一応(中途半端に)音楽理論を学んだ者です。
例えばここに一つの単純なピアノ曲があります。 私が理解しているのは、ピアノのどの鍵盤からそれを弾き始めようと、法則を守れば、曲全体の音の高さが変わるだけで別に雰囲気は変わらない・・・・と思うのですが、、、。
これが絶対音感などをもった人(持ってなくても優れた音楽的才能の持ち主等)にとっては調が変わるとその曲の雰囲気自体も変わってしまって聞こえ、なんか違和感を感じる、、、のでしょうか? 

理論的に見れば調を変えても曲は変わりませんが、周波数でみると全く違う事が起きているのは事実?なのかも知れません。 だから、周波数を絶対的に感知できる脳を持った人には、極端に言うと全く違う違う雰囲気に聴こえてしまうのでしょうか。

質問の意味が解らない場合は補足しますのでおっしゃって下さい。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

「この曲はこの調」というのは、確かにあります。


だから移調された演奏を耳にすると違和感を感じることはあります。特にクラシックの曲で多いですね。なんでこんな調で?と思うこともありますし、気持ちが落ち着かなくなることもあります。

カラオケでデュエットしている時「ちょっと歌いにくいから上げよ」なんて勝手に上げられ、歌い心地悪くて大変なこともありました。

ドはド、レはレ、それは絶対なんです。
なんて、ヘンなこだわりみたいでイヤですけどね。
でもしょうがないです、そうしか聴こえないので。
私はこんな感じです。あまり良いお答えができず申訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へぇぇ、いつも思う事なんですが、絶対音感の持ち主さん達の苦労は大変ですよね。 それも他人には解らない人知れずな所で不快感を感じてしまって。
解り過ぎる という能力も考え物なのかも知れません。
特にカラオケとか、音痴な方の歌などでは我々の何倍も苦しい思いをしているのでしょう。

>「この曲はこの調」・(略)・特にクラシックの曲で多いですね

クラシックなどは、まさしく音楽のプロが創っているのでしょうから、ちゃんと調の特徴などを計算した上で決まっているのでしょうね。 この曲はなになに調で、などと指定もされてますし。 
そこで「調」を変えても我々には何も起こらないのですが、絶対音感さん達にはある意味、曲の“バージョン”が変わってしまうものなのかと言うのが疑問な点でした。 

とてもよいご回答をいただきました。 
ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/06 08:43

私は絶対音感です。


多分小さい頃から音楽を始め、ソルフェージュなどをやっていたからなのかも知れませんが。

基本的に音楽は全てドレミで聞こえます。
ただし調を変えても全く違う雰囲気に聞こえることはありません。

カラオケなどでよくキーを変えて歌う人がいますよね?でも曲が全く変わって聞こえることはないですよね。
それと一緒で基本的にそんなに違和感はありません。

ただしハ長調でドレミをト長調に変えてソラシと弾いたとき、ドレミと口ずさむのにはとても違和感があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へぇぇ、音がドレミで聴こえてしまうのですね。 
それもドは絶対にCなんですね。 それの事を固定ドというのでしたっけ??? あぁ、記憶が、、、。

そうなんですよね。 カラオケでキーを変える機能があるのですが、私のような者には、変えた瞬間は当然変な違和感がありますが、数秒たてば慣れてきてしまうのですが、絶対音感さん達にはもしかしたら、ずーと、曲の終わりまで違和感というか、「雰囲気変わっちゃった・・・」などと感じてしまうのか、が疑問なところでした。

それより私も、絶対音感うんぬんを気にするより、記憶力減退を心配した方がいいかも。。。 習った理論がモッノスゴーイ勢いで消えていってます。

ご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2005/10/06 08:18

う~ん、多少変わると思いますよ。



以前学校の部活動で、卒業生を送る会で友人がソロで歌う際に伴奏をしてほしいと頼まれたのですが(合唱部でした)、
ちょっと彼女が歌うには音が低すぎて、かといって1オクターブ上げると今度は高すぎるという曲で、仕方なく私が調を変えたのですが、
そのままただ上げる(?)と、なんだか違和感というか、へんな感じがして、あちこち和音を変えて、結局曲を書き換えました。

ちなみに私も絶対音感はないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございました。
なるほど、そんな事件簿があったんですね。 
合唱部という事ですが、まったくのソロの曲ならいいですが、合唱の一部のソロパートで調などを変えると、全体にも関わってしまうでしょうから大変ですね。

質問からも解るとおり、私は絶対音感はなく、絶対音感を持った人の気持ちは解らないなと思っていたのですが、よく言う絶対音感者の感じる不快感とはこんな感じなのかなと思う事が最近あります。 それは歌番組を見ている時^^; 最近の歌手の方たちは、音程がずれていても気にしない図太い方ばかりで、、、。 聞いていて「やめー!」と思う事多々ありです。^^;

話を戻すと、、「変わる」に一票と言う事ですね。
わかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/06 07:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QチューバのC調楽譜ってフルート吹きにも読めますか?

私はフルート吹きなんですが急遽チューバ初心者(楽器初心者)に楽譜の読み方を教えることになりました。
私が所属している吹奏楽部はかなり少数で他パートの先輩が他パートの後輩の面倒を見るということがよくあります。それで私がチューバの子を見るということになったのですが、C管とB♭管、ト音とヘ音、全く違うようなパートの子にちゃんと教える事ができるか不安です。

がんばっていろいろ調べて、とりあえずはヘ音の読み方とB♭管のドイツ語音の読み方はなんとなくわかりました。

その途中でチューバはC調の楽譜が多いと知ったのですがそれがどういう事なのかよくわかりません。
C調の楽譜ならフルート担当の私にも読めるのでしょうか?
読み方とその他知っておいたらいいという事があれば教えてください。

Aベストアンサー

inCの楽譜なら、単純にヘ音記号で読めばよいだけです。

チューバはB♭管ですが、基本的には、指使いはinCで覚えます。
つまり、ドレミファソラシド という音階で指使いを覚えるのではなくて、
シ♭ ド レ ミ♭ ファ ソ ラ シ♭
という音階で指使いを覚えます。

ドイツ語音名は、異なる楽器の人(フルートの人と、チューバの人など)が意思疎通するときに使うものですが、
フルートの人が、普段は、アーベーチェーデーではなくて、ドレミファソラシドという階名で考えているように、
チューバ吹きも、普段、やはり、アーベーチェーデーではなくて、シ♭ ド レ ミ♭ ファ ソ ラ シ♭ の階名で考えるのが普通だと思うので、そうしてあげるとよいように思います。
(人によっては、普段からドイツ音名で考えている、という人もいるのかもしれませんが)

Q音大ピアノ科卒業し、ピアノから離れて10年余り。アップライトピアノと電子ピアノ…どちらを購入すべきか迷っています。

いつもお世話になります。m(__)m
実は、私某音大ピアノ科を卒業しておりまして、卒業後早○○年が過ぎました。この度、晴れて結婚することができまして、更に嬉しい事に、主人がピアノを買ってくれると言ってくれておりますが、何しろ卒業してから結婚までの間10年余り、家庭の事情等から、ピアノを全く触っておりません。今年の2月くらいに近くのピアノ練習場を借りて、久々に弾いてみたのですが、こんなに鍵盤て重かったっけ!?と思えるくらい、腕は落ちておりました。(T_T)ハノンをじっくりやって、もうヘトヘトでした…。現役の時は、毎日何時間も弾いていたのだから、当り前の結果なのですが、自分でもかなりショックでした。当時は、YAMAHAのグランドピアノC3を所有しておりましたが、趣味程度で良いと考えており、場所も取るので、消音機能付きのアップライトを買ってもらおうと思っていたところ、先日、YAMAHAからグランドと同じくらいの打鍵機能を持つ、P-120(後継機P-140)と言う電子ピアノがあるのを知りました。ちょっとだけ試弾もしました。電子ピアノはやはり作られた音なので、強弱は出せても、ピアノのように、個人の音色が出せないのは知っておりましたが、働きながら合間で弾くとなると、現役の頃の指を取り戻すのは不可能かと考えます。作曲も(ポップス系、賛美歌、童謡など)勉強したいと思っておりますので、ピアノとそっくり、消音機能付き、低価格、軽量、多種音切り替え付きの電子ピアノ(P-140)を買えばよいのか、やはりお値段はかかるとしても、アップライトか、迷っています。でも、一度生ピアノで、自分で音楽を奏でる喜びを知ってると、ピアノなんですよね…。あ~!なんだか、踏ん切りがつかなくて、困っています。両方をお弾きになった経験のある方、どうか、アドバイスをお願い致します。

いつもお世話になります。m(__)m
実は、私某音大ピアノ科を卒業しておりまして、卒業後早○○年が過ぎました。この度、晴れて結婚することができまして、更に嬉しい事に、主人がピアノを買ってくれると言ってくれておりますが、何しろ卒業してから結婚までの間10年余り、家庭の事情等から、ピアノを全く触っておりません。今年の2月くらいに近くのピアノ練習場を借りて、久々に弾いてみたのですが、こんなに鍵盤て重かったっけ!?と思えるくらい、腕は落ちておりました。(T_T)ハノンをじっくりやって、もうヘトヘ...続きを読む

Aベストアンサー

電子ピアノとアコースティックピアノはみなさんの言われるように別の楽器です。

クラシックピアノをしっかり弾きたいなら、絶対にアコースティックピアノにするべきです。

もし、ポップス系をやるのであれば、電子ピアノという楽器のほうが本流です。こちらのジャンルをやるのであれば当然、電子ピアノにしてください。本物のアコースティックピアノの音は、ポップスのオケ(ギターとか電子楽器によるストリングスだとか)の中にいれると沈みこんでしまうので使えません。もともとポップスの中で使われるピアノの音は、ギター等にあわせたときに浮き上がるような音(本物のピアノとは程遠い音)にわざわざしてあります。

Q音楽の勉強をすれば、曲の調とかテンポとか拍子とかって楽譜を見なくてもわかるようになりますか?

慣れれば曲を聴いただけでわかるようになるのでしょうか?
それとも、慣れた方でも楽譜が必須なのでしょうか?
何故このような質問をするかと言えば、昔のマイナーなゲーム音楽に興味があるのですが、楽譜が入手できない可能性が高いのです。
そういう場合、どうやって曲の調とかテンポとか拍子とかについて調べれば良いのか疑問に思い、質問させて頂く次第です。
音楽の知識については初心者です。

Aベストアンサー

うちの子は、ピアノを小中のとき習っていました。 楽譜はあまり読めるようには
なりませんでしたが、ドビュッシーのアラベスクをミミコピしていました。 
楽譜はあまり読めないので、弾ける曲を楽譜に書くことはできません。
絶対音感もできたため、聞いた音がピアノのどのキーであるかは即座にわかりますが、
楽譜上のどの音かといわれると、一生懸命ドレミって数えていました。

まあ、音楽を譜に起こせるかという知識と、音感やリズム感というような能力は
別物だと思います。 双方とも、ある程度学習することはできると思いますが、
音感やリズム感は、人や年齢によっては限界があるかもしれません。 
そのような場合、聞いた音楽を譜に起こせるとは思いません。 
音感やリズム感がしっかりしていれば、譜に起こすのはトレーニングで
できるようになるとは思います。

Q絶対音感の人が完全と認める純正律でのドレミの周波数は?

30歳になって初めて平均率とか純正律というものを知った素人です。

●平均率の矛盾を計算で説明すると
平均率での半音の周波数の比率は、1オクターブが半音12個分なので、2の12乗根となり、≒1.059463 となります。つまり、ドの周波数を 1.0 とすると ド♯ の周波数は 1.059463094・・・ となります。以降の説明でこの比率 1.059463094・・・ を h とします。同様に平均率では、
  ミの周波数 = 1.0×(h^4) ≒ 1.259921050・・・
  ソの周波数 = 1.0×(h^7) ≒ 1.498307077・・・
となりますが、ドミソがきれいにハモるためには単純な整数比でなければならず、純正律ではそれぞれ
  ミの周波数 = 1.25 = 4対5
  ソの周波数 = 1.5 = 2対3
となり、平均率と純正律では、数%ほど周波数が異なります。

●そこで私の素朴な疑問
純正律での半音12個のすべての音階の周波数は、それぞれ幾つになるのでしょうか? その計算式を教えて下さい。念のため補足しますが、整数比を何回か掛け合わせて求めるようなこじ付けではなく、完全な絶対音感の持ち主が少しの妥協もすることなく完全な音階と認められるドレミファソラシドの周波数です。
もしかして ドレミファ・・・ と ラシドレ・・・ とでは微妙に周波数が違ってくるのでしょうか? あるいは、そのような完全無欠なドレミファ・・・は不可能なのでしょうか? クラシックの弦楽器が(ギターを除いて)みなフラットレスなのは、純正律で演奏するためと思いますが、実際の演奏ではどのような周波数で演奏しているのでしょうか?

どうか、私の長年の心のモヤモヤを解消してくださいませ。
よろしくお願い致します。

30歳になって初めて平均率とか純正律というものを知った素人です。

●平均率の矛盾を計算で説明すると
平均率での半音の周波数の比率は、1オクターブが半音12個分なので、2の12乗根となり、≒1.059463 となります。つまり、ドの周波数を 1.0 とすると ド♯ の周波数は 1.059463094・・・ となります。以降の説明でこの比率 1.059463094・・・ を h とします。同様に平均率では、
  ミの周波数 = 1.0×(h^4) ≒ 1.259921050・・・
  ソの周波数 = 1.0×(h^7) ≒ 1.498307077・・・
となりますが、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

> 完全な絶対音感の持ち主が少しの妥協もすることなく完全な音階と認められるドレミファソラシド

というものは,存在しません。どの音階も,必ず何かがずれます。


例えば,一般的に純正律と言われている「ツァルリーノ音階」を見てみます。
この音階の周波数比は次のようになっています。
 ド:レ=8:9
 ド:ミ=4:5
 ド:ファ=3:4
 ド:ソ=2:3
 ド:ラ=3:5
 ド:シ=8:15
ドミソ,ファラド,ソシレの和音の周波数比が4:5:6になるように構成されており,これらの和音がとても美しく響きます。しかし,この音階のレとラの周波数比は,(5/3)/(9/8)=1.481となり,1.5からずれます。つまり,レとラを含むレファラの和音は濁ってしまいます。
また,この音階を単音で聴くと,普通の人にはかなり音痴に聴こえます。ミ,ラ,シの音が平均律よりもかなり低いからです。

この問題を解決するため,中全音律,キルンベルガー,ベルクマイスター,などなどの音律が考案されましたが,いずれも,どこかに響きの濁る和音や音痴に聴こえる音程を持っています。
1オクターヴを十二個の音で表さなければならないならば,最も融通が利くのは現在の平均律(十二平均律)という事になります。どの和音もそこそこに響き(そこそこに濁り),どの音から始めても,寸分たがわず同じ音階を作る事ができます。
(純正律の扱いにくさを解消し,融通が一番利きやすい音階として考え出されたのが十二平均律である,と言うべきかもしれません)

次のサイトは,かなりの読み応えがありますが,実際の音も聴けて参考になると思います。
http://www5.famille.ne.jp/~dr-m/TALKING/temper/temperam.htm


また,楽器奏者がどのような音階を使っているか,との事ですが,ケース・バイ・ケースで変えています。(私は,アマチュアですがトロンボーンの経験者です)
弦楽器奏者の方も,通常は平均律で,旋律のラインや和音の響きを整えるために微調整をしているのではないかと思います。

こんにちは。

> 完全な絶対音感の持ち主が少しの妥協もすることなく完全な音階と認められるドレミファソラシド

というものは,存在しません。どの音階も,必ず何かがずれます。


例えば,一般的に純正律と言われている「ツァルリーノ音階」を見てみます。
この音階の周波数比は次のようになっています。
 ド:レ=8:9
 ド:ミ=4:5
 ド:ファ=3:4
 ド:ソ=2:3
 ド:ラ=3:5
 ド:シ=8:15
ドミソ,ファラド,ソシレの和音の周波数比が4:5:6になるように構成さ...続きを読む

Qオーケストラの楽譜の調性がわかりません

John Williamsのオーケストラの楽譜を分析しようと思い、調から和声を判断しようとしたのですが、どのスコアもピアノやバイオリンに調合がありません。
まさか全部ハ長調ということはないと思うのですが、どうやってオーケストラの楽譜で調を判別するのでしょうか。

Aベストアンサー

いきなり好きだからといって、ウィリアムズの時代のような作品を分析しようとしても何がなんだか分からず歯が立たないと思います。
まずは、基本のベートーヴェンのソナタを分析して、初期、中期、後期にどのような様式の変遷があるのかから、第1歩を進めてください。
ベートーヴェンの分析の本はレティという人が書いて翻訳されたものがあります。一番いいのは諸井三郎の書いた本ですが、私は音大卒だから音大で借りられるだけで、もう絶版になってしまっていると思います。
もちろん、二部形式、三部形式、リトルネロ形式、ソナタ形式の作られからの基本は知っておられますよね?これが分からなければ、音楽形式の本を読んで最初の一歩を歩んでください。
ソナタ形式は、第1主題、推移、第2主題、推移、展開部、再現部、コーダになっていて、推移は1つだけではなく、いくつもある場合がありますし、展開部も第1展開、第2展開、第3展開、第4展開、さらには交響曲になると第6展開とかにまで分かれます。
ソナタ形式の分析の基本は、第1主題とその推移(Ü)に現れるモティーフ(推移や第2主題、展開部で扱われるモティーフのみ)に、a1,a2,a3,a4とやa1の変形、a2の変形(a2')などと書き、第2主題とその推移に出てくるモティーフにはb1,b2,b3,b4とその変形b1'を書き、それが展開部でどのように扱われているのかを書いて整理していきます。展開部にしかない固有のモティーフというのもあり、それには展開部モティーフなどどしておきましょう。推移モティーフ(推移固有のモティーフ Üm1)などもありますので注意しましょう。
ベートーヴェンのピアノソナタの形式のモティーフ・アナリーゼと和声分析、転調などが分かるようになったら、次はロマン派の作品の分析をいくつかしましょう。ベートーヴェンで基本が学べるので、その形式でもそれを応用できるので、交響詩とかも分析できるようになれます。今度はオーケストラ曲とピアノ曲を交えながら分析してみてはいかがでしょうか。重要な作品はリストのピアノソナタ(主題の変容が出てくる)、「エステ荘の噴水」、ショパンのマズルカの形式、モティーフ、とりわけ和声分析で、ゼクエンツ(2小節単位くらいで調性が変わる)を勉強しましょう。あとはシューベルトの交響曲とピアノソナタ、ベートーヴェンの交響曲や弦楽四重奏曲を分析してもいい、古典派に戻ってモーツァルトの交響曲を分析してみてもいい、第1主題が二つあるという作品にも出会えるでしょう、ワーグナーの「トリスタンとイゾルテ」の形式と和声分析、シェーンベルクの初期「室内交響曲」、そしてスクリャービンのピアノソナタの形式と和声も出来たほうがよりいいですが、そういう風に、基本から学んでいき、そして初めて、シェーンベルク、ウェーベルン、ベルクの無調の世界を学ぶことになります。
それが分かるようになってから、ウィリアムズのような作品を分析してみると、分析方法が分かり、音楽が理解でき、楽しくなると思います。
ウィリアムズのスコアに調が書いてないのは、ドビュッシー、ラヴェルのような語法の和声方法で書かれたか、シェーンベルクの12音列の影響か、あるいはパレストリーナのような時代の和声に戻ってしまったのかのいずれかだと思います。シマノフスキのマズルカはドビュッシーの和声言語を受けているので調性なんてありません。
ちなみにオルフの「カルミナ・ブラーナ」のスコアにも調性も拍子記号もありません。どうやって分析するのでしょうか?基本が分かっていなければ手も足もでないでしょう。
また現代音楽に調性があるものはないに等しいです。現代とは前衛手法(ブーレーズ、シュトックハウゼン、ケージ、ノーノ、リゲティ、ペンデレツキ、ルトスワフスキ)を用いつつ、前衛時代の失ってしまった美しい旋律を、前衛手法の上にのせるという音楽の世界になっています(今です、例えばリンドベルイやマクミランの最近の作品)。
ドビュッシーの和声語法の分析方法は、第1セクション2度+□(□とは「何か」というもので、完全5度であったり、調6度であったりします)、第2セクションは、完全5度のみを使用したセクション、第3セクションは属7と属9のみをしようしたセクション、第4セクションは3度の動きを特徴としたセクション、というような分析方法で分析するものです。
専門家になりたいならば、作曲家の先生の師事を受けることをお勧めします。バッハのインヴェンションとフーガの分析方法からやることになるでしょう。
最初は何も分からなくても、少しずつ学んでいけば、分析は2年も勉強すれば、分かるようになってきます。
ちなみにショパンのスケルツォ1,2,4とバラード1,3,4は3部形式ではなくソナタ形式なのですよ。正確にいえば、スケルツォ形式とソナタ形式を融合、声楽の形式であるバラードをソナタ形式と融合させた、そこにショパン独自の形式へのアプローチがあります。
何か分からないことがあったら、分析、アナリーゼ、モティーフ・アナリーゼ、和声分析、は一番の専門なので、何でも質問して下さい。夢は捨てず、あきらめないで、頑張って下さいね!

