英語で「飲み込む」という意味のswallowは「燕」という単語と同じ綴りですが、日本語でも飲み込むという意味の「嚥下」には「燕」という字が中に入っています。

このswallowと嚥下に何か関係があるのか、
また、燕の飲み込む動作に特徴があるから日英ともに偶然このような表記をする
ようになったのか、

どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

嚥下の「嚥」は、口偏に燕と書きますが、燕は音を借りたものです。


漢和辞典には、咽と同じなどと書いてあります。

要するに、のど、また、のむ、を意味するのです。
のむ時に、のどを通ることを意識したのが、嚥じゃないでしょうか。

swallowですが、動詞としての方は古英語ではswelgan、つばめの語源はswealweとなっており、多少語幹が違います。語源が近いとは思いますが、全く同じものではないようです。

また、嚥下の嚥に英語の影響があったか、ですが、中国の古い詩人蘇軾の詩にも嚥日という語があり、それは考えられないと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

nabayoshさん、どうも有り難うございました。 ずっと疑問に思いながら、うやむやにしていた事が解決して、とても爽快な気分です。

お礼日時:2001/12/11 08:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢文の一節・燕、燕、汝・・・・・

30年前に漢文の授業で出てきたと思うんですが、「燕、燕、汝悲しむ無かれ、・・・  」の一節ですが、出典は何だったろうと思って、気になって仕方がありません。
子育てを終わって、子燕が巣を去ってしまって、親燕が悲しんでいるところで、「燕よ、悲しむでない、汝も同じようにして親の巣を去ったではないか・・・」と言ったようなものであったと思います。
ご存じの諸兄姉、ご教示ください。
出典と、その一節の内容、できましたらWEBで拝見できるサイトがありましたら、会わせてお願いいたします。

Aベストアンサー

燕燕爾勿悲 ということのようですね。

あとは 以下のURLを参考にしてみてください。

http://www.yk.rim.or.jp/~smatu/henkan/hakuraku/tubame.htm

http://www.venus.dti.ne.jp/~mizuki-n/nennen/kannsi/tubame.html

参考URL:http://www.iwanichi.co.jp/seishun/12.htm

Q「折り込む」と「織り込む」の意味の違い、使用時の差を具体例で教えて

ビジネス(技術)レポートをまとめる時、「折り込む」と「織り込む」にいつも使
い分けに困っています。使い分けの分類と文脈と意味の微妙な違いと、その理由を教えてください。

Aベストアンサー

「折り込む」
例、折り込み広告 手(手へん)で新聞を二つに折って、新聞の間に広告を折り込む
「織り込む」
例、GDPのアップの報道にも、係わらず、織り込み済みであるとして、東京株式市場は、値を下げた。
例2、おばあちゃんは、孫の為に、洋服に刺繍を織り込んだ。
折り込むは、そのものを変更させずに、何かにはさむ感じでしょうか?
に、対して、織り込むは、溶けて、同一可するとか、混ざって、何か、新しい物を作り出す?
こんな説明でいかがでしょう?

Q今年、巣作りしている燕はかえつた雛でしょうか。

東日本大震災の前年、我が家のポーチに燕が巣を作り雛が巣立って行きました。その翌年、震災となりましが幸い我が家は一部損傷でした。壁に少々のひび割れがあったので、見た目は変わりはありませが前年の燕の巣に何か影響があったのでしょう。燕は巣をつくらなくなりました。あきらめてはいましたが、巣はそのままにしておきました。そして、翌々年の春、2,3羽の燕が激しく行き来していたので巣作りかと喜びましたが、間もなくいなくなり寂しく思っていました。ところ、1年の間をおいて今年の4月、燕が前の場所に巣作りをはじめ、何羽かが交互に巣にこもっています(抱卵でしょうか)。6年目にして燕が戻ってきたのです。
長い文章になりましたが、今、巣作りしているのはあの時にかえった雛なのでしょうか。それともその時の親なのでしょうか。あるいは、新しい燕たちでしょうか。知っている人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

ほほえましいお話ですね。

 昔から、「ツバメが巣を作るのは縁起が良い」と言われているようです。

「ツバメは縁起のよい鳥、吉をもたらす鳥とされており、“ツバメが巣をかける家は栄える”などといわれている。とくに屋内や座敷などに巣を作るのは最高によいことだとされた。逆に、ツバメは不幸とか火災などが起こる家には入ってこないといわれる。」

 ツバメは、同じ巣に戻ってくる傾向があり、同じ巣でなくとも、近くの残っている巣を利用するようです。(下記リンク先のQ8やQ10を参照ください)
 きっと、昔の親鳥や、その子孫の雛たちなのではないでしょうか。
 そう思うと、愛着がわきますよね。
http://kawasemi.fan-site.net/research/tubame/tubame_qa.html

Q燕は、のき下に硬い紙の箱をのつるしましたが、中に巣を作りますか。

燕は、のき下に硬い紙の箱をのつるしましたが、中に巣を作りますか。

Aベストアンサー

燕は巣を造る場所は自分でしか決めません、
貴方が作って上げた、巣を架けて頂戴ねの気持ちは残念では有りますが燕には届きません、

蛇が伝ってきたり、猫が上ってくる可能性が有るなら100%です、

其れは燕自身が決定しますから。

Qローマ字で綴りで「SHA」と「SYA」の違いは・・?

ローマ字で「SHA」と「SYA」の違いは・・?

例えば 「金馬車」

kinbasHa
kinbasYa

~何故・・・どちらが~?

使い分けの仕方を教えて下さい。

SiとCi ~もありますが・・・

牛久

uSIku
uCiku

・・・・?

Aベストアンサー

NO. 3 のものですが訂正です。
> 最近みたのではプロ野球の新庄の Shinjyo" のような例ですね。他人ならともかく、本人がそう書くのでは教養を疑われます。
"Shinjo" はヘボン式と訓令式の混用ではありませんね。"jyo" というつづりはヘボン式にも訓令式にもないので、「教養を疑われる」ことになる例でした。

なお、長音について追加です。日本語で「おお、おう」と書く単語について、ローマ字に関する内閣告示では説明なしに、これらを長音の「おー」に書き換えてからローマ字にするようです(説明がないので私の推論ですが)。そして、「長音は母音の上に^を付けて表す」ことになっています。
したがって、厳密には「大野」さんは「おおの」ではなく一旦「おーの」にした上で「O^no」になります。これは訓令式(第1表)でもヘボン式(第二表)でも同じです。しかし、欧米語で表記するとき「O^no」は「Ono」になって「小野」さんと区別できません。日本のローマ字表記の欠陥です。「純一:じゅんいち」さんの "Junichi" も同じくローマ字で苦労します。

不思議なことに、内閣告示では「固有名詞の語頭に来るときは長音は母音の連続で表して良い」ということになっています。したがって、「おーの」は「Oono」、「東京:とーきょー」は「Tookyo^」となっても良いはずですが、まず見かけませんね。「飯田:いいだ」さんの「Iida」は見かけます。

NO. 3 のものですが訂正です。
> 最近みたのではプロ野球の新庄の Shinjyo" のような例ですね。他人ならともかく、本人がそう書くのでは教養を疑われます。
"Shinjo" はヘボン式と訓令式の混用ではありませんね。"jyo" というつづりはヘボン式にも訓令式にもないので、「教養を疑われる」ことになる例でした。

なお、長音について追加です。日本語で「おお、おう」と書く単語について、ローマ字に関する内閣告示では説明なしに、これらを長音の「おー」に書き換えてからローマ字にするようです(説明がないの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報