乗用車の、前輪が、パンクしまして、カーショップで今日修理しましたが、タイヤ専門店で、先日修理した時と違い、タイヤを、外さずに、装着したまま、チューブを、差し込んだだけでした。専門店では、外して、中から傘みたいなのを、挿してゴム糊を、使って固定しました。料金は、どちらも、¥2.000でした。今日の様な修理方法でも、【タイヤを、外さずに、装着したまま、チューブを、差し込んだだけ】心配ないのでしょうか?心配です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「外して、中から傘みたいな」も2000円でしたか。

それはとてもお得でしたね。



今日の方の方法ですが、ニシノ方式チューブレスト(http://www.tubelest.co.jp/tub/pro_out.html)これと全く同じでしたか?

全く同じものが個人DIY用であります(http://www.tubelest.co.jp/seihin/seihin_kojin.html)。 私はこれのエーモン版(http://www.amon.co.jp/good/cgi-ssi/shop/shop_det …)を使って1年ほど前に自分で修理しましたが、今でも全く問題はありません。

業務用とDIY用は同じ(http://www.tubelest.co.jp/tub/amon.html)ものですが、この、ニシノ方式(http://www.tubelest.co.jp/tub/pro.html)でしたら、良いのではないでしょうか。


引っ掛け式は、私も業者さんの施工の物で経験がありますが、よくなかったですね。私はこれは嫌いです。


DIYでは、自分で、マルニ工業株式会社 A-402(http://www.maruni-ind.co.jp/cgi-bin/tablemaker/s …)(http://www.maruni-ind.co.jp/challenge/c1.html)も使ったことがありますが、こちらは それこそ5年以上大丈夫でした。
しかし、ニシノさんによりますと、これもダメ(http://www.tubelest.co.jp/tub/personal.html)みたいですね。なるほど 「プラグ中心に挿入用の孔が空いているため、スチール層によりプラグが傷つけられると、そこからエアー流出を起こします。」 を読みますと、たしかにその通りと、説得力あります。マルニA-402は使いやすかったですし、5年以上も持ったので好きでしたが、私はこれからは使いません。マルニさんには、ぜひ改良バージョンを開発して頂きたいところです。


“傘みたいな”は、これ(http://www.tubelest.co.jp/seihin/new.html#pp)ですね。ニシノさんの 「プラグパッチ(内部本修理)」 です。 私はこれが、これ以上ないベストな修理方法だと思います。修理手順はこちら(http://www.tubelest.co.jp/tub/pro_inner.html)。業者さんでのみ施工可な、ニシノプラグの進化バージョン、プラグパッチです(http://www.tubelest.co.jp/seihin/new.html)。





☆実はタイヤって、ホイールから外して、付け替えるごとにいたむのです。一旦ホイールに付けてから、タイヤの寿命まで付けっぱなしであれば何の問題もありませんが、それをまた外したり、また付けたりするごとに、タイヤがいたみます。

タイヤにはチューブは入っていないことはご存知ですね。

ホイールに直接タイヤを付けてあるのですが、タイヤとホイールの間から空気が漏れないのは、タイヤとホイールが触れ合っている部分(ビード部)が きれいに密着しているからなのです。外したり付けたりを繰り返しますと、タイヤのホイールとくっ付いている“その部分”が傷んでしまうのです。

一番最初の新品時にホイールにタイヤを付けるときには、タイヤがいたまないように油のような保護剤をタイヤのホイールと擦れあう部分(ビード部)にしっかりと塗ってから取り付けますため、タイヤのいたみは最小限です。

しかし、月日が経つと、油の保護剤は乾燥し、ホイールにゴムのタイヤが固着した状態になり、それを無理やり剥がすわけですから、(すぐに空気漏れを起こすほどいたむかはべつとして、)タイヤにいいわけはありません。



そこで私がお勧めなのは、

パンクしたら、まずは、ニシノプラグ(http://www.tubelest.co.jp/img/new_2.jpg)で 自分でDIY (または業者さん)修理。 (ビード部の温存のため。)

もしそれで直らなければ、

今度は専門家さんにお願いする プラグパッチ(http://www.tubelest.co.jp/seihin/img/ph-plugpach …)です。(こちらの修理方法は一般的に、修理代は高いです。)




(もし今日の修理がニシノプラグでしたら) 今日の修理は、 DIYではありませんでしたが、『私のお勧め』通りの順番ですね。


ビード部の温存のため、そう悲観することはないのではと思います。しかし、ご質問者様ご心配の通り、空気漏れには充分に注意して下さい。今日修理したタイヤは、これからは日常的に目視して常に空気圧のチェックをした方が良いですね。
ロープロファイルタイヤでしょうか? {タイヤ直径に対してホイールが大きめのもの。ホイールと地面が近いタイプ(http://www.taiyakan.co.jp/lineup/lowpro/)。} 特に、ロープロファイルですと、空気圧が極端に減っていても、目視では分からない場合もあるようです。そのまま気付かずに乗っていますと、高速時にバーストの恐れもありますため、充分にお気を付け下さい。



それにしても、「中から傘みたいな」のプラグパッチの修理も2000円とは、本当に安いです。それほど安いのでしたら、次回からはすぐにそこのお店に行った方が良いかもしれないですね。
.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中の、回答有り難う御座います。色々とお調べ下さって、済みませんでした。エア漏れには、今後気を付けます。パンクしないのが、一番ですが、今後は、専門店を、使います。

お礼日時:2006/03/15 12:11

【タイヤを、外さずに、装着したまま、チューブを、差し込んだだけ】


GSや個人で修理する方法として一般的な方法です。

外して、中から傘みたいなのを、挿してゴム糊を、使って固定しました
こっちの方が高級な修理ですが、時間と器材と技術が必要です。(だから専門店なんですが)

特に心配しなくても大丈夫です。寿命まで使えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難う御座います。安心しました。

お礼日時:2006/03/15 12:03

外から差し込むタイプでも直ります。

大丈夫。
しかしタイヤを外して内側から修理する方が確実なので、同じ値段で内面修理してくれるならタイヤ専門店の方がいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座います。今度から専門店にします。

お礼日時:2006/03/15 12:00

ディ-ラ-でも差し込んだだけの修理をすることがあります。


差し込んだものは、ゴム糊が塗ってあって、奥が太くなっていたような。
で、引き出したときに固定されて、穴をふさぎ、出すぎた部分をカットする。 という手順だったとおもいます。
釘であなが空いたようなパンクはそうするのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の、回答有り難う御座います。安心致しました。

お礼日時:2006/03/15 11:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクロスバイクがパンク。パッチ修理で大丈夫?さらにタイヤ交換も必要?

クロスバイクがパンク。パッチ修理で大丈夫?さらにタイヤ交換も必要?

スペシャライズドのシラスに乗っています。
今朝、40キロほど乗って帰ってきたらパンクしていました。
調べてみると5mmくらいのとがった小石がしっかりと刺さっていました。
少なくとも出発時の空気圧は適正だったので、不運だったと
あきらめています。

とりあえずチューブ交換しましたが、穴の空いた方は
パッチ修理して再利用大丈夫でしょうか?

また、タイヤのほうの穴も気になります。
適正空気圧が800kpaほどと高めなので、ちょっと気になっています。
タイヤ交換もしたほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

 チューブがざっくり裂けたとかならともかく、その程度なら問題ないですよ。タイヤの方は空気を入れてみて穴の部分が極端に広がったりしないようでしたら、構造材でちゃんと支えられていますので支障有りません。

 私も中学~高校で住んでいたところが路面状況がよくなかったためによくパンクしていましたが、別に修理した部分が原因で再度パンクしたりすることは一切ありませんでした。空気圧が適正でなかったり石が刺さったりするのが主原因でしたね。

 パッチでマニュアル通りの修理手順で適正にやれば問題有りません。手順を省略したり、時間を短縮しようとしたりすることによって問題が発生することはもちろんあるでしょうから、その辺は慎重にしてください。

Qタイヤのパンクとパンク修理剤

どうもタイヤがパンクしているようです。
空気を入れるとタイヤは膨らみますが1週間くらいすると空気圧が下がっているのが目でみてわかるというようなパンクです。このような場合にはパンク修理剤のみの処置ですまして良いのでしょうか?
詳しい方がおられましたら教えてください。

Aベストアンサー

パンク修理剤は30年位前に使用しました。
ホイールバランスは崩れますし、完全な修理は無理だと思いますので、スタンド等で確認をするのをお勧めします。
もし御自分で石鹸もしくは界面活性剤等で確認できれば
パンク修理材で処理すれば安く上がりますけど、その修理材が開封後次回には固まってしまうので、スタンド等で修理するのをお勧めします。そのほうが確実で尚且つ値段的に大差ないと思います。
といいつつパンク修理材とエアーコンプレサーは所持しています。

Qパンク修理のパッチについて

自転車のパンクしたチューブの補修用にゴムのりで接着するパッチなどが市販されていますが、700cの自転車には一番小さなサイズでも幅が広すぎて一気に全部はれないため、端がうまくくっつきません。
そこではさみで切ってサイズを調整したいのですが、大丈夫でしょうか?パッチの端の部分はオレンジで縁取られていますが、あれは何か意味があってのことなのでしょうか?

Aベストアンサー

周りのパッチゴムは 柔らかく テーパー状になっていて フラットに貼りつき 柔軟性有るゴムで 剥がれ難い構造なのでしょう。

昔の パンク修理は 古チューブを 適度な大きさに切り取り使ってました。
ハサミで 切り抜きパッチを作るのですが 斜めに テーパーを付けて切り取ってました
これも パッチ周囲の密着性を良くし 剥がれ防止の為です。

真っすぐに切らずに 斜めに切って 貼ってみて下さい

Qタイヤ交換は可能?GS、カーショップ(タイヤ館、オートバックス、イエローハット等)自動車整備会社に勤務の方にお尋ねします。

 我が家にイセキ製の農業用トラクターがあり、古いマシンなもので前輪にヒビ割れが出ています。
 タイヤサイズは5.00-12 4PRの4輪駆動用ブロックパターン(山谷形状)でチューブ入りのものです。

 インターネットでそれに合うタイヤを見つけ、価格も手頃で購入を検討していますが、どうして交換するか考えています。
 いつも給油しているスタンドで(自動車整備もやっている)店のタイヤチェンジャーでトラクタータイヤの脱着が出来るか尋ねたのですが、ホイールがチェンジャーに適合すれば出来るかも知れない、工賃は\1500位と言われました。
 乗用車とトラクターではホイールデザイン、リム径、オフセツト等が違います。

 乗用車用のタイヤチェンジャーでトラクタータイヤの交換、脱着は可能でしょうか?そのトラクターは親戚から譲り受けたもので、取引のある農機具販売店では取り扱っていないこともあり、頼みにくいのです。
 仕事柄、こう言った知識のある方のアドバイスをお願い申し上げます。

Aベストアンサー

どちらにお住まいか分かりませんが
お近くに、古くから営業している
個人又は少人数のバイク修理屋、自動車修理屋は
有りませんか

5.00-12 チューブタイプのタイヤ交換作業は
最近流行のタイヤ量販店やGSでは、??です。
特に若い(経験の浅い)作業者では、すぐに
タイヤチェンジャー等に頼り、チューブやリムに
キズを付けてしまうことが多々有ります。

作業そのものは、さほど難しいものでは有りません
質問者さんが自転車やバイクのタイヤ交換経験者
でしたら、尚のこと御自身でなされるが一番です
愛着をもってあわてずゆっくり手作業が一番です

勝手ながら私が思う優先順位を記してみます
1、質問者自身
2、熟練作業者のいる自動車整備工場やバイク修理屋
3、タイヤ専門店(量販店)
4、タイヤも販売している大きなカー用品店
5、整備士のいるガソリンスタンド

いずれにしても質問者自身が目視確認できる場所で
手作業をしてくれる業者を選択しましょう。
以上、きまぐれ整備士の戯言です。

Q自転車パンク修理キットのパッチ

パンク修理のキットととして、パッチ、ゴムノリ、虫ゴムなどが入ったセットが売られていますが、
どれ程保存が利くのでしょうか。

昔、パッチがかなり硬化しており、基本どおり貼れたのですが、
結局数日後にパッチの周りりから剥がれてしまいました。

確かに「一体化しなかったな」という印象がありましたが。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

パッチの粘着が経年により不足している場合はゴム糊を塗れば接着できます。
事前に穴のあいた部分をサンドペーパー等で汚れ等を取っておく必要があり、汚れたまま貼ると剥がれることはあります。
パッチを貼った後、材木を下にして金槌で軽くたたけば完全に出来上がります。

Qパンク修理後の,タイヤの空気圧について

先日,左後輪のタイヤに釘が刺さり,某○ー○バックスでパンク修理しました。
タイヤの内側から修理し,完全に直るとは保障できませんので,こまめに空気圧のチェックをするようにと言われました。
修理時の空気圧は2.4で入れてあり,1週間後にGSで測ってもらった所,修理した左後輪のみ0.1圧が減っていました。
これは,パンクが治ってないという事なのでしょうか?
近々長距離ドライブの予定ですので不安です。どなたか教えてください!

Aベストアンサー

こんばんは。
>修理した左後輪のみ0.1圧が減っていました。
0.1Kg/cm2と思いますが、この程度の微小な変化ですと、測定の誤差や計器の誤差の可能性のほうが大きいでしょう。

前回計った時と今回では、計測条件(タイヤ温度)とか、ゲージが別モノでしょから、同じ結果にはならないはずです。 
>左後輪のみ0.1圧が減っていました。
これは、「他のタイヤの圧力変化量に比べて、左後輪の変化量が0.1違っていた」 でしょか?

何れにせよ、タイヤ組込みの直後に入れた空気は、落着くまで圧が下がり易いので、1週間で0.1程度なら優秀なほうでしょう。 

特に不安になる様な状態ではないと思います。

Q23Cタイヤチューブのパンク修理後の耐久性

 先日初めてロードバイクに乗っていてパンクしました、とりあえず予備の新品チューブと交換し、自宅に戻ってからパンクしたチューブにはパッチを貼り修理行いました。 今までMTBのパンク修理は何度かやったことがあったので同じ感覚でうまくできたのですが、ちょっと疑問に思うのがパッチを貼ったチューブはやはり性能、耐久性はかなり落ちるものでしょうか? 空気圧が8.0~9.0BARくらいと高圧になるロードの場合は今回パッチを貼ったチューブはあくまで予備として使う程度と考えた方がよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

修理したチューブでも、著しい性能低下はないと思います。自分もロードに乗っており、数回パンク修理を行った、パッチが沢山ついているチューブが入っていますが、特に問題は起きていません。
ただし、パンク修理がいい加減だと、ロード用チューブは高圧で使用されるため、修理箇所からのエア漏れが発生しやすい事は言えます。
ゴム糊で貼り付ける従来のゴム製パッチだと、糊を塗る際にムラになってうまく貼りつかなかったり、パッチ自体にかなり厚みがあり柔軟性が乏しいためお勧めしません。パナレーサーから発売されているシールタイプのパッチが薄くお勧めです。
ただし、絶対に失敗できないレースなどの場合はやはり新品のチューブを使用する方が精神的にも安心ですが、それ以外では針穴程度の穴であれば、修理して積極的に再利用しています。

Qタイヤのパンク修理

車のタイヤがパンクして、現在スペヤタイヤを履いています。
で、そのパンクしたタイヤの修理についてですが、ディーラか
ガソリンスタンドのどちらかに持っていこうかとは思っている
のですが、どこに持っていくのが得策なのでしょうか?
また、修理後できればそのままタイヤ交換もしてもらおうかと
思っているのですが、工賃とかも考えれば自分で交換するほうが
よいのでしょうか?

以上、ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

スタンドでバイトしてた者です。
ただのパンク修理ならスタンドでもディーラーでも整備工場でも大して変わらないですよ。料金もほとんどの所が二千円です。但し脱着料金は含んでいる所と別に500円程度取る所があるようです。

またパンクした原因が判らないとのことですのでもう一つ。
パンクの仕方によっては修理できないこともあります。例えばあまりに大きい穴になってしまっている場合、以前にパンク修理した場所のすぐそば、サイドウォール(タイヤの横面のことです)の場合は修理することができません。この場合タイヤ交換になるので新しいタイヤの安いところ(カー用品店、タイヤショップ)に行かれたほうがいいかもしれません。

パンクしたときすぐ気が付きましたか?
ガタガタ音がする状態で走ってしまったならまず間違いなくそのタイヤはもう使えません。サイドウォールが傷だらけになっていますので。
もしそうなら最初から新しいタイヤを買うつもりで行ったほうがいいですよ。

Q一度パンク修理したチューブを、再びパンク修理することについて

こんばんは。お世話になります。

ピストを始めたばかりで、何も知らなくてすみません。

1週間前くらいにパンクしたチューブを、イージーパッチで修理した後、順調に使用できてたのですが、再び別の箇所がパンクしたしましました。
また、同じようにイージーパッチでパンク修理したのですが、タイヤ装着後、数分後に空気が抜けてしまいました。
チューブを外して確認してみると、2回目にイージーパッチを貼った箇所は空気が抜けた跡が残ってました。

1度イージーパッチで修理したチューブは、以降、イージーパッチで修理することはできないものなのでしょうか?

それともタイヤの空気圧が高すぎるのでしょうか?(だいたい7~8気圧にしてます)

すみませんが、どなたかご存知の方、教えてください。お願いします

Aベストアンサー

スネークバイトの大きさによると思います。
直感的ですが2mmくらいあると、もう厳しいように思います。

しかし、パンク修理を自分でしているのなら分かると思いますが、
いくら高圧をかけているといっても、チューブ自体はタイヤとリムに
抑えられて、ほとんど膨らみません。
接着部分にも押し付ける力がかかるので、隙間なく接着されていて、
パッチ自体にチューブと同等の強度があれば、そう簡単に漏れるはずはないのです。
実際は強度が同等なんてことはないので、穴が大きければ大きいほど負担が大きくなりますし、
接着面が少なくなるのでリスクは高まります。

>リムのリップル穴に接触して裂けた跡が見られました。
リムテープは交換していますか?高圧で使う以上、リムテープの劣化は
即パンクにつながります。

Qタイヤパンク修理後

明日、朝イチでタイヤのパンクをなおしてもらいに、タイヤ専門店に行きます。
その後、高速道路を使いで出かける予定があるのですが、パンク修理後は高速道路は避けた方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

念のため しばらく置いた方が良いですが 店から客は修理後帰るし
走行も問題ないでしょう 但し 急加速や急ハンドルなどタイヤに負荷を掛けず 高速も80km/hでおとなしく走ること

詳しくは、修理するお店のアドバイスを参考にしてください
修理後の使用条件で 修理内容も変わるかも知れませんので事前に話しておきましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報