痔になりやすい生活習慣とは?

先日、ラットを解剖したのですが、人間の臓器とラットの臓器の違いについての考察をしなければならないのですが思うように参考本やサイトが見つからなくて困っています。参考本やサイトなどがあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ヒトとラットの臓器の違い…、私も考察を迫られた時期がありました。


解剖時に何か測定はしましたか?もししていれば、そのデータはかなり有効です。是非、役立ててください。しかし、何もデータをとっておらず、単に解剖しただけなら、臓器の形態をヒトと比較して考察しろ、ということでしょうか?だとしたら、#3の方の仰るとおりに子宮や盲腸が形態的に違います。
ラットの食餌から推察すれば#3の方の仰るとおりに消化器系の違いも指摘できます。

私もアドバイスになるかどうかはわかりませんが、一つ記憶に残っている例を挙げてみます。ラットの肝臓ではP450?(すみません、はっきり覚えていません。)の働きがヒトより強いので、薬剤投与を視野に入れたヒトの疾患モデルとしての、毒性実験の時にラットを使うのはどうだろうか?という疑問が、ラットゲノムが解読された時に少し話題になりました。つまり薬物の代謝に違いがあるのに、ラットでの新薬の結果をヒトに適用してよいのか、ということです。

このような簡単なことでよろしければ、「ラット 臓器」で検索をかけてひたすら探せば、できないことはないです。
また、ご存じかと思いますが、PubMedなどの文献検索を使用する際は、ご自分の中である程度検索条件を絞り切れていないと、時間が無駄になります。

一つの臓器に質問を絞るなり、自分の考えを少し付け加えたりなどして質問の幅を狭めてもう一度、質問してみてはいかがでしょうか?

以上、長々と回答してしまい申し訳ないです。
    • good
    • 5

私が知っている範囲で3つ・・。



(1)ヒトにはある胆のうがラットにはない。
(2)ヒトは一度の出産で多くても2人ほどしか生まないのに比べ、ラットは一度に7匹、8匹と産むので、子宮の形がヒトとはまったく異なり、また体の大きさに対して子宮が非常に大きい。
(3)ヒトの盲腸に比べ、ラットの盲腸は体に対して巨大で発達している。盲腸は草食動物でよく発達するため。

これについて詳しく調べてみられたらいかがでしょうか。
    • good
    • 11

考察ですから、自分の考えを書くべきですよ。


解剖後に何か測定とかは行ったのですか?測定項目にもよりますが、かなり人とは違いますよ。参考本というよりもむしろ文献で調べたほうが良いかもしれませんね。
    • good
    • 4

本来こんなところで聞くべきではないのですが。

。。

たとえばラットを人間サイズに置き換えたときに各臓器の大きさとか長さは人間と比べてどうであるかとか。
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラットの解剖先日したのですが、人間と違い肝臓が7葉に分かれているのですが、理由がわかりません。わかる

ラットの解剖先日したのですが、人間と違い肝臓が7葉に分かれているのですが、理由がわかりません。わかる方お願いします。

Aベストアンサー

構造の理由は解明されていませんよ◎

Qラットについて

今日、ラットの解剖をしました。
その考察として人間とラットの臓器の違いを考察するものがあったのですが、大学の図書館に行っても参考になるものがありませんでした。インターネットで検索してもなかなか見つけられません。
もしよかったら人間とラットの臓器の違いについての情報が書かれてるサイトがあったら教えてください。お願いします。
肝臓と胃についてはなんとか考察できました。

Aベストアンサー

肝臓と胃にお気づきなら、

 盲腸の大きさは?
胆嚢は、見つかりましたか?
膵臓は、どうでしたか?

Qなぜマウスの実験で人間にも通用できるのかよくわから

なぜマウスの実験で人間にも通用できるのかよくわからないです。マウスでの実験は、マウスは人間ではないから参考にならないと言っていた人がいましたが、専門家はマウスでも通用すること言ってました。どちらが正しいのかわかりません。

Aベストアンサー

極論として テーラーメード薬
http://www.jba.or.jp/top/bioschool/medical/med_01.html

これを頭に入れると理解しやすいかも。

理想的には、上記のように、個人個人の遺伝子情報にピッタリあった薬がよい。
そこまではまだ研究が進んでいないので、人間の遺伝子情報に遠いところ(かつ、コストの安いところ)から、だんだんと効果を測定して、最終的に人間に使えるようにします。

大雑把に言えば、「ヨーロッパから西に向かって進めばアメリカにつく」くらいの進み方がマウスの段階。

マウス から 人間により近いサル そして 治験 という感じで新薬研究は進みます。

ちなみに、マウス マウス と言いますが、実験に使うマウスは高度に管理されています。そこらで拾ってきたマウスではありません。

http://rtcweb.rtc.riken.jp/joyo2/D0922.html

100年も管理されているマウスなので、このマウスの家系での薬効と人間との薬効の効果の違いとかが情報として蓄積されています。

Q動物実験にラットを使う理由

動物を使った実験ではラットを使うことが多いですが、なにか理由があるのでしょうか??
繁殖がしやすいからとか??

Aベストアンサー

確かによくラットが用いられますが、同様にマウスも多用されます。
この使い分けは、そのサイズによるところが大きいと思われます。

より多くの数が必要とされる実験の場合はマウスを用います。例えば、薬を投与して、その血中濃度が時間経過とともにどのように推移するか、組織への分布はどのようになっているかを調べる体内動態実験がいい例です。この場合、かなりの数を使うのでラットを使っているとサイズも大きいのでかなり大変です。また繁殖という点からいうとマウスは、ラットと比べて限られたスペースでより大量に飼育することが出来ます。サイズが小さいということは、実験を行う際にも何かとやりやすいということもあります。

一方、ラットの場合は、その組織を取り出して、その中のタンパク質を回収するためにマウスよりより大きい組織が必要な場合や、マウスでは小さすぎて目的の組織や血管を扱う際に不都合な場合にラットを用いることがあります。

その他に、犬やサルなどは、より人に近いデータを得る際に用いられます。また抗体を作るために一匹から多量の血液が必要な場合は、ウサギやヤギが用いられます。

確かによくラットが用いられますが、同様にマウスも多用されます。
この使い分けは、そのサイズによるところが大きいと思われます。

より多くの数が必要とされる実験の場合はマウスを用います。例えば、薬を投与して、その血中濃度が時間経過とともにどのように推移するか、組織への分布はどのようになっているかを調べる体内動態実験がいい例です。この場合、かなりの数を使うのでラットを使っているとサイズも大きいのでかなり大変です。また繁殖という点からいうとマウスは、ラットと比べて限られたスペー...続きを読む

Q重さ

ラットの肝臓の重量と、豚の肝臓の重量を知っていたら教えて下さい!だいたいの重量、平均的な重量で結構です。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

 ブタはわかりませんが、ラットならわかります。ただし、週齢、系統、性別などによって違うので、条件を教えて下さい。
 ちなみに一昨日、ラットの肝臓をとりだしましたが、12週齢F344♂で平均7.86g(n=10)でした。ずっと前にやったのは、7週齢SD♂で平均7.88g(n=5)でした。あれ?、一緒だ。でも、体重は全然違うんですよ。前述のは、300g近かったし、後述のは230g位だったんです。
 補足お願いします。

Q動物による腸の長さ

 動物によって腸の長さは違うものですが、その理由は「食べているものの違い」ということらしいのです。(肉食動物は草食動物に比べて腸が短い。)しかし、「腸」といってもいろいろな腸がありますよね?具体的にどの腸が長いのでしょう?調べてみたところ、コアラは盲腸がやたら長いと書いてありました・・・。ご存知の方、教えて下さい!

Aベストアンサー

植食動物の消化管は肉食動物に比べ発達した物が多いです。
なかでも,反芻動物(ウシ,ヤギ,シカ,ラクダなど)は腸管が長いだけでなく,胃も発達しています。
反芻動物の胃は4つの袋からなっていて・・・
第一胃:発酵タンク
第二胃:第一胃の内容を掻き混ぜるためのポンプ
第三胃:固形分を分離するフィルタ
第四胃:胃酸を分泌しタンパク質を分解
という役割を持っています。

ウサギ,ウマ,コアラなどは反芻動物と違い胃が一つしかありませんが,盲腸が非常に発達しています。これらの動物は盲腸が発酵タンクの役割をしているのです。

それと,一般的に鳥類は哺乳類にくらべ腸管が非常に短くなっています。これは体重を極限まで少なくするために進化(退化?)したためだといわれています。

ここでちょっと小話を!

○ウサギは時々自分のウンチを食べないと生きていけません。ウサギは盲腸で発酵させた分解物(「盲腸糞」という特別なウンチ)を口から取り入れないと栄養素を吸収しきれないのです。

○赤ちゃんコアラの離乳食は,なんとお母さんのウンチなのです。赤ちゃんはお母さんのウンチ(バップ)からユーカリの毒素を分解する微生物をお腹の中に取り入れて,はじめてユーカリの葉っぱを食べられるようになるのです。

植食動物の消化管は肉食動物に比べ発達した物が多いです。
なかでも,反芻動物(ウシ,ヤギ,シカ,ラクダなど)は腸管が長いだけでなく,胃も発達しています。
反芻動物の胃は4つの袋からなっていて・・・
第一胃:発酵タンク
第二胃:第一胃の内容を掻き混ぜるためのポンプ
第三胃:固形分を分離するフィルタ
第四胃:胃酸を分泌しタンパク質を分解
という役割を持っています。

ウサギ,ウマ,コアラなどは反芻動物と違い胃が一つしかありませんが,盲腸が非常に発達しています。これらの動物は盲腸...続きを読む

Q放射性ヨウ素のできかた

放射性ヨウ素は、ウランの核分裂で出来るのですか?
ウランからヨウ素まではどの様な変遷で、物質が変化や分裂を
してゆくのでしょうか?

それとも、
ウランのせいで、水がくっついて、ヨウ素になるのでしょうか?

参考となるURLがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

「理科年表」(丸善)
に「おもな放射性同位体」の半減期・崩壊形式はあります。
また、質量数対核分裂生成物のグラフ程度のものはあります。↓
http://www.keirinkan.com/kori/kori_physics/kori_physics_2_kaitei/contents/ph-2/3-bu/3-4-2.htm

ただ核分裂直後の半減期の短い物も含めて同位体ごとに細かく書かれた
ものは↓など大抵英語です。(読み取れる専門知識も必要です)
http://ie.lbl.gov/fission.html
↑で Thermal Neutron Induced Fission の 235U を見ると↓
http://ie.lbl.gov/fission/235ut.txt

元の質問文から、化学反応と原子核反応の違いすら読み取れてないよう
だったので、控えてました。

Q盲腸の役割

盲腸の役割を教えてください。よく、なにも機能しない、といいますが、元は役割を果たしていたんでしょうか?

Aベストアンサー

盲腸というのはもともと、大腸の一部です。(小腸との境目)ただ、具体的な役割は失念しました。

よく言われる、なにも機能せずに、いわゆる“盲腸(虫垂炎)”と呼ばれる病気の原因になるのは虫垂です。これは、盲腸から細く枝分かれしていて、もとは草食動物がセルロースを分解するためのバクテリアの生息場所であり、ヒトでも善玉菌の住処となっている、と言われています。(なくても生きられますが)

Q腎臓の大きさ、位置について

腎臓の大きさは、左右どちらが大きいのですか?
どちらが下にあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

位置・大きさにはは個人差がありますが、一般的には左が大きい(重い)ようです。高さは右が低い(肝臓が上部にあるため)となることが多いようです。

Q血球数の数

なぜ赤血球が動物種によってことなるか、知ってる方教えてほしいです。また、白血球の場合も同様に知りたいです。やっぱり生息している環境が大きく影響しているのでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

両生類・魚類・鳥類の赤血球には核があります。しかし、哺乳類には核がないです。この変化は進化です。核がなくなった分、赤血球の大きさは小型化し、数が多くなりました。これによって、赤血球の表面積が大きくなり、酸素の運搬量が増えました。哺乳類は、より多くの酸素を利用できるように進化したのです。

参:総合図説生物p.148