ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

憲法の保障する方の下の平等は、絶対的なものではなく相対的なものと言われている理由はどういう意味で言っているのですか。具体的な判例にも触れて教えてください。

A 回答 (1件)

 大学の試験問題の典型例ですね。

もしお持ちであれば「憲法」の参考書の「法の下の平等」の部分を参照されると良いかと思います。簡単に説明させていただきますと、

 憲法第14条の「平等」とは、絶対的平等ではなく常に相対的平等を指すと言われています。相対的平等とは、人はそれぞれ性別、能力、年齢、財産、職業等に差違があり、これを前提とし考慮した上で、同一条件の下では各人を平等に扱うという意味です。絶対的平等を貫くと、例えば、未成年の犯罪者と成年の犯罪者に同等の刑罰を科さねばならなくなりますし、すべての国民に全く同じ量の税金を課さねばならなくなります。これは如何にも不合理です。国民それぞれの個性を考慮し、それに対して合理的な差別を加えて実質的な平等を保つことが相対的平等の持つ意味です。

 相対的平等では合理的差別が加えられると書きましたが、「合理的差別」の明確な解釈は困難です。この「合理的差別」がしばしば問題となります。憲法の主旨から判断すれば「立法目的が正当かどうか」「必要最小限の差別であるかどうか」という基準が妥当であると考えられています。これに関して、判例として有名なものに「サラリーマン税金訴訟」(最大判昭和60・3・27)があります。

http://www.takagai.jp/catchaser/hanrei/scs600327 …
 
 憲法第14条1項違反を争った訴訟です。最高裁は合憲の判断を下しましたが、広く国策的な問題をはらんでいると言えます。

 もうひとつ、有名な判例として堀木訴訟(最大判昭和57・7・7)があります(直接的には25条違反の事案です)。

http://www.takagai.jp/catchaser/hanrei/scs570707 …

 こちらも、最高裁は差別を「合理的」と判断しましたが、強い批判もあります。他にも、議員定数不均衡の問題もありますので、興味があればご自分で調べられると良いと思います。


 以上の判例を見てもわかるように、「合理的差別」の解釈が重要です。相対的平等を堅持する以上、この問題は避けて通れません。14条の解釈の最大のポイントであると言えます。




 

参考URL:http://www.takagai.jp/catchaser/hanreikenpou.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても参考になりました。有難うございました。

お礼日時:2001/12/05 21:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相対的平等における合理的差別。この合理とは?

合理って言葉は抽象的ですよね。
例えば、金持ちからは多く税を取る累進課税は相対的平等であり、
合理的差別といわれますが、この合理の意味は、効率的(持ってない人からは
とりようがない)という意味?それとも理にかなってる(その人にとっての負担、痛みの度合いという理屈に合ってる)という意味?

Aベストアンサー

法律学における「合理性」とは、
ことばのとおり、「理にかなっている」と理解すれば良いでしょう。

功利主義的(効率的)な考え方は、新たな立法を検討する際はともかく、
他の社会科学を学んだ人はおどろくほど、
伝統的法解釈学(法律学の主流です)では重視されない傾向があります。

とくに憲法学はそうです。
御質問の累進課税だってそうです。
ほとんどの憲法学者が憲法14条を合理的差別(区別)を許容するものとし、
その中のほとんどの人が、「憲法は経済的弱者が困窮して、人間らしい生活
ができないことを回避していているから(福祉主義、25条以下)、
金持ちから多く税金を取って、貧乏人から取らない、、、
合理的なんじゃねーの」と、考えており、
法律を学んだ法曹、官僚、議員の多数も
「憲法ってそういうもんだ」と考えています。

累進課税についてではないですが、
功利主義的な考え方をする少数派もいますが、
これは、極めてマニアックな議論になるので、省略

Q絶対的平等と相対的平等

絶対的平等と相対的平等の違いってなんですか?詳しく教えて下さい!!

Aベストアンサー

 ある同じ職場に、同期入社で、仕事が良くできるAさんと、あまり役に立たないBさんが居て、同じ作業をしています。

 お給料が、仕事に応じて支払われる場合と、同じの場合などがそれに当たるのでは無いでしょうか。

 この場合、どっちが絶対的平等になるかはわかりませんし、Aさんの方が給料が高くなる事は明白ですが、AさんとBさんの労働価値の違いをいくらに換算するかは永遠の疑問の様な気がします。 

 回答を書いていて、上記の意味からすると、「絶対」はあり得ませんので、回答になっていない気がしてきました。 「?」付きで参考にして下さい。
(大いに自信無しです。)

Q実質的平等、相対的平等について教えてください

14条の定める平等について質問です。

「平等」の意味合いには実質的平等、形式的平等、相対的平等、絶対的平等の4種類があるとされていますが、
ほとんどどの文献を見てもこの4つの平等は

実質的平等と形式的平等

相対的平等と絶対的平等

という分け方をされている事がほとんどです。
この「分け方」はどういった基準で分けられているのでしょうか?この4つの平等はすべて平等の内容について語られているもので、ひとくくりに4つを並べて考えることは出来ないのでしょうか。

また、上記に重複するのですが、14条が意味するのは形式的平等であり相対的平等であると考えられている、ということですが
相対的平等には実質的平等の意味合いもあると思うのですが間違いでしょうか。

相対的平等とは同一条件下においては同一に扱うが、異なっているものは異なって扱う。
これは例えば生活保護を貧しい方に支給するがそうでない方には支給しない、といったものだと捉えていますが、これは結果の平等を意味する実質的平等に近いのではないでしょうか。

そして、形式的平等と絶対的平等も全く同じとは言えずとも同じような事が言えると思うのですが・・・。
(機会の均等と、機械的均等)

乱文ですが『実質的平等と形式的平等』『相対的平等と絶対的平等』はなぜ別のグループとして分けて考えられるのか、また相対的平等と実質的平等は全く違うものなのか?
こんがらがっています。教えてください。

14条の定める平等について質問です。

「平等」の意味合いには実質的平等、形式的平等、相対的平等、絶対的平等の4種類があるとされていますが、
ほとんどどの文献を見てもこの4つの平等は

実質的平等と形式的平等

相対的平等と絶対的平等

という分け方をされている事がほとんどです。
この「分け方」はどういった基準で分けられているのでしょうか?この4つの平等はすべて平等の内容について語られているもので、ひとくくりに4つを並べて考えることは出来ないのでしょうか。

また、上記に重複するのですが、1...続きを読む

Aベストアンサー

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等とは、密接に関連しますが、イコールではありません。

 絶対的平等と相対的平等相対的平等は、「平等」により禁止される行為は何かです。

 形式的平等と実質的平等は、「平等」の内容を問題にしています。

 したがって、相対的平等と形式的平等という組み合わせもあり得ます。機会の「実質的」平等を確保するため、相対的平等を採るという考え方は十分成り立つと思います。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等の概念は、「自由」との関係で考察すると良いかもしれません。

 形式的平等と実質的平等における「実質的平等」概念は、自由との緊張関係があります。「自由」を認めることは、能力による結果の差異を認めることになります。結果の平等は、その能力による結果の差異を是正することになりますから、結果の平等は実質的に「自由」を否定することになるのではないか、という疑問です。

 これに対し、絶対的平等と相対的平等相対的平等における「相対的平等」概念は、自由を実質的に確保する手段ないし前提と考えることができます。「自由」を行使する前提条件として、平等に扱われることが必要という考え方です。この点で「自由」とは緊張関係にはないと考えることが可能です。

 平等概念は抽象的なので、勉強する場合にはどうしてもわかりづらいと思います。私の意見は1つの考え方として、参考にしていただければ幸いです。そして、できれば他の書籍にもあたって考察して下さい。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等とは、密接に関連しますが、イコールではありません。

 絶対的平等と相対的平等相対的平等は、「平等」により禁止される行為は何かです。

 形式的平等と実質的平等は、「平等」の内容を問題にしています。

 したがって、相対的平等と形式的平等という組み合わせもあり得ます。機会の「実質的」平等を確保するため、相対的平等を採るという考え方は十分成り立つと思います。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等の概念は、「自由」との関係...続きを読む

Q再質問です。憲法第14条の「法の下の平等」について

私も法の下の平等に関する相対的 平等理論と合理的基準のことを理 解し切れていないので 、参考にな る見解を探していましたところ、 たまたま教えてgooで4月2日 付け、monupageさんの質 問番号7398790の憲法『法の下の 平等』という質問を見つけ、回答 に大いなる期待と希望を寄せまし た。 ところが質問に対するLanc elotさんの回答とhekiy uさのん回答が、どうしてそうい う理解になるのか理解出来ないの です。私の理解力が足りないため かもしれませんが、いくら考えて も理解できません。わざわざ御親 切に回答を寄せられたお二方には 心外で憤られるかもしれません が、それは予めお許しください。 相手を知らずに意見の交換をする ネットの特別な関係だということ でお許しください。

Lancelotさんは、具体 的場合を種々示しておられ、例え ばその中で「女性と男性の利益衡 量の場面」と述べておられます が、女性と男性が法の下の平等を 論ずる時、その性別においてどう して利益衡量されるのか。そもそ も性別は利益衡量などという言葉 や概念で論じられるものではない と思います。 また「機械的平等」という言葉を 用いて「老人と若者の……など、機 械的平等にすると」と述べておら れますが、これは「老人と若者」 という区別が機械的平等だという のか、それとも老人と若者を機械 的に平等にすることなのか、どち らを意味するのでしょうか。 また、hekiyuさんの回答 に「平等原則における合理性の基 準と、表現の自由における違憲判 断の基準に使用する合理性とは異 なります」とありますが、mon upageさんはそういうことを 質問していませんし、肝心の法の 下の平等についてはほとんど回答 していません。 さらに、また、お二人に共通し ますが、14条の法の下の平等を 論ずるのに、どうして21条の表 現の自由が登場するのでしょう か。

そこで質問をし直します。 法の下の平等に関する相対的平等 論と合理性の考え方についてお分 かりになる方がおられましたら、 異なる説を参考にされながらお教 え下さるよう御願いいたします。他のサイトの切り貼りはやめてください。ご自分のご意見を御願いします。

私も法の下の平等に関する相対的 平等理論と合理的基準のことを理 解し切れていないので 、参考にな る見解を探していましたところ、 たまたま教えてgooで4月2日 付け、monupageさんの質 問番号7398790の憲法『法の下の 平等』という質問を見つけ、回答 に大いなる期待と希望を寄せまし た。 ところが質問に対するLanc elotさんの回答とhekiy uさのん回答が、どうしてそうい う理解になるのか理解出来ないの です。私の理解力が足りないため かもしれませんが、いくら考えて も理解で...続きを読む

Aベストアンサー

■日本国憲法の解釈
14条1項「法の下に平等であって」までの前段の一般的平等条項が立法権を拘束するもので、後段が差別禁止の具体的な例に過ぎないから差別禁止は広く認められるのか、それとも前段の一般平等条項が差別禁止の精神の宣言であって差別が禁止されるのは後段が定める「人種・信条……」というものに限定されるのか、によって差別禁止が絶対的なものか相対的なものか、ということで説の見解が分かれる。 
★相対的平等説  法の適用が平等であっても、適用される法自体が不平等に作られていれば結局は不平等であり平等は実現されない。従って憲法の平等思想は立法権に対して、不平等の結果を生む法自体を作らないよう拘束することも含むとする。その結果、一項前段は平等原理を包括的に宣言したものであって、後段の各事項は差別してはならない重要な場合の例に過ぎないとする。従って、平等を生む差別の禁止は後段列挙の事項に限定されず、それ以外の差別も許されないとする。  これが支配的学説です。
★制限的絶対平等説  法の下の平等を厳格に解釈し、合理的な差別や恣意的な差別の禁止という主観に左右されて解釈が判然としなくなる不明朗を排除しようとする。14条の平等条項は一項後段の「人種・性別・信条・社会的身分・門地」に限定されるとする。これは平等内容を絶対無差別としながら無差別では大変なことになりかねないので、その歯止めとして平等の適用範囲を後段の定める事項に限定しようとするもの。

■ 相対的平等説の考察
 相対的平等説は差別禁止を広く認め、しかしながらその効力は相対的だとするから、14条の禁止する差別が一項後段列挙の事柄に限定されるかどうかということよりも、むしろ差別が許されるとすることの理由付けの方が重いものになる。そしてその理由付けが14条を考える時の重要な問題になり、その基準を「合理性」とする。そして問題は違憲審査で次のような働きをすることになる。
 一項後段の例示に反する法律、例えば人種による差別を認める法律は、1項の一般的平等条項違反として当然に憲法違反の推定がなされるから、法適用者側が憲法違反でないとするためには、法適用者がその差別が合理的なものだと証明しなければならない。反対に後段例示外の事柄を定めた法については、先ずその法律の合憲性が推定されるから、それを違憲とするためには違憲だと主張する側が違憲性を証明しなければならない。
 ところが、相対的平等説の説く合理性は、合理的という言葉自体が時代や価値の捉え方で変転し、定まった真理というものを見出せないという欠点を持ち合わせている。そのため相対的平等説は合理性を巡って困難な状況にあり、説明のために正義や恣意的差別の禁止などという考え方を説く人もいる。
 この相対的平等説が直面している合理性の問題を解決するかのように制限的絶対平等説的考え方からは、相対的平等の考え方は平等の概念を放棄するという批判がある。この説は平等を一項後段の列挙に限定するから考え方が絶対的平等感であり、合理性の問題などという難解で厄介なものを持たない。しかし近代人権思想の憲法原理の下で法適用における絶対的平等は平等を限定的に解釈することで、それに漏れた不平等を認めることしか生まれず、それは平等を代償にして自由を認めるという不平等になるという解決不可能な問題に直面するし、具体的な例として、この説では現代社会が憲法思想と関係なく当たり前のこと自明のこととしている婦女子や老幼に対する保護規定さえ憲法違反になる。そしてこの説はその欠点を克服出来ない。
 以上が14条1項の解釈をめぐる相対的平等説と合理性のかいつまんでの説明です。
 これでお分かりになったかと思いますが、法の下の平等を考える時の合理性とは平等の行き過ぎを止める歯止めとしての役割と考えられているのですが、しかし考え方を変えると合理性の考え方次第によって平等の概念が伸縮するから、合理性が伸展していくと平等の概念も伸展していくわけで、反対に縮んだとしても絶対的平等説以下には縮まないから、基本的に合理性は平等を広げるために働く効果があると考えられます。

 表現の自由との関係も述べていますが、これは平等の実現と結びつくとは思われない。表現の自由は文字通り自由のことであり平等の問題ではない。
 平等は自由と対立する概念だが、自由が保障されている他の基本的人権を制限したら平等の実現に役立つかもしれないが、表現の自由の制限が平等の実現に働くとは思えない。富者の表現の自由、表現の自由で富者が得られるを諸々のものを制限して富者がそれ以上富むのをストップさせ、それで反射的に貧者の経済状態が良くなるとは思えない。実社会を見ても、如何なる時でも富める者には財と情報が集まるもので、それをストップしても貧者の側に豊かになれる情報がもたらされない限り貧富の問題は表現の自由の制限で縮められるものではないと思う。
 憲法原理の面から見ると、表現の自由は他の基本的人権条項に見られる公共の福祉という概念で制限を受けていない。勿論、別の概念で制限を受けることは自明のことだが、公共の福祉で制限を受けていないということは日本国憲法が基本的に表現の自由を「自由とは他人に迷惑をかけないで行動出来る範囲」だとする近代法の思想の中で最も重要なものとしている思想の具現化であり、民主主義の基本的原理と位置付けて、人に迷惑をかけない以上表現の自由は無制限だということを間接的に宣言しているとも考えられます。
 つまり表現の自由を制限する制度は、いかなる制度であれ本来無制限である自由を制限するためにしか働かず、表現の自由を広げる為には働かない。これは平等を広く認めるために考えられた合理性とは本質的に異なるもので、従ってこの二つを並べて対比したりする考え方は理解できない。 

■日本国憲法の解釈
14条1項「法の下に平等であって」までの前段の一般的平等条項が立法権を拘束するもので、後段が差別禁止の具体的な例に過ぎないから差別禁止は広く認められるのか、それとも前段の一般平等条項が差別禁止の精神の宣言であって差別が禁止されるのは後段が定める「人種・信条……」というものに限定されるのか、によって差別禁止が絶対的なものか相対的なものか、ということで説の見解が分かれる。 
★相対的平等説  法の適用が平等であっても、適用される法自体が不平等に作られていれば結局...続きを読む

Q立法者非拘束説と立法者拘束説について

立法者非拘束説と立法者拘束説について教えて下さい!!この2つはそれぞれどういうものなのですか?また、参考ホームページ等もありましたら、ぜひ教えて下さい!!!

Aベストアンサー

 憲法第14条において問題となる説ですが、この条文をたとえに説明させていただくと、14条の平等規定が立法者をも拘束する規定であるかどうかという問題です。立法者非拘束説は、ある法(法律、条例等)がその法文を適用する際に、すべての国民に対して平等に適用されれば良いとする説です。つまり、立法段階ではなく、適用段階での平等のみを要求しているとするのがこの説の主張です。これに対して、立法者拘束説は、法の適用はもちろん、法の内容そのものも平等であるべきだとする主張です。

 法の内容が平等原則を満たさなければ、人権が侵害される虞のあることは言うまでもありません。憲法の精神を考えれば、憲法第14条は立法者をも拘束する規定だと言えます。

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Q論述式の回答の書き方のご指南ください

もうそろそろ、定期試験の時期なのですが、
大学の試験ってけっこう論述問題が多いことに驚きました。高校のころは、まったくと言っていいほど論述問題がなかったので、どうやったらいいのか、ホトホト困ってます。
いろいろ検索サイトでHITさせたり、ここでも過去の質問を見たりして参考にしています。

そこで、今一度、皆様の論述式の回答の書き方を教えてほしいのです。どうかご指南よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方、大学生です。
書きやすく、いい評価になるのは、
1.一番最初に結論を書く。
2.それについて理由や説明を挙げる。述べる個数も宣言する。
3.最後に結論をもう一度書いて締める。

例えば、「キリスト教における愛について書け(テキト-な課題です。汗)」だとしたら、

「キリスト教における愛とは○○だと言える。
 それについて、3つの観点から述べる。
 まず第一に、~~。第二に、~~。最後に~~。
 以上の事由から、キリスト教における愛は○○だと言える」

…というかんじです。この形式で書ければ、まず悪い評価は取らないでしょう(形式の点では)。

できたら、授業中に先生がおっしゃったこと(本にはない具体例とか)や、参考図書から得た知識を交えたりすると、「ちゃんと授業聞いてますよ、ちゃんと本読んで勉強してますよ」とアピールできて、なおよしです☆

がんばっていきましょう(^^)

Q民主制の類型

・純粋代表制
・半代表制
・半直接代表制
・直接民主制

Q:日本国憲法は、どの類型にあてはまるか、考察せよ。


どの参考書を見ても、日本は、間接民主制と出てるので、困ってます。
お願いします。

Aベストアンサー

純粋代表、半代表、半直接代表は、間接民主制における代表の性質論です。

・純粋代表
代表者は選挙民の意思に拘束されない。国会で選挙民の意思とは異なる発言や表決をしてもかまわない。

・半代表
代表者は選挙民の意思に事実上拘束される。国会で選挙民の意思と異なる行動をすると、解職されるなど責任を取らされる恐れがある。

・半直接代表
代表者は選挙民の意思に拘束される。国会で選挙民の意思と異なるような発言や表決は禁止されるし、そのような行為は無効となる。アメリカの大統領選挙の選挙人などはこれですね。

日本についてみれば、憲法43条1項、51条などは、純粋代表的な規定です。他方、政党制や比例代表制との関係では、半代表的な側面もあります。

Q年齢確認が甘い居酒屋チェーン店

20歳をとっくに超えているのですが同い年の友人と居酒屋に行ったりするとたまに年齢確認をされます。
まだ未成年だった時はなんにもなかったのに…。
最近は厳しいのでしょうか。
しかし私は証明する物を持っていません。
免許もなければフリーターなので社員書もなし。
パスポートもありません。
なので口頭で生年月日を言えば通してくれる居酒屋ってどこですか?
甘い店を教えて下さい!

Aベストアンサー

最近確認が厳しいですよね…
私も、よく聞かれるんですが同じく運転免許持ってないし、
パスポートや保険証持ち歩くのも怖いので病院の診察券持ち歩いてます。

生年月日書いてるので、居酒屋チェーンとかならこれでOKですよ♪

直接の回答でなくてごめんなさい。

Q懲役2年6月、執行猶予5年ってどうゆうこと?

懲役2年6月、執行猶予5年って判決の意味がわかりません。
これって、実際に2年6ケ月牢屋にはいらなければいけないのですか?
執行猶予5年の意味もわかりません。

Aベストアンサー

懲役(2年6月)=(最長で2年6ヶ月の間)刑務所に入って所定の労働をしろ、ということ。
執行猶予(5年)=刑罰を直ちには執行しないで、執行猶予期間中(の5年の間に)罪を犯さなければ執行猶予期間が満了(となる5年が経過)した時点から刑そのものを帳消しにして無かったことにする、ということ。

執行猶予期間中に新たに罪を犯したりすると執行猶予が取消になることがあります。執行猶予が取消になると刑罰を執行することになるので刑務所行きになります。しかし、執行猶予期間中に新たに罪を犯したとしても、条件は厳しいですが執行猶予が取消にならないこともあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング