忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

対称面について質問です。教科書に対称面はある物体の半分が残り半分の鏡像になるように物体を2分する面と書かれていますが、実際の分子構造を見て、どこにあるか判断するとなるとよく分からなくなってしまいます。例えば、trans-2-ブテンの場合や、それにBr2を付加させたブロモニウムイオン中間体は、対称面をどこにもつんでしょうか。やっぱり対称面がよく理解できません。誰か回答おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.5です。


すみません、説明にまた不適切な箇所がありました(汗)
(ちょうどNo.5で質問を戴いた箇所に・・・)

> 芳香族の場合は、共鳴に関わっている原子が実際に同一平面に並ぶので

シクロアルカンや芳香環について、環を含む平面での対称性(→対称面の有無)を考える場合、実際に問題になるのは「共鳴に関わっている原子」より、「そのまわりの置換基」でした。


以下、ともに六員環であるシクロヘキサンとベンゼンで説明します。

それぞれの環を構成する炭素が同一平面にあるものとして考えた場合、それを横(→平面が面ではなく直線に見える方向)から見ると、シクロヘキサンとベンゼンはそれぞれ下のように表せます。

*それぞれの六員環を
  /\
 |  | ←こちらからみた場合
  \/

シクロヘキサン:
 \_|_|_/
 / ̄| ̄| ̄\

ベンゼン:
 __._._.__
   ̄^ ̄^ ̄^ ̄

「_
  ̄」は環を構成するC-C結合を、
「_  「.
   」 ^」はベンゼンのC-H結合を、
「\」「/」「|」はシクロヘキサンのC-H結合を、それぞれ意味します。


これを、6つの炭素原子を含む平面(→「・・・・・」で表現)で切断すると、

シクロヘキサン:
 \_|_|_/
 ・・・・・・・・・・・・・・・・ ←上下で対称=対称面
 / ̄| ̄| ̄\

ベンゼン:
 __._._.__
 ・・・・・・・・・・・・・・・・ ←上下で対称=対称面
  ̄ ̄^ ̄^ ̄^ ̄ ̄

というように、ともに上下で同じになりますので、対称になります。
(「.」と「^」は同じと見て下さい)


次に、トルエン(1-メチルベンゼン)と1-メチルシクロヘキサンを考えます。

1-メチルシクロヘキサン:
 \_|_|_/
 / ̄| ̄| ̄\▲
           ▼
トルエン:
 __._._.__▲
   ̄^ ̄^ ̄^ ̄  ▼

「▲
  ▼」はメチル基を意味します。
これを上と同様、6つの炭素原子を含む平面で分割すると

1-メチルシクロヘキサン:
 \_|_|_/
 ・・・・・・・・・・・・・・・・ ←上と下で違う(メチル基の有無)=対称面ではない
 / ̄| ̄| ̄\▲
           ▼
というように、シクロヘキサン環では、Cに結合した2つの置換基(1-メチルシクロヘキサンの1-位では水素とメチル基)は、6つの炭素を含む平面内ではなく、一方は上に、もう一方は下にあるため、その平面に対して対称ではない、つまり対称面を持たないことになります。
(もし1,1-ジメチルシクロヘキサンであれば、どちらもメチル基で同じになるため、対称面になります)

トルエン:
 __._._.__▲
 ・・・・・・・・・・・・・・・・ ←上下で対称=対称面
  ̄ ̄^ ̄^ ̄^ ̄ ̄▼

一方ベンゼン環の場合、環に直接結合した置換基もベンゼン環と同一平面上にあるため、その面に対して常に上下対称となる、つまり対称面を持つことになります。

芳香族の場合、「環をつくる腕(C-C結合)」と、「置換基と結合する腕」は、ともにsp2混成軌道からつくられています(→残るp軌道はΠ結合で使われている)。
3つのsp2混成軌道(と原子)は同一平面にあるため、芳香環と直接結合している置換基の原子は、必然的に環と同一平面になります。(※)
そのため、「芳香族の場合は・・・置換基にかかわらず、その平面と一致する対称面を持つ」ことになるというわけです。
(但し、前回も注釈をつけたように、立体障害などでその面のどちらか一方に固定されたような場合は別です)


