痔になりやすい生活習慣とは?

私は、このような人間とか社会の基本的なことを、過去の哲人たちの思索を
手掛かりに、一般大衆がよくよく考えるべきであると思います。
もはや、我々一般大衆が、力を持っていることを自覚するようになった、そ
ういう時代になったと思うからです。

現代人にとっての「善悪」は、絶対的なものが存在するわけでなく、移り変
わる状況の中で、その都度おこってくる問題との関連で、一人一人がどう生
きるのが最も善の生き方であるかを選択する以外にないという「状況倫理」
の考え方でとらえているのが多数派であろうと思います。

しかし、私はこの「状況倫理」という考え方は、信念を持とうとして持てな
かった結果であり、一種の諦めであるように思えます。

その結果として、地に足のつかない、軽薄で自己中心の社会になり、相互不信
と断絶の状況になっているのではないでしょうか?

今から思えば、倫理・道徳感の残っていた「昭和」と、昭和生まれの人間もそ
れを捨てつつある「平成」とを比べてみれば、歴然たるものがあると思います。

さて、絶対的な「善悪」というものは何なのかという「観念論」とともに、善悪
の基準を持つべきなのか、また、いかなる基準を持つべきかという「現実論」に
ついて、ご意見をお聞きしたい。

質問者からの補足コメント



  • 無責任はいけないけど、こういう雰囲気も、昭和ですよね。

    No.10の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/05/13 08:59

A 回答 (14件中1~10件)

>また、いかなる基準を持つべきか



お礼欄を拝読すると、これはもう結論が出ていますね。責任を持つこと。可能な限り長期的な視野で。
無責任、場当たり的責任の取り方は、「悪」ということになりそうです。
平成の様々な失敗を前にすると、そう言わざるを得ないでしょう。
責任を取ることを前提に、それぞれが多角的に議論を戦わせられるようになると、次の世代はうまくいくかもしれません。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「責任を持つこと」が「善」であると?

むむっ。

責任を持つ…という事は、要は「世のため人のため」に自己をいわば「犠牲」
にするという事ですからね。

お礼日時:2017/05/13 08:49

カントを始めとする大陸哲学は人類共通の善があると想定して、それを希求してきました。


一方、マイケルサンデル等、20世紀の哲学者は、正義にはローカリティ―がある、すなわちキリスト教の正義とイスラム教の正義は別のもの(=同じである場合は否定しないが)として考えるべきとの立場をとりました。

私は、古いタイプなのかもしれませんが、男の善悪、女の善悪が有っても良いと思いますし、有能な者の善悪、無能な者の善悪が違っている可能性を否定しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マイケルサンデル等の「コミュニタリアリズム」という思想を最近知りました。

大変興味深く、チビチビ勉強しております。

正義にはローカリティーがあり、コニュニティー同士の正義のぶつかり合い、あ
るいは、複数のコミュニティーに属することの多い現代人にとって、どのような
優先順位をつけるべきか、等の議論がなされているようですが、私は、正義と正
義がぶつかること自体が、その正義に「誤り」が含まれているのではないかと、
今は考えています。

男女の善悪に違いがあって当然と思えますが、ぶつかるという事は、どちらかに
「エゴ」があるだろうという事です。

「有能な者」「無能な者」の違いは、現実社会において間違いなく存在します。
またこれは、ほぼ不変のものであるという認識が大多数かと思います。
私は、ほんの一部において、全く誤りであると考えています。
ともあれ、この両者の善悪の違いの傾向性を、私も感じています。

お礼日時:2017/05/14 18:05

時代を批判することの難しさは、時代の内にいくつもの世代が並存している事と、責任の所在を特定することが、自分の祖父母や父母、兄弟姉妹、自分、あるいは息子娘を批判する事になりかねず、世代間の分断を助長する危険もあるということと思います。



責任とは為した事に付随するものですから、時代という大きな見方において、未だ何も為していない若い世代に責任を求めるのは無理があります。しかし若いと言っても子どもでは無いですから、責任については十分意識してもらわないといけません。
一方で、戦前世代は敗戦の責を、現代日本の礎を築くと言う形で果たしたのではないかと思っています。
私が疑問に思うのは、バブルを起こした世代の責任についてです。彼らはどの様に責任を果たしたのでしょうか。問題にされている平成のバブル崩壊後の空気感、無責任、そう言うものの中核は彼らの生き方にあるのでは無いでしょうか。
私も特定の世代の責任というものを追求するのはこれが初めてですが、お話を聞いている内に疑問に思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「責任」ということについて申し上げれば、責任の所在を明らかにすることではなく、
また、責任を取るという事でもなく、大切なのは「責任を持つ」という事だと考えてい
ます。
強い責任感があれば、平素の行動が変わってくるはずです。
そうなれば、避けられる事故も少なくないでしょう。もっと多くの問題が解決できるで
しょう。

バブル崩壊の責任は、私は「銀行」がA級戦犯だと思います。ただ、多くの要素が複雑に
絡んでるのでしょうから、責任の所在は特定できないでしょうね。

また、戦争もそうですが、一般大衆に責任がありとするという事は、どうかと思います。

ただ、社会が悪くなったということは、これはいつの時代でも「大人」の責任です。しか
し、大人は責任を取らず、優秀な青年が時代を変えてきたと言えると思います。
現代は青年が元気がないので、我々壮年が頑張ろうじゃないかと思っているという事です。

これが、わたしの「責任感」でもあります。

お礼日時:2017/05/14 00:06

David_Rossiさん、これぞ哲学の話でしょうね。



「もはや、我々一般大衆が、力を持っていることを自覚するようになった、そういう時代になったと思うからです」
⇒その通りです。

「一人一人がどう生きるのが最も善の生き方であるかを選択する以外にない」
⇒そうです。

「その結果として、地に足のつかない、軽薄で自己中心の社会になり、相互不信と断絶の状況になっているのではないでしょうか?」
⇒そうでしょうね。

「善悪の基準を持つべきなのか、また、いかなる基準を持つべきかという「現実論」について、ご意見をお聞きした」
⇒そうですね~~。

私も戦後まもなく生まれてから、戦後復興、高度経済成長、そしてバブル崩壊と低迷した一連の国情を見てきて感じることがあります。
戦争による国崩壊の傷を、経済成長という新たな夢に替えて走りました。
しかし、結果的には、これはお金という豊かさに向けた暴走でしたね。

物質的な豊かさを得た裏では、人間として大切なものを捨ててきた、ということでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>物質的な豊かさを得た裏では、人間として大切なものを捨ててきた

哲学不在といっていいのでしょうね。

時代として、哲学を求める流れが一部あるのかもしれないと思っているんです。
それは、大企業のコマーシャルで哲学「的」な言葉が使われていると思うからです。

お礼日時:2017/05/13 23:36

補足について。

ああ、これはいいですね。しかし、これは逆説的に責任を取るということでしょう。無責任と言っておきながら、責任は自覚しており、後でどうにかするということでしょう。それに弟分に「彼女がいない」のは、兄貴分の責任なんでしょうか?(笑)。これは「俺のせいだ」と言って、慰めてやっているんだという気がします。私は出会ったことがありませんが、昭和にはそういう兄貴分がいたと聞いたことがあります。自分のせいじゃないのに、自分のせいだと言って、責任を取ってくれる人がいるんだとか。

本当の無責任は、責任を自覚していないというやつです。築地移転についての石原氏の答弁などは、その典型例です。彼が首長だった時に、問題はあったかもしれないが、部下を信頼するほかなかったという。しかし、そんな一大計画なら、長が自分で精査しないとならなかったでしょう。あれぞ、責任を自覚していなかったし、今も自覚していないというやつです。

世の中には深刻な事件もあります。しかし軽度の問題もあります。そして軽度の時点で対応すれば、傷が広がらないものも多くあります。程度が小さいものなら、雰囲気が大切ですよね。明るく責任を取れたらいいですけれどね。

前に新聞を読んだら、官僚の教育でミスを隠蔽しないようにというものがありました。ミスに対応せず、ミスを独特の言い回しで「ミスではない」と言って放置してしまう傾向があるんだそうです。減点になってしまいますからね。しかし問題が小さいうちなら、深刻なダメージを避けられるのです。

No10に補足すると、責任を取ること、ただし雰囲気は熟慮すること。こういうことになるでしょうか。
全部が全部、神風と切腹になってしまうと、時代は逆行してしまいますし、えらいことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれは、青島幸男の作でしたっけ。
昭和の文化は、とてもいいものだったと思います。

政治家だのお役人というものは昔から「無責任」という相場でしたが、
福島の原発の原子炉は日本という地震国に向いていないものだったそうです。
違うタイプの原子炉であればあの事故は起きなかったという事です。
ところが、このことを当時の菅首相も福島原子力発電所所長も理解していなかった!

これは、元原子力開発エンジニアであった大前研一氏の発言です。
いかに責任感がなかったか。

なんで、みんなこんなに楽をしたがるんだろうか?
社会全体のことを何故考えられないんだろうか?

ことが起きて、責任を取って辞職、これを延々と繰り返すつもりなんでしょうか?

お礼日時:2017/05/13 23:29

これは難しい問いですね。


そもそも私は善を知っているだろうか?
と言う問いが先立ちますし、どうすれば善を知る事が出来るのだろう?理知的な探求で知る事が出来るのだろうか?温情とも違う善というものをいかにして見つけ出せるのか?などの問いが次々と出て来ます。
そして、善を語る上で悪は無視できません。悪に染まっていては悪を知る事ができないし、私は悪に染まっていないと断言することも難しいです。善のことも悪のことも分からなければ善悪の対立を超えた次元に到達することもできないし、さて、どこから考え始めればよいのか、と。

善とは教わるものだろうか?生来に備わってるものだろうか?それとも人生を通じて次第に学んでいくものだろうか?
また、善は社会が担保している準普遍的な価値なのだろうか?

果たして人間は善く生きる事が出来るのだろうか?善を求めて生きる事は出来たとしても、善を体現することはできるのだろうか?
善はその様な意味でイデア的であり永遠の、手の届かぬ光であり、星のごとく方角を示しているのみで、人の生きる道を示す標であるだけなのではないか。

その様な善に向かう方向性を、人間は内在させているとしたら、その内的なものの起源は何なのか?

人間の欲求として、人間らしく純粋でありたいとか、やさしくありたいとか、生存の苦しみから自由でありたいとか、そう言ったものを持っているが故に人間であり、人間になれたのではないか、とも思えます。
そしてどうしても人間らしくあれない所、つまり、獣の様な性質を残しているが故にに、人間らしさが際立って現象するのではないか、それがつまり、善というものなのではないかと思いました。

状況倫理と言うのは所謂処世術に近いと思います。一方、善は人間の根本的欲求にかかわる、人間として・・・という切実なことなのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

改めてあれこれ考えますと、人間は生まれつき善悪の枠組みのようなものは
持っているように思います。

赤ん坊の時には、自分を守ってくれる人、笑顔を向けてくれる人などは「善」
で、よく理解のできない不安を与えるようなものは「悪」である、と。
つまり、全く自己中心的なもの。

それが成長とともに発展をしてゆくものであると。ですから、人間にとって
「善」とその反対である「悪」は後天的に学んでゆくものであると思います。

その「善悪観」は社会から与えられたものといえるわけですが、だから他律
的なものと断ずることができるのか?

所詮は、何かを信ずることによって「善悪」が人間の中に生まれるのではな
いか?

などなどと考えております。

お礼日時:2017/05/13 08:40

追記。

しかし立場が違えば、理解は異なるかもしれませんね。

昭和的権威主義が、何も考えず、負の遺産を平成世代に残したと考える態度もあるでしょう。この結果、平成世代が対応しきれず、状況倫理という形でしか対応しきれていない、という言い分もあるのかもしれません。例えば、原発設置、築地移転問題、国の負債などです。あるいは自分の町の箱物、意味不明な道路計画など。これら昭和的権威主義が作った問題の対応に、平成の世代が右往左往し、状況倫理でしか判断できていないように追い込まれたとも言えます。

平成の側からすると「あいつらのせいだ=自分たちのせいではない」という納得の仕方になるのかもしれません。
昭和の側からすると「自分達ならもっとうまく対応できたはず」ということになるんでしょう。
引き継ぎがうまくいかなかったのですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう事もおおいにあるのでしょうね。

無責任と無責任のぶつかり合いで。

お礼日時:2017/05/12 23:33

>相互不信と断絶の状況になっている



これが一つのポイントだと思いました。確かに昭和の頃、平成の最初の頃は、共通の価値観が何かしっかりとあった気がします。それが良いように働かなかったこともあるでしょうが、少なくても、共通の倫理があるという安心感はありました。
しかし次第にそれは揺らいで行きました。

私が思う理由は次のようなものです。
・ネットができ、情報化社会になった。多様な価値観の人が発言するようになり、共通の価値観が定めにくくなった。
・一つの価値観を定めていた権威が揺らいできた。ネットが権威の失態を暴露していったことも重要な要因である。
・政府に対する批判も多くなり、政府もカジュアルになった。総理大臣がマリオの格好で世界の前に登場するなど。
・大企業は不景気の中で権威を失墜させ、外資系や、ベンチャーの方が伸びてきた。一流企業の倫理に従っていれば間違いないと言えなくなった。倫理の有無は関係なく、あらゆる企業が沈む可能性がある。
・年功序列が崩れ、正しいことを定める人が、倫理判断について経験が少ない若手になった。
・一言で言えば、下剋上的な現象が多く起き、誰の価値観が絶対的な安全牌だと言えなくなった。

この結果、昨今の「洗練された態度」とは、自分の正義感など取るに足らないものだと斜に構え、状況に応じて倫理観を変化させるということになりつつあります。これはカントの態度に似ていますが、実際は違います。さほど熟慮しないのです。なんとなく自分にメリットがあるとか、今はまだ深刻な危機が露呈していないから対応しないでいいや(問題が発覚した時の責任者に任せた。だってその時に問題が起きてもさほど悪いことじゃないかもしれない)、とか。この程度です。軽薄を通り越して、無責任ともいえます。

しかし…権威が揺らぐことは、デメリットばかりでもありません。
・何が異常で何が正常かという境が曖昧になる。この結果、マイノリティに優しくなる。
・上の理由で、「いじめ」に対しては、まだ敏感になったと思う。昔は権威が言えば、誰も批判しなかった。
・権威が弱まると、下の方の自由も必然的に大きくなる。そこで創造的なことができるかもしれない。

結局、上の「洗練された態度」に基づけば、現実的に深刻な問題が起きない限り、まあ、いいんじゃないの、ということになるでしょう。しかし深刻な問題は果たして起きていないのか。原発対応のまずさなどは、その「洗練された態度」の産物だと思います。
(しかし原発を設置したのは、昭和的権威主義ではあるとは思います。昭和的権威主義があれば、うまく対応できたかと言えば、これもまた疑問です。担当者たちが、捨て身で特攻するくらいはやったかもしれませんが、解決に至るとは思えません。神風をやっても、昨今では解決する問題が少ないと言えます。)。

いずれにせよ、平成ももう直ぐ終わりですから、次の時代の適切な態度を考えていかないとならないかと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昭和の道徳感・倫理感が揺らいできた理由として、挙げられた種々の権威の失墜がある
というご意見には賛成です。
あえてもう一つ加えれば、男性そのものの権威の失墜ということが追加できると思います。

様々な権威の失墜の理由は、やはりネットの情報によるものが大きいでしょうし、男性の
権威が地に落ちたことも大きいと思います。
ということは、日本の社会は男性が威張ってきたということになるのでしょうか?

で、そのかわり、女性や若い人たちが威張り始めた、と言っていいと思います。日本人って
威張ることが本当に好きなんだなあと思う。
威張るけれども、責任を取ろうとはしない。これは、社会の柱が抜けたようなもんだと思い
ます。危険な状態だと思います。

しかし、仰る通り、権威が弱まっているので、いわば乱世的要素はあると思います。
創造的仕事のできる余地は多分にあると思います。
今の若い世代はリスクを嫌うし、頑張ることも嫌う傾向があるから、むしろ根性のある中高年
にそのチャンスがあるのではないかとほくそ笑んでいるわけです。

そうですね、平成も終わるんですねえ。時代はどう流れてゆくのか?

お礼日時:2017/05/12 23:27

No3です、お礼をありがとう。



感情的に訴えるのは
論理的な人間の常套手段ですよ。
そうしないと相手に入れないから。
でもまあ、
僕は感情的な人間になりたいので
嬉しい限りの評価です。

たしかに是正の手法が作られたのは
その問題が顕著になった昭和ですが、
ゆえに
昭和に幻想するのはおかしい、
と説明しました。

是正が必要なほどメチャクチャだったのが昭和だと
質問者さんも十分に認識されているようですが
なぜに「昭和に憧れ」るのですか?

確かに活気はあったでしょうね。
路上では平気で殴り合いの喧嘩するし
それが拡大して暴徒と機動隊です。
あ、上尾事件ってのもありましたね。
電車が来なければジッと待つしかない
と思っている僕にとっては
大変にエキサイティングな歴史ですが
暴力で訴えるという観点がいまいち理解できません。

強者が暴れまくって弱者は泣き寝入りの昭和の
いったいどこが良いのか理解不能です。
経済的な理由からですか?

まあ、聞くところによると
情緒的で下町チックな人間関係を懐かしむ趣はあるかもです。
ですが、
大災害にいてもたってもいられなくて個人でボランティアとかって
表に出てきたのは平成になってからですよ。
長屋に住んでいていやおうなしに近所付き合いをしなければならないのと
別に他人のフリをしていればいいのに、人助けの手を差し伸べるのと
いったいどっちが人間的に充実しているのでしょうね。

人間はある程度年齢を重ねると故郷なりに戻りたがるものですが
どうもそのようにしか見えません。
怪しい人工甘味料タップリの駄菓子とか「美味しかった」と
懐かしんでいるだけにしか見えません。
僕が、リアルでそういうものを知らないからかもしれませんが。

東京湾のヘドロですが
ここまで第二次産業が衰退している今の日本で
いったいどこの企業がそんなものを出すんですかね?
非常に興味がありますので
ぜひリソースを開示ください。
東京および東京湾周辺自治体の怠慢を糾弾すべきですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>感情的に訴えるのは論理的な人間の常套手段ですよ。
そうしないと相手に入れないから。

一理あると思うが、相手をカッカさせて自分の有利になるように持っていっているのかな
と、思われないかな?
そういう事をする人は多いし。このカテでもね。

あなたの「昭和観」は、ダイジェスト版、(しかも悪いところをデフォルメしいいところを
カットした)を読んで、それをそのまま信じちゃったという感じだね。

これが、正式な歴史の教科書であっても、なかなかその時代を読むという事は難しいと思う。
我々は、江戸時代とか戦国時代の一般大衆が実際どんな感じで暮らしていたかは、史実の集積
だけでは理解できないだろうから。

体験してなきゃ分からないよ。
例えば、喧嘩はしょっちゅうあったけど、大抵は止められて「つかみ合い」で終わり。今は、
マウントして殴り殺すでしょ?
暴走族・ヤクザはそうねえ、派手にやっていたと言えるけど、今のヤクザは普通の顔して、
目立たなく悪いことしているんじゃない?
暴力が日常化していたなんて、そんなの嘘。

とにかく、人と人が仲が良かった。近所の子供たちは全員集まって遊んでた。見えない顔があ
ると心配して呼びに行ったり。おじさん・おばさんも遊んでくれ、かわいがってくれたね。お
祭りなんていったらそれは楽しかった。

もちろん悪いこともあったし、記憶が美化されている部分もあるだろうけれど、楽しさ、安心感
は「圧倒的」だね。

私が知っている昭和世代は、一人残らず同じ意見です。あなたの周りでそういう事を言う昭和人は
いないの?

私から見ると20代・30代の世代の人の「昭和観」は画一化されていると思う。
つまり、「昭和は悪い」という意見には疑いなく賛同し、昭和人の意見を聞こうともせず、つまり
「検証」しないで、結論している。全く論理的態度でないよね。

何故そうなのか?私は考えたね。
そうしておかないと、馬鹿にできないからじゃないのかな?自分を偉くしておくために。

お礼日時:2017/05/12 15:18

絶対的な「善悪」というものは何なのかという「観念論」とともに、


   ↑
善悪については、時代によって変わらない普遍的な
かつ立ち位置によって変わらない絶対的な善悪が
ある、という考え方があります。
キリスト教の考え方です。
全知全能の神ですから、善悪も神が創った、
その神は一神教で完全絶対ですから、善悪も
普遍的なモノでなければなりません。

これに対し、善悪は人間との関係で決まる、とする
考え方があります。
全知全能の一神教を採らなければ、これが自然です。

民主制は、少し前までは何処の国でも悪い思想でしたし、
ワシントンは米国では建国の英雄ですが、英国では
反逆者です。




善悪の基準を持つべきなのか、
  ↑
持つべきではないし、そもそもそれは不可能です。
絶対的な善悪を持てば、それに反する考え方は
総て悪になるからです。
それをやったのが社会主義国家です。
だから、社会主義国家は、自国民を大逆殺
できたのです。



また、いかなる基準を持つべきかという「現実論」に
ついて、ご意見をお聞きしたい。
    ↑
そもそも善悪という概念は社会を維持する為の
ツールです。
社会の維持にとってプラスを善、マイナスを悪
と名付けただけです。

要は社会の秩序が維持できるかが重要なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

キリスト教は絶対神の前では人間は木偶に等しいという事ですから、
愛を説いてはいますが人間主義とは言えないと思います。

社会主義における「善悪」はどういうことになるのでしょうか?
社会主義が失敗したからと言って、「善悪」の基準を持つこと自体が
悪であるという結論は、どう考えても真とは思えません。

また、人間は「善悪」から本然的に離れることはできないとも考えられます。

大乗仏教は「人間主義・生命尊厳主義」です。
これを「善」とし、これに反するものを「悪」とするならば、万事OK
だと思いますがどうでしょうか?

お礼日時:2017/05/12 14:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教育哲学

教育の本質ということで「教育哲学」という言葉を思いついたのですが、
すでに学問の領域として存在していたことを知りました。

現代の日本において教育は、実利のみを動機とし、目的としていると思い
ます。これは、教育が欲望達成のための道具に成り下がっているというこ
とで、あるべき姿ではないと考えます。

教育の本質、つまり、社会は個々の人間に何をおしえるべきであるのか?
また、広く教育についてのお考えをお聞かせ願えれば幸いです。

Aベストアンサー

>教育の本質、つまり、社会は個々の人間に何をおしえるべきであるのか?

食糧の調達と保存と加工方法、それに栄養学、あとは哲学を教えるべきです。
上記を無償の義務教育として、それ以外は有料の選択科目とすればよいでしょう。

>また、広く教育についてのお考えをお聞かせ願えれば幸いです。

教師の収入・生活を確保するための議論は排除して、個人が自由に教育を買えるようにすることが重要です。
教育を買うだけのカネがない人達には、食糧の調達と保存と加工方法、栄養学、哲学だけは無料で(税金んで)教えるようにしましょう。

Q不可知を 未知と分けて――哲学なら――用いなければいけない

不可知も まだ知られていないこととしては 未知でしょう。

では わざわざ不可知と言うのは どうしてでしょうか?

定義してください。

Aベストアンサー

#76です。

1.
>☆☆ 非知
☆ のほうが だいたいほかの方法よりよさそうだと言おうとしています。

了解しました。

>でも 哲学する人は ぶらじゅ何とかというどこの馬の骨とも分からないや
つが 非知を言い始めたと知って ほかの方法を考えようとするでしょうね。

いえいえ、そうとは限りませんよ。
☆ 非知
に関しては、
☆ のほうが だいたいほかの方法よりよさそう
といった謙虚なるご見解は不要で、
むしろ、それしかないと言えるほど稀有の視点ですよ。
少なくともわたしはそう認めています。
ただし、人間存在の最終原因とか、神とか、摂理とかいったように、その思考の対象がすでに定まったものに対して適用するのは妥当とは思われない。
つまり、
『 過去、人間は、未知・既知といった経験事象としての概念の他、知り得ないと判断する思考現象としての不可知という概念を操ってきた。しかし世界には、知り得るか知り得ないかが知り得ない、と言わざるを得ないような [ 何か ] は常に存在しているのであり、それは 非知 とでも呼ぶべき対象なのである。』
といった脈絡で採用されるべき視点ではないか、と思う次第。

2.
そのあとの記述も精査しましたが、
>★ つまり、連続説の場合も、(ⅲ)の内容については大いに同意するものです
が、
 ☆’《とはいえ、経験事象が そうしたナゾの影響を受けていることもまた事実
 である》
★ といった続きがあるわけです。
☆ この《続き》は 一たん非連続(つまり 淵があって超えねばならなかった)
を認めたあとの《手続き》としてなのです。さもなければ 《無限》が 有限世
界と地続きだとなります。

☆超えねばならなかった
ものではなく、あくまで、当初から並立しているもの です。
こういった内容に象徴されるように、すべてが 非知を大前提にした論理展開 となっていますよね。
なぜ、非知でなければならないのか?
ここが示されない以上、弱いのではありませんか?

3.[ おまけ ]
>☆ というのは 《絶対の隔たりが 〈無限〉と人知とのあいだに ある》と認
めた上でそのあと それでも わたしは連続説に立つのだという宣言なのです。

違います。
あくまで「宇宙の摂理の象徴としての神」の場合にはですが、
☆絶対の隔たり
は当初から認めていません。
よって、
>★ ここで〔☆ こそ〕また連続・非連続の論議に舞い戻ってしまうわけで〔☆
それに関しては〕やはり見解の相違と判定するのが妥当じゃないですかね。

といった甘言に篭絡されるいわれもありません、ということになりそうです。

>★ むろん、この場合の「直接」は、一般の経験事象同士における直接とは意味
が異なることは、128回ほど申し上げているので、すでにご承知のはずでしょ
うけど。
☆ 鯉の滝登りではありませんが 一たん有限から無限の夢幻境へと論理で駆け
上ったからには その《精神の軌跡》を抜きにして この《直接》の意味内容を
考えるわけには行きません。でしょう?

★原因が分かったとしても、その原因に対する原因が永遠に付きまとうので、最終原因は永遠に不可知と言わざるを得ません。
という言及に関して、
・原因=有限での経験事象
・最終原因=無限の夢幻境での事象
のように分けてお考えなのだと思います。
しかし、
★原因が分かったとしても
という表現は、
「あ、これだ!」のように
★原因が分かったとしても
といった意味ではありません。
★原因に対する原因が永遠に付きまとう
というのは、論理的合理性に基づいて、つまり、これだけで成立している命題なわけです。
説明上、例として挙げることはありますが、経験事象としての原因を必須の要素として必要としているわけではない、という点にご留意いただければと思います。

#76です。

1.
>☆☆ 非知
☆ のほうが だいたいほかの方法よりよさそうだと言おうとしています。

了解しました。

>でも 哲学する人は ぶらじゅ何とかというどこの馬の骨とも分からないや
つが 非知を言い始めたと知って ほかの方法を考えようとするでしょうね。

いえいえ、そうとは限りませんよ。
☆ 非知
に関しては、
☆ のほうが だいたいほかの方法よりよさそう
といった謙虚なるご見解は不要で、
むしろ、それしかないと言えるほど稀有の視点ですよ。
少なくともわたしはそう認めていま...続きを読む

Qきのう、友人から、借りて 読んだ本があります。 この文章の意味がさっぱり、わかりません。わかる方いら

きのう、友人から、借りて
読んだ本があります。

この文章の意味がさっぱり、わかりません。わかる方いらっしゃいますか?

『文章を書き慣れた人は、いまわたしがもっともらしく述べたようなこころの中での手続きを、文字化する以前に頭の中である程度はすませておくものだ。
その場合にしたって、書けば、かわる、
のである。』


「考える力」をつける本、より。

Aベストアンサー

その文章は、多くの方が簡単に理解できそうですよ。
繰り返し、何度も本の頭から読み直すことで、分からない本も分かるようになりますよ。

Q人権感覚

https://youtu.be/qWamxYjbUbg

歌の歌詞の解釈に正解というものはないのですが、私の解釈によれば
あまりにも酷い男ということになります。

このように、「こいつは低い人間だ」と思うやいなや、態度をコロッ
と変え、平然と酷いことをする人が多いと思います、日本人には。

違う民族とか、全くの赤の他人ならばまだしも、同じ日本人で、会社の
同僚に、友人に、婚約した相手に、家族に…

私には、全く理解できません。

皆さんの周囲でもこのようなことはあったと思います。
どう理解すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

いや、仔細を省かせてもらいますが、自分が今まで目撃した中で、最悪のいじめを思い出しました。
結論だけ書きますが、なんというか、他人をおもちゃにすることで、自分が超人の立場に立ったと思う人がいるんですね。この高揚感は麻薬みたいなものです。そして一旦、この感覚がおかしくなると、「それくらい、いいじゃん?」と言い出すんです。ちょうど中毒者が、意味不明なことを言ってでも、依存しているものを手に入れるのと同じことです。

こうなった人とは、もう話はかみ合いません。「傷つけたらごめんね、あははのは」っていう感じになります。テキトーに謝り、テキトーに叙情的な話を一席やれば、相手は感激して、ころっと騙されるだろうなんて考えます。

流行りの手口は、お金を払って合法的に、相手にうんと言わせるものです。『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』って映画がありますが、株屋たちが、美しいブロンドの女の人のほっぺを札束で叩いて、頭を丸刈りにします。元は他人の美を汚したいという欲求です。しかしサディストよりも卑劣です。自分は一切、リスクをおかしません。お金で相手の合意を取り付けているんです。
つまり相手の心の隙に付け入り、弄ぶわけです。

しかし、加害者側が満足するってことは決してありません。超人になったような感覚は一瞬だけで、やはり当人は凡庸な人間だからです。だから次の快楽を求めて、悪事を繰り返します。
格差の拡大を背景に、こういういじめが、世の中多いです。

いや、仔細を省かせてもらいますが、自分が今まで目撃した中で、最悪のいじめを思い出しました。
結論だけ書きますが、なんというか、他人をおもちゃにすることで、自分が超人の立場に立ったと思う人がいるんですね。この高揚感は麻薬みたいなものです。そして一旦、この感覚がおかしくなると、「それくらい、いいじゃん?」と言い出すんです。ちょうど中毒者が、意味不明なことを言ってでも、依存しているものを手に入れるのと同じことです。

こうなった人とは、もう話はかみ合いません。「傷つけたらごめんね、...続きを読む

Q本当に戦争放棄は人類の理想でしょうか?現在の人類が有るのは戦争のおかげとも言えるのではないでしょうか

本当に戦争放棄は人類の理想でしょうか?現在の人類が有るのは戦争のおかげとも言えるのではないでしょうか?

戦争が無ければ、人類は怠惰になり、ゴリラやチンパンジーとさして変わらない生活を送っていたのではないでしょうか?

確かに平和で良いかもしれませんが、それが、人類の理想でしょうか?

Aベストアンサー

確かに、そういう面は否定できません。

次のような言い方をする人もいます。

原始以来、人は常に競い合い、凌ぎ合い、いのちを賭けて戦った。
その闘争本能と生存本能のせめぎあいの中で、人は知能を磨き
力を養い、心と体を鍛え、一面で道徳律を築き上げた。

カントも次のように言っています。

戦争は、国民に数多の困難を与えながらも、それを乗り越えて戦い抜く
ことで、国民を崇高な存在にできる。
平和は、商人気質を旺盛にするが、卑しい利己心、怯儒や臆病の風を
はびこらせ、国民の心意を低劣にする




確かに平和で良いかもしれませんが、それが、人類の理想でしょうか?
   ↑
戦争が無かったら、人類はここまで繁栄しなかった
でしょうね。
ネットだって軍事技術でした。

殺し合いをしながら繁栄の道を選ぶか、
平和に浸って、衰退滅亡の未知を歩むか。

戦争を肯定するなんてタブーになっていますから
まともな議論も行われてきませんでした。

Q同じような内容について、何回も執拗に質問される方は、どのような性格や心理なのでしょうか?

このカテを興味深く眺めています。
ところで、同じような内容について、何回も執拗に質問される方がいらっしゃいます。
その方は、どのような性格や心理なのでしょうか?

Aベストアンサー

>その方は、どのような性格や心理なのでしょうか?

回答を読む気が無い、あるいは回答を理解する能力を欠いているのでしょう。

その人は、回答から学ぶ姿勢は無く、自分の投稿および、回答へのお礼欄を使って自己主張を繰り返すのが目的だと思います。
きっと、実社会で相手にされないので、サイバー空間で憂さを晴らしているのだと解釈できます。

Q無謬性

人間は本然的に無謬性を求める、と言えると思います。
無謬性という概念は「信仰」につながると思います。

人々はかつては宗教にそれを見ました。「聖書の無謬性」などという言葉もあります。

現在は科学にそれを見ているのではないでしょうか?
わからないことがあるにせよ、科学的に証明されたものは「絶対に正しい」、と。

あるいは、人間は間違えるが、AIは絶対に間違えない、と。
そこから、AIに対する「神格化」の感情が急速に高まっていると思います。

しかし、AIは設定された条件内においては間違いはないと思いますが、その「条件」
の中に誤謬があるいは不完全性がありうると思います。

また、科学が証明したものは、宇宙の中のどの位置にあるのか?つまり、科学そのものの
無謬性は証明できるのか?

無謬性ということについて、あるいは無謬性と信仰について、無謬性と科学について、そ
の他、なんでも結構です、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

伝統的宗教が歴史の中で
人間にとっての社会を維持するために
直観的に正しいと思われる価値観の正当性の拠り所として
神もしくはそれに類する存在を土台にした無謬性を構築する必要があった。
というのは科学が未熟な時代を経ながら進歩せざるを得なかった
人類にとって避けて通ることができなかった必然の過程だと思います。
現代という時代は
そうやって積み重ねられた歴史の成果としての科学という客観的な拠り所によって
無謬性を検討できる時代にはなっていると理解していいのではないでしょうか。

物質科学の隆盛期にこじれた宗教と科学の関係も
物質科学の先に展開することが可能になった精神科学に照らして
整合性を検討することで新たな展開も期待できると思います。

科学の世界における無謬性においても人間の認識能力の構造的限界というものがあって
その閾値以下の部分においては信仰という拠り所の必要性はなくならない。
そしてその領域の拠り所を求められる局面もなくならない。
今のところそんなふうに考えています。

Qこの世界の行き詰まりを 三点突破だ!

A 国連に代わる――あるいは 並存してもよいはずですが――村際連合(インタ
ムライズム)によって世界を主導するシステムを!

1. 国家のレベルの国民政府による主導方式は もうふるい。
   ムラ(市町村)の市民政府がそれぞれ主役である。

2. ムラムラのネットワークが 世界をあたらしくつくりなおす。

3. 世界のムラどうしでムラ議会議員を互選する。

4. 世界中のムラムラのあいだで市民が互いに互いを知るようにする。
   つまり ひとの交流をすべてのムラビトがというほど推し進める。

5. いくらでも色んなよいアイディアを出し合ってこれを実行して行く。

6. 経済は それぞれのムラがインタナショナルなインタムライズムの場(市
場)へと企業それぞれを巻き込む必要がある。(連携でしょうが)。



B 《普遍神》論によって宗教という宗教の揚棄を!

7. 宗教にかんして オシへは二の次であって 個人の《わが固有の時》とし
ての信仰について それを一般論として知っておく。神は 普遍神だということ
だ。
  
8. すなわち わが固有の時に憩う《わが非思考の庭》なる信仰は類型として
だれにとっても 同じひとつであるということ。

  A. ブラフマニズム:梵我一如
   梵:ブラフマン・・・・・マクロコスモス。神
   我:アートマン・・・・・ミクロコスモス。霊我

  B. ゴータマ・ブッダ:無梵無我一如(=無神論)
   無梵:シューニャター(空)・ゼロ
   無我:アン‐アートマン;ニルワーナ

  C. ブディズム:仏仏一如(=有神論)
   仏:アミターバ・ブッダ(阿弥陀如来)
      / マハーワイローチャナ(大日如来)
   仏:タターガタ・ガルバ(如来蔵)・ブッダター(仏性)

  D. クリスチアニズム:霊霊一如
   霊:神・聖霊
   霊:《神の宮なるわれ》

  E. (プラトン?):霊霊一如
   霊:宇宙霊魂(プシュケー・コスムー) / 世界霊魂(アニマ・ムンディ)
   霊:《われ》

  F. 《もののあはれを知る》
   霊:かみ(超自然および自然)
   霊:われ(自然本性)

  G. ユダヤイズム:霊霊一如
   霊:ヤハヱ―;(エローホ=神)
   霊:われ

  H. イスラーム:霊霊一如
   霊:アッラーフ(イラーハ=神)
   霊:われ

9. このあたかも霊のつるぎによって世界をリセットしよう。




C やっぱし《アース役はつらいよ》の全国的・世界的大合唱で ハラスメント
について本人に自省させるのがよいのでは?

10. 何気なく ♪あぁ アース役はつらいよ♪ とつぶやけばよい。

11. パワハラ・セクハラ・あるいはイヂメに際して みんなで合唱へと持
って行くとよい。

12. 半分は 減るのではないか?
    半分は あたまも気持ちもすっきりするのではないか?
    世界へも広げよう。

13. 無理をせずに 生産性が上がるのでは?
    社会保障費が省けて 財政再建に寄与するのでは?
    つまり 健康年齢(健康寿命)が上がるのでは?

14. その情況にあって いま横になっている人たちの半分は やおら起き
上がって来るのでは?


☆ ご見解をおしえて ぐー。

A 国連に代わる――あるいは 並存してもよいはずですが――村際連合(インタ
ムライズム)によって世界を主導するシステムを!

1. 国家のレベルの国民政府による主導方式は もうふるい。
   ムラ(市町村)の市民政府がそれぞれ主役である。

2. ムラムラのネットワークが 世界をあたらしくつくりなおす。

3. 世界のムラどうしでムラ議会議員を互選する。

4. 世界中のムラムラのあいだで市民が互いに互いを知るようにする。
   つまり ひとの交流をすべてのムラビトがというほど...続きを読む

Aベストアンサー

Aについてです。
国と言うのはいつ頃できたのでしょうね。
現代は、インターネットによる横のつながりによって、新しい共同体や経済の形が現れて来ているように思います。
それがインタムライズムというものの具体的な現れになるのかなと、ふと思いました。一人一人の意見や意思をダイレクトに吸い上げ、ビッグデータとしてそれを人工知能が処理すれば、一人一人が持つ小さな望みを、全体に反映する事も無理ではありません。今まで切り捨てられたり矮小化されたりと不当な扱いを受けて来た市井の人々に、力を復権させられるかもしれません。

Q「よい文章」とはなにか?

嘗てフランスの近代詩人ステファン・マラルメは「白紙の上に絶対が宿る」といいました。

例えばここに一万円札がある。それで何かを買うということは、その一万円で買えたはずの他の品物を手に入れる可能線を全て放棄したことを意味します。

「選択する」ということは、ひとつを選ぶことによって残りの99の可能性を捨て去ることに他なりません。
逆にいえば一万円札をそのまま使わずにいる限り、そこには永遠に100通りの可能性が残されているということになります。

前回の質問でも述べましたが、「推敲」という言葉があります。
昔中国の詩人が詩句の一節を「僧は推(お)す月下の門」にするか「僧は敲(たた)く月下の門」にするかで悩んだという故事から来た言葉ですが、詩はもちろん声に出して詠むことを前提にされているのでしょうし、全体の音の流れの中で「推す」と「敲く」とでは随分感触が異なると詩人は感じたのでしょう。

しかし現にわたしたちはこの「推敲」という言葉も含めて、中国の詩を(当時の)中国の言葉(音/オン)で読んでいるわけではないし、大抵は外国文学イコール翻訳文学です。
同じ詩、同じ小説でも、訳者によってこうも違った言葉の選択になるのかという、ある種の驚きとも違和感ともいえる感覚は誰しも覚えがあると思います。

繰り返しますが、単に意味が通じればいいというのであれば、「推」(おす)であっても「敲」(たたく)であってもさほどの違いはないように思えます。ここで語の選択の基準となるのは、あくまでも耳に心地好い音の流れということなのでしょう。

以上のようなことをつらつら考えながら、いったいいい文章とはどのようなものを指すのだろう、と考えてしまうのです。

例えばこの質問文中に

「詩はもちろん声に出して詠むことを前提にされているのでしょうし、」という個所があります。

これを

「詩はもちろん声に出して詠むことを前提(と)されているのでしょうし、」

或いは

「詩はもちろん声に出して詠むこと(が)前提(と)されているのでしょうし、」
という風に書き換えることも可能です。

「推す」か「敲く」かの次元にこだわっていると、下手をするとなにも書けなくなるような気もします、一方で、このレベルから言葉の選択に対してこころを砕かなければ、もとよりよい文章を書くことなど覚束ないとも思うのです。

人は文章に対して何を(あるいはどこまで)求めているのか?そのようなことも含めて、お考えがあればお聞かせください。

尚お礼が遅れることがあるかもしれませんが、予めご了承ください。

嘗てフランスの近代詩人ステファン・マラルメは「白紙の上に絶対が宿る」といいました。

例えばここに一万円札がある。それで何かを買うということは、その一万円で買えたはずの他の品物を手に入れる可能線を全て放棄したことを意味します。

「選択する」ということは、ひとつを選ぶことによって残りの99の可能性を捨て去ることに他なりません。
逆にいえば一万円札をそのまま使わずにいる限り、そこには永遠に100通りの可能性が残されているということになります。

前回の質問でも述べましたが、...続きを読む

Aベストアンサー

NO4です。
お礼有難うございます。

少し、追記させて頂きます。


>「伝えたいことを、可能な限り正確に伝える。」のが目的ですし、
それが出来ているものが、「良い文章」と言うものだと思います。

「可能な限り正確に」・・・ではその正確さとは何によって計られるのでしょうか?
 ↑
「正確さ」は、筆者の「価値観」によって、量られる、と思います。

 文章を作成するのは、筆者であり、「記載すべき内容」は、
 筆者の頭の中に、あります。

 それを文章と言う媒体を通じて、他者に伝えようとする場合、
 自分の中の概念を、可能な限り正確に表現しようとします。

 詰まり、その表現が正確であるのか、妥当であるのか、の
 判定基準は、筆者にあります。



例えば店で品物を買う。

「これ幾らですか?」

「300円だよ」
「それは300円です」
「ん?300」
「おい、これいくらだっけ?え?300?300円ですって」
「そちらは300円になります」

品物の正確な値段300円ということを伝える文で、正確なものは上の中にありますか。
 ↑
その品物が、300円である設定は、筆者がするものです。
当然、その金額が妥当であるか否か、の判定も、筆者がします。

この一連の表現の、「どれが正確なのか?」は、筆者が判定し、
表現すべきことで、他者は関係ありません。

文章と言うのは、「伝達手段」ですので、基本的に、読者の存在を
前提にしていると思います。

そして書かれた文章が、読者にとって価値のあるものであれば、
それは「良い文章」だと思います。

例えば、日記のようなものは、筆者自身が、読者でもあります。
このような場合、筆者と読者が同一であるので、「良い文章」か否かは、
客観性を欠いて、解りにくい、とは思います。
そのような質問のつもりでした。

ご回答をどうもありがとうございました。

NO4です。
お礼有難うございます。

少し、追記させて頂きます。


>「伝えたいことを、可能な限り正確に伝える。」のが目的ですし、
それが出来ているものが、「良い文章」と言うものだと思います。

「可能な限り正確に」・・・ではその正確さとは何によって計られるのでしょうか?
 ↑
「正確さ」は、筆者の「価値観」によって、量られる、と思います。

 文章を作成するのは、筆者であり、「記載すべき内容」は、
 筆者の頭の中に、あります。

 それを文章と言う媒体を通じて、他者に伝えようとする場合...続きを読む

Aベストアンサー

No.25です。
前回でもう終わりにするつもりでしたが・・・

> ☆ この回答は 残念ながら 回答には成っていないと申し上げなければ
> なりません。
>
> ただの可能性を――そしてそのひとつのみを――言い当てた。だけのもの
> だからです。

それはおかしいですね。
貴方のご質問は
「同じような内容で何度質問しても しかるべき反論や批判が出ないのは 賛同したということでしょうか」
です。
ですので、「賛同してない例」を上げました。
1件でも賛同してないという例が挙がれば、「全ての『しかるべき反論や批判を行わなかった人』が賛同しているとは言えない」ということになります。(もちろん、その例が荒唐無稽なら別ですが。)
逆に、貴方の質問の回答として「賛同した」と言うには、「全ての『しかるべき反論や批判を行わなかった人』が賛同しているという根拠を示す必要がある」のです。もしくは、「賛同していない例は存在しない」ということを示すのでも良いでしょう。

また、あくまでも「可能性」であって、事実とは限らない、というご指摘かと思いますが、何しろ、私は「しかるべき反論や批判を行わなかった人」本人ではありませんので、可能性以外を指摘しようがありません。
「事実」以外不要、とのことでしたら、ご質問文に「私の過去質問に回答をした人、または、回答しないまでも見たことのある人限定で」と書くべきでしたね。

貴方の求める回答は何でしょうか?
互いに意見を戦わせ、議論をしたいのだと受け取りましたが、貴方の態度はそれと正反対に感じられます。
もしも、過去質問においてもそのようなやり取りしかないのであれば、回答者様たちは、それを不毛に感じて「しかるべき反論や批判」をする意欲を失ったのでは・・・と思いました。
まあ、過去質問を拝見してませんので、単なる感想です。

この回答にどのような返信をいただいても、私はもう回答はいたしません。
さすがに少々疲れました。
ご了承ください。

No.25です。
前回でもう終わりにするつもりでしたが・・・

> ☆ この回答は 残念ながら 回答には成っていないと申し上げなければ
> なりません。
>
> ただの可能性を――そしてそのひとつのみを――言い当てた。だけのもの
> だからです。

それはおかしいですね。
貴方のご質問は
「同じような内容で何度質問しても しかるべき反論や批判が出ないのは 賛同したということでしょうか」
です。
ですので、「賛同してない例」を上げました。
1件でも賛同してないという例が挙がれば、「全ての『しかるべき反論や批判...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング