今現在、積水ハウスの軽量鉄骨で家を建設中です。
屋根が完成していない状態で、先日雨が降ってしまいました。
1、2階の内壁のグラスウールと2階の床に敷いてあるALCが濡れしまいました。
メーカーの現場監督に聞くと、ALCには鉄筋が入っていて、濡れても構造上問題ないとのこと。また、グラスウールに関しても、濡れても乾けば大丈夫と言われました。

しかし本でALCは濡れて凍ると割れてしまうとうのを聞いたことがあります。
また、グラスウールにしても、これから何十年と湿気と戦わなくてはならないのに、濡れてしまっても構造上、問題ないのでしょうか。

ちなみに以前、積水で建てた方のホームページを拝見しましたが、その人は文句を言って交換してもらっていました(両方とも)
どうかよきアドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちは。


大変失礼しました。私のいうユニット工法は、セキスイハイムでした。(まぎらわしいなあ)
建売住宅を7社が7棟建てました。三ヶ月ほど前です。只今売り出し中です。
セキスイハイムの隣が積水ハウスで、シャーウッドの在来工法でした。
このユニット工法は鉄骨で軸組しまして、パネル(外壁、断熱材、内壁プラスターボード貼り)を
たてていくというものです。
プラスターボードも貼ってありますので、雨にあたっただなんて、即交換と思った次第です。
売り出し価格から推定しますに、非常に安い工法かと思われます。
積水の外壁材の裏側は、グラスウールでなくて、グラスボード(厚23mm)でしょう。
しかも空気層がとってありますので、#1さんがおっしゃるとうりでいかがですか?
ALCはちょっと濡れても問題ないと思いますが。どの地方でお建てになられてるのか、わかりませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度の御回答ありがとうございます。
私もひょっとしてハイムと勘違いされているなとは思ったのですが・・・
この間、建築現場を見に行ったのですが、ALCは濡れたシミがまだ乾いてなかったのですが、それもこれから乾くと聞きましたし、ご指摘の通りグラスボードも既に乾いておりました。
暖かい日が続いておりますので、あの雨さえなければなと残念な気持ちでいっぱいです。
でもまあ天気は操作できないので仕方ありませんよね。

お礼日時:2002/02/08 13:23

屋根があがらないのに断熱処理など普通はどう考えてもやりません。


下記のいくつかの回答にありますが、たとえ性能が落ちないにしても施主であるあなたがどうお感じなりますか。いい心地ではないでしょう。ならば当然交換、あるいはやり直させるべきです。
住宅建築においては一度にたくさんのことを施主も考えなけれはならず、つい妥協してしまいます。これは絶対に、絶対に、絶対にだめなことです。
納得いくまで、工事を中断させても検討すべきです。
特に大手メーカーなど客のことを心底考えている会社は皆無です。当然ながら売上、利益第一ですので。(経営に携わるとすごく骨身にしみて分かる)
とにかく、監督が大丈夫といってもご自分が納得できないなら、断固いうべきです。私もそうやって建てましたが、それでもまだ完全満足とはいかないからです。

建築建材において濡れてもいいものなど、その用途などで濡れるもの(シンクなど)以外ありません。
グラスウールなど濡れたらおしまいです。いまだに使ってるのですね。大手なのに...。

いい家にして下さい。心からお祈り申し上げます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
説明不足のなか、多くの皆様に回答していただき、誠に恐縮です。
ご指摘の通り、断熱処理ではなく外壁の内側に組み込まれているグラスウールです。
まあそれも本来なら濡れないのが最良なのでしょうが・・・

私の誤算は積水ハウスも下請けに工事を回しているということです。
積水の歌い文句と違うと感じたのは私だけでしょうか?
積水ハウスの子会社?の積和建設ですべて工事が行われるものと勘違いしておりました。
(以前、営業、カタログ等の説明でそう感じた)
まあ私の勝手な勘違いでしたが・・・

