教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

同じ内容の文章を翻訳した場合、日本語と英語ではどちらが量は多くなりますか?
日本語と中国語の場合は歴然としてるからいいんですが、英語については、
「日本語の方が多い」
と主張する私と、
「みんなそう思っているらしいけど、実は英語の方が多いそうだ」
と娘が譲らないので、Gooで聞いてみようということになりました。
どなたかお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

英語と日本語を並べて記事にする翻訳の仕事をしたことがあります。


英語と日本語、共に同じぐらいの記事スペースを与えられて、同じぐらいの文字数でと指定されました。直訳すると日本語は長いですが、漢字を使ったり、「私」などの文字を省略できるので、文字数を短くすることができます。ですから、翻訳本を同じ厚さにすることも可能だと思います。

例えば「I like you.(8文字+空白2文字)」を和訳すると、
・わたしは あなたが すきです(12文字)
・私は あなたが 好きです(10文字)
・あなたが 好きです(8文字)
・好きです(4文字)

どれも前後の文章で誰が話しているかを入れれば、長くても短くても意味が通じます。英語はほとんどの場合、省略できません。

でも英語は半角「aa」で2文字入りますが、日本語は同じスペースで「あ」と1文字しか入りません。多分、文字数だけ数えると英語の方が多くなると思います。

なんだか説明していて訳が分からなくなってきました。分かりにくかったら補足してください^^;。トリビアの種で調べて欲しいですね、このネタ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験に基づくご説明を、どうもありがとうございました。文句なく納得できました。
日本語は融通のきく便利な言語だと改めて思いました。そのぶん習得は難しそうですね。
昔、「自分が外国人で日本語を勉強しているとしたら大変だよね、日本人でよかったね」と友人と話したことを思い出しました。「すみません」とか「いいです」など、無数の取り方がある言葉とかありますからね。

お礼日時:2005/10/09 10:10

文字の数から言ったら どう考えても英語の方が多くなるのは言うまでもありませんが、日本語の文字は全角で 英語の文字は半角として考えればだいたい同じ長さになる気がしますが。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。
そうですか~言うまでもないですか、私の認識不足でした(笑)。日本語の方が長くなると思い込んでたんですが、どうしてだろう??

お礼日時:2005/10/09 21:36

書籍の場合、固有名詞をカタカナで書いたら、間違いなく英語の文字数より少ないですね。

そして代名詞にしたら、彼、彼女を漢字で書いたら短いし、あなたと「you」は同じでも君にしたら短くなりますね。私と「I」、わたしやぼくと書けば長くなりますが。
文学の場合、同じ内容にするだけでは意味が通じませんから、それ以上に訳してあげないといけません。結果として原文より増えるのが普通でしょうね。
日本語の助詞、助動詞も、ほんのひとつや数文字でニュアンスの違いを表すのに対して、英語では、話法や助動詞などで表現すると単語数、文字数はぐっと増えます「よね」。
それに主語など、省略してもかまわないし。(省略は除外という前提かな?)
ま、比較するならローマ字とか、音節でないと、差がつき過ぎだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございました。
日本語は省略ができるというのもありますね。
「私がやります」というのを中国語では「我来」って言うんですよ、なんてコンパクトな言語だ! と感動したものですが、考えてみたら日本語もそれに準ずるのかもしれないですね(笑)。

お礼日時:2005/10/09 08:14

何の量でしょうか。

単純に文字数?
英語はアルファベットで、日本語が漢字混じりのかなだとしたら、文字数は日本語の方が確実に少ないでしょう。
それとも単語の数でしょうか。

>flowerなんかは日本語の方が短いけど、Englishは英語の方がずっと長いやん、、、。

って、笑い話ですかね。^^;)
まじめに書いてるとしたら、同じこと言ってるのに「けど」ではありませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。
まじめに書いてるつもりですけど。けど、を多用するクセがあるかもしれませんね(反省)。
すみません、例にあげる単語を間違えました。とんでもない勘違いでお恥ずかしい限りです。
以下のように訂正します。
「たしかに言われる通りfit(ぴったりの、ふさわしい)なんかは日本語の方が長いけど(パッと見た図形的な長さのことですが)、comprehend(つかむ)は英語(これも図形的な大きさの意味で書きました)の方がずっと長いやん、と思ってしまいますが、、、」

例えばハリー・ポッターを英語版と同じ品質の紙で平均的な大きさの活字で製本した場合、日本語版は英語版より薄いか厚いか、という質問のつもりです。
行間やフォントでいくらでもいじられるのは承知の上ですが。

お礼日時:2005/10/08 21:39

英語のほうが多いと思います。


1単語で比べても、英語の方が多いですよね?1単語ごとにスペースも必要だし。
もちろん翻訳の仕方にもよりますが、1語1語訳せば英語の方が多いと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。
そ、そうですか? 私の常識が根底からくつがえされる、、、、。
flowerなんかは日本語の方が短いけど、Englishは英語の方がずっと長いやん、、、。熟語(専門用語とか)は日本語の方が短いですね、中国語は日本語より簡潔なんだから当然ですか。
もっと私をねじ伏せるご意見をお聞きしたいです(笑)。

お礼日時:2005/10/08 19:38

量というのは何を比較しているのでしょうか。


昔読んだ本でうろ覚えですが、英語の新聞を日本語に翻訳したら(逆かも知れない)、英語は文字が小さくても読めるので小さい活字を使い、日本語はポイントの大きい活字を使うので、結局新聞の一面(同じ面積)に入る記事の量は同じだったそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。
量の比較というのは、一般的な活字の大きさでの、同じB5ならB5の紙に印字できる字数、あたりで比べられるでしょうか。無理に小さくしないで、ということですね。
おっしゃる例では、英語の方が多い(かさばる)ということになるでしょうか。日本語は漢字がつぶれるからあまり小さくできないですよね。

お礼日時:2005/10/08 19:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語と日本語、同じ速度で話した場合の情報量は?

英語を日本語に訳す時、英語で書かれている内容を全て漏らさず日本語で表現しようとすると、非常に長ったらしくなってしまいます。
特に、所有格や主語をいちいち訳していると大変です。かといって、自然な日本語にしようとすると何かが省略されてしまうような気がします。

そこで疑問なのですが、英語と日本語で、それぞれ標準的な会話速度で同じ内容を同じ時間内に話す場合、どちらが多くの情報を伝えることが出来るのでしょうか。

Aベストアンサー

話す速度が同じ位ゆっくりの場合は圧倒的に日本語のほうが多くの情報を伝える事が出来ますが、
話す速度が同じ位速い場合は圧倒的に英語のほうが多くの具体的な情報を伝える事が出来ます。

これには幾つか言語的、文化的な理由があります。

日本語の場合、ある程度具体性が無い会話や、所有格や主語を省いても、相手がある程度の常識や知識を共有していれば、伝わったことになります。なので、会話速度が遅い場合や、一言二言の曖昧な発言でも”情報は伝わる”場合があるので、英語と日本語の話す速度が同じ位ゆっくりの場合は、日本語のほうが情報が多く相手に伝わることと思います。英語でゆっくり話すと話のポイントにいくまでに時間がかかってしまいますので、情報量は少ないです。

英語の場合は、しっかり文法通りに話し、ポイントを明確にしないと何が言いたいのか伝わりませんし、多民族国家の場合は常識や思想も家庭や宗教観によって大きく異なります。なので、小さい時から具体的、論理的に聞き手に依存せずに自分の考えを主張、言語化する事に慣れていますし、相手にきちんと理解して貰うために出来るだけ具体的に話し、多弁な傾向があります。また、話し手が主体で、相手のペースに歩み寄って話すという事が少ないので、聞き手の耳からの情報処理スピードも必然的に速くなりますし、早口で話した場合の情報量は日本語よりも多く具体的だと思います。

英語の場合は1センテンスが長いので、逆にゆっくりだと伝わりにくいように思います。
日本語を早口で話す日本人も多くいますが、その多くは具体的な内容には乏しかったり、瞬時の切り返しは遅い気がします。(というのも、徹子の部屋みたいにそっけない感じになってしまったり、逆に芸人みたいにリアクションが大げさになってしまったりするので。) また、海外在住の日本人の日本語は速いし具体的なので、言語的側面というよりは文化的側面や環境的要因が強いように思います。一度、物凄く混雑している時間帯にアメリカで銀行の口座開設をした事があるのですが、日本語で対応してくれる日本人向けの部署があったので行ったのですが、その担当の日本人は、5分間ノンストップで早口で契約内容を丁寧に説明してくれ、日本だと30分位かかる手続きが5分で終わりました。その時はもうアメリカの習慣に慣れていたので、追加料金の掛かるオプション契約等を早口で薦められてもしっかりNo,thanksと言う事には慣れていましたが、日本国内では中々有り得ない顧客からクレームが来てもおかしくない位のスピードでしたね。


もちろん会話のスピードの標準というのは人それぞれなのは確かなのですが、
情報メディアの標準的なスピードはニュース、アニメ、テレビ番組、先生や教授の話す速度等を比較してみればわかるように、英語のほうがスピードが速いものが多いです。(特にアニメは速いです)
また、英語での会話は話者がお互いに主体的であり、年齢関係なく対等で、初対面からお互いが笑顔で打ちとけるダイレクトなコミュニケーションが多いし好まれるので、話しているスピード自体が速いというよりも会話のキャッチボールや切り替えしが速いといった印象です。それに対して日本の場合は、関係性によっては微妙な距離感や間が生まれるので、どうしても話すスピードも遅くなってしまいます。

