カプチーノ・クリーマー(ホイッパーともいうのでしょうか)を使っていますが、牛乳によってはほとんど泡立たないのがあります。低温殺菌のちょっと脂肪分が多めのとても美味しい牛乳があるのですが、これをシャカシャカしても、蓋をあけたとたんにシャーっと泡がぜんぶ消えてしまうのです。ちなみに他の牛乳ではそんなことはありません。不思議に思って、牛乳屋さんに問い合わせたところ、同じ牛乳を使っていても、機械でちゃんと泡立てている喫茶店があるそうで、おそらく温度などにポイントがあるのではないかというお話でした。ちなみに私は70~80ccの量を電子レンジで1分ほど加熱してシャカシャカしています。泡立ちにくい牛乳で上手に泡立てるコツをご存知の方がいらしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

//じだいどりーむ//です。


 
>70~80ccの量を電子レンジで1分
ですか?僕も、ホイッパーの極簡単なつくりの子供の遊びみたいなものを
使っていますが、牛乳の温度が70度くらいが良く出来るそうです。
70度っていうと、大人が冷まさなくてもなんとか飲めるくらいな温度
だと思います。
70~80ccの量を電子レンジで1分では、熱くなり過ぎませんか?
あと、牛乳の膜(カルシウムでしたっけ?)をしっかり取ってあげれば
いいのではなでしょうか?
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
まず牛乳の量ですが、目分量で70~80ccと思ったのですが、ちゃんと測ったら100ccはありました。それから温度計を引っ張りだして温度を測ってみましたのですが、うちのボロレンジで1分温めた時の温度は、実際は50度ぐらいにしかなってなかったのです。これじゃあ低すぎですね~。60度に上げても泡立ちはいまいちでした。ところが70度にすると、プワプワとまではいかなくても、けっこう泡が残るのです。ただ時間が経つと消えていきましたけれど。でもうれしいです。今日はもうお腹がタプタプなので実験できませんが、明日もう少し違う温度で試してみようと思います。貴重な情報、どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/12/20 16:44

こんにちは。


私はハリオ社の同様の物を利用してますが、その説明書を読むと、
一般には加工乳より成分無調整の牛乳の方が適しているそうです。
きっと「脂肪分が多めの牛乳」って、「加工乳」にあたるのでは?

また、温度については非常に大切です。
ホットの場合は60℃前後、アイスの場合は5℃前後が適温です。
適温でないと、全く泡立たないことがある、とハッキリ明記されてます。
電子レンジの機種や、牛乳の加熱前の温度によっても異なりますが、
電子レンジ500Wで約50秒、600Wで40秒程が目安です。

温度に気を付け、も一度チャレンジしてみてくださいね♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私はボダムのクリーマーを使っています。牛乳は75度15分殺菌の成分無調整のものです。でも明らかに普通の牛乳よりこってりしていてコクがあって、コーヒーに入れてもすごく美味しいんですよ。一般的な高温殺菌の牛乳なら、あまり温度を気にしなくても泡立つのに、不思議ですね。何の具合なんでしょう。
でも、温度計でちゃんと測ってみるのは大切ですね~。下にも書きましたが、70度くらいでどうやら泡が立ちました。アドバイスありがとうございました!

お礼日時:2001/12/20 16:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q例えば158円の牛乳と198円の牛乳

例えば同じスーパーで、158円と198円の牛乳では、40円の差がありますが、価格、味以外に差はあるのでしょうか?
栄養や安全性などに。卵も10個100円~300円くらいまでいろいろありますが、その差って内容ではどれくらいなんでしょう。私が一番気にしているのは安全性なんですが、所詮庶民の日常で手に届く金額ではそれほど差はないのかな?今、味で198円~の牛乳を選んでるんですが、ナカミが左程かわらないのなら、40円×30日=1200円も1月で差が出るんで、考え直そうかと思ってます。まして、228円なんての買ったら月にかなり差が出るし。
食品の価格の差はどれくらいから安全がかえるのかな?
野菜などは国産を選んでます。特に冷凍食品の残留農薬事件から、その国のものは選ばなくなったんですが、かなり安いですよね。安全がそうかわらないのなら、安い方を選びたいと思えてきました。国産でも、よく交通量の多いところにある畑もみかけるし、こういうところからのだったら安全なんてないのかもと感じてきてます。
また、より安全に食すことができる、買ってきてからの処理方法などありますか?

例えば同じスーパーで、158円と198円の牛乳では、40円の差がありますが、価格、味以外に差はあるのでしょうか?
栄養や安全性などに。卵も10個100円~300円くらいまでいろいろありますが、その差って内容ではどれくらいなんでしょう。私が一番気にしているのは安全性なんですが、所詮庶民の日常で手に届く金額ではそれほど差はないのかな?今、味で198円~の牛乳を選んでるんですが、ナカミが左程かわらないのなら、40円×30日=1200円も1月で差が出るんで、考え直そうかと思ってます...続きを読む

Aベストアンサー

 おはようございます。

 一概には言えませんが,価格差は仕入れ価格が反映されます。メーカーが販売促進のために納入価格を下げたりすることがありますから(新製品の知名度を上げるなど),中身は対して変わりは無いと思いますよ。また,スーパーがメーカーとタイアップして,販売促進のために値段を下げている場合もありますしね。
 実際に,1リットル200円前後の牛乳を飲み比べてみて,味の違いがわかる方はほとんどいないのではないでしょうか。
 また,安全性についてですが,雪印の事件以来,安全面での配慮はメーカーの命ですから,心配は無いと思うのですが……

 今の時代,食の完全な安全を求めるのは不可能と割り切るしかないです。それを求めるなら,自給自足しかないです(笑)。
 例えば,自然に飼われた鶏の卵は餌なんかも良いのが使われて,通常の卵より高いですよね。中身は確かに良いかもしれないですが,自然を売り物にしすぎて洗卵(通常の卵は大抵,洗われて出荷されるそうです)をしなこともあるそうですので,卵の殻に眼には見えないかもしれませんが,糞が付いているかも知れないですよね。そうすると,理論的には今問題になっている鳥インフルエンザの菌に接触する機会が高くなると言うことになりますよね。
 こうなって来ると,一概に自然農法が良いとはいえませんし,何が安全で,何が危険かは,自分で色々な情報にアンテナを張り巡らせて仕入れるしかないですね。

 より安全な処理方法は,加熱すること以外には無いでしょうね。農薬は無くなりませんが,少なくとも細菌は死にます(笑)。なお,冷凍しても死なない菌がいますので,冷凍は過信しないで下さいね。

 おはようございます。

 一概には言えませんが,価格差は仕入れ価格が反映されます。メーカーが販売促進のために納入価格を下げたりすることがありますから(新製品の知名度を上げるなど),中身は対して変わりは無いと思いますよ。また,スーパーがメーカーとタイアップして,販売促進のために値段を下げている場合もありますしね。
 実際に,1リットル200円前後の牛乳を飲み比べてみて,味の違いがわかる方はほとんどいないのではないでしょうか。
 また,安全性についてですが,雪印の事件以来,安全面での配慮は...続きを読む

Q低脂肪牛乳はなぜ普通の牛乳より安いのですか?

生乳50%だからでしょうか?

また、低脂肪牛乳というのは
水やほかの液体で牛乳を薄めてるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>低脂肪牛乳はなぜ普通の牛乳より安いのですか?

ちょいと、バター、チーズに必要な、無脂乳固形原料・乳脂肪原料を取り省いているからです。

Q『低脂肪牛乳』と『成分無調整牛乳』の違いについて?

ヨーグルトができるのかどうかとか
判りやすい違いってあるのでしょうか?
成分無調整の方が若干薄味のように思うのですが・・・
その他もあれば違いを教えてください

そして体にはどちらがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

牛乳は工業製品ではないので、乳牛の個体によって、また飼料の種類や質、地域や季節などによっても、成分組成が変動します。
このため、無脂乳固形分や脂肪分の組成を商品として一定の範囲に収めるように標準化(成分調整)を行います。この標準化を行っていないものが、成分無調整牛乳です。

ひとくちに牛乳といっても、「牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」「加工乳」「乳飲料」など、それぞれ厳密な定義と規格基準があります。規格基準の内容と意味を正しく理解した上で、品質表示欄をよく確かめて選んでください。

詳しくは、下記。
『乳及び乳製品等の成分規格に関する省令』(通称:乳等省令)
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=hourei&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=654
「乳等省令に基づく定義」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/hyouji/nyuutou-01.html

『飲用乳の表示に関する公正競争規約』(公正取引委員会が認定した業界基準)
http://www.jfftc.org/cgi-bin/data/bunsyo/A-1.pdf

牛乳は工業製品ではないので、乳牛の個体によって、また飼料の種類や質、地域や季節などによっても、成分組成が変動します。
このため、無脂乳固形分や脂肪分の組成を商品として一定の範囲に収めるように標準化(成分調整)を行います。この標準化を行っていないものが、成分無調整牛乳です。

ひとくちに牛乳といっても、「牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」「加工乳」「乳飲料」など、それぞれ厳密な定義と規格基準があります。規格基準の内容と意味を正しく理解した上で、品質表示欄をよく確かめて選んで...続きを読む

Q牛乳嫌いの主人ですが、調理に牛乳を使っても同じ栄養素を摂取できますか?

牛乳嫌いの主人ですが、調理に牛乳を使っても同じ栄養素を摂取できますか?
主人は牛乳や乳製品が嫌いで一切口にしようとしません。今日は強力粉でマフィンを焼く際に豆乳を入れてみたのですが、豆乳をコップでそのまま飲むのと、熱を加えた調理のように、調理課程に豆乳を加えたものを食べるのでは、摂取できる栄養素に違いはありますか?なんとかして主人に乳製品を食べてもらいたいのです。

Aベストアンサー

大丈夫ですよ、加熱調理につかって栄養が減るなんて気にしなくても。
豆乳はすでに工場で加熱済みですよ。
加熱で壊れる栄養は工場でもう壊れています。
だから豆乳は煮ても焼いても壊れない栄養だけです。
そのまま飲んでも、オーブンで焼いても大差なしです。

Q● 牛乳の種類別で、「牛乳」と「乳飲料」と「加工乳」

● 牛乳の種類別で、「牛乳」と「乳飲料」と「加工乳」

● アイスクリームの種類で、「アイスクリーム」と「アイスミルク」と「ラクトアイス」

とありますが、その違いって何ですか? それぞれ左からおいしさが全然違い、値段にも差がありますよね。生乳の割合のような気はするんですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

● 牛乳
http://6mg.net/318
● アイス
http://www.ezaki-glico.com/qa/products/icecream/answer/a01.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報