哲学に関係するか分かりませんが他で質問するところがないので
ここで質問します。
 先日近所にある神社で飼われている犬を見つけました。
その犬は鎖につながれていて半径2メートルの中で生活している
ようでした。近ずいていってじゃれていると犬がだんだん
興奮してきて劣情をもよおし(?)飛びかかってきてすがるようにして
一生懸命腰を振って交尾しようとしているのをみて
なんだか知らないけれども嫌悪と同情、侮蔑に悲嘆と様々なことが
心に浮かびました。
 さらにこのことを人間にも当てはめてみると
決まった生活圏内で孤独の中に身を置きsexをしたがる(犬と人間では目的が違うかもしれませんが)遠い目で人間を眺めた気がしてとても
もやもやを感じてしまっています。
このもやもやはなんなのでしょうか自分でもよく分かりません。
自分でこの質問でなにが言いたいのかもよく分かっていないのですが
少しでも共感できる、または反論を聞きたいです。
理解に苦しむ内容ですがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

そのもやもやは、人間が包まれている、霧のようなものだとおもいます。


その霧は、不確かな知識や、偏見、私欲などで、僕らの目を曇らせ、耳を聞こえなくし、悩みの発生源って感じです。霧にまとわれている事を知らずに、いろんなことに迷って、一喜一憂。っていう生活が、人間の生活でしょう。ebinamoriさんは、犬に対する印象を、人間におけるそれとして感じられたんだと思います。
 人間の、悩みの元凶を見たのでは?つまり、犬の習性のように、どうしようもないもの(私欲)を背負って、さらに、(無知)という不自由な状態で、暮らしている事すら知らない。
 ebinamoriさんは、自分が人間であるので、そのような悲しい存在だとはあまり思いたくないので、その否定的感情から、「こんなものには目もやれない!見たくない!」ってことで、「もやもや」としてしまったのではないでしょうか?その存在を知りつつも、それを否定したい。けっこう飛躍しましたが、それなりに共感する部分があれば、うれしいです。もっともやもやを考えて、そして霧が晴れたりしたら、いいですね。
    • good
    • 0

もっと遠い目で、たとえば地球がまるごと視野に入るような高い視点に立って見れば、犬も人間も他の生物もみなそのようなものかも。



視点を変えてものを見ると面白いです。
神社になって見る。鎖になって見る。飼い主になって見る。・・・

犬と遊んでもらって楽しかった、だけで済まされないところがなかなか人間的で面白いと思いました。
そこから、こうして質問という行動にうつされたのも良いんじゃないですか。
    • good
    • 0

こんにちは。


犬そのものへの感情というよりは、やっぱりあなた自身への気持ちのように
思えます。同じ状況になったときに持つ感情は、精神状態によっていろいろ
だとおもいますが、どんなときにあなたのような感情になるんだろう…と
想像してみました。

「嫌悪と同情、侮蔑に悲嘆」はそのまま、自分の現状に向けての感想かも。
あなたはもっと広い世界に出て、うちとけられる仲間をもっと多く持って、
さびしさにとらわれたり、さびしさから逃れるためにセックスを望んだり
しなくていい、そんな生活をしたいのかもしれない。
それを「遠い目で」見ているあなたは、自分の状況を自分で変えられる
可能性をあまり感じられていないのかもしれない。そしてそのこと自体も
悲しんでいるみたい。

望みを自覚することは、実現への一歩です。自覚すれば作戦も立てられます。
そのもやもやからあなたが多くを得られますように。。
    • good
    • 0

散歩の途中でつながれている犬と遊ぶことがよくあります。

最初は挨拶から・・じきに興奮してきて、交尾のような仕草を取ることがあります。これって興奮したらよくする仕草で、本人はおそらくわけがわからない状態になっている・・それだけですよ。犬ですから、その特徴的な習性はそのままです。

そこで思うのですが、今回のエピソード…
眺めるebinamoriさんの心が投影されたもので、間接的にebinamoriさんは自分の心の中を覗いちゃったんじゃないのでしょうか?と思ってしまいます。
そう受け取ってしまうような、背景とかあったんじゃないかなって穿ってしまいますね。

哲学も何にも知らない素人です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに自分自身の心の中をのぞいたのかもしれませんね。
これが人間のすることかと思うようなすることが増えていますし
他人のことを考えない輩も増えています。(自分が迷惑をかけていないとも言い切れませんが)
そういう人のせいでたぶんいい人もいるのだろうになんとなく
人間を侮蔑してしまっているのかもしれません。
それでも野球なんかやってるときはそんなことも気にせずとりあえず楽しい気分になったり。本を読んだり映画を見たりと楽しいこともあるものだと思います。

お礼日時:2001/12/17 22:09

あまりにも平凡かつ薄っぺらで俗的見解なのですが…


犬ってよく人間にも発情しますよ~!
ほんとに、よくあることです。マンガのネタにもなるくらい。私も犬にそういう反応されたときは「まいっちゃったナ~A^-^;)」ってトホホな気分になりますけど、何を言っても相手はイヌですし。そんなものだと思ってやり過ごすことも大切かと。人間が欲望むき出しに発情してる姿は、かなりイヤンになりますけどネ。
    • good
    • 0

犬好きの者です。


あなたは、その神社の犬が「半径2mで生活している」とおっしゃっていますが、あなたが見ていないところでは、飼い主とふれあったり、散歩に行っていろんなものを見たり、いろんなことを感じていると思います。
本当に孤独かどうかなんて、本人にしかわからないものだと思います。
あなたに対して腰を振ったのも、たまたまそういう時期だったのかもしれませんよ。(犬には年に2回発情期があるそうですから。)

それにしても、私はただ犬が好きで、犬を見たら「かわいい! さわりたい!」としか感じないのに、犬から哲学が生まれるとは、なんともすごいことだと思いました。
根っからの哲学体質なんでしょうね。
(私は根っからの楽天家のようです。)

この回答への補足

私も犬を飼っています。可愛いラブラドールレトリバー(黒)です。
本人がどう思っているのかは私ももちろん分かるとは思いませんが
その犬はじゃれてくるにはじゃれてくるのに頭や体をなでようとすると
一瞬びくっとしてなんとなくいたたまれない気がしました。
それ離れない人がやったせいかもしれませんがそれだけでもないようにも
思えます。
はっきり言って自分の飼っている犬も含めてすべての犬は愛玩犬であり
もちろん犬自身はその代われている世界以外の世界を知らないので
幸せに思っているかもしれませんが、決して幸せでもないかも
しれないと言うことも頭の中に入れておかないといけないと思います。
そういうことを思っていないとも思っていませんが私は私も含めてたいていの人がすぐ可愛いといってしまうことにふと怒りを覚えることがあります。
最後に私が哲学体質ではありません。書くところがたまたまここしかなかったんです。

補足日時:2001/12/17 21:44
    • good
    • 0

 拘束、不自由さを感じます。


 人間でも、病棟、刑務所等で隔離され、行動範囲を限定され、誰かに束縛、拘束されることはあります。
 非情状態になれば、自分からはどうすることも出来ず、良くも悪くも全てを受けるしかなくなります。受動的立場です。
 犬も欲求不満状態でしょう。それが、積もれば人間ならば狂う(異常になる)か、自殺(破滅)ということでしょうか?
 満たされない生活に共感され、人間がしている悪辣さ非道さを感じられたようにも思われます。
 幼児誘拐で、十数年ずっと閉じ込めていたという事件がありましたが、彼女が正常になるには時間がかかるといっていました。
 飼う、飼われることも良し悪しじゃないでしょうか?
 これも、本人次第か・・・。
 如何でしょうか?
    • good
    • 0

犬が、抑圧、閉鎖された環境の中で、本能を剥き出しにする姿を鳥瞰する。

と言う体験をしたあなたは、それを人間にまで普遍化してゆこうと考えている。とお見受けしました。

そのもやもやとは、恐らくは、鳥かごの中の鳥を見るときと同じく、自分の見渡せる小さな範囲内にその者のすべてがあるという超越者の感覚。

誤解を恐れずに言葉にするなら「神の感覚」ではあるまいか?

#「哲学的」に書こうとしましたが、ダメでした。(^^)

#西村寿行の短編集「症候群」を読んでみてください。
 もーーーっと、もやもやするはずです。
    • good
    • 0

なんともやりきれない話ですね、何か自分が重なるようであまり考えたくはありません。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数楽と数学会の読みは何ですか?

数楽と数学会の読みは何ですか?

最近、よく「数楽」という言葉を見かけますが、この言葉の読みは何でしょうか?。

普通に読めば「すうらく」だと思いますが、数楽舎という塾は、「すうらくしゃ」ではなく、「すうがくしゃ」と読むそうです。
どちらかが造語ですか?

また、数学会の読みは、「すうがっかい」ですか、「すうがくかい」ですか?

Aベストアンサー

私も、「すうがく」、「すうがっかい」でよいと思うが。

数楽というのは、数学者や数学愛好家が「数学とは楽しいものだ」ということを強調するために、わざと漢字を変えて使っているものである。
だから、数学と同じく、「すうがく」と読んで問題ない。

>どちらかが造語ですか?
「数楽」は造語、「数学会」は「数学」と「会」の合成語だろう。

余談だが、「楽」と言う字は、
・「楽園」「行楽」など、「たのしい」「のびのびする」という意味では「ラク」
・「音楽」「楽器」など、「うたう」「音をかなでる」という意味では「ガク」
と読むのが原則である。
「数楽」の場合は、上記のような理由で敢えて例外的に「ガク」と呼ぶのである。

Q自由主義を人工妊娠中絶に当てはめるとき

ミルの説いた自由主義に立って人工妊娠中絶を「女性の自己決定」だとして論文を書こうと思っています。
自由主義では
(1)判断能力を持った大人であれば
(2)自分の生命、身体、財産に関して
(3)他者危害を除いて
(4)その決定が当人に不利益になることであっても
(5)自己決定を下せる
ことが謳われていますが、(4)の愚行権は、人工妊娠中絶では何に当たるのでしょうか?
それとも、ここはあえて触れなくても良いのでしょうか?
ぜひ教えていただきたいです。

Aベストアンサー

論文書くんだったら、もっと引いて妊娠中絶の問題点は何なのか(中絶に反対する人たちの意見を読むとわかりやすいと思いますが…。)?を考えてみる必要があるのではないでしょうか?その上で、問題点を解決するためには、こういう考え方が必要でこう考えれば問題は解決しますよということをミルを引用しながら説明すればいいのです。
 で、その問題点は質問者さんが設定するものでありますから、愚行権に触れるようであればそのことに触れて論ずればいいのです。

でも、私自身は愚行権を論ずる前に、
・判断能力持った大人の定義は?
・胎児は女性の生命、身体、財産なの?
・胎児は人間としての権利主体ではないのか?
・DNA鑑定などによって女性が、男女別で産み分けるための中絶、障害 児を選別するための中絶は本当に自己決定権で勝手に決めていいの 
 か?


というところはかなり、核心的な問題で中絶問題を考える上で必要になってくると思います。

あと、蛇足ですがミルの生きた時代想定していなかった医療技術の進化を無視してミルだけで論じてもいい論文にはならないと思います。帝王切開や、保育器などがなかった。それ以後の思想的な展開や、フェミニズムの流れなども追っていった方がよい気がします。
また、何かありましたら補足ください。回答します。

論文書くんだったら、もっと引いて妊娠中絶の問題点は何なのか(中絶に反対する人たちの意見を読むとわかりやすいと思いますが…。)?を考えてみる必要があるのではないでしょうか?その上で、問題点を解決するためには、こういう考え方が必要でこう考えれば問題は解決しますよということをミルを引用しながら説明すればいいのです。
 で、その問題点は質問者さんが設定するものでありますから、愚行権に触れるようであればそのことに触れて論ずればいいのです。

でも、私自身は愚行権を論ずる前に、
・判断...続きを読む

Q読みは何でしょう

読みは何でしょう

Aベストアンサー

「網目」です。

写真から箱書きのように見えますが
網目模様の焼き物か塗り物でも入っているのでしょうか?

Q挑発的に振舞う人間は、賢くて優れた人間、または環境によく適応した健全な人間ですか?

こんばんは。

私の知人が、挑発的に振舞う(相手の怒りや暴力を誘うかのように、ルールを破ったり、嘘をついたり、騙したり、陥れたり、馬鹿にしたりするような)人間を肯定します。
その大略は以下の通りです。


○その行動に違法性が無ければ問題ない。違法性があっても、捕まらなければ問題ない。捕まっても、それに見合った適正な処罰を受ければ良いだけの話。

○そのような人間は、法律に守られながら、そのように振舞うことによって、(精神的または物質的に)何らかの利益を得ている訳だから、それは賢くて優れた人間、または環境によく適応した健全な人間だ。
逆に、それによって被害を被るような人間は、愚かで劣った取るに足りない人間だ。


この知人の言っていることは正しいのでしょうか?(実際、この知人は、そのように行動しているようです)

真面目に生きるのは馬鹿なの? という嫌な思いが過ぎった為、質問させて頂きました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この知人氏の様な人は、結局は損をします。

人間、法律などと言う以前に、相手を尊重しなければ自分も尊重されないものです。尊重されない人間が、どうして賢くて優れた人間なのでしょうか、どうして環境によく適応した健全な人間なのでしょうか(この辺り価値観の違いかも知れませんが)。


歴史を繙くと、たとえば柴田勝家という人が居ます。彼は越中の国(現在の富山)の攻略を命じられた際、その守備隊(上杉家と越中の地侍)をだまし討ちにしています。
その結果、本能寺の変の際に京都へ兵を出すことが、背後を狙われているために出来ず、距離的に遙かに遠くにいた羽柴秀吉が明智光秀を討ち、天下を取り逃がしてしまいました。

結局、この世の中は人間同士で成り立っているのです。真面目すぎるのも考え物ですが、この知人氏の様な生き方も考え物です。

Q本を読み事で何が得られますか?

本を読み事で何が得られますか?

Aベストアンサー

楽しい時間。展開を想像すること。新たな知識、作者の思想。

Q人間は人間としての認識パターンから抜け出せない。ここに人間の限界性はあるとみてよいですか。

人間は人間としての認識パターンから抜け出せない。ここに人間の限界性はあるとみてよいですか。

たとえば、物事のありやなしやというのも、人間の認識パターンなのだということが言えませんか。
神のありやなしやとか、その他いろいろ。

Aベストアンサー

「そのものの限界」が「それ」を規定しているのだから、「人間の限界」が「人間というもの(存在)」の在り方を決定しているといえるでしょう。

「定義」することは、その「限界」を設定することです。「A」の限界が、「A」を「A」たらしめているのです。

Q「故れ」の読み方と意味は何ですか

「故れ」の読み方と意味は何ですか。

本居宣長の「古事記伝」に出てきます。
一応、自分の解釈は
読み方は「これ」
意味は「これによって」
と思うのですが、国語学的な根拠がないので、
自信がありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば古事記傳七之卷神代五之卷の二段目「須佐之男命御啼伊佐知の段」の冒頭を見てください。「故各隨依賜之命所知看之中」に、「カレ オノモオノモ ヨサシタマヘル  ミコトノ マニマニ シロシメス ナカニ」と訓みが添えられています。

「かれ」は、「か・あれ」の縮まったもので、「か」は「あれ」「あそこ」と物を指し示す語、「あれ」は物が明瞭に見える意の「ある」の「已然形」で、「あるので」「あるのだが」というような意味。併せて、「そのようなことであるから」といったような意味に使われます。

「自分の解釈」と仰るのはとても良いことですね。国語学的な根拠など参考程度にすればよいでしょう。それこそ宣長の言う「おほらか」ということでしょう。

Qなぜ情欲を劣情とするのか?

なぜ情欲を劣情とするのか?

 人間の《情欲》をかつてクリスチアニズムは 何故かくも貶めたのか?
 たとえばつぎのようにです。そこでの《魂》は 単純に広く《感性》のことだと思います。
 ▲ (アウグスティヌス:情欲論) ~~~~~~~~~
 魂なしには肉の情欲は存在しないから 確かに情欲を起こすことは 生きており感覚している本性の性質である。だから去勢された男でも情欲が欠けていないで 貞潔がそれを抑制しなければならない。
 情欲を駆り立てる燃料が見出されない場合には 性欲が貞潔に逆らって刺激することがいっそう少ないから 苦労もいっそう少ない。しかるに性交の試みが たとえ〔去勢されているがゆえに〕それができなくとも カリゴヌスの恥ずべき行為に至らないように 慎み深さによって抑えられている。彼はワ゛レンティアヌス皇帝の息子の宦官であり 娼婦の告白により醜行の責任を負わされて 復讐の剣によって罰せられたと言われている。肉の実行はなかったとしても 〔情欲が〕肉的な情欲の渇望によって引き起こされなかったとしたら 集会の書ではそこから比喩がつけ加えられて

   彼は目で見て 嘆息し 宦官のように処女を抱きしめ 
  かつ悲嘆している。 (シラの書(集会)30:20)

 と語られはしなかったであろう。
 (『ユリアヌス駁論』6:14 金子晴勇訳)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 問題(問い)は 二つないし三つあると思います。
 ひとつには まづわたし個人の答えですが これも単純に《なぞの何ものかへの畏れ》の問題だと思われること。その畏れをないがしろにするなかれということ。そのためであり その意味であって 情欲じたいを取り上げるのではないであろう。あるいは情欲をおとしめること自体を意図していないのではないか。

 いまひとつには この文章を書いた人じしんが つぎのようにも書いていること。少々クリスチアニズムの特殊な領域にも入りますが。
 ▲ (同上 1・5) ~~~~~~~~~
 かの全能者は 最初の人(アダムとエワ)からであれ その後に加えられたわたしたちの意志からであれ わたしたちに起こっている悪をその満ちあふれる恩恵によって滅ぼしている。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 いづれの問題点についても これらのことが どうして人間の思惟やその観念として また観念の世界においてこそ唱えられ抱かれ頻々と説かれ やがてはそのような共同の幻想となってしまったのか。これが 三つ目の問いです。
 言いかえると 前の二つの問題点は――それらについても 解説や批判を募っているのですが―― いづれも非思考として成り立っていると思われます。しかるに そのことがどうして想像力の問題あるいは知識の問題に成り下がってしまったのか? こういう問いです。
 情欲論には 落とし穴があるのでしょうか? どういう落とし穴(あるいは つまづきの石)でしょうか?
 さらにあるいは ひとは――もしそうだとしたら――なぜ情欲から離れなければならないのでしょう?

なぜ情欲を劣情とするのか?

 人間の《情欲》をかつてクリスチアニズムは 何故かくも貶めたのか?
 たとえばつぎのようにです。そこでの《魂》は 単純に広く《感性》のことだと思います。
 ▲ (アウグスティヌス:情欲論) ~~~~~~~~~
 魂なしには肉の情欲は存在しないから 確かに情欲を起こすことは 生きており感覚している本性の性質である。だから去勢された男でも情欲が欠けていないで 貞潔がそれを抑制しなければならない。
 情欲を駆り立てる燃料が見出されない場合には 性欲が貞潔に...続きを読む

Aベストアンサー

人類が生物として生きる上での基本的欲求(三大欲求)は、
食欲、睡眠、性欲ですが、この内、前2者が個体を維持する
ためのものであるのに対し、性欲だけが体力を使い、あまつさえ
タンパク質まで放出する、消耗する欲求なので、性欲は強い
誘引効果があります。
人は、セックスで楽しむから、異性交遊は利己的な行為だと
思っていますが、実は利他的=種の維持なのです。

ただ、「強い誘引効果=快感を伴う」であるがゆえに、
そうした本能的バランスから外れ、意識的行動が優位になり
始めると、「種の意地」から外れて、避妊した上で快楽のみを
楽しみ始めたので、「消耗」はするわ、「種の維持」には
貢献しないわ、何のメリットもない(個体の快楽以外は)もの
になり始めたのです。
ゆえに服を着せたり、ワイセツだの劣情だのと、遠ざける
必要が出てきた、ていう。

Q「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?

「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?
人名のようなのですが、[馬前]原という記述がありました。
第2水準にも無い漢字のようですが、何と読むのでしょうか?
また意味は何ですか?

Aベストアンサー

漢字辞典で調べたらありました。人名については分かりません。

読み:「セン」古い中国の読み方だと「ゼン」の場合も
意味:蹄の白い馬
「[馬前]原」の読み:「きばはら」

参考…大修館「漢語新辞典」

Q強い人間、弱い人間

先日友人と話をしている際、会話の中で私が「キミは強がって生きているように俺の目には映る。キミは本来は弱い人間だと思うよ。」と言ったのですが、友人はそれに対して「そう思われているとは心外だ。」と言ってきました。

私の考えは、人間はみな弱い生き物で、弱さをカバーする為に知識を得たり、嘘をついたり、他人を求めあったり・・・の行動をしていると思っていて、「弱い」という事は様々な事柄に負ける可能性が高いかもしれないけれど、必ずしも「悪い」という事とリンクしているとは思っていないのです。
少なくとも「弱い人間」=「ダメ人間」では無いと思っています。
更に若干論点がズレますが、弱いことによって負けてしまってもそれで全てが終わりだとは思っていません。
もちろん強いこと、勝つことの方が良いとは思いますが、負けは負け以外の何物でもなく、仮に負けてもその事実を受けとめられればそれでよいと思っています。
私の友人の解釈では「弱い」=「ダメ」ということらしく、弱い人間と称された事を、ダメの烙印を押されたように感じたらしいのです。

私はこの件で、人それぞれの感じ方の違いに改めて驚いたのですが、あるいは他の方々は「強い人間、弱い人間」という表現にどのような感覚を抱いているのか知りたくなりました。
簡単なイメージでも結構ですのでできるだけ多くの方の意見が集まれば嬉しく思います。

先日友人と話をしている際、会話の中で私が「キミは強がって生きているように俺の目には映る。キミは本来は弱い人間だと思うよ。」と言ったのですが、友人はそれに対して「そう思われているとは心外だ。」と言ってきました。

私の考えは、人間はみな弱い生き物で、弱さをカバーする為に知識を得たり、嘘をついたり、他人を求めあったり・・・の行動をしていると思っていて、「弱い」という事は様々な事柄に負ける可能性が高いかもしれないけれど、必ずしも「悪い」という事とリンクしているとは思っていないの...続きを読む

Aベストアンサー

一般的には、「強者=勝者」 「弱者=敗者」という認識では
ないでしょうか?
あるいは「力=正義」みたいな・・・
ただ、そこには永続性という観念があるように思います
「強者」が「勝者」であり続けることや「弱者」が「敗者」に
甘んじ続ける事が可能なのか・・・
難しいテーマのような気もするし単純なような気もします
いずれにしても、目的を持ちえた場合
「意志の強い人間」のほうが「意志の弱い人間」より
評価は高いんでしょう
意味不明な回答で恐縮です


人気Q&Aランキング