10年ほど前、雑誌で見かけた詩がずっと気になっています。それ以前にも聞き覚えがあるので、有名なものであろうと思うのですが、非常にうろ覚えで調べることができませんでした。

・「~は~。」みたいなのがいくつかあって、「飲めや酒、歌えや~」みたいなのが途中にあった気がします。
・バンカラっぽい調子だったので、おそらく近代の作品であろうと思います。

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

旧制高校の寮で歌われた「数え歌」に


http://mailman.is.kochi-u.ac.jp/listinfo/kujira- …
四つとせ
善し悪し騒ぐは野暮な奴
飲めや歌へやはね廻れ
という歌詞があります。

参考URL:http://mailman.is.kochi-u.ac.jp/listinfo/kujira- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス有り難うございます。せっかく教えていただいたのですが、これでもありません。
補足が出せなくて申し訳ありません。

お礼日時:2001/12/20 13:46

私も最初は鉄幹の「妻をめとらば」かと思いました。


それでないとすると、たしか島崎藤村の詩で、友と二人酒を酌み交わしながら、君は楽器を弾け、我は歌わん、みたいのがあったのですが、そんな感じでしょうか。手元に資料がないので、また調べてみるつもりですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス有り難うございます。さっそく調べてみました。
ご指摘の詩は「春の歌」か「秋のうた」であろうかと思いましたが、残念ながらこれでもありませんでした。
酒にまつわる詩は多いので、手がかりがこれだけでは難しいですね。

お礼日時:2001/12/13 11:53

もしかして、与謝野鉄幹の「人を恋うる歌」でしょうか?



  妻をめとらば才たけて みめ美わしく情ある
  友を選ばば書を読みて 六分の侠気四分の熱

  恋の命をたずぬれば 名を惜しむかな男ゆえ
  友の情けをたずぬれば 義のあるところ火をも踏む

  汲めや美酒うたひめに 乙女の知らぬ意気地あり
  簿記の筆とる若者に まことの男君を見る

  ああわれダンテの奇才なく バイロンハイネの熱なきも
  石を抱きて野にうたう 芭蕉のさびをよろこばず

  人やわらわん業平が 小野の山ざと雪をわけ
  夢かと泣きて歯がみせし むかしを慕うむら心

こんな感じで16番まで続きます。
下記のサイトに全文とMIDIがあります。

参考URL:http://www.fukuchan.ac/music/ryoka/ryoka-frame.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス有り難うございます。
残念ながら、これではありませんでした。文体は近いものがありますので、時代はほぼ同じ頃と思うのですが...
私の質問にほとんど手がかりが無いので、申し訳なく思います。

お礼日時:2001/12/13 08:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強度の近視眼鏡レンズ

私は近視が強くガラスですが渦の巻いたレンズのため通常はコンタクトを使っています。
渦の無い、少ない眼鏡を探しています。以前にも「和真」で強度用を作りましたが従来のものと余り変わりませんでした。
コンタクトでの度数は-7.00,-6.50となっていますが乱視も強いようです。
薄いレンズを作れるところがあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

現状では、屈折率1.9のガラスレンズが最も薄いものです。
プラスチックでは屈折率1.74のレンズが最も薄いものになります。

ご存知かと思いますが、高屈折レンズになればなるほど『何かを犠牲にしている』というところがありまして、1.9ガラスレンズについては比重とアッベ数と価格が犠牲になっています。
これは重くてレンズ周辺での色にじみが出やすく値段の高いレンズということになります。
またレンズのガラス材がわずかに黄ばんだような色がついていることもありそれもマイナスです。

薄さだけに限っていえば屈折率1.9のガラスレンズ以上に薄くできるレンズはありませんから、お店でそのレンズを取り扱っているか確認すればOKでしょうね。
この手のレンズはHOYA・NIKON・SEIKOなどの大手三社では生産していません。(していないはず)

もし和真で販売したレンズが1.9ならもうそれ以上薄いレンズはこの世にないと考えてください。
あとはほかの方もご指摘のように『玉型の小さな眼鏡を選ぶ』とか『強度用のフレームを選ぶ』ということになりますね。

また『渦』についてですが、強度レンズほど渦が見えますし厚いレンズほど渦が見えます。
これは避けられないことです。
一時、どこかのメーカーで両面非球面レンズは渦が目立たないと宣伝していたこともあったようですが、私にはそうは思えませんので、そう言って販売したことはありません。
いづれにしろガラスレンズに両面非球面レンズはおそらくありませんので選ぶことはできません。

-7.00Dという度数は確かに強度ではありますが、フレームの選び方によっては充分に厚みが気にならなくなると思います。

現状では、屈折率1.9のガラスレンズが最も薄いものです。
プラスチックでは屈折率1.74のレンズが最も薄いものになります。

ご存知かと思いますが、高屈折レンズになればなるほど『何かを犠牲にしている』というところがありまして、1.9ガラスレンズについては比重とアッベ数と価格が犠牲になっています。
これは重くてレンズ周辺での色にじみが出やすく値段の高いレンズということになります。
またレンズのガラス材がわずかに黄ばんだような色がついていることもありそれもマイナスです。

薄さだけに限...続きを読む

Q近代俳句の近代とは?

正岡子規は、俳句の近代化を進めた、と言われます。(なんとなくそういうフレーズを記憶しています)
俳句における近代というのは、子規以前の俳句と比べて、どのような違いをもって言うのでしょうか。

Aベストアンサー

どうでもいいんですが、クソ暑い中を労働してきて、すっかり煮えた頭でお礼欄拝見して、ぶっ飛びました(笑)。

>とすれば、十七音での完結というのは、どういう要素によってそう感じせしめるのか。その要素がわかれば、その要素をふんだんに踏まえた句が、子規の代表作になるのではないか。

結論的に言いますが、こんなむずかしいことは、わたしにはわかりません(笑)。

ただ、文学史的知識でお答えできる点だけ、いくつか。

まず、発句というのは、連歌のなかの句といっても、また特別なものなんです。
俳諧連歌は、個々の句を鑑賞するだけでなく、発句から終りまでを、移り変っていく物語として鑑賞していくものです。
そのために、いくつも約束事(式目)がある。
みんなで力を合わせて、おもしろい物語を作っていきましょう、というわけです。

なかでも発句は一巻の連句のなかでも、唯一の独立性を持ったものと設定されています(ですから、発句だけを集めた発句集というのも、芭蕉の時代から出されていたわけです)。そのために「や」「かな」「けり」という切れ字を、この句だけが持つことができます。

また、招かれた客が、一座へ挨拶する、という性格があるのもその特徴です。

これはわたしが学校の授業で習って、いまでも覚えているのですが、「古池や蛙飛び込む水の音」は、連歌の席上で発表されたときには、次の句(脇句)がつけやすいように「古池や蛙飛んだる水の音」というものだったようです。

「古池や蛙飛び込む水の音」
「古池や蛙飛んだる水の音」

こうやって並べてみると、どちらが一句としての完成度をもったものか、あるいは、どちらにつぎの句がつけやすいものか、非常にわかりやすいのではないでしょうか。

こういうことは、当時の人々もすでに気がついていて、蕪村が属していた「三菓社」は、いまの句会に近い、発句だけを詠む会などを催していたようです。

つまり、子規もある日突然そういうことを言い出したわけではなく、それにいたるまでの道筋というのは十分にあったわけです。


さて、そのうえで、この世界最小の短詩型である俳句、この魅力はどこにあるか、というのは実に奥深くおもしろいものがあるので、質問者さんもぜひ、今後もいろいろ読んでいっていただきたいと思うのですが、たとえば、たった十七音では、芸術かどうかなど判断できない、と批判する人さえいます。

フランス文学者の桑原武夫なんですけど。
桑原が批判したのは現代俳句なんですが。

桑原が東北大学で教官をしていた当時、一線の俳人の句を十と、素人の句を五、まぜこぜにして、作者名を隠して教官や学生に優劣をつけさせた。
すると、驚くべき結果、というか、句だけでは評価ができない、という結果になってしまった。

桑原は「ともかく現代の俳句は、芸術作品自体(句一つ)ではその作者の地位を決定することが困難である。……作者の俗世界における地位のごときものによって決められるの他はない」と、痛烈に批判します。
そうして
「作品を通して作者の経験が鑑賞者のうちに再生産されるというものでなければ芸術の意味はない」(『第二芸術』講談社学芸文庫)、として、俳句を「第二芸術」(一流の芸術に準ずるもの)というのです。

何か、近代から現代へ、という感じで後半は脇道へそれた感じもしますが、子規の「写生論」は、漱石の『写生文』にも影響を与えていますし(こっちのほうを書いたら良かったのかな)、子規自身、いくつかのエッセイも残していて、非常にこれがまたおもしろいものです。

