薬害エイズ判決(帝京大ルート・厚生省ルート)についての判例・意見・文献をうまく探すことが出来ません・・・。
もし、場所がわかる方、この判決についての意見などの情報について
ご存知の方、教えてください。
お願いします。

A 回答 (3件)

最近は最高裁でしたら判決を掲載してるんですけどね。

この判決は地方裁なので・・・。

判決(判例でないことに注意)を掲載しているのは毎日新聞が一番詳しいかな。

あとは以下のようなところでしょうか?

http://www.coara.or.jp/~tylo/yakugai/omonaugoki. …

http://www.yomiuri.co.jp/yakugai/yaku_h_04.htm

http://www.nhk.or.jp/kdns/_wakaran/01/0331.html

参考URL:http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/aids/aids- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
すごく細かく出ていました。

できれば、いわゆる『厚生省ルート』の判決文も手に入れたいのですが
まだどこにもないのでしょうか?
引用など少しだけ使われているページは探し出せたんですが、もう少し
細かくのっているところがありません。。
もしご存知でしたら教えてください。
お願いします。

お礼日時:2001/12/15 03:16

こちらのホームページなんかはどうでしょうか?


もし役にたたなかったらゴメンナサイね~

参考URL:http://www.honya.co.jp/contents/knomura/90s/90s2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
さっそく行ってみました。
歴史とか書いてあってためになりました!
あと、みなさんにもう1つ質問なんですが今年の9月28日に出た
いわゆる『厚生省ルート』の判決文はどこかにないのでしょうか??
帝京大ルートなどは手に入ったのですが、厚生省の方はまだ手に入ってません。。
もしご存知でしたら教えてください。
お願いします。

お礼日時:2001/12/15 03:10

ジャーナリストの櫻井よしこさんの本をお薦めします。


『阿部先生、患者の命を蔑ろにしましたね』

以下はブックレビューです。


薬害エイズの被告人安部英氏をめぐる法廷での論争を,安部氏から名誉棄損で訴えられたジャーナリストが描く
著者は,日本の血友病患者5000人のうち,1800から2000人もの人々が薬害エイズにかかっていることの実態を,雑誌「中央公論」で,1993年から94年にかけて連載し,それは『エイズ犯罪,血友病患者の悲劇』としてまもなく刊行された(大宅壮一ノンフィクション賞受賞)。エイズ研究班の班長だった安部英氏の責任の重さにも当然言及していた。ところが,それからしばらして,本の一部に名誉棄損がある,と安部氏から訴えられた。民事訴訟だった。薬害エイズについての刑事裁判がすでに進行中であるのに,なんでいまごろ,と著者は不思議に思ったが,受けてたつことにした。本書は,そんな立場になった著者による,進行中の刑事裁判の緊迫したやりとりの記録。
著者が取材した被害者たちの証言を随所にはさみながら,血友病に関しては日本一の名医とも言われたことのある安部氏の犯罪を怒りをもって追いかける。緻密な記録から法廷の緊張した様子が伝わってくる。

(フリーランスライター 杉山 由美子)
(Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)


内容(「BOOK」データベースより)
刑事被告人安部英氏をめぐる法廷での息詰まる攻防が明らかにする薬害エイズの真実。


薬害エイズで検索されるとたくさんでてきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おー、詳しく書いていただいてありがとうございます。
学校の図書館でさっそく探してみたいと思います!

お礼日時:2001/12/15 03:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地図:バスのルート検索

googleでもyahooでも何でもいいのですが、地図検索でルートを調べたいのですが、電車ではルート検索できるのですが、バスのルート検索できません。

バスのルート検索ができるサイトとそのやり方を教えてください。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

直接、乗車バス停から降車バス停の時刻を調べることはできませんが、
私が愛用させていただいた、
『旅に出たくなるページ』内の『旅に出たくなる路線図』さんが昨年の12月31日をもって閉鎖されてしまいました。これが最高だったので残念です。
しかし、リンク集は残されていますので検索してみる価値は十分有ると思います。
http://ryokou.gozaru.jp/index.html

『時刻表はココから』さんには、各バス会社のホームページや、地域によっては、その地域全体を調べられるものも記載されています。
http://homepage2.nifty.com/fuguta/time/i/i-menu.html

『NAVITIME』さんは、全国の各バス停の発車時刻を調べることができますが、掲載されていないバス停が多々有ります。
http://www.navitime.co.jp/bus/

地域別では、
・関東地方 『バスサービスマップ』さん(路線図の検索)
http://www.geocities.jp/busservicemap/
・東海地方 『路線図ドットコム』さん(路線図の検索)
http://www.rosenzu.com/
・九州地方 『九州のバス時刻表』さん(停留所名で九州のほとんどのバスが検索できます)
http://qbus.jp/time/
などがあります。

miya_HN さんがどの地域をお探しかわかりませんが、手間がかかっても良ければ、各都道府県のバス協会等の大まかなバス路線図は存在すると思いますので、そこでバス会社を調べて、そのバス会社のホームページがあればそれを参照してみてはいかがでしょうか。

直接、乗車バス停から降車バス停の時刻を調べることはできませんが、
私が愛用させていただいた、
『旅に出たくなるページ』内の『旅に出たくなる路線図』さんが昨年の12月31日をもって閉鎖されてしまいました。これが最高だったので残念です。
しかし、リンク集は残されていますので検索してみる価値は十分有ると思います。
http://ryokou.gozaru.jp/index.html

『時刻表はココから』さんには、各バス会社のホームページや、地域によっては、その地域全体を調べられるものも記載されています。
http://homepage2...続きを読む

Q刑法判例(判決日時ご存知ありますか)

下記事件の判決日を探しています。
ご存知の方ご教授ください。


被告人は、金品窃取目的で、隣家のKが外出するのを確認したうえ、午前○時ころK方の無施錠の勝手口からK宅に侵入したうえ、勝手口の南側にある四畳半和室に入り、室内にあったK所有に係る現金6万9700円および財布等12点在中の手提げバッグ1個(時価約5万6100円相当)を手に取った。
 被告人が、その後、直ちに四畳半和室を退室しようと勝手口に向かったところ、被告人の背後の四畳半和室の西側に隣接する八畳和室から「ガサッ」と言う音が聞こえたが、被告人は、振り返ることなく勝手口から逃走した。その際、両和室の間にある襖が開いており、被告人は、これに気づいていた。
 被告人は、K方を出ると、そのままK方の東側に隣接する自宅に戻ったが、自宅内で10ないし15分ほどすごした後、ふたたびK方に赴いたうえ、四畳半和室を通って八畳和室に入り、八畳和室南西側角付近に座っていたKの姉であるVを発見するや、その背後からVに近づき、八畳和室内でVを絞殺した。
 Kは、昭和36年ころからそこに居住しており、Vも、平成元年ころから殺害されるまでK方に同居していた。本件当時、K方東側に隣接する自宅に居住していた被告人は、Kとは数十年来、Vとは十数年来、それぞれ隣人として付き合いがあり、その間、被告人とKおよび被告人とVとの間には、いずれも特段の争いごとはなかった

下記事件の判決日を探しています。
ご存知の方ご教授ください。


被告人は、金品窃取目的で、隣家のKが外出するのを確認したうえ、午前○時ころK方の無施錠の勝手口からK宅に侵入したうえ、勝手口の南側にある四畳半和室に入り、室内にあったK所有に係る現金6万9700円および財布等12点在中の手提げバッグ1個(時価約5万6100円相当)を手に取った。
 被告人が、その後、直ちに四畳半和室を退室しようと勝手口に向かったところ、被告人の背後の四畳半和室の西側に隣接する八畳和室から「ガサッ」と言う音が聞こえ...続きを読む

Aベストアンサー

平成17年2月3日。

Q■地図ナビルート検索について!

■地図ナビルート検索について!
自宅のパソコンでルート検索できるソフトやサイトはありますか?
出来れば無料の物が良いのですが・・・? 有料でもOKです。

目的地と到着地を設定してルート検索ができるようなものを教えてください。
その他関連するご回答があればお願いいたします。m(_ _)m

Aベストアンサー

自動車であれば、
ルート検索‐NAVITIME
http://www.navitime.co.jp/drive/

電車であれば、
まるごとナビ|駅探
http://navi.ekitan.com/ppnavi/

などいかがですか。

Q判例と判決

なぜ判例と判決を学ぶ必要があるのですか??

