今日突然、経営者から「全アルバイトの時給を、来月から
基本時給の人は、10円、それ以上の人は、20円下げる。」と言われました。経営悪化によるものだとは、おっしゃってましたが、労働契約書も来月の分まで今の時給で提出しています。時給を下げる事って、本当にできるのでしょうか??それと、時給が高いから、下げ幅が大きいってゆうのも、不当のように思えるんですけど??誰か詳しい人いたら、教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>時給を下げる事って、本当にできるのでしょうか??


 労働契約も“契約”ですので、条件を変更することは可能ですが、契約期間内であれば両者の同意によらなければなりません。契約期間満了後の次の契約についてであれば、経営者側からの新たな提案ということになりますけどね。

>時給が高いから、下げ幅が大きいってゆうのも、不当のように思えるんですけど??
 上記の手続きが合法的にきちんと手順を踏んでされたことならば、「時給が高いから下げ幅が大きい」というのは不当とは言えないでしょう。むしろ一律同額をベースダウンするほうが逆に不公平とも言えます。

 ご質問の状況への対応については、No.1のpoor_Quarkさんの意見と同じです。ただ、このような認識の経営者ですから、話し合いの場すら作れないかも知れません。その場合は、我慢して働き続けるか、他の良い職場(賃金が多いとかでなく経営者が賢明である職場という意味)を探すかのどちらかしかないでしょうね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧な解説ありがとうございました。言われてみれば
確かに一律ダウンのほうが、不公平ですね。よくわかりました。うやむやにだけはされたくないので、なんとか話合ってみます。

お礼日時:2002/01/11 18:07

社労士の岡です。

労働条件の変更ですので、使用者(経営者)と労働者(従業員)両方の合意が無ければ出来ません。
一方的な切り下げについては、労働者として当然拒否することも出来ます。経営条件悪化等いろいろな事情があるとすれば、経営者は当然説明を尽くさないといけません。
また、労働者としては、労働局のあっせんや様々な労働相談、労働組合等もご活用できます。ご検討下さい。
    • good
    • 1

専門家紹介

岡佳伸

職業:社会保険労務士

特定社会保険労務士&1級FP&キャリアコンサルタントの社会保険労務士岡佳伸事務所、代表の岡です。
助成金・給与計算・年金ならお任せください。また、複雑な社会保険の新規適用も迅速に行います。 企業経営の経験を活かし、起業スタートアップ時の様々なアドバイスを行います。
元厚生労働事務官(元労働局職員)です。ハローワーク職員として3年8か月窓口業務を担当しました。日々、40名以上のお客様の対応を通して様々な事例への対処方法を身に着けております。創業支援、雇用保険を活用した人事設計、クラウド会計支援、各種助成金、キャリアコンサルティング、自己啓発体制作り、公的年金によるライフプラン設計を主に行っております。よろしくお願い致します。
【事業主様向けサービス】
創業支援・クラウド会計、給与(freee連携)・助成金・労働問題(あっせん)・キャリアコンサルティングへの対応も得意です。お気軽にご相談下さい!!
【個人のお客様向けサービス】
障害年金受給支援・雇用保険各種手続き・労災認定・労働問題相談、あっせん申請、各種就職支援、キャリアコンサルティング承ります。お気軽にご相談下さい!!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

090-2981-3641

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

 労働基準法では労働契約の内容と実際の労働条件が相違した場合、労働者の側から即座に労働契約を解除できるとなっています。

(15条2項)そのために住居を移した労働者は、すぐ帰郷する場合その経費を雇用主に請求できるともなっています。(15条3項)

 このように重要な労働条件を変更することは重大なことであるという認識を事業主の方がお持ちではないと想像できますので、代表者の方をお決めになって雇用主の方とよく話し合って見られてはどうでしょうか。労働基準監督署も相談に乗ってくれるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事、ありがとうございます。こっちにも言い分があるってことがわかったので、うやむやにされないように、ちゃんと話し合ってみます。

お礼日時:2002/01/11 18:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q時給を下げられました 辞めたいのですが‥

最近、バイト先で時給を下げられました。

入ったときの時給よりもかなり下がったので、
すぐにお店側に「辞めます」と言ったところ、

「辞めるには一ヶ月前から報告しなければならない。あと一ヶ月働いてくれ」

といわれました。
私はこのまま下げられた時給のまま、
一ヶ月も働かなくてはいけないのでしょうか??

Aベストアンサー

まず、一方的に賃金の引き下げは出来ないようです。
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu2-2.html

次に、労働基準法を見てみますと
http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM
第15条 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。
2 前項の規定によつて明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。

法律について専門ではないので勝手な解釈ですが、「労働契約の締結」しなかったのですから、その賃金で働く必要は無いと思います。
また、もし契約を一方的に変更するのであれば、2より「労働者は、即時に労働契約を解除することができる。」ので、一ヶ月も契約とは違う条件で働く必要は無いと思います。

まず、一方的に賃金の引き下げは出来ないようです。
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu2-2.html

次に、労働基準法を見てみますと
http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM
第15条 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。
2 前項の規定によつて明示された...続きを読む

Qお給料を減額してはいけない法律

お給料を減額してはいけない法律があると聞いたのですが何と言う法律でしょうか?(労働基準法?)

その法律があるから、東電の給料も中々下げられないと聞きました。
(実際下がってますけど)

そして、私もお給料(年収、基本給、正社員)が下がったのですが
これは法律に違反してるのでしょうか?
(仕事上のミスや悪い事はしていません)

Aベストアンサー

基本的には、労働者との合意、協定無しには賃金カット出来ません。

労働基準法
| (賃金の支払)
| 第24条
|  賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。~当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。

労働契約法
| (労働契約の内容の変更)
| 第八条
|  労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる。
| (就業規則による労働契約の内容の変更)
| 第九条
|  使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することにより、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない。ただし、次条の場合は、この限りでない。


> そして、私もお給料(年収、基本給、正社員)が下がったのですが
> これは法律に違反してるのでしょうか?

上の労働契約法の「次条の場合」の、会社の経営が厳しくてやむを得ない場合なんかは、可能です。
賃金払ったけど、結果的に会社が倒産しましたって事だと本末転倒だし、そういう理由だと労基署なんかからも積極的に介入するのは難しいです。


法律違反以前に、労働組合なんかを通して、なんで賃金下げなきゃならないのか?会社の経営状況や資産状況は?誰の経営責任で、どういう責任の取り方をしたのか?とか、話し合いなんかして問題解決すべ器用な案件だと思います。
そういう請求を行ったが、会社から説明なんかが無いとかなら、不当な労働契約の変更だって話になるし。

あるいは、単に賃金減らす代わりに勤務時間を減らして休業手当なんかを支給し、休業手当に関して雇用調整助成金なんかを受ける、従業員の収入が減る分に関しては副業の許可を出すとか、そういう方向で解決すべきような話ですし。

基本的には、労働者との合意、協定無しには賃金カット出来ません。

労働基準法
| (賃金の支払)
| 第24条
|  賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。~当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。

労働契約法
| (労働契約の内容の変更)
| 第八条
|  労働者及び使用者は、その合意によ...続きを読む

Qアルバイトの時給を勝手に下げてもいい?

今まで時給1100円でアルバイトをしていたのですが、突然、9/1から時給850円と9/17に店長に言われました。
さかのぼって勝手に時給を下げることは可能なのでしょうか?
また本人に同意を得る義務はないのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

労働条件の一方的な変更(労働者の不利になるもの)は違法です。
当然、さかのぼっての不利益変更など、とんでもないことです。
労働者過半数で組織する労働組合、または労働者過半数の合意になります。
安易に「わかりました」と言うと認めたことになります。
あなた以外の方も同意すると、経営者に「労働者の過半数がはいと答えた」という口実を与えることになります。
労働基準監督署に通報するのが良いでしょう。
また、無料で労働相談できるところを載せておきます。
http://www.zenroren.gr.jp/jp/soudan/

参考URL:http://www.zenroren.gr.jp/jp/soudan/

Qバイトの時給を勝手に下げられていた

アルバイトの時給について質問です。
私は専門学生のコンビニアルバイターです。
高校1年生の終わりごろにアルバイトを初め、今年で4年目に突入しました。初めは800円始まりだったのですが、820円→850円→900円と店長が「○○さんはお店に貢献してくれてるから」と言って時給を上げてくれました。しかし最近店長が代わり、先日渡された給与明細を見たところ時給が900円から860円に下げられていました。もちろん事前報告もなく勝手に下げられていました。最低賃金を下回っていなければ普通にありえることなのですか?何かをしでかした理由でもないのに勝手に下げられていて腹が立って仕方ありません。

Aベストアンサー

先の回答者の言う通り、あなたの同意もないまま引き下げることは、「労働者の不利益変更」に抵触すると思われます。

しかし、ここは冷静になって、以下のポイントを押さえて対応してみてはどうでしょうか。

1.店長に、「すみません店長。X月度の給与明細を確認したのですが、時給が、前月以前から引き下げられています。理由について教えてください。」と時給引き下げ前後の給与明細を示して、説明を求めてください。その際、必ず店長の面前で、理由をメモに取り(X月X日 PMX時X分・説明者:XX店長)、理由を聞き終えたら復唱して「理由について確認しますと、XXということですね。」と念押ししてください。
もしくは、不在であれば、「お金に関することですので、正確を期すため、恐れ入りますがメールにてX月X日まで回答がほしい」旨、書置きをしておいてください。(そのため、予め封筒に入れて用意しておく)

