英語教材のうち、スピードラーニング、マジックリスニング、ピンズラーに興味があります。

自分なりには、
スピードラーニングとマジックリスニングは、「聞き流すだけで、聞き取れる」感じの教材で、
ピンズラーは「集中して学習(listen)する」教材と考えています。

これら教材の、併用も視野に入れての効果的な使用方法、また個別の体験談など、ぜひご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は趣味として(生涯学習として?)英語を楽しんで勉強している者です。

スピードラーニングも経験したことがあります。スピードラーニングを聞いていたときはlisteningが上達したと自分では感じました。
いまは、ピンズラーを勉強しています。聞き流すだけよりは自分で話すことができるので役に立つと思います。最近では(今、ピンズラーIVまで言っています。)英語を日本語に訳することなく聞き取れるようになったかなと思います。(ほんの少しですけど・・・)
語学は毎日聞いたり話したりすることが上達への早道だと思います。
楽しくなければ長続きしませんから楽しんでください。
では、私なりの感想でした。

この回答への補足

質問すみません。
スピードラーニングでの「学習法」は、ただ聞き流すだけでしたのでしょうか?いわゆる、ながら勉強でも効果は期待できるのでしょうか?

補足日時:2006/03/10 00:23
    • good
    • 0

広告で宣伝するほど効果はないと思います。


どうしても肝心の英語よりも日本語が頭に残りやすいので、最初は日本語付きで、次は日本語なしというようにできると また違うんですが。

参考URL:http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=la …
    • good
    • 0

補足します。

確かにスピードラーニングは聞き流すだけでした。でも、私は聞き取りには役に立ったと考えています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語教材スピードラーニング

たびたび思いますが、良く
新聞や、芸能人など、TVCM等やっておりますが、これって効果あるのかしら??

本当に英語を話せるようになるのかしら???

お金ばかりかかってしまいますよね???

Aベストアンサー

わたしはネイティブと結婚しています。 日本に住んでいますが夫婦の会話は英語です。

教材はどのようなものであれ、聞くだけでは、当然ですが話せるようにはなれません。 たしかに聞くことは大切ですが、話す練習をしないと話すことはできないです。

現実のネイティブの英語というのは、わたしでも聞き取りが難しいです。 教育で使われる教材は、ネイティブが話していても、外国人(英語非話者)に聞きやすいようにアレンジしています。 機会があれば、イギリスのロンドンで放送されているLBCラジオは、インターネットでもストリーミング配信されていますから、きいてみてください。 スマホでも気軽に聞けます。 このラジオは、london biggest conversationといって、ナレーターと視聴者がいろいろな話題に関して、電話で話しているものです。日本にいると英国の放送はインターネットラジオしかないので、妻は四六時中きいていますが、きかれるとわかりますが、たぶん、全然わからないと思います。 逆にこれをきいていると、教育用に使われている教材の英語が、バカなたいに簡単に聞こえるものです。

外国語に近道はないです。 たえず努力するしかありません。 日本にいると、英語で話すことがまったくないですから、ヒヤリングと同時に、話す訓練が必要です。 相手がいないと難しいですが、それでも、独り言を英語でいうようにして練習もできます。 また、インターネットでは30分200円ぐらいだせば、フィリピン人でネイティブではないですが、オンライン英会話もありますから、そういうものを利用して、話す練習をしたほうがよいです。

ネイティブの英会話教室は、話す練習とおもったほうがよいです。 ネイティブと一緒にいたところで、本人が話すことをしないと、会話は続きません。 これは日本語でもおなじです。 ともだちと話すのに、趣味の共通性やフィーリングがあわないと、会話は続かないもので、これは、外国語で話していても同じです。

誤解している人が多いのですが、ご自身の日本語能力以上のものは、外国語でも発揮できません。 話下手の人は、外国語でも話下手になります。 日本語を100と仮定すると、外国語では、その半分も発揮できないのが普通です。 日本語であろうが英語であろうが、「言葉」という点は同じです。

わたしはネイティブと結婚しています。 日本に住んでいますが夫婦の会話は英語です。

教材はどのようなものであれ、聞くだけでは、当然ですが話せるようにはなれません。 たしかに聞くことは大切ですが、話す練習をしないと話すことはできないです。

現実のネイティブの英語というのは、わたしでも聞き取りが難しいです。 教育で使われる教材は、ネイティブが話していても、外国人(英語非話者)に聞きやすいようにアレンジしています。 機会があれば、イギリスのロンドンで放送されているLBCラジオは、インタ...続きを読む

Qスピードラーニング(ФωФ)

スピードラーニングで英語の成績は上がりますか?
楽して英語の成績を上げたいです(〃∇〃)

Aベストアンサー

宣伝しているように、聞き流すだけじゃなく、

まず英文を全部理解して、
音声と一緒に発音もして、
スラスラと口から出るまで何十回も同じ英文を繰り返して、
そこに出て来る単語は全部頭に入れて、
知らない単語は分かるようになって身に付ければ、

スピードラーニングで英語の成績が上がると思いますよ。
あれは、そうやって使うものです。
聞き流すだけでさらに伸びる人は、もともと相当な英語力のある人です。
そういう人がターゲットなんです。
楽して英語の成績をあげたいなら、文法書を何度も何度も読み返して覚える方が楽ですよ。
これでだけで学校の成績は格段にアップします。あとは単語も。

Qスピードラーニングって効果ないんですかねぇ?

石川遼は「(英語が)わからないのでそれはいい方向に働くかも」と前向きにとらえた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130131-00000007-sph-golf

Aベストアンサー

私は、高校程度の英語能力で単身渡米して 今では英会話は、息を吸うようにできますけど
あれは、本を見つめてブツブツいって覚えられるもんではありません。
学校の教科書はクソの役にも立ちませんでした。

一応SR聞いたけど、本読むよりかはマシな程度です。 もうちょっとネイティブな人は砕けた会話をする。
めったに外人と話す機会のない一般人が四六時中日本語訳付きのナチュラルスピードのリスニングができるのは
まあいいんじゃないですかね。

SRに出てくる山田さん一家は小学校の子供までエイゴペラペラでお隣に引っ越してきたアメリカ人と
対等に話していること自体がからりすごい設定ですけどね。

Q「スピードラーニング」で英語をしゃべれる?

「スピードラーニング」で英語をしゃべられるようになった人、いますか?

Aベストアンサー

スピードラーニングは教材の一つとしては有効だと思いますが、それだけでは話せるようにはなりません。
スピードラーニングの概念は、聞こえるようになったら話せるようになるということですが、本当は逆だからです。話せるようになったから聞き取れるようになっているのです。
もっと分かりやすく言うと、人間の耳は自分の口で発音したことのない言葉は聞き取れない構造になっています。
例えば、日本語であったとしても知らない土地の名前を早口で言われたら聞き取れないことがありますよね。でも一度自分で言ってみてそういう言葉があるのだと認識してしまえば、どんなに早口で言われても聞き取れるのです。これは母国語でなくても同じことが言えます。
なので英会話を勉強したいのなら、本城式英会話がおすすめですよ。これまでとはまるで違う学習法を提案しているので目からウロコだと思います。

Qスピードラーニングはどのくらいで洋画がみれるほどになるんでしょうか?

ゴルフの石川遼選手が広告塔のスピードラーニングを最近cmなどでよく見るようになりましたが、
あれはどれくらいの期間で洋画が字幕なしで観れるくらいにまでなるんでしょうか?

初級編・中級編・上級編と、分かれていますが、やはり上級編までやってでしょうか?
それとも初級編でも極めることで、上達するんでしょうか?



体験した方、詳しい方。またその他知識がお有りの方のたくさんの回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

スピードラーニングのものではないのですが、英語学習で一般的にどのくらいの学習時間が必要か、目安になる数字があります。
http://www.icconsul.com/qanda/03/01.html

TOEIC900は、字幕なしで洋画を見てわからないところもあるけれども、だいたいは把握できるレベルだと思います。ほとんど英語ができないレベルからそこに行くまでに2000時間×1~3倍の学習が必要だと言うことですね。ただ、実際には2000時間くらいの学習でTOEIC300の人が900になることは、まずありえません。3倍の6000時間でいければかなり順調な方で、1万時間くらいはかかるのが普通だろうと思います。スピードラーニングであろうと、他の教材であろうと、これは変わりないと思います。

スピードラーニングは、英語と日本語を交互に吹き込むことで、テキストを読まなくても聞くだけで学習ができるという教材だと思います。聞き流すだけで学習できるので、電車の中とか車の運転をしながらでもできるため、時間を取りやすいというのが「売り」です。

通勤に1時間半かかる人が、毎日平均3時間、スピードラーニングを聞き続けると、1日の学習時間は3時間です。それで、先の順調なケースで6000時間をこなすのにはどのくらいかかるか計算してみると、5年半になります。

ただ、スピードラーニングは日本語と英語が交互に録音されているわけですから、実際に英語にふれている時間は、その半分。ということは、11年と考えるのが妥当でしょう。また、実際には聞き流すだけでは記憶に定着しにくい、解説がなく日本語訳だけでは英語の理解がしにくいという問題があり、もっと時間がかかるでしょう。

スピードラーニングの教材の内容がどんなにすぐれたものだとしても、このくらいの学習時間は必要だと思います。それなら、よけいな日本語が入ったテープを聞き続けるよりも、NHKのラジオ講座などで解説をしっかり学習した上で、スキットの英語だけを聞き続ける方が、効率がよいように思います。

ただ、学習習慣がない、学習方法もよくわからない初級者にとっては、ともかくたくさん聞くことで英語力をつけようとするスピードラーニングの方針は、悪くないと思います。中学や高校でまじめに英語を勉強した人なら、それで200時間くらいやれば、簡単なリスニングはつくのではないでしょうか。それで多少でも成功体験ができれば、スピードラーニングにかぎらず、さらに学習を続けていきやすくなるでしょう。

スピードラーニングのものではないのですが、英語学習で一般的にどのくらいの学習時間が必要か、目安になる数字があります。
http://www.icconsul.com/qanda/03/01.html

TOEIC900は、字幕なしで洋画を見てわからないところもあるけれども、だいたいは把握できるレベルだと思います。ほとんど英語ができないレベルからそこに行くまでに2000時間×1~3倍の学習が必要だと言うことですね。ただ、実際には2000時間くらいの学習でTOEIC300の人が900になることは、まずありえません。3倍の6000時間でいければかなり順...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報