源泉徴収や所得税の質問を結構見たのですが、イマイチぴんとこないのでどうか教えてください!
私は今大学3年生で、父親の扶養家族になっています。アルバイトは2つしています。ひとつは吉○家で、もうひとつは小さな調査会社のアルバイトです。吉○家の方は、毎月一定の金額になるとされています。それで11月末までに73万稼ぎました。もうひとつの方は、以前所得税のことなどを経理さんにきいたら、学生さんは大丈夫。のひとことで終わってしまいました。ふたつ合わせて103万以上いってしまいました。母親曰く、103万超えたら扶養家族を外さないといけない上に、保険証からも名前が外されて、父親に余計にお金がかかってしまう。と言われました。
一年分で約120万くらいいってしまったのですが、その場合には以下のことはどうなるのでしょうか??
(1)源泉徴収された分は戻ってくるのか。(吉○家は年末調整を会社がしてくれますが、調査会社の方はとくにしないそうです)
(2)戻ってこなかった場合、余分にあとどのくらい払わなければならないのか。
(3)親にどのくらいの負担がかかるのか。
調査会社のほうは収入が毎月2万前後です。

よろしくお願いしますっ!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

学生バイトの税金と健康保険のポイントは3つあります。



(1)所得税控除の扶養家族になるには年収103万円以下
(2)学生自身が税金を払う必要がないのは年収130万円以下
(3)健康保険の扶養家族になるには年収130万未満

※所得税と健康保険の扶養範囲の年収限度額が違うので気をつけてください。
(下記URL参照)

1.
年間に103万円以上稼ぐことによって親の税金に関する扶養家族から外れます。それによってお父さんの支払う税金が増え、会社から貰っていた扶養手当が貰えなくなります。(お父さんは大損)

2.
学生の場合は年収130万円までは所得税を納める必要はありません。(学生以外は年収103万円が限度額)

3.
年収が130万円未満ならお父さんの健康保険が使えます。(学生・社会人問わず)

あなたの場合(年収120万円)はお父さんの税金が増えるだけで済みます。
(あなたが税金を払う必要はありませんし、健康保険もお父さんのものが使えます)

さて、ここからはお父さんの被害額の話です(^^;
お父さんの年収と控除総額がわからないので何とも言えませんが、お父さんは3.8万円程度(年額)余分に税金を支払うことになってしまいます。

また、お父さんは会社から扶養手当が貰えなくなります。会社によって金額は違いますが子供一人あたり7千円(月額)くらいでしょうか?

合計すると・・・ 3.8+(0.7×12)=13.4万円
お父さんは年間で11.4万円も損をすることになります。ですからあなたがお父さんに対して11.4万円支払うべきです!それが筋ってもんですよ。

これからは年額103万円に押さえるようにしましょう!

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20011115 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
ポイントがすごくわかりやすかったです!でもなんで全部金額が違うんですかねぇ。しかも学生はなんだかんだいって結構アルバイトで稼ぐのだから、もう少し高い金額にしてくれてもいいのですがね…。
来年はちゃんと計算してアルバイトをしたいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2001/12/07 12:56

「約120万」は、「支給総額」でしょうか、「手取り」でしょうか。


源泉徴収された後で手取りが120万だということであると、本当の支給額はもっと多いことになります。
また、「交通費(通勤手当て)」など、経費に相当する項目を含んで支給されているのであれば、実際に「給与」として受け取った金額はもっと少ないことになります。そのへんを確認したいところですね。

103万より少ない場合も、130万を超える場合も、どっちも考えられるのですが・・。

どっちみち、もう、12月だから、それがわかったからといって、どうにもできないかもしれませんが、今から休むとどうにかなるかもしれない・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに今からではどうあがいてもしょうがないですもんね。でも今回の質問でかなり理解できたので、来年からはちゃんと考えてバイトします!

お礼日時:2001/12/07 12:58

>>学生の場合は「勤労学生控除」が27万円有りますが、


>>これも適用されなくなります。
>これはどういった場合に適用されなくなるのでしょうか??

書き間違えました。
これは貴方が「勤労学生控除」要件に該当すれば適用されます。
お父さんには関係ありませんでした。

それから、#2の回答の補足に書かれている件ですが。
>勤労学生控除が適用されたら、130万までは親にはなんの負担もかからないのですね?!よかったです!

これは違います。
お父さんの扶養家族に認定される年収は、あくまでも103万円以下です。
勤労学生控除が適用されると、貴方に、所得税が課税されない限度が103万円から130万円になるだけです。

従って、お父さんが扶養控除38万円(22歳未満の場合は「特定扶養控除」として63万円)の適用を受けられなくなります。

貴方に関しては、確定申告をすれば源泉徴収された税金が戻ってきます。
税金が戻る場合は、確定申告を税務署で1月4日から受付を始めます。
この時期は、税務署も空いていますから、書類を持っていけば書き方を教えてもらえます。

必要書類は、2ヶ所の源泉徴収票と、印鑑、触れ込んでもらう銀行の口座番号のメモか通帳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度目の回答ありがとうございます!!
結局、103万を越したら、親に負担はかかってしまうものなのですね(*_*)
親の方には103万超えたことをちゃんと説明します。
どうもありがとうございました!!

お礼日時:2001/12/07 12:53

所得税の扶養家族になれるのは、1月から12月の年収が103万円以下の場合ですから、120万円ということはお父さんが扶養控除38万円(22歳未満の場合は「特定扶養控除」として63万円)の適用を受けられません。



又、学生の場合は「勤労学生控除」が27万円有りますが、これも適用されなくなります。
「勤労学生控除」の詳細は、参考URLをご覧ください。
お父さんの所得税は、上記の控除を受けられない控除額に
税率(平均的には10か20%)をかけた金額だけ増えることになります。
今年の年末調整に間に合うように、お父さんの会社で扶養家族から外れる手続をして貰う必要が有ります。

更に、2ヶ所から給料をもらっている場合は、年末調整に関係なく、2月16日からむ3月15日の間に、ご自分で確定申告をする必要が有ります。
源泉徴収をされた金額が戻るかどうかは、どのような形で源泉徴収をされているかで変わってきます。

「勤労学生控除」の要件に当てはまる場合は、確定申告でも適用できます。

次に、健康保険については、判定する時点から後の12ヶ月間の収入が130万円以下なら、お父さんの被扶養者になることが出来ますから、現状では大丈夫です。
130万円を超えると予想される時点で、被扶養者から外れて、ご自分で国民健康保険に加入することになり、保険料は前年の所得を基に計算されます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1175.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
>学生の場合は「勤労学生控除」が27万円有りますが、これも適用されなくなります。
これはどういった場合に適用されなくなるのでしょうか??今のところのペースで行くと、12月分が125万くらいになりそうなのですが。保険証は無事そうなのでよかったです!自分で国民健康保険に入っても、何かあったときに通院とかしたら全額自分もちなので、それはかなり困るので...。

お礼日時:2001/12/07 00:10

103万円は、税法上の扶養家族で、保険証は、まだそのまま使えます。

ただ、お父さんの税金を計算する上で、扶養家族がないのと同じように計算されますので、一人減った分のお父様の税金が増えます。
130万円以上になると、お父さんの扶養家族から抜けることになり、保険証が使えなくなりますから国民健康保険に入ることになりますね。
アルバイト代は、源泉徴収されないところもありますが、もし、源泉徴収されていれば、勤労学生控除が使えますので、税額は0となり、源泉徴収分は確定申告をすることによって還付されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
保険証の方はなんとか大丈夫そうでよかったです!吉○家では源泉徴収されているので、その勤労学生控除の対象っぽいので税金はナシになりますかね??勤労学生控除が適用されたら、130万までは親にはなんの負担もかからないのですね?!よかったです!

