忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

現在住んでいる一軒家の借家を
大家が「取り壊したい」とのことで
2月までの立ち退き要請を先日受けました

「取り壊したい理由」については納得いくものなんですが
引越し費用や新しいアパートの敷金などを
「負担してください」と言いましたら
「契約に立退き料は出さない」との文章が
合ったようで 一円も出してくれません

この年末年始、しかも4月には娘の入学も控え
お金が一気に4-50万も出せません。

本当は「でない」とごねたいのですが
2月から工事に取り掛かりたいようですし
その工事に知り合いなどが関わるため
「でない」と言いたくはありません
しかし お金が無いのが現実です。

こういった場合でも大家の言うとおり
1円も請求権はないのでしょうか

また「立ち退き」を告げられてから
その新居を探している数ヶ月も家賃は払わないと
いけないのでしょうか。

どなたかたすけてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

契約書に明確に記載していない限りもらえることは難しいかもしれません。

中にはスムーズに立ち退いてもらうためにだされる場合もあるようです。ですが、大家さんが出さないと考え、立ち退き請求の理由が正当であれば交渉するのは厳しいのではと思います。
    • good
    • 6

専門家紹介

高橋遼太

職業:司法書士

明成法務司法書士法人の高橋と申します。
東京と埼玉に現在事務所を構え、不動産登記、会社設立、相続、債務整理等の相談を幅広く対応させていただいております。

事務所を開設するにあたって、法律的にお困りのことがあった時に気軽に相談ができる場所になればと考えておりました。
当事務所は司法書士業務をサービス業と捉え、お客様に満足して頂けるために日々試行錯誤しながら業務に取り組んでおります。
法律的な問題はそれぞれのお客様ごとに内容が違います。
そのため、お客様との打ち合わせを重視し、個々の相談ごとに最適な解決方法を提案していけたらと考えております。

「お客様と誠実に向き合い、お客様にとって最適なリーガルサービスの提供する」

が当事務所のモットーです!
お悩みのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

詳しくはこちら

専門家

法的には#4さんの通りです。


大家さんは法律を熟知して主張されているように思われます。

こちらとしては、ごね得ねらいの立ち退き料請求と思われないようにすべきでしょう。
取り壊しそのものが納得できるものならば、大家としては立ち退き料を支払う必要はないのです。
立ち退き時期の延長という面で交渉されてはいかがでしょうか。
    • good
    • 41

>その工事に知り合いなどが関わるため「でない」と言いたくはありません


>こういった場合でも大家の言うとおり1円も請求権はないのでしょうか
そうですね。

まず立退き料とは法律でどのように位置づけられているのかといえば、大家の立ち退き要求を「正当な理由」にするための一つの構成要素として存在しています。(これは借地借家法で明文化されています)

ですから、立退き料にかかわらず立ち退きに同意するのであれば、その時点で立退き料を請求する根拠を失います。(まあ厳密に言うと微妙な側面はありますけど簡単にわかりやすく書きます)

立ち退きには同意します。でもそれとは別に大家に法的な立退き料を支払う義務が発生するのかといえば発生しないのです。立退き料とは大家が立ち退きさせたときに大家に発生する義務ではないのです。

>また「立ち退き」を告げられてから
>その新居を探している数ヶ月も家賃は払わないといけないのでしょうか。
はい、そうです。あくまで賃貸契約は立ち退くまで有効です。

だから立退き料にかかわらず立ち退きますという時点でだめです。だから大家も強気なんですよ。
簡単には立退き料には同意しないでしょう。

現実には立ち退くための費用もないのですよね?
であれば立ち退けないのですから、立退き料を貰わないと立ち退けませんと、立退き料を貰うことで立ち退くという条件闘争にしない限りは先に進みませんよ。

条件闘争で立退き料幾らで立ち退きますという書面の合意を取り付けてください。

参考までに借地借家法の条文の立退き料の部分を紹介すると、

第二十八条
建物の賃貸人による~(中略)~賃貸借の解約の申入れは、~(中略)~「建物の明渡しと引換えに建物の賃借人に対して財産上の給付をする旨の申出をした場合におけるその申出を考慮して」、正当の事由があると認められる場合でなければ、することができない。

「」の部分がいわゆる立退き料といわれるものです。

ちなみに契約書に立退き料不用という条文があっても借地借家法の強行規定により無効です。

(強行規定)
第三十条  この節の規定(これに上記第28条も含まれます)に反する特約で建物の賃借人に不利なものは、無効とする。
    • good
    • 34

賃貸契約を結んできちんと家賃を払っている場合は居住権があります。


これはかなり強力ですから、よほどの事がない限り一方的な立ち退きはありません。
これは契約期間が満了した時点でも同様です。
取り壊したい理由がすぐにも倒壊の危険があるとでもいうならともかく、単純に古いとか、新築して家賃を上げたい、というような事では無理かと思います。
立ち退き料として引っ越し費用以上のものを要求する権利は当然あります。

でも、出ないと言わない、つまりすんなり出るという事ですよね?なら、立ち退き料を拒否されて、それで終わりです。
立ち退き料をもらえないのなら、出ない、出られないと居座るのでなければ、立ち退き料を取る事は難しいかと思います。

立ち退きを告げられてからも、住んでいるうちは家賃を払う必要があります。
家賃滞納は強制的に立ち退かせる正当な理由に成り得ます。
そういうのは、立ち退き料に含めて考えて下さい。
    • good
    • 15

立ち退き料なしで賃借人に退去してもらうためには「正当事由」が必要です。


その「正当事由」というのは、必ずしもあなたの「納得感」とはイコールではありません。
借地借家法は、弱者保護の観点で「借家人」にかなり有利な解釈で「正当事由」を規制しています。

一度弁護士を訪ねて、あなたの契約条件と大家さんが言っている退去理由を話して「正当事由」にあたるかどうか相談して見られたらいかがですか。
「正当事由」でなければ、「立ち退き料」は請求できます。

知り合いの弁護士がいなければ、市町村の法律無料相談か、地域の弁護士協会の相談窓口に問い合わせてみましょう。弁護士の相談は、とりあえず30分間5000円くらいで考えておけば大丈夫です。
参考に弁護士連合会のサイトアドレスを紹介しておきます。

参考URL:http://www.nichibenren.or.jp/
    • good
    • 24

もともと立退き料というのは法的に請求権のあるものではなく、契約書に明確に記載していない限りもらえません。


しかし、普通はスムーズに立ち退いてもらうために出す場合もありますが、大家が出さないといえばもらえませんし、立ち退き請求の理由が正当であれば交渉の余地もないでしょう。
    • good
    • 26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住居取り壊しによる立退き料の相場なのですが。

大家都合による退去依頼がありました。

本来契約書内には、6ヵ月前までに居住者通知する必要があると
ありましたが、先日届いた通知には「3ヵ月後には退去してほしい」
と書いてありました。

大家からは、立退き料55万円(敷金2ヵ月分含む)を支払うので、
とお願いをされてます。

引越し費用や引越し先の敷金/礼金を考えると提示されている金額では足りません。
そこで交渉しようと考えていますが、ただその金額の相場がわからず、
教えていただきたいです。

現在の家賃は、月11万円、敷金は2ヵ月分支払済み。更新は去年済ませたばかりです。
また地震の保険も2年間分支払済みとなりますが、退去時は満了していない状態です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方も家主都合により立ち退きを経験しました。
貴方が大家さんの一方的な都合で損をする道理はないので、貴方が損を感じず且つ退去できると納得した金額が立退料です。
今の物件の敷金は単なる預け金なので、立退料には含めず原状回復義務もないので全額返還が基本です。更新料を払っていて、契約が一方的に破棄されるなら更新料の返還もあって然るべきと考えます。

返還敷金の位置づけは揉めやすいので注意です。例えば、今の敷金を次の物件の敷金に充てるという提案をされるかもしれませんが、敷金はあくまでも今の物件に入った際の単なる預け金で貴方のお金。次物件に必要な「本来なら必要のない敷金」を発生させたのは大家さんの都合なので、返還後の使い道の指図を受ける義務はありません(もし貴方が次物件の敷金に充てても良いと思うなら、それも有りでしょう)。

とはいえ、相手が話し合いが出来る相手であれば貴方も歩み寄る努力も必要です。
揉め事に発展しないよう、注意深く交渉にあたってください。

もし、揉めてしまい、相手が不誠実で且つ貴方も徹底的に対抗するつもりなら弁護士に依頼することをお勧めします、揉めた場合の交渉は素人では無理です(当方の場合、大家は話し合いにすらならないような横暴な業者だったので、弁護士に頼んで争うことになりましたが)。
弁護士を交えて争う場合、退去で生じる実費に加えて居住権も考慮することが普通なので(立ち退きとは、貴方がそこに住んで生活する権利と生活実態を奪う行為に当たるので)、弁護士さんは退去に伴う実費に加えて貴方が現在地に住んでいる権利と利益/その住居を離れることによる不利益(路線価+居住年数+貴方の生活状況を元に試算します、借家で商売をしてると売り上げも加わります)を立退料として具体的な係争額としますので高額になる傾向があります。故に先の方が書いている法外と思える金額であっても、いざ争うとなると実際にあっても不思議ではない金額です。弁護士さんに依頼する場合は先に貴方の納得する目安額を具体的に考えた上か、もしくは現実的な落としどころを弁護士さんと相談した方がいいでしょう。

いすれにしろ、今の状況と請求可能な範囲を再確認する意味でも、一度、弁護士さんに相談はした方がいいと思います。

当方も家主都合により立ち退きを経験しました。
貴方が大家さんの一方的な都合で損をする道理はないので、貴方が損を感じず且つ退去できると納得した金額が立退料です。
今の物件の敷金は単なる預け金なので、立退料には含めず原状回復義務もないので全額返還が基本です。更新料を払っていて、契約が一方的に破棄されるなら更新料の返還もあって然るべきと考えます。

返還敷金の位置づけは揉めやすいので注意です。例えば、今の敷金を次の物件の敷金に充てるという提案をされるかもしれませんが、敷金はあくまで...続きを読む

Q助けてください。アパートの立退料の相談です。

東京都目黒区で築30年の63000円アパートに3年11ヶ月住んでおります。
滞納したことはありません。
先月、家賃の支払いをした際に更新の契約書(2年の普通借家契約)が届かない事を大家に伝えたところ、2ヶ月後くらいに老朽化という理由で立ち退きを突然言われました。
管理会社へ問い合わせたところ、管理会社も立て壊しの話を大家からの報告されていませんでした。
当然、1年~6ヶ月前に契約書等も送られてきていません。
通達もなく2ヶ月後に退去しなくてはなりません。

管理会社に立退料の交渉をしていただいたのですが、大家は一切払うきがありません。
管理会社に何度も問い合わせても答えは帰ってきません。

先日、今月分の家賃を渡しに行った際に自分で交渉してみましたが一切払うきがありません。
逆に、家賃有りで6ヶ月延長するか?と言われ
さらに、以前住んでいた物件でも同じクレームつけたんじゃないのか?と言われました。

かなり怒ってます。
怒りがおさまりません。
私が調べた限りで常識範囲の20~30万の立退料では許せなくなりました。
来月からは住みたくもありません。
もうお金でしか解決できないと思います。
近日中に弁護士に相談して最高の金額を請求するつもりでいます。

こんな状況ですがいくらくらい請求出来るものなのでしょうか?
インターネットの情報ではたりません。
リアルな金額を教えていただきたいです。
今月いっぱいの退去なので時間がありません。
よろしくお願い致します。



まとめ
・大家は70歳くらい。
・立地は目黒区祐天寺で4戸。
・入居時の敷金は1ヶ月分。
・2年目の更新は出来た。
・借り主の質問で発覚した2ヶ月後の退去。
・管理会社が大家の管理を出来ていない。
・普通借家契約なのに通達がない。
・大家の許せない発言。
・立て壊すのに延長はありえない。
・退去までに次の部屋は探せない。時間がない。
・隣に住んでいるのに大家からの連絡がない。
・他の住居人は黙って出て行くと大家は言っている。

以上、書き足りない事もあると思いますがよろしくお願いします。

東京都目黒区で築30年の63000円アパートに3年11ヶ月住んでおります。
滞納したことはありません。
先月、家賃の支払いをした際に更新の契約書(2年の普通借家契約)が届かない事を大家に伝えたところ、2ヶ月後くらいに老朽化という理由で立ち退きを突然言われました。
管理会社へ問い合わせたところ、管理会社も立て壊しの話を大家からの報告されていませんでした。
当然、1年~6ヶ月前に契約書等も送られてきていません。
通達もなく2ヶ月後に退去しなくてはなりません。

管理会社に立退料の交渉をしていただい...続きを読む

Aベストアンサー

相談者さんは、退去したいと思っているようですが、納得できる立ち退き料を
要求したいのなら、退去せずに法定更新を狙う方がいいです。

半年前までに通知しないといけないという点も大家側のミスがありますが、
そちらの物件は築30年ということですが、生活するのに危険性があると
思われますか?
例えば、去年の震災などがあったために、貸主が建物の診断をしてみたら、
とても危険な状況であることが判明した・・・というのなら仕方がないかと
思われます。
しかし、そういったものがなければ、金銭的(立ち退き料を払うことで)解決を
することができるでしょう。

ただ、相談者さんが、もうこんな大家嫌だということで退去してしまうと、
立ち退き料を請求しても貰えなくなってしまうことになることがほとんどです。
絶対に、立ち退き料を貰ってから引越しの準備をするようにして下さい。
約束だけでは駄目です。
立ち退き料を貰うという条件で引越し先を探したのに、貰えなかったので
引越し先をキャンセルしたらキャンセル料を請求されて払うことになった、
という事例もありますので。

今の時点で、弁護士に相談する必要はないと思います。
相談者さんとしては、このまま家賃さえ払い続けていればいいのです。
もし、よっぽど貸主が相談者さんを退去させたいということになれば、
相手の方から提案があると思います。
その時に、良い条件を引き出せればいいのです。

金額的には、最初に預けた敷金はお返ししてもらって、今の家賃の半年分の
金額が妥当なラインだと思います。
つまり、7ヵ月分の家賃分です。
あとは、本来なら半年前に通知しなくてはならなかったものを、2ヵ月前という
時期に伝えられたのですから、その差である4ヵ月分の家賃をかわりに貰えないかを
交渉してもいいと思います。
そうすると、100万は厳しいですが、もう、こんな大家と今後も付き合うのは
嫌だという気持ちも強いのであれば、そのあたりで交渉してみてはいかがかと
思います。

ところで、契約書には貸主からの契約解除の場合の規定は何かありますか?
貸主からの契約解除は6ヵ月前までに(ここまでは当然)、
文書によって通知しなければならない。
というような規定になっていませんか?
「6ヵ月前まで」という期間については、契約書に書いてあってもなくても
それが有効ですが、普通は文書で通知するものです。
これは、6ヵ月前までに通知したという証拠のために、文書(内容証明など)で
出すのが実務では多いのですが、もし、そのように書いてあるのに、文書で
出していないという点も突っ込みどころです。
確認してみて下さい。

他の入居者はあまり気にしない方がいいかと思いますよ。
すごく仲の良い人がいるとかでなければ、共同して立ち退き料を・・・という
ことは考えなくてもいいです。
逆に、入居者が相談者さんだけが残っている状態の方が、立ち退き料を多く
取れるということもあります。
全員が残っているとなると、では、立退きするのは延長しようか・・・と
予定を変更される場合もあります。

まぁ、基本的には、家賃をそのまま払い続けて、契約期間満了後は
法定更新ということでいいかと思いますよ。
ただ、前にも言ったように、早めに退去したいとなると、かなり難しい
ことになってしまいます。
長期戦を覚悟でする必要があります。

相談者さんは、退去したいと思っているようですが、納得できる立ち退き料を
要求したいのなら、退去せずに法定更新を狙う方がいいです。

半年前までに通知しないといけないという点も大家側のミスがありますが、
そちらの物件は築30年ということですが、生活するのに危険性があると
思われますか?
例えば、去年の震災などがあったために、貸主が建物の診断をしてみたら、
とても危険な状況であることが判明した・・・というのなら仕方がないかと
思われます。
しかし、そういったものがなければ、金銭的(立ち...続きを読む

Q賃貸で立ち退き料を払って貰えず訴訟を起こすことになりました

訴訟において立ち退き料をどれくらい請求できるのかアドバイスお願いします。 
 
築40年、家賃三万円の賃貸に9年前から住んでいるのですが、老朽化のため取り壊すので立ち退いてくれと管理会社(大家と同一)から通達が来ました。
通達が来たのは一月中旬で、四月末までに立ち退いてくれとのことです。
また、二月分から四月分までの家賃はタダにすることがつけ加えてありました。

私は管理会社に新居に移転する際にかかる費用(敷金 仲介料 引越し代等)を補償して欲しいと言いましたが、「ウチはそういうことは一切しません」の一点張りで「納得いかないなら法的手段に訴えてください」と言われました。
そこで民事訴訟を起こそうと思うのですが、一体どれくらの請求が妥当なのでしょうか?

