リン酸を化学的に(非酵素的に)定量したいのですが、モリブデンでやってみると(教科書通りには)青く発色しませんでした。やり方がおかしいのかと悩んでいます。

・モリブデンでリン酸を(分光的に)定量する方法
・その他の良い方法
...を御存じの方、方法を御教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> ・モリブデンでリン酸を(分光的に)定量する方法



 下のペ-ジ(姫路工業大学 環境人間学部 環境分析研究室)の「環境分析実験」の「4.9 りん酸イオン」をご覧下さい。

 その他,「リン酸 定量分析」でネット検索すると幾つかヒットしますが・・・・。

参考URL:http://150.12.193.211/eac/eac00.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそく御回答いただきありがとうございます。
これは詳細でありがたいですね。
今回やった方法とこのURLの方法の主な違いは、還元剤に硫酸ヒドラジン(だったか?)でなくVCが使われている事と、アンチモン化合物が使われている事ですね(反応条件も、boilしていたのが「10分放置」だし)。
早速手持ちの試薬を調べて試行してみましょう。

お礼日時:2002/01/16 16:47

こんばんは


リン酸の分析方法で最も一般的に用いられている方法がモリブデンブルー法です。
MiJunさんおご指摘の通りリン酸の濃度によりいくつかの分析方法があり、著しい低濃度では見た目では発色が確認できないこともあります。
濃度が低い場合有機溶剤で抽出後比色する方法もあります。
濃度が高い場合はヴァナジウムを用いて黄色に発色させて分析します。(肥料の公定分析法で使われています)
還元剤としてはVCを使うのが一般的ですが、SnCl2を使う方法もあります。
さて、リン酸の分析は操作も簡単ですので、間違えはないと思いますが、検量線はうまくできましたか。検量線の範囲のリン酸が含まれていますか。その辺を良く確認して下さい。
還元が不十分な場合や重金属類による妨害があることも考えられます。標準添加法を用いると、ある程度影響を考慮した分析が出来ますし妨害の有無が判ります。
また、全リンを測定する場合ペルオキソ2硫酸カリウムをもちいて酸化分解した後分析します。
分析方法の詳細はrei先生の示したURLやJIS0K102、下水試験法などをご参照下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
初回の試行で、検量線を描く実験の段階で異常に発色が薄かったので悩んだわけです。教科書と同じ作業を行っているつもりなのに...
今、既出のURLの手法に基づいてやってみようと考え試薬を注文しているところです。

お礼日時:2002/01/17 14:22

リン酸濃度は予測でどれ位でしょうか?



補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく御回答いただきありがとうございます。
今回やった方法には、0.1~1ppm位のリン酸が測れると書いてあったので試行しましたが、全く発色せず困っています。
まずは上記程度の領域で見られたらと思うのですが...。

お礼日時:2002/01/16 16:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qターボエンジンとモリブデン配合エンジンオイルのマッチングについて。

 所有した車は、現在8台目、初めてターボ車に乗っています。
スズキ”Kei Bターボ”です。
オイル交換の目安の短さに驚いています。
なんでも、タービンの軸受け部分がシビアで、NAエンジンよりも早く交換しなければならないとか・・・。
 ところで最近、モリブデン配合の、フラッシングオイルや、エンジンオイルが販売されているようですが、ターボ車との相性はいかがなものなのでしょうか?ご回答のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

通知メールが来てたので答えておきます。
エンジンオイルを排出してもオイルの通路やオイルパン、フィルター内等に古いオイルが残ってますからねえ。当然、新油を充填してもすぐに黒くなる事は有るでしょう。
asabuuさんのフラッシング方法なら安全でしょうね。
只、フラッシング専用オイル等には灯油?に近い物が入っているようなのでオイルシールやパッキンを駄目にしてしまう可能性があるらしいです。
当方が所有してる車も少し古いのでオイルには気を使ってます。
例えばシールやパッキンに攻撃性が少ない鉱物油や合成油(低粘度は避ける)でもACEA A3-??を取得してる物等を使用してます。
暇だったので長々と回答してしまいました。参考程度にして下さい。それでは

Qリン酸化と酸化的リン酸化の違い

リン酸化と酸化的リン酸化に違いはあるんでしょうか?
それとも同じ意味で用いるのでしょうか?