お礼日時:2001/12/07 00:03

基本的には下記を参照ください。


また、勤労学生なら勤労学生控除があります。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/zeikin/20011105 …
を参照ください。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=9400
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございます!
両方とも説明がわかりやすいホームページで助かりました!ありがとうございます!!

お礼日時:2001/12/06 23:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q所得税と源泉徴収と103万円 *2

昨日は質問に答えていただき
本当にありがとうございます

しかしまだわからない事が
あるのでまたまた質問と
なってしまいました。

返ってくるとしたら
一ヶ月事に取られて来た
所得税が全部返って
来るのですか?

2月から3月の期間を
過ぎると税務署に何を
提出してももぅ手遅れなんですか?
教えてほしいです。

Aベストアンサー

>バイトで年収103万円以下なら税務署に行って源泉徴収を出せば一年間払い続けた所得税が返ってくるって
>一ヶ月事に取られて来た所得税が全部返って来るのですか?

そうです。アルバイトで一か月ごとに給料をもらいますが、もし給料から所得税を天引きされたのなら、税務署へ確定申告書を提出すれば、天引きされた所得税の全額が還ってきます。ただし確定申告書に源泉徴収票を添付しなければなりません。
《注》天引きされた所得税が還って来る確定申告を「還付申告」と呼びます。

>期間とかあるみたいなんで
>2月から3月の期間を過ぎると税務署に何を提出してももぅ手遅れなんですか?

還付申告の期間は、翌年の1月から5年間です。ですから今年1月~12月の給料については、来年の正月が明けたら、さっそく「還付申告」して下さい。所得税が戻ってきますよ。

Q「給与所得の源泉徴収票」の「源泉徴収税額」の計算方法

給与所得控除後の金額 12,357,240円 
所得控除の額の合計額  2,534,735円 
の場合 源泉徴収税額はいくらになりますか。
又、その計算方法を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

[給与所得控除後の金額] - [所得控除の額の合計額] = [課税される所得]
12,357,240円 - 2,534,735円 = 9,822,000円 (1,000円未満切捨)

これを税率表に照らし合わせる
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm 

・所得税
9,822,000 × 33% - 1,536,000 = 1,705,200円 (100円未満切捨)
・復興特別税
1,705,200 × 2.1% = 35,800円 (100円未満切捨)
・合計 1,741,000円

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q会社からもらった源泉徴収票を見ていたら源泉徴収額が誤っていました。

去年の税率(9%)で計算されているようなのですが、今年は5%になっているはずです。

確定申告をすれば余分に払った分は返ってくると思うのですが、それで会社は大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

回答失礼します。

所得税の税率は所得額によって段階的に変わってきます。H18年は最低税率が10%で、そこからさらに税額の10%を引きました(定率減税)。つまり税額は課税所得に対して9%ということになります。

H19年の所得税は税率が変わって最低税率が5%になりました。また、H18年まであった定率減税が廃止になったので、税額は課税所得に対して5%です。

ですから、おそらく会社での年末調整は間違っていないと思います。

Qアルバイトの年間103万円について、扶養や源泉徴収

よくある質問ですいません。年間で103万円を超えると親の扶養から外れ130万を超えると所得税がとられるのもわかりました。そこで質問です。

(1)平成17年度3月に卒業、4月から就職する大学生がいます。

現在、アルバイトをしていますがこのままのペースでいくと年間で120万円ほど稼いでしまいます。
ここで来年からは親の扶養から外れ、親が扶養手当分の給料が引かれたりしますが、4月から就職するので就職したら自動的に扶養は外れるものですよね?
この場合、親にどれだけの負担がかかるのか知りたいです。
103万円を超えない場合と103万円を超えた場合の金額などおおまかに教えてもらえたら大変助かります。
どうせ4月から扶養が外れるのなら少しくらいの金額なら気にしないつもりです。

(2)一度も103万円を超えずに大学を卒業し次は大学院にいこうとします。この場合、順当にいけば大学院の修士を24歳で卒業することになります。アルバイトには学生控除があり22歳までとか…という記事もみました。
24歳まで学生の場合、バイトの103万円は気にする必要はありますか?


どうかよろしくお願いします。

よくある質問ですいません。年間で103万円を超えると親の扶養から外れ130万を超えると所得税がとられるのもわかりました。そこで質問です。

(1)平成17年度3月に卒業、4月から就職する大学生がいます。

現在、アルバイトをしていますがこのままのペースでいくと年間で120万円ほど稼いでしまいます。
ここで来年からは親の扶養から外れ、親が扶養手当分の給料が引かれたりしますが、4月から就職するので就職したら自動的に扶養は外れるものですよね?
この場合、親にどれだけの負担がかかるの...続きを読む

Aベストアンサー

(1)
このままのペースでいくと、年間120万円ほど稼ぐ場合。
ええと、103万円を超えた段階で、「今年(平成17年)は」親の扶養から外れます。今年の収入金額は、来年は関係ありません。
また、就職しても、自動的に扶養から外れることはありません。

あくまでも、103万円を超えるかどうか「だけ」が基準であり、背景は関係ないのです。
4月から就職しても、何かの事情で、学生時代のアルバイト代+就職してからの給料の合計が103万円を超える前に、会社を辞めてしまった場合、最終的にその年は親の扶養に入れますよ。

平成17年の収入は、平成17年に親の扶養に入れるかどうか「だけ」に関係するので、来年になってから扶養をはずれる事は気にせず、今年の状況だけを考えた方がいいですよ。
「4月から就職するから」=扶養を確実にはずれるから、という意味でアルバイト代の上限を気にしなくて済むのは、平成18年1月からです。

なお、平成17年の間ですが、大学生(というか22歳まで)の子供が扶養から抜けると、特定扶養控除が使えなくなります。
控除金額は63万円(住民税の計算の場合は45万円)です。
実際に増える税金の金額は、親御さんの税率によって異なるのですが、安くても所得税が6万3000円(10%)、その他に住民税も高くなります。
もし、扶養から抜けることで、家族手当の支給が減ることもあります。

(2)
勤労学生控除は、使うのに年齢制限は無いはずですが。変わったのでしょうか。
また、家族を扶養家族の対象にするかどうかは、年齢は関係ないです。あくまでも、103万円を超えるかどうかで、対象にできる・できないが決まります。

ですから、24歳まで学生の場合、その年齢でも、収入が130万円までなら勤労学生控除が使えますし、収入が103万円までなら親があなたを扶養控除の対象にできます。
22歳だなんだっていうのは、上にも書きましたが、特定扶養控除の話かな?23歳未満なので。特定扶養控除は、普通の扶養控除よりも控除金額が高いので、使えるのと使えないのとで税負担の変わり方も大きいです。

(1)
このままのペースでいくと、年間120万円ほど稼ぐ場合。
ええと、103万円を超えた段階で、「今年(平成17年)は」親の扶養から外れます。今年の収入金額は、来年は関係ありません。
また、就職しても、自動的に扶養から外れることはありません。

あくまでも、103万円を超えるかどうか「だけ」が基準であり、背景は関係ないのです。
4月から就職しても、何かの事情で、学生時代のアルバイト代+就職してからの給料の合計が103万円を超える前に、会社を辞めてしまった場合、最終的にそ...続きを読む

Q源泉徴収・所得税について。

源泉徴収、所得税について。

まったくの無知です、教えてください。

主人のことです。

平成21年7月から漁師として働き、平成21年度の源泉徴収票を頂きました。
毎月のお給料からは所得税が引かれていません。

なので、まとめて所得税を支払うということになるんですよね?

