プラトンが言いつづけた「正しく生きることがためになる」ということをイデア論からみて理論付ける、ってどうしたらいいのでしょう??来週の試験を前に焦ってます。まじめに授業を聞いているべきでした、って今ごろ後悔しても遅いのですが・・・単位やばいです。どうか教えてください。

A 回答 (3件)

 


  これは、わたしの見解ですので、間違っているかも知れません。プラトーンのイデアー論について、簡単にでも記している文章を参照すればよいのですが、ここでは、わたしがそう理解した(または勝手にそう考えていた)イデアー論を考えます。これがプラトーンのイデアー論かどうかは、自分で確認してください。検索で、「プラトン イデア論」とすれば、説明が出てくるのでしょうから、比較できます。
 
  プラトーンのイデアーとは何かです。アリストテレースの形相(エイドス)や、後の「概念」とどう違うのかです。エイドスも、より広い内容のエイドスへと上昇する階梯はありますし、概念はより普遍的な概念へとやはり上昇階梯があります。イデアーは、上昇するというだけでは、エイドスや概念と区別が付きません。イデアーの特性というのは、イデアーのイデアーがあり、それらが普遍的上昇を行い、最終的には、超越的外在的(神秘的)な「善のイデアー」へと上昇収束するということが重要です。
 
  また、上位の純粋的なイデアーは、この世とは別に、「イデアー世界」を造っており、この世の事物や生物や人間は、イデアー世界のイデアーを、劣った形で、不完全な形で分有しているのだということになります。人間は、イデアー世界の映像(エイコーン)であるというのは、こういうことです。この世界全体もまた、影像(エイコーン)であるのです。「真の世界=イデアー世界」と、「仮の世界=この世」があり、真実の存在は、イデアー世界だというのが、プラトーンのイデアー論で、これ故に、観念論とされるのですし、プラトニック・ラヴとは、肉体(この世)の愛ではなく、イデアー世界の肉体を超えた愛となるのです。
 
  人の魂の本来の故郷、すなわち、「不死なる魂」の故郷は、イデアー世界にあるとされます。この世は、エイコーンで仮象だからです。魂は、イデアー世界に戻れるように、生きているあいだにも準備をせねばならないということです。その準備とは、善の実践ということになるでしょう。魂がより善のイデアーに近づくにつれ、魂の永遠世界への帰還は容易になるとも言えるからです。
 
  善であるには、善なる行為を他者に対し行い、自分自身も、善なる生活を心がけねばならないでしょう。「正しき生き方」とは、結局、「善なる生き方」になります。善を志向する生き方は、この世的には、「正しい生き方」になるからです。「正しい」とは、社会共同体に対し善で、自分自身にとっても「善」であるような生き方が正しいのです。正しい生き方とは、共同体のなかの自己の分を知ることで、自己とは何かという問いにおいて、善なる規範に従い、善なる行為、善なる自己への対処をなすということでしょう。
 
  このように正しい生き方は、善へと魂が近づくステップであり、正しい生き方を通じて、人は、永遠世界=イデアー世界への魂の帰還の準備をしているとも言えるでしょう。正しく生きることは、魂の本来の帰還に意味を持ち、魂がより純化され、高次な境位になれることを意味するでしょう。それ故、正しく生きることは、人の魂にとって有益であり、ためになると言うことでしょう。
 
  なお、これはわたしのいまの記憶に基づく見解で、これが間違っていても、責任は取れません。イデア論とか、正しく生きるなどを、調べてみて、確認され、自分で考えてください。以上に述べたことは、何か大きな錯覚を犯しているかも知れません。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。試験ではなんとかまとめて答えることができました。ホンット助かりました!!

お礼日時:2002/01/23 08:09

現在めちゃ多忙なのでここには立ち寄らなかったんですが、


気の毒なので少し^^
なお若輩のため、専門からは突っ込みが入るかもしれません(汗)

まずイデア論から確認しますね。
イデアっていうのはそのものをそのものたらしめてるものです。
たんぱく質に犬のイデアが内在してたら犬(笑)
綺麗なものが綺麗なのは綺麗のイデアを持ってるからです(美のイデアっていうけど)
で、昔人間は魂だけでイデアばっかのイデア界にいたんですが、
何らかの事情で、地上におっこって肉体にとじこめられるわけです。
そうなるとかつてのイデア界のことをすっきりさっぱり忘れちゃうんですが、
イデアを持ってるものを見ることによって、ふとイデアのことを思い出したり
するわけです。これが想起です。

で先にミュトスについて話してしまうんですが、ミュトスというのは作り話とか神話の
ことで、イデア論がでてくる中期にはいっぱいあります。
で、主に語られるのは生前の行いの死後での応報なわけです。
ようするに生きてるうちにいいことしとくと、死んだ後、もしくは生まれ変わって
いい思いができるよ、というやつです。有名なのは国家篇の最後、エルの物語ですかね。
これは魂の不死と深く関係してます。ということはイデアとも関係してるわけです。
いい行いというのは、まぁイデアに近づくこと、あるいはイデアを見ることです。

でも輪廻転生を土台として善い行いをすすめるというのはおまけ的なものだ
という解釈もあります。のでミュトスを省いて考えると、
イデアと倫理というと真っ先に思いつくのが国家なわけですが
国家の構成としては、まず個人の正義について論じられ、その考察の手段として
類比的な国家論に発展します。で、善のイデア論をはさんで、最後に個人の善との
照らし合わせ+ミュトスという感じです。
そこでは正義とは何か、について論じられるのですが、こわごわ言い切ってしまうとそれは徳だとされてます。
この徳は人間の魂の向きが正しい方に向いてることなわけですが、これを引き起こすものは知ること、教養であります。
でその知の対象はというと真実であり、イデアです。

余談ですが正しくすることがためになる(ためになるって微妙なことばですね^^;)という
ことについては国家論冒頭ケパロスとの対話にもあるように、正しい事を為す=幸福
という考えがあると思います。
国家において考えると、国家のうちの一部の人間を幸せにするのではなく、みんなを幸せにするのが正義です。不正だと一部だけになっちゃいますから。
で国家のうちにおいてそれぞれの人がそれぞれの持ち前にあったことをするのが
いいわけです。これは節制、勇気、知恵の3つに分類されますが、これが行われている
状態が正義とされます。
で、これを魂にスライドさせていわゆる魂の3分説となるわけです。
魂において3つの部分がそれぞれ自分の仕事をしてるとOkですが、この3つが知性の制御によらず
内乱しているのが不正なわけです。
実は不正が幸福かについては僭主に関して議論があるんですが、まとめにくかったのでパスを・・。


乱暴にしますと、正しいということを知っている人は正しいことをする、
という主知主義的な側面もプラトンは持つので、イデアを知ることによって正しいことを
なすことができ、それは幸せである、とも言えますし
イデア界を見ること自体が幸せであるともできます。
イデアは善のイデアによって統括されるように善いものですから、これに近づくことは自分自身が善くなることなわけです。
正しく生きることはイデアを知ることによって為され、またその目的もイデアであるということになります。

また善のイデアに限っては「このイデアに関わる人のあり方そのものを根拠づける力であり、イデアへと人々を向かわせる根拠でもある」とされることがあります(加藤信朗先生より^^)

以上だーらだら書きましたが、適当にピックアップしてください^^
実は問題が、善ではなく正であり、ためになる、という言葉のためにかなりやりにくいものでした^^;
ので趣旨が違ってしまっていたらごめんなさい。国家を読み返してしまいましたし。
まぁ可くらいとれるんじゃないかと(汗) ではでは。些細な参考にでも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご多忙のところをありがとうございました。
助かりました。テストまでぜんぜん勉強しなかったので・・・

お礼日時:2002/01/23 08:16

以下引用ですが


●Aが自分の情報を周囲に放出する
●BがAの情報を受け取る
●Bが「Aの情報を受け取った」という情報をAに送る
●AがBからの情報を受け取る
●以上の行為を互いに連続的に繰り返す
これによりこの世界の物体は成り立っている、というのが”イデア論”です。
つまりあなたが正しく生きることが周りによい影響を与え、あなた自身にもよい影響として帰ってくると言うことです。
「情けは人のためならず」の本来の意味に近いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

端的でわかりやすい回答をありがとうございます。
まったく勉強していないのでイデア論が何かさえわかっていない私にとってはかなりわかりやすくて助かりました!字数の制限にも合うようにほかの方にいただいた回答をたして、何とかテストに備えたいと思います。
ぱんきょうで苦しむとは・・・って感じですが。頑張ります!!ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 19:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラトンのイデア

プラトンの「イデア」について教えて下さい

Aベストアンサー

たとえば綺麗なお姉さんがいたとします(笑)。
何も知らない人から見ればそのお姉さんはただ綺麗なだけですが、実は心にドス黒いモノを持っているかもしれない。
また、気のおけない家族や友人は、そのお姉さんが抱えている内面的な問題や葛藤をいろいろ知ってたりもするでしょう。
さらに、審美観が異なる人から見れば、「あんなのどこが綺麗なのかわからない」となるかもしれません。
つまり実世界の具体的事物は、見方を変えれば(お互いに矛盾する)色々な姿を持っているわけです(多姿性という)。
それに対しイデアは、そういう感覚事物のある特定の属性を取り出し、普遍化したものです(単姿性という)。
たとえば「綺麗」とか「優しい」とか「好き」とかいう抽象概念ですね。
これはある単一の、矛盾しない属性しか持たない観念的な存在です。
たとえば「美」という概念がじつは心にドス黒いモノを持っていたり(笑)、人目を盗んで鼻毛を抜いてたりする、ということはあり得ません。
このように、プラトンは私たちが実際に目で触れる事物の裏側には、普遍的で抽象的な純粋概念があるのではないか、と考えました。
それがイデアです。

たとえば綺麗なお姉さんがいたとします(笑)。
何も知らない人から見ればそのお姉さんはただ綺麗なだけですが、実は心にドス黒いモノを持っているかもしれない。
また、気のおけない家族や友人は、そのお姉さんが抱えている内面的な問題や葛藤をいろいろ知ってたりもするでしょう。
さらに、審美観が異なる人から見れば、「あんなのどこが綺麗なのかわからない」となるかもしれません。
つまり実世界の具体的事物は、見方を変えれば(お互いに矛盾する)色々な姿を持っているわけです(多姿性という)。
それ...続きを読む

Qプラトンのイデア論の根拠について

プラトンが所謂現実世界に対して、それを支える超越的な世界をイデア
界として想定してしていますが、そもそもイデアの論拠とはどこにある
のでしょうか。
同じ超越的な対象を求めるにしてもキリスト教であれば、人間や自然に
対して「神」を唯一絶対の根拠としており、アリストテレスでさえ「第
一起動者」なるものを想定しています。
現実の根拠はイデア。では、イデアの根拠は?
皆様、よろしく御教示ください。

Aベストアンサー

> イデアは誰が何処に造った

という問題の立て方はちょっとちがうかな、と思います。そんなふうに考えていくと「イデア」の理解から遠ざかるような気がします。
なにものかがそこにある、という根拠は、誰がいつどこで作ったという証明以外にもあります、というか、イデアのように、そこにあることはわかっていても、感覚器官で知覚することのできないものは、そのようなやり方で根拠づけることはできません。

簡単に整理してみましょう。
イデア論の成立には、大きく言うと、三つの要素があります。

1.ソクラテスの「アレテー(徳)」の探求を受け継いだ、「徳の原型」としてのイデア
プラトンはこれを「正義のイデア」「美のイデア」として立てていきます。

現実の世界においてわたしたちが経験する美や正義は、いずれも「完全無欠」のかたちではありません。にもかかわらず、わたしたちは不正の要素の混入した正義から「正義」の存在をうかがい知ることができる。汚れた要素の入り交じった美のなかに、純粋な「美」を見て取るのはなぜか。

それはこれら現実の世界にあるものが「正義そのもの」「美そのもの」を分かちもっているのではないか。わたしたちの経験の根底には「完全な美」「完全な正義」というものがあって、それらのものは、そうしたものをおぼろげに想起させるのではないか。

2.認識の成立根拠としてのイデア

もしもこの世界が流動変化のうちにあって、恒常不変の要素を何一つ持たなかったとしたら、わたしたちはいったい何を認識することができるのか。たとえば「空が青い」というときに、「空」「青」という恒常的要素がなければ、わたしたちは空の青さを認識することもできないでしょう。

3.存在者の存在構造としてのイデア

すべて存在するものは、無秩序に、混沌として存在しているわけではありません。
どんなイヌもイヌという特性を持っている。かならずしも肉体の目で見られる形態や色とは関係なく、その「本質」、精神の目でみる形を備えている。そうしてその形が存在者の存在構造としての形相、イデアである。

つまり、人間はあることを定義することによって、概念規定を明瞭にすることができ、そのかぎりでイデアを思うことができる。すなわち正確な定義とイデアは一致する、とプラトンは考えたのです。
ここでプラトンはソクラテスの「徳」を一歩進めて、価値だけでなく、自然界をイデアの世界に論理的に結びつけていきました。

この回答は『西洋思想のあゆみ―ロゴスの諸相』(岩田・坂口他 有斐閣)を参考にしています。質問者さんの助けになるかと思いますので、ぜひご一読をお薦めします。

> イデアは誰が何処に造った

という問題の立て方はちょっとちがうかな、と思います。そんなふうに考えていくと「イデア」の理解から遠ざかるような気がします。
なにものかがそこにある、という根拠は、誰がいつどこで作ったという証明以外にもあります、というか、イデアのように、そこにあることはわかっていても、感覚器官で知覚することのできないものは、そのようなやり方で根拠づけることはできません。

簡単に整理してみましょう。
イデア論の成立には、大きく言うと、三つの要素があります。

...続きを読む

Qプラトンのイデア論

プラトンのイデア論っ何ですか?
教えてください
それを理解するために、何の入門書お勧めですか?

Aベストアンサー

簡単に説明しますね。

好きなアイドルや俳優の写真を持ってますか?
持ってなくても持ってると思ってくださいな。
(テレビ番組でも映画でもドラマでも何でも構いませんが写真で考えましょう)

でもその写真は本物のアイドル(俳優)ではないですよね。
写真のもととなってるアイドル(俳優)が真実で、
逆にその写真に写ってるアイドルは言ってみたら偽物です。

真実であるそのアイドル(俳優)本人がイデアなんです。
(イデアは真実。イデア界は真実の世界)
そして真実である本人の姿を見たことがないのに・・・
僕達はいつもその偽物(写真)を見て恋し焦がれる。
それでもその真実のアイドル(俳優)に憧れて、もっと知りたいと思う。
これがエロース。

つまりイデアは現象界(僕達が住む世界)における物のカタ。
アイドル(俳優)そのものがカタで、
現象界に住む僕達はカタで作った偽物(写真や映像など)しか見れないのです。。

簡単に言えばこれがイデア論です。
かなり省きましたが・・・。

※エロース:イデアを恋し慕う事
※ちなみに人間も一人一人名前が違うように十人十色。
つまりイデアに真実の唯一の人間がいて、そのカタを元に現象界でたくさんの人間が創られた。


参考URLも分かり易いと思います。
NO.4さんがお勧めのソフィーの世界もかなりイイと思います。
では哲学頑張ってください。

参考URL:http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/gakuFrame.html

簡単に説明しますね。

好きなアイドルや俳優の写真を持ってますか?
持ってなくても持ってると思ってくださいな。
(テレビ番組でも映画でもドラマでも何でも構いませんが写真で考えましょう)

でもその写真は本物のアイドル(俳優)ではないですよね。
写真のもととなってるアイドル(俳優)が真実で、
逆にその写真に写ってるアイドルは言ってみたら偽物です。

真実であるそのアイドル(俳優)本人がイデアなんです。
(イデアは真実。イデア界は真実の世界)
そして真実である本人の姿を見たこ...続きを読む

Q【哲学思想・構造主義】今の主流は何主義ですか?古代ギリシャのプラトン(イデア)→ニーチェ(ニヒリ

【哲学思想・構造主義】今の主流は何主義ですか?

古代ギリシャのプラトン(イデア)→ニーチェ(ニヒリズム=虚無主義)→サルトル(実存主義)→構造主義→?

今は構造主義の時代?

もう構造主義は古い?

構造主義ってどういう思想なのか簡単に分かりやすく教えてください。

今の主流主流思想も教えてください。

どういう思想の流れですか?

思想の歴史の流れも簡単に分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

OKWaveのマルチポストの質問にも回答がついてゐましたとほり、流行を追ふことではなく、自分で考へること、それが哲学です。特別変つたことが述べられてゐるわけでもなく、部分にこだはるなとか、主体性を持てとか、生きる意味はむづかしいとか、現実ではつかめないすばらしい世界があるとか、そんな常識的に考へられることがいかにも高尚な思想であるかのやうに、もてはやされてゐるだけなのかもしれません。

Qイデアについて

イデアについて質問です。例えば「醜いもの」があるとしてこの「醜いもの」は「美しさのイデア」の要素が備わっていないから醜いのでしょうか?それとも「醜いイデア」の要素をそなえているために醜いのでしょうか?

Aベストアンサー

この世の中はイデアの投影、つまり影ですから美しいと感じるのも、醜いと感じるのも心が通じるイデア次第ということですね。
プラトンのイデアは天国の意味ですから、イデアに地獄は含まれていません。地獄をアンチ・イデアと呼ぶと、美しいと感じるのも、醜いと感じるのも心が通じるイデアあるいはアンチ・イデア次第ということですね。
イデアという投影では、「「醜いイデア=アンチ・イデア」の要素をそなえているために醜いということになるでしょう。
アンチ・イデアという投影では、「美しさのイデア」の要素が備わっているから醜いとなるでしょう。
美しいか醜いかの感じ方は心の王国(イデア)次第ということですね。

ちなみに銀座の夜の蝶達を美しいと感じるか、醜いと感じるかはイデア、アンチ・イデア次第ということ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報