Aベストアンサー

分野によって違うかもしれませんが、
生化学の質問でしたら、

リン酸化
リン酸基を結合させる反応

酸化的リン酸化
電子伝達系に共役して起こるリン酸化
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%9A%84%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8%E5%8C%96

ミトコンドリアでATP合成酵素によってADPがATPになる反応は酸化的リン酸化、リン酸化はどちらも使えますが、
(先生によってはリン酸化と呼ばないように言うかもしれませんが)

Chk2がp53のSer15にリン酸基を結合させる反応はリン酸化と呼ばれますが、酸化的リン酸化とは呼ばれません。

Qエンジンオイルの選択

エンジンオイルの選択についてアドバイスをいただきたく,質問させていただきます。近々車を購入します。(プレサージュ アクシス 中古 51000キロ走行)化学合成オイルでモリブデン,テフロン等の極圧剤を含まないエンジンオイルでおすすめのものがありましたら教えていただきたいのです。「ミリテック」を使いたいのですが,上記のものが入っていると調子悪いと聞きます。カーショップ等で見てきたのですが,モリブデン等の含有がはっきりしないのです。どなたか化学合成オイルでモリブデン,テフロン等の極圧剤を含まないエンジンオイルでおすすめのものがありましたら,情報をください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 大手メーカの市販のエンジンオイルにはテフロンを添加しているものはないと思います。モリブデンについては有機化合物として液体状のものが添加されているオイルは結構存在します。

 大手メーカの化学合成油を使われるのなら基本的にミリテックのようなアフターマーケット向け添加剤はほとんど必要ないでしょう。ミリテックは熱心なユーザがあるようですが、どちらかといえばプラシーボ効果のほうが大きいとも言われていますし、そのHPに語られているような効果(共晶効果?)がホンモノなら何らかの公的機関からの認定があってもいいモノだとも思うのですが・・。

 一応ご希望の用途に応えられる合成オイルとしてはSHELLのHELIX ULTRAなんかどうでしょう。100%化学合成で作った鉱物油(XHVI)という感じで良いと思います。

Qリンモリブデン酸溶液

TLCの呈色でリンモリブデン酸溶液を使いました。
酸化還元により呈色する、ということまではわかりましたが具体的な呈色機構(反応機構)、どういったものと反応するのか(そのときの色は何か←青緑色と赤色に呈色したものがあったので)ということが調べてみてもわかりませんでした。
上記のことがわかる方は教えていただけないでしょうか。もしくはそういったことが書いてあるサイト・本などを教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずリンモリブデン酸の構造をご覧下さい。日本新金属株式会社様のサイトから:
http://www.jnm.co.jp/pw12.htm
右下の正8面体が12個集まった構造がいわゆるヘテロポリ酸の基本骨格です。12個のモリブデンが正8面体の中央に酸素が頂点にあり、リン原子はこの立体のど真ん中に嵌り込んでいます。
非常に「対称性」が高く、分子軌道が「縮重」しているため、還元されると電子が分子全体に分布してしまうため、特別な酸化剤として用いられます。
さて、埼玉大学のTLCの検出法のページ:
http://md.fms.saitama-u.ac.jp/study/tlc.html
焦げちゃうみたい。
兵庫大学のリン酸分析のページ:
http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/4_9.htm
リンモリブデン酸は還元されるとモリブデンブルーというきれいな発色をします。これが初めに述べた電子が入った状態の色です。
私、個人的にはTLCで発色させる事はないんです。ほとんどの場合、掻き取ってまた分析するのが目的で、小さなTLCは条件選びのためなもんですから。幸い私の扱う物質はほとんどUV吸収があるので蛍光検出しちゃいます。
生物関係だとそうはいかないので大変ですね。

まずリンモリブデン酸の構造をご覧下さい。日本新金属株式会社様のサイトから:
http://www.jnm.co.jp/pw12.htm
右下の正8面体が12個集まった構造がいわゆるヘテロポリ酸の基本骨格です。12個のモリブデンが正8面体の中央に酸素が頂点にあり、リン原子はこの立体のど真ん中に嵌り込んでいます。
非常に「対称性」が高く、分子軌道が「縮重」しているため、還元されると電子が分子全体に分布してしまうため、特別な酸化剤として用いられます。
さて、埼玉大学のTLCの検出法のページ:
http://md.fms.sa...続きを読む

Qエンジンオイルについて

エンジンオイルのことで教えてください。
現在、日産のHR15DE搭載車に乗っています。
今まで日産純正の0W-20(SL)エンジンオイルを7500km走行毎に交換してきました。
今後はカーショップで、BPバービスキュート0W-20(SM)を入れようかと考えています。
同じ部分化学合成油ですが、BPバービスキュートはSMなので性能がよいように思います。ただ、日産純正にはモリブデンが添加剤として入っていますが、BPバービスキュートに入っているのかどうかわかりませし、エンジンとの相性もわかりません。
BPバービスキュートを入れた経験のあるかた、エンジンオイルの知識のあるかた、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メーカー指定のオイル粘度(0W-20)と、グレード以上(SL.SM)を守れば、何ら問題ありません。
そもそも、自動車メーカーは一切エンジンオイル製造には関与していません。
鉱物油・部分合成油・100%合成油の区分も大した意味はありません。

>BPバービスキュートはSMなので性能がよいように思います。

その通りで、SLよりはSMの方がグレードが高いですね。

>モリブデンが添加剤として入っていますが

オイルメーカー各社の製品には、色々な添加剤を添加しています。
もちろん、モリブデンも入っている事でしようね。

そもそも、エンジンオイルの品質が高ければ添加剤の必要はありません。
世界最高峰の品質を誇るペンシルバニア産の鉱物油(少量生産)には、基本的に添加剤は添加しません。そのままフォーミュラーやインディーズ用車両に使っています。(今は、ペンシルバニア産鉱物油の産出量減少が原因で、少量の添加剤を加えています)
ところが、アラブ産の鉱物油は潤滑油(大量生産)としては品質が劣ります。
そこで、品質を上げる為に色々な添加剤が開発された経緯があります。

某オイルメーカーの工場で設計作業をしましたが、成分的には自動車メーカー純正品とオイルメーカーブランド品の違いはありませでしたね。
大きな違いは、出荷価格と容器のデザインです。

メーカー指定のオイル粘度(0W-20)と、グレード以上(SL.SM)を守れば、何ら問題ありません。
そもそも、自動車メーカーは一切エンジンオイル製造には関与していません。
鉱物油・部分合成油・100%合成油の区分も大した意味はありません。

>BPバービスキュートはSMなので性能がよいように思います。

その通りで、SLよりはSMの方がグレードが高いですね。

>モリブデンが添加剤として入っていますが

オイルメーカー各社の製品には、色々な添加剤を添加しています。
もちろ...続きを読む

Q吸光度 【精度のよい分光学的定量】とは?

 大学で出された機器分析化学の課題なのですが、問題が次のようになっています。

―ネオジム(III)イオンの過塩素酸中のモル吸光係数は576nmにおいて6.00である。8.5%ネオジム(III)イオンを含む試料の何gを用いれば、最も精度のよい分光学的定量が可能か。ただし、最終的な液量は15mlで、光路長は1cmとする。―


 ランベルト-ベールの公式、A=εclのことは把握していますが、この問題の場合は吸光度、濃度の両方が分からないため、答えが定まりません。濃度が大きすぎる、すなわち透過率が小さく溶液の色が濃すぎて、吸光度が大きすぎると精度が下がるのはなんとなく理解できます。
 しかし、最も精度が良い透過率、吸光度については分かりません。どなたか教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

A(absorbance)=εcl
でAが0.7付近になるように最終検体を調節します。
εはモル吸光係数ですから計算出来るはずです。

Qエンジンオイル添加剤

 おはようございます。

 エンジンオイルに、モービル1を入れています。
 (100%シンセです)

 ワコーズの添加剤 ”スキルE”を入れてみようと思うのですが、
 モリブデン系となっていました。

 PAO主成分の モービル1に、モリブデン系の添加剤を入れても大丈夫なのでしょうか?

 よく 100%シンセオイルと、モリブデン系は相性が悪い との話しを聞きますが、実際はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1 です。

それでは追加でもう1つ。
エンジンオイルには潤滑作用の他にも清浄作用、密閉作用、冷却作用
等いろいろな作用が有りスーパーフォアビークルは潤滑性のアップの
他にオイルの酸化防止、清浄性のアップ等のエンジン保護・オイルの
寿命延長効果があります。
一方、スキルEは潤滑性は格段にアップしますが清浄性のアップ等は
ありません。また極限状態での対焼付き性はアップしますがその状態
ではエンジン内部では磨耗が起こります。

これらの事からサーキット走行等の過酷な使用ではスキルEが合います
が一般走行ではスーパーフォアビークルでも充分だと思います。
またスーパーフォアビークルにも表面コーティング効果があるので
オイル交換で即効果が無くなるといった事はないですよ。

Qリン酸塩リンとは?

こんばんわ、リン酸塩リンとはどんな物質で、どのような反応式で生じるのかや、どのようなところに含まれているか、また特徴などについて知りたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

もしかしたらリン酸塩リン濃度ではないでしょうか?
溶液中のリン酸塩としてのリンの濃度という意味で・・・
そうであれば、リン酸塩のモル濃度を算出して、そのうちのリンの含有量として計算すれば良いと思います。

Q酸化したエンジンオイルでフラッシングしても大丈夫ですか?

こんにちは。
1年ぐらい前のエンジンオイルG1とG2と安いエンジンオイル10w-40の余りを先日、廃棄しようと思い混ぜてしまいました。
その後にエンジンオイルの交換(XLR250です)を思い立ったのですが
この混合エンジンオイルでフラッシングしても問題ないでしょうか?
もちろん、交換するエンジンオイルは新しいものです。

Aベストアンサー

「もったいない虫」が騒いだので。(笑

その混合したオイルは、要は今エンジンに入っている古いオイルを捨てて、新しいエンジンオイルを入れる前の「すすぎ」に使おうとしているだけですよね?
すすぎが終われば、全て抜いて、新品のオイルを入れる(エレメントも交換推奨)予定ですよね?

このようなことなら、混合したオイルを入れたまま何百キロも走る訳じゃないし、使っても全く問題ありません。
ただ捨てるにはもったいない、どんどん使いましょう。
エンジン内に少々残っても問題ありません、もし問題があるようなら、通常のオイル交換でさえ問題だらけということになります。(エンジン分解しない限り、完全にオイルを除去するのは不可能ということです。)

酸化のことをご心配のようですが、エンジンの中に入れたオイルは、エンジン始動とともに高温高圧にさらされて、物置にただ保存されているオイルとは比べものにならない位の劣化環境におかれます。
それから比較すれば、「何千キロか何ヶ月か使ったエンジンの中のオイル」と「混合したとはいえ未使用のオイル」とどちらが綺麗でしょうか?
答えは明らかです。
「すすぎ」として使うだけなら何の問題もありません。

オイルの保存方法で、雨水がオイルに混じるような保存方法は論外ですが、倉庫や押入の中というような普通の保存方法をしていれば、変質の心配は全くといってありません。(有効期限て書いてませんでしたっけ?)
あなたのお気遣いから察して、バイクを大事にされているように拝察いたしますし、そのような方が「雨水がオイルに混じるような保存方法」されるわけがない、と思いました。

エンジンオイルは、基油に、少しでも酸化を遅らせ、油膜切れをしないようにと、添加剤が入っています。
天然無添加食用天ぷら油じゃあるまいし、はたまた、本職のレースに使うわけでもあるまいし、開封して一年くらいで酸化して使い物にならないようなエンジンオイルを日本国内で、「売っているわけがない」と信じます。
もしそんな低質オイルが売られているのであれば、逆に問題です。

「もったいない虫」が騒いだので。(笑

その混合したオイルは、要は今エンジンに入っている古いオイルを捨てて、新しいエンジンオイルを入れる前の「すすぎ」に使おうとしているだけですよね?
すすぎが終われば、全て抜いて、新品のオイルを入れる(エレメントも交換推奨)予定ですよね?

このようなことなら、混合したオイルを入れたまま何百キロも走る訳じゃないし、使っても全く問題ありません。
ただ捨てるにはもったいない、どんどん使いましょう。
エンジン内に少々残っても問題ありません、もし...続きを読む

Qリン鉱石からのリン酸の生成方法の英訳について

はじめまして。
現在、化学についての論文を読んでいるのですが、
リン鉱石からリン酸を生成する際のプロセスの一部として、論文では
"Milling of ore"と書かれています。
自分なりに訳すと「金属のミリング」というようになってしまいました。
でも実際には金属のミリングというものはどのようなことをおこなっているのでしょうか??

教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です。

miningではというのは取り消します。

milling
も辞書を引いて下さい。millで載っています。難しい単語ではありません。
oreを金属と訳しているところがそもそもつまづきの元かも知れません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング