日本における『商品取引所』とはどういった所なんでしょうか? 取引所の機能や今日まで展開していった過程を詳しく教えていただきたいです。

A 回答 (3件)

大損しました。

まーやめときなさい。もちろん、儲かっている人もいますが、素人はまずやめたほうがよいですよ。
    • good
    • 0

商品先物年表


http://www.alphix.co.jp/html/apxrekisi.html

商品先物説明文
http://www.osamex.com/basic/

http://www.omnico.co.jp/public_html/howto/how_02 …

大阪商品取引所
http://www.osamex.com/ome/#top

商品に限らず取引所の機能とは、個々人で相対の取引を行うよりも全ての取引を取引所を通じて行うことで売買の手間を軽減でき、価格の透明性が高まります。価格が透明になることで付随する経済活動が活性化し、それが新たな売買需要を生むということが、取引所の発展過程だと思われます。
    • good
    • 0

商品取引所は、文字通り「商品」を取引するものです。

「株式」の売買が証券取引所ですよね。その「株」、中でも「株の信用取引」が「商品」に変わっただけ、とまずは捉えればいいと思います。証券取引所と証券会社の関係に該当するのが「商品取引所」と「商品取引員」という、投資家から売買を取次ぐ会社になります。取引所は国内7ヶ所あり、その売買注文の成立の仕方もまちまちです。例えば、東京工業品取引所はザラバ取引で売買されており、これは株式市場と同じ売買仕法です。よく証券会社の店頭でリアルタイムに数字が点滅してるアレです。この場合、一日に成立する約定値段は無数存在します。ところが、東京穀物商品取引所などでは、板寄方式といって、一日に何回か立会いがあり(それぞれの立会いを場節といいます)その立会いごとに約定値段が一つづつ成立します。したがって、一日に4回立会いがある銘柄については、決定される価格は4パターン存在することになります。商品取引員のHPに詳しいことが紹介されていますよ。あと、雑誌では「週間ダイヤモンド」の商品取引特集が一番理解しやすいと思います。

参考URL:http://www.harbest.co.jp/study.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