10年ほど前、雑誌で見かけた詩がずっと気になっています。それ以前にも聞き覚えがあるので、有名なものであろうと思うのですが、非常にうろ覚えで調べることができませんでした。

・「~は~。」みたいなのがいくつかあって、「飲めや酒、歌えや~」みたいなのが途中にあった気がします。
・バンカラっぽい調子だったので、おそらく近代の作品であろうと思います。

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

旧制高校の寮で歌われた「数え歌」に


http://mailman.is.kochi-u.ac.jp/listinfo/kujira- …
四つとせ
善し悪し騒ぐは野暮な奴
飲めや歌へやはね廻れ
という歌詞があります。

参考URL:http://mailman.is.kochi-u.ac.jp/listinfo/kujira- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス有り難うございます。せっかく教えていただいたのですが、これでもありません。
補足が出せなくて申し訳ありません。

お礼日時:2001/12/20 13:46

私も最初は鉄幹の「妻をめとらば」かと思いました。


それでないとすると、たしか島崎藤村の詩で、友と二人酒を酌み交わしながら、君は楽器を弾け、我は歌わん、みたいのがあったのですが、そんな感じでしょうか。手元に資料がないので、また調べてみるつもりですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス有り難うございます。さっそく調べてみました。
ご指摘の詩は「春の歌」か「秋のうた」であろうかと思いましたが、残念ながらこれでもありませんでした。
酒にまつわる詩は多いので、手がかりがこれだけでは難しいですね。

お礼日時:2001/12/13 11:53

もしかして、与謝野鉄幹の「人を恋うる歌」でしょうか?



  妻をめとらば才たけて みめ美わしく情ある
  友を選ばば書を読みて 六分の侠気四分の熱

  恋の命をたずぬれば 名を惜しむかな男ゆえ
  友の情けをたずぬれば 義のあるところ火をも踏む

  汲めや美酒うたひめに 乙女の知らぬ意気地あり
  簿記の筆とる若者に まことの男君を見る

  ああわれダンテの奇才なく バイロンハイネの熱なきも
  石を抱きて野にうたう 芭蕉のさびをよろこばず

  人やわらわん業平が 小野の山ざと雪をわけ
  夢かと泣きて歯がみせし むかしを慕うむら心

こんな感じで16番まで続きます。
下記のサイトに全文とMIDIがあります。

参考URL:http://www.fukuchan.ac/music/ryoka/ryoka-frame.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス有り難うございます。
残念ながら、これではありませんでした。文体は近いものがありますので、時代はほぼ同じ頃と思うのですが...
私の質問にほとんど手がかりが無いので、申し訳なく思います。

お礼日時:2001/12/13 08:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q近代俳句の近代とは?

正岡子規は、俳句の近代化を進めた、と言われます。(なんとなくそういうフレーズを記憶しています)
俳句における近代というのは、子規以前の俳句と比べて、どのような違いをもって言うのでしょうか。

Aベストアンサー

どうでもいいんですが、クソ暑い中を労働してきて、すっかり煮えた頭でお礼欄拝見して、ぶっ飛びました(笑)。

>とすれば、十七音での完結というのは、どういう要素によってそう感じせしめるのか。その要素がわかれば、その要素をふんだんに踏まえた句が、子規の代表作になるのではないか。

結論的に言いますが、こんなむずかしいことは、わたしにはわかりません(笑)。

ただ、文学史的知識でお答えできる点だけ、いくつか。

まず、発句というのは、連歌のなかの句といっても、また特別なものなんです。
俳諧連歌は、個々の句を鑑賞するだけでなく、発句から終りまでを、移り変っていく物語として鑑賞していくものです。
そのために、いくつも約束事(式目)がある。
みんなで力を合わせて、おもしろい物語を作っていきましょう、というわけです。

なかでも発句は一巻の連句のなかでも、唯一の独立性を持ったものと設定されています(ですから、発句だけを集めた発句集というのも、芭蕉の時代から出されていたわけです)。そのために「や」「かな」「けり」という切れ字を、この句だけが持つことができます。

また、招かれた客が、一座へ挨拶する、という性格があるのもその特徴です。

これはわたしが学校の授業で習って、いまでも覚えているのですが、「古池や蛙飛び込む水の音」は、連歌の席上で発表されたときには、次の句(脇句)がつけやすいように「古池や蛙飛んだる水の音」というものだったようです。

「古池や蛙飛び込む水の音」
「古池や蛙飛んだる水の音」

こうやって並べてみると、どちらが一句としての完成度をもったものか、あるいは、どちらにつぎの句がつけやすいものか、非常にわかりやすいのではないでしょうか。

こういうことは、当時の人々もすでに気がついていて、蕪村が属していた「三菓社」は、いまの句会に近い、発句だけを詠む会などを催していたようです。

つまり、子規もある日突然そういうことを言い出したわけではなく、それにいたるまでの道筋というのは十分にあったわけです。


さて、そのうえで、この世界最小の短詩型である俳句、この魅力はどこにあるか、というのは実に奥深くおもしろいものがあるので、質問者さんもぜひ、今後もいろいろ読んでいっていただきたいと思うのですが、たとえば、たった十七音では、芸術かどうかなど判断できない、と批判する人さえいます。

フランス文学者の桑原武夫なんですけど。
桑原が批判したのは現代俳句なんですが。

桑原が東北大学で教官をしていた当時、一線の俳人の句を十と、素人の句を五、まぜこぜにして、作者名を隠して教官や学生に優劣をつけさせた。
すると、驚くべき結果、というか、句だけでは評価ができない、という結果になってしまった。

桑原は「ともかく現代の俳句は、芸術作品自体(句一つ)ではその作者の地位を決定することが困難である。……作者の俗世界における地位のごときものによって決められるの他はない」と、痛烈に批判します。
そうして
「作品を通して作者の経験が鑑賞者のうちに再生産されるというものでなければ芸術の意味はない」(『第二芸術』講談社学芸文庫)、として、俳句を「第二芸術」(一流の芸術に準ずるもの)というのです。

何か、近代から現代へ、という感じで後半は脇道へそれた感じもしますが、子規の「写生論」は、漱石の『写生文』にも影響を与えていますし(こっちのほうを書いたら良かったのかな)、子規自身、いくつかのエッセイも残していて、非常にこれがまたおもしろいものです。

あー、いっぱい書いたらすげー疲れました(笑)。
後半支離滅裂になりましたが、おもしろそうなところがあれば、そこからまた、質問者さんご自身で、いろいろ読んでみてください。
連句の項に関しては、高橋順子『連句の楽しみ』新潮選書を参考にしています。この本もおもしろいよ。

どうでもいいんですが、クソ暑い中を労働してきて、すっかり煮えた頭でお礼欄拝見して、ぶっ飛びました(笑)。

>とすれば、十七音での完結というのは、どういう要素によってそう感じせしめるのか。その要素がわかれば、その要素をふんだんに踏まえた句が、子規の代表作になるのではないか。

結論的に言いますが、こんなむずかしいことは、わたしにはわかりません(笑)。

ただ、文学史的知識でお答えできる点だけ、いくつか。

まず、発句というのは、連歌のなかの句といっても、また特別なものなんで...続きを読む

Qうろ覚えの昔話のタイトルと話全部が知りたいのです。

昔ラジオか本で知った昔話です。
若者が雪の日に囲炉裏の前で弓か何かの手入れをしていると、その地方に住む化け物が現れ命をとろうとした。その化け物は人の心が読めるので、若者が平静を装いながら反撃の機会を狙っていることがバレてしまい手が出せない。しかし、たまたま手でいじっていた弓が弾けてうっかり手元にあったものを飛ばしてしまうと、心にもないことをやってのける人間に恐れをなした化け物は逃げていった。
たしかこんな話だと思うのです。遠野物語の中にあったのかもしれません。どうしても思い出せずにいます。ご存知の方がいらっしゃいましたら是非タイトルとこの内容であっているかを教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 いわゆる「さとりの化け物」とか「さとるの化け物」ですね。伝承ですので、細かい違いがある話がいろいろあるようです。

http://www.rg-youkai.com/tales/ja/06_yamagata/07_satori.html

Q男性が書く、女性視点の近代小説

こんにちは。

私は太宰治の女性視点の小説が好きなのですが、
他の男性作家が書いた女性視点の小説があれば教えて頂きたいです。
時代は、「近代小説」の区分に入りそうなものをお願い致します。

できれば、
>舟橋聖一:『女めくら双紙』とか
みたいな感じに作品名もお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。自分が読んだ本を思い出してみました。
●奥田英朗「ガール」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31652554
●中場利一「リョーコ」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31683893
●遠藤周作「女の一生」「王妃マリー・アントワネット」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03801110
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03801129
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03211700
●宮本輝「ここに地終わり海始まる」「愉楽の園」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19395413
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18652244
●藤田宜永「女が殺意を抱くとき」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31028896
●横山秀夫「顔」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31511893
●ねじめ正一「熊谷突撃商店」「熊谷キヨ子最後の旅」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30570322
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30506560

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。自分が読んだ本を思い出してみました。
●奥田英朗「ガール」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31652554
●中場利一「リョーコ」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31683893
●遠藤周作「女の一生」「王妃マリー・アントワネット」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03801110
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03801129
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03211700
●宮本輝「ここに地終わり海始まる」「愉楽の園」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19395413
...続きを読む

Q作品名がわかりません、近代の文学

高校生のときに習った文学史に出てきた有名な作品の作品名が思い出せません。近代の文学(明治~昭和)だと思います。
先生の説明だけは覚えているのですが、手がかりはそれだけです。
先生の説明
「この話に出てくる家は一階と二階で実は表しているものがある。一階に住む母は前近代的な考え方、二階に住む男性は近代的な考え方。」
(もしかしたら一階と二階が逆だったかもしれません)
また、登場人物は「若い男性」「若い女性」「若い女性の母」
登場人物の男性と女性の恋愛が禁じられた、といった要素もあったかもしれません。若い娘と上記の母は一緒に住んでいたような気がします。
話の中心はおそらく男女の恋愛です。

この話が読みたくなってしまったので、心当たりある方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

二葉亭四迷の『浮き雲』です。
ついでに先生の説明は前田愛の『都市空間の中の文学』がもとになっています。

Q京都が出てくる近代文学作品?

タイトルのとおりですが、京都が舞台でなおかつ、
明治以降の文学作品ありますでしょうか?

本の題名・登場地域など教えてください。

Aベストアンサー

下記のものが有ります。

梶井基次郎の檸檬
水上勉の五番町夕霧楼
森鴎外の高瀬舟
野間宏の暗い絵
三島由起夫の金閣寺
中河与一の天の夕顔
高山樗牛の滝口入道
林芙美子の放浪記
瀬戸内晴美の比叡
川端康成の古都
http://www.m-giga.com/kyoto/kawabata_yasunari.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報