オプション取引をはじめる場合
どの程度の自己資金が必要か
また、どのような流れで実際に売買できるのかを
(証券会社名、オンライントレードはできるのでしょうか?)
などを、おしえてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 オプションは基本的に個人投資家は買いしかできません。


 これはコールのみということではなく、コールorプットの買い方になれるだけで、それぞれの売り方にはなれない、ということです。
 オプションに対する知識をどの程度お持ちなのか判らないので、オプション自体に対する説明は致しませんけれど、これによりとにかく保持し続ければどんどん価値が減衰していくのみであり、オプションのみでこれのリスクヘッジを取ったり、良くデリバティブ系の本にあるような戦略も、ものによっては取ることが出来ませんので注意が必要です。まあ、今でしたらETFの売りで代用する、という手はあるかもしれません。ただしその場合もETFにはレバレッジは効きませんので結構難しそうですが。
 それはともかく、オプションの購入は基本的に現物のみ、ですので資金で言えば最低1,000円から投資は可能です。勿論そのような低金額では、実際のところ手数料分稼ぐのは困難です。
 行使価格から遠い金額のオプションは価格も安い代わりに当然ながら価格の上昇も少なく儲けるまで上がるには余程日経平均(特に先物)が動かなければ駄目でしょう。
 そういう意味ではやはり行使価格に近いところが比較的やり易いでしょうし、そうなると数十万の資金はあった方が良いと思います。
 ただし、オプションは本当に0円になる可能性も充分にありますので、それでも良いや、と思える金だけを注ぎ込むべきです。日数としても基本的には日ばかり、絶対に自信があってもワンオーバーナイト(翌日売り)に留めるのが無難です。これも買い方は一日毎に確実に損をしていく構造になっていますので。
 取引ではオンライントレードは出来ます。と言いますか、実際オプションを行なうのであればオンライントレード及びブロードバンドは必須でしょう。ぼく自身以前大相場の際にネット注文が入らないためにほんの2、3分で5万円以上(買った値段も5万円)儲け損ないました。
 今のお話でも明らかな通り、取引を行なうとしたら基本的にはザラ場相場を見続けられる環境がないとこれも厳しいでしょう。オプションでオーバーナイト程大きなギャンブルはありませんし、おそらく何処でも指し値注文しか受けない筈の上、金額は常に大きく動いてしまいますので、電話でやるにしろネットでやるにしろ最新の価格をフォローできないと売り損なうリスクも大変に大きくなります。
 ぼくが口座を開いている松井証券では、まずは普通の証券口座を開けば、続いてオプションの口座を開くことが出来ます。その際、リスクに関する確認のため電話でヒアリングはあると思いますけれど、これで駄目になることはあり得ません。本人が納得しない、とでも言わない限り。そうすれば後は普通の株式をやりとりするのと同様にネットで買い注文を出し反対売買をして決算する、という流れになります。何も変わるところはありません。
 違うところと言えばご存じでしたら余計なお世話ながら、毎月の第2金曜がSQ(特別精算日)になり、この日のSQ値によってすべてのオプション(当限月の)が行使されるか0円になってしまうか決まってしまいますので、そのリスクを犯したくない、少しでも金にしておきたい、という場合にはその前日までに反対売買を完了しておく必要があります。
 その直前あたりになってくるとヴォラティリティが高くなり価格が乱高下します。この時期は一番の儲け所でもあり、もっとも博打場化してくる時期でもあります。
 手数料は松井証券の場合、取引金額×1.8%(最低3,000円)です。ですから売り買いで6,000円上がってとんとん、ということになります。
 ネットの情報では他に岩井、センチュリー、丸八、リテラ・クレアでもネットでオプション取引が出来るようです。手数料等比較してみても良いかもしれません。
 個人的には信用取引で日本一の扱いになっている松井はそれなりに信頼が置ける気はしています。完全にヘビーユーザー向けの価格体系なのでそうでないとメリットは薄いかもしれませんが。

参考URL:http://www.matsui.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
具体的でとても分かり易かったです。
オプション取引については東証で配布されている、
オプションゼミナールというCD-ROM
でつまんだ程度です
ザラ場は、会社のPCが太い回線でつながってるので
チラチラとは、仕事合間に見ることはできるのですが
2、3分で5万円ですか・・仕事にならないかもしれないですね
もう少し、本などで勉強したいと思います

お礼日時:2002/01/22 21:00

 オプションは、別に個人でも買い方ばかりでなく売り方にでもなる事は出来ますが、まとまった証拠金が必要になりますので、多くの個人投資家は買い方のみだと思います。


 しかし、オプションは投資額に対して値動きが激しいのは勿論ですが、もともと売り方にかなり有利に設計された商品です。 更に、相場があまり動かなければ買い方は更に儲けるのが難しくなります。
 普通の株などに投資されている人は、その銘柄が上がるか下がるかが当たれば利益をあげる事は出来ますが、オプションでは更にそれがいつまでにそうなるかという事が的中しなくてはなりません。(現物株であれば余裕資金であれば時間の経過は気にする必要はありませんが)
 それは普通は、取引されるのが直近の期日のものに集中しているので、長くて、1ヶ月で権利行使期日を迎えてしまうので時間の経過が非常に大きな要素になります。

 値動きが大きい点ですが、数分、数十分でプレミアム(株で云えば株価、つまり価格)が、数倍になったり数分の一になったりという事が普通にあります。(予測が外れたまま期日を迎えると当然に価値はゼロになる)
 これは、大雑把に云えば、例えば日経225のオプション1枚で指数の1千倍にした金額(想定元本)ですから、225が今1万300円位で、1030万円の株1株に投資しているのと同じようなものです。
 例えば、今日の終値でストライキングプライスが10,500円のコールが160ですから(1枚16万)これを今日1枚買っていたとして、明日日経225が終値で500円上げたとして、660(1枚66万)になるという訳です。(実際にはもっと色々な要素で価格が決りますから、この場合は多分これより安い価格になるのが普通でしょう)

 大抵のオプションの入門書を読むと、難しい数式など出てきますが、投資(投機)でやる場合は無理に理解する必要は無いと思います。 ある程度知識として流す程度で充分だと思います。 
 普通の個人投資家では、この数式に必要な係数を得難いし、リスクヘッジや鞘取り以外では使う事も無いでしょう。 

 前に回答された方が、オーバーナイトがギャンブルであるように書かれていましたが、私の考えは違います。(そもそもそれ程のリスクが取れないのであればオプション自体をやるのに無理があると思いますが?)
 さっきの例の場合で言えば16万の投資で、1千万の投資の利益を追求しリスクは16万迄だけ(買い方なので)で済む事を考えれば、買い方不利という事を考えても取るに足らない金額ではないでしょうか?
 当日の売買では上下幅もしれていますので利益も知れていますが、トレンドに乗っていれば、一日毎の時間価値の減少よりも大きな利益が得られるのが普通だと思います。
 むしろ素人が相場の刻々の値動きを追っていれば、相場の流れを見失い、あっという間に投資資金をスッてしまうのがおちでしょう。

 また、レバレッジが効く事は何の利益でもないと考えるべきでしょう。 利益も大きくなるかもしれませんが損失も大きくなるという事です。
 
 月に数十万程度負けても気にならないのでしたら問題ないと思いますが、ちょっとキビシイと思われるならばオプションは止めておくのが無難だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
月に数十万程度負けても気になるので
問題ありです・・・
でも、一度は、やってみたいと思います。

お礼日時:2002/01/22 21:07

 すみません。

一言だけ追加です。これも既にご存じなら要らん話ながら。

 とにかくオプションはテクニカルな取引(ほとんどの参加者がプロ)ですので、理論価格、IV、Δ、θ、γetc.の用語が理解できる程度の勉強は各種の参考書を基に行なわないと勝つのは唯のラッキーになってしまいます。平均株価がいくらになれば理論的にはいくら位になるのか、欲しいオプションの一日当たり価格減衰値(θ)がどの程度かなどはExceletc.を使って計算できるようにしておくと便利です。
 基礎的なところから勉強するには
 「実戦のためのオプション」田中勝博:著(シグマベイスキャピタル)
は大変役に立ちました。結構高いですが(4,000円+税)。もしオプションについてよくわからない、ということでしたらこれもなしで狙いにいくとしたらそれはもう丸腰で戦場に飛び込むようなものです。それでも儲かる時は儲かりますけどね。ぼくの初期はそうでした。その後その分におまけをたっぷり付けて取り返されてしまいましたが‥‥。

 さらに先物の研究やマーケットプロファイル分析etc.も日常的に使うかどうかはともかく知っておいて損はないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かさねがさねありがとうございます。

お礼日時:2002/01/22 21:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qeトレード、カブ・ドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券

eトレード、カブ・ドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券

為替のeワラントの売買をするために証券会社を選んでいます。
以下、5社で取り扱いがあるそうです。
eトレード、カブ・ドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券
どの会社がいいでしょうか?

証券会社を使った方、メリットやデメリットを教えてください。
(為替やイーワラントでなくても)同証券会社を使った方、書き込みお願いします。
たとえば、A証券よりB証券のほうが、○がよかったとか。×がわるかったとか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

手数料ではイートレード、いろいろな検索ツールを提供してるのはカブドットコム、ですね。

マネックスはもともと日興ビーンズで、その頃は使い勝手が良かったのですが、日興が離れてからは、手数料が高いように思います。

Qオンライントレードをはじめるにあたり

各社に資料請求をすると電話がかかってくるものでしょうか?

Aベストアンサー

中には電話がかかってきた会社もありました。イートレ、楽天、マネックス、センチュリー、協栄あたりは、今のところ(資料請求から半年~数年)電話はかかって来ていません。絶対に電話が無いわけでは無いと思います。
信用・先物・オプション取引の口座を開設しようとする場合にはヒアリングのために電話があると思います。
証券会社に直接問い合わせればいいと思いますよ。いまどきのオンライン証券会社は、電話が欲しく無いと言ってる見込み客に勧誘電話をして心象を悪くするような非建設的なことはしないと思います。

Qオンライントレードはどこの証券会社が良いでしょう?

初めて投資をしてみようと思っています。20代後半のアルバイトをしているものです。
50万円くらいしか無いのですが、これでオンライントレード
をしたいのですが、証券会社選びで困っています。
毎日取引をすることを考えているのですが、
毎日取引をするのに、手数料などが安くて便利な
証券会社がありましたら、教えて下さい。
いま、色々と調べているのですが、情報が多すぎて
何がなんだかわからなくなってしまって・・・
悩んでしまいました。
お恥ずかしいご相談ですが、なにかご返答をいただければ
幸いです・・・

Aベストアンサー

 毎日、というのが毎日複数回、なのか毎日1,2回なのか、によって安いところは変わってきます。
 松井証券は1日あたり3,000円というスタイルを取っていますので、1回だけだと結構高価ながら、何回も取引をする方にとってはかなり割安にもなり得ます。同様にEトレードもコース選択によって1日2,000円定額制に出来ますので、これも良いかもしれません。これは一か月単位で変更できます。
 また、一回ごとに料金を取るスタイルとしてはEトレードはかなり安い方だと思います。
 どちらも30万円あれば(現金の場合)信用取引を始められますので、理想的なのか地獄の入口なのかは判りませんけれどより手広く相場を張ることは出来ます。
 個人的には最初に松井証券で育ったせいか松井の取引画面及び情報画面が使いやすいようには感じられます。QUICKによるさまざまな情報も見ることが出来ますし。
 また、別途1,500円取られますけれど、松井の「ネットストックディーリングブラウザ」というのはリアルタイムで、主要指数値、登録した銘柄の現在値、選んだ銘柄の三文バイカイ(気配値:現在値近辺の売り指し値及び買い指し値)、最新ニュースなどが一画面に表示されます。リアルタイムでトレーディングをされるにはかなり便利です。
 なお、松井も一年間取引をしない人から取っていた口座管理料を取らなくなりましたし、他もほとんど取っていません。まずは口座を作っておいていろいろ実際使ってみるのも一法ではないでしょうか。やはり取引スタイル、個人的な好みによって違ってきますので。場合によっては松井で情報を取ってEトレードで取引をする、というような使い分けも有り得るかもしれません。と言いますか、ぼく自身近々そうしようと思っています。
 例えば、マネックスのように引け直前3分間取引が出来ない、というのは引け寸前に売り買いをすることもあるぼくにとっては致命的な不都合なので、ここで取引する気は今のところありません。

 毎日、というのが毎日複数回、なのか毎日1,2回なのか、によって安いところは変わってきます。
 松井証券は1日あたり3,000円というスタイルを取っていますので、1回だけだと結構高価ながら、何回も取引をする方にとってはかなり割安にもなり得ます。同様にEトレードもコース選択によって1日2,000円定額制に出来ますので、これも良いかもしれません。これは一か月単位で変更できます。
 また、一回ごとに料金を取るスタイルとしてはEトレードはかなり安い方だと思います。
 どちらも30...続きを読む

QEトレード証券のハイパーEトレード

ハイパーEトレードの12分割の画面で12銘柄をみていますがある銘柄を注文する時いち画面に変更します。
画面が変更されるまで5~6秒かかり板の状況がかなり変わっていることがあるのですがどこか悪いのでしょうか。
パソコンは苦手で機種も設定も業者まかせです。現在2台をつないでいて1台は更新して3ケ月です。

原因があれば教えてください助かります。

Aベストアンサー

ハイパーの問題も有ると想像してます。
私も大体同じ様な感じです。

基本的に ハイパーが重い理由
 ソフトの情報処理が多くて時間が掛かる(機能が多い)

少しでも 早く処理が出来る対策として
効果が有るかは 不明 試してない為

メモリーの増設 1G以上(私は1G)
CPU高速化 3G以上(私は2G)
Gボード 3Dゲームが 非常に快適に出来る
ボードに変更(私はオンボードのGボード)
通信速度(私はADSL2M程のスピード)
光りに変更(光りが来てないで何とも成らない)

以上が 個人的に 対策出来る所の様な気がしますが
何せ 全てにお金の必要な事で
効果が出るかは不明。
実際に試して見ないと解らない部分が多いし
感覚的な差も有るでしょうし
PCのスペックも解らないので断定は出来ませんけど
3ヶ月前とは言え スペック高=金額高の方程式ですのでお使いのPCの性能もどの程度か判断も難しいですね。

楽天のマーケットスピードの反応の方が早いですね。
松井の無料ツールも反応は早いですね。
ハイパーとの比較論の問題で。

個人的にはGボード増設で有る程度
解決するのではと思ってますが
余り 詳しくは無いので 見当違いかも知れません。

ハイパーの問題も有ると想像してます。
私も大体同じ様な感じです。

基本的に ハイパーが重い理由
 ソフトの情報処理が多くて時間が掛かる(機能が多い)

少しでも 早く処理が出来る対策として
効果が有るかは 不明 試してない為

メモリーの増設 1G以上(私は1G)
CPU高速化 3G以上(私は2G)
Gボード 3Dゲームが 非常に快適に出来る
ボードに変更(私はオンボードのGボード)
通信速度(私はADSL2M程のスピード)
光りに変更(光りが来てないで何とも成らない)

以上が 個人的...続きを読む

Qオンライントレードの証券会社

株の初心者ですが、10万円以下での資金でオンライントレードを始めようと思っているのですが、どこの証券会社がいいのかわかりません。 手数料が安くて信用がありセキュリティがしっかりしているところがいいと思っているので そういった条件にあった証券会社を教えてください。

Aベストアンサー

投資スタイル次第です。たとえばループトレード・サーフィントレードと呼ばれるような、10万円を元手に銘柄Aを買って売って、銘柄Bを買って売って、ということを1日の間に延々と繰り返すような投資スタイルだと1日の約定代金の合計が100万円位はすぐに行ってしまいます。一方、今日は銘柄Aを10万円で買って、おしまい、というのだと約定代金の合計も10万円です。

前者ならば、10万円単位で増えるので、岩井証券のような細かな手数料設定の証券会社が良いかもしれません。
後者ならば20万円まで手数料無料の丸三証券あたりがあります。しかし丸三証券は、無料にならない銘柄というのがいくつかありますので注意が必要です。また、これとは別に丸三証券は新規口座開設後2か月間はどれだけ売買しても手数料無料というキャンペーン機関があるので、これを先に使ってしまうのも損です。他に、10万円前後まで手数料無料なのは、松井、イートレード、エイチ・エス、などです。

信用(信頼性)はどの証券会社もそれほど違いません。資産の持ち逃げなどはまずないと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報