2.理由が、「人事考課の結果」ということであれば、就業規則に賃金の引き下げを規定しているのか、確認してみましょう。(もしあれば、)何が自分に不足しているのか聞いてみることです。但しこれも、余程の理由がないと承服できるものではありません。これがまかり通れば、何かしら理由をつけて賃金の切り下げを行うことにつながります。

3.1や2で明確な理由や納得いく説明がないということであれば、対応が変わってきます。厚生労働省では下記フリーダイヤルにて、無料相談を行っていますので、まずは専門知識を有する相談員に、対処法をご教示頂くのが正確で何よりの近道です。

ご参考:厚生労働省
若者の「使い捨て」が疑われる企業等への取組(相談体制・情報発信等)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000088143.html
労働条件相談ほっとライン
【フリーダイヤル】0120-811-610

4.もし話がこじれてきたら、先のメモや雇い入れ時に渡された雇用契約書、給与明細、源泉徴収票(法人番号や給与支払者の連絡先が記載されている。)を持って、最寄りの労働局や労働基準監督署の相談コーナーで係官に相談の上、対応を検討すべきでしょう。
http://www.check-roudou.mhlw.go.jp/soudan/

尚、雇用主とのやり取りには口頭ではなく、メールや簡易書留(予め文書と宛名部分のコピーを取っておく)にてやり取りを行い、本文には「尚、本件につきましては、XX労働基準監督署に相談させて頂きました所、下記の通り見解を頂きましたので申し添えさせて頂きます。つきましては、X月X日までに文書にて回答下さいますようお願い申し上げます。」という旨、記載しておくと返事がすぐに来るでしょう。

また他の方で労働組合に相談と回答された方もいらっしゃいますが、個人加入の中には、ややこしい団体もありますので、注意が必要です。

先の回答者の言う通り、あなたの同意もないまま引き下げることは、「労働者の不利益変更」に抵触すると思われます。

しかし、ここは冷静になって、以下のポイントを押さえて対応してみてはどうでしょうか。

1.店長に、「すみません店長。X月度の給与明細を確認したのですが、時給が、前月以前から引き下げられています。理由について教えてください。」と時給引き下げ前後の給与明細を示して、説明を求めてください。その際、必ず店長の面前で、理由をメモに取り(X月X日 PMX時X分・説明者:XX店長)、理由を聞...続きを読む

Q勤務時間が一方的に減らされるのは違法ですか?

勤務時間が一方的に減らされるのは違法ですか?

私はインターネットカフェでアルバイトをしている女です。
1年前から8~16時まで1時間休憩、7時間勤務です。

たまに店の都合で8~14時勤務になったりします。

出勤日数もシフト制で、週5日出れると提出しても3日になったり4日になったりします。

勤務日数については働く前から聞いていたので仕方がないと思ってるのですが
このたび、新しい店長がきて
早番は8~14時勤務に統一したいと考えているそうです。
なので休憩30分を引くと5.5時間勤務になってしまいます。
(おそらく来週のシフトから変わりそうです・・・。)

それで週3日とかになると収入が激減して、困ります。

店も店で経営の事とか大変だろうとは思いますが、
常にスタッフは2~3人いないと回りません。

16時までを14時にしたら16時からシフトインしてる人が14時からになってその人たちは2時間多く働くor次のシフトの人も2時間早く出勤になるとか
はっきりとわかりませんが、とにかく店に最低2人の人員が必要なのです。

店長の独断でスタッフの勤務時間を減らすのは許されることなのでしょうか?
違法だとしたらどういう行動をしたらいいのでしょうか?

私は以前、派遣で事務の仕事をしていたのですが
派遣会社と勤務先の手違いで8時間勤務のつもりで行ったら6時間勤務だと言われ
それを派遣会社に話が違う!と言ったら対応してもらったことがあります。

今回の事は直のアルバイトなのでどうしたらいいのか・・・。

どなたかアドバイスをお願いします。

勤務時間が一方的に減らされるのは違法ですか?

私はインターネットカフェでアルバイトをしている女です。
1年前から8~16時まで1時間休憩、7時間勤務です。

たまに店の都合で8~14時勤務になったりします。

出勤日数もシフト制で、週5日出れると提出しても3日になったり4日になったりします。

勤務日数については働く前から聞いていたので仕方がないと思ってるのですが
このたび、新しい店長がきて
早番は8~14時勤務に統一したいと考えているそうです。
なので休憩30分を引くと5.5時間...続きを読む

Aベストアンサー

> 店長の独断でスタッフの勤務時間を減らすのは許されることなのでしょうか?
> 違法だとしたらどういう行動をしたらいいのでしょうか?

