最新閲覧日:

地図に準ずる図面として法務局に備え付けられているものを公図といいますが、更正図とも呼ばれていると聞きました。この2枚の図面の違いはどのようなことなのですか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

 結論的には、「公図」=「更正図」とお考えいただいて結構です。



 地租改正事業の一環として、全国規模で土地を検査、測量が行われ、「一筆限図」や「一字限図」、「一村限図」が作成されました。しかし、これらの図は不正確なものも多く、脱落・重複もあったため、明治20年から22年に再測量が行われ、「更正図(地押調査図)」が作成されました。
 この更正図が土地台帳附属地図として保管され、土地台帳制度の廃止後は法務局に保管されて、「公図」と呼ばれています。

 もう少し踏み込んだ情報は、下記参考URL(宮城県公共嘱託登記土地家屋調査士協会のHP)→「表示登記Q&A」→「Q9.公図」とリンクをたどってみてください(「Q.39公図」もご参照ください。)。

 以上、お役に立てば幸いです。

参考URL:http://www.koshoku.or.jp/
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