しかし、作業自体は現場も整理整頓されておりますし、基礎の検査の時は監督が3人も来ましたし、そういう意味では業界1位だけあってしっかりしていると感じました。

お礼日時:2002/02/06 12:45

こんにちは。


恐らくそれは、セキスイの鉄骨ユニット工法だと思われます。
普通ですとすでに断熱材をいれた壁パネルを組み立て、その日のうちに、いくら遅くなろうと、屋根を乗せてしまいます。
トラックが数台出番を待って現場付近に待機してます。
この家の一つの売りが、遮音、断熱です。
一度濡れたものは引き取らないでください。
乾いたら大丈夫だなんて言っても、キズものです。
あきらかに工事ミスだと思います。予測の甘さだと思います。
ご参考までに、私見としまして。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
すいません。ご指摘のユニット工法ではありません。
説明不足で申し訳ありません。

ちなみにカタログではユニット工法の説明がありましたが、どういう時に使う工法なのでしょうか?
私共はもちろん、色々な方のホームページでユニット工法で建築した方を見たことがありません。
ユニット工法なら雨の心配はないのに・・・

お礼日時:2002/02/06 12:37

作業工程の全体像がつかめないので、仮定を元にお答えします。


一般的に屋根が形をなしていない状態では断熱工事はしないものです。
グラスウールは多少の水分を含んでも直ぐに変化することはありませんが、含まれた水分が今後どのように作用するかが問題となります。
パッシブソーラーシステムで、壁内に通気が確保されている構造ならばグラスウールに含まれた水分は自然に蒸発し換気されるので問題ありません。
しかし、グラスウールが密閉される構造ならば、蒸発した水分は近辺の木材や下地材に影響するでしょう。
No1の回答でも触れられているように十分に乾燥すれば使えますが、施工後の断熱材を十分に乾燥させることは難しいでしょう。
ぬれた程度にもよりますが、ぬらしてしまったということは工程管理にミスがあったことになりますので、交換を要求するに十分な状態だと思います。
またALCに関しても、含まれてしまった水分の量によっては影響が出ないとは言い切れませんので、現場監督ではなく責任者に対応していただいた方が良いでしょう。
現場監督の経験年数にもよりますが、建築の専門知識を持っていない方が多いです。
現場監督の仕事は「工程管理」で、「建築管理」ではないからです。
後々後悔しない為にも現状でできる範囲の誠意ある対応を要求した方がよいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
説明不足の中でのご回答誠に恐縮です。
断熱工事はご指摘の通り、屋根が完成してからとなりますが、外壁にセットしてある薄手のグラスウールが今回、濡れてしまいました。

セントレージはハイブリッド換気システムにより壁内に通気が確保されるものと認識しております。
今後、作業を注視して、対応等を考えたいと思います。

お礼日時:2002/02/06 12:33

ALCの事について


ぬれると鉄筋が入っているから鉄筋が錆びて膨張しALCが割れてしまうということは 多々あります ちなみに・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですか。濡れると鉄筋がさびる可能性があるのですね。
その辺も今度、現場監督に聞いてみます。
まあ大丈夫との回答は目に見えてますが・・・

お礼日時:2002/02/06 12:25

現在、積水ハウスで建築中の者です。



屋根仕舞が終わっていない段階でグラスウール入りの内壁パネルをセットしたのですか?ちょっと信じられませんが....
それともセントレージ系の最初から外壁にセットしてある薄手のグラスウールのことでしょうか? 後者の場合ですと、積水ハウスの監督さんによると、外壁のグラスウールは防水加工してあり、少々の雨なら大丈夫だそうです。

あとALC板についても敷設後は直ぐに防水シートをかぶせて濡れないように養生すると思うのですが。シートの隙間から雨が入り、濡れたのでしょうか?これも多少の濡れならば、1日もすれば乾燥しますので強度的には問題ないそうです。繰り返し何回も濡れるのは問題らしいですが...それよりも、作業の途中でALC板の端が欠けたりすることの方が私には気になりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
すいません。説明が不足しておりました。
私の家はセントレージ系です。ご指摘の通り、外壁にセットしてある薄手のグラスウールのことです。

Monchanさんも建築中ですか・・・
この時期の建築は天気、気温等気を使いますが、いかがですか?
私は屋根がすでに上がったのでようやく安心しております。
お互いがんばりましょう?

お礼日時:2002/02/06 12:23

 この方のページをご覧になったのかな?



http://member.nifty.ne.jp/isozaki-family/index.h …
 これだと、業者が不備を認めたんだから、同じ業者ですから当然同じように替えてもらえるでしょう。

 でも、納得行かないのはガラスウールはもともとガラスなんで、耐水性はあって水くらいでは変質しないはず。どういう状態で使用されるのかが不明なんですが、気温・湿度の上下によってガラスウール上に水分が露結しないんでしょうか?もし、露結するようなら、それも考慮された設計になっている(撥水性のコーティング材で処理)のが普通かと思います。
ALCについても素人ですが、、旭○成のページではぷかぷか水に浮いてましたけど、あれって、もう商品として使えないんですかね。そんなのをページで出しちゃうとマイナスにしかならないと思うんですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
指摘されたホームページは以前、拝見しています。
でもそのホームページの方は交換等の記述はなかったように思います。
交換したのかどうか知りたかったのですが・・・。

お礼日時:2002/02/06 12:19

グラスウールメーカーに勤務しているものです。



ぬれてしまったグラスウールは天日干しにせず、陰干しで一週間ほど乾かせば元の通りに復元します。

上記の事を、踏まえたうえで交渉してみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
陰干しで1週間で元通りに復元するのですね。
そういえば、現場監督も今後の作業中に乾くので問題ないと言ってました。

お礼日時:2002/02/06 12:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄骨建築の場合の断熱材(グラスウール)の固定方法は?

重量鉄骨(2階建て店舗、総床面積1,000m2弱)で新築予定です。何度かこのカテゴリでお世話になってます。

「断熱材(グラスウール)の固定方法で素朴な疑問がでました。」

【質問】木造住宅の場合はグラスウールをタッカーや釘等で木部に固定すればいいのでしょうが、重量鉄骨の場合、グラスウールは具体的にどうやって固定するのでしょう?

断熱材の結露対策として、下記構成が理想的というアドバイスをいただきました。

ガルバリウム(外壁材)
+「通気層」
+「透湿防水シート」
+グラスウール(断熱材)
+「防湿シート」
+石膏ボード(クロスの下地)

グラスウールを固定するには上記に加えて、やはり「合板」等を加える必要があるのでしょうか?

もし、加えるとしたらどの部分でしょうか?

結露対策を考慮すると多重構造となり、かなりコスト高になるのでは?と心配しております。

また、外壁材にALCを使用した場合のグラスウールの固定方法は一般的にどのようにしてるのでしょうか?

現在、施工業者と打ち合わせが中断しており、話が見えない部分が多々あります。

申し訳ございませんが教えて下さい。

重量鉄骨(2階建て店舗、総床面積1,000m2弱)で新築予定です。何度かこのカテゴリでお世話になってます。

「断熱材(グラスウール)の固定方法で素朴な疑問がでました。」

【質問】木造住宅の場合はグラスウールをタッカーや釘等で木部に固定すればいいのでしょうが、重量鉄骨の場合、グラスウールは具体的にどうやって固定するのでしょう?

断熱材の結露対策として、下記構成が理想的というアドバイスをいただきました。

ガルバリウム(外壁材)
+「通気層」
+「透湿防水シート」
+グラスウー...続きを読む

Aベストアンサー

 コストと施工性の問題を一緒には出来ませんが、グラスウールを空隙に挟み込むだけですと、長期間の間には下方へずれてくる可能性はあります。
 最近やった住宅で、当初の計画ではグラスウールだった断熱材を、フォームポリスチレンのボードに変更し、200m2ほどの外壁面積に対し、施工費が18万のアップでした。
 
