72才の母ですが、8月より眼球突出、結膜充血、ものが2重に見える等の症状が出てきまして12月に、脳神経外科にて先天性の右頚動脈海綿静脈洞瘻(けいどうみゃく・かいめんじょうみゃく・どうろう)と診断されました。
症例の少ない病気の様なので、専門の医療機関も少ないかと危惧します。
知りたい事は、
1.東京都内又は埼玉県・神奈川県でこの病気に沢山の症例を持ち経験の深い医療機関ないし専門の先生をご存知であれば教えて下さい。
2.その他、この病気の治療に関連して参考になるいかなる情報でも、教えて下さい。或いはinternet上の情報で参考になるサイトあればお知らせ下さい。
アドバイス 宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 手術例のURLがありました。



参考URL:http://www.hosp.pref.chiba.jp/sawara/45/noukekka …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療機関のレントゲンなどの保管について

医療機関などで、
>診療録(カルテ)は医師法24条により記録後5年間(フィルム類は3年間)の保存が義務付けられている
そうですが、例えばレントゲンなどの記録は3年の義務を過ぎた場合、スペース不足や余りに時間が経過し利用頻度の低い記録は病院(診療所なども含む)が処分するといったケースもあるのでしょうか?
また加えて、レントゲンなどの記録物は、現在イメージングプレートを用いたデジタルデータだと思いますが、どのようにして混同や改ざんなどを防いでいるのでしょうか?

Aベストアンサー

9mm_bullet さんは「病院(診療所なども含む)」という書き方をしていますので、
かなり医療関連のことについては詳しい方と思います。

たしかに法律上はそうなっていますが、多くの医療機関では、
それ以上の期間において保管しているはずです。
長期間にわたり来院をされていないような患者さんについては、
例えば5年以上の来院がなければ廃棄するような基準を設けているはずです。
実際には長期間にわたり、来院を続けている患者さんの場合は、
廃棄しないで保管しているはずです。

デジタルデータに関しては「DICOM」という規格があります。
医療用画像データフォーマットの決め事で、
画像データだけではなく、撮影条件や患者情報まで入っています。
基本的には改ざん等はできない仕様ですが、
悪意のあるツールはあるようです。
一般的にはDICOM対応のPC(というよりもワークステーション)にて
観察するのが基本で、データをいじることは不可能です。
Windows PCでも閲覧できるようなソフトもありますが、
あくまでも閲覧しかできないような仕様です。

Q医療機関側の病気証明拒否について

誤解を招かないように最初に明記しておきます。
医療機関側が私の意思にそぐわない対応をしたのですが、病気証明書の記入を完全拒否された訳ではありません。

順を追って説明させて頂きます。

・8月頃~
自立神経の状態が非常に悪く、中旬頃に朝方近所の子供の異常な騒音で発狂してしまい、全身痺れを起こして救急車で今回議題としております病院(A病院とします)へ運ばれました。

この救急車で運ばれた前後辺りの期間が「病気証明を頂きたい箇所」の該当期間となります。

・9月以降
諸事情等割愛しますが、9月中旬頃から掛かり付けをB病院へ変えました。
仕事の方はあまりにも神経依存の体調が酷い為、9月からフルタイムの約半分で4時間未満のシフトになりました。
その為仕事時間の関係で、社保条件の時間が足りず国保へと切り替えております。

・10月中旬~
仕事時間の短縮にも関わらず、あまりにも神経状態が酷くもはや仕事も勤まらない程になりました。
10月いっぱいで仕事を退社しております。

・11月~現在まで
9月中旬頃からBへ掛かり付けを変えたまま、現在も神経の病院はBへ行っております。

・証明を頂きたい経緯について
今回は「傷病手当」を受ける目的として、「A病院」での病気証明が必要となります。
現在のB病院へ問い合わせた所、窓口へ出して頂ければ受診無しでも2~3日程で書いておけますよ、と言われました。
しかし該当期間の掛かり付けがA病院であったならば、B病院の方では書けませんと言われました。

9月から社保を抜けてしまっている為、それで傷病手当を受けられる期間は救急車で運ばれた前後の「8月分」の該当期間のみ、です。

・私側の言い分
傷病手当絡みの手続きは、中には動けない程重病の患者も居ます。
なので代理人が行ってもできる手続き、と伺っております。
実際にB病院では窓口提出で2~3日で書けると伺いましたし、病院側としてはそこまで病気証明を拒む理由も無いと思うのです。

A病院へ問い合わせたやり取りを簡単に書きます。

先生へ確認した所、最近受診が無いので予約を頂いて、まずは受診で様子を見ないと分からないとの事。
尚且つ仮に受診しても、様子次第では絶対書けますとは言い切れないとの事。
私側が(本当はB病院からの話ですが)会社側から窓口提出で2~3日でも書ける物と伺った、と話してみた所、先生がそういうのだからこちらは何もできないの一点張り。
どうしても予約を入れて受診をしないと書けない上、絶対に書けますとも言い切れないとの事。

・A病院が不当拒否だと思う根拠
傷病手当の証明を頂く手続きは代理人でも可能です。
なので「必ずしも受診しなくてはならない」と言う義務はない筈です。
諸事情割愛の為詳しくは書きませんが、私側としてはもうA病院での受診を受けたくない理由があります。

せめて「後程確認します」や「直接お持ちになって頂ければ、確認を取ります」ならばまだ分かるのですが、確認をする姿勢も見せずに「先生が拒否だから」の一点張りで拒否されるのは、私には不当拒否にしか思えません。

それに「8月中の事」の病気証明です。
「今現在」の病気証明ではありません、それなのに「今現在の様子を確認する為」に受診をしなくてはならない理由になるのでしょうか。

私は行政書士を目指していた時期もありますので、こういう質問を見掛けた場合は「法テラス」の案内や具体的な法律の提示をする事が多いです。
ただ私も弁護士に頼ったり、裁判で訴訟するような気はありません。
退職の時点でお金が無いので費用の掛かる事はできません……それで傷病手当も受けたい程ですので。

それ以外での解決法等ございましたら、どうか皆様のお力をお貸し頂けますでしょうか。
長文失礼致しました、宜しくお願い致します。

誤解を招かないように最初に明記しておきます。
医療機関側が私の意思にそぐわない対応をしたのですが、病気証明書の記入を完全拒否された訳ではありません。

順を追って説明させて頂きます。

・8月頃~
自立神経の状態が非常に悪く、中旬頃に朝方近所の子供の異常な騒音で発狂してしまい、全身痺れを起こして救急車で今回議題としております病院(A病院とします)へ運ばれました。

この救急車で運ばれた前後辺りの期間が「病気証明を頂きたい箇所」の該当期間となります。

・9月以降
諸事情等割愛しますが...続きを読む

Aベストアンサー

恐らく質問者様が請求されておられるのは、「傷病手当金支給申請書」では無いかと思います。

この書式であれば、「従来の職種について労務不能と認められた医学的な所見」についての記載が必要です。

この記載については、まず従来の職種についての正確な情報が必要です。
例えば、てんかん発作を生じた場合、タクシー運転手であれば「労務不能」と判断できますが、タクシー会社の事務職であれば「労務不能」とは言えません。

また、「労務不能と認めた期間」の記載も必要ですので、病院受診時以外の日々の生活状況の情報も必要です。
仮に過換気症候群であれば、過換気発作を起こしていない時は普通に暮らせますので、「労務不能」の判断するためには、それなりのしっかりした根拠が必要になります。

さらに、傷病手当金に関しては、後になって保険組合の方から調査が入ることがありますので、「労務不能」と判断した根拠が、第三者評価に耐える程度に、詳細にカルテ上に記載されている必要があります。

すでにカルテに書かれていることのみで、「労務不能」の判断が容易であれば話は単純です。
その意味では、指摘された「動けない程重病」であれば「労務不能」の判断も簡単にできます。
しかし、現在カルテに書かれている内容のみでは、要求されている期間を「労務不能と認めた期間」とすることが困難な場合は、従来の職種・労務不能と認めた期間等の情報をカルテに記載するための受診が必要となります。
また、電子カルテでは、入力した日時も記録されますので、受診せずに新たな情報をカルテに入力することは困難です。

また、そうして受診して提供していただいた情報によっては、ご希望の期間を「労務不能と認めた期間」とできない可能性もあります。
ということで、受診前には「絶対書けますとは言い切れない」としか言いようが無いものと思われます。

恐らく質問者様が請求されておられるのは、「傷病手当金支給申請書」では無いかと思います。

この書式であれば、「従来の職種について労務不能と認められた医学的な所見」についての記載が必要です。

この記載については、まず従来の職種についての正確な情報が必要です。
例えば、てんかん発作を生じた場合、タクシー運転手であれば「労務不能」と判断できますが、タクシー会社の事務職であれば「労務不能」とは言えません。

また、「労務不能と認めた期間」の記載も必要ですので、病院受診時以外の日々の生活...続きを読む

Q健康診断の料金 医療機関による差はどこからですか?

昨日、就職用に健康診断を受けたら、2万円かかりました。
通常健康診断は1万円ほどと聞いていたので驚きました。
一般的な検査の他に、職場からの指示で抗体検査も3つ受けたので、その分がかなり高かったようです。
人に話したら、保健所なら安くで済むとのことでした。また、安い病院を探すべきとも言われました。

ある市のホームページで、
Q 医療機関より(保健センターの)地区会場の方が安いのはなぜですか?

 地区会場では、時間や場所が決まっており、その時そこへ多くの人が集中して受診に来られますので、1人当たりの委託料が医療機関よりも安くてすみます。ですので、自己負担も安い金額で受診していただくことができます。

という情報を見つけたのですが、私は健康診断も、ひとつひとつの診療行為に診療点数がつくのでどこで受けても同じものと考えていました。
そこで質問なのですが、
(1)保健所の健康診断では診療点数とは全く別の計算方法で料金が決まっているのでしょうか?
(2)医療費は診療行為ごとに点数がつき、各病院の利益の差は患者の数と診療行為の組み合わせ(同じ症状でもどれをいくつ行うか)で決まるという私の認識は間違っているでしょうか?(今回は会社から検査項目が指示されていたので、どこで受けても同じだと思っていました)

考えたら、初診料の自費10割2700円だけでも公的機関と差があるのですが、公的医療機関を利用するという考えが浮かびませんでした…

保健所で受けたらいくらだったのかは週が明けたら問い合わせようと思いますが、料金体系までは聞きづらく、こちらで相談させて頂きました。

それからこれはタイトルの質問とは関係ないのですが、夕方に病院へ行ったところ、できれば午前中が良かったとのことでした。昼食は採らずに行ったのですが、良くなかったのでしょうか。他の病院のホームページに、午後のほうがゆっくり受けられるとの案内がありそうしてしまったのですが…上記二つの質問に加え、回答して頂けると幸いです。

よろしくお願いいたします。

昨日、就職用に健康診断を受けたら、2万円かかりました。
通常健康診断は1万円ほどと聞いていたので驚きました。
一般的な検査の他に、職場からの指示で抗体検査も3つ受けたので、その分がかなり高かったようです。
人に話したら、保健所なら安くで済むとのことでした。また、安い病院を探すべきとも言われました。

ある市のホームページで、
Q 医療機関より(保健センターの)地区会場の方が安いのはなぜですか?

 地区会場では、時間や場所が決まっており、その時そこへ多くの人が集中して受診...続きを読む

Aベストアンサー

>(2)医療費は診療行為ごとに点数がつき、
診療点数というのは、健康保険を使った保険資料の時に使うものです。
健康診断は保険を使った診療行為ではありませんから、診療報酬点数による費用計算にする義務はありません。
また、診療報酬点数を利用して計算を行った場合にも、1点10円で計算する義務もありません。
また、自費診療には消費税が課税されますから、保険診療より高くなります。

>どこで受けても同じだと思っていました
自費診療ですから、任意の金額を定める事が出来ます。
また、文書料は医療機関で違うことが多いです。
医師会などで、一定金額に申し合わせをしたら、それはカルテル行為になり違法です。

保健所で行われる健康診断が安いのは、常勤の医師、看護婦を雇うコストや建物、医療機器の維持コストを考えると一般診療期間とのコストが違うのが判ると思います。

>夕方に病院へ行ったところ、できれば午前中が良かったとのことでした。
病院によって、勤務体系が違いますし、検査を外注に出す時間も違います、

Q医療機関から別の医療機関へ問い合わせ

患者の個人情報・診察履歴などについて、
医療機関から別の医療機関へ電話で問い合わせをしたら、
答えてもらえるものでしょうか。

電話をかけた方が医療機関を名乗っても、その電話では証拠もないわけですから、
書面による問い合わせでなければ、答えてもらえないような気もしますが、
どうなんでしょうね。

Aベストアンサー

緊急時以外は答えません。
答える必要がある場合は、折り返しになります。
通常は診療情報手提供所や紹介状などを使います。

Qリハビリ症例報告の例はありませんか?

STの学生です。症例報告書を書く必要があります。その際、全体の構成などを知るため、症例報告書の具体例がみたいと思っています。

何を調べれば、症例報告の具体例がみれるかご存知の人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは!

下記ホームページ参考にしては?

1 http://www.akanekai.jp/Independence%20of%20food%20intake.html

2 http://www.tl-medicine.com/syourei012.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報