スバルのフォレスターを新車で見積もりを出しもらいました。改行なしでいきます。取得税は121,200円です。諸費用の合計はなんと332,650円でした。高いですよね?「道路サービス関連費6000円」とあったんですが、これって何でしょう?ネットで検索してもそんな言葉すらヒットしませんが、最近の新車購入時には経費としてかかってくるんでしょうか?今回は下取車「なし」と言ったのに、「下取車手続き代行費用6,800円」、「納車費用8,700円」、「査定料(査定もクソもない)6,500円」、「ナンバープレート代1,440円(こんなにしてかな?)」と、いろいろとかかってきました。保険・税金面はどうにもかかってくる費用ですが、上記5項目ってなんとかならないんでしょうか?新車購入が久々なのでこちらの常識が欠けているだけかもしれないんですが、詳しい方みえたらお願いします。ついでに車庫証明などの登録関係は全部自分でやろうと思ってます。中古は何度もやったので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

諸費用合計が33万くらいというのは、他の皆さんが書かれている通り妥当な線だと思います。


ただ、仰る通り、細かい部分で納得できませんよね。

●「道路サービス関連費」は正しくJAFの入会金2000円+年会費4000円です。
最近ではクレジットカードや自動車保険に、ロードサービスが付帯している場合がありますので、素直にカットしてもらいましょう。JAFは警察官僚などの天下り団体として有名です。そのようないわくありげな団体に1円たりともお金を支払う必要は一切無いと思います。

●下取り車が無いのに下取り関係の費用「下取車手続き代行費用」と「査定料」が加算されているのはおかしすぎます。これも素直にカットしてもらいましょう。今時のディーラーでこんな費用を堂々と見積もりに乗せるようなディーラーが存在することに驚きました。

●「ナンバープレート代」なんて初めて聞きました。普通新車登録代行費用に含まれますよね。(字光式、もしくは希望ナンバーの場合を除いて。)

●納車費用というは、通常はディーラーにて納車するのではなく車を自宅まで持ってきてもらう場合に必要となる費用です。ディーラーに取りに行くと言えば必然的にカットされるはずです。

上記の観点からこのような見積もりを堂々と、しかも何の説明も無く作ってくるディーラー(営業マン)とは付き合わない方がいいと思います。スバルの店舗はそこ以外にもあるはずです。もしくは地理的な条件からそこの店舗しかないのなら、次回交渉時に迷わず全ての費用をカットさせた上での見積もりを取られることをオススメします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

失礼しました。ちょっとこちらの説明が悪かったです。
正確にはナンバー代ではなく標板代です。
まあ同じなんですが、登録代と別で1,440円でした。

納車費用についてはご意見を聞かせていただいていると、かなり大幅に差があるようです。
ちなみにこちら岐阜県北部なんですが、この販売店では絶対にどんな客からももらっている費用だと言ってました。
内訳は販売店までの送料+満ガソリン代とのことでした。店まで車を取りに行くといってもダメです。
???

6000円はJAFでした。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2006/02/13 20:57

プリントされた紙じゃないでしょうか?


見積書だとイチイチ入力するのが、面倒くさい(またはできない?!)でデフォルトで入力されている場合が大半です。
私も「ドンブリ勘定でいいから出してよ」と言うと、同じ様に出てきます。

つまり、見積書は「これ以上はビタ一文かからい目安」であり、契約書とは違います。
実際に商談に入れば、不要と思われる部分をカットして行けばいいんです。ただその時、点検等で付き合っていくのだったら、和気あいあいを忘れずに。
無理な値引きをすると、点検で敵討ちに遭いますから…^^;

ただスバルは縄張りが未だに残っている様で、市町村が異なると逃げられる場合もあります。(私の住む地域だけかも知れません)
    • good
    • 0

下取車代行費用・納車費用・査定料・車庫証明代行手数料(印紙関係は別)とかは値引きを大きく見せる為です。

これらがコミコミで200万だとして、実際は197万位だと思って下さい。
車庫証明の登録は自分でできるでしょうが、新車はあまりお勧めしません。ディーラーにやってもらったほうが楽ですよ。
ついでに車庫証明の代行手数料とかもカットした上でやってくれる営業さんは多いです。
あと、疑ったり高圧的にでるよりも仲良くしたほうが、結局後々得します。
経験上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ディーラーにやってもらったほうが楽ですよ。

う~ん現段階ではやってくれないみたいです。
ツメの段階でもう一押ししてみようかと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/13 20:43

ノートが納車された者ですが 車庫証明は自分で取り寄せました ディラーなら15000円 自分で警察に2回行くだけで 2500円


方法はディラーが親切に教えてくれました
納車も此方から行きましたので 合計30000円
廉くなりました
    • good
    • 0

>こちらの常識が欠けているだけかもしれないんですが


販売店の常識が欠けているだけ。

>登録関係は全部自分でやろうと
新規登録も自分でいったら?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

納車費用についてはこの販売店では絶対に取ってるそうです。
何なんでしょう?

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2006/02/13 20:46

見積もりでしょう?



単なる「例」じゃないのでしょうか?
(たらい回し用の、見積もりシート!)

具体的な交渉をすれば、
もっと安くなりますよ!(10%~20%ぐらい?)
また、2月予約(商談中)で3月(購入)納車なら、
決算時期なので、もっと安くなりますよ。

私は、4年前、大阪スバルで出たての
現行(前期)フォレスターXTを購入しました者で…

以上(経験者)
    • good
    • 0

フォレスタークラスで33万ぐらいなら通常と変わらない費用だと思います。


取得税は車本体以外にもオプションにも加算されます。消費税のほかに取得税5%も実は取られています。
ガソリン同様二重取りです。

話がズレました。
下取り関係は単に抜き忘れただけかもしれません。
ナンバー代っていまだに取るところがあるんですねぇ。
新車登録の費用に含んでいるケースが多いんですが。納車費用は5000-10000円ぐらいで販売店によって開きがあります。
自分で取りに行けば当然かかりません。
あーだこーだ言ってきたら本社に直訴しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正確にはナンバー代ではなく、標板代でした。
やはりかかるみたいです。
納車費用についてはみなさんかなり差があるので
なんともいえませんね。こちらは岐阜県です。

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2006/02/13 20:33

たぶんですが。


>「道路サービス関連費6000円」
↑これ、JAFでしょう。
入会金2,000円+年会費4,000円の合計6000円です。

>下取車「なし」と言ったのに、「下取車手続き代行費用6,800円」、「査定料(査定もクソもない)6,500円」

下取りがないなら、これは不要だと思います。

>「納車費用8,700円」
これはディーラーによって違うのかもしれませんね…。

私は日産で下取り無しで購入しましたが、納車費用は掛かっていません。(今、契約書で確認して書いています)
先日母が新車を購入した時は、トヨタでしたが、店頭引渡しにすれば納車費用は「0」になりました。

参考まで。
    • good
    • 0

トヨタで以前購入したときは新車の納車はサービスでしたよ。


スバルって8700円も取るんですね。中古車でも3000円でした。
道路サービス関連費はJAFの入会費ではないでしょうか?
下取りないのに査定料、下取車手続き代行って・・
いい加減な販売店ですね。
ひとつずつ説明を求めていくべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

JAFでした。

8700円は絶対まける気ないみたいです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/13 21:00

道路サービス関連費6000円はおそらくJAF加入料でしょう。

(金額からしても多分そうだと思います。)

現在の一般的な諸費用は約30万ですので、いかにも高額とは思いませんが、交渉次第で安くできる可能性はあると思います。

ただ、ディーラー側にもノルマがあるようで、一応、明細には計上されているが、車両本体価格からその分すでに値引いてもらっている可能性も有りです。

私も、車庫証明は自分でやるといったら、その分は値引きで引くのでこちらでやらせてと言われたことがあります。
価格が同じなら頼んだ方が手間も省けます。

不審に思うなら、一つ一つ説明させてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指摘通りJAFでした。入ることにします。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2006/02/13 20:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車の整備費(6ヶ月点検、車検など)を先にパック料金で払いました。

いつもお世話になります。

営業車の整備費(6ヶ月点検、車検など)を先にパック料金で払いました。

この場合の仕訳は、前払費用/現金 でいいでしょうか?

それで、実際に発生した時に、修繕費/前払費用としようと思っているのですが、車検は3年後なので決算時にまだ前払費用が残りますが、構いませんか?

それと、前払費用は資産に計上するんですか?

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

その通りです。
全く問題ありません。

3年後の車検の分は長期前払費用に計上という考え方もできますが、前払費用でも良いと思われます。

また、車両にかかっている費用をきちんとコントロールしたい場合、修繕費ではなく車両維持費などの勘定で処理すると良いのではないでしょうか。

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q車ディーラー関係者の方に質問です

義父が新車購入時にJAFの入会をさせられていました(口答説明無く、販売明細書にJAF入会6000とありましたが、既に入会済みと言っても書類に書いてあるの一点張りでダメでした)。当方も確認不十分と言う事でこれはあきらめました。しかし地元としては大きな会社がなぜたった6000のためにこの様なことをするのでしょうか(私たちが初めてとも思えませんし他ディーラーでは口答で説明しているところもありました)。ディーラーにはJAF入会させるというのはそれほどメリットあるのでしょうか。

追記:先月私が購入時は最後まで知らぬふりし、印鑑押す時に指摘したらすごく嫌な顔していました。(やはりディーラーは分かってこういう行為をしていると確信しました。)

Aベストアンサー

元ディーラーマンですが、確かにJAFに入会してもらうとJAF側からバックはありますが、そうたいした額ではないですよ。
ただ、何の説明もしないこういったディーラーは、全国各社ディーラーの中でも少数だと思いますよ。会社又は店舗、店長、各セールスマンの方針(考え方)なだけであって、彼らはそういった入会のさせ方がおかしいと思っていないか、CS(顧客満足度)に対してマイナスということが判っていないのではないでしょうか。

Q納車費用について教えてください

納車について教えてください。

この度、トヨタ純正ディーラーより新車
(カローラフィールダー)を購入しようとしております。

付帯費用の諸費用の中に、
 ・検査・登録手続代行費用
 ・車庫証明手続代行費用
 ・納車費用
が含まれています。

ここの納車費用について教えてください。
見積の納車費用は7,000円です。

基本的に、納車とはディーラーから購入者の自宅に
お届け頂けるのが基本かと思っていたので、
その配達(お届)費用かと考えていました。
 #今回私は納車の日にディーラに取りに行こうと
思っています。

ディーラによると納車費用とは、生産工場からディーラに
運んで、その後、点検整備等するためにかかる費用なので
お届の費用とは関係ないとの見解をもらいました。

個人的には、上記のディーラの費用は本体価格等に含まれて
(というよりも明細項目として少なくとも購入者が
負担するものではない)
と感じているのですが、実際のところはどうなの
でしょうか?

今までに新車購入の御経験のある方など教えてください。
やっぱり7,000円程度の納車費用とはかかるものなのでしょうか?
それとも、トヨタだけの考え方なのでしょうか?

納車について教えてください。

この度、トヨタ純正ディーラーより新車
(カローラフィールダー)を購入しようとしております。

付帯費用の諸費用の中に、
 ・検査・登録手続代行費用
 ・車庫証明手続代行費用
 ・納車費用
が含まれています。

ここの納車費用について教えてください。
見積の納車費用は7,000円です。

基本的に、納車とはディーラーから購入者の自宅に
お届け頂けるのが基本かと思っていたので、
その配達(お届)費用かと考えていました。
 #今回私は納車の日にディーラに...続きを読む

Aベストアンサー

納車費用って解釈が難しいですよね!
私も以前数回車の購入を致しましたが、大抵この費用は見積もり書に記載されています。では何の為の費用なのか?これは純粋たるディーラーの車の売買利益+αなのです。ディーラー間の価格競争などの影響で車の販売利益が以前よりも大幅に低下しています。この車の売買利益を増すための費用なのです。では、なにをするのか?
1:車の洗車。
2:車両の最終点検。
3:実納車に伴う人件費(車を家まで運搬する人、迎えに行く人)
主な内容は3項目です。
ディーラーの方に問い掛けると、大体3の返答をします。「では取りに行きます」というと概ね「ではこの費用はカット致します」との返答があります。
filederさんを担当したセールスマンは、若手の方ですか?中間キャリアの方ですか?熟練の方ですか?
若手セールスマンだったら、会社や上司の教えやを忠実に守っていると思われます。中間の方なら、まだイケます。熟練のかたなら、ケース・バイ・ケースです。
上手くこの納車費用のカットが出来なかった場合には、それ同等以上のサービスを望んだほうがいいですよ!このときは「納車費用はディーラーさんの純粋たるもうけでしょう!?」とハッキいった方が相手は多少ひるむかもしれません。できればその時まで、「判子」は押さないように!こういうご時世ですから、1円でも安く購入できるように祈っております。車の購入頑張って下さい。

追伸
ディーラーさんとのやり取りは、全て賭けと思ってやってみて下さい。あまり、購入者が強気にでると全てがパーになる事もあります。やはり最後は人間対人間です。上手くやり取りしてください!
そうそう!項目1と2ですが、新車には防腐の為の特殊コーティングが施されています。このコーティングをはがすのも費用の中に含まれます。このコーティングを自分で処理するのも結構大変ですよ!見方を変えれば、このコーティングをはがし、手洗い洗車+ワックスコートをしてもらえると思ってみてはいかがですか?自分の人件費の節約にもなると思いますよ!

納車費用って解釈が難しいですよね!
私も以前数回車の購入を致しましたが、大抵この費用は見積もり書に記載されています。では何の為の費用なのか?これは純粋たるディーラーの車の売買利益+αなのです。ディーラー間の価格競争などの影響で車の販売利益が以前よりも大幅に低下しています。この車の売買利益を増すための費用なのです。では、なにをするのか?
1:車の洗車。
2:車両の最終点検。
3:実納車に伴う人件費(車を家まで運搬する人、迎えに行く人)
主な内容は3項目です。
ディーラーの方に...続きを読む

Q純正カーナビで走行中もTVを見られるようにするには?

新車を購入し、はじめて純正のカーナビもオプションでつけました。ところが、走行中は「安全のためと…」とTVが見られません。後付したときには見られたのに残念です。
もし、純正カーナビでも走行中も見られるようにできるなら、その方法を教えてください。
ちなみに、車はエスティマです。

Aベストアンサー

助手席の人がナビを操作したり、TVを見るのはぜんぜんOKですよ。

今回も、助手席の人の為ですよね!
その場合は、下を参考にしてください。

-----------------------
前回、助手席の人が見たいということで回答しましたのでリンクを参照してください。

全ての車で出来るかどうかはわかりません。
また、全て自己責任でやってください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1706179

Q保証料の戻りがあった場合の処理の仕方なのですが・・・

保証料の戻りがあった場合の処理の仕方なのですが・・・

銀行からの借入を繰上げ返済した際、県の保証協会の保証料の戻りが発生しました。
ただ、この借入の保証料なのですが借入をしていた際、毎年保証料が口座より引き落としされており、経費として処理されておりました。
私が関与前からわざと経費として処理してあるようなので何らかの意図があるのかと思うのですが・・・(本来であれば保証料全額を一旦前払費用として計上して毎年按分した分を経費として処理するのでは?)

まず、今期は保証料(経費)の発生が全くない為、単に保証料(経費)の戻しとしてしまうと保証料の科目がマイナスとなってしまいます。
ですのでこの場合、科目は雑収入にするのが良いでしょうか?
もし、雑収入にする場合、消費税はかからないという解釈で良いと思うのですが、こちらも合わせて教えていただければ助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

信用保証料の支払においては、質問者が言われるように、前払費用で会計処理するのが正しいです。
〔借方〕長期前払費用☆☆☆☆☆/〔貸方〕普通預金☆☆☆☆☆

そして毎期末に、当期分の保証料を費用化します。

また、繰上返済を行って保証料の戻りがあった場合は、長期前払費用を戻す仕訳を行います。
〔借方〕普通預金◇◇◇◇/〔貸方〕長期前払費用◇◇◇◇

ですから、信用保証料の全額を費用化してしまったのであれば、保証料の戻りがあった場合は、
(1)戻り額が多額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○○/〔貸方〕前期損益修正益○○○○○
(2)戻り額が少額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○/〔貸方〕雑収入○○○○


>もし、雑収入にする場合、消費税はかからないという解釈で良いと思うのですが・・

勘定科目が何であれ、信用の保証料は消費税は非課税です。消費税法基本通達6-3-1の(2)において、信用の保証料は消費税非課税と定めています。↓

消費税法基本通達6-3-1
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/06/03.htm

従って信用保証料の戻りも消費税は非課税です。

信用保証料の支払においては、質問者が言われるように、前払費用で会計処理するのが正しいです。
〔借方〕長期前払費用☆☆☆☆☆/〔貸方〕普通預金☆☆☆☆☆

そして毎期末に、当期分の保証料を費用化します。

また、繰上返済を行って保証料の戻りがあった場合は、長期前払費用を戻す仕訳を行います。
〔借方〕普通預金◇◇◇◇/〔貸方〕長期前払費用◇◇◇◇

ですから、信用保証料の全額を費用化してしまったのであれば、保証料の戻りがあった場合は、
(1)戻り額が多額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○○/〔貸方〕前期損益修正...続きを読む

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q家賃の保証料の消費税について

こちらには税金に詳しい方が多く参加されているので教えてください。

賃貸住宅を契約する時に賃借人が保証人をたてる代わりに保証会社に「保証料」を支払えば、保証会社が家賃支払を保証してくれますが、この保証料は金融取引の際の保証のように「信用の保証としての役務の提供」として非課税取引になるのでしょうか?それとも、それには該当しないとして課税取引になるのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも最終的には、税務署等にご確認される事を前提に、確かに金融取引ではありませんが、内容的に見て、賃借人が支払不能に陥った場合、保証会社が代わりに家賃分を賃貸人へ弁済するのであれば、まさしく「信用の保証としての役務の提供」に該当すると思われますので、やはり非課税となるのでは、と思います。

#1の方が掲げられている通達については、賃貸人に支払うべきものについての事ですので、ちょっと違うと思います。

Qローンで買った車の仕訳がわかりません・・

 個人事業主です。仕訳がわからず困っています。
開業にあたって、軽の箱バンを購入しました。
 
 購入価格合計  1.190.000
 頭金       190.000 
ローン      1.000.000 
分割手数料      94.200

総支払額     1.284.200
です。

月々の支払いは1回目¥20.400 二回目からは¥18.200 です。60回払いです。
減価償却、月々の仕訳がわからなくて困っています。
支払いは、個人の普通口座からの引き落としです。
お忙しいところ申し訳ありませんが、教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 or 18,200 / 普通預金 20,400 or 18,200

3.決算時の仕訳(その1)
支払手数料 94,200×○月/60月 / 長期前払費用 94,200×○月/60月 

○月には、取得日から12月までの月数が入ります。
(来年から数年は12が入ります。支払終了年は残った端数を入れます。)

4.決算時の仕訳(その2)
減価償却費  (    )  / 減価償却累計額 (     )

緑ナンバーなら耐用年数3年の定率法、
白ナンバーなら耐用年数4年の定率法で計算します。
中古自動車なら耐用年数を2年まで短縮できます。

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 o...続きを読む

Q督促料は租税公課として経費に入れられますか?

個人事業主です。固定資産税の督促が来て、督促料が付いていました。
支払は済みましたが、その延滞金は租税公課として経費に入れられますか? 或いは、延滞金同様、事業主勘定にしなければなりませんか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

横から失礼します。

ちょっとご質問文が不明瞭なのですが、タイトルからいけば、督促手数料が必要経費となるか、という事ですよね?
もちろん、延滞金であれば必要経費とはなりませんが。

督促手数料については、いわば罰金的な性格の延滞金等と性格が違い、督促に関しての事務手数料のようなものですので、必要経費とすることは可能なのでは、と思います。
この機会にと思い、調べてみました。

まず、租税公課関連の取り扱いについて定めている所得税法を掲げてみます。

(家事関連費等の必要経費不算入等)
第四十五条  居住者が支出し又は納付する次に掲げるものの額は、その者の不動産所得の金額、事業所得の金額、山林所得の金額又は雑所得の金額の計算上、必要経費に算入しない。
(途中省略)
四  地方税法 (昭和二十五年法律第二百二十六号)の規定による道府県民税及び市町村民税(都民税及び特別区民税を含む。)
五  地方税法 の規定による延滞金、過少申告加算金、不申告加算金及び重加算金
(以下省略)

次に、督促手数料に関して規定している地方税法を掲げてみます。

(用語)
第一条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(途中省略)
十四  地方団体の徴収金 地方税並びにその督促手数料、延滞金、過少申告加算金、不申告加算金、重加算金及び滞納処分費をいう。
(以下省略)

(固定資産税に係る督促手数料)
第三百七十二条  市町村の徴税吏員は、督促状を発した場合においては、当該市町村の条例の定めるところによつて、手数料を徴収することができる。


最初の所得税法においては、「地方税法の規定による延滞金、過少申告加算金、不申告加算金及び重加算金」については必要経費とできない旨は定めていますが、「督促手数料」という文字はありません。
しかしながら、地方税法においては、これらの延滞金と並んで「督促手数料」の文字がある訳で、別でそれについても規定があります。
上記の所得税法ですが、掲げた部分以外には地方税法に関する記述はありません。
従って、地方税法においては、督促手数料について定めているにも関わらず、所得税法においては、必要経費とできないものの中に規定していない、という事は、最初に書いたような趣旨から、必要経費にできるものでは、と思います。

もちろん、その本体の固定資産税そのものが、事業上のもので、必要経費となる場合に限って、それに付随する督促手数料についても必要経費となるものですので、本体の固定資産税そのものが事業外のものであれば、もちろん督促手数料も必要経費とはならない事となります。

横から失礼します。

ちょっとご質問文が不明瞭なのですが、タイトルからいけば、督促手数料が必要経費となるか、という事ですよね?
もちろん、延滞金であれば必要経費とはなりませんが。

督促手数料については、いわば罰金的な性格の延滞金等と性格が違い、督促に関しての事務手数料のようなものですので、必要経費とすることは可能なのでは、と思います。
この機会にと思い、調べてみました。

まず、租税公課関連の取り扱いについて定めている所得税法を掲げてみます。

(家事関連費等の必要経費...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報