在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

「すきこみ」というものがいまいちどのような作業なのか理解できないのです。。。
稲わらを粉砕して田や畑に播くのでしょうか?それとも現物のままでばら撒く感じでしょうか?

お詳しい方のお返事をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

田圃の場合、


私は、稲刈りをした後、早い時期にそのままトラクターで走ります。(来春までには腐るだろうという感覚です)
隣の人は、わらを集めて堆肥にして、早春にばらまいています。
また、(腐敗促進用かな)JAで肥料を買ってきて、それを蒔いてから、トラクターで走り回る人もいます。

畑にわらをすき込む場合も同じですが、充分に腐敗してから使うよう心がけてください。でないと、土の中でガスが発生して、枯れる原因になります。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

夜分の質問に早急にご回答いただきありがとうございます。
質問なのですが、「稲わらのすきこみ」というものは、ってことは、結局は稲わらを堆肥化しているものなのでしょうか?「稲わら」「稲わら堆肥」と区別して記載している文献もあったような気がするのですが・・・。

私は学校での研究でこのようなことを調べているのですが、なんせ机上の研究でして回答者様のような生のお声を聞けるのがとても嬉しいです。

お礼日時:2005/11/17 04:34

 Mo.3です。



>堆厩肥の投入量はなぜ今減っているのでしょうか。それは肥料成分的な問題なのか、それとも調達面・採算面的な問題なのでしょうか。

 No.5の方がおっしゃるとおりです。農家は堆肥を投入することが良いことを知っていますし、投入しないのは労働力不足によるところが非常に大きいと思います。しかし、それだけではなく、質問者の方がおっしゃるとおり「肥料成分的な問題」があります。案外、忘れられがちですが大きな問題です。有機質資材であるために、肥効発現までに非常に時間がかかるだけでなく、肥料が効いてほしい時期に効かない、すなわち肥効発現の時期が非常にあいまいという問題です。農家は化肥のように効いてほしいときにバッと効く肥料でなければならないのです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。お名前からして、堆肥や肥料についてお詳しそうだと感じられます(^ー^)

やっぱり肥料成分的な問題もあるのですね。いろいろと調べましたが、牛ふん・豚ふんに比べて鶏ふんの方が肥料成分が多く、速効性なようですね。追肥として代替するのは難しいかもしれませんが、基肥として代替するのであれば、適切な量、時期を選択すれば有効になるのではないでしょうか。リサイクルを促進していかなければいけないこのご時世、少しずつでも物を有効利用できたらいいですね。
(全く農業をしていない私の勝手なエゴととれるかもしれませんが・・・。)

お礼日時:2005/11/19 13:59

#4です。



>堆厩肥の投入量はなぜ今減っているのでしょうか。それは肥料成分的な問題なのか、それとも調達面・採算面的な問題なのでしょうか。
農家は堆肥を入れることが良いことは皆知っています。
しかし、化学肥料に比べ投入量を多くしなければならない、散布機械がない等の労働力の問題が堆厩肥投入が減っている一番の要因でしょう。
畜産農家では堆厩肥が余っているのが実情ですが、稲作農家に労働力・機械がない、畜産農家には代わりに撒いてやる手間がないというのが実情でしょうか。

>稲わらは堆厩肥に比べて肥料的というより土壌改良材としての役割が大きい
堆肥の投入は肥効はもちろん、土壌の団粒構造をつくる、といった効果を期待しています。
また、イネ科の植物(ソルゴーやイタリアンライグラス、稲ワラ含む)を鋤込むことによって、粘土質土壌では透水性の改善、砂地では水持ちの改善が図れます。
これら土壌の物理的改善も鋤込みの大きな効果です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

たびたびのご回答本当にありがとうございます。

労働力の問題ですか・・・。難なく大量の有機質資材を農家に運ばれたとしても、そういう問題のせいでうまいこと有効利用が絶対にできるわけではないんですね。やはり机上での検討ですと量的、採算的に妥当であればOKとなってしまいがちですので、そういう点は無視しがちになってしまいます。肝心なことを気づかせてくれました。本当にありがとうございます。

「環境問題の解決」って簡単に言葉に出来てもほんっと難しいですね・・・

お礼日時:2005/11/18 21:35

【方法】


稲刈り時にコンバインのワラ排出を「切断」に切り替えます。こうすることによって刈り取られた稲ワラは10~15cm程度に切断され、田圃一面にまき散らされます。
これをその後トラクター等で土と一緒に耕耘すれば「鋤込み」が完了です。
このとき腐熟促進剤として石灰窒素などを一緒に鋤込めば効果的です。

【効果】
・鋤込んだ稲ワラが肥料分として効いてきます。ただし、鋤込んだその年にはまだ分解が充分でなく、逆にワラが腐るときに窒素分が消費されるので翌年の稲の基肥を増やす必要があります。鋤込んで4~5年すると最初に鋤込んだワラが肥料として効いてきますので、それからは徐々に肥料を減らすようにします。

・近年は家畜の堆厩肥の投入量が減り、それに代わる有機物としてワラの鋤込みは有効です。
稲はケイ酸作物といわれるくらいケイ酸分を多く必要とします。ケイ酸を多く施用することによって収量・品質・食味が向上することは明らかになっています。
稲ワラはこのケイ酸を多く含み、これを土に返すことは栽培面からも非常に理にかなったことです。
・稲ワラの処分に困り、火をつけて燃やす人がいますが、鋤込みは煙害を減らすといった面からも環境に優しい技術です。

【弊害】
・稲ワラを鋤込むと、翌年稲を栽培したときに分解に伴い有機酸などの有害ガスが発生し、稲の根を傷めます。こまめな水管理が要求されます。
・代掻きや田植え時にワラが浮いて邪魔になるとの回答もあるようですが、これは「麦ワラ」を鋤込んだ場合の話であって、稲ワラは適正に処理すれば問題ありません。なお、麦ワラは稲ワラよりも分解に多くの時間を要し、先のような問題もあるので農家の方は鋤込みを敬遠する傾向があります。

稲ワラ堆肥は、鋤込むのではなく、ほ場から持ち出し、窒素と水分を加え、シート等で多い発酵させ、いわゆる「堆肥」にしたものです。
完熟のものであれば良質な肥料になります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。また、返事が遅れてしまいまして申し訳ございません。

鋤きこみのその準備段階である放散作業は収穫時に同時に行えてしまうものなのですね。

堆厩肥の投入量はなぜ今減っているのでしょうか。それは肥料成分的な問題なのか、それとも調達面・採算面的な問題なのでしょうか。稲わらは堆厩肥に比べて肥料的というより土壌改良材としての役割が大きいという情報があるのですが。もしご存知でしたら教えてください。

お礼日時:2005/11/18 13:57

 コンバインでの稲刈りは、稲わらを破砕しながら刈ることもできますし、破砕せず束にしながら刈ることも出来ます。

後者の場合、家畜の敷き藁などさまざまに利用できますが、前者の場合は田んぼにそのまま放置されることになります。あとNo.1、2の方のおっしゃるとおり、あるときが来たらそのままトラクターで耕うんし、まさに「すき込み」ます。
 刈る際に束にして稲わらを水田外に持ち出してもいいのですが、現実的には何枚も水田を持っている農家では大量に稲わらが発生してしまい、利用する先もないので単なるゴミとなってしまいます。ですから、破砕して「すき込む」わけです。
 しかし、「すき込み」は単なる稲わらの処理だけでなく、土壌中に有機物を供給する意味もありますので、No.1の方がおっしゃるとおり適切な処置をすれば非常に意義がある作業です。
 ちなみに、「すき込み」は水田だけではなくて畑でもおこなわれます。主にイネ科植物(例えばソルガムやトウモロコシ)の(収穫後)残さを破砕し、耕うんすることでまさに土壌への有機物供給をおこないます。
 この分野に関しては、土壌肥料学の範疇になります。主に土壌学についての教科書を読めばよく分かります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。また、返事が遅れてしまいまして申し訳ございません。

確かに鋤きこむ作業は、土壌改良としての役割も大きいですよね。稲わらの堆肥物は化学肥料とは肥効がまったく違うみたいですが、いらない残渣物も少なからず何かに使えるわけですから、極力利用して、余ったら燃料の原料に使えたりできたらベストだと思っています。

イネ科植物でも鋤きこみが行われることがあるのは知りませんでした。

お礼日時:2005/11/18 13:53

「すきこみ」という言葉は違った材料を元の材料と良く混ぜて攪拌することです。


 つまり田の土の中にワラを粉砕して入れてしまうことでワラを早く堆肥化することができます。
 一方、あなた様の返礼の中にある「ワラ堆肥」はワラ主たる材料にした堆肥です。 土中ではなく青空で腐葉土を作るのと同じようなやり方で作るものです。 そのままでは堆肥化が遅いので「おがくず」や土などを入れて攪拌して発酵させていましたね。
 
>稲わらを粉砕して田や畑に播くのでしょうか?それとも現物のままでばら撒く感じでしょうか?
 トラクター等でワラを粉砕しながら土と混ぜます。 これは一挙両得です。 つまり田の場合は「しろかき」前に「中耕」といって2度程度
土の表土を上下入れ替えるという大事な作業がありますのでその時にワラも「すきこむ」ことができれば効率的ですね。
 
 でも実際の話、あまり堆肥として有効な手段では無いとおもいますね。 つまりこのような単純な作業でワラは完全に堆肥化することはありません。 「しろかき」の時かなりのワラが浮き出していますので、このことからも堆肥化しているのはわずかと推測されます。
 どうも堆肥化させるというのは口実で実際はワラを土中に隠しているだけのこととしか思われません。 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。また、返事が遅れてしまいまして申し訳ございません。

<<つまりこのような単純な作業でワラは完全に堆肥化することはありません。 「しろかき」の時かなりのワラが浮き出していますので、このことからも堆肥化しているのはわずかと推測されます。

やはり余った稲わらをたくさん田に返すことは難しいみたいですね。でも、「物の有効利用」という観点から見れば、別に堆肥化施設を設置して、そこで全量を堆肥化して土の肥やしに用いるのがベストでしょうかね。そうしたら、また採算面で問題になってくるのでしょうけど…。詳しい耕作のご説明もどうもありがとうございました。

お礼日時:2005/11/18 13:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q稲藁を畑で堆肥にするには

稲藁(15センチぐらいに細かくなったもの)を近所で貰いました。
家庭菜園の畑の堆肥にしようと思い、畑全体にクワで軽く混ぜ込みました。

畑は3坪ほどの小さい場所で、冬は何も作物を作らないので冬の間に土よ良くしようと思い混ぜました。

ここで質問です。
今は藁がキレイな藁色?で土に混ぜきらず「堆肥」という感じではありません。
このままたまに土を混ぜるぐらいで藁は枯れて堆肥になり、土に混ざるのでしょうか?
それとも何か混ぜた方がいいのでしょうか?
例えば…牛糞、米ぬかなど??

水はかけた方がいいですか?ビニールシートはした方がいいですか?
「堆肥=藁が腐って醗酵したもの=水をかければ腐る」と考えてしまったのですが…

Aベストアンサー

いろいろご意見があるようですが、皆様には堆肥施用の意味が理解されていないのですね。
(1)もう少し質問で「苦土石灰」は「石灰窒素」の代わりに混ぜてはダメですか?
→苦土石灰は石灰資材で、消石灰同様に酸性化した土を中和するものです。石灰窒素は窒素肥料でもあり、土壌消毒もしますが稲藁分解に不足する窒素を与えますので有機物分解(堆肥化)を促します。炭素(炭水化物)が多く窒素が少ない場合、醗酵に必要な微生物の増殖を阻害しますので、石灰窒素の施用が良いのです。苦土石灰は来春、播種前に利用ください。
(2)石灰窒素は今すぐよりも春先近くの方が効果があるのでしょうか?
→時間をかけて分解しますので、早いほうがいいですね。

 土の中で有機物分解(堆肥化)することになります。露天であれば、ビニールシートなしで、水かけなしで、大丈夫です。毎年稲藁の鋤き込みをすれば、確実に肥沃な土ができます。有機無農薬野菜に挑戦ください。
なお、この種のQ&Aはガーデニングのカテゴリーに多いですよ。

Q「鋤き込み」って?

土壌作り本に「緑肥の鋤き込みによって、腐植を増加させる」とあるのですが、「鋤き込み」って「まぜ込む」ってことですか? 動作的にどうするのか想像がつきません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「鋤き起す」だと、「すき・くわなどで田畑の土を掘り起こす」の意になっているので同じようなかんじですね^^;

ようは、空気を入れて腐食を進めやすくしましょうということだと思います。
土の中には微生物などが居ますので、それらが活発になるようには空気(酸素)が必要ですから、何もしないでいるといい具合に腐食が進まなかったりします。
それをお手伝いする必要があるので「鋤く」ことをしますね^^

Qトラクターで耕したら波打ってしまいましたどうしたら

こんにちは、トラクターで、水平、自動、何も無しの古いトラクターで畑を耕したらものすごい高低差ができて、波~~~のようになってしまいました。
そして低いところには水がたまってしまうので畑の土を平らにしたいんですが、
どうしたら良いでしょうか?
知り合いの水平がついたトラクターでも柿畑でくねくね曲がりながら耕したら同じように波をうってしまったと言うことを思い出し、水平が付いていても波を打つのだと思いました。
質問1、畑を水平に耕すことはトラクターでは出来ないんでしょうか?
質問2、どういうトラクター(機能?)を買えば、くねくね曲がっても水平に耕せますか?

Aベストアンサー

エンストするようだとロータリーに車輪がなくロータリーポジションを最深にしていませんか
エンジン回転は一定でなければ綺麗に仕上がりません
デコボコになったところもう一回最初から入っていきます(ロータリーの車輪取り付けて、うしろのリアカバー(土押さえ板)は一番上げて)
ロータリーは下げず、波打つ山を越えてストップ
その位置でロータリーを下げていき、土に数センチ触れるところでストップ
その状態でエンジン停止しロータリー車輪のピンを抜き、下げて地面に設置した部分でピンを入れて固定
ロータリーポジションはその場所より下がらないようにセットする
セット作業中はPTOは絶対切ってください
ロータリー回転部に巻き込まれる死亡事故は毎年起きています
エンジンを掛け、ロータリーを上げ、畑に入った場所に戻る
最初は耕運せずただ走るだけかもしれませんが
山部を越える時、爪が入り、山を下る時土を後に跳ね飛ばすと思います

慣れてきたら、越える時ポジション上げ、降りる時ポジション下げとなります
ただ、最新の場合
http://www.engineer314.com/senmon/rotary.html
のロータリー図の下3段目にあるように自動耕深装置に問題があるのでしょう

エンストするようだとロータリーに車輪がなくロータリーポジションを最深にしていませんか
エンジン回転は一定でなければ綺麗に仕上がりません
デコボコになったところもう一回最初から入っていきます(ロータリーの車輪取り付けて、うしろのリアカバー(土押さえ板)は一番上げて)
ロータリーは下げず、波打つ山を越えてストップ
その位置でロータリーを下げていき、土に数センチ触れるところでストップ
その状態でエンジン停止しロータリー車輪のピンを抜き、下げて地面に設置した部分でピンを入れて固定
...続きを読む

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Q野菜収穫後の茎や葉は捨てるべき?

 植物から堆肥を作るには乾燥させてから山積みにして切り返しを行うとよく書いていますが、その様な堆肥作りは難しいのが実情です。
 現在サツマイモとタマネギを交互に栽培していますが、いつも悩むのがサツマイモを収穫した後のツルや葉、それから定期的に抜く雑草の取り扱いです。
 化学肥料だけをやり続けても土は硬いままで、何らかの堆肥をやりたいところですが、例えばツルや雑草(この場合種子は覚悟する必要はあるが)をある程度小切りにして畝にパラパラと巻いておけば一応肥料にはなるのでしょうか?
連作障害はないものと仮定して回答頂けないでしょうか。

実際に巻いてみると丸虫が集っているようですし、その結果分解すれば立派に肥料成分は回収出来そうな気がします。
また、これを濡れたまま積み過ぎて嫌気性になると脱窒素反応により硝酸塩も分解されて窒素になってしまうと、あるサイトで解説していましたが、私は少なくとも燐酸や加里、石灰などはそのままその場に残るような気がします。

Aベストアンサー

ご希望により回答します。
 新鮮な残渣を土中に鋤き込むことは、次の作目に向けた効率的な農作業として普及しております。醗酵しておりませんので、当然この残渣は堆肥ではありません。過剰な残渣を鋤き込めば分解に伴うガス発生が懸念されますが、この残渣は少量ですので数週間たてば障害にはなりません。この間、元肥として家畜堆肥、化学肥料を施用したり、耕起、整地など植え付け準備があります。残渣や灰の肥料効果はご期待されているほど大きくはありません。それは家畜堆肥の適正施用量は1反に乾物(含水率0%)で600kg前後、原物で2t前後であり、さらに化学肥料を散布することからもお分かりとお思います。複雑な生態系を持つ土を維持する1つの努力とご理解ください。

Q田んぼへ窒素を撒いて

田んぼの刈り取りが終わって、藁を入れるのですが、石灰窒素を本来は撒くのですが、窒素だけの肥料を撒くのはいけないですか、又、石灰窒素と窒素の違いは何ですか、教えて下さい。

Aベストアンサー

使った田んぼは酸性になります、
有機物を入れるとますます酸性になります。
それを中和するための石灰です。
むしろ消石灰でもいいくらいです。

Q堆肥作り・・・ただ、畑に穴をほって、野菜くずや雑草を埋めるだけではできないですか?

来年から畑で野菜を作る事になりました。
堆肥や肥料など、結構お金がかかるようなので、堆肥を自分で作れないかと検索したんですが、自分で作るにも、発酵剤など使わないといけないようですね。
かき混ぜ作業も頻繁におこなわないといけないようですし、買った方が安く簡単にすむのでは?と思います。
畑に穴を掘って、野菜くずなどを埋めておくだけは堆肥にはなりませんか?

Aベストアンサー

畑の一角に、ちょっと(3cm程度)小高いところを用意して(90cm角程度の高畦の苗床を作って)、この上に野菜屑を放置してください。
一-2週間で腐ってきます。一年間放置して、冬場はなにも追加しないで置く(9, 11, 3月に表面をかき混ぜて4月に使用)と、春には適当に腐っています。
「小高いところ」が適当に肥料分を吸った土で、運が良ければ培養どになります。削って使ってください(雨によって肥料分が地下に浸透する。この部分をかき集めて使用する)。

穴を彫って、、、、は既にある通りけんき性になって、おかしな事になります。「かき混ぜる」はこうきせいにするための作業です。
「発酵剤」はせいぜい米糠(在庫があれば、なければ使わない)を使うぐらいで、薬品とか菌類などは不用です。

けんき性にして硝化を推進して、その後こうきせいにして使用する、場合も有ります。けんき性にすると、SS(固形分)の分解が早いので、体積を減らすことができます。しかし、酸性が強くなるので石灰で中和する必要が出てきます。つまり、中和の度合いが面倒くさい。
だから、最初からこうきせいにして、アンモニアなどは蒸発、ゆうきさん(BOD)等水溶性成分は雨で流して、底に置いた土に混ざるようにして、土を培養度として使用する、という方法を書きました。

ただし、地区によっては腐敗臭を嫌う(過去の回答参照、自宅わきで台所廃棄物を腐敗させている方の臭いを公害として対応方法の質問がありました)場合があるので、注意が必要です。

畑の一角に、ちょっと(3cm程度)小高いところを用意して(90cm角程度の高畦の苗床を作って)、この上に野菜屑を放置してください。
一-2週間で腐ってきます。一年間放置して、冬場はなにも追加しないで置く(9, 11, 3月に表面をかき混ぜて4月に使用)と、春には適当に腐っています。
「小高いところ」が適当に肥料分を吸った土で、運が良ければ培養どになります。削って使ってください(雨によって肥料分が地下に浸透する。この部分をかき集めて使用する)。

穴を彫って、、、、は既にある通りけんき性になって、...続きを読む

Q代掻きの時の土引き作業のコツ

農業初心者です。昨年土引き作業失敗しました。土引き作業は代掻き前と後とどちらがいいのでしょうか?それとコツみたいなものがあればおしえてください。

Aベストアンサー

>逆にレーザーレベラー付きブルドーザーとか以外で物理的に入水以前に土を引く方法はありますか?

確かに最近はレーザーレベラー付きのトラクターで整地してる人が多いかもしれませんが・・・
頼むと10a当たり¥10,000~¥15,000のお金が必要です。
自分で買おうと思ったら50Ps以上のトラクターとレーザーレベラー一式で、1千万の金がいると思います。

では・・あまりお金をかけないで整地しょうとするなら整地キャリアとかトラクターダンプと言われてる農機具で稲刈りが終わった後の土を移動し代掻きの時に微調整の土引き作業をするしかありません。

>昨年土引き作業失敗しました。土引き作業は代掻き前と後とどちらがいいのでしょうか?それとコツみたいなものがあればおしえてください。

土引き作業にどんな物を使ってるか知りませんが・・
微調整程度の土引きならウィングハローなどの水田ロータリーを使うと代掻きしながら多少の高低差を修正できます。

水田ロータリーを使わず、また高低差が大きくて沢山の土を動かしたいなら・・
土起こしの段階で荒起こしして、水を入れた後にPTOを回さないで木の道板(ペンキ屋などが使ってる足場板)をロープで引く感覚で少しずつ移動させるかな?
(一度に沢山運ぼうとするとタイヤが空転して穴を空けるのでしないように)

水を入れてから整地する、農機具も販売されてるけど・・8万~10万円します。
(商品名は忘れたけど・・農機具の展示会などで見ます)

※展示会などで商品をみて自分で似たような物を作れば1万円前後で作れます。

参考URL:http://www.fujitrcyh.com/#0

>逆にレーザーレベラー付きブルドーザーとか以外で物理的に入水以前に土を引く方法はありますか?

確かに最近はレーザーレベラー付きのトラクターで整地してる人が多いかもしれませんが・・・
頼むと10a当たり¥10,000~¥15,000のお金が必要です。
自分で買おうと思ったら50Ps以上のトラクターとレーザーレベラー一式で、1千万の金がいると思います。

では・・あまりお金をかけないで整地しょうとするなら整地キャリアとかトラクターダンプと言われてる農機具で稲刈りが終わった後の土を移動し代掻きの...続きを読む

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q生の草を堆肥にすると?

土壌改良のために、草を刈って堆肥にするよういそしんでいます。
ふつうのセオリー通り、刈り草は2~3日おいて乾かしてから、10センチ程に刻んで、適宜水を与えつつ、囲いの中に踏み込みながら積んでいきます。こめヌカがあれば振りながら、積んでいます。
これで、調子のいいときは70度ぐらいになります。

ところで、草は乾かした方が軽くなるので、集め易いのでいいのですが、これを刈ってすぐに積み込んだらどうなるのでしょうか?
刈ってすぐなら、水分があるので、水掛けの手間が省けるかもしれません。(水分度はなかなか微妙なものですが)

「乾かしてから積み込んだ方が、堆肥化が早い」とは、一般的な定説のようですが、とにかく、生のまま積むと、嫌気性分解し始めるとか、どうとか、不具合なことがあるのでしょうか?

どなたかご経験や心当たりのある方、お聞かせくださいませ。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

含水率の高い草をそのまま積んでおけば、発熱を伴う好気的な発酵が抑制され堆肥にはなかなかなりません。半年程度で堆肥を作るポイントは、(1)発酵菌が活動しやすいよう含水率を70%程度に、(2)発酵に必要なエネルギーを持たせ、(3)切り替え(上下を入れ替える)で好気的な発酵で温度が上げることです。野草の含水率は時として90%以上ですから、予乾(水分を下げる)が望ましいわけです。空気の混入を促すため、大雑把に切断することも必要です。あなたの作業は米ぬかを混合することも含め理想的ですが、出来れば切り返しを行うこと、雨を避ける工夫をすること、労力が問題であれば大きなポリ袋を使うなどで小分けして堆肥化させる、鶏糞も使い肥料的な要素をも付け加える、等々工夫してはいかがですか。稲ワラ以外では堆肥化の過程で加水することはあまり意味の無いことと思います。含水率は見た目や持った感覚で多いか判断することで十分です。野生の発酵菌が十分付着しているので、わざわざ添加する必要はありません。



人気Q&Aランキング