ばかげた質問かもしれないんですけど、鳩って歩く時に何故頭も動かすんですか?
人間が手を振るようなもんでしょうか?
って誰でも一度くらい小さい頃に考えたことありますよね(^^ゞ
どうも気になるんで教えてください

A 回答 (2件)

 


  これは、実験とか、生物学の研究で確認されている訳ではなく、勝手に考えたものですので、予めに、そうお断りします。ただ、それなりの説明はしますので、おかしいと思えば、別の考えで理解してください。
 
  幾つか考えられるのですが、まず、先の人も言っているように、身体のバランスを保つためというのが、素朴に出てきます。これは歩くと重心がずれるので、倒れたり変な姿勢になるのを防ぐため、首を振って、重心の均衡を取っているという考えです。
 
  しかし、鳩と鶏は歩く時に首を振りますが、ペンギンとかは歩いても首を振りませんし、猛禽の鷲などが地上で獲物を食べている情景を考えると、首など振っていないはずです。鷲は歩かないから首を振らないかと言うと、鷲は、地上で幾らか動くはずですし、動くと鳥は重心が崩れるなら、鷲などは、獲物を食べるのに夢中で、転げたりするはずですが、そんなはずはないと思います。
 
  足の筋肉が弱いのかというと、そんなこともなく、鳩も鶏も、ぴょんぴょんとかなり高く羽を使わずにジャンプします。また、鶏は、腿の肉が美味しいのであって、あれは、歩くために発達しているのです。
 
  二番目の考えられる理由は、リズミカルに首を振ることで、全身の筋肉がうまく協調運動を行い、上手に速く歩行できるのではないかという可能性です。鳩も鶏もかなり速度で、歩くというか、走れます。もっとも、その時は、首を振っていないようですが。
 
  三番目に、鳩は、地面を歩いて何をしているのかです。考えるに、あれは、餌が落ちていないか探しているのであって、首は前後に振るだけではなく、左右を素早く見回したり、地面を見たり、上を見たりしています。首を振るリズムに合わせて、視界をサーチしているようにも思えます。
 
  地面に降りて、少し動く鳥はいますが、地面を歩く鳥というのは、あまりいません。まして、鳩は飛ぶことができるのですから、余計に歩いているのはおかしいのです。他の鳥が地面を歩く時は、負傷しているか、負傷しているとみせかけて猛禽を誘い、雛などのいる巣から遠ざけるためです。
 
  鳩は、餌を探すために地面を歩いているとしか思えません。豆をまくと、空からも飛んできて豆を取りますが、これは普通の鳥はみなできることです。それなのに地面を歩くというのは、羽があって飛べるのですから、何か別の目的、つまり、この場合、餌を地面に探しているのだとなります。
 
  餌らしきものが落ちていると、首をさっと地面におろし、嘴で、餌らしきものをくわえ、また首を立てます。餌を探すため、そして多分、空からの猛禽の襲撃を警戒しているのではないかとも思えます。これが三番目の考えられる理由です。(首を振ると目立つではないかと思いますが、元々、地面を歩いていること自体、上空から見ると目立っているのです)。
 
  もう一つ、鳥のなかには、交尾の前に、異性を誘うダンスをする者があり、普通雄が踊るのですが、鳩の場合、雄も雌も日常的にそういう行動になっているのではないかということが考えられます。
 
  以上のなかで半分ぐらいか、もう少し当たっているのではないかと思います。また、別の理由があるとしても、以上述べたことと整合するのが合理的ですから、やはり、こういうことが考えられるということです。(何かでたらめを言っているような気もします)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど!なかなか鋭い観察ですね。
私の発想になかった考えが聞けてよかったです
ありがとうございます

お礼日時:2001/12/21 16:54

確か、バランスをとるために頭を動かしていたと思います。


鶏も同じように頭を動かしていますよね。鶏の首を固定すると
うまく歩けなかったという実験を何処かで見ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やっぱりそんな実験やってるんですね~。
気になってたことが解決しました。
ありがとうございます

お礼日時:2001/12/21 16:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!