所得税の計算など色々調べたのですがいまいちピンを来ず、わからなかったのでこちらで質問させていただきました。

源泉徴収票には、まず、主人の名前、住所、生年月日、
支払者の住所、名前(印鑑も。)が記載されています。

他には、「控除対象配偶者の有無」の欄には「有」とされており、
給与・賞与の「支払い金額」には「1,183,500」と記載されております。

そして右端の「源泉徴収税額」の欄には「0」とされています。

記載されているのは、上記のことだけです。
ちなみに我が家は主人・私(妻)・1歳と0歳の娘の4人家族です。
私は専業主婦ですので、お仕事はしておりません。

この場合、いくらくらいの所得税を、いつ、支払うことになるのでしょうか?
21年度の収入が少ないので、支払いは0ということもありえるのでしょうか?

本当に無知で申し訳ありませんが、教えていただけると助かります。
やさしい回答をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------
補足 ちなみに平成21年6月以前は、アルバイト(月収10~13万ほど)で、所得税は最初から引かれた状態での給料手取りでした。

源泉徴収、所得税について。

まったくの無知です、教えてください。

主人のことです。

平成21年7月から漁師として働き、平成21年度の源泉徴収票を頂きました。
毎月のお給料からは所得税が引かれていません。

なので、まとめて所得税を支払うということになるんですよね?

所得税の計算など色々調べたのですがいまいちピンを来ず、わからなかったのでこちらで質問させていただきました。

源泉徴収票には、まず、主人の名前、住所、生年月日、
支払者の住所、名前(印鑑も。)が記載されてい...続きを読む

Aベストアンサー

>平成21年7月から漁師として働き、平成21年度の源泉徴収票を頂きました。
毎月のお給料からは所得税が引かれていません。

毎月のお給料から所得税が引かれるか引かれないかは毎月の社会保険料控除後のお給料の額と扶養等の数(質問者さんの場合には質問者さんとお子さん2名の合計3人)によってきまります。
質問者さんの場合だと扶養控除申告書を提出していれば月20万円くらいのお給料までならば所得税は引かれないはずですね。
アルバイトの時は源泉が引かれているということですので扶養控除申告書を提出していないのかもしれませんね。
扶養控除申告書というのは年末調整の時に書いたりする扶養している人の名前を書いたりする書類です。
漁師さんのほうの職場で年末調整をされました?
年末調整の時にアルバイトの時の源泉徴収票を提出しておけば確定申告しなくても大丈夫でしたよ。


>この場合、いくらくらいの所得税を、いつ、支払うことになるのでしょうか?
21年度の収入が少ないので、支払いは0ということもありえるのでしょうか?

納める所得税は0円になります。
むしろ確定申告することによりアルバイトしていた時に給料から天引きされた部分の所得税が戻ってきますよ。
下記の控除できる金額が給料より多くなっているためです。
給与の合計
(漁師の給料1,183,500円+バイトの時のお給料を多めに見積もってます13万円×6)=1,963,500円
控除するもの
給与得控除額768,700円+基礎控除380,000円+配偶者控除380,000円+扶養控除(子供2名分)760,000円=2,288,700円

税務署に印鑑と源泉徴収票と還付してもらいたい銀行口座の支店名や口座番号がわかるものをもっていけば無料でやってもらえますよ。

>平成21年7月から漁師として働き、平成21年度の源泉徴収票を頂きました。
毎月のお給料からは所得税が引かれていません。

毎月のお給料から所得税が引かれるか引かれないかは毎月の社会保険料控除後のお給料の額と扶養等の数(質問者さんの場合には質問者さんとお子さん2名の合計3人)によってきまります。
質問者さんの場合だと扶養控除申告書を提出していれば月20万円くらいのお給料までならば所得税は引かれないはずですね。
アルバイトの時は源泉が引かれているということですので扶養控除申告書を提...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報