Aベストアンサー

その疑問をもつに至った経緯にもよりますが…

法律は、その意味内容を解釈して適用するものです。
日本の法律は日本語で書かれていますから、まぁたいていの場合、
意味内容が不明瞭になることはないのですが、
時に意味内容自体が問題になる場合があります。
「要件成立の境界線に近い部分(境界『線』とも限らないし)」
「立法時に想定していなかった事態の発生」
「条文の出来が悪い」
などの理由で、その場合は、意味内容を明らかにするという作業が重要になってきます。

法解釈は好き勝手には出来ません。
他の法令解釈と矛盾の無いように、体系的に行われなければなりませんし、
問題の妥当な解決を図れるものである必要があります。

個人がこれをやるとなると、途方も無い作業になることは容易に想像できると思います。
だから法学者、法解釈を必要とする人は、それまでの蓄積を参考にします。

判例はその蓄積の1つであり、裁判所がその意味内容に一定の解釈を与えた事例です。
法解釈を学ぶ上では資料の1つという位置付けですが、
特に実社会にて通用している解釈、ということになります。

その疑問をもつに至った経緯にもよりますが…

法律は、その意味内容を解釈して適用するものです。
日本の法律は日本語で書かれていますから、まぁたいていの場合、
意味内容が不明瞭になることはないのですが、
時に意味内容自体が問題になる場合があります。
「要件成立の境界線に近い部分(境界『線』とも限らないし)」
「立法時に想定していなかった事態の発生」
「条文の出来が悪い」
などの理由で、その場合は、意味内容を明らかにするという作業が重要になってきます。

法解釈は好き勝手には出...続きを読む

Qgoogle mapでのルート検索を良く利用していますが、一つ困ってい

google mapでのルート検索を良く利用していますが、一つ困っている事があります。

google mapが検索したルートを少しアレンジするのに白丸○で表されたポイントを
ドラッグすれば良いのですが、うまくドラッグ出来た試しがありません。

付近をぐるぐる何度も周回するようなルート地図が出来上がってしまいます。

何か途中のルートポイントを削除する方法などはあるのでしょうか?
みなさんはどのようにしてらっしゃいますか?

Aベストアンサー

補足確認しました。

(^^ゞ失礼しました言葉足らずでした。

不要なルート表示に○が有る時は○にカーソルを合わせて右クリックで、「このポイントを削除」で消せると思います。

無い場合は不要なルートを利用したいルートへドラッグで消えると思います。

>ちょっとごちゃごちゃした右左折の多いルート時なのか、時々ポイントをドラッグするとぐるぐる同じところを周回するんです。

ご指摘の様に表示してるルートと利用したいルートが近い場合はぐるぐると回る様な表示になりますね!

その様な場合は地図を拡大してルートを設定(上記の方法)を試して見て下さい、これは仕様だと思うので根気良く不要なポイント等を削除し続けて我慢するしか無いと思いますよ~?

Q判決例、裁判例、判例

判決例、判決例とよく言われるのですが、裁判例や判例とは何か違うのでしょうか?

Aベストアンサー

 質問の趣旨には必ずしも沿っていないのですが、私が理解しているところを開陳してみます。

 「判例」というとき、最広義と広義と狭義の3通りの使い方があると思います。以下その3つについて説明した上で、それとの対比で裁判例の意義について見解を述べます。
 説明の都合上、先に広義の「判例」について説明します。この場合は、「先例としての価値がある裁判(=判決+命令・決定)」という程度の意味だと思います。日本には「先例拘束性の原理」(=先例に必ず従えというルール)はありませんが、実際は慣行として先例に従う傾向があります。ただし、「先例としての重み」には差があり、当然最高裁の判例は尊重され、これが1度出ると、下級審がそれに真正面から反対するような裁判を行うことはまずありません。最高裁判例が出ていない場合でも、下級審で同様な判断が繰り返し行われれば先例としての価値が上がり、後続の裁判もそれに従う傾向にあります(この状況を指して「判例が形成されている」と言います)。
 最広義の「判例」は、「過去に下された裁判」を指します。例えば、『判例時報』という法律雑誌があるのですが、これは広義の「判例」という意味で使っているわけではなく、過去に出された裁判の中からピックアップされたものに過ぎないということです。
 狭義の「判例」は、条文上で登場してくる「最高裁判例」と言う意味です。刑事訴訟法や民事訴訟法には、最高裁が上告受理するのは一定の場合に限ると定められており、その一つが最高裁判例に反する判断をした場合です。この規定からは、単なる「先例としての価値がある裁判」とは異なり、最高裁の判例には特別の重みがあると読み取ることも出来ます。

 以上3通りの使い方を踏まえて、「裁判例」の意味を考えてみます。「裁判例」という語は、「判例」との違いを意識して使う場合が普通です。そのため、上で述べたように「判例」に3通りの使い方に対応して、「裁判例」という語にも異なる意味が込められる可能性があります。
 まず、最広義の「判例」との対比ですが、これと意味上の差異を出そうと思うと「判例」よりも「裁判例」方が意味が狭くなるしかありません。しかし、「判例」よりも「裁判例」の方が意味が狭くなるのは語感としても、実際の用法としても、まず無いと思います。
 次に、広義の「判例」に対して使う場合、「先例としての価値があるとは断言できない過去の裁判」といった意味になると思います。先例として価値があるかどうかは後々にならないと分からない場合があり、最新の判決を紹介する場合などは「判例」というより「裁判例」という方が適切な場合があります。
 最後に、狭義の「判例」と比べます。この場合は、「裁判例」という語に「最高裁の判断ではない下級審の判断ですよ」という意味がこもります。

 「判決例」という言葉は私自身使ったことがないので何とも言えませんが、「裁判例」から「命令・決定例」を差し引いたぐらいの意味ではないでしょうか。

 質問の趣旨には必ずしも沿っていないのですが、私が理解しているところを開陳してみます。

 「判例」というとき、最広義と広義と狭義の3通りの使い方があると思います。以下その3つについて説明した上で、それとの対比で裁判例の意義について見解を述べます。
 説明の都合上、先に広義の「判例」について説明します。この場合は、「先例としての価値がある裁判(=判決+命令・決定)」という程度の意味だと思います。日本には「先例拘束性の原理」(=先例に必ず従えというルール)はありませんが、実際...続きを読む

Q途中を指定できるルート検索サイト

ルートMAPを使っていますが、途中ポイントを指定して使用できません。
どこか途中ポイントを1-2点指定して検索できるサイトがあれば紹介お願いします。
→全て途中ポイントを目的地にして検索し足せばよいのはわかっていますが、あっちこっちポイントを変えたいので、、
使い方
  (1)目的地と出発地は決まっているのですが、途中観光する場所が3-4個所あるのでその組み合わせをそれぞれ指定して検索したい。
(2)検索条件を入れて検索しているが、部分的に自分の知っている最短ルートになっていない。そこでルートを指定して検索したい(私の方が絶対近いと思っているが、、、?)などなど

Aベストアンサー

 参考にならない意見ですいませんが、中継点を指定できるウェブ検索は、今のところまだないと思います。
(将来的には近いうちにどっかが始めると思いますが、2006年5月現在ではまだ見ないです)

 現在ルート検索で使われている処理方式は「可能性のある全てのルートを検索し、その中から最適なものを選ぶ」という処理方式が取られていることが多いです。
 そのようなアルゴリズムである関係上、「ウェブにルート検索を載せた」こと自体、実は凄いことなんです。

 中継点付きルート検索の場合、中継点の数だけ同じ検索を繰り返すため処理が2倍3倍と増えていく関係上、かなり潤沢な資金のある会社でなければ、それほどの能力を持ったシステムは導入できないのが実情です。
 地図検索サイトを運営する多くの会社にとって、ルート検索は一般に「おまけ機能」であることが多く、資金を裂けないわけです。

(カーナビに搭載された検索システムは、あなたが個人的に使うからこそ中継点指定ができるんです。
 ウェブ検索では何人もの人間が同時に使うのですから、みんなでサーバーの処理能力を譲り合わなければいけません。「みんなで分け合ってもなお余裕のあるシステム」となると、それなりに処理能力が求められるっちゅーわけです)

 参考にならない意見ですいませんが、中継点を指定できるウェブ検索は、今のところまだないと思います。
(将来的には近いうちにどっかが始めると思いますが、2006年5月現在ではまだ見ないです)

 現在ルート検索で使われている処理方式は「可能性のある全てのルートを検索し、その中から最適なものを選ぶ」という処理方式が取られていることが多いです。
 そのようなアルゴリズムである関係上、「ウェブにルート検索を載せた」こと自体、実は凄いことなんです。

 中継点付きルート検索の場合、...続きを読む

Q司法省史に関する文献を探しています

大正時代の司法省について調べたいので、司法省史のような本があればと思って探しているのですが、国会図書館などの検索にかけても出てきません。

例えば内務省であれば「内務省史」、厚生省であれば「厚生省五十年史」のような本が各省から発行されています。

同じような形で司法省(法務省)に関する歴史が何らかの形で本にまとめられているとは思いますが、探し方が悪いのか辿り着くことができません。
司法省発行ではなく、法律の専門家が編纂した文献でも構いません。
お詳しい方がいらっしゃいましたら、ご助言よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

国会図書館の近代デジタルライブラリーで「司法省沿革略誌」が公開されています。
明治41年から大正10年までの略誌ということです。
多少読みづらいかもしれませんが、ネットで全文読めますし、プリントアウトも可能です。

◆近代デジタルライブラリー
http://www.ndl.go.jp/
http://www.ndl.go.jp/jp/data/endl.html
詳細検索で、書名の検索欄に「司法省」といれて、検索してみてください。
他にも少しヒットしました。キーワード検索だと、ヒット数が多くなります。現在いろいろ調整中らしく、深夜はつながらないかもしれません。

また、司法省そのものずばりの資料が見当たらない場合、周辺から攻めていくのもひとつの方法です。
つまり、日本の法曹史資料内の参考文献から、手がかりを探すのです。
たとえば、下記のような資料です。

「司法沿革誌」 司法省∥編纂 / 原書房 , 1979 ( 明治百年史叢書 ) 昭和14年の複製
「裁判所百年史」 最高裁判所事務総局∥編集 / 大蔵省印刷局 , 1990.11
「法曹百年史」 法曹百年史編纂委員会∥編 / 法曹公論社 , 1972

もし、東京近郊にお住まいの方でしたら、最高裁判所図書館をご利用になってはいかがでしょう?
大学生の方でしたら利用可能な施設です。(電話連絡要)

◆最高裁判所図書館
http://www.courts.go.jp/saikosai/tosyokan/index.html
http://www.courts.go.jp/saikosai/tosyokan/riyou_houhou/ippan.html


「司法省」で蔵書検索すると大量な資料が出てきます。たとえば、↓のような。

『裁判所構成法実施五十年記念司法省及裁判所庁舎写真帳』 司法省会計課 編 司法省会計課 1939/01/01
『司法省法学校小史/続続・明治法制史精雑纂4ー6』 手塚豊 著 慶応義塾大学法学研究会 1967/01/01
『大日本帝国司法省 第43 行刑統計年報 昭和16年』 司法省行刑局 編 司法省行刑局 1943/01

国会図書館の近代デジタルライブラリーで「司法省沿革略誌」が公開されています。
明治41年から大正10年までの略誌ということです。
多少読みづらいかもしれませんが、ネットで全文読めますし、プリントアウトも可能です。

◆近代デジタルライブラリー
http://www.ndl.go.jp/
http://www.ndl.go.jp/jp/data/endl.html
詳細検索で、書名の検索欄に「司法省」といれて、検索してみてください。
他にも少しヒットしました。キーワード検索だと、ヒット数が多くなります。現在いろいろ調整中らしく、深夜...続きを読む

Q・カーナビのようにルート検索ができるサイト

・カーナビのようにルート検索ができるサイト

自宅のパソコンで出発地と目的地を入力してルート検索、距離、所要時間などがわかるカーナビのようなサイトを探しているのですが知っている方いませんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マップファンを使っています。

http://www.mapfan.com/

『ルート検索』で多分ご希望どうりのものが出来ると思います。
ラリーマップは便利で楽しいですよ(笑)

Q判例を逸脱した判決を裁判官は下せるのですか?

質問させていただきます。

裁判官は判決の際、以前の判例を調べて、適切な量刑(刑事事件)を下したり、賠償額を命じたりすると思いますが、検察や弁護側が提示する量刑や基準を大きく逸脱する判決は、自身の判断でだせるのでしょうか?

例・・・検察が懲役10年の量刑を求刑している事件で、裁判官は死刑が相当として、死刑の判決を出す。

例・・・弁護側が心神耗弱であったとして懲役5年の主張に対して、被告は心神喪失であるとして無罪を言い渡す。

等々

下級審であればおそらく抗告・上告すると思いますがそれを分かった上で法律の定める範囲であれば裁判官の判断で判決を下せるのでしょうか?

変な判決を出す裁判官として弾劾されたりするのでしょうか?

参考のご意見をお願いいたします。

Aベストアンサー

>検察や弁護側が提示する量刑や基準を大きく逸脱する判決は、自身の判断でだせるのでしょうか?

だす事が出来ます。
検察・弁護側の主張は、客観的な参考の意味しかありません。
(刑法上認められている量刑内で)無期懲役求刑に対して、死刑判決を出す事も可能ですよ。

>変な判決を出す裁判官として弾劾されたりするのでしょうか?

ありません。
検察官・弁護士・裁判官は「個々に独立した存在」です。
会社組織などと異なり、部長・課長・ヒラの組織体制でも、各自独立して判断を行います。
逆に、上司からも判断に対して命令はありません。
もし、判決に誤りがある場合は「刑法等の法律を逸脱した判決を行った」場合だけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報