誰か教えてください。
スタッドボルト(M10)とナットで品物を固定しているとします。
トルクレンチを用いて、一定のトルクで締め付けたとき、品物を押さえつける力(軸力)の求め方を教えてください。ボルトは並目・ピッチ1.5mm(ミスミ)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も勉強中の身ですが、分かる範囲で答えたいと思います。




呼び径dのねじをトルクTで締め付けた場合の軸力Fは
F=T/(Kd)
で表されます。

ここでKは「トルク係数」と呼ばれるもので、
平均的にはK=0.2 位です。
M10のボルトでは2.5kgf.m の締め付けトルクに対して、
1250kgfの軸力が得られます。 1)



ただし、Kは座面やねじ面の摩擦係数を含むため、ばらつきが大きく、
締め付けトルクもある程度ばらつくため、
実際の締め付けトルクに対する軸力の変動幅は、
±30%にもなるそうです。

そのため、設計上では、安全のためには-30%で強度計算を行わなくては
ならないため、過剰品質になりやすいという欠点を持ちます。
この欠点を回避するため、「降伏点締め付け法」が用いられることがありますが、
手間がかかるため、現場ではあまり用いられていません。 2)

参考文献
1)「ねじのはなし」 第5章ねじの締め付け
  財団法人 日本企画協会
2)「続・実際の設計」9.1ねじ・ボルト・ナット
  日刊工業新聞社


 「どんなひと」: 機械の部品加工、組立を行っています。
          機械設計について、個人的に勉強しています。(まだまだ
         勉強しなければならないことが多々あります。設計業務は未経
         験です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、御回答有難うございました。
大変参考になりました。
もう少しの間、締め切りを待ちたいと思いますので、
また何かありましたら、宜しくおねがいします。

お礼日時:2002/01/15 16:35

初期締め付け力のことをいいたいのですか?


それなら公式として
F=0.6σA
σ:降伏応力,A:有効断面積
で計算できるはずです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q図のような一間幅の軸組の左柱脚にかかる引き抜けの力はどのように計算した

図のような一間幅の軸組の左柱脚にかかる引き抜けの力はどのように計算したらいいでしょうか?

Aベストアンサー

引抜力N=PH/Lです。

Q200ボルト用のウィンチを100ボルトで動かして使う事が出来ますか⁉

200ボルト用のウィンチを100ボルトで動かして使う事が出来ますか⁉

Aベストアンサー

出来ません。200V用のモーターを100Vでも使えるかというと、使えません。規定よりも低い電圧で使うとモーターは逆起電力が足りなくなって焼けるんです。

Q図は0ボルト信号と入力信号が同時に加わった時にのみSCRに出力を出す回路なのですが、入力1に0ボルト

図は0ボルト信号と入力信号が同時に加わった時にのみSCRに出力を出す回路なのですが、入力1に0ボルト信号を加え、入力2には、オンしたい時にのみ0ボルトの電圧を加えるみたいなのですが、説明によると、作動させない時は、入力2に高い電圧をかけておいて(トランジスタON)、作動させる時は0ボルトを加え、トランジスタをOFFにすることによって0ボルト信号か出力側に現れると説明があります。
しかし、そもそもトランジスタOFFでは電流の流れもないですし出力が出ないのではないのですか?
回路の流れを教えて頂きたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

回路図から考えられる波形図を添付します。
①は電源波形(Vac)

②はツェナーダイオードの端子電圧で、正側はツェナー電圧Vzに等しい振幅(たぶん10~20V)、負側は0Vです。図は台形に書いていますが、立ち上がり・立下りは急峻でほぼ方形波になります。

③は②をコンデンサで微分したもの。負側のパルスは図には書いていますが無視してください。使用しません。実際の回路では負側のパルスは出ない回路になっていると思います。
前の添付写真の「入力1」信号がこの波形です。
このパルスがSCRをトリガーします。タイミングがVacの立ち上がりの位置であることに注意してください。
SCRはご存じと思いますが、ゲートに正のパルスが入るとONとなります。いったんONするとゲート信号がなくなっても(0Vになっても)ONを維持します。アノード電流がゼロになるとOFFになります。
トランジスタがONであれば③のパルスがショートされSCRのゲートには入りません。SCRはゲートが0VのままなのでONしません。

④は負荷に流れる電流です。Vacの立ち上がりから正の半サイクルだけ導通します。

> Vacが0ボルトの時に整流回路と0ボルトの時に出力する回路からVzが発生して、その時にV1の入力を0にすると、トランジスタはOFFとなります、その時に上記のVzが入力されるとVoはどのような出力が出るのでしょうか?
左側のダイオードは整流回路ではなく、トリガーパルスを作るためにVacの正弦波を方形波に直すためのものです。
Voは③のパルスです。前述のように使うのは正のパルスです。

回路図から考えられる波形図を添付します。
①は電源波形(Vac)

②はツェナーダイオードの端子電圧で、正側はツェナー電圧Vzに等しい振幅(たぶん10~20V)、負側は0Vです。図は台形に書いていますが、立ち上がり・立下りは急峻でほぼ方形波になります。

③は②をコンデンサで微分したもの。負側のパルスは図には書いていますが無視してください。使用しません。実際の回路では負側のパルスは出ない回路になっていると思います。
前の添付写真の「入力1」信号がこの波形です。
このパルスがSCRをトリガーします。タ...続きを読む

Q時間について質問です。ある時間軸とある時間軸が交差することはあるのでしょうか。 Sf的な話ではなく科

時間について質問です。ある時間軸とある時間軸が交差することはあるのでしょうか。
Sf的な話ではなく科学的な理論の話です。

Aベストアンサー

時間軸というものが存在する、と考えるのがおかしいのかなと感じます。
移動ができて、他者との関係性などを認識できる存在の場合は、そのように錯覚しているだけで、物質などは移動は可能ですが、移動の認識ができません。

動物によっても、心臓の打つ早さによって、感じる時間はそれぞれ違うと言いますから、その点から言うなら、無限の時間軸が絶えず交錯しているのが存在、となるのかなと。

SFチックな回答でごめんなさい。

Q集中力、思考力、記憶力に欠ける子供

小学生の子供に勉強を教えるとき、弟の方はわりとのみ込みがいいのですが、
兄の方は、言葉で言ったことを理解するのが遅くて困っています。考え方の視野が
狭いといいますか、機転が利かないところがあります。

これをなんとかできないかと思い、いろいろ考えていたのですが、理解するスピードが
遅い子や、仕事の作業が遅い人というのは、どうも「動体視力が弱い」ように感じます。
この仮説をみなさんどのように考えますでしょうか。

動体視力と勉強の成績、仕事の作業効率にどうも関係があるように思えてなりません。
子供の兄の方を見ていますと、どうも目がボーっとしている印象で、頭がとろいのです。
これをどう解決していけばいいのか、脳トレーニングの観点から、何かアドバイスを
いただければと思います。

Aベストアンサー

そうですね。子供さんの将来を考えると親として不安になられるのだろうなと思います。
私は子供がおりませんが、自分の劣等感から脳トレーニングに励んだ経験に照らし合わせて、回答をさせて頂きます。

>言葉で言ったことを理解するのが遅くて・・・
>考え方の視野が狭い・・・
>仕事の作業が遅い・・・

私も悩んでましたし、今でも悩んでいます。
(すいません。一番上の事項では悩んだことは有りません。)
動体視力の事は解りませんが確かに目の使い方で脳の機能をうまく使うという考え方は存在します。
ヴィジョントレーニング・ビジョントレーニングというのがそれに当たります。これはamazonなどで検索すればそれに関する書籍が出てくると思いますので、興味があればご一読してみても、良いのではないかと思います。

まず言葉で言ったことを理解するのが遅い・作業が遅いのは前頭前野のワーキングメモリを担う領域がまだ開発されていないからではないかと思います。ワーキングメモリは短期記憶“等”を担う領域で会話・文章中の言葉を覚えておく。又、作業目的・目標の記憶を保持しつつ複雑な作業手順を思い出しながら行動するのに必要になります。この短期記憶の能力が高ければそれだけ理解力も上がりますし、それによって文章を読む速度も上がります。作業に関してはスピードそのものが上がるかは正直わかりませんが、手順や目標目的を忘れ、また思い出すというステップがなくなる分早くなるのではないかと思います。

このワーキングメモリの機能を上げることで大部分の事柄は変ってくるのではないかと思います。
元・北海道大学大学院医学研究科 医学部教授である澤口俊之氏が開発された「脳力道場」(幻冬舎)なるゲームソフトが私の場合、短期記憶に関してはかなり有効でした。このソフトのおかげで1時間半ほどの講演を最初から最後まで覚えられかつ、時間をおいて思い出しながら要約するという行為が楽になりました。また、自分の行動・感情を抑制することに関しても微弱ながら効果を感じています。
始めたのが30歳を過ぎてからですが、自分にとっては十分な効果を実感できました。また氏の提唱される「新聞社説法」もかなり有効です。有効ではありますが、集中力が持続しない年代である小学生に向いている方法とは思いませんのでここでは紹介のみにさせて頂きます。

それで「考え方の視野が狭い」についてはこれは検証できていませんが、ウィン・ウェンガー氏が提唱される理論が有効のように感じます。人間に進化するまでに存在してきた古い領域から発達してきており、延髄、中脳などの古くから生命に存在してきた領域を鍛えれば生命が持つ機関として比較的は新しい大脳の機能も拡大するという考え方です。詳しくは 「頭は3週間で良くなる!」のご一読をお勧めします。私もこの中の「マスキング」「這い這い」を行いましたが、効果は抜群なものがあります。私の印象としてはコンピュータで言えばCPUのクロック周波数が劇的に上がるような、頭の回転が素晴らしくよくなったことを覚えています。どちらか一方を選んでやるだけでもかなり効果があります。しかし私には刺激が強すぎて頭が痛くなったりなどの副作用がありましたので、今は全くやっておりません。澤口俊之氏のゲームでも長時間やれば、私の場合では頭が痛くなります。でも短時間(10分)であれば全然問題ありませんでした。お子様も必ず同じ事が起こるとは申し上げませんが、もし、この方法でなくても脳トレのようなものを実施をされる場合はお子様の様子には十分気を付けて、大丈夫であることを確認してから時間を伸ばすなどステップアップしていく事をお勧めします。

ここからは私の推測の話になるのですが、こうして脳の機能を上手に活用できれば、社会生活を送る上で有利になる可能性が高くなるのは否定はしませんし、こういった脳トレの効果についてもある程度有効であることは先ほど述べたとおりです。しかしお子様がそれで幸せになるかどうかは別問題ではないかとも思います。一番重要なのはこんな小手先技ではなく、こんなものに頼らずとも、たぶんお子さんは自分で自分の生き方をちゃんと見つけられるのではないかという事(人生の選択肢は限られるかもしれませんが・・・)です。そうするために大事なのは、まず好きな事・熱中すること(スポーツ等がいいかもしれません)を可能な限りやらせてあげること。それが人間としての“芯”を作っていくように思います。熱中できることが見つけられ、上達するに従い次第に自信がつきますし、それを軸にして人間関係の拡大などて自分の世界を切り開いて行けるのではないかと思います。そしてもう一つ大事なのが多少の失敗をしても寛容にして待つご両親の態度なのではないかと思います。子供が外で何かあろうとも絆創膏だけ用意して待つように、傷ついて帰ってきた子供さんを愛情をもって信じている事を伝え、自信をつけさせ、又送り出すことではないかと思います。上記二つの事柄を総じて言えば親として失敗しても立ち上がるだけの力、物おじしない行動力の源泉(自己肯定観とでも申しましょうか)となる物をわたしていくことが社会の荒波に負けないために必要ではないかと思います。その上で頭が良いのであればそれにこしたことはないと思います。以上ご参考まで。

そうですね。子供さんの将来を考えると親として不安になられるのだろうなと思います。
私は子供がおりませんが、自分の劣等感から脳トレーニングに励んだ経験に照らし合わせて、回答をさせて頂きます。

>言葉で言ったことを理解するのが遅くて・・・
>考え方の視野が狭い・・・
>仕事の作業が遅い・・・

私も悩んでましたし、今でも悩んでいます。
(すいません。一番上の事項では悩んだことは有りません。)
動体視力の事は解りませんが確かに目の使い方で脳の機能をうまく使うという考え方は存在します。
ヴ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報