いきなり好きだからといって、ウィリアムズの時代のような作品を分析しようとしても何がなんだか分からず歯が立たないと思います。
まずは、基本のベートーヴェンのソナタを分析して、初期、中期、後期にどのような様式の変遷があるのかから、第1歩を進めてください。
ベートーヴェンの分析の本はレティという人が書いて翻訳されたものがあります。一番いいのは諸井三郎の書いた本ですが、私は音大卒だから音大で借りられるだけで、もう絶版になってしまっていると思います。
もちろん、二部形式、三部形式、リ...続きを読む

Q調,スケール練習方法 【ピアノ初級者】

ピアノを大人になってから始めた初級者です。
レベルはヤマハの音楽教室に通い初心者コースが終了した程度です。
タイトルの通りなのですが、♯,♭がつく曲がとにかく苦手です。
ハノンを買って練習しようと思ったのですがハノンですらロクに譜読みができないような状態で...
#系が一つ二つならはまだなんとかなるのですが、♭系に関しては本当に苦手で手もつけられないような感じで、#系に関しても二つ以上ついてくると全く指が動かないような状態です。

こんな私にお勧めの教材、練習本などございますでしょうか?
いままで避けていたツケがでてしまい、この辺で本当に練習しないと一生弾けないような...
何かアドバイスや練習方法他特にお勧めの本などありましたらご教授下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

別に教材を買わなくても…
まず,何の調の時に#がつくのか知ればちょっと楽かもしれませんね。

私の予想ですが,曲にたまたま一つ#があるのでそれは黒鍵でひくという感じになっているのではないかと思います。

それを全体的に…カラオケで音を変えたりする人いますよね?それと同じように全体でメジャースケールを上や下に変化させらるようになれば感じがつかめてくると思います。

まず
ドレミファソラシド は全部白鍵ですよね?
この時の間隔を覚えればどこからスタートするスケールでもわかるようになりますよ。

鍵盤は

白黒白黒白白黒白黒白黒白白黒…

と並んでますよね。これは半音ずつ並んでます。

半音を1つ飛ばすものを“全”,隣の音にいくものを“半”とした時

ドレミファソラシド
全全半全全全半

になります。

これを例えばソラシドレミファソでした時も同じです。

ソラシドレミファソ
全全半全全半全  *白鍵のみ 
全全半全全全半  *基本間隔 

でも白鍵だけで弾くと最後のミファソの間隔がおかしくなってしまいますよね?なのでそこは黒鍵を使用して

ソラシドレミファ#ソ
全全半全全全半

と基本間隔に合わせます。

ラシドレミファソラ も

ラシド#レミファ#ソ#ラ
全全 半全 全  全 半

です。

これがすぐにわかるようになれば何度も譜面の#の位置を確認しなくてもよくなるのでもっと曲の練習がしやすくなりますよ。

なんとなくでも理解できたらNo.1さんのコメントもこういうことかな?とわかるようになると思います。

別に教材を買わなくても…
まず,何の調の時に#がつくのか知ればちょっと楽かもしれませんね。

私の予想ですが,曲にたまたま一つ#があるのでそれは黒鍵でひくという感じになっているのではないかと思います。

それを全体的に…カラオケで音を変えたりする人いますよね?それと同じように全体でメジャースケールを上や下に変化させらるようになれば感じがつかめてくると思います。

まず
ドレミファソラシド は全部白鍵ですよね?
この時の間隔を覚えればどこからスタートするスケールでもわかるよう...続きを読む

Q移調後の調名(嵐の明日の記憶)

ある曲を半音3つ分移調して〇〇調のようにすると、楽譜上は次のようになりました(楽譜作成ソフトを使用)。

第1イントロ
key=Am→変ホ長調

第2イントロ
key=Cm→変ト長調

A・Bメロ
key=C(ハ長調)→変ホ長調

サビ
key=Am→変ホ長調。

このまま音符を移動させていいのかわかりません。もともとはキーが3つあるのに移調すると楽譜上は調が2つ…。

ピアノソロの楽譜を参考に合唱アレンジ用の楽譜を制作中なんですが、ピアノソロの方が原曲より3半音分低く、このままではユニゾン部にソプラノが出せない音が出現するので、原調に戻そうとしています。ふだんポップスのソロアレンジは耳コピでやってるんですが、移調が苦手でして…。


曲は嵐の明日の記憶です。3半音上に移調した場合の調はこれで正しいのでしょうか。

第1イントロ…変ホ長調
第2イントロ…変ト長調
A・Bメロ…変ホ長調
サビ…変ホ長調

Aベストアンサー

平行調、つまりシャープやフラットが同じ数の短調と長調の関係がありますので、
この曲の場合、
第1イントロ…Am(=イ短調だったので)変ホ長調ではなく、ハ短調 (フラット3つ)
第2イントロ…Cm (=ハ短調だったので)変ト長調ではなく、変ホ短調 (フラット6つ)
A・Bメロ…C(=ハ長調だったので)変ホ長調のまま(フラット3つ)
サビ…Am(=イ短調だったので)変ホ長調ではなく、ハ短調(フラット3つ)

となります。

Qトロンボーン 吹きやすい調なに? アドリブとかやりやすい調。

トロンボーン 吹きやすい調なに? アドリブとかやりやすい調。

Aベストアンサー

セッションなんかではFブルースがよくやられているようです。
スタンダードでもFやBb、DmやGmなんかはやりやすいです。
トロンボーンはフラット4個つくAbやFmもけっこうやりやすいですよ。

Q調がわかりません

パッヘルベル作曲のカノンを押尾コータローがアレンジしたのがあるのですが、その曲はミニギターで演奏されていて、市販の楽譜もミニギター用のものとなっています。
そこでアコギ用に楽譜を書き換えたいのですが、調をどうしたらいいかわかりません。
元(押尾コータローがアレンジしたもの)はF#メジャーなのですが、アコギ用に書き換えるにはどの調にしたらいいのでしょうか?
ミニギターのチューニングはF#C#F#BD#F#、アコギのチューニングはDADGBDです。

Aベストアンサー

調の決定については、演奏内容をどうするかで考えることになるのではないでしょうか。譜面が対象としている演奏の調がF#メジャーで、その演奏と同じ音程で演奏したいのであればF#メジャーキーにするのが妥当でしょうし、調を変えて演奏を楽にしたいのであれば、楽に演奏できる調を選択するのが妥当です。

なお、ミニギター用の譜面の調がF#メジャーで、その譜面のミニギターのチューニングがF#C#F#BD#F#、アコギのチューニングをDADGBDに合わせてある状態の場合、アコギのチューニングは譜面にあるミニギターのチューニングを4f下げたチューニングにあたり、アコギでその譜面をそのまま弾けば、その演奏のキーはミニギターとアコギのチューニングの音程差と同じだけ移動して、Dメジャーキーになります。
またこの場合は、アコギのチューニングがミニギター用チューニングに合わせる形で、すべての弦に渡ってチューニングが4fずれているだけなので、アコギで演奏する時には4fにカポをはめてやれば、譜面を調整せずにF#メジャーキーで演奏できるはずです。

参考になれば。ご質問の意図を読み違えていたらごめんなさい。

調の決定については、演奏内容をどうするかで考えることになるのではないでしょうか。譜面が対象としている演奏の調がF#メジャーで、その演奏と同じ音程で演奏したいのであればF#メジャーキーにするのが妥当でしょうし、調を変えて演奏を楽にしたいのであれば、楽に演奏できる調を選択するのが妥当です。

なお、ミニギター用の譜面の調がF#メジャーで、その譜面のミニギターのチューニングがF#C#F#BD#F#、アコギのチューニングをDADGBDに合わせてある状態の場合、アコギのチューニングは譜面にあるミニギターの...続きを読む

Qト調調からへ長調への移調を教えてください。

音楽の授業で今、「フィンランディア」の移調をしていますが、よくわかりません。
簡単なやり方はないでしょうか??
ちなみに「アルトリコーダー」で吹くために「ト長調」から「へ長調」への移調です。

Aベストアンサー

一音(ここでは、長2度=全音=半音+半音のこと)下げるだけでよいです。

ややこしくなってしまいすみませんでした。

追加で、あの記憶法はテストで使えますが、長調のときだけです。
♯♭のいちばんおしりについたものから、主音と長音階が出せます。
かえってわかりにくいのならば忘れてくださいませ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報