ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

いつもお世話になっております。

家を新築することになり、知り合いの建築デザイナーと一級建築士に図面を作ってもらって、地元の工務店に見積を頼みました。
込み込みで3000万程度の予算だと伝えたのですが、最初に来た見積は3510万(税別)でした。
外構に造園なども入っているので、ここからいろいろ削ったり仕様変更していくのだとは思いますが、よくわからないのが最後の「諸経費」です。
ここだけは明細がなく、ちょうど351万(全体の1割)計上されています。

もし、削っていって工事費が2700万になったら諸経費は270万になるのでしょうか?
同じ工事をしても資材の安いモノを使うと諸経費が安くなるということなのでしょうか?

また、この諸経費とは普通どんなことを指すのでしょうか。

さらにこの諸経費については値引き交渉ができるものなのでしょうか。

私自身がコンピュータシステム開発をしている会社にいるので、明細のない「1割諸経費」なんてのせたらお客様から何を言われるかわからないんです。
建築業界の常識、といわれると困ってしまうのですが、お互い気持ちよく取引したいので、教えて頂ければと思います、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

通常諸経費は現場管理費と一般管理費と言うことになるのですが、実際にはどんな職種でも中身は結局材料や手間の仕入れ原価と会社利益だけなんですよね。


特に建設業界の見積りは利益自体を工事単価と経費で分散させているだけなので細かい内訳なんてほんとはあまり意味がないんですけどね。
たとえば年間粗利益が2割必要な会社の場合
工事原価800万の場合、粗利益200万必要です。
で、見積りトータル価格が1000万になりますが
お客さんへの表示上粗利益200万なんて書きかたは
なかなかできません。
そこで
工事単価に一割分散させ880万にして
現場管理費を30万にして
一般管理費を90万にして
計1000万とかにします。

ようはぶっちゃけた言い方をすると会社にとっては細かい見積り明細はどうでもよく
仮設費を値切られようが工事費を値切られようが諸経費を値切られようが全体の工事原価に対して所定の利益があれば経営が成り立つと言うことです。

聞いた話によるとアメリカの見積りでは工事費は原価で値入れして利益を2割とか3割とかで表記するそうです。
実際はこっちの方がオープンですよね。

参考URL:http://www.ads-network.co.jp/kiso/mitumori/ki-f- …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。

教えて頂いたサイトはどんぴしゃ!でした。
「個々の単価よりも要望がきちんと入っていること!」というフレーズがずしんときました。

>聞いた話によるとアメリカの見積りでは工事費は原価で値入れして利益を2割とか3割とかで表記するそうです。
実際はこっちの方がオープンですよね

私もそう思います。が、日本ではあからさまに利益を表に出すのを嫌うのでしょうか・・・

お礼日時:2006/02/28 09:48

1割2割等建設業界では経費や利益の目安にされることが多々あります。

減額を行い他の部分が下がった際には、合わせて消費税とともに経費も下げる形になります。また、実質利益は他にも散りばめられていますので最終的には値引き交渉をされるのも一般的ですので問題ありません。
    • good
    • 3

専門家紹介

岩間誠治

職業:建築プロデューサー

"全国で設計を行っています。
ご要望をじっくり伺い、住む方とともに作り上げていく設計を行っています。
ご要望をかなえる事だけではなく、既成概念にとらわれない発想をもとに、想像を超えるご提案をいたします。"

リフォームでは設計施工も規模により行っております。
お気軽にお声かけください。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

047-427-5402

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

札幌の業界人です


NO.4さんの回答のとおりです
たとえば
仕入れ100万円のシステムキッチンを
そのまま販売していては経費も利益もありません
見積金額を110万円として
さらに諸経費10万円を加算し
120万円でお客様見積にするのです
諸経費が10%だから良心的とは言えません
100万円のシステムキッチンを
130万円と見積もりし
さらに諸経費10%13万円を加算している・・・
というケースも十分にありえます
大手HMはこんなことが当たり前のようですね
彼らは売り上げに対して35ー40%くらいの粗利益がないと
膨大な広告宣伝費や人件費・事務所維持経費がまかなえません
工務店でも25%は必要なんです

この回答への補足

補足欄をお借りしてお礼を申し上げます。
短時間にたくさんの方に回答をいただき、本当にありがとうございます。

最初にでた見積がちょっと予算オーバーだったこともあり、うろたえてしまったようですが、冷静に判断出来るような気がしてきました。
また細かいことでお世話になることもあると思いますが、よろしくお願いします。