ビミョーな問題ですが、労働条件の変更を行い、労働者側がOK(特に何も言わない)とかなら、問題にならないです。

会社が、会社の都合で労働時間を減らしたとかって事なら、その分は休業扱いになり、本来支払いされるべき賃金の6割以上の休業手当を請求とか。

差し当たり出来る事として、トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名などガッツリ記録して置いてください。
会社、担当者に対して納得出来ない旨伝え、そういう事の記録も残します。
ペン書き、ページの入れ替えの出来ない布綴じのノート、当日のニュースや天気、業務内容を併記すると信憑性が上がります。
必要ならば、ICレコーダーなども使用して下さい。
そういう物をポケットに入れておくだけでも、精神的に余裕を持てるような効果もあります。


> 今回の事は直のアルバイトなのでどうしたらいいのか・・・。

通常であれば、そういう状況での相談先としては、まずは職場の労働組合へ。
組合が無い、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体へ相談する事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
首都圏青年ユニオン
など。

> 店長の独断でスタッフの勤務時間を減らすのは許されることなのでしょうか?
> 違法だとしたらどういう行動をしたらいいのでしょうか?

ビミョーな問題ですが、労働条件の変更を行い、労働者側がOK(特に何も言わない)とかなら、問題にならないです。

会社が、会社の都合で労働時間を減らしたとかって事なら、その分は休業扱いになり、本来支払いされるべき賃金の6割以上の休業手当を請求とか。

差し当たり出来る事として、トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名などガッツリ記録して...続きを読む

Q突然アルバイトの時給が下がると告げられました。

突然アルバイトの時給が下がると告げられました。

長文ですみません。自分ひとりで考えてもモヤモヤしてしまうので、皆様のご意見をお聞かせください。
先日、アルバイトとして働いている所から、メールにて以下のような連絡が来ました。

・現在アルバイトとして行っている業務に加えて、新たにやることを増やす
・新しい業務を行うかどうかは、アルバイト側が選択することができる
・ただし新しい業務を行わないのであれば、時給を3分の2にカットする(カット後も最低賃金は上回ります)

また、以下は今までにアルバイト側に説明があったことなどです。

・(現在のアルバイト先は他企業から独立した所ですが)独立前の時給から下げるようなことはしない(独立直前、口頭にて説明)
・実際に今までは時給は変わらずにきちんと貰えていたこと
・新しい業務内容の説明、いずれそれが加わる予定であること(数ヶ月前、メールにて通達)
・新しい業務は、独立前のアルバイトでは一切行っていなかったこと(してはならなかった)

これらのことも合わせて、会社側の言い分は正しいのかとても疑問に思っています。
新しい業務を行うことが嫌なのではありません。時給カットの部分が私には腑に落ちないのです。以前の連絡では時給カットなんて話はありませんでした。

今回通達があった事と、過去の会社の説明は矛盾していないか?「本当は新しい業務込みで満額だから」という会社側の今さらな主張は通るのか?新しい業務をすることが自由選択ならば、新しい業務をする人の時給が微増する、などが順当なのではないか?・・・このような考えばかり浮かんで、落ち着きません。

本音を言えば、こちらに特に非がないのに「今までと同じ業務を真面目に行っても時給3分の2にカット」では、やる気なんてなくなります。何より数百円単位で時給が減らされるのはトータルで見てもあまりに痛すぎます。

新しい業務を私がやればいい、嫌なら別のバイトを探せばいい・・・その通りだと思います。
ですが今回質問したいのは、「上記の会社のやり方や主張が正しいのかどうか」この一点です。
何卒皆様のご意見をお聞かせください。足りない点があれば補足いたします

突然アルバイトの時給が下がると告げられました。

長文ですみません。自分ひとりで考えてもモヤモヤしてしまうので、皆様のご意見をお聞かせください。
先日、アルバイトとして働いている所から、メールにて以下のような連絡が来ました。

・現在アルバイトとして行っている業務に加えて、新たにやることを増やす
・新しい業務を行うかどうかは、アルバイト側が選択することができる
・ただし新しい業務を行わないのであれば、時給を3分の2にカットする(カット後も最低賃金は上回ります)

また、以下は今まで...続きを読む

Aベストアンサー

・賃金カット自体は、合理的な理由や労使の合意があれば可能です。
・会社の業務内容の変更に伴い、業務指示を出すことは問題ないです。必ず賃金増やさなきゃなんて事は無いです。
・性別や出身地、信教なんかを理由に労働条件について差別的な待遇をしちゃダメだって事になっていますが、そもそも労働の内容なんかが異なる事になるので、一定の合理性はあります。

