アルコール温度計について何か知っていることがあれば教えてください。
原理とか使用方法とかなど。

よろしくおねがいします。

A 回答 (2件)

原理 物を暖めると体積が増える


使用方法
使用するアルコールの関係で.沸点よりもかなり低い温度までしかはかれない。通常50度-100度。
凝固点が低いので.比較的低温でも使用可能(-20度とか)
一般に温度計の目盛りは.+-2目盛りは狂うので.10度目盛りの温度計は.上限20度狂っていても精度の範囲内であり.目盛り幅を考慮して選択する。
多くの温度計では.0度(氷水)につけその時の位置を0度としてとうかんかくの目盛りを書き込むので.低価格の温度計では上記以上の誤差をもつ。
前提として.アルコールの体積膨張は線形であるとしている。従って.線形域を離れるような条件ではその分狂う。
アルコール温度計は通常ガラス容器に入っているので.ガラス精密部品として取り扱わないと破損しやすい。又.アルコールの玉の部分に力を加えてはならない。温度変化に早く応答するために薄く作られているため。

このようなところでどうでしょうか。
    • good
    • 0
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q温度計の赤いアルコールが切れました

赤いアルコールの入った120℃の温度計があります。
なぜかアルコールの上部先端が点線のように途切れてしまい、正確な温度が計れません。
なんとか直して正確な温度を計りたいのですが、修理の方法を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ドライアイス温度に冷やすと空間部分が一つにまとまる事があります。
数回はやりました。
上手く行けばめっけもの。
その前に#3のお答えにある方法もいつも試します。

Q温度計のアルコールや水銀がブチブチに。直し方は???

温度計のアルコールや水銀がブチブチ切れて、
使い物になりません。
だれか、この直し方を教えてください。

Aベストアンサー

一般に温度計は目盛りの付いていない上端の部分で、管が太くなっています。アルコールや水銀がその部分まで来るように加熱すればつながることが多いように思います。
逆に下端の太くなっている部分に来るまで温度を下げるという手もあります。

くれぐれも温度を上げすぎないようにして下さい。

Q原子吸光光度計と分光光度計の原理的相違点

原子吸光光度計と分光光度計の原理的相違点とは何なのでしょうか。装置上の違いについても知りたいです。
また原子吸光光度計は金属元素の微量分析に適した装置ですが、検体となる試料溶液の調製にはどんな注意が必要でしょうか。

Aベストアンサー

簡単に書くと、原子吸光光度計は試料を燃やして原子化し、ランプから出た光の吸収具合で濃度を測定するもので測定対象によってランプを変えてやる必要があります。また、試料を燃やすので燃焼ガスや助燃ガスなどが必要です。

紫外可視近赤外分光光度計は、重水素ランプとタングステンランプで測定対象が吸収する波長の光を作り出し、その吸収具合で濃度を測定するものです。

原子吸光光度計で注意するのはバーナーの汚れや燃焼状態ですね。試料は酸で溶解(標準液や試料の酸濃度は一定にする)しますが、測定物質や試料によっては測定に影響する物質が含まれていますので、対策が有る場合は試料に試薬を添加したりします。
元素にもよりますが、高濃度の検量線は検量線の上の方が垂れますので、直線性の取れる濃度の検量線を作りそれに入るように試料を希釈して下さい。また、微量分析全般に言える事ですがコンタミに十分注意して下さい。

QC5H12Oのアルコールの構造式を教えてください!第1級アルコールが4つ第2級アルコールが3つ第3級

C5H12Oのアルコールの構造式を教えてください!第1級アルコールが4つ第2級アルコールが3つ第3級アルコールは1つあるそうです!

Aベストアンサー

構造式は自分でCを並べて練習するしかありません。
名前の付け方もついでに覚えると良いと思います。
1級アルコールは
1-ペンタノール
2-メチル-1-ブタノール
3-メチル-1-ブタノール
2,2ジメチル-1-プロパノール

2級アルコールは
2-ペンタノール
3-ペンタノール
3-メチル-2-ブタノール

3級アルコール
2-メチル-2-ブタノール

QORP計の原理について教えてください!

実験で、電解した海水のORPを計る実験を3ヶ月ほど行っているのですが、いまいちORP測定の原理がわかりません・・・。いろいろ調べたり、説明書を読んだりしても、どれも納得できない説明ばかりです。そこで、どなたか私の疑問にお答えくださる方がいればおねがいします!!

まず、私が使っているORP電極は銀-塩化銀電極で、緩衝液にKClを用いており、白金との電位差によって測定されているらしいです。
また、ORP計の原理として、液絡部で試料溶液とKClとがぶつかり合って、イオンの拡散が生じてそのときにおこる酸化還元電位を測定しているらしいのです。

ここまでは調べてわかりました。

そこで、この原理は非常にpH計の原理に似ていると思うのですが、pH計ではガラス膜を比較電極に用いていますが、ORP計では白金を用いていますよね?つまり液絡部でのイオンの拡散による酸化還元電位を、銀-塩化銀電極と白金電極の間で測定されているということですか?だとしたら疑問なのが、液絡部からは微量の液しか出入りできないみたいですが、液絡部と白金電極が結構離れていると思うのですが、これだけ離れてても計れるものなんでしょうか?

実験で、電解した海水のORPを計る実験を3ヶ月ほど行っているのですが、いまいちORP測定の原理がわかりません・・・。いろいろ調べたり、説明書を読んだりしても、どれも納得できない説明ばかりです。そこで、どなたか私の疑問にお答えくださる方がいればおねがいします!!

まず、私が使っているORP電極は銀-塩化銀電極で、緩衝液にKClを用いており、白金との電位差によって測定されているらしいです。
また、ORP計の原理として、液絡部で試料溶液とKClとがぶつかり合って、イオンの拡散が生じてそのときにお...続きを読む

Aベストアンサー

> ここまでは調べてわかりました。

いや,ぜんぜんわかってません.
根本的に何もわかってないといっていいでしょう.

> 私が使っているORP電極は銀-塩化銀電極で、

銀-塩化銀電極は基準電極です.これ自体は,ORP の測定では電位基準以外の意味はありません.

> 緩衝液にKClを用いており、

KCl は緩衝液ではありません.銀-塩化銀電極の状態を規定するために,ある一定濃度の KCl を使う必要があるというだけ.

> 白金との電位差によって測定されているらしいです。

試料の電位を見ているのは白金の方.

> ORP計の原理として、液絡部で試料溶液とKClとがぶつかり合って、イオンの拡散が生じてそのときにおこる酸化還元電位を測定しているらしいのです。

全然違います.
酸化還元電位とは,溶液中に存在する,電子供与性のもの(還元体)と電子受容性のもの(酸化体)との電子のやりとりの結果現れるもので,この電子のやりとりのさいに,白金等の指示電極を介した電子移動がおこるために,白金中の電子エネルギーに試料の酸化還元環境が反映される(白金中の電子を含めて平衡に達する)ことを利用して,試料の酸化還元環境を測定しているのです.イオン拡散云々は,液絡の拡散電位差とかの話が中途半端に混ざっているような感じです.

まずは電気化学の基礎を勉強するべきでしょう.

前提の理解からおかしいので,後半の疑問は,まったく無意味です.

> ここまでは調べてわかりました。

いや,ぜんぜんわかってません.
根本的に何もわかってないといっていいでしょう.

> 私が使っているORP電極は銀-塩化銀電極で、

銀-塩化銀電極は基準電極です.これ自体は,ORP の測定では電位基準以外の意味はありません.

> 緩衝液にKClを用いており、

KCl は緩衝液ではありません.銀-塩化銀電極の状態を規定するために,ある一定濃度の KCl を使う必要があるというだけ.

> 白金との電位差によって測定されているらしいです。

試料の電位を見ている...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報