あー、いっぱい書いたらすげー疲れました(笑)。
後半支離滅裂になりましたが、おもしろそうなところがあれば、そこからまた、質問者さんご自身で、いろいろ読んでみてください。
連句の項に関しては、高橋順子『連句の楽しみ』新潮選書を参考にしています。この本もおもしろいよ。

どうでもいいんですが、クソ暑い中を労働してきて、すっかり煮えた頭でお礼欄拝見して、ぶっ飛びました(笑)。

>とすれば、十七音での完結というのは、どういう要素によってそう感じせしめるのか。その要素がわかれば、その要素をふんだんに踏まえた句が、子規の代表作になるのではないか。

結論的に言いますが、こんなむずかしいことは、わたしにはわかりません(笑)。

ただ、文学史的知識でお答えできる点だけ、いくつか。

まず、発句というのは、連歌のなかの句といっても、また特別なものなんで...続きを読む

Q「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の作者は?

俳句の作者で質問です。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の作者はは誰なんですか?
俳句自体は聞いたことあるのですが、作者は知りません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは俳句ではなく、ことわざです。
確定的なことはいえないのですが、
諺だとしたら、作者といったものの確定はできないように思われます。

Qうろ覚えの昔話のタイトルと話全部が知りたいのです。

昔ラジオか本で知った昔話です。
若者が雪の日に囲炉裏の前で弓か何かの手入れをしていると、その地方に住む化け物が現れ命をとろうとした。その化け物は人の心が読めるので、若者が平静を装いながら反撃の機会を狙っていることがバレてしまい手が出せない。しかし、たまたま手でいじっていた弓が弾けてうっかり手元にあったものを飛ばしてしまうと、心にもないことをやってのける人間に恐れをなした化け物は逃げていった。
たしかこんな話だと思うのです。遠野物語の中にあったのかもしれません。どうしても思い出せずにいます。ご存知の方がいらっしゃいましたら是非タイトルとこの内容であっているかを教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 いわゆる「さとりの化け物」とか「さとるの化け物」ですね。伝承ですので、細かい違いがある話がいろいろあるようです。

http://www.rg-youkai.com/tales/ja/06_yamagata/07_satori.html

Q作者論と作品論について

小説のあとがきを読んでいると、

『作者の生涯を知ることは作品理解に必要である』
『物語を作者の実生活と重ね合わせることでより深い理解ができる』

というような意味合いの文句をしばしば見かけますが、
どうもしっくり来ません。

小説を読解して評価するのに必要な情報は、作者本人が小説本文内に示しておくべきものではないのですか。
上に挙げた作者の実生活の情報が物語に要るなら、それは小説の本文中に書かれるべき事柄ではないのですか。

読者がわざわざ作者のプライバシーを詮索して物語本編と重ね合わせて理解しようとする、というのはどうしたものでしょう。


私はできるだけ小説の本文のみで小説を評価したいと思うのですが、
一方で、小説本編を読むだけでは理解できない事柄もあると思うのです。
やむを得ず小説本文外から情報を引っ張ってきて読まないと分からないことはあると思います。

たとえば小説が書かれた時代の情報のうち、
その時代の読み手なら当然知っているべき情報、というのはあるでしょう。
その説明は小説本文内では省略されることが多いでしょうから、
作者の後の時代の読者が読む際は、それを補って読まねばなりません。
これに限らず、作者の想定していなかった読者が作品を読むときは、似たようなことがあると思うのです。

しかし、作者のプライバシーとなると話は違うと思うのです。
プライバシーは『当然知っているべき情報』には該当しないと思うのです。
言わば情報に一般性がないのです。
プライバシーを知ろうとすることは、作品を読み解くことを差し置いて作者論に行ってしまう気がするのですが。


皆様はどう思われますか?
皆様はどのようにして作品論と作者論の線引きをなさっていますか?

もしかしたら読書人の皆様の中には『作品を読み解くこと』よりも『作者を知ること』に重きを置いて、
作品を『作者の人間像を形作るための資料』と見做している方がいらっしゃるかもしれません。
そういう方のご意見も頂戴したいです。

私個人は、できるだけ『小説本文内に書かれている情報』のみで小説を読みたいと思っています。
作者個人の性格だとか事情だとかを考慮しないと面白くない作品というのは……正直、あまり評価したくないですね。
作者論と作品論を完全に分けることは無理にせよ、
基本的には違うものと見做したいです。

小説のあとがきを読んでいると、

『作者の生涯を知ることは作品理解に必要である』
『物語を作者の実生活と重ね合わせることでより深い理解ができる』

というような意味合いの文句をしばしば見かけますが、
どうもしっくり来ません。

小説を読解して評価するのに必要な情報は、作者本人が小説本文内に示しておくべきものではないのですか。
上に挙げた作者の実生活の情報が物語に要るなら、それは小説の本文中に書かれるべき事柄ではないのですか。

読者がわざわざ作者のプライバシーを詮索して物...続きを読む

Aベストアンサー

>『作者の生涯を知ることは作品理解に必要である』
>『物語を作者の実生活と重ね合わせることでより深い理解ができる』

素人が言うならともかく、これがプロの批評家の言葉だとしたら、ちょっと信じがたい思いです。
なぜって、たとえば、フロベールなんかは「芸術家は自然において神がそうである以上に作品の中に姿を現してはいけないと思ってます。人間(作者)なんて無だ、作品が全てなんです。」(ジョルジュ・サンド宛書簡)と述べてますし、ヴァレリーもどこかで、作者の伝記は作品が生み出(捏造)したものだという趣旨のことを言っていたはずですから。

読者が「作者の生涯」なり、「作者の実生活」に興味や関心を抱くためには、まず作品に感動することが大前提だとしたら、どんなに実証的に書かれた作者の伝記であろうと、彼の書いた傑作のフィルターをくぐり抜けていることだけは否定しようがないですよね。
としたら、作者の内奥に潜んでいる本当の秘密にしても、作品以外のどこかに転がっているなんてことは到底ありえないはずです。

>私はできるだけ小説の本文のみで小説を評価したいと思うのですが、

実は「小説の本文」といっても、言語という、いや文字というテクストから成り立っている以上、それ自体で意味的に自律しているわけではなく、あくまでも読者の解読という作業を介して、はじめて何かが書いてあったのごとき印象を読者が抱くだけのことですよね。
しかも、読者がテクストを解読するためには、必ず解読のために準拠したはずのコードなり、規範なりがあったはずで、しかもそのコードなり、規範なりにしてもこれが生み出された背景があったはずですよね。

>皆様はどのようにして作品論と作者論の線引きをなさっていますか?

もしも「作者論」の目的が作者の内奥に潜んでいる秘密や謎の正体を解明することにあるとするなら、結局のところ彼の傑作中にしか、つまり彼の制作した文字テクストの内部にしか存在しないということになってしまいます。
また、彼の書いた文字テクストである以上は、いわゆる小説ではなくても、すべて彼の制作物であり、作品であることは否定しようがないですよね。
だとしたら、そもそも「作品論と作者論の線引き」をすること自体が無意味になってくるのではないでしょうか。

>作者個人の性格だとか事情だとかを考慮しないと面白くない作品というのは……正直、あまり評価したくないですね。

こういう「作品」がいわゆる《私小説》でして、これこそ小説の本道だと信じて疑わなかった久米正雄は《私小説》を「作家が自分を、最も直截にさらけ出した小説」(『「私」小説と「心境」小説』)だと説いております。

>『作者の生涯を知ることは作品理解に必要である』
>『物語を作者の実生活と重ね合わせることでより深い理解ができる』

素人が言うならともかく、これがプロの批評家の言葉だとしたら、ちょっと信じがたい思いです。
なぜって、たとえば、フロベールなんかは「芸術家は自然において神がそうである以上に作品の中に姿を現してはいけないと思ってます。人間(作者)なんて無だ、作品が全てなんです。」(ジョルジュ・サンド宛書簡)と述べてますし、ヴァレリーもどこかで、作者の伝記は作品が生み出(捏造)...続きを読む

Qうろ覚えです、「雁来たりてガンタンを渡る 雁去りて雁影を認めず」正しい語を教えてください

以前人から聴いて、いい言葉だと思ったのですが、正しく覚えていません。
正しい言葉を教えてください。

Aベストアンサー

http://www.saikontan.net/choyk/2006/03/post_83.html

https://blogs.yahoo.co.jp/mrnph111/10374215.html

Q絵本の印税は作者と絵を描いた人それぞれどのくらいの比率で入るのでしょうか!?

子供に絵本を読んでいてふと思ったのですが、絵本を一冊作るとき、作者と絵を描いた人が違うことが多々ありますが、この絵本の売り上げは 作者:絵の作者 にすると何対何の割合で収入が入るのでしょうか!?

