最新閲覧日:

http://www.kenkoigaku.or.jp/html/kensa/kensa30.h …
この。HPを見ていて疑問に思ったのですが。
集団検診と普通の検診とに被爆量の差があるのは、なぜでしょう?
おそらく撮影方式だと予想はできるのですが、
それぞれのメリット、デメリット等を教えていただきたいです。
よろしくお願いします。。

A 回答 (1件)

集団検診で間接撮影、一般の検診では直接撮影を使用することが多いためという違いによります。



間接撮影法は一度、蛍光板に映した像を撮影する仕組みですが、直接撮影は蛍光体とフィルムが直接接しており、この構造上の相違で間接撮影は1.5~2倍程度の放射線量が必要とされます。

それぞれのメリット、デメリット等については、下記をご覧下さい。

参考URL:http://www.jata.or.jp/rit/rj/nakap.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