知人の奥さんがパチンコ店の景品交換所の店員に就職するために、現金を扱うので2名の保証人が必要として、私に依頼がありました。
保証人の文面を見ると、「一切の保証をする」となっており、印鑑証明を付けて提出となっていますが、就職時の保証人手続きとしてはあまりに厳密なため、若干のリスクを感じています。
そこで、お聞きしたいのはパチンコ店(景品交換所)に就職するのにこのような厳密な保証人が一般的に必要なのか、また保証のリスクはどの程度覚悟すればよいのでしょうか。
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

パチンコ店としても、万が一のこと(持ち逃げや横領など)を考えて、厳しくしているのだと思います。



私の友人で銀行に就職しましたが、やはり保証人2名と印鑑証明が必要でした。
銀行と同じくお金を扱う仕事ですので、厳密なのではないでしょうか?

過去に保証人についての質問があり、そこで身元保証の法律についても書かれていますので(その中の参考URL)、参考にしてください。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=161221

お金を扱う仕事ですので、リスクは高いと思いますよ。(知人の奥様が信用のおける人でしたら、問題はないと思いますが・・・)

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=161221
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体でき事例も含め、ご説明ありがとうございました。
大変助かりました。

お礼日時:2001/12/07 11:09

現金を扱う職種の場合は、正社員・臨時を問わず、ほとんどの場合に保証人を要求されます。


これと、雇う側としては金銭にからむ事故の場合のリスクを最小限にするための自衛措置で、とくに厳しいものではありません。

保証範囲は、一般的には、本人の故意又は重大な過失により、現金を紛失したりして、雇い主に損害を与えた場合などに、本人が弁済できないときに、保証人が代わりに弁済するということです。
問題は、軽い過失の場合にどうなっているか、よく確認されてから、保証人になられたらよろしいかと思います。

また、単なる保証人の場合は、保証期間は勤続中継続しますが、「身元保証人」となっている場合は「身元保証人に関する法律」があり、契約で期間を定めて無い場合は、三年間効力があります。
そして、期間を定める場合には、最長5年間しか認められず、5年後に更新は出来ます。

身元保証人については、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.pref.osaka.jp/rofuku/soudankyoiku/m3. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素人の私にもわかり易いご説明をありがとうございました。
非常に助かりました。
先方も急いでいるような話でしたので、おかげさまで迅速な対応ができそうです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/07 11:07

 パチンコ店のみならず、ほとんどの就職の際には「保証人」が必要となっています。

アルバイトでも、保証人が必要とされています。

 保証のリスクは、現金を扱いますので一般事務などに比べると、リスクは大きいと思われますし、事故があった場合は本人なり保証人が全額補償することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

複数の方に保証人の必要性を説明されましたので、納得いたしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/07 11:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安全でリスクなし、もしくは低リスクでお金儲けれる方法ないですか?

安全でリスクなし、もしくは低リスクで楽してできるお金儲け話ないですか?
そんなのないよーーー、働けーーーという回答はご遠慮下さい。
私は主婦です。子供いません。
純粋に単純に、聞いています。
ポイント貯めて、交換する、以外の方法ないですか??

Aベストアンサー

「儲け」までいくかどうかは保証の限りではありませんが、手持ちで余っているものをオークションで売るのはいかがですか?
稀少な本やCD、DVD。

あるいは、手芸等が上手でしたらビーズ手芸などを売る。
裁縫に自信があれば、ゴスロリ系の手作り服などはかなり高価で売れるようです。

オークションでしたら、リスクはかなり低いでしょうし、一度、どのようなものが高価で取引されているか、見てみても損はないと思います。

Q保証人と連帯保証人の違いについて

債務者が返済できない場合に保障人、連帯保障人が返済すると思うのですが、
保証人はその本人だけに返済義務があり、
連帯保証人はその家族(親兄弟)も返済義務があると聞いたのですが、
本当の所はどうなのでしょうか?
よろしくお願いします.

友人に頼まれ金銭借用証書を作成し
債務者に友人名が
連帯保証人に兄貴の名前が記載されています.

Aベストアンサー

保証人と連帯保証人の違いは債務者本人とまったく同じ義務なのか(連帯保証人)、単にどうしても返せないときにだけ保証すればよいのかの違いです。
連帯保証人だからといって保証した本人以外に返済義務はありません。
保証人の場合は、どうしても本人から取り立てられない場合にのみ返済すればよいのですが(本人から取り立てろといえる。)、連帯保証人なら本人に返済能力はあっても連帯保証人に払ってくれということもでき、その場合は払わなければなりません。(本人から取り立てろといえない。もちろん代わりに返済すれば借りた本人から連帯保証人が取り立てることはできますが。)

Q国民生活金融公庫(国の教育ローン)の審査の厳密性は?

すみません。下の質問とかぶってしまうかもしれませんが、国の教育ローンの審査についてご教授ください。
社会人ですが、予備校の資金(37万)を借り入れようと思います。
審査の際、当然使途を証明する書類などを求められると思うのですが、これはどのようなものが必要となるのでしょうか?
予備校でしたら必要金額が記載されている申し込み書などでしょうか?
当然、お金がないから申し込むのであって、もしお金を支払った後の領収書などを求められたら困ってしまいます。。

Aベストアンサー

金融機関に勤務しており、以前、国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の審査も担当したことがある者です。

下の質問(http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2153545 のことですね)と併せて回答をさせていただきます。
多分、多少長い文章となってしまうと思いますが、しばらくお付き合いください。

社会人の方が仕事の傍ら、資格修得のための「学校」に通うということはあります。
その点では、ご本人が借入申込人になることは問題ありません。
一般のローンと同様、収入や属性により審査の可否が決まりますが、さらに、「国の教育ローン」独自の審査が加わりますして、収入や属性に問題ない方が融資不可となる場合、逆に、一般のローンなら不可となりそうな方が融資可になったりします(詳細についてお教えすることはできません。ご了承のほど)。

ですが、#1さんが仰っているとおり、「国の教育ローン」は、プロパー教育ローンと違って、【通学先が「国の教育ローン」の対象校となっていなければならない】ことが大きな特徴です。
『教育を受けられる教育機関』に通うための費用ならば、『教育機関』はどこでもOKという訳ではないのです。
極端な話をすれば、自動車教習所が「国の教育ローン」の対象校ならばOKなんですよ。
ただし、「国の教育ローン」の対象となるのは、最低でも6か月以上の「期間・教育課程」を設定している教育機関ですから、自動車教習所は普通該当しませんけれどね。

入学予定の予備校に、「国の教育ローン」対象校になっているかどうかについてはご確認済みなのでしょうか?(どこが対象校になっているかは、ウェブサイトなどでは確認はできません。入学予定の予備校、国民生活金融公庫および受託金融機関にお問い合わせください。)
それを予備校に確認されて、対象校となっているならば、やはり#1さんが仰っているとおり必要書類も教えてくれるはずです。

ところで、「予備校」と書いていらっしゃいますが、「専門学校」や「専修学校」等ではないのですよね?
「予備校」の場合、大学受験で浪人された方が1年程度通われるような場合以外、あまり対象とはなっていないと記憶しているのですが…。
先にも申し上げましたとおり、「国の教育ローン」は、6か月以上の「期間・教育課程」を定めているようなところでないと対象校とはなっていないません。
「予備校」となると「入学」から「卒業」までの「期間・教育課程」は、年度計画で行われているものでしょうか?
また、対象校となっていても、利用されるのが随時入学-のような場合は、対象外とされることが多いので…。

「国の教育ローン」は、この時期(5月以降)は、通年受付の「在学費用」での申込・受付になります。
「在学費用」の場合、既に入学済みの方に対しての融資です。
先に費用を払っていなければ「在学」させてもらえないことの方が多いでしょう。
ですから、学校に納めた学費の領収証や通学に利用している定期券のコピーなど、必要経費として支払った「証拠書類」の提出が必要です。
ただし、1年次の末に2年次の費用を借りたい-という場合などには、「請求書」のコピーなどで構いません(この場合は未払いですね)。
さらには、学生証や在学証明書も必要書類です。

> 予備校でしたら必要金額が記載されている申し込み書などでしょうか?
必要金額が記載されている申込書や案内書-でよいのは「入学費用」の場合です。
この場合は、入学前の「合格通知」や「入学許可証」の提出になります(こちらはコピーではなく原本をお預かりし、金融機関側でコピーを取ります。金融機関側でコピーを取るのは、不正融資防止の点からです)。
#1さんの場合の
> 私の家族が、融資を受けた時は120万円借りられました(中略)領収書などは必要ありませんでした。融資を受けたお金で学費を払い込みましたから。
は、「入学費用」の場合ですね(でなければ金融機関の怠慢…)。
「入学費用」の場合は、受験費用(合否に関わらず複数校分でも可)や受験にかかった交通費・宿泊費なども含んでよいことから、特に必要経費の明細の提出を求めず、1学生につき200万円までの融資申込ができます。

あと、「国の教育ローン」で借りられるのは「学費だけ」とは言い切れないんですよね。
さすがに、「音大でピアノが必要なのでその費用も。」というのは却下されましたけれど、パソコンの購入費用は認められるんですよ(ただし領収書が必要です)。
昨今、大学の卒論や受講形態によっては、ノートパソコン必携-というところが出てきていますので。
通学費用(ただし公共交通機関を利用の場合。車等で通学する場合のガソリン代は不可)はもちろん認められます。
下宿代(金額が記載された賃貸借契約書のコピーが必要。ただし、通学のためだけに必要-と証明でき、認められた場合のみ)も認められます。

ご質問者さまの場合、既に入学許可が取れていて、9月入学で、教育課程・在学期間が1年以上-であれば、「入学費用」としての申込・受付がしてもらえるかもしれませんが、そうでなければ、「在学費用」となり必要経費に関する全ての領収書の提出が必要で、その範囲しか融資は受けられません。

自動車学校では独自のローンを扱っているところが殆どですが、信販系が殆どのため、15%以上の金利となってしまい、金利の低い「国の教育ローン」を使いたい-とのお考えは分かりますが、自動車学校の費用は、別途お借り入れください。
虚偽はいけません。

金融機関に勤務しており、以前、国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の審査も担当したことがある者です。

下の質問(http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2153545 のことですね)と併せて回答をさせていただきます。
多分、多少長い文章となってしまうと思いますが、しばらくお付き合いください。

社会人の方が仕事の傍ら、資格修得のための「学校」に通うということはあります。
その点では、ご本人が借入申込人になることは問題ありません。
一般のローンと同様、収入や属性により審査の可否が決まり...続きを読む

Q住宅ローン 保証会社じゃなくて保証人を立てる?

某組合で住宅ローンの申し込みをしています。
しかし住宅ローンの決済を2週間後に控えた今日、様々な某組合のミスで決済が遅れる可能性が出てきてしまいました。

多くの関係者が決済日に向けてすでに行動を開始していたので大変困っています。組合側からは決済日に間に合わせるために、またミスのお詫びを兼ねて、特別に保証会社を使わず、私たち夫婦の親に保証人になってもらってローンを組むのはどうか?と提案されました。

そうすれば決済にも間に合うし、保証料数十万円も浮くから・・。と説明を受けました。

親は保証人になってくれるとは思いますが、通常、保証会社を使うのが通例になっているのにこのように保証人をたてるというのは何か私たちにとってまずいことがありますか?

組合側は「ご迷惑をお掛けしているので、特例の特例ということでさせていただく」と言ってきていますが、担当者がどうしても上司と直接話をさせてくれない、何度もミスをする、と、信用できないのです。メリットばかり説明をしてくるんですが、デメリットってないのでしょうか、本当に保証料が浮くと棚ボタの気持ちで喜んでいいのでしょうか。

尚、夫婦で連帯債務でローンは組む予定ですが、夫婦共に団信には入れるそうです。物件価格(土地と建物)の半額は現金で決算する予定で、借入額は土地代よりも少ないです。

いざとなれば、保証人に土地を処分してもらい残債を支払ってもらえばいい、と言っていました。一度保証人を付けるとそれを辞めて保証会社に乗り換えることは出来ないらしいし、保証人が死亡した場合は新たに保証人を立てないといけないといわれました。

今日中に保証人をたてるかどうするか、返答することになっているのでどなたかメリット、デメリットを教えて下さい。

某組合で住宅ローンの申し込みをしています。
しかし住宅ローンの決済を2週間後に控えた今日、様々な某組合のミスで決済が遅れる可能性が出てきてしまいました。

多くの関係者が決済日に向けてすでに行動を開始していたので大変困っています。組合側からは決済日に間に合わせるために、またミスのお詫びを兼ねて、特別に保証会社を使わず、私たち夫婦の親に保証人になってもらってローンを組むのはどうか?と提案されました。

そうすれば決済にも間に合うし、保証料数十万円も浮くから・・。と説明を受け...続きを読む

Aベストアンサー

>担当者がどうしても上司と直接話をさせてくれない、

特例の特例?ナンですかそれは?そんなものが、担当者の一存で出来るとは思えません。後から言った言わないの水掛け論にならないよう、きちんと上司と話し合い、なおかつ「文書での記録」を取っておく事が大事です。

もちろん親が保証人になってもらってもきちんと返済さえ出来れば困る事はありませんが、そのような担当者とは「口での説明」をそのまま信じてはだめですよ、必ず契約書なりをきちんと読んで、間違いが無いか確かめる事が大事です。

Q「元金均等・保証料必要」、又は「元利均等・保証料不要」どっち?

残り2300万円、30年返済の住宅ローンの借り換え先を検討中ですが
銀行によって色々で比較が難しいです。
利息が少ない元金均等払いが良いと思っていましたが
元利均等しかない銀行は保証料が不要、ということに気づきました。
それでも、前者の方が借り換え諸費用+総支払額は少ないですよね?
10年固定で借り換えるとして
前者は、金利が2・2%か2・6%、保証料が44万円か48万円
後者は、金利が2.6%か3・1%、保証料なし
比較のポイントは他にもあるのでしょうか?終了後の優遇金利とか?
また、15年固定にした場合には変わってきますでしょうか?
銀行の選択の仕方に迷っています。

Aベストアンサー

ご質問者さまの考え方で間違いはありません。

仮に、借り換え金額:2,300万円 返済期間:30年 ボーナス返済なしという条件のもと、
(1) 金利:2.60%(10年固定) 元金均等返済 保証料48万円
(2) 金利:3.10%(10年固定) 元利均等返済 保証料なし
という条件を比較してみます。
当初固定期間終了後の金利がどうなるかは分かりませんので、とりあえず「金利の上昇はなく、完済まで同一金利がてきようされた」として計算してみました((2)は、初回返済時に端数調整)。
そうしたところ、総利息額は
(1) 8,945,083円
(2)12,356,958円
となり、その差は340万円程度。
保証料を50万円と考えても、(1)の方が、総返済額は少なくなります。
15年固定にしても、基本は変わりません。

この条件で元金均等返済を選択できるということは、当初の返済額11.4万円程度の返済が可能だということですよね?
(2)で毎月の返済額を11.4万円程度にすると、返済期間を24年にすることができます。
そこで、借り換え金額:2,300万円 返済期間:24年 金利:3.10%(10年固定) 元利均等返済 ボーナス返済なしという条件で再計算しますと、総利息額は9,635,648円。
まだ、(1)の方が、総返済額(元金+利息)が少ないですね。

比較のポイントは、おっしゃる通り、当初固定期間終了後の優遇金利が一番大きいと思います。
ほかには、固定期間中でも繰上返済ができるのか、繰上返済手数料はいくらか、再度固定金利特約を締結する場合の手数料などの手数料に関することが主だと思います。

ご質問者さまの考え方で間違いはありません。

仮に、借り換え金額:2,300万円 返済期間:30年 ボーナス返済なしという条件のもと、
(1) 金利:2.60%(10年固定) 元金均等返済 保証料48万円
(2) 金利:3.10%(10年固定) 元利均等返済 保証料なし
という条件を比較してみます。
当初固定期間終了後の金利がどうなるかは分かりませんので、とりあえず「金利の上昇はなく、完済まで同一金利がてきようされた」として計算してみました((2)は、初回返済時に端数調整)。
そうしたところ、総利息額...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報