http://www.kenkoigaku.or.jp/html/kensa/kensa30.h …
この。HPを見ていて疑問に思ったのですが。
集団検診と普通の検診とに被爆量の差があるのは、なぜでしょう?
おそらく撮影方式だと予想はできるのですが、
それぞれのメリット、デメリット等を教えていただきたいです。
よろしくお願いします。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

集団検診で間接撮影、一般の検診では直接撮影を使用することが多いためという違いによります。



間接撮影法は一度、蛍光板に映した像を撮影する仕組みですが、直接撮影は蛍光体とフィルムが直接接しており、この構造上の相違で間接撮影は1.5~2倍程度の放射線量が必要とされます。

それぞれのメリット、デメリット等については、下記をご覧下さい。

参考URL:http://www.jata.or.jp/rit/rj/nakap.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内部被爆と外部被爆

自然に1年間に被爆する量は世界平均で2.4mSvで放射線作業従事者はたしか今回の福島の例を除いては50mSv。年間100から200mSvが危険領域の入り口と言う風に言われていますが、これは外部被爆の話のように思えるのですが、では131Iなどの内部被爆についてはどのような数値で見ていけばいいのでしょうか。吸収率、排泄量、とどまる時間を加味して上記の放射線量を基準に評価するのでしょうか。

Aベストアンサー

内部被曝も50mSvですよ。
だって、線量というのは相手の物質に与える影響で測りますから、50mSv分の影響はどの組織に対しても同じです。

>吸収率、排泄量、とどまる時間を加味して上記の放射線量を基準に評価するのでしょうか。
だから、年間摂取量限度、というような数値は放射能の量(単位:Bq)で決めます。
ある放射性同位元素が、ある経路で体内に入った場合、体に残るのはこれくらいだから、50mSvになるのは何Bq、という風にして決めてあるのです。

Q被爆・・・?

こんにちわ。
学校でX線装置の扱いミスから被爆したかもしれません。
もし被爆したら(被爆したか確認するには)どうしたらよいでしょうか?
白血病になるかもと心配でたまりません。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

どのようなミスだったのですか?
よっぽど大量の被爆でない限り、体に影響が出ることはないようです。
フイルムバッジのようなものはつけてなかったのですか?
http://www.tanakageka.com/lecture/xray/

Q内部被爆量での質問

本日ホールボディカウンターにて家族代表で内部被爆量を検査してきました
結果 セシウム137 167.3ベクレル 体重56K
3ベクレル/Kg 0.007マイクロシーベルト
放射線専門家が言うには まったく心配ないとのことでした 
この数字を見る限り 自分でもそう思いますが まったく0でもないということですよね
事故前でもこのくらいの数字は あったのでしょうか?

Aベストアンサー

日本人の、自然放射線源による平均的な体内被曝量は0.81mSv/年と言われています。
0.007μSvが累積値なのか時間あたりなのか年あたり(セシウム自体はもっと短いサイクルで排泄されますが)なのか判りませんが、上記の0.81を時間あたりに直すと、一時間あたり約0.09μSvとなります。
考慮すべきは、0.007は、通常状態にプラスして余分に浴びている量であること、と言う点です。
ですが、0.007が自然に被曝している量の「振り幅」の範囲内なら、気にするだけ無駄、と言う話です。
セシウム137自体が天然にはほぼ存在しないので、気分的に宜しくない、というのはありますがね。

Qパイロットが被爆すると言われる原因は?

紫外線ですか?
それとも飛行機から何か放射能がでているのですか?

Aベストアンサー

宇宙線(放射線)ですね。結構浴びているようです。↓

参考URL:http://www.asahi.com/special/space/TKY200406170211.html

Q医療の放射線被爆とほくろの増大について

20代前半に原因不明の体調不良が続き、数年かけて数々のレントゲン、CTを受けてきました(頭部CT7回以上、腹部胃透視3回、腸2回、胸のレントゲン数と手足、腰などさまざまな部位は数え切れない位でです)。被爆とは関係ないかもしれないですが、MRI,MRAも頭部、腹部など何回も撮っています。
今20代後半ですが、今頃になって被爆と検査の被害が怖くなってきました。
さらに最近は恐ろしいほどほくろが増えてきていまして、先日も鼻の炎症を疑われCTを撮られ、その直後今までなかった背中にほくろが4つも出来ていました。
部位的には関係ないかもしれないのですが、私は元々皮膚沈着がひどく、手足もあざだらけで皮膚疾患、または血液疾患があるのかと不安になっています。
しかし血液検査では何もでないのです。
このほくろは検査での被爆と関係あるのでしょうか?
気になるので大きくなっているようにも見えるし、皮膚科にいってもろくに見てくれないので困っています。
不安で不安で食事ものどを通りません。どなたか詳しい方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

放射線技師です
放射線の被曝によってほくろができたり、あるいは大きくなったりすることはありません
それに、検査で使われる放射線はごく微量ですので、記載されている回数で影響がでることはまずありません
心配しないでください
どうしても心配なら、その検査を受けた病院の主治医か放射線医、または放射線技師に相談されるのが一番良いと思われます


人気Q&Aランキング

おすすめ情報