ファミレスやシティホテルのレストランで
「飲み残されたワインは、お持ち帰りになって構いません。」と書かれたのを見かけます。

税金を少しかじった友人が「飲食店の外に酒類を持ち出すと、酒税法に抵触するのではないか」と言うのですが。

教えて下さい。

A 回答 (2件)

友人の心配の根拠が不明ですが、多分酒類の自店内消費(卸販売や小売業ではなく)を目的とするレストランが受けている免許の条件に違反するのではないかという固い解釈だと思います。

しかし、税務署員といえども残りの酒を持ち帰るのを許可条件違反だと責める人はいないでしょう。仮に違反だと指摘されたとしても、お店の問題であり、胃袋に納めず持ち帰ろうとした消費者の落ち度にはならないと思います。そんなけちな解釈をせず大いに飲み、飲み残した分は遠慮せず持ち帰り、不況で販売不振に苦しむ業界に少しでも経済協力をすべきでしょう。
    • good
    • 0

ワインなどは夫婦2人で飲みきれないときはいつでも持ち帰りますが、持ち帰る分については【胃】の中に入れる分を私の都合で



ビンに入れたまま持ち帰っているだけで、お店や税務署には関係ありません。

細かい法律の解釈では、既に対価を支払っていて私の所有権になっているモノを持ち帰ると言うことになるのでしょうが。。。

世の中楽しく渡るためには、税金のことなど考えないことだと思いませんか...どうぞ友人に宜しく伝えて下さい。

  *国税庁役人を軽蔑し・税務署大嫌いな、一般納税者より!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qわかりやすい酒税サイト

キロリットルあたりの税金ではなくて、わかりやすい%表示で(ビール5%とか)、
各お酒の税率を一覧表にして比較できるサイトを探していますが、あるようでないです。
誰か良いサイトを知っておられましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記の14p(11p)以降が参考程度になるかと
http://www.brewers.or.jp/activity/pdf/factbook.pdf

Q支給された旅費の税金も学校側が払うべきではないか

先日、大学生の友人が研究発表を行い、その時にかかった旅費が学校側から友人へ支給されました。友人は全額負担してもらうつもりでしたが、学校から支給された旅費は給与扱いとなっており、その支給額の中から税金が引かれたため、友人は結局、数千円手元に戻ってこなかったと嘆いていました。この税金は本来学校側が負担し、学生の手元に旅費全額分戻ってくるように支給すべきではないでしょうか。自分も今後研究発表を行う予定なのでとても気になります。

Aベストアンサー

その税金はその友人の所得に対して課される所得税ですから、学校側が負担することは法律上できません。もともとその友人が支払うべき税金を概算徴収されただけのことですから、ほかに所得がなければ確定申告すれば戻ってくるし、仮に納税すべき所得があれば旅費にかかった税金分は控除されます。
いずれにしてもその友人は一円も損はしていません(国民の義務として税金を納めることを「損」と思うなら別ですが)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報