英語のインタビュー番組
http://www.youtube.com/watch?v=Ndyi7pEVVVQ
http://www.youtube.com/watch?v=ge7xfGnOJBY&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=pUHmVF5LcVw
http://www.youtube.com/watch?v=A2yzJrG7luw

日本語のインタビュー番組(哲子の部屋)
http://www.youtube.com/watch?v=dk9QqmtwPUY
http://www.youtube.com/watch?v=-BGf4WAJY2k

話す速度が同じ位ゆっくりの場合は圧倒的に日本語のほうが多くの情報を伝える事が出来ますが、
話す速度が同じ位速い場合は圧倒的に英語のほうが多くの具体的な情報を伝える事が出来ます。

これには幾つか言語的、文化的な理由があります。

日本語の場合、ある程度具体性が無い会話や、所有格や主語を省いても、相手がある程度の常識や知識を共有していれば、伝わったことになります。なので、会話速度が遅い場合や、一言二言の曖昧な発言でも”情報は伝わる”場合があるので、英語と日本語の話す速度が同じ位ゆっ...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q第一章→第一節・・・その次は?

よく目次で
第一章○○○
 第一節△△△
 第二節□□□
第二章◇◇◇~
とありますよね?その第一節をさらに分けたい場合、第一何となるのでしょうか。
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たまたま手元に「公用文作成の手引き」という冊子があります。
役所で使用する文書規定の本です。

これによると、章、節、項までは皆さんのおっしゃる通り。

さらに、「項目を細別する見出し符号は以下による。」とあります。

第一章 第二章・・・
 第一節 第二節・・・
  第一項 第二項・・・
   第1 第2
    1 2 3
     (1) (2) (3)
      ア イ ウ
       (ア) (イ) (ウ)
        A B C
         (A) (B) (C)
          a b c
          (a) (b) (c)

注1:「第1」を省略して「1」からはじめても良い。
注2:「イ」「ロ」「ハ」「ニ」は用いない。


以上のように書いてありました。
しかし、何にせよ法律で決まっているわけでもないし、通常は
自分の好みで選択して、問題ないと思います。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q修士論文のフォント

そろそろ、修士論文を書く季節なのですが、論文のフォントをどうしようか迷っています。研究室の過去の論文を見てみても、一つに統一されているわけではないので困っています。論文で一般的に使用されるフォント、または見やすい論文を書くにはフォントは何を使用したらよいのでしょうか。日本語と英語で異なる場合はそれぞれを教えてください。

Aベストアンサー

在籍している大学院(研究室ではない)の論文提出規定がきちんと決まっていれば、必ずそれに従います。とくに決まりがない場合は、adgjm11さんの分野で、もっとも権威のある日本語学会誌の投稿規定を参考にしてください。

一般的には、ほかの回答者の意見でよいと思います。原則明朝体。ゴシックは項目名など限定的に使用。それ以外の日本語フォントは使いません。数式はイタリック。英語論文ならTimes New Romanで、項目名もTimes New Romanのまま強調字体にしてください。

お尋ねの範囲を超えますが、作文技法・論文のスタイルを教えてくれる古典をお読みになることをお薦めします。木下是雄「理科系の作文技術」、もっと基本的なことなら小笠原喜康「大学生のためのレポート・論文術」。

LaTeXを推薦した回答者がいましたが、文法の勉強を今から始めたら時間がかかるかもしれません。LaTeXはとくに数式が多い論文を書く人にはおすすめです。ちなみに私も、奥村本で勉強しました。

Q「急かしてすまない」を敬語にすると?

タイトルの通りなのですが、
「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。8/20の英語のご質問以来ですね。

ご質問:
<「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?>

「お急ぎ立てして申し訳ありません」
などもあります。

1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと
「申し訳ございません」
なども可能です。

2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。

3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。
例:
「ご用立てして申し訳ありません」
=(常体)「用事を言い付けてすまない」

「お呼び立てして申し訳ありません」
=(常体)「呼びつけてすまない」

4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。

従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。

5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。

以上ご参考までに。

こんにちは。8/20の英語のご質問以来ですね。

ご質問:
<「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?>

「お急ぎ立てして申し訳ありません」
などもあります。

1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと
「申し訳ございません」
なども可能です。

2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。

3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。
例:
「ご用立てして申し訳ありません」
...続きを読む