(※)
もし「必然的に環と同一平面になります」というのがわかりにくいようでしたら、(正三角形の)三角定規を想像して下さい。
真ん中の穴が原子、3つの頂点が結合する他の原子とします。
テーブルの上を芳香環の平面に見立てて、2つの頂点と真ん中の穴をテーブルの上に置きます(=芳香環を形成する3つの原子が平面に乗る)。
このとき、のこる1つの頂点は、三角定規を歪ませない限り、必然的に同じテーブルの上にのります。
「芳香環と直接結合している置換基の原子」が芳香環と常に同一平面にあるというのは、これと同じです。
・・・かえってわかりにくくしてしまったかも(汗)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます!!おかげでよくわかりました。

お礼日時:2005/10/31 17:36

No.4です。


誤解を招いてもいけませんので補足します。
シクロヘキサンで平面状と見なせるのは環を構成する炭素原子に限っての話であり、置換基は別途考える必要があるのは当然です。

また、対称性の議論においては面の同じ側か反対側か(すなわちシスかトランスか)ということは考えなければなりませんが、アキシアル、エカトリアルに関しては立体配座の問題ですので特に意識する必要はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明ありがとうございました!!説明のおかげですっきりしました。

お礼日時:2005/10/31 17:37

横レスにて失礼ながら、念のための補足です。



『シクロヘキサン環』については、「常に平面に見なすことができ、それが対称面になる」わけではないので、ご注意下さい。
シクロヘキサン環の炭素1つに対し2種類の異なる置換基がつくと、「アキシャル」か「エカトリアル」かを考慮に入れる必要が生じ

、平面と見なすことができなくなります。
実際に分子が平面になっているわけではないシクロアルカンでは、その環を含む面を対象面とみなすことができるのは、各炭素上のアキシャルとエカトリアルの置換基が同じだった場合のみです。
(例えば1-ブロモシクロヘキサンでは1-位の炭素の置換基は水素と臭素となる為、臭素がエカトリアルになった方が立体障害が少なく安定となるため、6つの炭素を含む面を対称面とはみなせません。一方、1,1-ジブロモシクロヘキサンの場合は対称面とみなせます)

<図1>
          R1(ax)
          ↓
    3     1
   / \ // ←R2(eq)
  / 5  2 /  
 // \ /
4     6

⇒ R1とR2が異なる置換基の場合、シクロヘキサンの炭素6つが同一平面にあったとしても、その平面をはさんで置換基が異なることになる。


<図2>

R1  R2
 \/
  ||

(「||」は、平面にみなしたシクロヘキサン環)


※1-ブロモシクロヘキサンでも、「1-位と4-位を通る、シクロヘキサン環に垂直な面」
(図2でPC画面に重なる面)は、(みなしではなく)対称面になります。
 (2,6-位、3,5-位に置換基がつくと、またアキシャル/エカトリアルを考えなければならなくなって、面倒な話になりますが)


なお、芳香族の場合は、共鳴に関わっている原子が実際に同一平面に並ぶので、置換基にかかわらず、その平面と一致する対称面を持つことになります。
(但し、特別に立体障害の大きい置換基を導入して芳香環を歪ませたり、自由回転のできない置換基を導入した場合を除きます)

この辺りは、No.1の方も回答されている通り、分子モデルに触れて考えるのが一番ですが、それができない場合には、図を描くだけでも理解がだいぶ違うと思います。
(最初のうちは描くのに苦労するかもしれませんが、これは慣れです)

この回答への補足

何度も説明してくださってありがとうございます。ここがちょっと理解できなかったので教えてもらえませんか。>芳香族の場合は、共鳴に関わっている原子が実際に同一平面に並ぶので、置換基にかかわらず、その平面と一致する対称面を持つことになります。

補足日時:2005/10/28 22:04
    • good
    • 0

No.3の補足です。



対称面を考えるときはどこで切って考えてもかまいませんし、自由回転できる単結合に関しては、どのような立体配座にして考えてもかまいません。
trans-2-ブテンの場合には、No.3で示した6原子からなる面を対称面と考えます。C-Cのσ結合にこだわる必要はありません。
また、単環状の化合物であれば、便宜的に環を平面であるかのように考えてもかまいません。たとえばシクロヘキサンの炭素骨格は平面状ではありませんが、対称性を考える場合には平面状と見なしてもかまいません。

一般に、鏡像異性体をもつ分子は対称面を持たず、鏡像異性体をもたない分子は対称面をもっています。また、その逆も成り立ちます。
このことを知っておくと、分子の対称性を考える上でのヒントになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!ずっとこの分野が頭にひっかかっていたのでおかげですっきりしました。

お礼日時:2005/10/28 21:14

No.2の補足です。


trans-2-ブテンの説明が言葉足らずだったようですね。
その場合には、C=Cと、それらに結合している4個の原子、すなわち、2個のHと、2個のC(メチル基の炭素)の合計6原子が同一平面状に存在することになり、これが対称面になります。

2個のメチル基に結合している合計6個のH原子は必ずしもこの平面状にはありませんが、C-CH3におけるC-C結合が自由に回転し、平均的に「ならされ」ますので無視してもかまわないということです。


↓同一平面(対称面)上に存在する6原子の図
H     C
 \   /
  C=C
 /   \
C     H

この回答への補足

何度も説明ありがとうございます!ここでの対称面っていうのは、各原子をその半分のところで割っている面と考えればよいのでしょうか。いままで、対称面がある場所がC-C結合のσ結合のところにある例とかしかみたことがなかったので・・

補足日時:2005/10/28 09:33
    • good
    • 0

厳密にいうならばtrans-2-ブテンが対称面をもつかどうかは立体配座に依存します。


しかし、有機化学で分子の構造を考えるときには、最も考えやすい立体配座を考えればOKです。
すなわち、trans-2-ブテンにおいては、末端のメチル基の水素が二重結合の平面上にあれば対称面があることになります。また、そこまで考えなくても、メチル基と隣の炭素の結合は自由回転するので、Hを無視して考えても差し支えありません。
要するに結論を言えば対称面をもつことになり、それは二重結合のまわりの平面(CH=CHの原子が存在する面)に一致します。

また、先ほどの質問にありました、1-メチルシクロヘキセンのような環状の化合物の対称性を考える場合には、環を構成する原子が全て同一平面上になるような配置を想定します。
もちろん実際に環を構成する原子が同一平面上に来ることはありませんが、対称性を議論するときにはこうした想定に基づいた議論をします。
つまり、これらの分子において、単結合はある程度回転できますので、平均すればそういった構造になると見なすのです。
したがって、置換基を持たないか、二重結合の位置にのみ置換基をもつシクロアルカンは、「環の平均的な面に対して対称」であると考えます。


話をブロモニウムイオンに戻しますと、trans-2-ブテンから生じたブロモニウムイオンは対称面を持ちません。しかし、cis-2-ブテンから生じたブロモニウムイオンは対称面を持ちます。二重結合の中央のところで結合に対して垂直に交わる面が対称面になります。


なお、trans-2-ブテンに臭素が付加してできる2,3-ジブロモブタンはメソ体で対称面を持ちますが、cis体から得られる2,3-ジブロモブタンは対称面を持ちません。中央のC-C結合を回転させながらじっくり考えてみて下さい。

この回答への補足

説明ありがとうございます!説明のおかげで、うまくイメージをつかめてきました。トランスー2-ブテンなのですが、CH3C=CCH3が対称面と考えることはできないのでしょうか。

補足日時:2005/10/26 19:21
    • good
    • 0

こういうのは結構ピンと来る/来ないに個人差がありますね.


やはり分子模型を作って,それを手にとって,いろんな角度から見たり,いじり回すのがいいと思いますよ.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q相対合成不確かさの計算

以下のような問題が出てきました。

10mLの新しいピペット(体積を10.00mLまで正確に測れる器具)を
使用する際の標準不確かさを見積もった。
熟練性の評価として、純水をはかり取り正確に質量を繰り返し測定したところ、
10回測定の標準偏差は0.05mLであった。
またこのピペットの許容誤差(公差)は0.02mLであった。
このピペットの相対合成標準不確かさはいくらか?

それでこの問題の答えなんですが、
ここでは新しいピペットを使用すると記載されており、
特段信頼性レベルの表示がなく極端な値があるかもしれない状況下であるから、
ピペットの体積が確率的に矩形分布であると考えて、
許容誤差を√3で除して標準不確かさとする。
すなわち
0.02/√3=0.012mL
「合成標準不確かさ」は
√(0.012^2+0.05^2)=0.05
以上より、「相対合成標準不確かさ」は
0.05/10=5x10^3
である。

「合成標準不確かさ」と「相対合成標準不確かさ」の計算は理解できるのですが、
その前にある、
「ピペットの体積が確率的に矩形分布であると考えて、
許容誤差を√3で除して標準不確かさとする。」
というところが全然理解できません。
分かる方がおられましたら教えてください。

以下のような問題が出てきました。

10mLの新しいピペット(体積を10.00mLまで正確に測れる器具)を
使用する際の標準不確かさを見積もった。
熟練性の評価として、純水をはかり取り正確に質量を繰り返し測定したところ、
10回測定の標準偏差は0.05mLであった。
またこのピペットの許容誤差(公差)は0.02mLであった。
このピペットの相対合成標準不確かさはいくらか?

それでこの問題の答えなんですが、
ここでは新しいピペットを使用すると記載されており、
特段信頼性レベルの表示がなく極端な値が...続きを読む

Aベストアンサー

 ピペットを製造する際に、大きなばらつきをもつ分布Aに従ってランダムにいろんな体積の品物が出来ちゃうのを、検査して、公差に入るものだけを合格品として出荷しているんだろう、と考える。すると、合格品の体積の分布は、分布Aの裾野が公差で切り取られた、角張った分布になるはずです。
 実際の製造過程では、おそらく不合格になる品物がなるべく少なくなるようにイロイロ工夫していて、従って分布Aは幅の狭い「とんがった」分布に従っているでしょう。けれども、Aについての情報はない。公差しか分からないので、「製造過程で、最も工夫が出来ていない。分布Aがとんがっておらず、どんな体積の品物が出来るのかさっぱりコントロール出来ない」という意味で「最悪」の状況を考えるのが妥当です。(とは言っても、数学的にあり得る最悪の状況(品物が10.02mLか9.98mLのどっちかである)が生じていると考えるのは、特に理由もないのだから、いくら何でも不自然過ぎ。)
 なので、(上記の意味で)「最悪」、Aはものすごく幅の広い分布であって、その一部を公差で切り取ったのが合格品の分布であると考える。その場合、合格品の体積が従う分布は、10.02 mL~9.98 mLの一様分布で近似できるでしょう。

 確率変数xが最大値がm+a, 最小値がm-aである矩形分布(確率密度関数φ(x))に従う時のxの標準偏差をσとすると
σ^2 = ∫{x=-∞~∞}((x-m)^2)φ(x)dx
=(1/(2a)) ∫{x=-a~+a}(x^2)dx = (a^2)/3
だから
σ=a/√3

 もし、製造過程の工夫によってAの分布がもっと「とんがった」形をしていれば、標準偏差はこれより小さくなる。だからこれが「最悪」の標準偏差の見積もりだと考えて良いでしょう。

 ピペットを製造する際に、大きなばらつきをもつ分布Aに従ってランダムにいろんな体積の品物が出来ちゃうのを、検査して、公差に入るものだけを合格品として出荷しているんだろう、と考える。すると、合格品の体積の分布は、分布Aの裾野が公差で切り取られた、角張った分布になるはずです。
 実際の製造過程では、おそらく不合格になる品物がなるべく少なくなるようにイロイロ工夫していて、従って分布Aは幅の狭い「とんがった」分布に従っているでしょう。けれども、Aについての情報はない。公差しか分からな...続きを読む

Qlogとln

logとln
logとlnの違いは何ですか??
底が10かeかということでいいのでしょうか?
大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??
解説お願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>logとlnの違いは何ですか??

「自然対数」は、natural logarithm の訳語です。
「ln」というのは、「logarithm 。ただし、natural の。」ということで、つまり「自然対数」という意味です。
一方、log というのは、底がeなのか10なのかがはっきりしません。


>>>大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??

数学であれば、底がeの対数(自然対数)です。底が10の対数(常用対数)ではありません。
一方、log は、数学以外であれば不明確な場合があります。

私の大学時代と仕事の経験から言いますと・・・

【eを用いるケース】
・数学全般(log と書きます)
・電子回路の信号遅延の計算(ln と書く人が多いです)
・放射能、および、放射性物質の減衰(log とも ln とも書きます。ただし、eではなく2を使うこともあります。)

【10を用いるケース】(log または log10 と書きます)
・一般に、実験データや工業のデータを片対数や両対数の方眼紙でまとめるとき(挙げると切りがないほど例が多い)
・pH(水溶液の水素イオン指数・・・酸性・中性・アルカリ性)
・デシベル(回路のゲイン、音圧レベル、画面のちらつきなど)

ご参考になれば。

こんにちは。

>>>logとlnの違いは何ですか??

「自然対数」は、natural logarithm の訳語です。
「ln」というのは、「logarithm 。ただし、natural の。」ということで、つまり「自然対数」という意味です。
一方、log というのは、底がeなのか10なのかがはっきりしません。


>>>大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??

数学であれば、底がeの対数(自然対数)です。底が10の対数(常用対数)ではありません。
一方、log は、数学以外であれば不明確な場...続きを読む

Q光学不活性・・・

光学不活性ってなんかイマイチ意味が分からないんですけど・・・

酒石酸に数種類の立体異性体があって、そのうちに光学不活性なのがあるとかないとかで・・・

光学不活性って鏡に映しても一緒って事ですか?

Aベストアンサー

まず、異性体をもつ化合物について一応説明。
これは、わかりやすくいえば鏡に映したときの鏡像と本体が重なり合わない化合物のことです。

(一番簡単な例)
(1)      :(2)
   1    :   1
   │    :   │
 2-C-3  : 3-C-2
   │    :   │
   4    :   4

1~4が全部別の原子だったら(1)と(2)は重なり合いませんよね。
この場合の(1)と(2)を互いに光学異性体といいます。
ここで話は変わりますが、光は波ですよね。
今に上下に振動している光を考えて、この光を(1)、(2)にそれぞれあてます。
すると、例えば(1)では光が右に15度、(2)では左に15度回転してしまいます。
これが光学異性体の性質なんですね。
(1)が右に回転させただけ(2)は左に回転させる、と。

ここで本題。長々すいません(-_-A;)
光学活性っていうのは、光を当てたときに光が回転しちゃう物質のこと、光学不活性はその逆です。
だから、鏡に映しても一緒なものが光学不活性っていうのは正しいんです。
けど、それだけじゃなくて、例えば(1)と(2)が等量含まれてる物質があったとしたら?
(1)で右に15度、(2)で左に15度ですから、結局もとどうりですよね。
だからこれも光学不活性。
酒石酸の光学不活性なもの(ラセミ酸)っていうのはつまり
(1)と(2)がおんなじだけ入ってるものって事です。
えーと、ほんとに長くなっちゃったんですけど少しでも参考になれば。

まず、異性体をもつ化合物について一応説明。
これは、わかりやすくいえば鏡に映したときの鏡像と本体が重なり合わない化合物のことです。

(一番簡単な例)
(1)      :(2)
   1    :   1
   │    :   │
 2-C-3  : 3-C-2
   │    :   │
   4    :   4

1~4が全部別の原子だったら(1)と(2)は重なり合いませんよね。
この場合の(1)と(2)を互いに光学異性体といいます。
ここで話は変わりますが、光は波ですよね。
今に上下...続きを読む

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Qアキラルとは。

アキラルというものが解りません。辞書によると
キラルというのは像と鏡像が重なり合わないもので、
アキラルは像と鏡像が重なり合うらしいのですが、
(像と鏡像が)重なり合うと云う事は、おんなじ物質
というのと違うのでしょうか。

どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら回答
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> アキラルというものが解りません。

 簡単に言えば,「キラルでないもの」をアキラルといいます。


> アキラルは像と鏡像が重なり合うらしいのですが、
> (像と鏡像が)重なり合うと云う事は、おんなじ物質
> というのと違うのでしょうか。

 はい,同じ物質です。よく使われる例に手袋があります。右手用(あるいは左手用)の手袋を鏡に写すと,左手用(右手用)になり,元の右手用(左手用)とは異なります。この様な場合を「キラル」と言います。

 一方,靴下の場合,右足(左足)用とも形が同じですので,右(左)足用の靴下を鏡に写しても同じ右(左)足用になります。この様に,鏡に写しても元と同じになる場合を「アキラル」と言います。

 「キラル」,「アキラル」と言う言葉は出てきませんが,下の過去質問「QNo.337088 光学不活性・・・」の ANo.#3 の回答とそこで紹介されている過去質問が参考になると思います。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=337088

QROHとPBr3の反応

ROH+PBr3→RBrの反応はどのような反応なのでしょうか。
できれば、どのように進むのか教えてください。
調べようと思ったのですが、どの分野を調べればいいかわからないので、
それだけでもいいですから、お願いします。

Aベストアンサー

普通は有機化学の教科書で、アルコールからハロゲン化アルキルの合成法として説明されていることが多いと思います。
有機化学の教科書のアルコールのところを見れば説明があると思います。
R-OH + PBr3 → R-O-PBr2 + HBr
を経由して進む反応だと思います。ただし、そこから先は反応条件によって違うようで、必ずしもハッキリしませんが、分子内的に反応が進んで、
R-O-PBr2 → R-Br (+ O=P-Br):この部分は怪しい
といった感じになったと思います。

Q比重の単位って?もうわけわからない・・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??なぜ、この場合、厚さだけはmmの単位で、縦と横はmでの計算をするのでしょうか?

比重ってのは単位はどれに合わせてすればいいのでしょうか?

そして円筒の場合はどのように計算するのでしょうか?
まず、円の面積を求めて、それに長さを掛けるのですよね?
これは円の面積の単位はメートルにして、長さはミリで計算するのでしょうか??
わけわからない質問ですみません・・・。もうさっぱりわけがわからなくなってしまって・・。うんざりせずに、解かりやすく、教えてくださる方いましたらすみませんが教えて下さい・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??...続きを読む

Aベストアンサー

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g/cm3)=471g=0.471kg
と計算します(cmとgで計算しているのでCGS単位系と呼びます)

円筒の場合も同様に
体積×密度で求めます
円筒の体積=底面積(円の面積半径×半径×円周率)×高さ
です

比重=密度で計算するならば、水が1gになる体積1cm3を利用するために長さの単位をcmに直して計算してください
計算結果はgで出るのでこれをkgに直してください

最初からkgで出したい時は
水の密度=1000(kg/m3)
(水1m3の重さ=100cm×100cm×100cm×1g=1000000g=1000kg)
を利用して
目的の物質の密度=1000×比重(kg/m3)
でも計算できます
(このようにm kgを使って計算するのがSI単位系です)

0.1×0.1×6×7.85は#4の方がおっしゃるとおり
0.1×0.1×0.006×1000×7.85の0.006×1000だけ先に計算したのだと思います

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g...続きを読む

Q吸光度計にて 石英セルとガラスセル

抽出したゲノムDNAの濃度測定にて、吸光度計を使用して吸光度を調べる実験を最近行いました。そのとき抽出して希釈したDNAを石英セルに入れたのですが、そこで先生から
「石英セル以外にガラスセルやプラスチックセルもあるのになんで石英セルを使うの?」
という質問をされ、
「屈折率の問題で石英セルが一番適しているからです。」
と答えたのですが、
「それはプラスチックだけ。なんの不純物も入ってないガラスセルなら屈折率なんて問題にならないよね?じゃあそれ以外で石英セルのほうがいい理由は?」
と言われ、そこでまったく答えらませんでした。調べたところ、ガラスより石英のほうが高価だから精密度がいい?といったものが出たのですが・・・違うようです。
なぜ、ここでは石英セルを使用するのですか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 学生時代に酵素の精製をしていて、「ゼロ合わせができません」と先生に言って大恥をかいた記憶があります。酵素ですから、測定波長は280nmです。40年も前のことですから、プラスチックセルはありません。研究上での恥のかき始めなので、今でも鮮明に覚えています。
 セルを超音波洗浄器で洗って、バラバラにしたこともあります。セルは、私にとっては、実験の最初の失敗。以後、失敗は数知れずですが、・・・。

>じゃあそれ以外で石英セルのほうがいい理由は?
正解は、「石英セルのほうがいいではなく、石英セルでないと・・・」です。
 http://www.fujiwara-sc.co.jp/catalog/sel01.html
 石英セルは、可視部も紫外部も通します。ガラスセルでは、可視部は通すが、紫外部はほとんど通さないようです。ですから、石英セルで可視部を測るのは測定上は適正なのですが、破損の可能性を考えて(石英セルは1個1万円、ガラスセルは3000円ほどでした)、可視部はガラスセル使用というのが現実的です。
 当時は、石英セルには、セルの上部にスリガラスの線が入っているものが石英セルでした。今は違うようですが。

 「セルが壊れました」と実習学生が持ってきてくれると、『福沢諭吉がヒラヒラと飛んでいく』ことになります。貧乏な研究室の教員としては『実習をまじめにしなければ壊れることも無い』と思いつつも、顔は引きつりかけます。学生実習は、結果が分かりきっているので、当然プラスチックでしています。しかし、紫外部の測定に適したプラスチックセルは無いようで、「測定可」とした製品も文字のとおり可の状態で、石英セルのレベルではないとの業者の回答でした。

 セルで思い出すのは、吸光度を測定する2面透明のセルで蛍光を測定しているのを見ました。他の研究生の卒論生だったので、「測定するのは難しいのと違う」と声をかけましたが、その後どうしたことやら。

参考URL:http://www.fujiwara-sc.co.jp/catalog/sel01.html

 学生時代に酵素の精製をしていて、「ゼロ合わせができません」と先生に言って大恥をかいた記憶があります。酵素ですから、測定波長は280nmです。40年も前のことですから、プラスチックセルはありません。研究上での恥のかき始めなので、今でも鮮明に覚えています。
 セルを超音波洗浄器で洗って、バラバラにしたこともあります。セルは、私にとっては、実験の最初の失敗。以後、失敗は数知れずですが、・・・。

>じゃあそれ以外で石英セルのほうがいい理由は?
正解は、「石英セルのほうがいいではなく...続きを読む

Q静電的相互作用

静電的相互作用ってなんですか?イオン結合みたいなものなんでしょうか。なんか先生が言ったこともあいまいで、質問しました。

Aベストアンサー

違います。
静電相互作用は
・イオンーイオン
・イオンー双極子
・双極子ー双極子
・ファンデル・ワールス力
をひっくるめたものです(何か忘れている気がするんですが)、そもそも引力しか考えてませんが広義には斥力も含まれます。

まとめるとある電荷分布を持った分子同士の相互作用(電磁気力) といったところでしょうか?


人気Q&Aランキング