知人の奥さんがパチンコ店の景品交換所の店員に就職するために、現金を扱うので2名の保証人が必要として、私に依頼がありました。
保証人の文面を見ると、「一切の保証をする」となっており、印鑑証明を付けて提出となっていますが、就職時の保証人手続きとしてはあまりに厳密なため、若干のリスクを感じています。
そこで、お聞きしたいのはパチンコ店(景品交換所)に就職するのにこのような厳密な保証人が一般的に必要なのか、また保証のリスクはどの程度覚悟すればよいのでしょうか。
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

パチンコ店としても、万が一のこと(持ち逃げや横領など)を考えて、厳しくしているのだと思います。



私の友人で銀行に就職しましたが、やはり保証人2名と印鑑証明が必要でした。
銀行と同じくお金を扱う仕事ですので、厳密なのではないでしょうか?

過去に保証人についての質問があり、そこで身元保証の法律についても書かれていますので(その中の参考URL)、参考にしてください。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=161221

お金を扱う仕事ですので、リスクは高いと思いますよ。(知人の奥様が信用のおける人でしたら、問題はないと思いますが・・・)

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=161221
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体でき事例も含め、ご説明ありがとうございました。
大変助かりました。

お礼日時:2001/12/07 11:09

現金を扱う職種の場合は、正社員・臨時を問わず、ほとんどの場合に保証人を要求されます。


これと、雇う側としては金銭にからむ事故の場合のリスクを最小限にするための自衛措置で、とくに厳しいものではありません。

保証範囲は、一般的には、本人の故意又は重大な過失により、現金を紛失したりして、雇い主に損害を与えた場合などに、本人が弁済できないときに、保証人が代わりに弁済するということです。
問題は、軽い過失の場合にどうなっているか、よく確認されてから、保証人になられたらよろしいかと思います。

また、単なる保証人の場合は、保証期間は勤続中継続しますが、「身元保証人」となっている場合は「身元保証人に関する法律」があり、契約で期間を定めて無い場合は、三年間効力があります。
そして、期間を定める場合には、最長5年間しか認められず、5年後に更新は出来ます。

身元保証人については、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.pref.osaka.jp/rofuku/soudankyoiku/m3. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素人の私にもわかり易いご説明をありがとうございました。
非常に助かりました。
先方も急いでいるような話でしたので、おかげさまで迅速な対応ができそうです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/07 11:07

 パチンコ店のみならず、ほとんどの就職の際には「保証人」が必要となっています。

アルバイトでも、保証人が必要とされています。

 保証のリスクは、現金を扱いますので一般事務などに比べると、リスクは大きいと思われますし、事故があった場合は本人なり保証人が全額補償することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

複数の方に保証人の必要性を説明されましたので、納得いたしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/07 11:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング