認知症の高齢者ばかりが住んでいるグループホームを今度見学に行くことになりました。
手持ち無沙汰になった時、肩をもんだり首筋や腕のマッサージをしてスキンシップをはかりたいと考えています。

よく人には喜ばれるので上手な方だと自信があるのですが、もし、マッサージをしてはいけない人(病気)があるようなら、教えて下さい。
嫌がる人にはしないし、もみ返しが来るほど強くはしないで腕や背中はさする程度にするつもりですが、肩はやはりもむことになります。

血液の循環が良くなり過ぎてマズイというようなこともあるかもしれないなあ、と思ったので質問してみました。アドバイスいただけると有り難いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

先ず、発赤・疼痛・熱感・腫脹など炎症部位には、おこなわないでください。

また、易疲労性の極めて高い方、全身性の感染症や消耗性疾患、悪性新生物がある場合も当然禁忌です。
次に、もちろんですが、陰部や乳頭部(あるいはそれらに類似すると誤解され易い部位)は避けます。

そして、以下少し脅かすようで恐縮ですが…

単純に「擦る」という行為でも、表皮と皮下組織との間でズレが生じて、蜂窩識炎や出血を起こす方もおられます。「各組織同士のズレが生じない“さすり”」というのは、結構難しいですよ。
高齢者の場合、「エッ!何故?」というくらい簡単に皮膚が破れてしまう人がいます。(バンソウコウを剥がしただけで とか、ズボンを下ろすのを少しグッと行っただけで、皮膚が剥がれて脂肪層や筋肉層まで露出してしまったりします。)
特に糖尿病患者さんや放射線治療を受けている方等、免疫機能低下している人の場合は、そのまま治らないで化膿し敗血症となって、死亡する可能性もあります。

肩や首辺りのマッサージによって、首にある血圧センサー(星状神経節)などに刺激が入ってしまって、血圧低下&血流量低下し、脳・肺・腎臓・心臓などが虚血→低酸素・低栄養で細胞が死んだり、カスが詰まって梗塞を起こしたり、心臓のコントロールがおかしくなって心停止する可能性があったりします。

高齢者の場合、ほとんどの方の血管は動脈硬化でもろくなっています。内出血はポピュラーというか簡単に起こします。血管壁が剥離したり、静脈弁に付着していたカスが血流に乗ってしまって脳塞栓等を起こす事も、稀にですが有ります。

以上から、医療関係者としては、入居者に対する素人さんのマッサージ行為は不適だと思います。

例えばマッサージ師など専門職の場合は、最低限「禁忌や不適応症」に関する医学的知識があり、どういった反応があった場合は「ヤバイ」のか、そういった際にはどのような対処をすべきなのか、ある程度は分かっています。

マッサージが上手下手の問題ではなくて、無資格者と有資格者の違いは、上記のようなトコロに有ると思います。

(ちなみに、無資格者がマッサージをおこなうと、有償無償に関わらず、マッサージ師法は勿論ですが、医師法違反となります。先述のような危険があるから、法的に認めていないのでしょう。)

グループホームは基本的には、帰宅を目標に集団で生活している方達なので、極端に悪い身体状況の入居さんは少ないはずですが…最近は、半ば入所施設化している という現状もありますので、元気そうに見えてヤバイ人がおられるかも知れません。

マッサージだからといって軽く考えておられると、他人の生命・健康状態といったものを奪う場合もある という事を充分念頭において行為に及んでくださいね。

お話し相手になってあげたり、手を優しく握って差し上げながら外を一緒に眺めたり…そんな程度で宜しいのではないでしょうか?

以上、辛口ですが、貴方のためを思ってです。もし、施設従業員から「こうしてさすってあげてくれませんか」と依頼があった場合は、責任は施設側で持ちますので、是非貴方ご自慢のテクニックを入居者さん相手に発揮してあげて下さい。
良い見学となりますようお祈り致します。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

詳しいアドバイスをどうもありがとうございました。
やはり、私がなんとなく危惧していた通りで、質問してよかったと思いました。自重します。

お礼日時:2005/10/28 17:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肩のマッサージの一線、ニ線、三線とは?

自分は、鍼灸師なのですが、バイト先で、肩のマッサージについて、「肩の一線、ニ線、三線ってどこ?」と聞かれて困ってしまいました。背中ならわかるのですが、肩のマッサージの一線、ニ線、三線はわかりません。ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そんなのがあるのですか。

やられる側としてすぐに思いつくのは、
第一線は「斜角筋や僧帽筋上部繊維あたり」
第二線は「肩甲挙筋や棘上筋あたり」
第三線は「棘下筋や大円・小円筋あたり」でしょうかね?

それとも、肩と言っても実際には上腕の事で、
「三角筋の前部・中央部・後部の各繊維」を表現しているのかも知れませんね?

もしくは、肩の上部を通る経絡(心包・肺・心 ??)で分けているとか?

以上、一考察としてご参考まで
お仕事頑張ってくださいね。

Q二つの病院で同時に同じ病気の薬をもらったらマズイんですか?

今日、たまたま内科に行って、せっかくだからついでに花粉症の薬(点鼻薬)をもらおうとしたら、他の病院でも花粉症の薬をもらっていませんか?と聞かれました(アレルギーでかかっている病院でももらっています)。どうも、2つ以上の病院で同じ病気で同じような薬をもらってると変なことになるらしいのです。
薬は病名があって処方されるもので、あっちもこっちもで同じ病名で薬をもらっているとどこかから指摘されることがあるらしく・・・。一体どういうことになるのでしょうか。医療に詳しい方、是非教えてください!!

