友達から2年前にグズマニアのわき芽をもらい、大切に育て今では、葉は長いもので40cm幅は2.5cmから3cmで、葉数は大小入れて20枚あります。葉の色つやもよくピンピンしていますが、花がつく様子がありません。鉢は直径15cmにずっと入れたままです。どうぞ教えていただけませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

プロ 株」に関するQ&A: 株のプロ

株 コツ」に関するQ&A: 株投資のコツとは?。

A 回答 (3件)

meibiさんよくリンゴまでたどり着けたですね!


見られたかもしれませんが参考URLにやり方が書いてあります。

カーバイトは釣具店にあります。500gが500-600円位で売っていますが、こんなにあると
200-300鉢以上できるのでは(明らかに多すぎる m(_ _)m ) 頼んで小分けが可能?
もし使われるのでしたら、使用時まで「水は厳禁」、水に触れるとアセチレンを発生しながら発熱します。
また独特の匂いがあります。

アナナス類全般にカーバイト効果があるようです。

>緑の葉の横にかわいい真っ赤なリンゴ、きれいなレイアウトだと思いませんか。
そうかもしれしれません。なにせ近い種類に「Pine Apple」がいますので。m(_ _)m

参考URL:http://www2k.biglobe.ne.jp/~koyamaen/bbs2/688839 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はじめまして、さるちゃんと溝口さんの、分かりやすいやり取り(会話)に大変参考になりました。

ただリンゴを置くだけじゃだめなんですね。
でもいつ頃実行すればいいのか、分からないのですが?
2人の会話が7月だったので、成長時期の7月ごろに実行したいとおもいます。

あわせて、薬品の値段や取り扱い方を教えていただきありがとうございます。

お礼日時:2001/12/08 17:43

今後の参考になれば・・・


google使用「グズマニア コツ OR 管理 開花」で検索してみて下さい。

参考URLはプロ向きの方法でたくさんの株を持っておられたら、試す事ができますが・・・

参考URL:http://www.yonemura.co.jp/main/engei/hyappan/eti …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適切なアドバイスありがとうございます。
特別な薬品を1株だけのために買い求めるのも損なので、エチレンガスのでる熟したリンゴを、グズマニアの株の横に置いてみようとおもいます。緑の葉の横にかわいい真っ赤なリンゴ、きれいなレイアウトだと思いませんか。

お礼日時:2001/12/07 16:57

状態がよいのであれば適度な管理をして年単位で気長に待ちましょう。



忘れた頃に(忘れられたらたまらないかもしれませんが)ニョキッと出てくると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験上の適切なアドバイスありがとうございます。園芸店で、小さくてかわいく咲いているグズマニアを見たとき、つい焦って早く咲かないかと思いました。気長に待ってみます。

お礼日時:2001/12/06 18:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグズマニアの咲かせ方、教えてください。

2年ほど前にグズマニアをいただき、その後新芽が出て葉っぱは大きくなっています。どこかのホームページに人工的に咲かせることができると書いてあり、薬剤(エスレルとかカーバイトなど)を記入してあったのですが、近くの園芸店にはおいてありませんでした。他に咲かせられる方法があれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アナナス類は中央の筒に水が溜まるようにできていますがここにエスレルやカーバイトの小粒を入れるとエチレンガスが発生しその刺激で花芽を作るやり方が一般的ですね。
カーバイト等の薬剤が手に入らない場合にエチレンガスを出すもので身近に有るのはリンゴです。
mycoconutsさんも果物を早く熟させたい時にリンゴと一緒に置くと良いということをご存知かと思いますが、この方法を利用します。
よく熟したリンゴはエチレンを多量に放出しますので大きめのビニール袋にリンゴと鉢をいれて密封して1日に1度空気を入れ替えてまた密封します。
これを1週間から10日続けたらそのうち花芽が上がってきます。
この時期にビニールに入れて日当たりの良い場所に置くと暑くなりすぎて蒸れてしまいますので明るい室内で陽の当たらないところに置くこくが肝心です。
花芽が上がってきて立派な花が咲きますように。
是非お試し下さい。

Qグズマニアの花後に子株が出来ない

花の咲いているグズマニアを3鉢購入し、花が終わった順に花を切り落としましたが

1鉢だけに子株が2つ付いたきりで、他の鉢には子株が出来ていません。

子株の出来ないものもあるのでしょうか。

初めて育てる花なので、宜しくご指導下さい。

Aベストアンサー

株に力がないのでは?
市販のは アセチレンで強制的に花を咲かせているので 葉数などがぎりぎりな株だと 花後すぐに子株を出す養分の蓄積がないことがあるのではないでしょうか

ポケットに薄めの液肥を与えてみましょう

Qグズマニアの子株を植え替えたら、子株から又子株が

以前に子株が出来ないと相談したものですが、あれから子株が面白いように出てきました。

10月の始めに植え替えをし、現在2ヶ月ほど経ちますが、

その植え替えた子株の方から新しく子株が出来ました。

親株~子株~孫株ということなのですが、どうしたらいいのでしょうか。

現在は肥料は施さず、葉水とミズゴケがからからになった時はミズゴケにも水を与えています。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

子株が早く成長することはあることです
株の状態 栄養状態とか 葉の枚数 花芽形成の有無などです

今までとおりの管理でいいのでは?
暖かな環境なら 葉の付け根の隙間に水を溜めておいたほうが生育はいいです
水を溜めておくと耐寒性は低くなりますが・・・

どのくらいの環境を保てるかで 管理の仕方も変わります

最低気温が5℃以下なら 水やりは完全にやめます
15℃以上保てるのでしたら 夏場と同じように管理しましょう

Qギンギアナムの植え替え

親戚の家の庭に放置してあったギンギアナムを持ち帰ったのですが、プラ鉢に赤玉土という状態で植えてありました。
鉢の下から見ると虫が大量に湧いていたため、鉢から引き抜いて根に詰まった赤玉土を取り去った状態で素焼きの鉢にそのままさしています。18cmの鉢にぴったりに収まる根鉢で、バルブ?もぎっしり生えています。

ランの育成経験はほぼありません。ネットで調べてある程度の知識を頭に入れた程度です。
鉢上げをすべきか、それともそのままぴったり収まる鉢に何も入れずにさしておくか、などどうすればいいのかわかりません。また、鉢のサイズを大きくしないと何も入らない状態ですが、赤玉土に植えてあったものをバークに変えても問題ないのでしょうか?

経験者の方、このような状態のものを、この時期ではどのようにされているのでしょうか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。追記させていただきます。

>>古い植え込み材をしっかり掃除してから新しい植え込み材を使うのが普通
>根を乾燥させてふるったところ、ほとんどが落ちてしまっています。ダメージありかもしれません。

根鉢の中の土を落としてしまったという事は、根っこの中心がスカスカという事ですね。
植え込み材が根の間にしっかり詰まっていないと良くありませんから、当面は土がついたままにしておいた方が良かったと思います。

>>今回は、根を傷めないよう周りにミズゴケを巻くかバークなどを充填
>これは上記の新しい植え込み材の行動とは違うのでしょうか?根の内側にも植え込み材を積めるのが負担であり、鉢の周囲に巻く行為はあまり負担にはならないということでしょうか?

先の回答は、株を鉢から抜いて周りの土を落としただけの(根の間には土が詰まっている)状態を想定したものです。その状態で周りにミズゴケを巻いて一回り大きな素焼き鉢に入れるか、鉢と根鉢の隙間にバークを詰めるかして今年を乗り切ろうという意図でしたが、土を全て落としてしまったのなら、その方法では不十分なので、本格的な植え替えが必要ですね。

>鉢のサイズを大きくしすぎると、いつまでたっても水が抜けずに蒸れるとききますが、素焼き、駄温鉢ならば問題ないのでしょうか?

ご存じかもしれませんが、素焼きと駄温鉢は性質が少し違うので、一応説明します。
素焼き(白っぽい赤茶色)の鉢は通気性と排水性が非常に良い(良すぎる?)ため、乾き易いバークなどの植え込み材よりも、乾きにくいミズゴケを使う事でバランスが取れます。
駄温鉢は高温で焼きしめているので、素焼きほどの通気性や排水性はありませんが、プラ鉢や化粧鉢(釉薬が塗っている鉢)よりは断然良好です。排水性と保水性のバランスが良いので、一般の草花の肥培、生育に好適です。
バークや洋ラン培養土などを使う場合、保水性の悪さ(排水性の良さ)とバランスさせるために、乾きにくいプラ鉢や化粧鉢を使う事が多いですが、駄温鉢を使っても大丈夫です。私のところにも駄温鉢に軽石バークで育てているデンドロがありますが、状態はとても良好です。

さて、素焼きや駄温であっても鉢のサイズが大きいと中心部は蒸れ易くなりますが、側面からの通気性(水分の蒸発)のないプラ鉢と比べれば、ずっとマシです。小さめの鉢の方が良いというのは確かですが、蒸れの問題は水やりの間隔を空けることで調整できますので、鉢が大きすぎると問題が大きいという認識で良いと思います(ただ、鉢が大きすぎると根を十分に張るのに時間がかかるために、初年度の生長や花付きが悪くなるという別の問題もあります)。

>植え替え、もしくは株分けはバークを使う予定なので、根は切らずに中心にバークをつめながら行なう予定です。

先の回答は、今の時期に鉢から抜いてしまった状態でどうするのがベターかを考えた結果で。正直に言えば、今年は貰ってきたままの状態で管理した方が良かったと思います。赤玉土で植えていても、水を遣りすぎなければ十分育ちますし、赤玉土だからダメということはありません。もしバーク植えにしたければ、来年の植え替えのタイミングで変更しても遅くなかったと思います・・・。

土を落としてしまったようなので、ご自分で書かれたように植え替えをするしかないと思いますが、忘れてはいけないのは、植え替えは必ず根を痛めるという事です。適期以外に実行すると、ダメージの回復がうまくできずにその年度の生長や開花に必ず悪影響が出ます(株分けは、適期に実行したとしても、その年の成長は鈍ります)。ですから、植え替えは多くても2-3年に一度、バークのように腐りにくいものを使うのなら、4-5年はそのままにした方が良いと思います。

No.2です。追記させていただきます。

>>古い植え込み材をしっかり掃除してから新しい植え込み材を使うのが普通
>根を乾燥させてふるったところ、ほとんどが落ちてしまっています。ダメージありかもしれません。

根鉢の中の土を落としてしまったという事は、根っこの中心がスカスカという事ですね。
植え込み材が根の間にしっかり詰まっていないと良くありませんから、当面は土がついたままにしておいた方が良かったと思います。

>>今回は、根を傷めないよう周りにミズゴケを巻くかバークなどを充填
>これは上記...続きを読む

Qミニトマトの葉が黄色くなって・・・

ベランダで育てているミニトマトの葉が黄色くなってきてしまいました。
もう終わりなんでしょうか?でもまだトマトは4個くらいしか食べていません。
他のトマトはまだ青いです。
そういう病気もあるんですか?教えてください。

Aベストアンサー

トマトは、他の野菜類に比べて、かなり肥料食いです。
元肥を入れていたとしても、成長に伴って、追肥が必要になってきます。
トマトに限らず、葉が黄色くなるのは、肥料不足のサインです。
ベランダということなので、たぶん、プランターかと思いますが、地植えにくらべて、特に肥料不足になりやすいです。
今からなら、即効性の化成肥料を与えれば、復活する可能性があります。
また、カルシウム分が不足すると、
尻腐れ病といって、実(青いあいだでも)のおしりの部分が、茶色くなってきます。
ちょっとお値段高めですが、カルシウム入りの化成肥料も出ていますよ~。
枝の下の葉から、順番に黄色く枯れていくのは、葉の寿命で「お役目ごめん」なので、心配はありません。カビがでやすいので、取り除くといいですね。

Q紫陽花の青色のために、酸性土壌にしたいのですが

昨年の今頃青色の紫陽花を購入しました。
ところが、庭の花壇に植えたところ、だんだん花の色が紫がかってきて、汚い色になってしまったのです。
元々は、きれいな青色でした。
昨年中は、そのままにしておき、花が終って枝を切ったりし、この春、また芽吹いてきました。

今は、葉がだんだん出てきてるような状態です。

紫陽花の色は土壌によって変わるとのこと、
どうしても、青色に戻したいのですが、
園芸の本を見ると硫酸アルミニウムを1000倍に薄めた液をまく・・とありました。
そこで、今日お店に買いに行ったら、それは置いていなくて、店員さんが「酸性にしたいのならピートモスを使えばよい」といわれました。

自宅にピートモスが少しあったので、とりあえず根本にばら撒いて、気持ち周りの土と混ぜてみたりしました。

果たしてこれでいいのでしょうか?


硫酸アルミニウムというのは、そもそもどこで売っているものなのでしょう?園芸店ですか?

また、他にも何か方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

 #2です。 

 ピートモスは,通気性や保水性,保肥性を高めるために土壊改良や基本用土に混ぜて使います。使用量が多いと過湿になりやすいです。
 ですから,根本にばら撒いて気持ち周りの土と混ぜられることでも効果があると思います。

Qグズマニアの花の育て方について

グズマニアの赤い花がキレイに咲いています。
だんだん伸びてきて少し花が前に倒れかかっています。
少し土?を補充したいと思いますが、適している土は
どんな種類の土でしょうか?
お教えいただけますようお願いします。

Aベストアンサー

グズマニアは水苔単体が多いと思いますが原則的にAlhambraさんのグズマニアの鉢土と同じものを使用します。
植物は本来植えられている用土と違うものを入れられるのを嫌いますので購入した店で聞くのが一番良いのですがそれが出来ない場合で調べてみても解からなかったら排水性の良い赤玉土6腐葉土4位の割合の用土がお勧めです。
勿論ピートモスでも良いですし水苔に軽石等を混ぜても良いでしょう。
下記サイトの育て方もご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/ku_00004g.htm, http://www.hanaippai.com/shiho/diary.php?gno=192

Qポトスが枯れていく・・・

ポトスを育てています。
そのポトスが日に日に枯れていきます。

今、日中は日のあたるところ(ベランダ)に出しています。
夜は暖かい日はそのまま外に、寒い日は室内に戻しています。

5月くらいから暖かくなったのに成長がよろしくないので、土を栄養成分入りにかえてみました。
しかし、ポトスは日に日に弱って、葉が黄色くなっていきます。

どのように改善すればポトスは復活しますか?
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ポトスは基本的に室内のできるだけ明るい所で育てる観葉植物です。
直射日光に当てたり、部屋の内外に移動させるのはあまり植物にとってはよくない環境です。

レース越しの光が当たる窓際や、部屋の中の比較的明るいところにおいてあげてください。移動はさせず、葉が光を求めて片方だけに向いてしまった場合、向きを変えてあげる程度でいいと思います。植物が本来は大地から動かないものである事を考えたら、動かす必要がさほどない事は分かると思います。

毎日こまめに水遣りをするのは、常に土をしめらせ、根を腐らせます。根は水を求めて伸びていきます。根を育てるには、ある程度の乾燥が必要なのです。土の表面が乾いてから、鉢底から水が抜けるくらいたっぷり与えてあげて下さい。(週に一度か、それ以下でいいのです)
受け皿に溜まった水は捨てて下さい。

弱っている鉢に栄養分を与えるのは逆効果です。病気で弱っている人に無理矢理ステーキを食べさせるようなものです。

今はできるだけ動かさず、そっと様子を見てあげて下さい。葉がどんどん黄色くなって落ちても、先から綺麗な緑の新芽が出てくれば、回復している証拠です。

こんにちは。

ポトスは基本的に室内のできるだけ明るい所で育てる観葉植物です。
直射日光に当てたり、部屋の内外に移動させるのはあまり植物にとってはよくない環境です。

レース越しの光が当たる窓際や、部屋の中の比較的明るいところにおいてあげてください。移動はさせず、葉が光を求めて片方だけに向いてしまった場合、向きを変えてあげる程度でいいと思います。植物が本来は大地から動かないものである事を考えたら、動かす必要がさほどない事は分かると思います。

毎日こまめに水遣りをするのは...続きを読む

Qお盆 表書きの書き方

私の実父のお盆の際、夫の名前でお金を持っていこうと思います。が、どういった袋に入れれば良いのでしょうか? 例えば「水引き:黒白の結び切りの有無」について。
そして「表書き」は何と書けば良いのでしょうか?

無知な為、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

初盆でしたら「初盆御見舞」と、書きます。
下に、ご主人の名前を書きます。
それ以外のお盆時の訪問でしたら、
(お金)金封・のし袋の表書き「御仏前」「御供物料」
(品物)のし紙の表書き「御供」「御供物」

で、いいと思います。金封・のし袋の様式は、
盆供養・彼岸供養とも共通で、蓮絵入りの印刷がされたものでいいでしょう。
以下参考までに。

金封(水引付き不祝儀袋)は水引が黒白・黒白銀(5本か7本)、
双銀(7本か10本)にて結びは結切りか鮑結びが基本です。
地区により黄白の水引(5本か7本)を用いるところがあります。

のし袋(印刷不祝儀袋)は水引が藍銀(蓮絵入りかナシで5本か7本)
にて、結びは結切りを用います。
地区により黄銀の水引(5本か7本)を用いるところがあります。

(のし紙の様式)

水引は藍銀(蓮絵入りかナシで5本か7本)にて、結びは結切りか鮑結びを
用いるのが基本です。
地区により黄銀の水引(5本か7本)を用いるところがあります 。

Qブーゲンビリアの救済方法?

 東京都下に在住です。

 鉢植えでブーゲンビリアを育ててますが、手入れ方法を知らず何もしないでおりました。冬にはみんな葉っぱが落ちてしまい、今はもう6月というのに相変わらず枯れ木のまんまでした。土は固くなり、調べると明らかに植え替えが必要だったのはわかったのですが、これはもう手遅れかな?、と半分あきらめてました。

 ですが今朝確認すると、幹(?)の根元あたりに葉っぱらしきものが見受けられました。まだ枯れてはいなかったとうれしい反面、どうやって助ければ良いのかわかりません。これはそのまま新しい土に入れ替えれば、復活するのでしょうか?それとも思い切って、古い枝などは切り落とした方がよいのでしょうか?鉢は行灯タイプで、高さは30cmくらいです。

 すみませんが、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

鉢植えで20年以上育て高さ2m以上になっています。この木は既に新芽も多く出て花も結構咲いています。一方、昨年から新たに1本育て始めたのですが、こちらは新芽がやっと出始めたところです。枯れたのではないかと随分心配していたのでが、ブーゲンビリアでもかなり差があるようです。新芽が出始めたのであれば、枯れてはいないでしょう(通常新芽は上の方から出始めるのですがーーー)。暫くこのまま様子を見、新芽が出ない枝は、切り落としたらよいでしょう~但し、相当遅れて新芽が出てくる場合があるので、枯れてるように見えても当分そのままにしておいた方がよろしい。又、近日中に1回り大きな鉢に植え替えた方がよろしい。
ブーゲンビリアは冬越しが最も重要です。最低でも5℃以上を保てるように置き場を工夫してください。
2mのブーゲンビリアは、玄関先に置いて秋まで我が家の顔として、多くの人に花を楽しんでもらっています


人気Q&Aランキング