質問が三つあります。
武家の娘というと北条政子や日野富子などがありますが
これは当時もこのような呼称だったのでしょうか?
それとも当時は単に政子とか富子というだけで、後の
人々によって苗字がつけられただけでしょうか?

これに関連して、では貴族の娘に関しても苗字があったのでしょうか?
例えば藤原定子という感じで。

更に、何故、戦国時代からの武家の娘は苗字付きではなくなるのでしょうか?
それとも当時はちゃんと織田市のような呼称だったんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


  一応、No.2, No.3 の方の回答でよいと思いますが、少し違った視点から、補足的に述べてみたく思います。
 
  「武家の女性」ということで、鎌倉幕府なり室町幕府なり江戸幕府から正式に武家と承認された家の女性の名前という前提を確認します(庶民の場合、「苗字」というのは、かなり曖昧なものでした。あると言えばあるし、ないと言えばないというようなものです。武家や公家のような、明確な苗字はないが、それに代わるものはあったということです。……ということは本筋と関係ありません)。
 
  まず、「苗字」というのは、歴史的に「姓」「氏」などがあり、これらは、少し違います。例えば、公家は、多く、姓と氏の二つを持っていました。近衛家という摂関家がありますが、この「近衛」は氏で、正式な姓は「藤原」です。一条藤原とか、九条藤原という風にも呼びます。公家に準じてというか、武家でも、姓と氏がある場合があります。TVで、いま「北条時宗」をやっていますが、あのなかで、北条氏は、元々平氏の家系という言葉が出てきたので、そうなのかと思いました(つまり、姓は、平だということです。北条は氏です)。
 
  徳川幕府の徳川家は、「源」の姓を名乗ります。本当に、源氏の一統なのか知りませんが、「武家の統領」として、将軍になるためには、「源」姓であることが条件になったのです。またその他の大名や武家も、氏とは別に姓を持っていることがあります。従って、「苗字」と言っても一律ではありません。
 
  >それとも当時は単に政子とか富子というだけで、後の
  >人々によって苗字がつけられただけでしょうか?
 
  歴とした武家の女性なら、氏は当然ありました。問題は、どういう場合に、その氏や姓を使ったかということです。皇族から、臣籍におろす時、皇族には、姓がないので、天皇が姓を与えます。これを、賜姓と言い、このような臣籍に降りた元皇族は、賜姓皇族とも呼びますが、普通、源と平が有名ですが、その他の姓もあります。また、男性皇族だけが、賜姓を受けたのではなく、女性も賜姓を受けて臣籍に降りました。この場合、その女性は、明確に姓がありますし、その姓で呼ばれます。
 
  北条政子は、少し例として不適切なので、北条時宗の妻祝子を例にすると、「北条時宗室政子」というのがかなり正式な呼び方です。これは「正室」の意味で、「妻祝子」と呼んでいます。北条祝子と呼ぶことがあったのかというと、これは分かりませんが、なかった可能性があります。何かが付加しているでしょう。例えば、北条祝子は実際は違いますが、女官であって位があった場合、「従四位内侍北条祝子」などと宮中の公文書には残るでしょう。(貴族の日記などだと、北条の内侍」とか「四位の内侍」などと省略呼称になりますが)。
 
  北条祝子というような呼び方あるいは表記は、現代(及び近代)のもので、「北条の家の祝子」という意味になっていれば、それは、現代の「北条祝子」に当たるものですから、苗字はあったことになります。ただ、呼び方が、北条祝子のようなストレートなものではなかったということです。現代の戸籍謄本を見られると分かりますが、戸主の名前として、例えば「徳川秀吉」とかあり、戸籍欄には、夫:秀吉、妻:佳子などとなっています。
 
  しかし、現代の場合、女性が男性と共に、パブリックな文書に、独立で自分の名を記す場合は、北条祝子と記します。明治以前の時代には(そして、明治・大正時代や昭和初期も)、女性が、パブリックな場面で、独立で自分の名を記し、どこの誰かを明らかにするというようなことがなかったので、北条祝子というような表記がなかったのです。しかし、「北条の家の祝子様」なら、現代で言うなら「北条祝子様」でしょう。
 
  後二つの質問にもまとめて答えますと、貴族も武家の娘も、無論、苗字はあったし、苗字を付けて記す場面や、呼ぶ場面もあったのですが、いまと違い、北条祝子というような呼び方はしなかったというだけです。
 
  貴族の娘や武家の娘だと、苗字がなくなるというより、「名前」の方が、歴史記録から消えることが多いです。例えば、清少納言は、姓は「清原」と、はっきり分かっていますが、名前が分かりません。名前は、当時の人は知っていたし、名前で呼んでもいたのでしょうが、彼女は、中宮定子付きの女房であったので、女房名の「清少納言」で一般に呼ばれていたし、記録でもそうなっていて、清原家の女(むすめ)で、橘則光と結婚しましたから、「橘則光室*子」だったはずですが、名前が伝わっていません。しかし、名前がなかった訳ではありません。姓や氏が分かっていて、名前の分かっていない女性が、歴史上多数います。
 
  このことから分かるように、藤原定子とか、北条祝子と呼ぶ言い方は、現代的な言い方で、そういう言い方ではないが、武家の娘と公家の娘も、姓や氏を持っていたし、場面により、それで呼ばれていたことは間違いありません。そして、記録には、姓や氏つまり、所属していた家の名が残り、本人の本名の名前が消える場合が多いということです。
 
    • good
    • 1

まず、そもそも昔は苗字の概念が現代と違うので、男性についても「苗字があった」と単純に言うことはできません。


http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=66551 (No.4の回答)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=81165 (No.3,4,5の回答)

さらに、時代、使われる文脈など一概には言えません。

しかし、簡単に言ってしまえば「藤原定子」という表現はあります。

「今夜奉令旨、以藤詮子為宣旨、以藤原淑子為御匣殿別当、以藤原近子為内侍、以下官及右中弁懐遠・・・」(『小右記』天元5年3月11日)
「二位尼北条ノ正子・・・」(『倭朝論抄』)

基本的に、公文書か歴史書で言及されるときに使われます。
    • good
    • 0

貴族や武家には「家」がありましたから、家系のない庶民とは違い、きちんと「○○家の○○」と認識されていて、もし戸籍法のようなものがあればそのように記されていたはずです。

でも呼称されていたかどうかは疑問ですね。

女性は婚家に行く身ですし、その上家長制度の中では男性の血筋が優先なため、誰々の妻・妹・娘の○○と呼ばれることがほとんどだったでしょう。これは飛鳥・平安の世からそうだったようです。たとえば、noribou11さんのあげた藤原定子ですが、古文書には「藤原○○女(むすめ) 定子」と記されています。このようにきちんと苗字のことを名言はしていないでしょう。でもこれで「藤原家の女性」というのは分かるはずです。「藤原定子」と認識し出したのはもっと後の人達です。

「お市」にしたって同じことだと思いますよ。聞いた人が判断してくれるならいちいちどこの家のものかは名言はしないし、記しもしないという事だけのことだと思います。多分人々の呼称もそうですね。
ですから、戦国時代から急に名前のみの呼称になったのではなく、後世の人間の価値観や習慣で呼称は変化してくので、今はただ苗字は省略して呼んでいるだけだと思います。
    • good
    • 0

>何故、戦国時代からの武家の娘は苗字付きではなくなるのでしょうか?



太閤さんの側室となって松の丸殿と呼ばれた人は誰だったでしょう?

 そう、京極竜子ですよね。


・・・と言うことは、戦国時代からの武家の娘にも苗字はあったということ
ではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q苗字のルーツを探りたい

郷土を離れてまもなく定年を迎える輩です。

何か目標をと考えたひとつとして自分の苗字が珍しく、ルーツなどをゆっくり調べようと思います。
そこでどのような方法があるのか手順などを教えていただけたら幸いです。

(1)個人情報云々と騒ぐ以前のWindows95時代にパソコンセット購入したおまけに住所録CDがありこれを見ると非常に少なく案外全国に点々と同姓が居ることがわかっています。

(2)出身の地域には同姓が20~30軒かたまっています。

(3)最近大きなお店の三文判でたまに見かけます。

(4)インターネットでちょっと検索した結果では事実は別にして全国で5000位ぐらいでした。

(5)文献をメインとして、インターネットはサブで参考程度にしたい。

Aベストアンサー

基本は 2)のお寺に行って過去帳を見せてもらうからだと思います。
30年前に伯父が退職したあと、同じことをやりました。
ちなみに私も
1)一番多いのは出身地で二番目が東京23区内。政令指定都市レベルだと、一人もいない場合がある。
2)町村合併前では、祖父の出身地が20軒ほど固まっていてる
3)大きなお店で三文判があるが、あるのは読み方の違う場所
4)全国で4400位だったが、3)にあるように漢字でカウントしているので、私の読み方はもっと少ないかも
5)伯父が過去帳を調べたところ、400年くらいまえに、阿賀野川の上流から分家して、分家して、分家して、分家したのが2)の部落だったそうだ。で、祖父は河口のそばに住んでいたので、これ以上は下流に行けない。

福島県の温泉に行ったら、女将さんに声をかけられた。親戚ではないかと。
実家の父に聞いたら、「たぶん、自分のハトコだ」と言われた。
奈良に同名の寺院があるので、行ってみた。
従兄弟が学生時代に行ったときは「ここが発祥の地でしょう」と、言われて一泊させてもらったそうだが、社会人の私が行ったら「では、寄付してください」と寄付させられた。

佐藤 鈴木ではできない技です。

基本は 2)のお寺に行って過去帳を見せてもらうからだと思います。
30年前に伯父が退職したあと、同じことをやりました。
ちなみに私も
1)一番多いのは出身地で二番目が東京23区内。政令指定都市レベルだと、一人もいない場合がある。
2)町村合併前では、祖父の出身地が20軒ほど固まっていてる
3)大きなお店で三文判があるが、あるのは読み方の違う場所
4)全国で4400位だったが、3)にあるように漢字でカウントしているので、私の読み方はもっと少ないかも
5)伯父が過去帳を調べたところ、400年く...続きを読む

Q北条政子は源政子という名で呼ばれない理由?

北条政子は源頼朝の妻となったのに、「源政子」と言われずに、「北条政子」と呼ばれるのはなぜなのか。

疑問1
この時代に妻となっても、夫の姓を名乗らないのが習慣であったのか。

疑問2
政子の手紙などには、署名を「源政子」としたものはないのか。また、「北条政子」としたものはあるのか。

疑問3
通称で言えば、細川ガラシャは夫の姓で呼ばれるが、これは、戦国時代へと時代が下り、習慣が変わったからなのか。あるいは、キリスト教徒という特殊な理由でなのか。

Aベストアンサー

1・明治の戸籍創設以前では女性が自ら姓や苗字を
 名乗ることは極めて稀であったと思います。
 女性は公式な地位を持ちませんから文書の署名も
 遺っていません(例外はあります)。

2・源政子の署名は目にしたことがありません。
 鎌倉幕府の公式記録である『吾妻鏡』には
 「平政子」もありますが、より多いのは「二品禅  尼」という敬称で記載され
 ています。
 「源頼朝卿妻」などでなく「平政子」という記載は 女性としてはたいへん珍し
 く、政子の特別な地位 が考慮されているものと思 われます。
 また『吾妻鏡』の時代になると政子は婚家(源氏) から実家(北条=平氏)
 への帰属を強めたのではないでしょうか。

3・細川ガラシャの呼び名の来歴は知りませんが、
 もしかするとイエズス会の僧によるカトリックの
 慣習からきているかもしれませんね。
 日野富子についてはよく知りません。

Q名前(苗字)の読み方を検索できるページを教えて下さい。

冠という苗字があります。
どのように読めばいいか分かりません。

読書していると苗字や名前の読みが分からない漢字がよく出てきます。
そういったときにすぐに確かめられるサイトをご存知の方は教えて下さい。

自分で検索したのですが、なかなか出てきませんでした。
もしよければ、どういったキーワードで検索されたのかも教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

名字 検索 一覧 でGoogle検索したらこんなHPがヒットしました

http://tsuyama-web.hp.infoseek.co.jp

「冠」一文字だと「かんむり」しか読みがありませんでしたので、ご期待にそえるかどうかは保証できませんが・・・

Q北条政子(鎌倉時代)

北条政子が、日本史に重要な人物として登場してくるのは、頼朝と夫婦になってからですよね?それなのに、私の知識不足かも知れませんが、なぜ、「源政子」ではないのでしょうか?当時は、夫婦別姓だったのですか?

「源政子」と記述されている文献はありますか?現代の教科書みたいなものでも構いません。

それとも「北条政子」という、私の質問のタイトルが、そもそも間違っているのでしょうか?鎌倉時代というのは、どうも「源」よりも「北条」の印象が強いですよね。

Aベストアンサー

中国や韓国では今でも妻が婚家の姓を名乗ることはなく一生実家の姓で通します。
妻が婚家の姓を名乗るようになったのは明治維新のときに西洋の風習をまねてそういうようにしただけで、江戸時代以前は妻は一生実家の苗字・姓で通しました。
系図などにも妻はなんとか氏というように実名はかかれなくても実家の苗字は書かれるのがふつうでした。
※署名のときは、
正式文書などに書く場合は姓名を書きましたが、この場合の姓とは北条家は平氏で、
源平藤橘の平で北条は苗字ですからその場合は平政子と書いたと思われます。

Q冬季五輪観てて思った珍しい苗字のルーツを

近江谷、國母姓のルーツはどこにあるのでしょう。國母は国母という地名があるようですが、近江谷という地名は聞いたことがありません。五輪の両選手は北海道出身なので、出身地からルーツを辿ることが困難です。詳しい方おられましたらお願いします。

Aベストアンサー

 http://blog.goo.ne.jp/jinmeiryoku/e/c8161750f05224d44792773b007759f9

 地名に関しては市町村が合併や市に昇格したりとかで旧地名が消えていって居ます。字名などが残っていれば分かる場合もありますが消えていって居ます。今の地名では見つからないことが沢山ありますよ。

Q北条政子は言われるように悪い女でしょうか?

こんばんは。

何でしょう、人間が古いのでしょうか?
別にそんなに酷く言わなくてもいいのにと思うのですが、
皆さんも北条政子さんはやはり悪い女性ですか?

Aベストアンサー

おはようございます。

>北条政子は言われるように悪い女でしょうか?

私が彼女に持つイメージは、NHK大河ドラマ『草燃える』で政子を演じた岩下志麻さんと相当部分被ってしまうのですが、頼朝すら憚らせた気性の激しさ、そして或る種の酷薄さと並外れた嫉妬深さを物語るエピソードには事欠かない女性といったところ。

一方に於いて、例えば義経の愛妾の静御前に対する命乞いに見られる情け深さといった側面も見逃せず、北条政子というお方は、良くも悪くも愛憎の振幅が非常に激しい気性であられたようですね。

その点を考えますに、一つには生な感情を押し殺す都ぶりの風習とは無縁の東国の田舎育ちであった事、加えて鎌倉幕府を創設した頼朝糟糠の妻という自負が余りにも強かった事、その辺りでしょうか。

他方彼女に関する最大の非難は、恐らく息子頼家に対する仕打ちにあるのでしょうが、幕府・北条家と親子の情念の板挟みになった点を、少しは酌量して差し上げるのがいいのでしょう。
少なくとも日野富子・淀君と並び称される3大悪女との評価は少々酷かな、そうは思いますが・・。

ところで歴史とは面白いものでして、例えば平将門辺りがその好例ですが、時の政権の立ち位置に依り評価が大きく異なる事を思えば、北条政子に対する後世の評価は概ね肯定的に終始している、私としてはそう認識しております。

さて話は大きく変わりまして、例の波谷守之さんに関してですが、実在したやくざで誰に魅かれるかと言えば、私にはもうこの人を置いて考えられません。

ことやくざに関する著書・映画の類が、よいしょと綺麗事に終始しているのは百も承知ですが、作家の正延哲士氏も、生き方の基本線が他のやくざと大きく異なると激賞されておられるほどです。

例えば、若い頃多少世話になった清水春日・山口波之助という二人の老博徒に対し、その義理を終生忘れず、それはもう実の親子ですら真似の出来ない世話をした由。

ところで「仁義なき戦い」の頃の広島極道世界では、若いながらも既に重きを成し、当時日の出の勢いの山村辰雄にカチコミすら掛けており、波谷さんが登場しないのは如何にも不自然なのですが、一方で美能幸三氏の手記をベースにした飯干晃一さんの「仁義なき戦い」を何度も読み返しましたが、波谷守之の名前は一句一行も出て来ない、発刊の段階で端折られたのでしょうか。

まあ彼を登場させれば、当然準主役クラスの俳優を起用し、「ボンノ」こと元山口組若頭補佐の菅谷政雄氏との関係にも言及せねばならず、仰る通り話が広がり過ぎて収拾がつかなくなってしまった事でしょうが。

それにしましても「悪魔のキューピー」大西政弘・「仁義なき戦いの主役」美能幸三・そして波谷守之が兄弟分、何とも興味深い話です。

さて最後になりますが、まだ御読みでなければ大下英治著「実録・広島やくざ戦争(上下巻)」(幻冬舎アウトロー文庫)を是非御覧になって下さい。
当作は、「仁義なき戦い・完結篇」で松村に擬した共政会山田久3代目にスポットを当てた作品ですが、仁義なき戦いの側面が窺え知れる誠に興味深い本です。

以上長くなりました。

おはようございます。

>北条政子は言われるように悪い女でしょうか?

私が彼女に持つイメージは、NHK大河ドラマ『草燃える』で政子を演じた岩下志麻さんと相当部分被ってしまうのですが、頼朝すら憚らせた気性の激しさ、そして或る種の酷薄さと並外れた嫉妬深さを物語るエピソードには事欠かない女性といったところ。

一方に於いて、例えば義経の愛妾の静御前に対する命乞いに見られる情け深さといった側面も見逃せず、北条政子というお方は、良くも悪くも愛憎の振幅が非常に激しい気性であられたようですね...続きを読む

Q米国人の苗字でルーツを予想できますか

米国人の苗字なかで、東・西欧系移民の場合出身国を推測できる代的苗字を教えてください。

思いつく範囲で結構です。

Barron→英系?
Munroe→英系?
Dupont、Mauriat→仏系?
Miller→独国・東欧系?

Aベストアンサー

有名なところでは、「Mc(あるいはMac)やO’で始まる苗字はアイルランド系」ですね。

マクドナルド McDonald
マッカートニー  McCartney
マッカーサー MacArthur
マッケンロー McEnroe
マッカーシー McCarthy

オニール  O'Neill
オブライエン O'Brien

などなど。

Q北条政子と源実朝の墓

先日、寿福寺へ北条政子と源実朝の墓を見に行ってきました

ですが、説明には「北条政子と源実朝の墓と伝わる」とありました
これはいったいどういうことなのでしょうか?
北条政子が建てたお寺(寿福寺)の台帳にお寺を建てた人のお墓がどこにあるかが記載されていなかったのでしょうか?そんな事があるのでしょうか?
政敵で打ち首になり捨てられた人達なら解らない事もないですが、実朝は別として北条政子はそれには当らないと思います

源氏の庶流の方々が嫡流(本家)の墓がどこにあるか解らなくなってしまうなんて事があるのでしょうか?
現在でも、ある程度の家柄なら本家の家の墓がどこに在るか解らなくなるなんて事はまず無い話ですよね

よろしくお願いします

Aベストアンサー

「伝~」というものや五輪塔は
供養墓や供養塔であることが多いです。
たとえば信長の墓や供養塔は多々存在します。
安土城や本能寺、建仁寺や高野山など。
建仁寺にあるものなどは庭の片隅にあるただの石塔で
説明がなければ見逃すものですが
弟の織田有楽斎が建てたものだと言われています。
寿福寺も元来の墓というよりは供養塔であると思われます。
「吾妻鏡」にも寿福寺に葬られたという記述では載っていないらしいです。
http://www.tamagawa.ac.jp/SISETU/kyouken/kamakura/sanetomo/index.html

Q名字のルーツについて

あまり聞いたことのない名字の人がたまにいますよね。そういう名字のルーツをしりたいです。名字を打ち込むだけでどこの地方に多い名字なのか、どういうルーツの名字なのか、ということをネットで(無料で!)調べることが出来るページはありますか?おしえてください。

Aベストアンサー

こんなのありました。
ちなみに、苗字が漢字3文字だと家柄がいいとか、
苗字に「長」が付く人は、昔は村の長(おさ)だったとか、
いろいろ調べてみると面白いと思いますよ。

参考URL:http://park14.wakwak.com/~myj/

Q北条政子の名を「まさこ」と読むのは。

平安時代の女性の名前は、例えば、藤原道長の娘、彰子は「しょうし」と音読みされています。
これは、当時の読み方(呼び方)が不明なので、音読みするという約束事があるからだそうです。
しかし、鎌倉時代の北条政子は、「まさこ」、室町時代の日野富子は「とみこ」と読んでいますが、これも約束事ですか。
「まさ」は、訓読みでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
bungetsu です。


>>疑問は、政子を「まさこ」と呼ぶのは(読むのは)歴史仲間の約束事でしょうか。
「まさこ」と記した史料があれば、「まさこ」と読めばよいのですが、それがなければ「まさこ」と呼び慣わしている、ということになります。


「政子」という署名などは、現在、見つかっていません。ましてや、「政子」にふりがなを振った物も見つかっていません。

そこで、「せいこ」ではなく「まさこ」と呼ぶのは、父の時政の「政」を貰ったことから、父が「ときまさ」と呼ばれていたので、「政子」を「まさこ」と呼ぶというのが、学者や歴史作家の間では共通した認識となっています。

あなたの言われる通り、単なる「慣わし」です。



鎌倉幕府の公式記録である「吾妻鏡」には「平政子」とありますが、より多いのは「二品禅尼」という敬称で記載されています。

また、源頼朝卿妻、あるいは、「源政子」などでなく「平政子」という記載がありますが、女性としてはたいへん珍しく、政子の特別な地位が考慮されているものと思われます。これなどにも「ふりがな」が書かれてありませんので実際にどう呼ばれていたかは、正直なところ「不明」です。

「吾妻鏡」は治承4年(1180)~文久3年(1266)までのことが記されていますが、その成立は正安元年(1300)頃と言われています。

従って、頼朝や頼家、実朝の死後、政子が「尼将軍」と呼ばれ、父の時政(初代執権)や義時(2代執権)などと鎌倉幕府を動かしていたことを前面に出すため「平政子」と書かれたものではないでしょうか。

多分に「吾妻鏡」が記された時には、政子は頼家や実朝などの実子も失ってしまっていましたので、「源」の姓を名乗る必要性がなくなり、婚家(源氏)から実家(北条=平氏)への帰属を強めたものと考えます。

こんにちは。
bungetsu です。


>>疑問は、政子を「まさこ」と呼ぶのは(読むのは)歴史仲間の約束事でしょうか。
「まさこ」と記した史料があれば、「まさこ」と読めばよいのですが、それがなければ「まさこ」と呼び慣わしている、ということになります。


「政子」という署名などは、現在、見つかっていません。ましてや、「政子」にふりがなを振った物も見つかっていません。

そこで、「せいこ」ではなく「まさこ」と呼ぶのは、父の時政の「政」を貰ったことから、父が「ときまさ」と呼ばれていたので、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報