追記 契約は敷金20万円 敷引き20万円 です。(取り壊す場合 敷引きは無効になって敷金が返金されるということはないのでしょうか?)

Aベストアンサー

管理会社(大家さん)には
「老朽化を示す公的な根拠の提示」
を求め、それが社会通念上適当でなければ退去しない旨伝え、来月以降も家賃は払って下さい。(受け取らない場合は供託して下さい)

老朽化が著しく取り壊す必要があるのでしたら立ち退きは法的に止むを得ず、また転居費用も大家さんが負担しなければいけない義務もありませんので残念ながら実費にて転居となります。
但し、取り壊しが目的ですから現状復旧費用は一切不要で敷金は全額返却が普通です。(敷引き自体が発生する要件をなさない)
そして、取り壊さなければならないほど老朽化した建物を賃貸ししていた責任を追及して遡った家賃の減額を要求すればよいと思います。
(すぐに取り壊さなければならないほど老朽化しているのでしたら直前1年間程は家賃半額等にするべきだと思います)

他方で、老朽化が居住するのに問題が無い程度の場合、転居の必要がありませんから住み続ければ良いと思います。

どちらにしても、貴方は退去の意思が無いことを示すだけで、法的手段に訴えるのは相手の方だと考えます。
(建物の程度にもよりますが裁判になれば入居者が有利だと思われます。最後は相手が出てくれと頼んでくるでしょう)

管理会社(大家さん)には
「老朽化を示す公的な根拠の提示」
を求め、それが社会通念上適当でなければ退去しない旨伝え、来月以降も家賃は払って下さい。(受け取らない場合は供託して下さい)

老朽化が著しく取り壊す必要があるのでしたら立ち退きは法的に止むを得ず、また転居費用も大家さんが負担しなければいけない義務もありませんので残念ながら実費にて転居となります。
但し、取り壊しが目的ですから現状復旧費用は一切不要で敷金は全額返却が普通です。(敷引き自体が発生する要件をなさない)
...続きを読む

Q今住んでいるアパートが老朽化のため取り壊したいとのことで、立ち退き依頼

今住んでいるアパートが老朽化のため取り壊したいとのことで、立ち退き依頼がありました。
立ち退き期限は6ヶ月後です。
不動産業者からは、今住んでいるアパートの隣の賃貸物件を代替で用意するとのことで、
今の契約はそのまま引き継いで、次回の更新の際に新しい物件に書き換えて契約を継続するとの事です。
ただ、今住んでいるアパートの家賃と同じ家賃では一階の物件しか貸せなく、
2階の部屋だと3000円割り増しになるとの事です。
現在は2階に住んでいるため、こちらとしては2階で契約したいと考えています。
その際、引越しにかかる費用は大家へお願いすることは出来るのでしょうか。
こちらとしては大家都合の立ち退きのため、出来るだけ出費をしたくないので、
負担をお願いしたいと考えています。
又、この場合についても立ち退き料などは頂けるのでしょうか。
エアコン等の移動・設置費用や、もろもろの手続きが必要になるため、
少しでも負担を減らせればと思っています。

わからないことだらけで申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一般的に取り壊しの場合は原状回復の必要がありませんので敷金などは全額戻ってきます。
通常はそれを次物件の契約にあてたりします。

退去についてですがですが....
まず賃借人(=貴方)を退去させるには正当事由が必要になりますが、今回の場合の事由は大家の言う「老朽化のため取り壊したい」。

老朽化の度合いについてですが、住むと賃借人に危険が及ぶほどの老朽化であれば正当事由となり立退料は生じません。
正当事由となりえる老朽化とは、耐震強度が圧倒的に不足している(耐震強度を示す客観的な調査が必要になります)、今にも壊れそう、または既に屋根や壁が構造材が破損している程のことを言います。つまり、余程の老朽化でない限り成立しません。

が、単に古いだけで居住に何ら差し支えない場合は賃借人を退去させる正当事由として不十分となります。それでも退去してもらう際に賃借人に対して正当事由を補うものが「立退料」です。この場合は引っ越しに生じる費用は全額負担が当然となります。
今回の事例はこちらの状況かと思われますがいかがでしょう?

立退料についてですが....
立退料には法で定められた決まった額はありません(様々な判例はあります)。話し合いで双方が納得した金額が最終的な立退料となります。引っ越しに生じる費用全額で貴方が満足するのならばそれで完結、引っ越し費用全額に家賃上昇分を2年分貰って決着という事例もあります(行政よる立ち退き(道路拡張等)の場合は家賃上昇分は当然、かなり手厚い立退料が出たりします)。

まずは貴方の希望を大家さんに伝えてみてください。
どうしても貴方が譲れないラインがあって、その金額を大家さんが支払ってくれないという場合は話し合いとなりますが、概ね揉めますので紳士的に注意深く交渉してください(笑)。口頭のみの交渉は後のトラブルの元ですので、決め事はかならず書面で貰うようにしてください。判断が難しいものは即答せずに後日返答で返すようにしてください。もしも揉めた場合や徹底的に争ってでも勝ち取りたいのであれば弁護士さんに相談しましょう。
あまり色々と請求するよりも「格安で新しい物件に引っ越せるチャンス」だと思ってある程度のセンで妥協するのがよいと思いますよ。

最後に、大家さんまたは大家さんが委託した弁護士意外の人が立退料の交渉(例えば無関係な不動産屋やヤクザによる立退料交渉の恫喝など)は違法行為なので、その場合は警察に。

一般的に取り壊しの場合は原状回復の必要がありませんので敷金などは全額戻ってきます。
通常はそれを次物件の契約にあてたりします。

退去についてですがですが....
まず賃借人(=貴方)を退去させるには正当事由が必要になりますが、今回の場合の事由は大家の言う「老朽化のため取り壊したい」。

老朽化の度合いについてですが、住むと賃借人に危険が及ぶほどの老朽化であれば正当事由となり立退料は生じません。
正当事由となりえる老朽化とは、耐震強度が圧倒的に不足している(耐震強度を示す客観的な調査...続きを読む

Q賃貸マンションの立退きを要求されています

現在家賃約6万円程度の1Rマンションに一人暮らしをしています。
新築で入居し、5月末の契約更新で4年目に入るところでした。

ですが先日の4月末に管理会社から、現在住んでいるマンションを事務所利用も可能な建物へと
リノベーションをしたいので、10月末を期限とし退去して欲しいと通知書が送られてきました。

管理会社の人に直接会って退去についての話を聞くと、

・引越(運送)費用の全額負担
・住み替えをするにあたってかかる費用として、仲介手数料を負担
・敷金0円の物件だった為、本来なら退去時に補修費用がかかるがそれも負担
(しかし、ガラス破損や壁の穴等、生活傷でない場合は実費精算)

という提示がありました。

ですが、恥ずかしながらあまり稼ぎのある仕事ではなく、貯金もほとんどありません。
半年で引越費用を捻出し、新しい部屋を探し…というの言うほど簡単ではないと思っております。

6ヶ月前退去通知を行っているので、これ以上何かを請求することは不可能でしょうか??
自分でネットなどで調べてみたところ、法的な相場などがないので曖昧ですが、
できれば家賃半年分もしくは、住み替えにかかる敷金礼金等費用の全額負担があれば
非常に助かると思いました。

これらを管理会社側に伝えてもよいものでしょうか??
また、弁護士さんなどにきちんと相談したほうがよいでしょうか??

アドバイスお待ちしております。

現在家賃約6万円程度の1Rマンションに一人暮らしをしています。
新築で入居し、5月末の契約更新で4年目に入るところでした。

ですが先日の4月末に管理会社から、現在住んでいるマンションを事務所利用も可能な建物へと
リノベーションをしたいので、10月末を期限とし退去して欲しいと通知書が送られてきました。

管理会社の人に直接会って退去についての話を聞くと、

・引越(運送)費用の全額負担
・住み替えをするにあたってかかる費用として、仲介手数料を負担
・敷金0円の物件だった為、本来なら退去時に補修...続きを読む

Aベストアンサー

どう考えても、相談者さんの有利としか思えません。
弁護士に相談するほどのことでもありません。

回答が分かれているようですが、基本的にはNo1とNo3の方の
意見で問題ありません。

No3の方も書かれているように、正当事由とは言えない事例
ですので、相談者さんの希望(立ち退き料がいくらかとか)を出して、
それに貸主が応じなければ、そのまま借りていればいいです。
No1、No3の方がおおよそのことは回答していただいているので、
私は手続きや交渉などでのアドバイスしたいと思います。

立退き料の相場はないですし、そのケースごとに状況や理由が全く
違うので、いくらが適切だとは言えませんが、相談者さんのケースでは
正当事由としてはかなり弱い(というか、ないに等しいくらい)ので、
強気で交渉しても良いと思われます。

相談者さんが半年分の家賃は欲しいということですが、それくらいなら
特におかしくないし、当然な要求の範囲だと思います。
(相場はないとは言いましたが、6ヵ月分の家賃分が多い。)
しかし、それだけで終わらせるのは避けて下さい。
敷金がないということですので、退去する際に原状回復義務があり
それは確かに相談者さんが負担すべきものとなります。
そうすると、せっかく、納得できる立退き料を貰ったのに、
原状回復費用でぼったくられて、あまり残らなかったということも
あるかもしれません。
なので、原状回復費用の負担を0にしてもらったり、減額してもらうことを
立退き交渉の中で一緒に決めてしまった方がいいでしょう。
そのためには、一度、部屋の中を見せて欲しいと言われると思いますが、
後で高額な請求をされるよりかはいいと思います。

本来なら、まだ入居を続けていれば、原状回復費用はまだ負担しなくても
良いものだったのです。
それを、貸主が退去して欲しいと言われたために、今、その負担がかかって
しまうのですから、それを理由に請求してもいいでしょう。

私も不動産業者ですが、管理会社の人は、この程度の条件ですんなり退去
してくれるものとは思っていないと思います。
その提案された条件で退去してくれる人がいたら、ラッキーだと思うでしょう。
なので、まずは自分の希望を伝えて、相手が何と言ってくるか待っていれば
いいです。

交渉がまとまれば、その内容を書面にして、貸主の署名捺印を貰って下さい。
これを忘れたために、立退き料なしで引越しさせられた人もいましたので、
注意して下さい。

引越しは思った以上に手間がかかります。
今まで、立退きをしてもらった人に何人か聞きましたが、立退き料6ヵ月分と
引越し代金(+敷金全額返金)を条件にした人でも、これだけ貰っても、
もっと貰わないとわりに合わないと言っていました。
結局、引越しは自分で手続きをするので、そのための物件探しや銀行などの
住所変更手続き、ゴミの処分などなど・・・。
そのために仕事を休んだりすることもあるでしょう。
そういったことも交渉材料にして、良い条件でまとめるようにして下さい。

どう考えても、相談者さんの有利としか思えません。
弁護士に相談するほどのことでもありません。

回答が分かれているようですが、基本的にはNo1とNo3の方の
意見で問題ありません。

No3の方も書かれているように、正当事由とは言えない事例
ですので、相談者さんの希望(立ち退き料がいくらかとか)を出して、
それに貸主が応じなければ、そのまま借りていればいいです。
No1、No3の方がおおよそのことは回答していただいているので、
私は手続きや交渉などでのアドバイスしたいと思います。

立退き料の...続きを読む

Q店舗の立退き、および立退き料について

洋菓子店を経営しております。
お店は15年になります。

前回の店舗の更新した後、仲介している不動産屋の方がいらして
「大家さんが立退きしてもらいたいといっている」と伝えられ立退き料がどのくらい必要かと聞かれたので、まだよくわからなかったので、とりあえずこの店を始めた時の開業資金と同じ金額伝えました。
そして数日後再び不動産屋の方が現れ「大家さんはお金出すつもりが無いようだから出て行ったら損するから出て行かないほうがいい」と言われました。それから不動産屋の方は何もいってこなくなりました。(その担当の方は先日亡くなられました)
それから大家さんに家賃を支払いに行くときに「そろそろ、自宅とそこ(店舗のある建物)を売って老人ホームに入りたいなあ」といわれたりするものの、はっきり立退きについて言って来ないので大家さんもまだ迷っているのかなあと考えておりました。

そうこうしているうちに次の更新まであと3ヶ月を切ったあたりで付き合いの無い不動産屋の方が来て「大家さんが立退きをするかこの建物を買ってほしいといっている。銀行にいくら借り入れできるか聞いてほしい。」と告げられました。

出来ればお店の引越しは避けたいので、そんなに乗り気ではなかったのですが、とりあえず銀行に借り入れ可能な金額をたずねたところ、とてもその建物を購入できる金額ではありませんでした。
するとまた不動産屋から連絡があり「立退きの金額を提示してほしい」といわれたので、同じく開業資金と同じ額を伝えたところ、不動産屋には「大家さんは家賃の2年分を提示していて(私の請求額の3分の1)そもそも常識的に考えてその金額(ほかの場所に店舗を借りて施工する金額)は請求できない。あなたもそれなりに負債を緒わなけれがならない」と言われました。

大家さんの都合での立退きなのにこちらが負債を負うことがどうしても納得いかないのですが、そういうものなのでしょうか?

出来れば負債を負うことなく(出来れば休業時の補償、その後の家賃の差額の補償なども受けたい)、次の店舗に移りたいのですが可能なのでしょうか。

ちなみにまだ書面での立ち退き通知はもらってません。

あと、契約期間を過ぎてしまったときの更新料、家賃などはどうしたらいいのでしょうか?
大家さんに家賃の受け取りを拒否されてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?

あと、不動産屋にその請求額の根拠を出せて言われたので店舗施工会社に見積もりをお願いしたところ、「そんな金額じゃお店作るの厳しいよ。15年やってんなら15年分の家賃の金額請求しなきゃ」といわれてしまいました。
不動産屋は現状を参考にした金額(もちろん償却された金額)しか請求できないといいます。

一体どれくらいの金額を請求していいものなんでしょうか?

よろしくお願いします。

洋菓子店を経営しております。
お店は15年になります。

前回の店舗の更新した後、仲介している不動産屋の方がいらして
「大家さんが立退きしてもらいたいといっている」と伝えられ立退き料がどのくらい必要かと聞かれたので、まだよくわからなかったので、とりあえずこの店を始めた時の開業資金と同じ金額伝えました。
そして数日後再び不動産屋の方が現れ「大家さんはお金出すつもりが無いようだから出て行ったら損するから出て行かないほうがいい」と言われました。それから不動産屋の方は何もいってこなくなり...続きを読む

Aベストアンサー

まず大家さんがその建物を処分しなくてはならないのかどうかがひとつ。
そして質問者が同様の商売を続けていく見通しがあるかどうかがひとつ。
大家さんが生活するのに高齢で面倒を見る人もなく
老人ホームに入らざるを得ないならば
売却もやむなしでしょうか。

常識的にと不動産屋は言いますが
こちらの生活の手段がなくなるならば
それは了承できなくて当然です。
まずはその事を前面に。

しかし実際立ち退き料としては普通は1年分くらいでしょうか。
ケースバイケースで何とも言えませんが
2年分は多いほうとは思います。
訴訟でもめるのも互いに大変なので
立ち退き時期を一年後くらいにしてもらい
その間に移転先を見つけることを条件に手を打ってはと思います。

契約更新はなんとなれば勝手に振込み
内容証明で
「立ち退きの要求を受け
立ち退き料の折り合いがつかず
契約更新日を迎え連絡をしたが所定の手続きをしてもらえなかったので
 月 日に   の金額を  銀行に振り込みました。
これを以って契約更新とさせていただきます。」
と送っておけば良いかと。

Q立ち退き交渉

オーナー都合で立ち退きの連絡が、管理会社から来ました。
立ち退き理由は、老朽化で取り壊しだそうです。

ただ、立ち退き期日が4月末までと3ヶ月しかなく、準備も費用も何もない状態です。
契約書には6ヶ月前に連絡とあったのですが、3ヶ月前に来るとは思っていませんでした。

これから管理会社と交渉をしようかと思っているのですが、過去の質問を参考にしまして
●現状回復義務の免除
●引っ越し費用の負担
●新しい住居の礼金・敷金
●新しい物件の仲介手数料
●物件探しと引っ越しの日当と迷惑料
●今住んでいる家賃
以上の交渉を行えば良いのでしょうか?
今住んでいるところは敷金がなかったので、返金はないと思っています。

マンションや戸建の購入も検討しているのですが、その場合でも費用は貰えるのでしょうか?

アドバイスをいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>契約書には6ヶ月前に連絡とあったのですが、3ヶ月前に来るとは思っていませんでした。

まず貴方が主張すべきことはここだと思います。

交渉を有利に進める糸口としてこの部分を指摘すること。
そして立退き理由である「老朽化による取り壊し」が早急に必要であるか?という2点を追及するべきです。

貴方は原状を鑑みて「早急な取り壊しの必要が無い事」と「6ヶ月前の告知条項」を建てに、退去の拒否や延期を主張するべきであると思います。


退去費用に関しては相手方の提示を待ちましょう!

ただ、退去したくても貯蓄が無く引越し費用や新居の敷金・礼金が捻出できない事も、遠まわし?に伝えるべきだと思います。



次に立ち退き料の明確な相場はありません。
法的にも請求(支払)の権利(義務)もありません。

ですから、質問に掛かれているような内容が権利としてあるか?ないか?という問題では無く、あくまでも金額を算定する為の根拠でしかありません。


つまり貴方が退去する為には、最低限これだけの費用が必要であり引越すことでこれだけの不利益(家賃の増加など)を被る!だから、必要な費用と不利益の補てんがあれば退去しますよ!というのが立ち退き料の相場であると思います。


仮に貴方から立ち退き料を提示するのであれば
・引越し費用として
・敷金、礼金、諸費用として
・近隣家賃の相場との差額(1年分?)
その他の損害などを考慮して、80万(仮)程度の費用が無いと引越すことは出来ません。

というような交渉が宜しいかと思います。


仮に…大家(仲介業者)は以下のような条件を出してきたら
・引越しまでの現在の家賃は不要
・引越し先の候補を提示します。
・上記に引越す場合は敷金は負担し、礼金・諸費用は不要
・家賃も現状と同等(ただし更新までの2年間)
・引っ越し業者の手配と費用もする。
と言われれば、立ち退き料を請求する根拠は無くなるでしょう。

>契約書には6ヶ月前に連絡とあったのですが、3ヶ月前に来るとは思っていませんでした。

まず貴方が主張すべきことはここだと思います。

交渉を有利に進める糸口としてこの部分を指摘すること。
そして立退き理由である「老朽化による取り壊し」が早急に必要であるか?という2点を追及するべきです。

貴方は原状を鑑みて「早急な取り壊しの必要が無い事」と「6ヶ月前の告知条項」を建てに、退去の拒否や延期を主張するべきであると思います。


退去費用に関しては相手方の提示を待ちましょう!

ただ、退去し...続きを読む

Q居住権(?)

賃貸でも長年住めば、居住権(?)みたいなのが発生すると聞いたのですが、
それは何年間ですか?

あと、居住権と言う権利名が正しくないのであれば、なんという権利でしょうか?

Aベストアンサー

「居住権」と言う権利はないです。
ないので、住み続けても、その権利は発生しないです。
仮に、ODOPSFAKVGRNさんが言う居住権が「住むことができる権利」だとすれば、
それは
1、所有権に基づいて住むことができる権利
2、賃借権に基づいて住むことができる権利
3、使用貸借に基づいて住むことができる権利
の3つを総称しての俗名です。
本件の場合は「賃貸でも」と言うことなので2、ですが、
これの義務は家賃ですから、支払いがないと不法占拠となり
「住むことができる権利」は消滅します。
なお、不法占拠でも10年間住み続ければ1、の所有権が時効で取得できるので、
所有権がなくなるまで何時までも住むことはできます。

Q借家の明渡しを求められました。立退き料は請求できますか?

家族4人で20年間住んでいる借家なのですが、
7月に不動産から、大家の長男が家を建てる事になったので
来年6月末までに物件を明け渡すよう書面が届きました。

過去にも何度か明渡しの話は出ていましたが、
その都度「やっぱり家を建てる話はキャンセルになったので
そのまま居てもらって構わない」という話になっていたので、
今回の明渡しの件も7月に書面が来たきり、何の連絡もなかったので、
またキャンセルになるだろうと思っていたのですが、
今月9月に不動産から連絡が入り本格的に明渡しの要請を受けました。

不動産からの電話は父が受けたので、詳細な内容はわかりませんが、
相手の言い分は来月分の家賃から少し値下げをするので来年3月には
出て行くよう言われたそうで、来年3月に退去する事は難しいと父が
申したところ、5月には明け渡すよう言われました。

しかしながら、家賃を下げ、明渡しを5月に延長したとしても、
現在の我家の財政では資金が捻出できず引っ越しが困難な状況です。
両親は飲食店を経営しているのですが、経営悪化により借金を抱えています。
私の給料も両親の借金に消え、貯金もできない状態にあります。
来年5月迄に頑張って資金調達をするつもりでいますが、
たぶん資金が確保ができず、出て行きたくても出ていけない状況に
陥る可能性が高いと思っています。

そこで大家さんに引っ越し資金と次の住居の敷金・礼金・家賃1ヵ月分を
負担して頂くよう交渉をしてみようと思っているのですが、
上記のような状況でどこまで大家さんに金銭負担を要求できるのか
わかりません。

常識知らずで大変お恥ずかしいのですが、
どなたかアドバイスを頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

家族4人で20年間住んでいる借家なのですが、
7月に不動産から、大家の長男が家を建てる事になったので
来年6月末までに物件を明け渡すよう書面が届きました。

過去にも何度か明渡しの話は出ていましたが、
その都度「やっぱり家を建てる話はキャンセルになったので
そのまま居てもらって構わない」という話になっていたので、
今回の明渡しの件も7月に書面が来たきり、何の連絡もなかったので、
またキャンセルになるだろうと思っていたのですが、
今月9月に不動産から連絡が入り本格的に明渡しの要請を...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。
下の方、おかしいです。何の専門家でしょうか?
借家の契約は、仮に契約期間が満了しても明示的に更新しなければ「それまでと同じ条件で自動的に更新される」(法定更新)という特殊な性質を持っています(借地借家法26条)。
仮に契約期間が満了して大家が「更新しない」といったところで、法定更新されるため、合法的にすみ続けられます。

したがって、大家側からの契約解除は原則として不可能です。契約の解除については28条に定められており、原則として正当な理由がない限り契約を大家から解除できません。正当な理由がないとき、正当な理由を補完するものとして「賃借人に対して財産上の給付をする旨の申出をした場合」つまり立ち退き料の支払いが必要であることを記載しています。

Q店舗を借りていますが、立ち退きを要求されました

都内に店舗を借りてオートバイ店を経営をしております。
平成21年5月1日より2年更新で本物件を借り、寝食を惜しんで働いてようやく地元のお客様も出来て、商売も安定して参りました。
しかし現在1年と9ヶ月目になりますが、突然不動産屋より下記のような電話がかかってきました。

「区画整理の対象になったので次の更新ができません。他の物件にプレハブぐらいなら建ててやってもいいから移ったらどうですか」

調べたところ、区画整理は平成12年に計画が発表され、具体的説明については平成17年に行われていたようです。当然、賃貸契約を結ぶ21年4月にはそのような話は聞かされておりませんし、書面にも書かれておりませんでした。
それどころか、立ち退きに関しての費用の話はとりあってもらえず、具体的な費用についても返答がありません。それどころか敷金などの基本的な話もとりあってもらえず、移転費用などについても「そういった話は関係ない」と言われました。
確認したところ「次の土地」というのは本件関係者とまったく関係のない方の所有の更地で、不動産屋はそこに私にお金を出させて移転させようとしています。
プレハブを建てるというのもまったくの未定の話で、そこの土地の地主と交渉してみてはどうか、といっただけの内容でした。

「6ヶ月前に通知すれば、いかなる理由に於いても貸し主は本契約を解除できるので、まぁ6ヶ月は過ぎてますけどその分は契約満期の日から賃貸期間を延長してもらうとかの交渉は出来ると思います」

また、大家に直接聞きに行ったところ

「あの場所は俺が使うんだ!俺が使って車を売るんだ!」

と大声で言われたきり、後の私の質問に関しては無視です。大家は75歳になりますが、こんな対応とは恐れ入りました。
こっちはこれで仕事をして営業をして生活をしているのだからそこはどう責任をとってくれるんですか、と聞いても無視でした。私は迷惑をかけたことはありませんし(個人的に迷惑をかけられたことはありますが、問題にはしませんでした)、家賃を滞納したり物件に被害を加えたりもしておりません。

こちらは住居ではありませんし、営業をして利益を上げ、それで生活して家族を養っています。
また、区画整理が理由で立ち退くとしても、私にとっては寝耳に水な話で、関係ありません。

このような立ち退きが日本では許されているのでしょうか。私は店を追われて失業するしかないのでしょうか。どなたか教えてください。よろしくお願いします。

都内に店舗を借りてオートバイ店を経営をしております。
平成21年5月1日より2年更新で本物件を借り、寝食を惜しんで働いてようやく地元のお客様も出来て、商売も安定して参りました。
しかし現在1年と9ヶ月目になりますが、突然不動産屋より下記のような電話がかかってきました。

「区画整理の対象になったので次の更新ができません。他の物件にプレハブぐらいなら建ててやってもいいから移ったらどうですか」

調べたところ、区画整理は平成12年に計画が発表され、具体的説明については平成17年に行...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。
 補足説明を拝見しました。
 いやはや、私にも早合点があった様子です。こうした一方通行の対話は不慣れでもあってか実に難しいですね。

 そうした状況でしたら、優良な借主である質問者さんは益々有利ですね。
 と、申しますのは、民法で言えば賃借権、借地借家法で言う借家権によって建物の賃借人は手厚く保護され、仮に契約書で「6ヶ月前の通知によって、貸主はその理由を問わずに本契約を解除出来る。」等の借主に不利な特約は借地借家法によって無効とされますから、借主側の意向を無視して契約の解除が認められる例は殆どないに等しいのですが、頑固で高齢な貸主としては「俺の家作なのに何故自由に出来ないのか・・・。」と、単に納得が行かないのでしょう。

 これらは、不動産業者ならば知っている筈で、恐らくは業者による説得にも応じなかったのでしょうから、その業者が今後も仲裁に介入するのであれば、先の法に則っていないとの根拠によって断固拒否すれば、先方が事情を説明するでしょうから基本的な問題は済むと思います。

 そして今後、これらによって相手が何の根拠もなく、単なる嫌がらせとして賃料の値上げ等を強要したとしても、再び借地借家法等の壁によって阻まれるか、借主側にも対抗処置はありますので心配する必要もありません。

 大丈夫です。法は意外と優秀で貴方の見方に付きますよ。^^
   

 こんにちは。
 補足説明を拝見しました。
 いやはや、私にも早合点があった様子です。こうした一方通行の対話は不慣れでもあってか実に難しいですね。

 そうした状況でしたら、優良な借主である質問者さんは益々有利ですね。
 と、申しますのは、民法で言えば賃借権、借地借家法で言う借家権によって建物の賃借人は手厚く保護され、仮に契約書で「6ヶ月前の通知によって、貸主はその理由を問わずに本契約を解除出来る。」等の借主に不利な特約は借地借家法によって無効とされますから、借主側の意向を無視...続きを読む


人気Q&Aランキング