 施工業者と直接打ち合わせをしていらっしゃるようですが、設計監理はどうなっていますか?
 グラスウールの施工レベルについて、設計監理担当に心配だという事を伝えては如何でしょう。
 少なくとも、グラスウールを使用する場合、それがへたってこないように施工せよというのは当然主張してOKです。

Q積水ハウスと積水ハイム。

本当にくだらない質問なんですが
積水ハウスと積水ハイムは名前が似ていますが
何か関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2さんのおっしゃる通りで
積水化学工業(株)の住宅部門が独立したのが積水ハウス、
その後 積水化学工業(株)社内に新たに作られた住宅部門がセキスイハイムです。
積水ハウスの筆頭株主は今でも積水化学工業(株)です。
しかし営業マンも説明が面倒なのか「まったく関係ない」と説明する人が多いようです。

Q断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

グラスウール λ 0.036-0.052 W/mk
空気 λ 0.02 W/mk

なぜ空気より熱を伝えやすいグラスウールの方が部屋が温くなるのでしょう?

Aベストアンサー

グラスウール自体に保温性が有る訳じゃありません。
グラスウールの中に抱え込まれて、対流できないようにされた空気の層で、保温しているんです。
発泡スチロール(スチロール樹脂を発泡させて閉じ込めた空気)、プチプチシート、ダウンベスト(水鳥の綿毛が抱え込んだ空気)などみな同じ原理です。

Q重量鉄骨の天井裏にグラスウール断熱

外壁ALCで天井は吊り天井で断熱材はなし。この天井にグラスウール等の断熱材を敷き詰めれば断熱性能はかなりアップするでしょうか?窓はアルミですがペアガラスを検討しています。

Aベストアンサー

その部屋は最上階ですか?
屋根の構造にもよりますが、100mmのグラスウールを入れれば断熱性能はアップします。
ただし、屋根裏の断熱材よりも外側にある鉄骨が結露するおそれがあります。

ウレタンの現場発泡で構造体と、屋根面を一緒に吹き付けるのがいいと思います。
外壁面はALCのままですか?100mm?
断熱性能は物足りないですね。15mmでもいいから、ウレタンを吹くといいと思います。

窓のペアガラスは気休めです。結露防止程度の断熱性と思った方がいいです。

Q断熱材。カネライトフォームかグラスウールで迷ってい

断熱材。カネライトフォームかグラスウールで迷っています。

床、壁、天井に隙間なく断熱材を入れたいと考えています。

カネライトフォームか、グラスウールかで迷っています。

カネライトフォームにした場合、防音シートを貼ったほうがいいですか? もしくはカネライトフォームだけでいいですか?

断熱材施行方法の教科書があればURLなども教えてください。

また工務店に依頼したほうがいいですか?僕は素人で断熱材の施行方法は無知です。

URLに写真、画像ありますので、よろしくお願いします

http://brabra-star.lolipop.jp/

Aベストアンサー

(1)残念ですが「国土交通省」から提示されている「施工用マニュアル」で
実際に使える様な内容の書籍は皆無ですから、探しても無駄だと思いますよ。

(2)これも残念な話なのですが、いくら「断熱材」だけを施工しても「気密層」や
「防湿層」に「通気層」まで、その全てが揃って初めて機能し始めますから
全体の理解が出来ていないと「壁体内結露」の恐れまでがありますよ。

(3)もっと残念な内容なのですが、日本の多くの建築会社では
「正しい断熱材の施工方法」が知られてはいませんから、
どこに依頼しても「正しい施工」にはなりませんね。

(4)一番被害が少ない方法は「外貼り工法」で施工する事ですね。
問題なのは「断熱材が高い事」と、一度全ての外壁を剥がす必要性がありますので、
大掛かりな工事になるのが「欠点」ですね。

(5)正しい施工が出来るのであれば「グラスウール」の方が楽なのですが、
室内側には必ず「防湿シート」が必要なので、この辺りは「知識」が無いと
厳しいので(欠陥住宅になりますから)どうやって適切な業者を探すのか?
そこが一番難しい点ですね。

「補足」があれば「追記」が可能です。

(1)残念ですが「国土交通省」から提示されている「施工用マニュアル」で
実際に使える様な内容の書籍は皆無ですから、探しても無駄だと思いますよ。

(2)これも残念な話なのですが、いくら「断熱材」だけを施工しても「気密層」や
「防湿層」に「通気層」まで、その全てが揃って初めて機能し始めますから
全体の理解が出来ていないと「壁体内結露」の恐れまでがありますよ。

(3)もっと残念な内容なのですが、日本の多くの建築会社では
「正しい断熱材の施工方法」が知られてはいませんから、
どこに依頼しても「...続きを読む

Q次の場合の建物は何階建てになるのですか?・・・・・建物の形は円筒で内壁

次の場合の建物は何階建てになるのですか?・・・・・建物の形は円筒で内壁が全部本棚になっています。円筒の中心軸に螺旋階段があって天井まで伸びています。

Aベストアンサー

建物の「階」とは、縦に連続する床・壁・天井を有する空間の積み重なる層の数を指します。

質問の場合、床は一番下にしかありませんので、平屋でしょう。

「高い平屋作りの中央に螺旋階段が設置してある」という解釈では?

Qグラスウールの断熱材を入れてから外壁の防水シートを貼るべきか、外壁の防水シートを貼ってからグラスウー

グラスウールの断熱材を入れてから外壁の防水シートを貼るべきか、外壁の防水シートを貼ってからグラスウールの断熱材を入れるのかどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

内断熱か外断熱の違いですね。一般的に内断熱の方が断熱効果はあります。デメリットは費用が外断熱より高いことと工期が長くなることです。

Qグラスウールの施工がどう難しいのですか?

充填断熱で使用する、グラスウールの施工が難しいと
いわれのですが、どう難しいのでしょうか?

施工しているところを見た感じ、しっかり、打ち止めてやる
だけではないのですか?

あと内断熱と外断熱の問題で出てくる
“熱柱の問題”とは、どういったことでしょうか?

是非、お教えください!!

Aベストアンサー

QNo.283155の#1の回答者です。
まずはグラスウールの施工が難しいについて、以下長文ですが記します。
(他の回答者の方の単なるまとめみたいになってしまって恐縮ですが・・・)

◆完全に隙間なく詰めなければならない
 ◇グラスウールの充填断熱の場合、#2の方の回答にあるように、壁の中に
  完全に隙間なく詰める事が必要です。
 ◇少しでも隙間ができるとその部分の断熱が欠損し、壁体内における結露を
  誘発することがあるからです。
◆グラスウールは吸湿によって劣化する
 ◇#3、#4の方の回答にあるように、グラスウールは湿気を帯びると断熱
  性能が大きく低下します。
 ◇また、乾燥したグラスウールは非常に軽いものですが、吸湿すると非常に
  重くなります。施工直後の乾燥状態では壁の中に隙間なくしっかりと充填
  されていても、万が一吸湿してしまうと自重により固定していたつもりの
  部分が引きちぎれて壁の中で下の方にずり下がってくることがあります。
  (#4の方のポケットティッシュの例えは面白くてわかりやすいですね。)
◆グラスウールに通気させてはいけない
 ◇ウール系の断熱材は素材自体に断熱性があるわけではありません。断熱性
  があるのは空気のほうで、グラスウールはグラスウールの中に閉じ込めた
  空気をできるだけ動かさないようにしてこそ断熱性が発揮されます。
 ◇でも、閉じ込めたはずの空気がどんどん動いて冷たい空気と入れ替わって
  しまうと、断熱性は大きく損なわれます。(ウールのセーターは、無風の
  状態ならとても温かいのですが、風があたるようなところではかなり寒く
  感じることは経験されているでしょう)
 ◇それを防ぐためには、グラスウールに通気をさせないような配慮が必要で、
  その対策は、よく理解した人が設計、施工しないと、なかなかきちんとは
  できません。ただグラスウールを詰めればよいと考えている業者さんも、
  結構多いと聞きます。
◆上記項目の絡み
 ◇きちんと通気止めができておらず、例えば室内で発生する湿気が壁の中に
  入って行き、その部分に断熱の欠損があるとそこで壁体内結露が起きます。
  すると、グラスウールが湿ってしまい、上述のような結果になりますので、
  単にグラスウールを詰める以外にも関連する適切な措置が必要です。
 ◇また、屋外からの水の浸入に対してもその対策として、適切な措置が必要
  です。
 ◇このような湿気の侵入を防ぐ(専門用語では「ベーパーバリアを作る」)
  措置がきちんとできていない場合、グラスウールの長所を殺し、短所のみ
  出てきてしまうような結果になってしまいます。
◆グラスウールの性能をきちんと発揮させるポイント
 ◇グラスウールに結露させない
 ◇グラスウールに外から湿気を持ち込まない
 ◇グラスウールが万が一湿っても、天気のよい日にはきちんと放湿させる
 ◇グラスウールに通気させない

単にグラスウールを詰め込んで固定するだけなら、確かに施工が簡単といえば
簡単ですが、これらのことをきちんと理解してしっかりと性能が出るように、
またその性能を20年、30年と長期に渡って維持できるように設計・施工が
できるのは、残念ながら限られた一部の業者さんであると思われます。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=283155

QNo.283155の#1の回答者です。
まずはグラスウールの施工が難しいについて、以下長文ですが記します。
(他の回答者の方の単なるまとめみたいになってしまって恐縮ですが・・・)

◆完全に隙間なく詰めなければならない
 ◇グラスウールの充填断熱の場合、#2の方の回答にあるように、壁の中に
  完全に隙間なく詰める事が必要です。
 ◇少しでも隙間ができるとその部分の断熱が欠損し、壁体内における結露を
  誘発することがあるからです。
◆グラスウールは吸湿によって劣化する
 ◇#3、#4...続きを読む

Qグラスウールとロックウール、断熱材としてはどちらが優れてる?

現在、断熱材としては、広くグラスウールとロックウールが用いられていますが、どちらの方が優れているのでしょう?、断熱性能だけでなく、経年劣化とか(グラスウールは湿気を吸ってへたるとか聞きますが)差があれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

硝子繊維協会
http://www.glass-fiber.net/index.html
「断熱対策 VSロックウール」を見てください。

ロックウール工業会
http://www.rwa.gr.jp/index.html

住宅用の断熱材はグラスウール(黄色いもの)ばかり見かけますね。
鉄骨の耐火被覆は吹付けロックウールが多いです。
両者は特徴別に使い分けられていると思います。

Q断熱材(グラスウール)

壁または床の木と木(ネタとネタ)の間に入れるグラスウールはどうやって止めるのでしょうか。ビスでビニールに穴あけてとめているのでしょうか。
またグラスウールと木の間はすきまなどできないのでしょうか?そのことにより熱がにげないのでしょうか。

Aベストアンサー

壁の場合は袋入りのグラスウールを使う事が多いので
耳の部分を柱にタッカーで留め付けます。

床の場合は床用のグラスウールを使いますが
床用は袋に入っていないので固定用の金具など
専用の部材を使って下側から支える形で施工されます。

詳しい固定方法はグラスウールメーカーや繊維断熱協会のHPで見られます。

グラスウールと木の隙間ですが完全に無くす事は難しいので多少は出来てしまいます。
グラスウールには数種類の幅の物がありますが、
通常は大き目の物が使われ
柱間の寸法によって現場で切断して留め付けられます。
床用は密度が高いので壁用に比べ切断しやすいですが
それでも床下地に合せるのは難しいです。

現状の家では壁の断熱材において施工不良の場合が多く
隙間や無理やり押し込まれた状態がほとんどで
断熱欠損が多い状態です。

最近は繊維断熱の施工に関しマイスター制度などが出来ましたが
まだまだきちんとした施工をしてくれる大工さんは少ないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報