Q日本語文献の英語論文における引用のしかた

英語で出版されていない日本語の著作物を英語のMLA形式の論文でWork citedのところに記入する場合、どのように記せばいいかを教えてください。特に
・タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
・In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
・タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。著者名を英語で書く場合は、First name-Last nameの順にすべきか、Last name First nameにすべきか。(MLAの場合、英語名はLast-Firstですよね?本来氏→名の日本人名はどうすべきなのか、という意味です。)
・英語表記が公式に存在しない出版社名はどうするべきか
・そもそも外国人が読む場合、日本語で書いた場合それが日本語であると認識してくれない人が多いということを踏まえたうえで「これは日本語で出版されたものですよ」ということを明記すべきか。その場合は、どのようにすべきか
以上の点を教えていただきたいです。OWLのウェブサイトには、西欧言語からの引用の仕方は乗っていたのですが、それ以外のことはほとんど触れられていなかったので、質問させていただきます。
例えば、佐野洋子さんの「百万回生きたねこ」(講談社・1977/10/19発行)から、「百万回も死んで、百万回も生きたのです(He died a million times, but he lived again a million times )」を本文中で引用する場合、どのようにしたらいいのかを見せていただけると、さらに助かります。

宜しくお願い致します。

英語で出版されていない日本語の著作物を英語のMLA形式の論文でWork citedのところに記入する場合、どのように記せばいいかを教えてください。特に
・タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
・In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
・タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。著者名を英語で書く場合は、First name-Last nameの順にすべきか、Last name First nameにすべきか。(MLAの場合、英語名はLast-Firstです...続きを読む

Aベストアンサー

Q1)タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
A1)タイトルは英語と日本語の併記にします。英語部分を誰が翻訳したかは必要ありません。

Q2)In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
A2)誰が翻訳したかを明記する必要はありません。

Q3)タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。
A3)Work citedに表す場合、英語と日本語の併記になります。名前は比較できる英語翻訳済みのものがない場合、苗字→名前でも、名前→英語でもかまいません。大事なのはすべてのcitationの統一です。つまり、英語翻訳されていない日本語文献だけを参照するのであれば、すべてが苗字→名前もしくは名前→英語のどちらかに統一していればOK。ただし、参照するものが日本語文献だけでなく英語翻訳された文献も含まれる場合、英語同様、名前→苗字にする必要があります(統一する為)。また英語名のあとフォントをあけずに続けて日本語名を入力してください。タイトルは日本語名をそのままローマ字に変えたものを用います。正式な翻訳書籍がないので、原題をそのまま紹介してください。
(例-1)田中一郎さんの文献を参考にした場合
○Tanaka Ichiro田中一郎 もしくは Ichiro Tanaka一郎田中
×Tanaka Ichiro 田中一郎 もしくは Ichiro Tanaka 一郎田中

(例-2)田中一郎さんの本のタイトルが「日本人という名の生涯」だった場合(必ず全部イタリック体で。これで外国の単語=原語であることがわかります。)
Nihonjin to iu Na no Shougai日本人という名の生涯

(例-3)例1の本に~届かなかった最後の手紙~ という副題がついていた場合(イタリック体であるのは例-2と同じ)
Nihonjin to iu Na no Shougai: Todokanakatta Saigo no Tegami日本人という名の生涯:届かなかった最後の手紙

Q4)英語表記が公式に存在しない出版社名はどうするべきか
A4)まずその出版社の場所(都市名)と日本語名をそのままローマ字にします。そして名前同様日本語をすぐそのあとに続けます。
(例)東京にある岩谷書店で発行されたのが2005年の書籍
Tokyo: Iwatani Shoten, 2005. Print
※コロンのあと、1フォントあける。書店の名前の後は、コンマ。年号の後はドット。発行の月日はいりません。最後にPrintと必ず入れる。

Q5) そもそも外国人が読む場合、日本語で書いた場合それが日本語であると認識してくれない人が多いということを踏まえたうえで「これは日本語で出版されたものですよ」ということを明記すべきか。
A5)日本語に限らず、中国語、韓国語その他英語に翻訳されていない文献は星の数ほどあります。本文中でそういった文章を引用する場合は、MLAのParenthetical Citationsのルールどおりにすればよろしいです。つまり、ご質問の佐野洋子さんの文献の場合
(例1)文の最初に筆者の名前(苗字だけ)を紹介してから、参照した文章を続けて、文の最後にカッコで引用したページを示す

(例2)文の中には筆者の名前を出さず、参照した文章を記入後、最後にカッコで苗字とページ番号を入れる
のどちらかです。

ブリティッシュ・コロンビア大学のサイトは詳しく言語ごとにAPAやMLAなどでの書式の説明をしていますので参考になさってみてください。In-text citationの書き方についても説明しています。
http://wiki.ubc.ca/Library:How_to_Cite_Asian-Language_Sources

Q1)タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
A1)タイトルは英語と日本語の併記にします。英語部分を誰が翻訳したかは必要ありません。

Q2)In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
A2)誰が翻訳したかを明記する必要はありません。

Q3)タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。
A3)Work citedに表す場合、英語と日本語の併記になります。名前は比較できる英語翻訳済みのものがない場合、苗字→名前でも、名前→英語...続きを読む


人気Q&Aランキング