ラットの肝臓の重量と、豚の肝臓の重量を知っていたら教えて下さい!だいたいの重量、平均的な重量で結構です。よろしくお願いします!

A 回答 (2件)

 ブタはわかりませんが、ラットならわかります。

ただし、週齢、系統、性別などによって違うので、条件を教えて下さい。
 ちなみに一昨日、ラットの肝臓をとりだしましたが、12週齢F344♂で平均7.86g(n=10)でした。ずっと前にやったのは、7週齢SD♂で平均7.88g(n=5)でした。あれ?、一緒だ。でも、体重は全然違うんですよ。前述のは、300g近かったし、後述のは230g位だったんです。
 補足お願いします。
    • good
    • 0

 参考までに


 ほ乳類の肝臓の重量は体重の2%~3%とされています。もちろん種によって、また、個体によって違いますが。
 ちなみに、ヒトの肝臓は体重の約2.4%が標準だそうです。
 でも、この質問のカテゴリーは化学ではなく生物だと思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
カテゴリーについてはどっちにしようか迷ったのですが、やはり生物ですかね。

お礼日時:2001/12/07 15:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラットと人間の臓器の違いについて

先日、ラットを解剖したのですが、人間の臓器とラットの臓器の違いについての考察をしなければならないのですが思うように参考本やサイトが見つからなくて困っています。参考本やサイトなどがあったら教えてください。

Aベストアンサー

ヒトとラットの臓器の違い…、私も考察を迫られた時期がありました。
解剖時に何か測定はしましたか?もししていれば、そのデータはかなり有効です。是非、役立ててください。しかし、何もデータをとっておらず、単に解剖しただけなら、臓器の形態をヒトと比較して考察しろ、ということでしょうか?だとしたら、#3の方の仰るとおりに子宮や盲腸が形態的に違います。
ラットの食餌から推察すれば#3の方の仰るとおりに消化器系の違いも指摘できます。

私もアドバイスになるかどうかはわかりませんが、一つ記憶に残っている例を挙げてみます。ラットの肝臓ではP450?(すみません、はっきり覚えていません。)の働きがヒトより強いので、薬剤投与を視野に入れたヒトの疾患モデルとしての、毒性実験の時にラットを使うのはどうだろうか?という疑問が、ラットゲノムが解読された時に少し話題になりました。つまり薬物の代謝に違いがあるのに、ラットでの新薬の結果をヒトに適用してよいのか、ということです。

このような簡単なことでよろしければ、「ラット 臓器」で検索をかけてひたすら探せば、できないことはないです。
また、ご存じかと思いますが、PubMedなどの文献検索を使用する際は、ご自分の中である程度検索条件を絞り切れていないと、時間が無駄になります。

一つの臓器に質問を絞るなり、自分の考えを少し付け加えたりなどして質問の幅を狭めてもう一度、質問してみてはいかがでしょうか?

以上、長々と回答してしまい申し訳ないです。

ヒトとラットの臓器の違い…、私も考察を迫られた時期がありました。
解剖時に何か測定はしましたか?もししていれば、そのデータはかなり有効です。是非、役立ててください。しかし、何もデータをとっておらず、単に解剖しただけなら、臓器の形態をヒトと比較して考察しろ、ということでしょうか?だとしたら、#3の方の仰るとおりに子宮や盲腸が形態的に違います。
ラットの食餌から推察すれば#3の方の仰るとおりに消化器系の違いも指摘できます。

私もアドバイスになるかどうかはわかりませんが、一つ記...続きを読む

Q検量線

検量線とはどういったものなのか?
検量線を引くとはどういったことをすればいいのかおしえてください。

Aベストアンサー

masazo27さんの2番煎じとなりますが、改めて説明を試みたいと思います。
検量線を引くとは、測定器の固有差を見極め、その固有差を見極めた上で、未知試料について正確な測定を行うことを目的にしています。
例えば、ある水溶液中の砂糖の濃度を知ることが目的であるとします。砂糖の濃度を知ることが目的の検量線とは、砂糖0.1g、0.2g、0.3gをそれぞれ1Lの水に溶かし(あらかじめ濃度が既知の試料を作成し)、それを測定器にかけ、測定器の指示値を記録します。それを、横軸を濃度、縦軸を指示値にとったグラフ用紙に記入し、直線なり曲線で結びます(直線か、曲線かは理論的なものに依存します)。こうしてできたラインが検量線です。この検量線により、測定器の実際の指示値から濃度を推定できるようになります。ただし、検量線は濃度0.1~0.3g/Lの間で作成したので、その検量線の有効性もその間と言わざるを得ません。検量線から推定して1.5g/Lとでた場合には、その値の信憑性は低いと言わざるを得ないでしょう。その際は、O,1.0,2.0g/Lの既知試料等で検量線を引き直す必要があると思います。

masazo27さんの2番煎じとなりますが、改めて説明を試みたいと思います。
検量線を引くとは、測定器の固有差を見極め、その固有差を見極めた上で、未知試料について正確な測定を行うことを目的にしています。
例えば、ある水溶液中の砂糖の濃度を知ることが目的であるとします。砂糖の濃度を知ることが目的の検量線とは、砂糖0.1g、0.2g、0.3gをそれぞれ1Lの水に溶かし(あらかじめ濃度が既知の試料を作成し)、それを測定器にかけ、測定器の指示値を記録します。それを、横軸を濃度、縦軸を指示値にとったグラ...続きを読む

Q肝臓1gあたりのグリコーゲン量を計算したいのですが・・・

肝臓1グラムあたりのグリコーゲン量を求めなければならないのですが
途中から分からなくて全く進まなくなってしまっています・・・。
肝臓1.01gから調整した液体(特に希釈などはありません)
のグリコーゲン量が9.7mg/mlなのですが、
これをmg/肝臓1gという単位に直すには
どのように計算すればよいのでしょうか?

また、肝臓グリコーゲンの正常値とはどれくらいでしょうか?
どこを探しても見つからなくて・・・

まとまらない文章で申し訳ないのですが、
助けていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは.
肝臓1.01gから調製した液体は最終的に何mLになりましたか?
ここが不明では厳しいですが,ここがわかれば計算できますね.

肝臓グリコーゲン量の正常値についてですが,
動物種によっても違うと思いますので,補足されたほうがよろしいかとおもいます.

ラットであればお手伝い出来るかもしれません.
調べてみます.

Q人体の相対重量比について

こんにちは、工学部の学生です。

平均的な日本人成人男性について
五体から臓器まで人体各部の重量の、体重に対する割合を
できるだけ多く、詳しく知りたいのですが、
どなたかそのようなデータの記載された
サイトや書籍をご存知ないでしょうか。

書籍の場合は、大学の図書館だったらどのあたりを探せば良いのかなど
教えて頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

まずは、四肢各部分の重量比についてですが、『運動学』の教科書で見たことがあります。運動学に触れていればどれでも載っているとは限らないと思いますが、
書籍名:基礎運動学 
著者名:中村隆一/著 斎藤宏/著 長崎浩/著
出版社名:医歯薬出版

現在発行されているのは第6版みたいですが、現在手元にはないので不確定なのですがコレの第5版に書いてあったと記憶しています。

また、四肢重量、臓器の重量は『解剖学』に触れている書籍を参考にされるといいと思います。
医学部のある大学ですと充実しているのではないかと思います。

これらには、大抵、成人男性では○○○gと書いてあります。

%ではないですが、一般成人男性の体重は60kgで想定されているはずですので、計算してください。

Q動物実験にラットを使う理由

動物を使った実験ではラットを使うことが多いですが、なにか理由があるのでしょうか??
繁殖がしやすいからとか??

Aベストアンサー

確かによくラットが用いられますが、同様にマウスも多用されます。
この使い分けは、そのサイズによるところが大きいと思われます。

より多くの数が必要とされる実験の場合はマウスを用います。例えば、薬を投与して、その血中濃度が時間経過とともにどのように推移するか、組織への分布はどのようになっているかを調べる体内動態実験がいい例です。この場合、かなりの数を使うのでラットを使っているとサイズも大きいのでかなり大変です。また繁殖という点からいうとマウスは、ラットと比べて限られたスペースでより大量に飼育することが出来ます。サイズが小さいということは、実験を行う際にも何かとやりやすいということもあります。

一方、ラットの場合は、その組織を取り出して、その中のタンパク質を回収するためにマウスよりより大きい組織が必要な場合や、マウスでは小さすぎて目的の組織や血管を扱う際に不都合な場合にラットを用いることがあります。

その他に、犬やサルなどは、より人に近いデータを得る際に用いられます。また抗体を作るために一匹から多量の血液が必要な場合は、ウサギやヤギが用いられます。

確かによくラットが用いられますが、同様にマウスも多用されます。
この使い分けは、そのサイズによるところが大きいと思われます。

より多くの数が必要とされる実験の場合はマウスを用います。例えば、薬を投与して、その血中濃度が時間経過とともにどのように推移するか、組織への分布はどのようになっているかを調べる体内動態実験がいい例です。この場合、かなりの数を使うのでラットを使っているとサイズも大きいのでかなり大変です。また繁殖という点からいうとマウスは、ラットと比べて限られたスペー...続きを読む

Q人体の各パーツごとの重さが知りたいです

人体の各パーツごとの重さが知りたいです

全体の体重を50kgとした場合
頭、胴体、肩の付け根から腕一本、股の付け根から足一本
それぞれ約何kgくらいになるのでしょうか
筋肉量、脂肪量、身長などは申し訳ないですが今の時点ではとくに考えていません
だいたいで良いので、もしよろしかったら教えてください

Aベストアンサー

同様の質問とそれに対する回答を見つけましたので、そちらのリンクをご紹介します。


その値を参考にして50kgの人に換算すると…

頭=3.5kg
胴体=21.5kg
腕1本=3.25kg
足1本=9.25kg

個人差が相当ありそうですが、ひとつの目安にはなるかと。
だいたい両手足で体重の半分なんですね^-^;

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1186952626

Qなぜ多糖類の加水分解は酸性溶液中?

多糖類の加水分解は希硫酸等の酸性溶液中でおこなう
ことになっていますが、どうして酸性なのでしょうか?
H+イオン濃度によって加水分解の速度に差がでるとしたら
いったいなぜなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

rei00 です。お礼拝見しました。

> いつもお世話になっております。
 そう言われると,お恥ずかしいです(お世話なんて・・・)。実はこの質問,大学生の方のつもりで回答したのですが,回答歴を拝見すると社会人の方のようですね。それでしたら,チョット不親切だったかと思いますので,以下補足致します。

> 環状構造をとる単糖類どうし-OH基からH2Oが脱水縮合して
> 多糖類を形成する
 これで良いのですが,脱水縮合する時の2つの OH 基の一方は,環状構造をとった時に出きるヘミアセタ-ルの OH です。そのため,この部分はアセタ-ルになります。具体的には,下1番目ののペ-ジ(高等学校_化学_テキスト)の「化学 II」の「Chapter 3 天然高分子化合物」の「3.2 糖類」をご覧下さい。

> 酸性溶液中でおこなうことになっていますが、
> どうして酸性なのでしょうか?
  まず参考のために,下の2番目のペ-ジ(おもしろ有機化学ワ-ルド)の「基礎有機化学講座」の「13.反応6 求核付加反応(カルボニル化合物)」の図24と説明24をご覧下さい。図24に糖の環状構造の生成について出ています。
 今,糖の環状構造を R-O(環)-CRH-OH と書くとすると,糖と糖の結合の形成反応は次の様になります(判り難くて済みません)。

 R-O(環)-CRH-OH + H+ ⇔ R-O(環)-CRH-O(+)H2 ⇔
 [ R-O(環)-C(+)RH ←→ R-O(環)(+)=CRH ]+ H2O
 R-O(環)-C(+)RH + R'-OH ⇔ R-O(環)-CRH-O(+)HR ⇔
 R-O(環)-CRH-OR' + H+
 ⇔:平衡反応,←→:共鳴混成体

 ここで,途中に出きる[ R-O(環)-C(+)RH ←→ R-O(環)(+)=CRH ]が共鳴によって安定化されるため,酸触媒によるこの反応はどちらの方向へも容易に進行します。

 一方,塩基触媒で加水分解が進行するとすれば,その機構は,OH- イオンによる求核置換反応になり,脱離基はアルコキシド(R'O-)になります。アルコキシドは非常に脱離しにくいですので,この反応は非常に起こりにくい反応になります。なお,酸触媒の場合は,酸が付加することで,悪い脱離基の RO- を良い脱離基の R-OH に変えています。

> H+イオン濃度によって加水分解の速度に差がでるとしたら
> いったいなぜなのでしょうか?
 上に示したように,酸触媒での反応が進行するには,H+ が付加して良い脱離基を持った R-O(環)-CRH-O(+)HR が出きる必要があります。この構造は H+ イオン濃度が高い程出来やすいですから,H+ イオン濃度が高い程反応速度は速くなります。

 いかがでしょうか。必要なら補足下さい。

参考URL:http://www.ed.kanazawa-u.ac.jp/~kashida/, http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2515/

rei00 です。お礼拝見しました。

> いつもお世話になっております。
 そう言われると,お恥ずかしいです(お世話なんて・・・)。実はこの質問,大学生の方のつもりで回答したのですが,回答歴を拝見すると社会人の方のようですね。それでしたら,チョット不親切だったかと思いますので,以下補足致します。

> 環状構造をとる単糖類どうし-OH基からH2Oが脱水縮合して
> 多糖類を形成する
 これで良いのですが,脱水縮合する時の2つの OH 基の一方は,環状構造をとった時に出きるヘミアセタ-ルの OH ...続きを読む

Q赤色テトラゾリウムについて

 赤色テトラゾリウムと糖を反応させると赤黒くなったり、血の色になったりしました。どういう反応が起こっているのでしょうか?本を探してもなかなかのっていないので構造など教えていただけるとうれしいです。お願いします

Aベストアンサー

テトラゾリウムというのは、以下の構造をもつ化合物の総称(=「アルコール」
「エステル」などと同様)になります:

  +
-N - N-
  ||   |
  N   N
  \ //
   C
   |

これが還元されると、ホルマザン(これも総称)となって発色します:

      H^-
 +←┐ ↓
-N - N-
  ||   |
  N   N
  \ //
   C
   |

  ↓

-N   NH-
  ||   |
  N   N
  \ //
   C
   |
 ホルマザン

糖との反応ではありませんが、実例として以下を挙げておきます。
(ページ中程・右側に示された構造式で、上段がテトラゾリウム、下段がホルマザン)
http://www.seikagaku-hit.com/bio/02tech/b02_tetr/tco_02.html

Q薄層クロマトグラフィーの脂質実験

卵黄に含まれる脂質を有機溶媒で抽出し、それらの種類を薄層クロマトグラフィーで調べました。消化酵素にはリパーゼとホスホリパーゼ溶液を用い、展開溶媒は、リン脂質用はクロロホルム-メチルアルコール-水を、中世脂質用には石油エーテル-エーテル-酢酸を用いました。
なぜ2種類の展開溶媒を用いたのか知りたいです。

Aベストアンサー

展開溶媒は試料の極性により適切なものを選びます。
リン脂質用はリン酸残基があるので極性の高い溶媒でないと展開できずスポット位置から動きません。
中性脂質は極性がないので極性の高過ぎる溶媒は全ての内容物がてっぺんまで登ってしまいます。

Q吸光度の測定値がマイナス表示のとき

たまにサンプルブランク等のABSの測定値が-0.002というように負の値になるときがあります。
試料中濃度の計算は普通
  Std濃度×(Sam-Sambl)/(Std-Stdbl)×アップ量/サンプル量
です。(検量線の直線性が確認されているので1点検量です)
この場合SamblやStdblのマイナスを考慮するべきでしょうか?
上の式なら(Sam+0.002)とか(Std+0.002)と代入計算をするべきなのか、マイナス側の数値は保証されていないので 「0」として扱うべきなのか教えてください。
私は「0」として扱っているのですが、同僚は「-」として扱っています。
(なんともお粗末な会社ですが)

Aベストアンサー

> ・・・サンプルブランク等のABSの測定値が-0.002・・・

-0.002Abs=100.46%T です。理屈の上では「サンプルブランクを100%T=0Abs」とする
わけですが、100%Tにだって当然ノイズ・誤差・ドリフトが乗りますから、"100.46%T"
くらいの値なら示しても何らおかしくないと思います。

なので、「-0.002Abs」の値をそのまま使えば良いだけです。自動定量ソフトを内蔵した
分光光度計では内部で当然のようにそう扱われているはずだと思いますよ。

> マイナス側の数値は保証されていないので・・・ 

本当にそうですか? その分光光度計の取扱説明書の「仕様」のところを読んでもそう
なっっていますか? フツーの分光光度計では、%Tの範囲は「0~200%T」となっている
くらいが当たり前のように思いますが...


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報