gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

タングステンワイヤ(φ=0.3mm)を加工して、超高温ヒーター用の熱線として利用したいと思ってます。で、今、試作品を作っているのですが、購入したタングステンワイヤは 巻かさった状態であったので、らせん状に巻きくせがついており、自分で所定の形状に加工したワイヤも、なんというか、三次元的に歪んでおります。
そこで質問したいのですが、糸巻きみたいなのに巻かさって癖のついた金属ワイヤをストレートに加工する工具というのはあるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

ワイヤに張力をかけながらねじって真直にする方法は大学の先生が教えてくれた方法です。

こんな簡単な方法で真直になるのには驚きました。電動ドリルはホームセンターなどで売っている1000円程度の安い「電動ドライバ(ネジまわし)」で充分です。結果が出たら教えてください。
    • good
    • 4

そういう工具があるのかもしれませんが、昔、巻きグセのある1m長のカンタル線(クロムとアルミニウムと鉄の合金で耐熱温度1400℃)を真っ直ぐに整形するために、以下のようにしました。


  1 電動ドリルの先端にワイヤを巻きつけガムテープなどで固定する(引っ張っても抜けないように)
  2 助っ人を1人呼んで、ワイヤをつけた電動ドリルを水平にして持ってもらう
  3 ワイヤのもう一方の端をあなたが持ち、ワイヤとドリルを平行に保ったままワイヤをピンと引っ張っておく
  4 ワイヤを引っ張ったままで、助っ人が電動ドリルのスイッチを入れ、50回転くらいしたら電動ドリルを止める
これでワイヤは真直(まっすぐ)になります。この方法で整形したワイヤは高温でも真直のままです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど。素晴らしい方法ですね。
早速試してみたいと思います。

お礼日時:2009/11/08 21:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング