言葉をネイティブとする人たちは、ちゃんと教育を受けていれば、基本的に北京語とのバイリンガルなのです。

もちろん、訛りが出ますので、その人間のしゃべる普通話の訛りから、中国のどの辺の出身か、おおよその推測がつきます。広東語ネイティブは外国人の私などでもはっきり分かるほどの訛りがあることが多いです。
方言というレベルでは、大連に行ったときに、全然聞き取れないフレーズがあって、確かめたら、大連の「方言」だと説明されました。同じ北京語のなかでも、方言があるようです。

同じ言語のなかの方言なのか、それとも外国語なのかを区別するための定義は知りませんが、仮に「ネイティブ同志が、それぞれの自らの言葉で話をしたときに、相互に通じるのが方言で、通じないのが外国語だ」と定義したら、北京語と上海語は相互に外国語です。

それから、上海語は、上海とその周辺の華東地域の一部で通じる言葉に過ぎません。

向こうの人間に言わせると、上海から南京までの鉄路(300Kmくらいでしょうか)沿いの主な駅(蘇州、無錫、常州、丹陽など)のある土地ごとに、それぞれ言葉が違うのだとか。

また、上海から揚子江を渡っただけのすぐ北側(「江北(ガンポ)」と呼んで、上海人は蔑視していますが、江蘇省南通市方面のこと)でも、もう上海語は使いません。私の事務所に江北出身の女の子が働いていましたが、上海に来てから、上海語をしゃべれるように努力したと言ってました。

上海人は上海語がしゃべれない中国人を「外地人」(田舎者)と呼んで馬鹿にします。上海の市場で、北京語で買い物すると高く売りつけられたりします。まぁ、我々のような外国人は、必死で上海語を覚えたところで、カモにされるがままではありますが。

それだけ、上海語が通じるエリアは狭いものだと、ご理解いただければと思います。だから、学んでもツブシの利かない言葉ということで、私は7年上海に居ながら、全然上海語は勉強しませんでした。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

こんにちは
非常にわかりやすくて実体験なども織り込んでい
ただけたので、なるほどなあ、って思いました。
どうも聞いてたより全然違うみたいで驚きました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/30 17:47

先日まで中国に駐在していました。



上海語、北京語、それから北京語から派生した標準語の普通話、その他広東語などいろいろあります。

上海語と北京語では発音がまったくといていいほど異なりますが、お互いに上海語と北京語で話すのをわざとゆずらなかったら、北京の人は理解ができないと思います。
ただ今の20代、30代の人は若い頃にすでに普通話の教育とテレビなどの影響をうけているので、上海人は北京人は意思の疎通はできますし、普通話ではなしかけられます。

ですので、上海人が北京人に合わせてあげれば会話になります。
北京人で上海語にまったく触れていない人には、上海語が理解できません。

また、上海語は第二の標準語とはいえないとおもいます。限定されたローカル言語です。
    • good
    • 2

北京語は、東京弁の様なイメージ。


首都と言ってもなんとなくアクセントが露出される。

上海語は、青森弁や沖縄弁くらいかけ離れている。
日本人でも年配の人が話される青森弁や沖縄弁って
別の地方の人は分からないでしょ。
単語も聞き取れないくらい、そんなイメージです。
よってご質問の上海語と北京語では、会話にならないでしょう。

>上海語は第二の標準語?といえる
>ほど中国で通じるものなのでしょうか?
上海や上海近郊でしか通じないでしょう。

また中国には、地方それぞれでいろいろな方言があります。
大阪弁程度のものや異国の言葉?ってものも多々あります。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上海語の芸能が少ないのは何故?

広東語や台湾語の芸能 (音楽、映画、相声等々) には一定の需要と供給があるのに、上海語が少ないのはどうしてでしょうか?
呉方言 (上海語、蘇州語等) の使用人口は広東語 (推定8000万~1億?) より少ないとは思いますが、それでも2000~3000万ぐらいはいると思います。
先週末~今週にかけて上海を旅行して来ましたが、街の中では上海語が飛び交っているのに、上海語のテレビ番組がないのが不思議でした。

ご存知の方、教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

昔、上海に住んでいたことがあり、上海語が少しわかる者です。
日本へ帰国してからも上海語に触れたいと思い、私も上海語のラジオやTVをずっと探しつづけていましたが、見つかりません。
(ごくたまにやる上海語の相声や、ニュースの中で上海市民へのインタビューなどで聴いた程度です)

インターネットで「中央人民広播電台」のプログラムを見ると、粤方言・ビン方言・客家方言、
そして朝鮮語・ウイグル語・モンゴル語・チベット語の放送はあるのに、呉方言がありません。
そこで大学時代の中国語の恩師にメールをしたところ、以下のような返事が返ってきました。

「言語や方言問題は中国では極めて政治的意味合いを持っている。
文革が上海に発端したことや、中国共産党が実質上上海で成立されたことを見ても解るように、
上海人は「近現代の中華人民共和国」成立の過程で、
常に文化の先端を歩くエリート意識の高揚した人だちであり、中国の模範的な文化人・知識人である。
そういう人たちが中国内分離主義に利用されかねない「公式上海語放送」をすんなり認めるはずはないのでは・・・。」
(あくまで推測・・・という前置きでした)


ここからは私自身の考えですが(これもあくまで推測です)、
一般的に上海人はとてもプライドが高く、ほかの地方の中国人に対しては排他的な面もあります。(外国は別ですが)
上海戸籍を取得したがっている地方の人はたくさんいますが、
上海人としては「上海語もしゃべれないような人がそう簡単に上海人になれるか!」という雰囲気は常に感じました。
実際、上海の私がいた会社に、地方出身のある若い中国人スタッフがいたのですが、
彼女は幼い頃上海戸籍を取得し、その後は「上海語を話す上海人」として生活していました。
それでもときどき上海語に地方訛りが混じるようで、ほかの生粋の上海人から指摘されることもあるらしく、
会話をするときはとても気をつけている・・・と話してくれました。
つまり上海人にとって、上海で生まれ、上海で生活し、上海語を話すということは一種のステイタス・希少価値であり、
誰もがそう簡単にできるものじゃないと思っているのではないでしょうか?
故に、公式的な上海語放送によって上海語を広めるということも、上海人はあまり望んでいないのではないのかな・・・と思ったわけです。

ただし私が居たのは約8年前のことなので、#1の方がおっしゃってるように、
今では現地のローカル番組ならひょっとすると上海語の番組が少しは出てきてるのかもしれませんね。

推測ばかりで申し訳ないですが、ご参考になれば幸いです。

昔、上海に住んでいたことがあり、上海語が少しわかる者です。
日本へ帰国してからも上海語に触れたいと思い、私も上海語のラジオやTVをずっと探しつづけていましたが、見つかりません。
(ごくたまにやる上海語の相声や、ニュースの中で上海市民へのインタビューなどで聴いた程度です)

インターネットで「中央人民広播電台」のプログラムを見ると、粤方言・ビン方言・客家方言、
そして朝鮮語・ウイグル語・モンゴル語・チベット語の放送はあるのに、呉方言がありません。
そこで大学時代の中国語の恩師...続きを読む

Q中国語の北京語や広東語、上海語などの違い具合

中国語には北京語とか広東語や上海語などがありますが、
それぞれの違いは日本語の標準語を基準とした以下の例で言うとどの程度なのでしょうか?

1、日本語の標準語と大阪弁(同じ言語だが少し違う)
2、日本語の標準語と青森弁(同じ言語だがかなり違う)
3、日本語と韓国語(違う言語だが文法が似ている)
4、日本語と英語(まったくの別物)

また中国の標準語は北京語でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

深センからです。
ここは広東省の南で香港にも近いですが、経済特別区のため北方から働きに来ている人の割合のほうが多く、街中では普通話(フォートンファ)で文字も基本的に簡体字です。

わたしの感覚では、質問者様の3と4のあいだという感じがします。

日本の場合、何百年も昔から中央政府(たとえば京とか鎌倉幕府、江戸など)の意向を伺いながら政治を行ってきており、中央と地方間の情報収集や意思伝達のために、飛脚や早馬など普及してきた国柄でした。これは今でもその傾向性はあり、TVの時代になって標準語を皆がみにつけるようになったり、何十年も前に海外(ブラジルやハワイその他かなり遠隔地)に移住した日本人と会っても、東京と同じ発音に出会えます。

これに対して中国では、普通話の教育がはじまったのがたかだか3~40年前で、しかもTVやラジオの普及などもこの10年くらいでようやくひろまった感があり、中国人の同僚に聞くと出身地によって、普通話の捉え方は違います。
たとえば北方や中央部出身の人は、文章は同じでも発音がまったく違うといいますし、広東や香港の人は、言葉がまったく違うし同じ広東の中でもまた3つくらい言語の違いがあるといいます。

便宜上英語をここで使いますが、中国国内の言語の違いをlanguage=言語というくくりで考える以外に、dialect=方言、という言い方がありますが、この方言の意味は、同じ国内でも同じものを指して表現するときの呼び名が異なったり、文字や文の書き方が異なる場合に、dialectに当てはまります。また認識としては、別の(地域性も含めた)言語とされているようです(ネイティブのアメリカ人による説明)。
イントネーション、発音の違いはアクセントの違い程度になり質問者様の1よりもさらに同じ言語扱いになります。

中国語の、普通語、広東語、上海語は、違う言語という認識を中国人の人自身がもっており、一部文法が似ている部分はあったり(3である理由)、書き方や名詞や発音(普通語の声音は4声+1ですが、広東語は6声)の違いも大きく(4である理由)、を考えると3と4のあいだという感じになります。

…とここまでは質問者様の選択肢に沿って回答させていただきましたが、個人的には4のまったく別の言語という感じがこちらに住んでいて感じます。

ちなみに北京語は標準語である普通語とイコールではありません。北京語というと北京の言葉になり、たとえば東京の地元の言葉(下町で独特に育った言い回しや発音、名詞など)とテレビで使われる標準語が異なる、それと似た感じです。

深センからです。
ここは広東省の南で香港にも近いですが、経済特別区のため北方から働きに来ている人の割合のほうが多く、街中では普通話(フォートンファ)で文字も基本的に簡体字です。

わたしの感覚では、質問者様の3と4のあいだという感じがします。

日本の場合、何百年も昔から中央政府(たとえば京とか鎌倉幕府、江戸など)の意向を伺いながら政治を行ってきており、中央と地方間の情報収集や意思伝達のために、飛脚や早馬など普及してきた国柄でした。これは今でもその傾向性はあり、TVの時代...続きを読む

Q上海語と北京語の違い

上海語は方言で北京語が標準語と人から
聞いたのですが、もう少し詳細を知りたいと
思います。
上海人?というか上海語と北京語では会話には
ならないのでしょうか?
大阪弁と標準語では会話できると思うのですが
すごく地方の方言だと、通じないこともままある
と思いますが・・。上海語は第二の標準語?といえる
ほど中国で通じるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

上海に7年ほど住んでいたことがある者です。
日本から出張者が来て、ご質問のような話題になったときは、
「英語とドイツ語くらい違います、外国語ですよ」
と説明してました。

たとえば、「彼は不在です」と北京語でいうのを、
無理やりカナ表記すれば「ター プゥ ツァイ」ですが、
これを上海語でいうと「イッ バラヘェッ」となります。

発音や語感がまったく違うのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

一般に中国語と呼ばれる範疇には、大きく分けても7つぐらいの
言語があるようです。専門的なことは忘れましたが、北京語、上海語、福建語、広東語、客家語、湖南語、江西語と、特に揚子江より南側で、いろいろ細かく分かれているようです。

国境を気にしなければ、タイ・ベトナム語も類似の言語です。今もそうなのかは知りませんが、昔、タイ・ベトナム語を専攻する外国語大学生は、副専攻語として中国語(普通話)が必修でした。

乱暴なたとえになりますが、ヨーロッパ大陸で、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語と言語が分かれているようなものです。
上海人は「北京の人間は上海語が聞き取れない、でも、我々は北京語もちゃんとわかる」とよく得意気にいいます。

北京語は、普通話(共通語)として全国で教育がなされていますから、北京語以外の言葉をネイティブとする人たちは、ちゃんと教育を受けていれば、基本的に北京語とのバイリンガルなのです。

もちろん、訛りが出ますので、その人間のしゃべる普通話の訛りから、中国のどの辺の出身か、おおよその推測がつきます。広東語ネイティブは外国人の私などでもはっきり分かるほどの訛りがあることが多いです。
方言というレベルでは、大連に行ったときに、全然聞き取れないフレーズがあって、確かめたら、大連の「方言」だと説明されました。同じ北京語のなかでも、方言があるようです。

同じ言語のなかの方言なのか、それとも外国語なのかを区別するための定義は知りませんが、仮に「ネイティブ同志が、それぞれの自らの言葉で話をしたときに、相互に通じるのが方言で、通じないのが外国語だ」と定義したら、北京語と上海語は相互に外国語です。

それから、上海語は、上海とその周辺の華東地域の一部で通じる言葉に過ぎません。

向こうの人間に言わせると、上海から南京までの鉄路(300Kmくらいでしょうか)沿いの主な駅(蘇州、無錫、常州、丹陽など)のある土地ごとに、それぞれ言葉が違うのだとか。

また、上海から揚子江を渡っただけのすぐ北側(「江北(ガンポ)」と呼んで、上海人は蔑視していますが、江蘇省南通市方面のこと)でも、もう上海語は使いません。私の事務所に江北出身の女の子が働いていましたが、上海に来てから、上海語をしゃべれるように努力したと言ってました。

上海人は上海語がしゃべれない中国人を「外地人」(田舎者)と呼んで馬鹿にします。上海の市場で、北京語で買い物すると高く売りつけられたりします。まぁ、我々のような外国人は、必死で上海語を覚えたところで、カモにされるがままではありますが。

それだけ、上海語が通じるエリアは狭いものだと、ご理解いただければと思います。だから、学んでもツブシの利かない言葉ということで、私は7年上海に居ながら、全然上海語は勉強しませんでした。

上海に7年ほど住んでいたことがある者です。
日本から出張者が来て、ご質問のような話題になったときは、
「英語とドイツ語くらい違います、外国語ですよ」
と説明してました。

たとえば、「彼は不在です」と北京語でいうのを、
無理やりカナ表記すれば「ター プゥ ツァイ」ですが、
これを上海語でいうと「イッ バラヘェッ」となります。

発音や語感がまったく違うのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

一般に中国語と呼ばれる範疇には、大きく分けても7つぐらいの
言語があるようです...続きを読む

Q北京語と上海語

私はずっと北京語を勉強してて、中国のテレビなどのアナウンサーの滑舌のよいしゃべりならある程度聞き取れます(喋るのはたどたどしいですが・・・)。
今度、仕事で上海勤務になりそうなんですが、上海語は全然違うと聞いてちょっと心配しています。北京と上海、どの程度違うんでしょうか?
全然聞き取れないくらいに違うんでしょうか?北京語が通じない人とかもいるんでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。
私は中国語では、普通話(標準語)、白話(広州話)、客家語、潮州語等四種類ほど話せます。私の夫は中国人と言う事もあり、彼の家族や親戚との付き合いの中で方言も覚えて来た訳ですが、私の経験から言っても普通話(俗に北京語)が通じない所は有りますが、それは随分辺鄙な農村などです。
私も仕事柄、上海にもよく行ったりしますが、上海ほどの都会になれば、普通話が通じないと言う事は、まず有りません。上海の様な大きな都市は、よそからの観光客や就職者が多く、普段の生活の中で普通話は必須条件です。また、地元のテレビ局なども普通話で放送しているので、全く出来ない人は見た事が有りません。
私は普段、香港や広東で生活していますが、この地域は広東語や客家語、潮州語、湛江語、普通話が複雑に入り乱れていますが、多くの中国人は現代中国人の一般教養として普通話を習得しており、小学校でも普通話で授業をしています。広東語圏ほど訛りが強い地域でも、普通話を話せるので上海は絶対問題ないですよ。安心して、堂々と普通話を話して下さい。通じないと思って、もごもご話すと帰って通じないものです。中国人と話をするコツは、大きな声でハッキリと話す事です。
加油!

初めまして。
私は中国語では、普通話(標準語)、白話(広州話)、客家語、潮州語等四種類ほど話せます。私の夫は中国人と言う事もあり、彼の家族や親戚との付き合いの中で方言も覚えて来た訳ですが、私の経験から言っても普通話(俗に北京語)が通じない所は有りますが、それは随分辺鄙な農村などです。
私も仕事柄、上海にもよく行ったりしますが、上海ほどの都会になれば、普通話が通じないと言う事は、まず有りません。上海の様な大きな都市は、よそからの観光客や就職者が多く、普段の生活の中で普通話は...続きを読む

Q上海語を学びたいのですが。

上海語を学びたいのですが。

中国語に興味があります。
ただ、中国は広い国で言語は多種多様だと聞きます。
代表的な北京語(普通話)と上海語とでも、かなり異なるそうですね。

一般的には普通話を学ぶのが、無難かと思います。
NHKの語学講座で教えているのも普通話ですよね。
でも、普通話を覚えても上海に行けば通じにくいだろうし、香港へ行っても困難を伴うのでは。

私は、事情があって上海語を学びたいです。
上海の人たちは、上海語を話す人には非常に親しみを感じてくれると聞きました。

そこで、上海語を学ぶ方法ですが、語学学校へ通うしか方法はありませんか。
テープと教本を買って自分で勉強するのは、無理があるような気がしています。
出来るだけ費用を安く上げたいのですが、そんな虫のいい方法ってないですか。

なんでもいいのでアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

すでにコメントがついている通りで、「香港人にとっての広東語」、「台湾人にとっての台湾語」と比べると、「上海人にとっての上海語」は相対的に重要性が低いことは否めません。
若い世代では上海人なのに上海語が話せない人も増えていると聞きます。
(さすがに、全然聞き取れない、一言も話せないという人はそうたくさんはいないと思いますが、あまり得意ではない人が増加傾向にある、ということなのでしょう)

学習についてですが、上海語の発音は、普通話より難しいですが、台湾語や広東語にくらべると習得は容易だと思います。
なので、発音 / 聴き取りの難易度だけで考えると、台湾語や広東語より簡単そうに思えるのですが、残念ながらそうとは言えません。

言語習得の難易度は

(1) 学習者の母語との相違の度合い
(2) 学習者自身の得意不得意
(3) 学習の必要性 (モチベーションに直結)
(4) 学習に必要な情報の入手が容易かどうか。(情報量の多寡、教材の価格等)

等々、複数の条件によって左右されるからです。
上海語の場合、(3)と(4)の観点で絶対的に不利です。
中国語ができなければ中国語圏で生活するのに支障がありますが、上海語ができなくても中国語で用は足りるので、「上海語ができなければ生命に関わる」ような状況に追い込まれることはありません。
また、市場で入手可能な教材が少ないのも致命的です。辞書もありません。
極端な話ですが、書店で入手可能な上海語教材を全種類買い揃えても5万円も掛からないような気がします。
その程度の点数しか流通していないということです。
(普通話なら、有料 / 無料を問わず、やる気さえあれば教材はいくらでも入手できますので、国内で中国語を学んで上級者になることも決して不可能ではありません)

そんなわけで私自身は上海語の習得はあきらめましたが、中国語が上級レベルに達したら、上海語を齧ってみるのも悪くないかもしれません。

日本人で中国語上級レベルの人材 (通訳、翻訳のプロとして生計を立てられるレベルの人) は現在ではそう珍しくなくなりつつありますが、上海語ができる人材は希少で、広東語修得者、台湾語修得者と比べても数がずっと少ないはずです。

ただし、上海語修得者は中国語上級レベルなのが普通なので、普通話未修、または初・中級レベルで上海語だけ上達しても本末顛倒な感は否定できません。

すでにコメントがついている通りで、「香港人にとっての広東語」、「台湾人にとっての台湾語」と比べると、「上海人にとっての上海語」は相対的に重要性が低いことは否めません。
若い世代では上海人なのに上海語が話せない人も増えていると聞きます。
(さすがに、全然聞き取れない、一言も話せないという人はそうたくさんはいないと思いますが、あまり得意ではない人が増加傾向にある、ということなのでしょう)

学習についてですが、上海語の発音は、普通話より難しいですが、台湾語や広東語にくらべると習得は...続きを読む

Q中国語(北京語)の会話

中国出身の俳優さん(母国語は北京語)が好きで現地のインタビューをよく見ているのですが会話の最中「あ゛?」と聞き返す回数が多い気がします。
ちなみに私は中国語が解らないのですが俳優さんの表情や流れからして怒っているのではなく聞き返していると判断しました。
中国語は発音が難しいと言われてるので同じ北京語を喋れる人同士でも聞き返すことはあるのでしょうか?
日本のインタビューで聞き返すことは珍しいし、あったとしても何回もあるものじゃないので不思議に思っています
お分かりになる方がいらっしゃいましたら教えてください!!

※俳優さんの耳が悪い、イタンビュアーの発音が悪い等考えられることは多々あるかと思いますが・・

Aベストアンサー

あのアゲ調子で言う「あ~」ってヤツでしょうか?
あれは、「え?なになに?」的に言うヤツです。
質問の意図が掴め無かったりした時に言うんです。

最初は結構引いてしまうのですが、割り切って慣れれば
なんでもないですよ。

あと質問者さんの言うとおり、よく聞き取り難いのと思います。
これは発音がメチャクチャよくてもありえますね。

また中国人の声が大きいとか騒々しいと言うのに起因していて、
大きい声で話したりしないとチャント聞き取れないんです。

中国語の「あいうえお」は何故か似たようなものがあり、
さらに声の上げ下げの声調で意味が変わってしまいます。

特にインタビューなどでは、イメージもあるので、
大声で話さないようにしていることもあるでしょうから、
「あ~」が増える可能性はあるかもしれませんね。

Q上海語(上海話)のおすすめ語学書

上海語を初めて勉強しようと思っています。
いろいろと検索しましたところ、上海語の書籍は
何冊かあるようで、何が良いのか困っています。
旅行は少々で、ビジネス方面に使えるような最適
の語学書や参考書はありますでしょうか?
ちなみに普通話は現在中級、上海に滞在経験ある
ため、全く会話を聞いたことがないわけではあり
ません。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

発音がカタカナ表記ではないかとご心配されている点ですが、「エクスプレス」はカタカナのほかにちゃんとローマ字の発音記号が付されています。また、その発音記号の発音の仕方もきちんと解説されています。上海語は北京語と違って声調変化があるのですが、その法則についてもきちんと分類されて紹介されています。

Q北京語と方言の差ですか?

一般的に「中国語」というのを勉強しているので、
北方方言ないし北京語を、学習してることになると思います。

正誤判定は、この質問ではして欲しいのではないですが、
以下のような現象を、北京語と方言の差異と理解していいですか?
もしくは、文の書き手が、
北京語において、正しい中国語を書いているか、書いていないか
の違いでしょうか

教科書では、


×我学中文一年
○我学一年中文

ですが、上海出身の中国の方によると、
我学中文一年も正しいと言います…


× 漂亮 衣服←はっきりと不可と書いてありました
○ 漂亮 的 衣服

これは、インターネットで調べてみますと
漂亮 衣服の使用もかなり多いと…


また次のような例文があり

新聞も野球に関する報道で特に紙面を多くついやします
報紙 上 美于 棒球 活動 的 報道,也 特別 増加 了 不少 篇幅
baozhi shang guanyu bangqiu huodong de baodao , ye tebie zengjia le bushao pianfu

語注:
報紙→新聞
美于→~について
報道→報道

これは、文法書の

「美于が状語になる時は、主語の前に置く。」

に反するので
美于 棒球 活動 的 報道,報紙 上 也 特別 増加 了 不少 篇幅

が正しいと思うのですが、
これも、インターネットで調べてみますと
報紙 上 美于の順序のものが多いです


文法を気にしてはいけない、と言われると思いますが
コメントいただけると嬉しいです☆

一般的に「中国語」というのを勉強しているので、
北方方言ないし北京語を、学習してることになると思います。

正誤判定は、この質問ではして欲しいのではないですが、
以下のような現象を、北京語と方言の差異と理解していいですか?
もしくは、文の書き手が、
北京語において、正しい中国語を書いているか、書いていないか
の違いでしょうか

教科書では、


×我学中文一年
○我学一年中文

ですが、上海出身の中国の方によると、
我学中文一年も正しいと言います…


× 漂亮 衣服←はっ...続きを読む

Aベストアンサー

日本で手に入る中国語のテキストなどは、現代普通話を体系的に書いていますが(普通話という概念は100年前もあったので、区別のため現代をつけました)、その現代普通話は1950年代~60年代にかけて毛沢東下の共産党が、全国に標準的な中国語の普及を考え、全人代(大会)やいろんな会議を幾度となく経て、字は簡体字とし、ピンインの採用をセットにし、具体的に形にしていった施行言語(作られた言葉)の様相をもっています。実際、はじめて普通話の放送を聞いた北京人が、「このアナウンサーの中国語はおかしい(つまり聞いたことがない、違う、標準的ともおもえないなど)」と述べたことが黄文雄氏の書籍に描かれています。

それ以前の時代の中国は、しゃべり言葉や音だけではなく、書き言葉や書き方もさまざまでした。

日本語だって、戦後GHQの統治方針の影響もあり、現代のかなづかいができるまは、独特の書き言葉、書き表現がありました(現代は、「現代」に対比して、なぜか旧かなづかいとか、歴史的仮名遣いといわれます)。
そこではチョウチョは「てふてふ」、食おうは「食はう」のようになります。私たちは「かな」が読めて置き換えができるので、それほど違和感がないかもしれませんが、外国人で日本語を習う人には、置かれる字が異なってしまうため(歴史的変遷がわからないため)、違う文法、違うルールのように写るとおもいます。

そのような現地人にはなんともない字の置き換えや位置のずれが、地方の中国人の文章にはいまでも見ることができるのだとおもいます。
私の中国人のメル友は内陸部の人ですが、かなり普通話と異なる漢字の並びで書いてくることがあります。また、私が中国にいたときの中国語の先生は四川人でしたが、同僚の大連人に「四川の普通話を覚えてしまうよ」といわれました。実際、学んだ音は、大連人の音と違っていました。

香港でおもしろいことがありました。広東語のもともとの書き言葉と、普通話の書き順は異なりますが、香港には台湾の出版物が同じ繁体字であるため大量にはいってきています。香港人は中国への返還前から台湾の雑誌等に慣れて読めていたそうです。台湾は北京語ベースだから、同じ繁体字だとしても、香港の書き順と違うだろ?と香港人の同僚に聞いたところ「同じ同じ、漢字なので読めるよ(same same, It is just Hanzi. We can read it.)」と香港人は私にいいました。

日本で手に入る中国語のテキストなどは、現代普通話を体系的に書いていますが(普通話という概念は100年前もあったので、区別のため現代をつけました)、その現代普通話は1950年代~60年代にかけて毛沢東下の共産党が、全国に標準的な中国語の普及を考え、全人代(大会)やいろんな会議を幾度となく経て、字は簡体字とし、ピンインの採用をセットにし、具体的に形にしていった施行言語(作られた言葉)の様相をもっています。実際、はじめて普通話の放送を聞いた北京人が、「このアナウンサーの中国語はおかしい(...続きを読む

Q上海語でハオチーはどういいますか?

上海語でハオチーはどういいますか?

Aベストアンサー

ホーチョッです。

Q北京語と広東語と台湾語 単語の表記上の違い

北京語と広東語と台湾語というのは、発音が違うのはわかるのですが、字としての表記も異なるのでしょうか?例えばPCのソフトのような物も中国では北京語バージョンと広東語バージョンが別物として存在するのでしょうか?
どなたか教えて下さい。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

laxlaxさんの仰っているのは、中国語の方言を書く時は、また標準語とは違った書き方があるのかということですよね?
結論から申し上げると、あるにはあるが、気にする必要なし、標準語の書き方ですべてO.K.ということです。

日本語の場合もそうなのですが、方言というものは口語で、会話の中で用いられるものであり、通常は特別な意図でもない限り方言をそのまま文にはしませんよね?例え地方の人が日常会話で方言で話していても、文書にしたためる時はいわゆる標準語を書きますよね?それと同じで、中国語の世界でも方言で話をしていても文を書く時は標準語の体裁で書きます。よって、中国語の文書を書く時はいちいち方言を気にする必要はありません。そのまま学校で教わる標準語をそのまま文書にしたためれば、どこの地方の人でも理解できます。

そもそも、方言ごとに書き方が違っていたら会話と一緒で互いに相手とコミュニケーションができなくなってしまいます。そういうことをなくすために標準語というものがどこの国にもあるのです。
ちなみに、よく北京語という呼び方を日本でよく耳にしますが、厳密に言うとこの呼び方は正しくありません。広東語が広州方言を指すように、北京語というのは北京方言という意味です。標準語と北京語方言とは厳密に言うと異なります(ほとんど同じですけどね)。
この標準語のことを中国大陸の政権では「普通話」、台湾では「国語」、また、東南アジアなどの華僑の間では「華語」と言います。

ちなみに、先ほど「特別な意図がない時には…」と言いましたが、では特別な意図がある時はどうするのでしょうか?その際はやむをえず漢字を使用しますが、もともと発音は元より文法も標準語とは異なるため、その方言独特の方言文字や方言言葉、広東語の場合は英語のDなどが文中に入ったりして、その方言を知っている人以外は見てもさっぱり理解できません。

また、繁体字と簡体字は、方言に関係ありません。政治的な流れの中で漢字が2種類になってしまったものです。伝統的な中国語文字は繁体字です。簡体字は共産党及びその支持母体が使用しますが、中華人民共和国が現在、中国の正当政府ということで、中国語教育も簡体字、普通話で進められています。
繁体字の文字コードはBig5、簡体字の文字コードはGBコードです。

laxlaxさんの仰っているのは、中国語の方言を書く時は、また標準語とは違った書き方があるのかということですよね?
結論から申し上げると、あるにはあるが、気にする必要なし、標準語の書き方ですべてO.K.ということです。

日本語の場合もそうなのですが、方言というものは口語で、会話の中で用いられるものであり、通常は特別な意図でもない限り方言をそのまま文にはしませんよね?例え地方の人が日常会話で方言で話していても、文書にしたためる時はいわゆる標準語を書きますよね?それと同じで、中国語の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング