外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

ベーキングパウダーの主成分は、炭酸水素ナトリウムだそうですが、炭酸ナトリウムを代わりに使えませんか?高校の化学の時間にどちらも加水分解してアルカリ性になると教えてもらいましたので、同じだと思うのですが????
また、水酸化ナトリウムはどうですか?どなたか教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 膨らまないという事に関しては tukitosan さんがお書きになっていますので,別の観点から。



 炭酸水素ナトリウムは,ナトリウム化合物中もっともアルカリ度が弱い物質で,水に少し溶け弱アルカリ性を示します。また,常温・常圧で安定していて,胃薬に使われるくらい安全な無機物です。

 炭酸ナトリウム無水物(Na2CO3)は,水に溶けると強アルカリ性を示,濃度によっては皮膚を傷めます(たんぱく質を侵します)。また,吸湿性があり,密栓して保管する必要があります。

 炭酸ナトリウム・十水和物(Na2CO3 10H2O)は,水に溶けて強アルカリ性を示し,風解性(空気中に放置すると,水和水を失う性質)があり,密栓して保管する必要があります。

 水酸化ナトリウム(NaOH)は,水に溶けると強アルカリ性を示します。この時,多量の熱も発生します。そして,潮解性(湿気を吸収して溶ける性質)があり,密栓して保管する必要があります。また,たんぱく質を侵すのは炭酸ナトリウムと同じです。

 この様に,炭酸水素ナトリウム以外はその取り扱いが困難だったり,危険性を伴ったりします。したがって,食品とするベ-キングパウダ-には使えない事になります。

 なお,tukitosan さんがお書きの炭酸カルシウム(CaCO3)は強熱すると二酸化炭素を出し,安全性の上でも問題なさそうですが,残念ながら,水に対する溶解度が低く,実用になりそうにありません。

 こんなところでいかがでしょうか。

参考URL:http://www2r.biglobe.ne.jp/~comet-i/kon/sub-db.htm
    • good
    • 0

ご指摘の通り、炭酸水素ナトリウムは加熱によって、分解解して、二酸化炭素を発生します。

この時の変化は、次のようになります。
 2NaHCO3 → Na2CO3 + H2O + CO2

この時の温度は、およそ200℃です。
ですから、これを調理に利用すれば、二酸化炭素が発生するので「膨らすことが出来る粉=ふくらし粉」とよべるのです。

残念ながら、炭酸ナトリウムは加熱によって分解するとは考えにくいです。ですから炭酸ナトリウムは使えません。また、「ナトリウム」とう名前が付いている「水酸化ナトリウム」も加熱分解しません。

これを書きながら、炭酸ナトリウムと炭酸カルシウムを勘違いされているのではないかと思います。
炭酸カルシウムの方は、強熱(強く加熱)すると次のように分解して、二酸化炭素を発生します。

 CaCO3 → CaO + CO2

なをここで、生成するするCaOは生石灰といって乾燥剤に利用されています。

参考にでもなれば、幸いです。
tukitosan でした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発光の酸とアルカリによる影響

この前学校でホタライトの発光の実験をしたのですがその際に0.005molと1molの塩酸と水酸化ナトリウムを試薬としホタライト(A液:ルシフェラーゼ、B液:ルシフェリンとATPの混合物)を使用しました。
A液とB液を加えると蛍光オレンジに光りその後0.05molの塩酸を加えたところ光らなくなりました。これに0.05molの水酸化ナトリウムを加えると色が元に戻りました。
この手順を今度は1molの塩酸と水酸化ナトリウムで同様に行ったところ塩酸を加えたら色がなくなったのですが水酸化ナトリウムを何滴加えても0.05molのようには色は戻りませんでした。

濃い試薬を使ったことにより発光酵素が壊れてしまったのでしょうか?どなたかお分かりになる方がいらしたら教えていただければ嬉しいです!

Aベストアンサー

ホタライト(ホタルのルシフェラーゼ)の至適pHはpH8~pH9と狭い範囲にあります。前者の実験は,この至適pHを外したものです。後者の実験は,ルシフェラーゼの酸による失活が原因ですから当然再び発光することはありません。

まさかレポートではないですよね。もしそうなら,科学は「者に聴かずに,物に聴け」が基本です。

○森田先生のホタライトについての実験です。
http://morita.la.coocan.jp/a/omnis30.htm

Qアミラーゼの働きと温度の関係

アミラーゼの働きと温度の関係についての実験をしたのですが、アミラーゼとデンプンを試験管に入れて95℃に熱したものと0℃に冷やしたものではデンプンは分解されませんでした。その後それぞれの試験管を50℃にすると、0℃だった方はデンプンが分解され、95℃だった方は
分解されませんでした。なぜ0℃では失活しないのですか?

Aベストアンサー

それはアミラーゼが95℃で熱変性を起こし失活したからです。
低温のほうは活動が鈍くなっただけでタンパク質構造自体に影響はなかったのです。

Q酵素作用と温度

以前、温度によるリパーゼの働きの違いを調べるという実験をして、考察を考えているのですがどうしてもわからないところがあるので教えていただきたいです。

この実験は、牛乳をpH9ぐらいにして、フェノールフタレインでピンク色にし、ある温度にしてその後、1%パンクレアチン水溶液を加えて牛乳の色がなくなる時間を測定する、というものです。
ここで質問なのですが、そのピンク色にした牛乳を60℃、100℃にしたとき、パンクレアチンを入れる前に、つまり温度を上げているときからもう色がなくなり始めていました。この理由がわかりません。それと、それがデータとして使えるか、です。

前に時間がたって酸性になることで変性したから、とうようなことを考えたのですがなんだかそれではおかしいような気もするし、考えているうちに混乱してしまって・・・。

Aベストアンサー

指示薬の色がなくなることについては、2つの可能性が考えられると思います。1.高温下でフェノールフタレインが分解してしまう/ 2.温度を上げるとpHが9からずれてしまう/ 1の可能性については、フェノールフタレインのみを溶かした溶液を加熱しれみればわかりますよね。もし、こちらが原因であるならば、熱に強い指示薬を探すか、実験系自体を大きく変える必要があると思います。次に2.の可能性の場合ですが、今回実験に使われている牛乳の溶液は、あまり緩衝能が高くないのはないですか?であれば、温度が変われば当然pHも変わってしまうと思います。あなたが懸念されている通り、このままではデータを取れないと思います。まず、温度を上げてもpH9が維持される条件を見つけることが先決です。たとえば、牛乳にグッドバッファーを添加するとか(お話を伺った範囲ではおそらく緩衝液を使われていないように思いますが)。この点は、今回の実験をするにあたって重要なところと思います。高温にしたときにちゃんとpH9になっているかフェノールフタレイン以外の方法でも確認された方が良いと思いますよ。
もし、この辺りをきちんと詰めて実験系を作り上げれば、価値あることと思います。うまく行けば系を作り上げる過程を発表でアピールすることが出来ます。そうすれば、「高温に上げるとフェノールフタレインの色がなくなってしまう」という結果も生きてくるはず。がんばって下さいね。

指示薬の色がなくなることについては、2つの可能性が考えられると思います。1.高温下でフェノールフタレインが分解してしまう/ 2.温度を上げるとpHが9からずれてしまう/ 1の可能性については、フェノールフタレインのみを溶かした溶液を加熱しれみればわかりますよね。もし、こちらが原因であるならば、熱に強い指示薬を探すか、実験系自体を大きく変える必要があると思います。次に2.の可能性の場合ですが、今回実験に使われている牛乳の溶液は、あまり緩衝能が高くないのはないですか?であれば、温度...続きを読む

Qαアミラーゼでデンプンを糖に分解することについての質問

酵素αアミラーゼでデンプンを糖に分解する場合について3つ質問があります。

1.37℃で、一定の量のデンプンをαアミラーゼで分解する場合、αアミラーゼの量が多いほうが早く糖に分解されると考えていいのでしょうか?

2.αアミラーゼを0℃の状態で1時間くらい放置したら失活しますか? 

(もし失活するのなら、そのアミラーゼを最適温度(37℃くらい)に戻した場合、再び酵素として使えるのでしょうか?)

3.αアミラーゼを100℃の状態で1時間くらい放置したら失活しますか?

(もし失活するのなら、そのアミラーゼを最適温度(37℃くらい)に戻した場合、再び酵素として使えるのでしょうか?)

これらのことについて、わかる方がいたら是非アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

α-アミラーゼは何由来でしょうか?
由来の違いで答えが変わると思います。
一般論で答えるなら・・・
1.ある濃度までは、酵素量と分解速度は比例関係にありますが、濃い濃度では(酵素量を増やしても)それほど分解速度は上がらず、とても濃い濃度になると、酵素量を増やしても分解速度は一定になります。
2.4℃なら失活しません。至適温度に戻せば、酵素として働きます。しかし、0℃で微細な氷が出来るとどうなるか分かりません。
3.普通のα-アミラーゼなら、100℃5分間で失活し、至適温度に戻しても酵素として働きません。

Q 唾液アミラーゼ について

 唾液アミラーゼがよく働く条件を教えてください >o<;;

国語力がないので、わかりづらいかもしれないけど。。。

よろしくお願いします(;・∀・)

Aベストアンサー

最適pHは7付近
最適温度は37゜C付近(つまり体温くらい)
です。
アミラーゼは加水分解酵素なので、もちろん水は絶対に必要です。
つまり口腔内の環境と同じです。

体内で働く加水分解酵素の最適温度は全て37゜C付近です。
最適pHは酵素が働く場所のpHによって変わります。
例えば、胃液に含まれるペプシンの最適pHは2付近、すい液に含まれるトリプシンは8付近です。

Q10mlのカルピスを水酸化ナトリウムで中和させるという実験をやりました。 こんな結果になったんですけ

10mlのカルピスを水酸化ナトリウムで中和させるという実験をやりました。
こんな結果になったんですけど、レポートに書かないといけなくて、カルピスの乳酸のモル濃度と、中和反応の化学反応式を書かないといけません。
どなたか教えてください!
途中式も教えていただけたらありがたいです!!!

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムのmol濃度も、数字の意味も分かりません。
下記が参考になるかと思います。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1147943966?__ysp=44Kr44Or44OU44K544KS5rC06YW45YyW44OK44OI44Oq44Km44Og44Gn5Lit5ZKM44GV44Gb44KL

Qカルピスの乳酸のモル濃度を書かないといけないんですが、この式に自分の実験結果を照らし合わせながらやれ

カルピスの乳酸のモル濃度を書かないといけないんですが、この式に自分の実験結果を照らし合わせながらやれば合ってますか?
この式の計算でいいんですか?

Aベストアンサー

似たような質問がありました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1147943966?__ysp=44Kr44Or44OU44K544KS5rC06YW45YyW44OK44OI44Oq44Km44Og44Gn5Lit5ZKM44GV44Gb44KL

Q濃度0.1mol/Lの炭酸水素ナトリウム水溶液のPHはいくらですか?

濃度0.1mol/Lの炭酸水素ナトリウム水溶液のPHはいくらですか?

Aベストアンサー

炭酸の酸解離定数をK1=5×10^-7, K2=8×10^-11, 水のイオン積をKw=1×10^-14とし、また、NaHCO3水溶液の濃度をC mol/Lとすると、
平衡定数:
K1 = [H+][HCO3-]/[H2CO3] ①
K2 = [H+][CO3--]/[HCO3-] ②
Kw = [H+][OH-] ③
物質均衡:
C = [H2CO3] + [HCO3-] + [CO3--] = [Na+] ④
電荷均衡:
[H+] + [Na+] = [OH-] + [HCO3-] + 2[CO3--] ⑤
の関係が成立する。

④を⑤に代入して、
[H+] + ([H2CO3] + [HCO3-] + [CO3--]) = [OH-] + [HCO3-] + 2[CO3--]
この式を整理して、
[H+] + [H2CO3] = [OH-] +[CO3--] ⑤'
①、②、③から
[H2CO3] = [HCO3-][H+]/K1 ①'
[CO3--] = [HCO3-]K2/[H+] ②'
[OH-] = Kw/[H+] ③'
①', ②', ③'を⑤'に代入して、
[H+] + [HCO3-][H+]/K1 = Kw/[H+] +[HCO3-]K2/[H+] 
K1[H+]を両辺に掛けて、
K1[H+]^2 + [HCO3-][H+]^2 = K1Kw + K1K2 [HCO3-]
この式を整理して、
[H+]^2(K1 +[HCO3-]) = K1Kw + K1K2 [HCO3-]
[H+]^2 = (K1K2[HCO3-]+K1Kw)/(K1 + [HCO3-]) ⑥
という関係式が導かれる。

ここで、⑥式の近似を行う。
炭酸水素ナトリウム溶液においては、[HCO3-]≒Cなので、
[H+]^2 = K1(K2C+Kw)/(K1 + C)
C=0.1 mol/Lのとき、C>>K1およびK2C>>Kwなので、
[H+]^2 = K1K2
[H+] = √(K1K2) = √(5×10^-7×8×10^-11) = 6.32×10^-9

したがって、炭酸水素ナトリウムのpHは
pH = 8.2

炭酸の酸解離定数をK1=5×10^-7, K2=8×10^-11, 水のイオン積をKw=1×10^-14とし、また、NaHCO3水溶液の濃度をC mol/Lとすると、
平衡定数:
K1 = [H+][HCO3-]/[H2CO3] ①
K2 = [H+][CO3--]/[HCO3-] ②
Kw = [H+][OH-] ③
物質均衡:
C = [H2CO3] + [HCO3-] + [CO3--] = [Na+] ④
電荷均衡:
[H+] + [Na+] = [OH-] + [HCO3-] + 2[CO3--] ⑤
の関係が成立する。

④を⑤に代入して、
[H+] + ([H2CO3] + [HCO3-] + [CO3--]) = [OH-] + [HCO3-] + 2[CO3--]
この式を整理して、
[H+] + [H2CO3] = [OH-] +[CO3--] ⑤'
①、②...続きを読む

Q唾液の働きを調べる実験がうまくいきません

唾液の働きを調べるために、唾液とでんぷんを混ぜヨウ素液を加えるという実験で、冷水に唾液とでんぷんをつけておいて行うとどうしてもヨウ素でんぷん反応が消えてしまい黄色くなってしまいます。唾液とでんぷんを試験管に別々に入れ氷の入ったビーカーに3分間入れそれを混ぜてさらに3分間冷水につけた後、ヨウ素液を加えます。すると液は黄色くなります。これでは冷水につけた唾液もでんぷんを分解することになり理論と異なります。どこが悪いんでしょう。どうやればうまくいくか教えてください。

Aベストアンサー

皆さんの回答とも関連しますが、唾液中のアミラーゼ活性は摂取した時間により強かったり、弱かったりかなり変動することが知られています。デンプンの量を増やすのも一法ですが、加える唾液を少なくするとか薄めるとかしてもうまくいく場合があると思います。アミラーゼ反応によるデンプンの分解を証明する方法として、対照を冷水につけて行う代わりに、唾液を100℃で加熱してアミラーゼタンパクを変性させ、酵素反応がおこらない唾液試料を調製し、これを加熱しない唾液を用いたものと同様にデンプンと反応させ(同じ温度で)、比較するのも面白いのではと思います。逆に、酵素反応がおこってほしいのにおこらない場合は、唾液の量を増やすか、反応時間を長くすればよいと思います。

Q好気呼吸・嫌気呼吸条件下での酵母の作用

酵母(ビール酵母)を好気・嫌気下で培養し、利用されたブドウ糖量、エタノール生成量、菌体生成量を測定しました。
ブドウ糖量、エタノール生成量は理解済みですが、菌体生成量の実験データからなにが読みとれるのかわかりません。ヒントを教えて下さい。

菌体生成量の測定
操作>
遠心管の風袋(A,B)の重量を測定
遠心管に好気培養(A)、嫌気培養(B)それぞれ一定量を入れる
遠心分離機にかける
沈殿物と上澄みに分離され、その上澄みを捨てる
残った沈殿物が入った遠心管を凍結乾燥させる
乾燥後の遠心管の重量を測定

その結果、乾燥後の重量-風袋の重量(g)が
好気下A…10.9g
嫌気下B… 1.52g
となりました。※Bは完全な嫌気下ではありません

残った沈殿物は酵母ですか?確信がもてません

Aベストアンサー

一般的に炭素源等が水溶性であるなら、遠沈物は
酵母であると考えて問題は無いと思います。
最終的には、エタノールおよび二酸化炭素・水になるんですから・・・

補足ですが、
呼吸では、グルコース1分子が完全に燃焼すると、高エネルギー化合物であるATPが38分子生成します。
一方、発酵では、グルコース1分子から2分子のATPが生成します。
グルコースあたりの量からみると、発酵によるエネルギーの獲得は呼吸よりはるかに劣ります。
なので同じエネルギーを得るためには、酵母は嫌気的条件の方が好気的条件よりグルコースを多量に消費することになります。
好気下の方でグルコース消費量が少なかったかと思いますが?これは、パストゥール効果といいます。

以上のことから、多くのエネルギーが作られる好気培養の時は、増殖速度も大きくなり結果、菌体重量となって現われたということでは、ないでしょうか?

答えになっていなかったらゴメンナサイ。


人気Q&Aランキング