Aベストアンサー

一番の原因は、薬の「飲み合わせ」です。
薬の名前や外観がちがっていても、中身が同じものもたくさんありますし、飲みあわせで副作用が出ることもあるのでこれを質問するのは医療者なら当たり前のことです。

次に保険の問題です。病院からみると保険を使っていると3割窓口負担で患者さんから直接もらいますが、7割は保険からもらいます。その際審査しています。患者Aさんは、○○病院でも△△病院でも同じ病名で同じ薬をもらっているというのはあり得ません。その場合、聞き取りをしっかりしていないとその医療機関のチェック漏れということで、「あなたの病院どうなってるの!」と言われ病院への給付金がもらえなかったりすることがあります。
今、病院は多くが財政が厳しい状況ですから必死です。

自分が飲んでいる薬の名前や病名などはきちんと病院に伝えてください。

Q足ツボマッサージ

現在妊娠8wです。
妊娠前から疲れを感じると足ツボマッサージ(いわゆる台湾式?のイタイやつ)をよく受けていました。
私のストレス解消法でもあります。
質問ですが、妊娠中でもこのように足ツボを刺激して大丈夫でしょうか。
臓器に直結する刺激のようでちょっと不安に思ったもので、ご質問しました。
どこかの掲示板に「足ツボを刺激すると悪阻が軽くなることがある」とありました(現在悪阻真っ最中です)ので、
もし大丈夫ならマッサージを受けたいと思うのですが・・・。
お知恵をお貸しください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

回答ではありません。
私はリラクゼーションにかなりハマり、マッサージ、ツボ押し、リフレクソロジーなど、それ関係のお店によく行ってます。
それでいうと、はじめてのお店ではだいたい必ず問診表を書かされ、その中で「以下の方は、施術できません」となっているところが多いです。

○心臓疾患のある方
○生理中の方
○妊娠中の方
○風邪ぎみの方
○その他、疾病治療中の方
○疲れがひどい方
他。

何故なのかは分かりませんが、むやみに自己流でやってみたり、またこのような問診表がないお店で気軽にやっていいものかどうか微妙です。
やってみる前に、現在MayJunさんが検査に通われている婦人科で確認した方がいいですよ。

Q輸状マッサージ

輸状マッサージってどんな処置ですか?

※別冊「ナーシングトゥデイ」(4) ワーキング・スマートP.055掲載されていますが良く解かりません!
出版:日本看護協会

Aベストアンサー

>摘便の事について触れたページのため肛門などの
輸状マッサージではないかと思います。

#1です。

まず、字がまちがっています。「輸」ゆではなく、「輪」りんです。

輪状マッサージは読んで字のとおり円を描くようにマッサージをすることです。
ですからてき便に利用するとすれば、肛門ではなく下腹部をマッサージして排便を促す、ということではないでしょうか?

Q整骨院とマッサージ

あちこちの整骨院で『柔整マッサージ』として施術が行われていますが、法的にみて合法なのでしょうか?保険で2個所まで出来るとうたっている所が多い様ですが…。
医師、柔道整復師、マッサージ師それぞれの立場からの回答を戴けたら幸いです。(医療マッサージが出来る職種は、マッサージ師と医師とPTだと記憶しています。)

Aベストアンサー

整復術の前後に関節周囲の筋肉の緊張を緩めるなど「基となる接骨術に付随する必要が有る場合」には、柔整師がマッサージをおこなうことは認められています。過去に厚生省通知で出ていたはずです。

但しマッサージ自体を「治療の主たる手技」としておこなうことは認められていません。

マッサージ師法第1条により「医師以外の者がマッサージをおこなうためにはマッサージ師免許を必要とする」訳です。
看護師・PT・OT・STなどが業務上マッサージをおこなえるのは「医師の権利」を代理しているからです。
理学療法自体にはマッサージを含むと規定されていますが、医師の指示無き場合は、PT・OT等は、法的には本来マッサージをおこなえない筈です。話が逸れました(笑)

とりあえず、接骨院の現状は、殆どが「違法にとても近い状況」のところが多いです。(そんなに首や腰を捻挫する患者様ばかりいるはずがありません。)

緊急の初回以外は、マッサージの保険請求のように「医師の同意書を要件」とし、更に基本通りに「保険請求を患者様自身がおこなう」ようにすれば、少しは悪い輩は減るはずです。
医師の診断名と、柔整師の「見立て」が明らかに異なる場合は、2回目以降の保険請求不可あるいは減額等のペナルティを課すべきでしょう。

定かではありませんが、政治家の故金丸信氏が柔道愛好家だったので、柔道整復師には受領委任が認められた と聞いたことがあります。

マッサージ師はマッサージ師で、団体として「盲人の生活権保護を求めている」部分があり、訴訟ではそれを前面に打ち出してばかりいるので、何時までたっても状況は変わらないままです。
医療マッサージとして必要な「排痰や嚥下訓練」の知識も、マッサージ学校では殆ど習わないカリキュラムのようですしね。
病院勤めでPTに負けない素晴らしいRehabili.をおこなってくれるマッサージ師もいる反面、ろくな知識・技術も無いくせに「訪問リハビリマッサージ」などと謳って、患者様を金儲けの相手にしか思っていないところもありますね。(痙性を増悪させているにも拘わらず筋トレだと言っているようなお馬鹿は、PTにも多いですが)

以上、長々と失礼しました。ご参考まで

整復術の前後に関節周囲の筋肉の緊張を緩めるなど「基となる接骨術に付随する必要が有る場合」には、柔整師がマッサージをおこなうことは認められています。過去に厚生省通知で出ていたはずです。

但しマッサージ自体を「治療の主たる手技」としておこなうことは認められていません。

マッサージ師法第1条により「医師以外の者がマッサージをおこなうためにはマッサージ師免許を必要とする」訳です。
看護師・PT・OT・STなどが業務上マッサージをおこなえるのは「医師の権利」を代理しているからです。
理...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報