単相100v(100w)の水銀灯なのですが、
片側だけ安定器に入り、出て行って、
もう片方の線は、水銀灯まで直結?でした。
テスターで直結の線との電圧を計った所
1次側(と言う表現は間違い?)二次側ともに100Vでした。
では、安定器はどういう役割をしているのでしょうか?

ご存知の方よろしくお願いします。
(バラストフリータイプの水銀灯ではありませんのでよろしくお願いします)

A 回答 (2件)

補足について回答します。


>スライダックス等で徐々に電圧を上げていくと、
>破損することなく、点灯させることができるのでしょうか?
電圧を徐々に上げていった場合、安定器が無いと電圧が放電開始電圧に達したとたんに一気に過大電流が流れ破壊に至ります。
>それとも1A以上の電流が流れないような、
>機材が必用ということですか?
その通り何らかの電流制限(安定器)が必要です。

以下電圧-電流の関係の「負特性」および実験の説明です。紙にグラフを書いて見てください。
普通の抵抗負荷の電圧-電流は、縦軸に電圧をとり、横軸に電流をとって書いて見ると原点を通る右上がりの直線になります。
つまり、電圧を決めると電流値は決定されます。
負特性を同じグラフ用紙に書き込みます。放電開始電圧までは、電流は、ほとんど0です。
それに達した後は、その達した点から右下がりの曲線を書いてください。
その後、電流は、限りなく大きく書いていきます。
このようですので、放電開始した後は、スライダックで電圧を下げても追いつきません。
これを実験でデータをとって書く為には、なんらかの電流制限器を使用して電源電圧・放電灯の端子電圧・電流制限器の端子電圧と、それから電流を同時に測定してプロットすればよいでしょう。
なお、当然ですが、水銀灯の端子電圧と安定器の端子電圧は、位相が違います。
この両電圧のベクトル和が、電源電圧になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ご説明の通り、グラフに書いてみました。
水銀灯の安定器の、役割よく理解出来ました。
電圧の問題ではなくて電流の問題だったのですね。

以前バラストフリータイプの水銀灯に電流計を繋げ
点灯してみたところ、電流は、ほぼ一定でした。
(または、スケールが大きすぎた為変動を見ることが出来なかった?)
この事から、バラストレス水銀灯のフィラメントと、放電管は、
直列で繋がっていると、解釈すればよろしいんですか?

・・・すいません。新規質問として、再度質問してみます。
今回のバラストレス水銀灯の安定器の役割の説明、特にグラフの
素晴らしい回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/25 21:40

水銀灯は、蛍光灯もそうですが放電灯です。


放電灯の電圧と電流との関係は、白熱電灯のような抵抗と違って負特性です。
そのために一定電圧の電源に直接つなぐと、電流が急速に増大して水銀灯を破壊してしまいます。
これを防ぐ為に直列に安定器を挿入する必要があります。
直流回路では、抵抗を入れることになりますが、交流の場合の安定器は、リアクター(チョークコイル)です。
リアクターの場合には、抵抗のような電力損失が有りません。
リアクタ-を入れると、もし電流が過大になろうとするとリアクタンスで電圧降下が増し電流の増加を防ぐようになります。
直列接続ですので、片方に1個入れれば良いわけです。
なおご不明の点があれば、補足を入れてください。

この回答への補足

お時間を割いてのご回答大変ありがとうございます。
水銀灯の安定器は、電流制御しているのですね?
と言う事は、またまた素人考えですが、
スライダックス等で徐々に電圧を上げていくと、
破損することなく、点灯させることができるのでしょうか?

それとも1A以上の電流が流れないような、
機材が必用ということですか?

あくまでも、実用と言う意味ではなく、
実験として、もちろん免責で結構ですのでよろしくお願いします。

補足日時:2001/11/25 15:15
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水銀燈もしくは水銀灯はいつ作られたんですか?

19世紀にはまだ日本には無いかもしれませんね。
どこの国でいつ作られたんですか?
19世紀のドイツにはありましたか?

Aベストアンサー

http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/lamp/macury.htm

これに拠れば、実用的な最初の水銀灯が作られたのは20世紀に入ってからの様です

Qお願いします 水銀灯を頂いたのですが安定器がありません

お願いします 水銀灯を頂いたのですが安定器がありません
前の持ち主は発電機で安定器無しで使っていました
とりあえず100Vにつないでみたら 点灯しましたが
数分たっても少し暗い感じす
やっぱり安定器が無ければだめなのでしょうか。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

バラストレス水銀灯ですね
バラスト(安定器)不要の水銀灯です
くらい感じと言っても心理的な物か劣化しているのだと思います

Q水銀灯について

水銀灯について質問なのですが、
チョークレスの水銀灯電球を使う場合、
器具は何でもいいのでしょうか?
例えば、普通の電球のソケット(?)みたいなのとか。。。
言い方を変えれば、
水銀灯の電球を使うには、水銀灯用の器具じゃないとダメなのでしょうか?

自作で水銀灯を使って作業灯を作るのですが、
器具も電球も高くて・・・

一番安く終らせるためには、何か方法はありますか?

Aベストアンサー

断言は出来ませんが
>蛍光灯を明るくした感じ
これはたぶん蛍光型の事だと思います。

>よく工場や学校の体育館などにあるような
とすると、これは透明型の事だと思います。

オレンジ色の物はナトリウムランプで安定器が必要です。

Q100vのコンセントを200vに

相変わらずのど素人な質問で恐縮ですが、どなたかお教えください。
自宅の電源(コンセント)で100vのところを200vに変えてもらう電機工事ってありますよね、
あれの代わりにたとえばアダプターか何かで100vのコンセントを200vの電源として
使用出来るようにする器具は販売されているのでしょうか? 
取り付けたい器具は200vタイプの電気温水器で、冬場の屋外(軒先)でペットのシャワー、
車の洗車など、必要な時にだけの一時的な使用を想定しています。  
屋外用のコンセント(100v)は来ているで、それを200vにしてしまえば早いのですが、
普段は電動工具の使用などに重宝していますので電源工事ではなくアダプターの様な物で
一時的に(使用したい時だけ)200vに出来ないかなぁと思い、質問させて頂きました。
どなたか製品情報、もしくは何らかのアイデア等をお教え頂けると助かります。 
 

Aベストアンサー

>アダプターか何かで100vのコンセントを200vの電源として…

あるとすれば、変圧器ということでしょう。あまり見たことがありませんけど。

>取り付けたい器具は200vタイプの電気温水器で…

一般向けに市販されている温水器で、200Vでいちばん小さいものでも 2.1kWあります。電流で 10.5Aですが、これを仮に 100Vの変圧器を介して使用するとなると、100V側には 21A流れることになります。この 21Aという電流は、通常の家庭用コンセントで使用できる限度を超えています。50Aとか60Aとかあっても、子ブレーカが落ちてしまって全く使用できません。

業務用の温水器では、200Vでも 1kW前後のものもあるにはありますが、そのような特殊な製品をお持ちなのでしょうか。

いずれにしても、変圧器を探すより電気工事をしてもらったほうが、安く済むことは絶対に間違いありません。

Q農作物と水銀灯

農作物が水銀灯にあたると育つのが早くなりますか?
マンションの裏にある畑のオーナーから「マンションの水銀灯のせいで作物が育ちすぎる」と言われたのですが、科学的根拠があるのか知りたいのです。
水銀灯は畑の横に1本あり、柱から3つに枝分かれして水銀灯が先っぽについてます。
水銀灯でなく温暖化のせいでは?

Aベストアンサー

こんにちは
回答1と2で既に科学的に説明されていますので補足的な回答です。
ご質問のような現象は、なにもマンションに限った事ではなく
郊外のガソリンスタンドやショッピングセンター、コンビニ、
ゴルフ練習場・・・等の夜間照明を行う業者が、屋外照明を
配置する際に適切な配光設計など無しで、安価な投光機や
水銀灯を乱用している事から発生しています。

これらは「光害(ひかりがい)」という言葉で呼びます。

商業施設周辺などで問題となる交通渋滞や騒音・排気ガス
排水などの環境問題に比べ、光害は照明設置者が対策を
講じれば適切に解決可能な技術的問題です。
例えば、このご相談が熊本県の事案であれば同県には
光害に対する照明設置者に対策責任を定めた条例があります。
その他の自治体にも光害の防止と対策を条例化していますし
環境省では対策ガイドラインを定めています。
件のマンション照明による近隣へ漏れ出る光による悪影響害は
照明設置者側に明らかな対策責任が存在する光害であり環境問題です。
参考までに光害対策に取り組んでいるNPOをご紹介します。

参考URL:http://astro.magma.ad.jp/

こんにちは
回答1と2で既に科学的に説明されていますので補足的な回答です。
ご質問のような現象は、なにもマンションに限った事ではなく
郊外のガソリンスタンドやショッピングセンター、コンビニ、
ゴルフ練習場・・・等の夜間照明を行う業者が、屋外照明を
配置する際に適切な配光設計など無しで、安価な投光機や
水銀灯を乱用している事から発生しています。

これらは「光害(ひかりがい)」という言葉で呼びます。

商業施設周辺などで問題となる交通渋滞や騒音・排気ガス
排水などの環境問題に...続きを読む

Qインバ-タ/12Vバッテリ→100V

インバ-タ/12Vバッテリ→100V

300Wインバ-タ(瞬間と言うのですか最大500W)
デイ-プサイクル、ヨット用バッテリ-、50Wソ-ラパネルにて充電、

(1)この様なインバ-タ(矩形波)では日曜大工に使う工具(ドリル、ジグソ-等
単相モ-タ使用の機器)は使えないのでしょうか?

又、普通のシ-ルドバッテリ-に正弦波インバ-タ300W接続、
インバ-タは2万円弱くらいの商品で矩形波(上記国産品)の3倍位の値段です。
家庭用扇風機が使えるとの表記あり。
ちょっと車で工具を使えたらなと思っております。
(2)曲りなりにでも工具は使えるものでしょうか?

以上、お教えよろしくお願いします。

Aベストアンサー

マキタのブロアー 動く

日立のインパクトのバッテリー  充電できる

日立のハンマードリル  動くけどインバーターが小さいのですぐブレーカ落ちる

丸の子  動くけどインバーターが小さいのですぐブレーカ落ちるだましだまし少しなら切れる

リョービのジグソー 動く

石油ストーブ点火出来た。 

参考URL:http://www.daiji.co.jp/product/inverter/HC-300.php

Q300~500Wの水銀灯(ランプ)と言えば、高圧水銀灯という理解で宜し

300~500Wの水銀灯(ランプ)と言えば、高圧水銀灯という理解で宜しいでしょうか?また、実験室のクリーンベンチなどで使われる紫外線ランプとの違いについてお教え下さい。

Aベストアンサー

>300~500Wの水銀灯(ランプ)と言えば、高圧水銀灯という理解で宜しいでしょうか?

高出力の低圧水銀灯の可能性もあるので、ワット数だけでは分かりません。
水銀灯というのは間違いないのでしょうか?
500Wぐらいですとメタルハライドランプやナトリウム灯も形が似ていて、区別がつきにくいと思われます。

>紫外線ランプとの違いについて

水銀灯と呼ばれるものは、紫外線も放射しますが、主に照明が目的で、紫外線ランプは、より紫外線を放射して殺菌などの目的になるという分かり易い違いがあります。
このほかにも、光束、光色、演色性、ランプ効率、始動時間、寿命、周囲温度、形状などいろいろな違いがありますが、資料がないので、具体的にはかけません。

Q浴室灯で100W対応はあるのでしょうか?

浴室をもっと明るくしたいと考えています。現在の密閉型浴室灯は60W球までと書かれています。1日合計30-40分程度の入浴時間なら、100W白熱灯に替えても、火災などの心配はないでしょうか?
ネット上で100W対応の浴室灯を探したのですが見つけられません。そもそも浴室灯は1灯あたり60Wが最大と決まっているのでしょうか?
そういう決まりがあるのであれば、増設するしか方法はないでしょうが、DIYあるいは簡単な工事で明るくする方法があれば、お教え下さい。

Aベストアンサー

一応ありましたけど・・・
100W対応は種類が少ないから形状とかは選べないかもしれないですね。
とりあえずアドレス貼っておきますね。
http://www.lighting-center.jp/cgi-bin/shop/shop.cgi?order=&class=18&keyword=&FF=0&price_sort=&mode=p_wide&id=1487&superkey=1

Qバラストレス水銀灯の内部構造

バラストレス、水銀灯(BHF100-110V160W)を
使っているのですが、20Aスケールの電流計で
測定したところ、水銀灯の放電が始まっても、
電流の変化が見受けられませんでした。
(スケールが多きすぎたため?)
別質問で、安定器タイプの水銀灯については教えて頂きました。

そこで、おしえて頂きたいのですが、
バラストレスの水銀灯はどのようになっているのですか?
直列で、フィラメントと、放電管が繋がっているのか?
バイメタルらしきものが付いている理由など、
おしえて頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

安定器の働きをするバラストフィラメントが放電電極に直列になっています。
安定器が不要ですので感単に設置できますが発光効率が悪く明るさは、同じワット数の安定器必要品の半分くらいでしょう。
光の性質が水銀灯の光とフィラメントの白熱光との合成ですので柔らかで、少しは人にやさしい感じです。とはいえ、紫外線はでていますから、近くで直視しないようにしてください。
バラストの働きですが、一般にフィラメントは、抵抗ですが、その温度に依存して抵抗値が変化します。
温度が高いほど抵抗値が高くなり、温度が低いときから高くなるまでには100倍以上も変化します。
自身に流れる電流で温度が上昇しますから、電流が流れるほど温度が上がり電流が流れにくくなる、定電流的な性質と言えるでしょう。
つまり電流安定器として働きます。
この性質と放電電流の負特性の性質をうまく組み合わせて外部バラストを不要にしています。安定するまで多少時間は、掛かります。
バイメタルらしき物ですが、あるとしますと、これは、推定ですが、点灯後一旦消灯しますと再点灯するには、温度がある程度冷えないと再放電は不安定になりますので、その間の点灯を制限しているのではないかと思います。
または、なんらかの安全上の配慮か分りません。

安定器の働きをするバラストフィラメントが放電電極に直列になっています。
安定器が不要ですので感単に設置できますが発光効率が悪く明るさは、同じワット数の安定器必要品の半分くらいでしょう。
光の性質が水銀灯の光とフィラメントの白熱光との合成ですので柔らかで、少しは人にやさしい感じです。とはいえ、紫外線はでていますから、近くで直視しないようにしてください。
バラストの働きですが、一般にフィラメントは、抵抗ですが、その温度に依存して抵抗値が変化します。
温度が高いほど抵抗値が高く...続きを読む

Q家庭用電源100Vで使う電気溶接機の購入

今度溶接機を買いたいと思いホームセンターなどで調べてみますと、100V*15A以下で使えるものとして、大略以下の3種がありました。

1. インバータ式使用率 30%、   価格3万円弱

2. 交流式   使用率 15%位? 価格1.5万円前後

3. 交流式   使用率 6~7%    価格1万円前後

3.はあまりに「ちゃちな感じがするので除くとして、
  インバーター式の直流溶接機と、交流式のどちらを選ぶべきか迷っています。
  使用経験のある方で、買ってよかった!  失敗した! というご経験をお持ちの方
  ご意見をお聞かせください。
  よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

家庭用単相100Vで使う溶接機は直流だろうが交流だろうが交流だろうがホビー機の範囲をでません。
とても満足するには程遠く、溶接が嫌いになる確率70%ってところです。

実際に使ってみると分かりますが、低い電流しか出せない溶接機では、溶け込みが得られず、母材と溶材が溶けて溶接される、というより溶剤だけが滴下して乗っているだけの溶接になってしまいます。
溶切棒が細いものしか使えません(おそらく2mm以下でなければ使えないでしょう)。細い溶接棒は短絡させてしまうと電熱線のごとく紅くなり使えなくなってしまいます。またホビー用で流通量も少なく高価です。
使用率が低く(30%程度はなくては)連続して溶接するなどという状況にはならず、目指す作業によってはほとんど何もできず、いきなりリサイクル屋送りになりかねません

これらホビー機で溶接できる鉄板の厚さは2.3mm程度が限界で、しかもアーク特性が悪く(素人用なのにプロでさえアークを安定させるのが難しいくらい電流が安定しません)溶接効率ははなはだ低いと言わざるをえません。
最近建築現場の内装・設備工事で使われることが多いバッテリー式の溶接機はプロでも十分使えます(もちろんホビー機よりはるかに高価で、バッテリーの容量により使用できる溶接棒の数量に制限があります)。

交流・直流ですが、出力する電流が交流か直流かという差です。
交流は分かるでしょうが、直流ではホルダー(+)アース(-)を正極溶接と言い、ホルダー(-)アース(+)を逆極溶接といいます。
一般に、正極では溶け込みが深く入熱が大きくなりスパッタも多くなります。逆極ではその逆(という言い方は正しくないですが)と考えればわかりやすいでしょうか?薄板、低合金鋼などでは逆極で溶接します。
DIY用途では逆極溶接のほうが向いているはずですが、溶接機の出力が弱くては正極も逆極もないでしょうね(そもそも使い物にならないのだから)

どうせ溶接機を購入されるならもう一声頑張って、ノンガス式半自動溶接機の購入をおすすめします。
本体と別にシールドガスを使うタイプはセミプロでも使えるクラスになりますが、ボンベの詰替えや使用料などわずらわしい部分も多く、たまに使うという程度の方にはむしろ勧められません。
ノンガスタイプは細径のフラックス入りワイヤを使用するため溶剤が高価につきますが、使用にあたって面倒なあれこれから開放され、気軽に溶接に取り組むことができ、むしろ溶接する機会も増えることと思います。

昨年、親しくしている方がスズキッドのアーキュリー150を購入しました。
それまではコンセントから電源をとり、被覆アーク溶接棒(俗にいう手棒)を使う溶接機を持っていました。
アーキュリー150に買い替える前に「溶接にならないんだけど、こんなもんだろうか」と持ってきました。何とか水平下向きでは使えますが、立て向きや上向きではとてもアークが安定しません。素人レベルの方が使えるようなものではありませんでしたが、もちろん「こんなもんでしょう、正常です」でした。

100V専用機のアーキュリー80も候補だったのですが、100/200兼用機で自宅ガレージでも別宅(離農地にある旧宅で発電機使用)でも使えるということで選択しました。
うちでテスト使用してみたのですが、100V電源で「ちょっと弱いけどまあこれなら使えるんじゃない」というくらいの溶接ができます。溶接速度が遅いのは仕方ないですが、アークは安定し、ビードは思ったより美麗でした。おそらく、適正板厚は1.2から3.2程度だと思います。
結果論ですが、この機種はリアクターが内蔵のようで、より薄板の溶接でアークの安定が得られるようですし、トーチが下位機種よりしっかりしているようです。
200V兼用機なので、将来「より本格的な作業」を目指し電源に変更があった場合にも対応できます。
スペックからみると200Vなら板厚6mm程度まで対応するはずです。使用率15%はプロには不満ですが、半自動機なので効率は良く、DIY用途であればさほど不足は感じないはずです。
特に半自動機の利点はアークスタートの確実さで、仮付けやワイヤーメッシュなどの溶接は手棒を使うのがバカらしく思えてきます。

半自動溶接は技術的に簡単だなどというつもりは毛頭ありませんが、とりあえず溶接するというなら手棒よりはるかに容易なことは事実です。
何より手棒のように職人的な技術を要求されることなく、アマチュアにもある程度レベルの高い溶接を可能にしてくれるのですから、半自動溶接機の購入を検討されることをお勧めしたいです。

家庭用単相100Vで使う溶接機は直流だろうが交流だろうが交流だろうがホビー機の範囲をでません。
とても満足するには程遠く、溶接が嫌いになる確率70%ってところです。

実際に使ってみると分かりますが、低い電流しか出せない溶接機では、溶け込みが得られず、母材と溶材が溶けて溶接される、というより溶剤だけが滴下して乗っているだけの溶接になってしまいます。
溶切棒が細いものしか使えません(おそらく2mm以下でなければ使えないでしょう)。細い溶接棒は短絡させてしまうと電熱線のごとく紅くなり使え...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報