などですので、グレーかもしれませんが、積極的にここが問題だって点は思いつきません。

労使合意の上での賃金カットだったとして、労働者内で合意を出した組合なり担当者なりに改善、見直しなんかを求めるべき話だと思います。

--
通常であれば、そういう状況での相談先としては、まずは職場の労働組合へ。
状況からして、組合は無いか機能していないでしょうから、社外の労働者支援団体へ相談する事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
首都圏青年ユニオン
など。

最終的には、そういう団体の支援を受けるなどしたうえで組合を立ち上げし、労働者の権利(労働条件を不利益変更されない権利)は、労働者自身の手で守るのがベストです。

・賃金カット自体は、合理的な理由や労使の合意があれば可能です。
・会社の業務内容の変更に伴い、業務指示を出すことは問題ないです。必ず賃金増やさなきゃなんて事は無いです。
・性別や出身地、信教なんかを理由に労働条件について差別的な待遇をしちゃダメだって事になっていますが、そもそも労働の内容なんかが異なる事になるので、一定の合理性はあります。

などですので、グレーかもしれませんが、積極的にここが問題だって点は思いつきません。

労使合意の上での賃金カットだったとして、労働者内で合...続きを読む

Qバックレ、無責任なアルバイトへの給料について

バックレ、無責任なアルバイトへの給料について

夫が小さな飲食店をしています。私は事務と、人事などの担当をしています。
社員(?)は夫一人で、他の従業員はアルバイトのみです。

新人さんが入ってきた時に起こる問題についてお伺いしたいのですが
長期・週6で入れますと言っていても実際採用した後は全く話が違ったり
遅刻や当日欠勤を繰り返して結局1ヶ月も経たずに辞めてしまったり

そんな事って他でもよくある事なんでしょうか?


3日くらい働いて急に来なくなり、連絡も取れずシフトの穴も空けっぱなしの子から
しばらく経って急に電話がかかってきて給料下さいと言います。
払わないと言うべきところに言いますよとまで言ってきます。親が出てくることもありました。
そんな事されなくても支払いますが…毎回、納得できませんし腹立たしいし理不尽に思います。

うちの店では長く続く子とすぐ辞める子の大差が激しいです。2年以上or1ヶ月以内です。
面接時に見抜けなかった責任は認めざるを得ませんが…
アルバイトの人達には楽しく長く働いて貰いたいので配慮や努力はしているつもりです。
入ったばかりだと覚えることも多く大変だとは思いますし、辞める辞めないは
どんな理由であってもアルバイトという限り得権だし自由だとも思います。

ですがそんな無責任なアルバイトには正直、給料も払いたくありませんし制裁を与えたいです。


採用した際に、(減額など)こうゆう誓約書を書かせるとイイとか
損害賠償請求をするとか、何がイイ方法はないでしょうか?
それとも泣き寝入り(そんな気分です)するしかないのでしょうか?

もし何か得策があれば、詳しく教えて頂きだけると嬉しいです。


年末前に求人をかける予定なのですが、対人恐怖症になりそうなくらいコワイです。
よろしくお願いします。

バックレ、無責任なアルバイトへの給料について

夫が小さな飲食店をしています。私は事務と、人事などの担当をしています。
社員(?)は夫一人で、他の従業員はアルバイトのみです。

新人さんが入ってきた時に起こる問題についてお伺いしたいのですが
長期・週6で入れますと言っていても実際採用した後は全く話が違ったり
遅刻や当日欠勤を繰り返して結局1ヶ月も経たずに辞めてしまったり

そんな事って他でもよくある事なんでしょうか?


3日くらい働いて急に来なくなり、連絡も取れずシフトの穴も空けっ...続きを読む

Aベストアンサー

誤解されてるっぽいので補足
結論から言えば、9の方の言ってることと同じです

回答の例文に賛同したと思われたのか・・・質問主は10分の1までか~って発言もあったので誤解はなかったと思うけど、書き方が悪くて9の方には誤解をさせたかもしれませんね。
(例文も別に正式な書類のサンプルにリンク張ってます:ストレートにダメっていうとアレかなl~と思って別にリンク張ったんですが・・)

最初から言ってることですが一応まとめ

・誓約書は遵守だが不法(違法)な部分については無効 ← 1の例文に釘刺し
・「法令を遵守した内容での誓約書」を提出  ← 1の例文に釘刺し
・給与債権の時効は2年なので、その間は支払い義務
・全額払いの原則(天引き・相殺はできない)
・契約の不履行に対する違約金や損害賠償と、法令に則った就業規則および誓約書によって定められた罰則による減給等の処分は違うものです。懲戒処分の一種としての減給処分
・賃金の総額の10分の1を超えてはならない
・法令に準拠した就業規則を作成し労基署に提出
(不備および未提出では罰則まであります)
就業規則に則った誓約書を作成

「損害賠償を請求できるなんて一言も言ってないです」

ただし、9さんと違うところは

>減額や誓約書まして損害賠償請求なんて

減額ばかりがクローズアップされてますが(損害賠償は請求できないのは当然)、わたしが書類を作ることを強く勧めるのは、書類不備で自分がどんな条件で雇用(バイト含む)されてるのか明示的に知らない人もけっこういるからです。
わたしの話しですが、以前勤めてた会社が経営きつくなってきたときに、きついからしばらくの間、減額させてほしいと頼まれてて、ある日いきなり今週いっぱいで解雇って言われた。
「は???」ですよ。
会社に解雇ですね(最初は解雇って言葉を使った)?って確認したら、社員で雇った覚えはないから契約解除だって開き直られましたよ。それもこれも、社長が知人で油断したのが悪いんだけど、「入社書類をきちんと書面で貰ってなかったのが原因」。
労基署にいっても証拠がない。賃金が不法額と言っても「あなたも認めたんでしょ?」と取り合ってすらもらえない。

法律は遵守するべきなのは当然。
でも、それすら守らない会社はあるし、
守らせるべき役所ですら無視するんです。

だからこそ、そういった雇用条件を明記した書類をきちんと作成してあげるべきだと思います。
バイト含めて従業員も安心できるからです。
また、後々何かのトラブルが発生して法的に解決する必要が出てきたときにも、就業規則等の書類が整備されていなければ、解決していくための根拠がどこにもない話しになってしまう。

誤解されてるっぽいので補足
結論から言えば、9の方の言ってることと同じです

回答の例文に賛同したと思われたのか・・・質問主は10分の1までか~って発言もあったので誤解はなかったと思うけど、書き方が悪くて9の方には誤解をさせたかもしれませんね。
(例文も別に正式な書類のサンプルにリンク張ってます:ストレートにダメっていうとアレかなl~と思って別にリンク張ったんですが・・)

最初から言ってることですが一応まとめ

・誓約書は遵守だが不法(違法)な部分については無効 ← 1の例文に釘刺...続きを読む

Q否はないのに時給を下げたいと言われました。

また質問させていただきます。
私は現在、派遣社員で大手企業で働いています。
勤務して1年になるのですが今回の更新で時給を下げたいと言われました。

話はややこしくなるのですが、クライアント企業では私は協力社員として在籍しています。
派遣会社から親会社に派遣され親会社からクライアント企業に協力社員として出向という二重派遣をされています。

クライアント企業は二重派遣が法律違反になるため親会社ではなく子会社である派遣会社と直接契約を結ぶことにしました。
その際、いままでの金額では契約が通らなかったため金額を下げざる得なかったというのが理由だそうです。
私だけではなく同じ仕事をしているスタッフ全員が対象になりました。

金額にして250円のダウンです。
契約時間は150時間ですが、それを160時間契約にされました。
10時間大目に働けばいままでの給料よりも多くなるといわれましたが、
時給が下がることにはかわりありませんし残業も発生しない仕事なので稼ぎようがありません。

契約するかどうしようか考えようにも、クライアント企業と交渉が難航しているためという理由で現在の契約が切れる1日前まで更新の返事をまたされたあげく、何の事前報告もなくいきなり契約書を持ってきてハンコを押してくださいだけです。

とにかく納得できませんと言ってこのままではハンコは押せませんといいました。
だって下げるなら下げるで「交渉が難航しているので時給を下げて話を進めたいのですが」ぐらいいって了承を得てから出ないとおかしいと思ったのです。
時給が下がるならこちらもでは今回まででといって契約期間中に別の仕事を探すのですから。
でもそんな話もせず、こちらが催促しても交渉中、更新はありますから安心してくださいの一点張りで進捗状況も教えないで最後の最後、残り一日で時給下げますなんておかしいです。(もちろん、当てにならないので他の仕事を探してたりもしました)

すると「ならいままでどおりの時給にします」と言われたんです。
その場で契約書を手直しし(ボールペンで金額面を修正)新しいものに差し替えるので原本と控え、両方とも私があずかることになりました。

これってどういうことなのでしょうか。他のスタッフは時給下げられてます。友達に相談したらそんなのありえない。マージンをあげたかっただけの方便ではないのかと言われました。

みなさんの意見をきかせていただきたいです(長文、失礼致しました)

また質問させていただきます。
私は現在、派遣社員で大手企業で働いています。
勤務して1年になるのですが今回の更新で時給を下げたいと言われました。

話はややこしくなるのですが、クライアント企業では私は協力社員として在籍しています。
派遣会社から親会社に派遣され親会社からクライアント企業に協力社員として出向という二重派遣をされています。

クライアント企業は二重派遣が法律違反になるため親会社ではなく子会社である派遣会社と直接契約を結ぶことにしました。
その際、いままでの金額で...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。ありがちですね。
上からの至上命令としては、確かに契約の変更に基づいて、
派遣社員の単価を下げ、利益の確保をせよということになっているのでしょう。
ただ、ここであなたにやめられると、新たに人材をとらなくてはならない。
そのコストと、新人にかける教育コスト、新人が使い物になるかどうか
わからないリスク等々を考えると、いざという時はそのままの契約で
ということなのでしょう。

他の方に申し訳ないという気持ちがあるかもしれませんが、
あなたが交渉して勝ち取った権利ですから、気にすることはないと思います。
他の方が同じ交渉をすれば、では辞めてくださいと言われるかもしれませんし、
あなたにはそれだけの価値があると会社が認めたわけですから。

ただ、そのようないい加減な会社は信用できないし、長く勤める値打ち
がないと考えるなら、新しい職場を探すのも手だとは思います。

Qシフトを減らされた事について

いったん締め切ったのですが、もう少し他の方の回答が欲しくて再投稿させていただきました。

セブンイレブンで働いているものです。(直営店)

シフトを勝手に(今日行ったら減らされてました、何の通告もなしにです。減らされたのは私が原因です。)減らされていました。これってきちんと通達する義務っていうのはありますか?
(多分従業員に文句言う資格はなく、泣き寝入りするしかないと思うのですが、どうでしょうか?)

減らされたので必然的に収入も減るのでやめようと思っていますが、このような感じのやり取りはありだと思いますか?

私 すいません、シフトを回復できる見通しはもうないんでしょうか?

店長 無いね~(多分このように言われるだろう)

私 じゃあ2週間後にやめます。

Aベストアンサー

1 労働条件通知書について
 法的には口頭でも契約は成立しますが、後日、お互いの認識が相違していた場合、「言った」「言わない」のトラブルになってしまうことがあります。
 労働基準法ではこのようなトラブルを避けるため、一定の労働条件について、書面交付の方法により明示することを使用者(会社)に義務づけています。(労働基準法15条、労働基準法施行規則5条)適用されるかどうかは別にして、罰則規定もあります。(労働基準法120条:30万円」以下の罰金)
 この書面のことを「労働条件通知書」といい、厚生労働省のモデル様式もあります。会社によっては、雇入通知書や雇用契約書(簡単にいえば、労働条件が書かれた契約書の本人控え)の交付により、上記の書面交付としていることもあるようです。

http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/saiyou/saiyou06.html(労働条件の通知)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1380/C1380.html(労働条件の通知)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu1-2.html(労働条件の通知)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau03.pdf(労働条件の通知)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A6.pdf(労働条件の明示)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa05.html(労働条件の明示)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200205.html(労働条件の通知)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau44.pdf(パート・アルバイトの労働条件)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu7-1.html(パート・アルバイトの労働条件)
 
2 シフト減少について
 労働条件は、使用者と労働者が対等の立場で決定されるもので、一度決定された労働条件を労働者にとって不利益に変更することは、労働者の同意なしにはできない、というのが原則です。
 「労働契約では、月64時間契約でした。」ということですので、シフトの減少は、不利益変更に当たる可能性があると思います。
 問題となるのは、1986KAKUTOUGI さんの同意の有無だと思います。新しいシフト表を渡され、異議を申し立てなければ、「黙示の承認をした」と見なされる可能性があります。
「シフトを減らされたのは私が原因です。」とのことですので、店側では、「シフトの減少に同意しないことはないだろう」と考え、「黙示の承認」を得られるから大丈夫と思っていたのではないでしょうか。
 なお、契約更新時ということであれば、あらかじめ新たな労働条件の提示が必要と思います。(労働条件が合わなければ、労働者に契約更新拒否の権利もあるわけですので)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa01/qa01_05.html(労働条件の不利益変更)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/syugyo/syugyo04.html(労働条件の不利益変更)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu2-2.html(労働条件の不利益変更)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau11.pdf(労働条件の不利益変更)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A7.pdf(労働条件の不利益変更)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa06.html(労働条件の不利益変更)
http://www.renjyu.net/okirodo/11QA/Q81.html(労働条件の不利益変更)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%98%4a%93%ad%8a%ee%8f%80%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S22HO049&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(労働基準法)

3 シフト変更に同意しない場合
 シフト変更に同意しない場合については、「労働者の同意のない不利益変更は無効」と主張することが可能ではないかと思います。ただし、現実的にはシフトをもとに戻すことは、他のアルバイトのこともあると思いますので難しいと思います。
 この場合は、減少分を使用者の都合による休業として、休業手当(労働基準法26条:として平均賃金の60%(実際の時給の60%という意味ではありません。))の請求が考えられます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1920779(類似質問)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa04.html(休業手当)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa02/qa02_13.html(休業手当)
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei04.html(Q3 休業手当)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu2-3.html(休業手当)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A69.pdf(平均賃金)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/03-Q07B1.html(休業手当)

4 退職について
 退職の手続きや時期などは、労働契約の内容により異なります。
期限の定めのない契約の場合、民法627条の規定により、労働契約解除の意思表示後2週間経過に効力が発生します。(退職届の提出等のあと、2週間経てば、許可や承認が不要で、辞めることができます。)
 これに対し、期限の定めのある契約の場合は、原則としてその契約期間中は契約の解除はできません。ただし、「やむを得ない事由」がある場合は、民法628条の規定により契約解除ができます。このとき、解除した側に過失があれば損害賠償責任が生じます。
 期限の定めのない契約(正職員)が、2週間の期間をおかずに退職する場合も、同様に、「やむを得ない事由」がある場合は、民法628条の規定により契約解除ができます。このとき、解除した側に過失があれば損害賠償責任が生じます。
(実際に、会社から損害賠償請求されても、労働者が応じない場合は裁判等が必要となり、労働契約の解除と具体的損害との間の相当因果関係を会社側が立証しなければならず、裁判上認められたものは1例のみと言われており、裁判の費用・時間的負担等もあり、本当に会社が裁判覚悟で請求するかはわかりません。)
 退職の手続きが上記労働条件通知書等に記載されている場合は、それに従うのが原則となります。
 今回は、労働条件の一方的な不利益変更により、明示された労働条件と異なる(労働基準法15条2項)として即時解除もあり得るとは思いますが、「急にいわれても困る」「シフトに穴をあけたら損害賠償請求する」等といわれる可能性もあると思います。ただ、上記のとおり、アルバイトの退職等に伴う損害をどう算定し、請求に応じない場合の裁判の費用・時間等をどう考えるか、賃金を一方的に相殺することが禁じられている中での対応は限られると思いますが・・・。
 なお、退職後は、労働者が請求すれば、使用者(会社)は通常の給料日前であっても、7日以内に賃金を支払わなければならない(労働基準法23条)とされています。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2009988(関連質問 退職)

http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/kanri/kanri03.html(契約の中途解除と損害賠償)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/14-Q07B1.html(契約の中途解除と損害賠償)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/#03(賃金からの控除)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu2-8.html(賃金からの控除)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200409.html(賃金からの控除)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/03-Q05B1.html(賃金からの控除)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1411/C1411.html(退職後の賃金)
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei13.html(Q1 退職後の賃金)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa02/qa02_14.html(賃金支払い拒否)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%96%af%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=M29HO089&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(民法)

5 その他
 トラブルになった場合は、労働局の総合労働相談コーナーに相談されるとよいと思います。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html(総合労働相談コーナー)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/location.html(労働基準監督署)
 
※ 会社から指定されたユニフォームへの着替えの時間も労働時間です。
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/time/time01.html(労働時間)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1927059(参考)
(長文ですみません)

参考URL:http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa01/qa01_05.html

1 労働条件通知書について
 法的には口頭でも契約は成立しますが、後日、お互いの認識が相違していた場合、「言った」「言わない」のトラブルになってしまうことがあります。
 労働基準法ではこのようなトラブルを避けるため、一定の労働条件について、書面交付の方法により明示することを使用者(会社)に義務づけています。(労働基準法15条、労働基準法施行規則5条)適用されるかどうかは別にして、罰則規定もあります。(労働基準法120条:30万円」以下の罰金)
 この書面のことを「労働条件...続きを読む

Qいきなり退職した従業員の給料を何らかの制裁を加えたいのですが・・

教えて下さい。試用期間を経て2カ月目に入る従業員ですが、勤務態度も悪く目につくものでしたが、いきなり7/23日に退職願を提出し、しかも退職日が7/31日とある身勝手極まりないものでしたが、、職場の秩序も乱れると判断し、了承いたしました。ところが、その翌日業務日報に、<本日をもち退職いたします>とだけ書いて、保険証を置いてその日限り来なくなりました。連絡は付くのですが、給料に関して何か正当な制裁(減給等)はできないでしょうか?(ちなみに賃金の締めは末締め翌月10日払いです)就業規則は現在作成中で、社労士、労務士の先生はいません。どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

賃金は全額払いと決められており、法定で定めるもの(いわゆる保険料や税金)以外は労使協定を結ばなくてはなりません。しかし、それも食事代や積み立て等、常識的に考えて控除してもよいと認められるものだけで、制裁的な目的では法律違反になり、訴えられたら負けますよ。

いい加減な辞め方ですが、そんな従業員に振り回されるより給与払ってすっぱり関係をたたれたほうがいいですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング