会員登録で5000円分が当たります

XBを購入して送信機を破損してしまいBLAZERと言う送信機を買いました。
ST/THのトリムとEPAについては色々なサイトを見て回ってわかったのですが、D/Rと書かれたツマミに関してはどうしても情報が出てきません。
取り説も付いてこなかったため困っています。
御存知の方、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

検索してみると


>RC用語、プロポ用語解説
>D/R : (Dual Rate)
>全体的に舵角が大きいとか小さいとか感じた場合、
>切り替えてフィーリングを変えることが出来ます。
>(数値を大きくすると舵がよく効くようになります。)
http://www.sanwa-denshi.co.jp/frame-02.htm
三和電子
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変有り難うございます。
会社名が三和電子というのだと知ることも出来ました。
大変有り難うございました

お礼日時:2006/03/04 07:12

このページは参考になりますか?



http://www.airtronics.net/Blazer%20Sport%20Manua …

http://www.airtronics.net/2004_manuals.htm

英語ですが、、、
Dual Rateのことですかねぇ。。。

参考URL:http://www.airtronics.net/Blazer%20Sport%20Manua …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます
参考にさせていただきます。
SANWAで国内サイトを検索してました・・・
これからもう少し幅を広げて検索します^^;

お礼日時:2006/03/04 07:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧バンドと新バンド

RCのことについて教えてください。FM27メガの送受信機で、旧バンド(1~6)と新バンド(01~12)を一緒に走らせる(例えば旧の「2」と新の「08」)ことは可能なのでしょうか?混信したりするのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

No.3の回答はAM27メガの場合だと思います。

FM27メガはクリスタルを変えればナローバンドとして使えます。
実際に使っていても問題ありませんでした。

AMの場合は送信機をメーカーに送ってナローバンドにしてもらって新バンド用のクリスタルに変える必要があります。
受信機はそのままでクリスタルを新バンド用に変えるだけで問題ないようです。

QRCのバッテリーについて教えてください

最近またラジコン(ドリフト)を始め、5年前のバッテリーを3本引っ張り出して使用しています。
古いのでもうだめかなと思いつつ使っていますが問題なく使用できています。
タミヤ1400、SANYO2000、KYOSHO2000の3本ですが急速充電器(放電付き)で1時間~1時間30分で充電後、3本ともに走行時間15~20分位です。
モーターはドリパケの純正モータでタイやはドリパケ用ゼロワンRです。
充電に関して気を使っていた点は5年前の当時も放電後→充電するようにしていました。
その恩恵か5年経過後でも多少のパワーダウンは否めませんがそこそこ
ストレス無く遊べています。
そこで気になっているのは本来のバッテリーの寿命です。
RC用7.2Vニッカドバッテリーの寿命はどのくらいなのでしょうか?
何か手軽にバッテリー性能を測れるものがあれば教えてください。
あと、放充電器も5年前のものなので信頼性が心配です。
比較的安価なお奨めのものがあれば教えて欲しいです。
いかんせん、商品がたくさんありすぎてどれが良いのかさっぱりわからないので・・^^;

よろしくご教授ください。

最近またラジコン(ドリフト)を始め、5年前のバッテリーを3本引っ張り出して使用しています。
古いのでもうだめかなと思いつつ使っていますが問題なく使用できています。
タミヤ1400、SANYO2000、KYOSHO2000の3本ですが急速充電器(放電付き)で1時間~1時間30分で充電後、3本ともに走行時間15~20分位です。
モーターはドリパケの純正モータでタイやはドリパケ用ゼロワンRです。
充電に関して気を使っていた点は5年前の当時も放電後→充電するようにしていました。
その恩恵か5年経過後でも多少の...続きを読む

Aベストアンサー

RC用バッテリーの寿命は、主に充放電回数とそれに伴う素材劣化の程度で決まります。電池素材自体はどれも非常に化学的安定性が高いですし、缶もステンレスで錆びないので、過放電と高温多湿さえ避けられれば、20年~30年でも使える状態を維持できることは産業界でも実証済みです。実際に自分自身、10年以上前の各種セルを現役でいろいろと使っています。

ただし、耐久性は「ニッカド」「ニッケル水素」と単純にくくって考えられるほど単純ではありません。セル間のマッチング精度やセルの銘柄によって、耐久性に差が出ます。パックバッテリーはマッチドと特に謡っていない限りマッチング精度が低いので弱いセルの負荷が厳しく、マッチドのバラセル(自分でパックを組むもの)より寿命は短くなります。自分の経験上は、マッチドセルだとノンマッチドのパックバッテリーにくらべて概ね10~30サイクルくらい寿命が延びる感じです。

銘柄に関しては、ニッカドでも1700までと2000以降では耐久性が大きく違います。1700までは100回以上使えて性能低下もあまり目立ちませんでした。しかし2000以降は容量面で無理をしたこともあって耐久性は犠牲になっています。保存特性(自己放電量や過放電耐性)も2000以降はかなり悪化しています。自分の経験では2000以降は50サイクルくらいで死ぬセルが増えました。上手に使えば100サイクルくらいまでは使えましたが、容量低下が著しいので走行用として楽しめるのは50~70サイクルくらいまでです。

ニッケル水素になってからもGPとサンヨー、インテレクトでは耐久性に差があります。自分は使ったことありませんが、たぶんフォースマックスなども同様でしょう。従来、耐久性に定評があったのはGPです。ただし3300までの話です。

サンヨー、インテレクトのニッケル水素は当初から純レース用を強く意識機しており、あまり耐久性は重視されていなかったようです。レースに勝てなければ商売にならないので耐久性の優先度が低いのは仕方がありません。ニッケル水素になってからはモデルチェンジも毎年のように行われ、セルがダメになる前にどんどん買い買えを促されます。「ご意見番」たるトップレベルのユーザーの「耐久性」への関心が薄くなるのも無理ないです。「型落ち品」の劣化なんて関係ないですもんね。ほとんど使い捨て感覚です。酷いケースでは12ヶ月の間に3600→3800→4200と2回もモデルチェンジした時期があったくらいです。さすがに最近は落ち着きましたが、またぞろ4500~4600への切り替えが始まっていますよね。

また、レースでは放電特性が悪いと話にならないので、どんどんセルの特性がコンデンサ的なものになってきており、とんでもなく自己放電特性が悪くなっています。これも耐久性の悪化に影を落としています。3600以降のセルでは満充電1ヶ月程度でカラになってしまうケースも珍しくありません。日常的に使い続けられる前提がないと過放電でセルが死んだり痛んだりしてしまうわけです。毎週のように走らないと、文字通り、カネをドブに捨てる感じです。そしてどのみちセルが劣化するので翌年には買い換えなければならないと。

こうしたニッケル水素(特に最新スペック品)の商品性は、サンデードライバーには実に痛いものになってきています。狙いが「レースでの勝利」なので、これはもう仕方ありません。価格も容量が増えれば高くなります(材料費が増えるので仕方ない)。なので、ご自身の走行頻度と相談して、頻度が毎月2回以下程度なら、最新スペックのニッケル水素は避け、1700以下のニッカド、または3300以下のGP製ニッケル水素になさることをお奨めします。

GPも耐久性の評価が高かったのは3300までで、3600~3700以降はどのメーカーを使っても最高の性能が得られるのはせいぜい5サイクル程度、10サイクルも使えば放電量が1割以上減り、性能低下がはっきり分かるようになり、50サイクル過ぎると充放電すらマトモにできなくなるケースが増えてきます。使い方が良かったり、当たりのパックに出会えば100回くらい使えるケースもありますが、放電量は新品時の6~7割まで落ちてしまいます。

ニッケル水素はサイクル特性(耐久性)はニッカドより悪いですが、容量が大きく、走行時間が延びるので、寿命までのトータルの走行時間と支払うコストを見比べると、ニッケル水素に若干の分があるとは思います。また、走行性能的にはこれはもう圧倒的に最新のニッケル水素が一番優れていますから(モーターの回転音からして全然変わります)、胸のすくパワーを手軽に楽しむにはバッテリーのグレードアップは一番手っ取り早いのではないでしょうか。

充放電器は、5年程度なんて、まだ新しいほうですよ!よっぽど酷い保管をしてなければ、まったく問題なく使えるはずです。バッテリーコネクター端子が錆びてたら交換すればいいくらいの話です。

手軽なバッテリーの性能測定としては、決め打ちしたモーター、ギヤ比、タイヤで走行時間を比べればいいと思います。充電時間では的確な放電量は予想できません。ダメなセルがあると、充電電流を熱に変換して電気ばっかり食うだけで全然入らないからです。充電時間がアテになるのは、バッテリーのコンディションが信頼できるケースに限ります。

ただ、コンディションが信頼できるならば、簡便法として充電器の出力電流(単位はA)に時間(単位は時)を掛けてやれば、充電量はおおよそ推察できます。例えば2Aの充電電流で1時間入れたら2Ah(アンペアアワー)、つまり2000mAh(ミリアンペアアワー)です(1000mAh=1Ah)。充電器の出力電流レートは、電流レートの調整機能と電流計が装備されていればそれで分かりますし、固定レート式でも定格を見れば明記されているはずです。

RC用バッテリーの寿命は、主に充放電回数とそれに伴う素材劣化の程度で決まります。電池素材自体はどれも非常に化学的安定性が高いですし、缶もステンレスで錆びないので、過放電と高温多湿さえ避けられれば、20年~30年でも使える状態を維持できることは産業界でも実証済みです。実際に自分自身、10年以上前の各種セルを現役でいろいろと使っています。

ただし、耐久性は「ニッカド」「ニッケル水素」と単純にくくって考えられるほど単純ではありません。セル間のマッチング精度やセルの銘柄によって、耐久性...続きを読む

Q送信機と受信機、サーボの互換性について教えてください。

とある理由でフタバのヘリ用PCM1024、六チャンネルのT6EXHP(40mhzで83のクリスタルが付いている)という送信機を持っているのですが、それで操作出来る受信機やサーボにはどの様な制限があるのでしょうか?

自分が作りたいラジコン飛行機のキットの推薦サーボや受信機がその送信機で扱えるのかが心配なのです。具体的に言うとハイペリオンの受信機HP-DSP-4かHP-DSP-6 (40Mhz)、サーボがWaypointのW-060, W-060BB, W-068シリーズらが推薦されています。これらの受信機やサーボはこの送信機と互換性がありますでしょうか?

また今後の為に教えていただきたいのですが、そもそも互換性がある、もしくはない理由は何でしょうか?またもしかして周波数や互換性の違いを回避する方法があったりするのでしょうか?なら一つの送信機で以前に買ったラジコン全部動かせそうですが。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

たぶん、小型のグライダーか電動プレーンを考えていらっしゃると思いますが、重量の点で受信機サーボは他社品を使う事が良くあります。

実際のところFM受信機なら動いてしまいます。
双葉のR156FにW-038やW060BBを挿していますが、普通に動きます。
レシーバーもGWSなども重量の関係で使いますが、安定性はともかく、動きます。
(コネクタの挿し間違いには充分注意が必要ですが)

ただ、メーカーの保証範囲外での使用なので、自己責任で行なって下さい。
飛行前に、操縦可能距離は地上で確認しておいた方が良いですね。

しかし、正直なところ、重量の問題さえなければ、純正の組み合わせが一番良いと思いますよ。

ただ、送信機がヘリ用とのことなので、Vテールやエレポンを使うとなるとミキシングに問題があるかもしれませんが、この辺は、送信機の取り説で確認してみて下さい。


HP-DSP-4  7g / HP-DSP6C-M40  12g
クリスタル無しの重量ですが・・・・

これに対し、双葉では
R114F 10.9g / R156F 11.2g

なので、HP-DSP6を使うメリットはなさそうですね。
HP-DSP-4なら使う意味はありそうです。
ただ、この程度の差なら、安定性を重視してR114Fを使った方が良いかなとも思いますが。

サーボは、双葉の S3110は7.7g
Waypoint
W-060BB 6.6g / W-068 6.2g / W-068PB 6.8g

Waypointを使う意味は、若干あるかもしれません。
サイズはS3110の方が若干小さいので、狭い場所にいれるのなら、こちらの方が良いかもしれないです。(双葉コネクタの突起を削ってしまえば大丈夫です。ただし、くれぐれも極性を間違えてささないで下さい。一発で死んでしまう事があります。)

ただ、サーボの動作の安定性は、Waypointより双葉の方が良いですね。
Waypointは、フタの固定がシールで止めてあるだけなので、軽度の墜落でもショックでフタが開いてしまう事があります。

なお、双葉の送信機はローバンドとハイバンドの切り替えは、メーカに出して調整してもらう必要があります。

双葉は比較的軽量なレシーバーとサーボがありますが、三和やJrを使っている場合はメリットはあるかもしれません。

たぶん、小型のグライダーか電動プレーンを考えていらっしゃると思いますが、重量の点で受信機サーボは他社品を使う事が良くあります。

実際のところFM受信機なら動いてしまいます。
双葉のR156FにW-038やW060BBを挿していますが、普通に動きます。
レシーバーもGWSなども重量の関係で使いますが、安定性はともかく、動きます。
(コネクタの挿し間違いには充分注意が必要ですが)

ただ、メーカーの保証範囲外での使用なので、自己責任で行なって下さい。
飛行前に、操縦可能距離は地上で確認しておいた...続きを読む

Qプロポの互換性

飛行機用のプロポですが、JR・フタバ・サンワの各HPを見て、いろいろ勉強中です。

質問ですが、送信機-受信機-サーボは、同一メーカーでないと使えないんでしょうか?
・例:送信機と受信機は同じメーカー。でもサーボは型式により互換性がある・・・とか。
・モチロン、周波数と変調(AM、FM、PCM)は同じ場合で、電動用のアンプは除きます。

また、配線コネクターもメーカー間で互換性があるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、40クラス練習機の件の方ですね。

★無線機互換のことですが、PCM方式ですと送信機→受信機間の伝達は純正の組み合わせで無いと出来ません。
★FMですと制限がありますが出来ます、双葉送信機でGWSやバーグ、クイックその他多数などのFM受信機は組み合わせることが出来ますが、双葉送信機でJR受信機は動きません。もうちょっと簡単に書くとサードパーティーのFM受信機は動くということです。
★サードパーティー製品でも双葉用、JR/三和用と分けている場合もありますから良くそのあたりは確認しましょう。中古を買うときは特に注意です。(分けていない製品もあります)
★上記は72メガのお話です。
★40メガFMは例としてF送信機でJやS純正受信機が動くそうです。その反対もありだそうです。PCMはだめです、自分では検証してないのでそのように聞いています。
★三和/JRと引っ付けて書く理由はその昔三和から袂を分かれた人たちがJR社を起こしたので(信号処理など)大変良く似ているのだそうです。

◆受信機とサーボの関係は基本的にメーカー混在で使っていてもOKです。アナログサーボもデジタルサーボも関係ありません。
◆電動アンプもサーボと同じ信号動作ですから、各社使えます。
◆蛇足ですがヘリのジャイロもメーカー間かかわらず使えます。

▲三和の古いタイプ(コネクター黒)サーボだけ注意が必要です、配線の極性がFやJRと違っていますので変換コードを入れるか、半田で細工して極性を入れ替えないといけません。字で書くとややこしいですが簡単なことです。最近販売中の(ブルーのコネクタ)モノはFやJと同じになっていますのでそのまま使えます。

▲コネクタに関してはJR受信機やJR延長コードに双葉コネクタはそのままでは挿せません、凸部をカッターで切り取って挿します。その逆はなんともありません、すんなり入ります、ただなんとなくきつかったりゆるかったりしますので、飛行中に抜けないようにタコ糸で縛るなどの一工夫をすると安心です。

こんにちは、40クラス練習機の件の方ですね。

★無線機互換のことですが、PCM方式ですと送信機→受信機間の伝達は純正の組み合わせで無いと出来ません。
★FMですと制限がありますが出来ます、双葉送信機でGWSやバーグ、クイックその他多数などのFM受信機は組み合わせることが出来ますが、双葉送信機でJR受信機は動きません。もうちょっと簡単に書くとサードパーティーのFM受信機は動くということです。
★サードパーティー製品でも双葉用、JR/三和用と分けている場合もありますから良くそのあたりは確認しましょ...続きを読む

Qラジコンカーの駆動時間について

最近ラジコンカーを始めました。
驚いたのは、バッテリーが5分くらいしか持たないことです。
正直これじゃ、楽しむ前に終わってしまいます。
追加バッテリーと急速充電器を所有するのが普通と店主にいわれましたが、
確かに1時間で充電出来れば有難いですが、5分たったらバッテリーを取り換えてまた5分たったら
終ってしまうなんて、楽しめません。せめて30分は走れなければ楽しめないと感じるには
おかしいでしょうか?また、ラジコンカーとはそういうものなんでしょうか?
ちなみに所有しているものは、タミヤの4WDホットショットです。

Aベストアンサー

質問者さんのバッテリーが何か明記されていませんが例えばタミヤのカスタムパックで
ノーマルのホットショットなら5分は妥当な可動時間だと思います。

RCカー用バッテリーと言っても充電池の種類や容量で様々な商品があります。
タミヤだけでも種類はニッカド、ニッケル水素、リチウムフェライトと3種類。
容量も1300mAhから最大で3700mAhと幅広いです。
容量が大きければ当然走行時間も長くなります。

まずオススメなのがフルベアリング化です。
http://www.rakuseimodel.co.jp/onlineshop/product_info.php?jisya=126461&search=yes
ノーマルのホットショットはベアリングの半分以上がプラやメタルだったと思います。
それをボールベアリングに換装するだけで各部の抵抗が減り駆動時間が延びるはずです。

次に容量の大きいバッテリーと急速充電器の購入。
タミヤ純正ではありませんが3000~4000mAhのニッケル水素バッテリーが2000円程度で購入できます。
http://www.rakuseimodel.co.jp/onlineshop/product_info.php?jisya=157349&bid=44&seriesId=202
容量が増えれば充電時間も延びるので急速充電器は必須と言えます。
オートカット機能付の充電器でやはり2000円くらいから。
http://www.rakuseimodel.co.jp/onlineshop/product_info.php?jisya=116610&bid=23&seriesId=150
できれば放電機能があって5Aくらいで充電できる充電器が良いと思います。
http://www.rakuseimodel.co.jp/onlineshop/product_info.php?jisya=163706

フルベアリング化して容量3000mAh以上のバッテリーを使えば30分は無理としても20分くらいは走行できると思います。
ただあまり連続走行を続けるとモーターやアンプに負荷がかかりますので1パック走らせたらモーターの熱が下がるまで待ってから走行するようにしてください。
※参考URLは個人的なオススメ商品です。

質問者さんのバッテリーが何か明記されていませんが例えばタミヤのカスタムパックで
ノーマルのホットショットなら5分は妥当な可動時間だと思います。

RCカー用バッテリーと言っても充電池の種類や容量で様々な商品があります。
タミヤだけでも種類はニッカド、ニッケル水素、リチウムフェライトと3種類。
容量も1300mAhから最大で3700mAhと幅広いです。
容量が大きければ当然走行時間も長くなります。

まずオススメなのがフルベアリング化です。
http://www.rakuseimodel.co.jp/onlineshop/product_info.php?ji...続きを読む


人気Q&Aランキング