財務諸表による自動車製造業の特徴としては「投資その他の資産が多い」とか
固定資産が多いとかくらいしか分かりません。一般的な自動車メーカーの
他業種との違いやとくに本田技研の経営における財務的特徴とか知っている方
いましたら是非教えて下さい。ほんとにお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

昔々、その昔、まだホンダの売上が日産の7割くらいだったころ(そんな昔でもない)、


トヨタ、日産、ホンダの3社比較をしてみたことがあります。

財務分析ごときで当時から日産の衰退は目に見えておりました。

他業種との比較はしておりませんが、多少のアドバイスはできるかもしれないと
考えている次第です。

どういったテーマでお調べなのかお教えいただけましたら、
いくらかお手伝いできるかもしれません。

もう少し明確に分析目的をお伝えいただけますでしょうか。
ではまた。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事有り難うございます。分析テーマは、例えばトヨタや日産など同業種の
企業と比べて本田のここが凄いというところを調べようと思っています。2000
年の決算から収益の比率は確かに高いというのは分かったのですが・・特別に経理の勉強をしているというわけではないので自分ではいまいち把握できません。よろしければまた教えて下さい。

お礼日時:2002/01/09 02:33

かなり簡単に言えば、



トヨタは、銀行並みに(銀行よりも)資金が潤沢で無借金経営
世界にその名をとどろかせたカンバン方式とそのスケールメリットにより、
生産効率が高く、棚卸資産が異常に少ない

日産は、昔は技術の日産といわれたものだけども、長い間経営陣が内部抗争を繰り返していて、
様々な経営判断を怠ってきたといわれており、
たぶん今みても財務指標はどれも素晴らしくはないのではないのでしょうか。
5年前はどれをとってもどうしようもなく、リストラはどこよりもしてたのですが、
全然リストラ不足であることが明白でした。

ホンダは本田宗一郎の理念を持ったある意味ニッチな会社で、
規模的に一番苦しいところにいました。
元々RV市場も出遅れてた(90年代初頭には「RVなんて車じゃない」と経営陣が言い放った)
事情もあり、決して収益性も高くなかったのだけど、
凄い勢いでキャッチアップしてヒット商品をつくりあげ、
今の地位を築いています。今は、財務分析をすればひとまず収益性が高いのは明白だと思います。
経営判断をコロッと変えることができる(してしまう)会社という意味で、
今でも身軽な会社と言えるようです。たまに社員もショックを受けていると聞きます(笑)。

で、財務データでは、収益性、生産性、安定性、リストラの効果などこれに毛が生えたことまでは
説明できるのですが、それではきっと本当に面白くはないと思います。

テーマからずれないのであれば、せっかくこれだけ生産財が似ていて比較しやすい業種なのですから、
PPM分析をすると面白い結果が出ると思います。

予想される結果として、トヨタの「金の成る木」に属する市場の強さ(マーク(2)など)に表される安定性、
ホンダの「花形」市場の強さ(フィットやRV)、
日産の小型車市場戦略の失敗(昔はマーチの天下)など、
年を追って見てみるともっと面白いことまで見えてくるかも
しれません。

長くなったので、詳細までは書きませんが興味があればやってみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホンダの シャトルと ヴェゼル、 みなさんなら、どっちを買いますか? 理由も述べて頂けるとありがたい

ホンダの
シャトルと
ヴェゼル、
みなさんなら、どっちを買いますか?
理由も述べて頂けるとありがたいです!

Aベストアンサー

シャトルです。ヴェゼルはSUVなので燃費・積載量などを考えると日常使うにはシャトルで十分です。

Q連結財務諸表を作成する必要がない会社が、連結財務諸表を営業報告書に記載してもよいのか。

こんにちは。
連結財務諸表を作成する必要がない会社が、連結財務諸表を作成して営業報告書に記載しても良いのでしょうか。
記載したいと思ったのは、子会社も含めたグループの力を明らかにしたいと思ったからです。
手間がかかるというのは、一応承知しているつもりです。
監査法人さんにはまだ相談していません。まずは自分の中で構想を練る上で知りたいと思ったのです。
よろしくお願いします。

以下の法令等は、一応読んでみました。
・商法特例法
・連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則
・「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」の取扱いに関する留意事項について(連結財務諸表規則ガイドライン)

Aベストアンサー

現実的にはだめだと思います。
取締役会資料等に使用することは構わないと思いますが、監査法人は監査手続きをもって、営業報告書及び付属明細書等の妥当性を確認することとなります。
その妥当性を検証するのは、必要性があるからです。

Qホンダのヴェゼルの購入を検討しています!しかし、妻以外、全員180cm越えの大型体型4人家族です…

ホンダのヴェゼルの購入を検討しています!
しかし、妻以外、全員180cm越えの大型体型4人家族です…やっぱ、小さいですかね??