Aベストアンサー

絵本の印税。文と絵同じ作者なら印税は多めで10%。
絵だけなら多めで4~5%ですが、実績のある方に限りです。
新人さんなら3%くらい。7:3でしょうか。

作家さんはピンで仕事をされる方も多いかと思いますが、
イラストレーターさんは、企画会社やキャラクター会社に
籍を置いて仕事を請け負われる方もいます。
そんな時は印税は無しで、会社の給料のみといったケースもあります。
それはそれで、自分の作品が出版されるだけ嬉しいものです。

Q男性が書く、女性視点の近代小説

こんにちは。

私は太宰治の女性視点の小説が好きなのですが、
他の男性作家が書いた女性視点の小説があれば教えて頂きたいです。
時代は、「近代小説」の区分に入りそうなものをお願い致します。

できれば、
>舟橋聖一:『女めくら双紙』とか
みたいな感じに作品名もお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。自分が読んだ本を思い出してみました。
●奥田英朗「ガール」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31652554
●中場利一「リョーコ」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31683893
●遠藤周作「女の一生」「王妃マリー・アントワネット」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03801110
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03801129
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03211700
●宮本輝「ここに地終わり海始まる」「愉楽の園」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19395413
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18652244
●藤田宜永「女が殺意を抱くとき」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31028896
●横山秀夫「顔」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31511893
●ねじめ正一「熊谷突撃商店」「熊谷キヨ子最後の旅」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30570322
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30506560

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。自分が読んだ本を思い出してみました。
●奥田英朗「ガール」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31652554
●中場利一「リョーコ」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31683893
●遠藤周作「女の一生」「王妃マリー・アントワネット」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03801110
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03801129
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03211700
●宮本輝「ここに地終わり海始まる」「愉楽の園」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19395413
...続きを読む

Q詩集のタイトルと作者名

ある詩集のタイトルと作者名を探しています。
おそらく新聞かネットニュースで1週間以内に見たかと思います。
内容は最近のいじめ自殺について希望をみいだせるような詩集です。
作者は男性です。
その本を好きだった少女がある日、何かが原因で自殺してしまい、
遺族が気持ちの整理にその作者に会いにいきました。
その作者は自分の息子から、「お父さんの本読んでも
死んじゃったんだね」みたいなことをいわれて、ショックを受け、
もう一度作り直そうと思って新しくだした詩集です。
始めは、子育てに悩む母親や人生に行き詰ったヒトを対象に作られた
ものだったと思います。
おぼろげな記憶では、ここまでが限界です。
どなたかタイトルと作者を教えてくださいませんか。

Aベストアンサー

こちらをどうぞ。毎日新聞の11月8日分に載ったようです。

 ◎自殺防止:言葉で命救いたい…高木いさおさんの詩集が反響
  http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061108k0000e040065000c.html

 作者は『大阪府枚方市の詩人、高木いさおさん(52)』で詩集のタイトルは「雲のある風景」(子ども出版)との事です。連絡先も出ています。

 こちらの情報によると,B6版で2006年8月の刊行,ISDN:4990262336,価格:1,260円(税込)の様です。

 ◎本やタウン
  http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?author=%8D%82%96%D8%82%A2%82%B3%82%A8%81i%82P%82X%82T%82S%81%5B%81j

参考URL:http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061108k0000e040065000c.html

こちらをどうぞ。毎日新聞の11月8日分に載ったようです。

 ◎自殺防止:言葉で命救いたい…高木いさおさんの詩集が反響
  http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061108k0000e040065000c.html

 作者は『大阪府枚方市の詩人、高木いさおさん(52)』で詩集のタイトルは「雲のある風景」(子ども出版)との事です。連絡先も出ています。

 こちらの情報によると,B6版で2006年8月の刊行,ISDN:4990262336,価格:1,260円(税込)の様です。

 ◎本やタウン
  http://www.honya...続きを読む

Q作品名がわかりません、近代の文学

高校生のときに習った文学史に出てきた有名な作品の作品名が思い出せません。近代の文学(明治~昭和)だと思います。
先生の説明だけは覚えているのですが、手がかりはそれだけです。
先生の説明
「この話に出てくる家は一階と二階で実は表しているものがある。一階に住む母は前近代的な考え方、二階に住む男性は近代的な考え方。」
(もしかしたら一階と二階が逆だったかもしれません)
また、登場人物は「若い男性」「若い女性」「若い女性の母」
登場人物の男性と女性の恋愛が禁じられた、といった要素もあったかもしれません。若い娘と上記の母は一緒に住んでいたような気がします。
話の中心はおそらく男女の恋愛です。

この話が読みたくなってしまったので、心当たりある方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

二葉亭四迷の『浮き雲』です。
ついでに先生の説明は前田愛の『都市空間の中の文学』がもとになっています。


人気Q&Aランキング