人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

当社では月給制を採用しています。25日締めの末日払いだったのですが、1月からは15日締めの25日払いに変更になります。
そこで、25日-15日=10日分の給料が減額され、2/3の給与を支払うそうです。12月26日から1月15日の賃金とのこと。以降は通常賃金に戻るそうなのですが・・・。
ex)月給15万円の場合
 12月31日支払いは15万円 
 1月25日支払日は10万円
 2月25日支払日は15万円
 3月25日支払日は15万円・・・
これっておかしいと思うんですけど・・・。
10日間のただ働き期間があるように思えます。無給で10日間休んだわけでもないのに、10日分減額されて、どこでも精算されないのは変な気がします。
退職時に10日分の給与5万円を支払うものと考えればいいのでしょうか?
それとも、これは通常処理方法なのでしょうか?

A 回答 (1件)

おかしくはありません。


11月26日から12月25日でひと月30日の内休日を除いて25日勤務
12月26日から1月15日でひと月に満たない20日の内休日を除いて15日勤務
1月16日から2月15日までひと月31日に内休日を除いて25日勤務
となります。
締め日がズレて給料日もズレると変だなぁと思いがちですが、前月の締め日の翌日から給与月の締め日まででカウントしていけば、ちゃんと計算していることになります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給料日の締日が変更で未払期間が発生、支給されず

25日締め → 末日支給  が、
末日締め → 翌5日支給  に変更となりました。


3月26日~4月25日分は、 4月30日支給
4月26日~5月31日分は、 6月5日支給  と会社は決定しました。


本来なら、

4月26日~5月25日分は、 5月31日支給として、
5月26日~5月31日分を、 6月5日支給、
6月1日~6月30日分を、 7月5日支給

と、すべきではないのでしょうか。

この状態だと
約6日分のお給料をいただいていないことに
なるんですよね。

雇用形態は、社会保険未加入なので
正社員でもないのですが
毎月定額の給料をいただいています。

有給休暇はなく、
親戚に不幸があっても、
インフルエンザにかかっても
出勤しなくてはならないので
休むことはほぼありません。

このような雇用形態です。

締め日変更による未払分について
教えていただければと思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

未払いは直接には発生しません。
4/26~4/30分は5月稼働分と合算して6/5に支払うならば問題無しです(労働者の3/4以上の代表者との協議が無いと賃金締め日は変更出来ない)。
あくまでも新しい賃金期間は5/1~5/31であり、賃金の端数期間が4/26~4/30です。これを端数を5/26~5/31にして日割賃金を1日分稼ごうと考えるのは誤りです。
もし6/5の段階で月例賃金しか支払われ無かった場合、「4/26~4/30」が全休であれば支払いはされません(ノーワークノーペイ)。
暦に従い稼働した場合は月給制でも月額賃金の5/30は加算される必要があります(完全週休2日制でもこの計算が容認される可能性大)。実労日数に比例させる場合は公休出勤の例に倣い公出加算無しで計算します。

Q給与締日変更に伴う給与計算について。

教えてください。

私が所属する会社(A社)が別の会社(B社)の傘下に入りました。
それに伴って、給与体系をB社にあわせることになり、給与締日が変更になりました。

A社=20日締め25日払い
B社=15日締め25日払い

先日、下記の告知をされました。

●従来:8月21日~9月20日締め9月25日振込
●今月:8月21日~9月15日締め9月25日振込
●来月:9月16日~10月15日締め10月25日振込
よって基本給が今月は30日分の25日分になるので少なくなります。
役職等の手当て、通勤費は月額なので日割り計算はしません。

ということは、継続して仕事を続けているにもかかわらず5日分の実働が支払われなくなってしまうのでは?と大変不安になっております。

本当にこのような計算方法が通常なのでしょうか?
ちなみに、この計算だと私は今月4万7000円少なくなってしまいます。

このような場合は、普通は20万の給与で20日間働いていたものが、15日間に短縮されたと仮定すると、1日あたりの単価が上がるのではと思うのですが…
そうしないと、年収が下がってしまうと思うのですが…
詳しい方教えていただければ大変助かります。

ご意見を伺った上で、会社と話し合いたいと思っております。
よろしくお願いします。

教えてください。

私が所属する会社(A社)が別の会社(B社)の傘下に入りました。
それに伴って、給与体系をB社にあわせることになり、給与締日が変更になりました。

A社=20日締め25日払い
B社=15日締め25日払い

先日、下記の告知をされました。

●従来:8月21日~9月20日締め9月25日振込
●今月:8月21日~9月15日締め9月25日振込
●来月:9月16日~10月15日締め10月25日振込
よって基本給が今月は30日分の25日分になるので少なくなります。
役職等の手当て...続きを読む

Aベストアンサー

#1さんの回答にあるとおりで、問題はないですね。

確かに、donfanjpさんの仰るとおりで、見た目は1ヶ月だけ少なくなります。
そして、年収についても、支払を基準に考えるならば、同様に見た目は少なくなります。
ただ、donfanjpさんの実働に対する給与を受け取る権利に変更はありません。

このように、締日、または、支払日の変更に伴って、支給額が減る場合に、会社側が考えなければならないのは、労働者の生活を脅かすような支給(計算上は正しくとも、生活給としての手取りが減るという点)は避けなければならないものかなと。
もちろん、理論的には正しくともです。

私が、過去に類似するケースに出会ったときに、会社側は、手取額として不足する分について、特別に支給されたことがあります。
会社としては、追加支給となりますが、労働者にとっては、生活が守られたことになります。
そういう配慮をする企業は少ないかもしれませんね。
 

Q社内通知文作成・・・。

給与支給日の変更があるので、社員に通知をしなければならないのですが、文章が苦手なものでいい通知文が浮かびません。
助けて下さ~い。

変更内容は現行月末締め当月25日支払が、翌月10日支払に変更になります。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

社員各位
                   人事部長
      給与支給日変更の件

 頭記の件、○○の理由により支給日を以下の通り
変更するので、通知します。

1.変更前 月末締め当月25日支払い 
2.変更後 月末締め翌月10日支払い
3.実施日 今月支払い分より
    注)具体的には2/25支払いが
      3/10支払いになります。

                    以  上

Q給料締め日・給料支払い日が急に変更されます。そのときの保険額は変わらない??

今月の給料日の締め日と給料日の変更を急に宣告されました。
いままでは
15日締め→当月末払い

今月から
月末締め→翌月末払い

になるとの事です。それに伴い、今月の給料は
1月15日~1月末までの分ということで、2月末に支払われるため
いつもの半分のみ支給ということです。

ここまではなんとか理解、納得できたのですが、
社会保険・厚生保険・住民税は
半額の給料でも1か月分まるまるひかれるとのことです。

半分の給料から保険等は満額さしひかれると、損した気がするのですが、これは納得するしかないのでしょうか??

詳しい方、教えてください((+_+))

Aベストアンサー

若干語弊はありますが、月末日を基準に社会保険・厚生保険は支払われます。(当然、会社が半分負担)

会社側の行った給料日支払日変更も、法的に問題なく、また保険料控除も問題ありません。損した気がするだけです。退職する場合に、月末〆ならその月の保険料半額は会社負担が続きます。

Q賃金締日変更による所得減額

よろしくお願いします。

今月から賃金締日が変更となり、そのことで6月支給分の所得が減り、大変困っています(涙)

【変更前】2008年5月支給分まで
・月末締め 20日払い(前払い制)

【変更後】2008年6月支給分から
・20日締め 25日払い


【2008年6月支給分】
支給)
・基本給×15/23日分(5月21日~6月20日勤務分)
・諸手当×15/23日分(5月21日~6月20日勤務分)

控除)全額



会社の帳簿上は、正当性があり、社員に対して未払がないことはわかります。
しかし、会社とは[基本給/毎月]という契約で雇用関係にあるにも関わらず、減額されてしまっては、違反されたような気がしてならないのです。
しかも、上記の通達を聞いたのは6月24日、支給日の前日で、私はパニックです(涙)
家賃を支払うことしかできません。
ボーナスは無しでした。

今後、労働者にとって消えた基本給×8/23日分は支払われる予定はないそうです。

取締役に相談したところ、借金をするように言われました!Σ( ̄□ ̄;)

こういうもの…なんでしょうか。
頭が真っ白です…。

日払いなら…理解できるのですが。

こういったケースを経験された方や、労働基準法などにお詳しい方からご意見をいただきたいです。

よろしくお願いします。

今月から賃金締日が変更となり、そのことで6月支給分の所得が減り、大変困っています(涙)

【変更前】2008年5月支給分まで
・月末締め 20日払い(前払い制)

【変更後】2008年6月支給分から
・20日締め 25日払い


【2008年6月支給分】
支給)
・基本給×15/23日分(5月21日~6月20日勤務分)
・諸手当×15/23日分(5月21日~6月20日勤務分)

控除)全額



会社の帳簿上は、正当性があり、社員に対して未払がないことはわかります。
しかし、会社とは[基本給/毎月]と...続きを読む

Aベストアンサー

仮に、7月末に退職したとして

旧制度だと7月給料で終わりですが
新制度だと8月25日に7月21~31日分(いわゆる35%)
支払いがありますからトータルでは帳尻が合っています

ただ、労働基準法的には
1 給与の支払い条件を変更するときは労使の合意が必要
  労働組合があるのなら、何らかの対応をとっていると思います
2 給与の支払いは月一回以上の支払いなので
  5月の給与20日から6月の給与25日までだと35日あるので問題だということはできます
普通は20日、25日に一時金を出してから翌月完全しこうとするのですが

ただ、余計な話ですが6月はともかく長期的には全額支払ってもらえる性格のものですので、
あえて、出世や退職の危険を冒してまで講義するべき問題なのか疑問を持ちます。
現実問題として、会社を辞める覚悟があるなら抗議してもいいと思いますが

Q給与〆日変更の社内通知文

給与〆日変更の社内通知文

8月から給与の〆日が変更となり社内通知メールを送ることになったのですが
文章能力が乏しくいい通知文が思いつきません
支払い日はこれまでと変わりません


これまでは末〆→当月25日支払いでしたが
8月より10日〆→当月25日に変更になります。

そうなると8月の支給給与が8月1日~8月10日の10日間のみとなり社会保険料も引かれると
手取り額がかなり下がることも含めて通知したいと思っています。

読み手がわかりやすくスマートな文章が思いつかず・・・
どなたか教えてください

どうぞ宜しくお願いします。
社会人一年目より

Aベストアンサー

>これまでは末〆→当月25日支払いでしたが
>8月より10日〆→当月25日に変更になります。

現行は、”当月25日”払なのですね。

7月迄は
  7月1日~7月31日 支給日 7月25日
8月は
  8月1日~8月10日 支給日 8月25日
9月は
  8月11日~9月10日 支給日 9月25日

上記の理解で合っている前提で回答します。

この場合、8月25日の給料は10日分しかありませんので、30万円の給料の方は
10万円になります。この10万円の給料から特別徴収地方税(これは7月と同額)
を控除します。社会保険料・源泉所得税・・・・。
生命保険料を給料天引、財形を天引、住宅ローンの返済を予定している場合に
はその金額によっては、差引支給額がマイナスになる場合も想定出来ます。
(もしくは、ローンの返済ができない)
御社の平均給与が高額であれば問題ありませんが、平均が30万円程度であれば
8月25日から9月25日までの一ヶ月間を生活できない方が多数発生します。

>手取り額がかなり下がることも含めて通知したいと思っています。

通知の前に、下記の確認をしてください。
◯御社の賃金規定を改定しているか
   就業規則・賃金規程を改正しないと、後々労使問題が発生する可能性
   があります。
◯労働組合(または社員を代表する方)との交渉
   労働組合が当該措置を了承しているのであれば、部外者である回答者
   がとやかく言う問題ではありません。しかし労働者との話し合いがつ
   いていなければ、とても社内通達で済む問題とは思えません。

上記に一切問題がないのであれば、別にスマートな文章にする必要はありません。

賃金改定について
8月度賃金(8月25日支給)より、支給条件が変更になりますので周知します。
  現行  当月末締め  当月25日支給
  変更後 当月10日締め 当月25日支給

例示
7月迄は
  7月1日~7月31日 支給日 7月25日
8月は
  8月1日~8月10日 支給日 8月25日
9月は
  8月11日~9月10日 支給日 9月25日

注意書きとして、8月25日支給は大巾に支給額が減る旨記載して下さい。
(モデル賃金で、例示してください)

<余計なお世話ですが>
移行期として下記の様な措置をとると、従業員の痛みが少しだけ軽減します。

この場合、8月・9月だけ変則支給にする折衷案も・・・・。
7月迄は
  7月1日~7月31日 支給日 7月25日
8月は以降 
  8月1日~8月20日  支給日 8月25日 (8月は合計20日分の給料)
  8月21日~9月10日 支給日 9月25日 (9月は合計20日分の給料)
  9月11日~10月10日 支給日 10月25日(10月は1ヶ月分の給料)
このようにすれば、8月・9月は通常月の2/3の支給となりますので、1/3の
支給より被害は少なくなります。

<参考>
給料の支給には5原則がありますので、抵触していないか確認
http://web.thn.jp/roukann/roukihou0024jou.html

>これまでは末〆→当月25日支払いでしたが
>8月より10日〆→当月25日に変更になります。

現行は、”当月25日”払なのですね。

7月迄は
  7月1日~7月31日 支給日 7月25日
8月は
  8月1日~8月10日 支給日 8月25日
9月は
  8月11日~9月10日 支給日 9月25日

上記の理解で合っている前提で回答します。

この場合、8月25日の給料は10日分しかありませんので、30万円の給料の方は
10万円になります。この10万円の給料から特別徴収地方税(これは7月と同額)
を控除します。社会保険料・源泉所得税・・・...続きを読む

Q入社式の司会者用の台本

会社で、4月1日に入社式を行うため、
当日用に台本を作らなければなりません。
小さな会社なので毎年入社式を行っているわけではないので、
数年前の前任者(既に退職)が作成したものを参考にしているのですが、
「これでいいのか??」と思う部分があり、
詳しい方にご意見お伺いしたいです。
参加者は、新入社員と会社幹部、全従業員、新入社員の父兄で、
全員で40名程度です。

(1)開式・・開始時間になればみんな着席しているように
     段取りしていますが、いきなりはじめるのではなく、
     クッション的に何か言葉を挟みたいのですが、
     どういった言葉がいいのでしょうか?
     例えば、「お時間になりましたのではじめたいと思います」
     とか、変でしょうか?

(2)社長訓示・・社長に壇上から訓示をいただくのですが、
     司会者は、「社長訓示 代表取締役 ○○」とだけ
     言えばいいのですか?
     前任者のマニュアルには「社長、お願いします」と
     書いてありましたが、これはおかしいですよね?

(3)会社幹部の紹介・・司会者が「会社幹部の紹介を行います」と
     言った後、幹部の社員に向けて「幹部の皆様は
     恐れ入りますが、お名前を申し上げますので
     その場でご起立ください」と言うと
     マニュアルに書いてありました。
     新入社員の父兄も同席される中で、幹部とはいえ
     同じ会社の人間にそのような言葉遣いをするが
     正しいのでしょうか??
     間違っている場合、どのように言ったら良いですか?

(4)閉式の辞・・「以上をもちまして、平成21年度××会社入社式を
     終了いたします。」
     ⇒閉式の辞は『終了いたします』で正しいですか?

沢山ですみませんが、よろしくお願いします。

     

会社で、4月1日に入社式を行うため、
当日用に台本を作らなければなりません。
小さな会社なので毎年入社式を行っているわけではないので、
数年前の前任者(既に退職)が作成したものを参考にしているのですが、
「これでいいのか??」と思う部分があり、
詳しい方にご意見お伺いしたいです。
参加者は、新入社員と会社幹部、全従業員、新入社員の父兄で、
全員で40名程度です。

(1)開式・・開始時間になればみんな着席しているように
     段取りしていますが、いきなりはじめるのではなく、
...続きを読む

Aベストアンサー

(1)ひと声いれるといいですね。
(2)全体に向けて「社長訓示 代表取締役 ○○」
社長に向けて「社長、お願いします」です。
挨拶は義務ではなくお願いしてやってもらう形ですから。
(3)幹部を来賓と見るか、父兄を来賓と見るかによりますよね。
両方の顔を立てなければいけないので
「会社幹部の紹介を行います。名前を読み上げますので、呼ばれた方はご起立下さい。」
位にしておきましょうか。
(4)終了でもいいですし「閉式」「閉会」でもいいと思います。

形式上は社内の人間に敬称をつけるのは厳密に言えばおかしいですが
質問者様も社員である以上、先輩や上司の方への敬意も忘れないでくださいね。

Q給与締日変更について

タイトル通りですが、勤め先の給料の締め日が変更されます。
 変更前:20日締め/25日支払い
だったのが、業務改善と言う名目の下
 変更後:15日締め/25日支払い
となりました。

これに伴い、変更月は通常月より5日間短くなります。
ですが勤め先では変更月の給与支払いについては
 通常の1ヵ月分支給する。他だし有給休暇を5日間使用したこととする。
 有給休暇の残日数が無い者については、付与された時点で5日間使用したこととする。
との通達がありました。

支給が減額されないように配慮した結果だとは思いますが、
このように有給休暇を勝手に使用される(使用したとみなす)ことは、
労務上問題のないことなのでしょうか。

Aベストアンサー

No.6の者です。

> しかしOKを出している社労士は回答に挙げていただいた事項は知らないのでしょうかね。

知らないかどうかは分かりませんが、事実上問題にならないだろうと判断した可能性はありましょう。法の専門家としての是非はともかく、またその判断の是非はともかく、極めて実務的超法規的な判断でしょうね。

参考までに、締め日変更前の有休残存日数が5日未満の者に対しても通常の1ヶ月分を支給し、他に何の手当てもしていないのだとしたら、従業員を平等に取り扱っていないことになり(労働契約法3条2項参照)強い違法性が疑われるところです。


人気Q&Aランキング