Aベストアンサー

身内で乗っているものがいます。
普通の人には、十分に広くてパッケージ感あるのですが、180超えてる人が3人乗ってみたら、きっと誰かは頭が天井スレスレになると思います。
たぶん、旦那さんとか息子さんとかの男性ですよね。
後部席に座る人がきついでしょう。
一端、座席に収まってしまえば、上半身はいいかもしれませんが、長い脚だと、足元が狭いかも。
後は、乗り降りの時に、頭を下げる量がおおくなります。

個人的な見解では、
ホンダでしたら、ステップワゴンにされた方がいいと思いますよ。
ハイブリッドがよいのでしたら、トヨタにして、ノアのハイブリッドなど。

Q標準原価計算を使用する場合における財務諸表での棚卸資産計上について

標準原価計算を使用する場合における財務諸表での棚卸資産計上について

原価計算を勉強しています。
標準原価計算を使用している場合、財務諸表作成目的の為に、実際原価と標準原価の差異を「原価計算基準」の方針に従って、売上原価と棚卸資産(材料、仕掛品、製品)へ配賦する必要があるのですが、以下の点が分かりません。
初歩的な質問かもしれず恐縮ですが、教えて頂けますでしょうか。

(1)貸借対照表上に計上する棚卸資産(材料、仕掛品、製品)の金額は、
   各々の「標準原価」+「配賦差異」と考えてよろしいでしょうか。
(2)月中の受払および残高(前月残高・当月残高)は全て「標準原価」で行われるのでしょうか。
あるいは、残高については「標準原価」+「原価差異(配賦後)」となるのでしょうか。   
(3)実際原価計算のみ使用する場合と標準原価計算を使用する場合で比較して、財務諸表に表示される棚卸資産の金額は一致するものなのでしょうか。(感覚的に完全一致はないと思っています)


以上です。

Aベストアンサー

(1)貸借対照表上に計上する棚卸資産(材料、仕掛品、製品)の金額は、各々の「標準原価」+「配賦差異」と考えてよろしいでしょうか。

そのとおりです。

(2)月中の受払および残高(前月残高・当月残高)は全て「標準原価」で行われるのでしょうか。
あるいは、残高については「標準原価」+「原価差異(配賦後)」となるのでしょうか。

これは会社ごとに月次決算の方法が違うので一概に言えません。
最も簡単なのは月中では標準でしておいて、決算期だけ原価差異を調整することです。
決算上はこれで構いませんが、管理目的では月次損益が狂う恐れがあるので、多くの会社で月次でも原価差額の配賦をしていると思います。
   
(3)実際原価計算のみ使用する場合と標準原価計算を使用する場合で比較して、財務諸表に表示される棚卸資産の金額は一致するものなのでしょうか。(感覚的に完全一致はないと思っています)

まず一致しないでしょう。
もっとも単純な場合では、原価差額が小額の場合は配賦の必要がありません。従ってこの場合は実際原価とは一致しません。

また原価差額の配賦も、会社によってその基準の取りかたがさまざまです。いずれにしても簡便な基準をとることが多いので、実際原価と厳密に一致する保証はありません。

(1)貸借対照表上に計上する棚卸資産(材料、仕掛品、製品)の金額は、各々の「標準原価」+「配賦差異」と考えてよろしいでしょうか。

そのとおりです。

(2)月中の受払および残高(前月残高・当月残高)は全て「標準原価」で行われるのでしょうか。
あるいは、残高については「標準原価」+「原価差異(配賦後)」となるのでしょうか。

これは会社ごとに月次決算の方法が違うので一概に言えません。
最も簡単なのは月中では標準でしておいて、決算期だけ原価差異を調整することです。
決算上はこれで構いま...続きを読む

Qフォレスターと連呼して すみませんでした。 自分は、ホンダのヴェゼルを 購入することにしました。 1

フォレスターと連呼して
すみませんでした。

自分は、ホンダのヴェゼルを
購入することにしました。

1.5G 4WDを検討中ですが
オススメできますでしょうか?

Aベストアンサー

同じエンジンを積むフィット15XLの4WD車と比べて150kgほど重い(フィットのFFモデルと比べると200kg以上重い)ので、フォレスターのターボモデルと比較されていたのであればパワーの余裕感や高速道路での追い越し加速性能などはかなり違うと思います。(その分、燃費性能もかなり違うと思いますが…)

また、ヴェゼルのリアルタイムAWDシステムはフリードやステップワゴンなどにも搭載されていて通常時はほぼFF状態で走行して前輪のスリップを検知してからAWDに切り替わるもので、SUV車用と言うよりは乗用車用のAWDシステム(≒発進加速時のトラクションの確保がメイン)です。フォレスターのアクティブトルクスプリットAWD(←常時AWD走行)のXモードのような走破性を高める特殊モードもなく、本格的SUV車のようなデフロック機構もありません。説明書の注意書きにも「砂地やぬかるみなどで前輪が連続してスリップするような運転はしないでください」となっていますので、砂地(砂浜や河川敷など)や滑りやすい路面(ぬかるんだ地面や雪道など)では「SUV車のような見た目」と「4WD車だから大丈夫」などと過信せずにゆっくり安全運転を心がけてください。

同じエンジンを積むフィット15XLの4WD車と比べて150kgほど重い(フィットのFFモデルと比べると200kg以上重い)ので、フォレスターのターボモデルと比較されていたのであればパワーの余裕感や高速道路での追い越し加速性能などはかなり違うと思います。(その分、燃費性能もかなり違うと思いますが…)

また、ヴェゼルのリアルタイムAWDシステムはフリードやステップワゴンなどにも搭載されていて通常時はほぼFF状態で走行して前輪のスリップを検知してからAWDに切り替わるもので、SUV車用と言うよりは乗用車用のAW...続きを読む

Q財務諸表に計上する資産について

ふと疑問に思い、質問させていただきます。
お金を借りた時、その現金は資産にに計上されるのに、建物を借りた時にはその建物が資産に計上されない理由は何でしょうか?
所有権の問題であるのかと思ったのですが、例えば、他人から預かった現金は自分に所有権はないのに、預り金として預かった現金は資産に計上される。
資産に計上するもの、しないものの厳密な定義はあるのでしょうか?

かなり大雑把な質問ですが、簿記(もしくは会計)上のご回答をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

資産の定義は書物により表現が異なるがおおよそ#1の回答のとおり。
資産計上の具体的な基準は各会計基準等による。

物の賃貸借は会計上リース取引となるからリース会計基準で判断する。
これによれば資産計上する場合としない場合とがある。
よって建物を賃借しても資産計上する場合がある。

現金の所有権は占有と共に移転する。
従い他人から預った現金の所有権は預り人が有する。
借りた現金の所有権も借主が有する。
よって現金を資産計上する理由は正に現金の所有権があるからに他ならない。

Q何度もすみません。 ホンダのヴェゼルってイイ車ですか?

何度もすみません。

ホンダのヴェゼルってイイ車ですか?

Aベストアンサー

>いい車ですか
いい車です。

QAOKIホールディングスの単体財務諸表について

よろしくお願いします。
AOKIホールディングスの有価証券報告書を見ているのですが
下記の点について教えてください。

・単体の財務諸表が載っているが
何の事業についての財務諸表なのでしょうか?

AOKIホールディングスの本には

AOKI、オリヒカなどのファッション事業

ラビス、バリックなどのブライダルやカラオケ事業

があります。

全ての事業にAOKIホールディングスが100%
出資していますが、単体といったときに
どの事業を”単体”とみなすのでしょうか?

一番売り上げが多い、ファッション事業を単体とするのが
普通かと思うのですが、全て100%出資なら
扱いも同列になるのかと思うのですが。。。

財務ハイライトもありますが、
これは全て連結した上で、との理解でよろしいのでしょうか。。。?

ファッション事業の店舗数だけ知りたいのですが。。。

教えてください。

よろしくお願いします。

↓AOKIの有価証券報告書↓
http://ir.aoki-hd.co.jp/ja/IRFiling/IRFilingDataDownPar/01/IRFilingDownPar/03/PDFile/0803_aokireport.pdf#search='AOKIホールディングス 新規出店 数 有価証券報告書'

よろしくお願いします。
AOKIホールディングスの有価証券報告書を見ているのですが
下記の点について教えてください。

・単体の財務諸表が載っているが
何の事業についての財務諸表なのでしょうか?

AOKIホールディングスの本には

AOKI、オリヒカなどのファッション事業

ラビス、バリックなどのブライダルやカラオケ事業

があります。

全ての事業にAOKIホールディングスが100%
出資していますが、単体といったときに
どの事業を”単体”とみなすのでしょうか?

一番売り...続きを読む

Aベストアンサー

リンクを貼られている資料は有価証券報告書ではなくて株主向けの事業報告書なので、内容が薄くて分かりづらいですね。AOKIのHPでH20年3月期の決算短信を見たら、だいたい分かりましたのでお答えします。
http://ir.aoki-hd.co.jp/ja/BriefAnnouncement/BriefAnnouncementPar/07/TwoDownPar/02/document_1/tanshin08.3080520.pdf

【単体の財務諸表が載っているが何の事業についての財務諸表なのでしょうか?】

誤解されているようですが、短信42ページ(重要な後発事象)を読むと、純粋持株会社の体制に移行したのは今年の4月1日です。それまでは、AOKIブランドとORIHICAブランドは親会社がやっていました。
分かりやすくいうと、

○今年の3月31日まで
親会社・・AOKIブランド、ORIHICAブランドでのファッション事業
子会社・・MXブランドでのファッション事業(マルフル社)、ブライダル事業(ラヴィス社)、カラオケ事業(ヴァリック社)

○今年の4月1日から
親会社・・特に事業は行わない(純粋持株会社)
子会社・・AOKIブランドでのファッション事業(AOKI社)、ORIHICAブランドでのファッション事業(ORIHICA社)、MXブランドでのファッション事業(マルフル社=エムエックス社に名称変更)、ブライダル事業(ラヴィス社)、カラオケ事業(ヴァリック社)

こんな感じです。いま質問に出ている「単体財務諸表」はH20年3月期のものなので、今年の3月31日までの「単体」=親会社=AOKIブランドとORIHICAブランドでのファッション事業、ということになります。子会社がやっているMXブランドでのファッション事業は含まれません。

【財務ハイライトもありますが、これは全て連結した上で、との理解でよろしいのでしょうか。。。?】

連結です。

【ファッション事業の店舗数だけ知りたいのですが。。。】
短信資料3ページに、ファッション事業についての経営成績の説明が載っており、そこに店舗数が出てきます。3月31日現在で
 ・AOKI 381店舗
 ・ORIHICA 37店舗
 ・MX 34店舗
となっています。

リンクを貼られている資料は有価証券報告書ではなくて株主向けの事業報告書なので、内容が薄くて分かりづらいですね。AOKIのHPでH20年3月期の決算短信を見たら、だいたい分かりましたのでお答えします。
http://ir.aoki-hd.co.jp/ja/BriefAnnouncement/BriefAnnouncementPar/07/TwoDownPar/02/document_1/tanshin08.3080520.pdf

【単体の財務諸表が載っているが何の事業についての財務諸表なのでしょうか?】

誤解されているようですが、短信42ページ(重要な後発事象)を読むと、純粋持株会社の体...続きを読む

Q車を購入したいと思っています。 マツダのCX3とホンダのヴェゼルで迷ってます。 一長一短があり、自分

車を購入したいと思っています。
マツダのCX3とホンダのヴェゼルで迷ってます。
一長一短があり、自分の判断基準によって決めればいいのでは?
と言うお叱りをうけそうですが、他の人の意見を聞いて判断したいと思いました。
どうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

…使い方にも依るんじゃないかな。

 CX-3に限りませんが、ディーゼルはちょい乗りを苦手としています。逆にハイブリッドは一定速度で走り続ける場合にあまりメリットが出なくなります。

 市街地で比較的短距離の通勤等がメインになるならヴェゼルのハイブリッド、短距離だが郊外を走るのがメインならヴェゼルのガソリン車、1日100km以下走ることはないならCX-3…って感じですかね。

 年間走行距離が10000km以内なら、総費用ではハイブリッドやディーゼルは割に合わない場合が多いです。が、ひどい渋滞路メインならハイブリッドでも気休めにはなるかも。ディーゼルは片道最低でも30kmくらい欲しいですかね。

#2氏の挙げているC-HR(FF)はヴェゼルハイブリッドとキャラが被ります。四駆だといわゆるダウンサイジングターボなので、キャラ的にはCX-3に近い感じになります(チョイ乗りではターボのメリットがあまり出ない)。

Qファミリマートの財務諸表について

売上高はサブプライムから始まる不況の煽りを受けて下がっているのですが、経常利益・営業利益は上昇しています。理由としては何が考えられるでしょうか。是非、ご意見を下さい。



(億円)16年度17年度18年度19年度20年度
総資産2.8673.1413.1523.5123.981
売上高252.901276.442297.849319.439287.342
営業利益30.86832.66129.60831.21436.532
経常利益31.73634.04832.17533.87739.478

Aベストアンサー

http://www.ryutsuu.biz/accounts/b010908.html
「減収となったのはファミマ・ドット・コムにおける売上高を従来の総額表示から純額表示へ変更に伴うもの」

前年度の第3四半期の報告のなかに上記があります。
これが原因です。
コンビニはタスポの追い風があったのです。
前期で売上げが減るわけがありません。
下記も参考に。

http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz08q3/577033/
減収になるのは連結子会社で売上高の計上方法を変更したため


人気Q&Aランキング

おすすめ情報