今回はありがとうございました。

補足日時:2006/02/28 09:59
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。

そうなんですね。原価がわかりにくいので、なんとなくどこかで「のせて」いるんだろうなぁ、と思いながら、適正かどうかをどこで判断すればいいのだろうと思っていました。
要は総額でどうか、ということなんですね。

お礼日時:2006/02/28 09:58

 #2です。



>そうなんです。工事の大きさによってかかる経費(額)はかわらない(固定費)、というのであればかえって理解しやすいのですが、一律1割という変動費(率)になってしまうのがよくわからないのです。

 経費というのは、厳密に言うと工事の規模によって変わってくるのです。工法は関係ありません(こちらは直接工事費に反映されます)。
 同じような工事でも、その規模によって日数や人数が変わってきます。経費というのは、そういった要素に影響されます。
 ただし、工事の規模に影響しない部分もあります。そのため規模が大きくなると経費率は小さく、逆に規模が小さいと経費率は上がります。つまり、小さな工事を細かく発注するより、大きくまとめて発注した方が、工事の内容は同じでも経費の関係で後者の方が安くあがる、ということが起きます。
 ただ、この経費率の変動は、直接工事費に対しある程度幅があるので、その幅の範囲内では一定に設定している場合もあるでしょう。
 この経費率は工種にも依るし、民間だとはっきりとした決まりはないと思いますが、公共下水道の工事だと90%位はざらですね。10%前後というのは安い方かも知れません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

再びのお答え、恐縮です。

なんだかとてもすっきりしてきました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/28 09:54

経費とはなにか?は、他の回答者の皆さんを参考にして下さい。



経費の算出には、
「積上げ」と「率計上」とがあります。

簡単に言ってしまえば、
「現場管理費」といわれるもの
 (現場技術者の給与、現場で使う電話代、現場事務所代等)
は、その金額を「積上げ」たものになります。

「一般管理費」といわれるもの
 (契約書の作成費用、現場をサポートする事務経費、マージン等)
を、各工事の工事金から「率計上」したものになります。

それぞれの経費は、各社・施工条件によって多少の差はでてきます。
(例えば、建築会社の横で工事をすれば、現場事務所代はゼロでOKになりますので。)

しかし、一番気を付けなくてはいけないのは、
「経費ゼロでやります。」
というもの。
儲けがナシでやるというのは、通常ありえません。
こういった場合には、各工種に経費をちりばめてあるわけで、決して経費がゼロではないのです。

(結論)
●工事金が減った場合、当初経費率10%だったからといって、減った金額の10%となるとは限らない。

●経費ゼロはありえない。

また、諸経費の値引きは、あまり金額的に期待できないと思います。(上にも書きましたが、掛かるものは掛かるので、ゼロには出来ない為)ですので、金額交渉は総額で行なわれたほうが良いと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。

そうですね。経費ゼロはありえませんよね。私も小さいながら会社の役員をしているので、適正利益が必要な事はわかっているつもりです。

>金額交渉は総額で行なわれたほうが良いと思います。

ありがとうございます。参考にします。

お礼日時:2006/02/28 09:51

結局のところ工務店とか建築会社では工事ごとにあまり細かな経費の算出はしていません。


会社としての年間経費があり、売り上げがあり、売り上げの何%が経費という割とアバウトな世界です。
会社自体が年間に行う工事全体に対してそういうアバウトな計算をしているので、細かく明細を出してと言われても出せないんです。。。。。。
逆に細かく出そうとするとかなり厄介なことになります。というのも建築の工事というのは天候に左右されたり、複数業者を使う関係でなかなかぴったり予定通りには進まないため、実際には細かく出すと見積もりの予定より増えたり減ったりします。しかし、減る分には施主は文句を言いませんが、増えると当然話が違うとなるので、勢いそのままどんぶりで平均的に自分の会社でかかる経費計上費用を単純に売り上げの何%になっているから、あとは受注額でそのままその割合で振り分けてしまえとなるわけです。

なので工事が順調なところは実際の経費はそれよりも安く、そうでなければ経費は逆に予定以上かかってしまう場合もあります。
施主の側からすると減る方はどんどん減らして欲しい話ですが、増えるのも困った話なので、その辺のリスクを建築会社に押し付けてしまうという意味で考えると、この一律何%というやり方が施主にとってまずいやり方とは一概にはいえない事情もあります。

しかし、考えてみるとたとえ諸経費の明細を出したとしても、各項目ごとに同じように年間かかる費用から、受注金額に応じて振り分けてしまえば、結局のところ同じ話になるため、この話を掘り下げると実は他の会社でも違いはないことになります。コンピュータシステムの会社であれば、人件費が主体ですが、いちいち一時間あたりのチャージ金額の内訳まではお客に開示しないでしょう。(チャージ=プログラマーの時給の給与でないのはご存知と思います)
それと結局同じことです。

ちなみに経費10%であれば割と安いところではないかと思いますよ。建築業界全体としては15%程度が平均ですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。

>施主の側からすると減る方はどんどん減らして欲しい話ですが、増えるのも困った話なので、その辺のリスクを建築会社に押し付けてしまうという意味で考えると、この一律何%というやり方が施主にとってまずいやり方とは一概にはいえない事情もあります。

なるほど、そうですね。それなりに合理的ということなんでしょうか。
10%は割と安い、ということなのでちょっと安心してます。

お礼日時:2006/02/28 09:42

 通常工事費は直接工事費と経費とに分かれます。


 直接工事費は材料費と直接的な施工手間や機械の運転費などの積み上げです。施工手間は人件費が主で、運転費は運転手の人件費の他、機械損料や燃料費などを含みます。
 経費は管理費や仮設費などの総額です。公共工事の場合は、一部を積み上げますが、基本的に直接工事費からその工種によって定められた経費率より算定します。
 ここで云う管理費や仮設費とは、その工事を行うのに必要な事務経費や作業員の現場までの移動(つまり交通費)、現場に於ける各種仮設設備(仮設トイレや電源等)、現場とその周辺の清掃などが上げられます。
 民間工事の場合の経費計算は、その業者によって違うかも知れませんが、仮に値引きを行うとすればこの経費の部分になるでしょう。
 一般的に工事の規模が大きくなると経費の占める割合が小さく、逆に規模が小さいと経費率が大きくなります。工種によっては、工事金額の約半分が経費という場合もあります。

www.mlit.go.jp/kisha/kisha03/13/130325/130325-1.pdf
http://web1.incl.ne.jp/nagamura/01work/shorui/st …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すばやいご回答、ありがとうございます。

細かく説明していただいて、よくわかります。

>一般的に工事の規模が大きくなると経費の占める割合が小さく、逆に規模が小さいと経費率が大きくなります。工種によっては、工事金額の約半分が経費という場合もあり
ます。

そうなんです。工事の大きさによってかかる経費(額)はかわらない(固定費)、というのであればかえって理解しやすいのですが、一律1割という変動費(率)になってしまうのがよくわからないのです。

工事本体以外にも経費がかかるであろうことはじゅうぶん理解できるんですが、同じ工法で建てるのに、直接工事費が500万変わったら経費が50万変わるというのはなんだか納得いかないんですよね。
値引き交渉のためのバッファーになっているんでしょうか。

教えて頂いたホームページは工務店(設計会社)側からの経営的な考え方が書いてあったので参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/27 17:52

建設業界もうすぐ1年生なんですが。

。。(しかも、公共工事関係なので微妙なんですが)
最近私も、見積りを作成させていただけるようになったので習ったことを。
私も最初“諸経費1割”って何???そんなに取るの?と不思議でした。でも、聞いた話では材料手配するにも、見積り等の書類作成するにも人件費がかかりますよね。ついでに電気代とか、電話代とか。写真も撮るのであれば現像費や、写真整理のための人件費。
そういうのが“諸経費”だそうです。
でも、交渉次第で値引きは全然可能と思われます。
たいした知識もないのであまり詳しくはわかりませんが・・・。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

すばやいご回答ありがとうございます。

いちいち細かい明細が出せない経費もあるだろうな、ということはわかります。
値引き可能であれば、最後にどうしようもなかったら交渉の余地があるということですね。

お礼日時:2006/02/27 17:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築 工事見積の諸経費について

現在、建築中で今月末に決済の予定です。

去年9月現金で土地を購入し、
その土地が条件付だったため、その不動産屋の仲介で
新築工事を行っています。
フラット35Sの申し込みに間に合うように、(9月末)
間取りのみ決定し、大体の計算で見積をしていただきました。
その為、その後詳しく家の事を決めていくと
最初の見積より金額がアップしたものもあります。
(追加の部分については納得しています)

具体的な金額としては
最初の見積もり金額 18,286,123
追加分  1,888,226 になっています。

あと、別途 フラット35と長期優良の申請として60万支払いました。

前置きが長くなりましたが、教えてきただきたい事は

(1)工事費の見積もりの中の『諸経費』が 1,290,026 となっているのですが
  これは妥当な金額なのでしょうか?
(2)この『諸経費』の内訳を教えてほしいという事は、間違っているのでしょうか?
(3)『諸経費』の中に、申請料も含まれていると思っていましたが
  含まれていなくて普通でしょうか?
(4)みなさんは、新築時の工事費と、その中の『諸経費』の金額はおくらでしたか?
(5)また、『諸経費』について、内訳や説明などありましたか?

不動産屋の社長には
「普通は諸経費の内訳なんて、誰も聞かない」と言われました。
それが普通なのかもしれませんが、
初めて家を建てる私たちにとって
何か分からない、説明していただけないものに
120万を払う という事は抵抗があります。
内訳を聞いて納得できれば、もちろんお支払いするつもりです。

私たちにとっては大きな金額です。
納得して支払いをしたい と思うのは間違っているのでしょうか。。。?

まとまりのない文章になり申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

現在、建築中で今月末に決済の予定です。

去年9月現金で土地を購入し、
その土地が条件付だったため、その不動産屋の仲介で
新築工事を行っています。
フラット35Sの申し込みに間に合うように、(9月末)
間取りのみ決定し、大体の計算で見積をしていただきました。
その為、その後詳しく家の事を決めていくと
最初の見積より金額がアップしたものもあります。
(追加の部分については納得しています)

具体的な金額としては
最初の見積もり金額 18,286,123
追加分  1,888,226 になっています。

あと、...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)工事費の見積もりの中の『諸経費』が 1,290,026 となっているのですが
  これは妥当な金額なのでしょうか?

工事費の7%程度なので、一般的な金額だと思います。

>(2)この『諸経費』の内訳を教えてほしいという事は、間違っているのでしょうか?

間違っていないですよ。社会人として疑問に思ったことを聞くのは当然です。

不動産屋の対応がおかしいです。

>(3)『諸経費』の中に、申請料も含まれていると思っていましたが
  含まれていなくて普通でしょうか?

含まれていないのが普通です。見積り除外項目で申請費とか書かれていませんか?普通は見積り外であることがわかるように書いてあります。

>(4)みなさんは、新築時の工事費と、その中の『諸経費』の金額はおくらでしたか?

こんな質問は意味ないので答えません。

>(5)また、『諸経費』について、内訳や説明などありましたか?

聞いたら教えてくれますよ、普通は。聞かなければ教えてくれません。

>120万を払う という事は抵抗があります。
>内訳を聞いて納得できれば、もちろんお支払いするつもりです。

工事費の内訳をみて、工事会社の利益や会社経費はどこから出てくるか疑問に思いませんでしたか?

抵抗があろうがなかろうが、必要な費用なので払う必要があります。

値引きを要求しても一緒です。必要な費用なので、仮に値引いたとしてもどこか他の項目で帳尻合わせるだけなので単なる数字遊びにしかなりません。工事費の見積りなんて、実体があってないようなものです。だってこれから材料発注して、下請けに工事を発注していくのですから、やってみなければわからないところがたくさんありますからね。

>私たちにとっては大きな金額です。
>納得して支払いをしたい と思うのは間違っているのでしょうか。。。?

間違っていないですよ。

>(1)工事費の見積もりの中の『諸経費』が 1,290,026 となっているのですが
  これは妥当な金額なのでしょうか?

工事費の7%程度なので、一般的な金額だと思います。

>(2)この『諸経費』の内訳を教えてほしいという事は、間違っているのでしょうか?

間違っていないですよ。社会人として疑問に思ったことを聞くのは当然です。

不動産屋の対応がおかしいです。

>(3)『諸経費』の中に、申請料も含まれていると思っていましたが
  含まれていなくて普通でしょうか?

含まれていないのが普通です。見積り...続きを読む

Q公共建築工事の諸経費についてお伺い致します。共通仮設工事費の対象額は直

公共建築工事の諸経費についてお伺い致します。共通仮設工事費の対象額は直接工事費100%とし,その他の諸経費(現場管理費,一般管理費)の対象額からは一定の製品材料費等が控除されるのでしょうが,その控除対象材料等の種類や範囲を詳しく知りたいのです。また,各経費率の算定式等は色々な所で見ますが,上述の控除額等を考慮した全体のフロー等も教えて頂きたいのです。特に機械設備について教えて頂きたく存じます。宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

公共建築工事積算基準と積算基準の解説を読んでください。
http://www.mlit.go.jp/gobuild/kijun_touitukijyun_s_sekisan_kijyun.htm
http://www.mlit.go.jp/gobuild/kijun_touitukijyun_kyoutuuhi_sekisan.htm

http://tairyudo.com/tukan04/tukan5060.htm

Q見積書の雑工事費と諸経費

汲み取り式から合併浄化槽への水洗トイレのリフォームを検討しています。

一社から見積を取ったところ、詳細な見積を持ってきました。
その中で気になったのが、「雑工事費」と「諸経費」です。

雑工事費は
下水道配管工事費で、その金額に対して約10%
便器、手洗器取付費で、その金額に対して約7%

これは、何かと尋ねたところ
何かといわれると困るけど、それぞれ計上が認められている費目だと言います。

下水道工事に関しては、排水設備工事費として配水管敷設工、マス設置があります。
また、便器の取付には、既設便器の取壊し、器具の取付費用、給水配管変更、があります。

それでもまだ目に見えない、雑工事っていうものがあり、
それが工事代金の何%と認められ、
そしてその代金を払わなくてはならないものなのでしょうか?


また、トータルな上で諸経費が計上されていますが
これも、全体の工事の約5%が書かれています。

通ってくるガソリン代、紙代なども含まれているのでしょうが
それでも、5%も経費を払う必要があるのか?と思ってしまい
見積書を見て、金額の高さに驚いています。

そして、その諸経費も金額の帳尻を合わせたような金額で
請求額がきれいな数字になっており、適当な金額の諸経費なのか?
とも思ってしまいます。

諸経費も雑工事費と同じく、何に使うかと言われたら困るけど
計上が認めれている費目だと言います。

諸経費って基準などがあるものなのでしょうか?
それとも、業者が適当に計上できるものなのでしょうか?

汲み取り式から合併浄化槽への水洗トイレのリフォームを検討しています。

一社から見積を取ったところ、詳細な見積を持ってきました。
その中で気になったのが、「雑工事費」と「諸経費」です。

雑工事費は
下水道配管工事費で、その金額に対して約10%
便器、手洗器取付費で、その金額に対して約7%

これは、何かと尋ねたところ
何かといわれると困るけど、それぞれ計上が認められている費目だと言います。

下水道工事に関しては、排水設備工事費として配水管敷設工、マス設置があります。
...続きを読む

Aベストアンサー

 雑工事というのは、ちょっとした仮設などを指していると思います。
 材料の仮置きに必要な資材とか、屋内で作業するときの養生材の材料費や設置費などかと思います。これらの費用は事前に厳密な積算は出来ないので、工事の規模などにより何%以下といった計上の仕方を良くします。
 諸雑費は事務経費や作業員の移動、梱包材の処分費(ものによっては産業廃棄物となります)などが含まれているかと思います。これは、工事費全体に対して割合計上するのが通例です。
 諸雑費は公共工事などでも計上し、その割合などは工事の種別や規模などにより厳密に定められています。役所などが工事予定価格を算定するときは、この基準により算出します。
 とはいえ、曖昧な部分があることは確かなので、工事費の端数処理としての意味も持っています。きれいな数字になっているのはそのためです。
 通常、諸経費は工事規模が大きくなるほどその割合が小さく、逆に規模が小さいと割合は大きくなります。公共下水道工事などの場合、諸経費が50%前後になることはざらにあります。道路工事などと一緒に行う場合は、諸経費は小さくなります。
 最近の事例だと、道路公団の談合で、工事を小分けにしたため全体の工事価格が高くなった、というのがありましたが、これは細かく分けたためそれぞれの工事規模が小さくなり、結果として諸経費が高くなったためだと思います。
 一般住宅の極小さな工事の場合は私も専門外なのでよく分かりませんが、いずれにせよ諸経費の計上されていない工事はあり得ません。

 雑工事というのは、ちょっとした仮設などを指していると思います。
 材料の仮置きに必要な資材とか、屋内で作業するときの養生材の材料費や設置費などかと思います。これらの費用は事前に厳密な積算は出来ないので、工事の規模などにより何%以下といった計上の仕方を良くします。
 諸雑費は事務経費や作業員の移動、梱包材の処分費(ものによっては産業廃棄物となります)などが含まれているかと思います。これは、工事費全体に対して割合計上するのが通例です。
 諸雑費は公共工事などでも計上し、その...続きを読む

Q公共工事の現場管理費率(%)の求め方

【 現場管理費率(%)=19.20×N-0.0640  Nは純工事費(千円) 】
Nの後ろの『-0.0640』は、二乗の書き方のように、小さく上に書かれています。

 *今回の工事の純工事費は1100千円です。

どのように計算したら良いでしょうか。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

エクセル計算なら
 19.20*N^(-0.064)で計算してくれます。

関数電卓なら、まず1100を打って、y^x(yのx乗のキー)で-0.064(電卓によってはマイナス乗計算ができないものがありますので、その場合は0.064乗のあと、x^(-1)を行う)

結果は12%程度ですかね(四捨五入の位置がわからないので、確認してください)。

Q人工(にんく)について

工事の見積を業者からとったのですが、単位がm(メートル)などではなく人工(にんく)で記載されていました。普通、1人工あたりの金額はどのようにして決めるものなのでしょうか?見積書の項目によっては、『0.33人工×単価(一人工)』と、なっています。
分かりやすく説明していただけると助かります。お願いします。

Aベストアンサー

>1人工あたりの金額はどのように?

簡単に、
『一人の人が一日労働するのに、会社としてどのぐらいの原価になるか』です。
0.33人工というのは、8時間(通常の1人工)の1/3ということで、約2時間40分の作業ということを表します。

単価/人工は会社の規模で間接経費がまったく違うため、大きく変化します。
小さな会社ほど、工事面積当たりで計算した方が有利な傾向にあります。

大雑把に言えば、設計・管理¥30000
        一般技術者¥20000~24000
        実務者  ¥15000~18000
ぐらいになっているのかな?
(業種によっても違いますので、かなり大雑把です)

Q平米数の求め方

タイトルの通り平米数の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

rt02060825さん、こんにちは。

>縦が129cmで横が345cmです。
単純に縦と横をかければ平米数は出るのですか?

出ます。
面積ですから、縦×横ですね。

ただし、平米というのは、平方メートルですから、
それぞれ、センチをメートル単位に直さないといけません。

縦129センチ→1.29m
横345センチ→3.45m
なので、

面積は1.29×3.45=4.4505平方メートル=平米

ということになります。

Q公共工事における経費率の計算

国交省の公共工事の見積もり書を作る際、
直接工事費の金額に応じた各経費率があると思いますが、(1)~(4)での
各経費率は何パーセントくらいになるか教えて下さい。
直接工事費・・・(1)50万、(2)100万、(3)500万、(4)1000万
共通仮設費・・・(1)   、(2)    、(3)    、(4)   
現場管理費・・・(1)   、(2)    、(3)    、(4)
一般諸経費・・・(1)   、(2)    、(3)    、(4)

Aベストアンサー

 工種によって違います。通常は、下記にあるような資料を基に算出します。

http://www.kensetu-navi.com/publication/books_detail.php?c_code=A014000810

Q工事の共通仮設費率の計算ができません・・!!

今仕事で困っています。
建築工事の共通仮設費率をださなければいけないのですが、どうも計算ができません。

4.83×21,014-0.0956=9.556

※『-0.0956』は、右上に小さく書いてあります。

応用して他の工事でも計算しなければなりません。この計算はどうすればできるのでしょうか。

エクセルで簡単に出来る方法などありましたら、
そちらでも教えていただければ幸いです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>4.83×21,014-0.0956=9.556
4.83*21.014^(-0.0956)=3.610067
になりますので、提示の計算が間違っているように思います。
Googleで
4.83*21.014^(-0.0956)
と入力し[検索]ボタンをクリックしてみてください。
計算してくれます。

EXCELでは
A1セルに「4.83」
B1セルに「21.014」
C1セルに「-0.0956」
D1セルに「=A1*B1^C1」
と入力すれば
D1セルに計算結果を
表示してくれます。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Qアスファルト舗装の単価

アスファルト舗装の単価
自宅前の空き地をアスファルト舗装にしようと思っています。
平米あたりの単価はどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

事例で説明

条件 空き地
   排水溝なし(自然と端部に流れる勾配)
   面積 10m×10m=100m2
   基礎砕石 5cm
   アスコン 5cm(細粒加熱アスコン使用)

工事費
   材料
      砕石     100×0.05=5m3            25000円
      アスコン   100×0.05×2.3t/m3×1.2=14t    182000円
   労務機械
      整地、砕石工事、アスコン舗装工事         150000円 
   経費                           40000円
   合計                          397000円(税別)  
   
    


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報